エックスモバイル(旧もしもシークス)の詳細評価&他の格安SIMとの比較と評判

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

エックスモバイル(旧もしもシークス)

エックスモバイルは、もしもシークスという名前でMVNO事業を行なっていましたが、いつの間にかエックスモバイルという名前に変更しました。旧もしもシークスは初めてかけ放題サービスを提供したMVNOです。

エックスモバイルはプラン内容やMVNE先などコロコロ変えていて、よくわからないMVNOです。

公式サイト → エックスモバイル

エックスモバイルのおすすめポイント

  • 実店舗がある

エックスモバイルの注意点

  • プラン内容がコロコロ変わる
  • 余ったデータを繰り越せない
  • 月額料金が他のMVNOと比べて高い(500MBと30.5GBプランは比較的安い)
  • 事務手数料が5000円もかかる
  • SIMカード損害金が1万円!
  • データSIMでも1年以内に解約すると1万円の解約手数料がかかる
  • やたら古い格安スマホを扱っている
  • 細かいオプション料金が割高
  • プランを変更するのに電話で問い合わせる必要がある

エックスモバイルの格安SIMプラン

月額料金データ量
データプラン、データSIM380円500MB
980円1.5GB
1580円3.5GB
2180円5.5GB
2780円7.5GB
3380円10.5GB
3980円30.5GB
音声プラン、音声SIM980円500MB
1580円1.5GB
2180円3.5GB
2780円5.5GB
3380円7.5GB
3980円10.5GB
4580円30.5GB

その他にかかる費用
事務手数料 5000円
12ヶ月未満に解約した場合は1万円の解約手数料が全てのプランにかかります。

口座振替を選ぶ場合(この場合、ネットでの申し込みは不可)
保証金 6000円

MNP予約番号発行手数料 300円
MNP転出手数料 3000円

SIMカード再発行/サイズの変更/交換 3000円
(参考記事:格安SIMカードのサイズを変更する方法、マイクロSIM⇔ナノSIM)

SIMカード損害金 1万円 (解約やMNPをした時にSIMカードを返却しないと発生します)

オプション料金
・データプランのSMS機能 200円/月
・留守番電話 400円/月 (→無料で使える留守番電話の設定の仕方)

通話SIMの通話料金 30秒20円
・かけたい放題ライト ← 月850円で国内通話が5分かけ放題、1回の通話が5分を超過した場合は超過後の通話料金が30秒19.9円
・かけたい放題フル ← 月1800円で国内通話がかけ放題(60分以上同一の相手先に連続してかけた場合、一旦通話は切れます。再度発信すれば通話ができます)

低速モードの詳細 (低速モードが使える格安SIMの詳細と使い道)
・バースト転送不明
・低速の使えるデータ量は不明、実測不明(最大200kbps)
・低速と高速の切り替えアプリなし

通信制限(規制情報)
高速データ通信量を使い切った場合は通信速度は200kbpsに制限されます。200kbpsに制限された状態で通信を続けると、速度がさらに制限される可能性があります。(エックスモバイルに問い合わせましたが、低速通信の制限の詳細はわからないとの回答になりました)

エックスモバイルはドコモ系の格安SIMです。

エックスモバイルの評価と他の格安SIMとの比較

エックスモバイルはプランを大幅にコロコロ変えます。いつ変更したのかは把握していませんが3回以上、大幅にプランを変更しています。

エックスモバイルは、元々は「もしもシークス」という名前で事業を展開していましたが、理由は知りませんがいつの間にかエックスモバイルに変わっていました。

検索すると変なプランの情報があちこちで見つかる場合は、いろいろコロコロ変えているためです。

エックスモバイルに他のMVNOと異なる点が多数ある

エックスモバイルは他のMVNOと異なる点がいくつかあります。

まず、ほとんどの格安SIMは余ったデータを翌月に繰越すことができますが、エックスモバイルは余ったデータを繰越すことができません。

ほとんどの格安SIMは事務手数料が3000円(+SIM発行手数料394円)なのに対して、エックスモバイルは5000円かかります。

ほとんどの格安SIMは、データSIMには最低利用期間を設けていませんが、エックスモバイルのデータSIMには12ヶ月の最低利用期間があります。12ヶ月以内に解約するとデータSIMでも違約金が1万円かかります。

ほとんどの格安SIMは、料金プランをネット経由で変更できますが、エックスモバイルは契約者本人が電話で依頼しないと変更できません。

大半の格安SIMは解約時にSIMカードを返却しなくても損害金を取りません。取るところでも2000円〜3000円程度です。エックスモバイルは損害金を1万円取ります。

エックスモバイルはデータを使い切ると、200kbpsの低速通信に速度制限されますが、低速通信を使い続けるとさらに速度制限される可能性がありますが、その詳細はエックスモバイルでも把握していません。

電話で問い合わせると低速は200kbpsを無制限で使えると回答をもらいましたが、メールで問い合わせると電話の回答は間違いで、制限の可能性はあるけど、詳細はわからないとの回答になりました。

月額料金の比較

エックスモバイルのデータSIMの月額料金
380円 500MB
980円 1.5GB
1580円 3.5GB
2180円 5.5GB
2780円 7.5GB
3380円 10.5GB
3980円 30.5GB

DMMモバイルのデータSIMの月額料金
480円 1GB
770円 2GB
850円 3GB
1210円 5GB
1860円 7GB
1980円 8GB
2190円 10GB
3280円 15GB
3980円 20GB

500MBも使わない場合、もしくは15GB超のデータを使う場合に、エックスモバイルの月額料金が安くなります。それ以外は割高になります。

注意点は、DMMモバイルは余ったデータを翌月に繰り越すことができますが、エックスモバイルはできません。

通信速度は、エックスモバイルはIIJをMVNEとして使っているので、同じくIIJをMVNEとして使っているDMMモバイルと通信速度は近似すると思われます。

このサイトでは格安SIMを30枚以上契約して、通信速度の計測を毎月行っています。

格安SIMとWiMAX 2+の実際に出る通信速度の記録

※ エックスモバイル(旧もしもシークス)は以前はU-mobileやnuroモバイルの回線を使っていましたが、品質問題だかなんだかで、日本通信に移って、さらにその後IIJに移りました。

かけたい放題の評価

今でこそ5分かけ放題や10分かけ放題のオプションを付けられる格安SIMが増えましたが、最初に始めたのが、エックスモバイル(旧もしもシークス)です。

ただし、エックスモバイル(旧もしもシークス)のかけたい放題は海外サーバーを経由していたため、評判は結構悪かったです。それが、2016年だか2017年に国内サーバーのみで通話ができるように改善されたようです。

エックスモバイルの利用規約から引用
> 2)「かけたい放題アプリ」から発信された場合はドコモの音声回線を利用した通話ではありません。
> 3) 独自の回線による通話ですので、通常の通話音質と比べ、以下のような現象が起こる場合があります。
> 1 高音がこもる
> 2 通話間にタイムラグが1秒ど発生する。(※タイムラグとは音声信号が相手先に届くまで、および、音声信号が相手先から届くまでの時間差のことを言います。大手通信会社の場合 0.5秒~1秒程度のタイムラグがあります。)
> 4) 発信する際の画面には相手先電話番号の前に「0032222」という番号が自動的に付与されますが、相手先の着 信画面には発信者の電話番号のみが表示されます。(ただし、固定電話等、一部の相手先に「表示不可」と表示される場合があります。)

他社の5分かけ放題や10分かけ放題は、通常の電話回線を使っているので、固定電話で表示不可なんていう問題もないし、普通の音声品質になります。

エックスモバイルは以前よりは改善されたのかもしれませんが、注意が必要です。

かけたい放題ライト
・月額850円
・国内通話が5分かけ放題、1回の通話が5分を超過した場合は超過後の通話料金が30秒19.9円

かけたい放題フル
・月額1800円
・1回で60分以上通話をすると通話が切れるので、再度かけ直す必要がある
・連続して1日50回以上通話した場合、利用を停止する恐れがある
・連続して60分以上同一の相手先に連続してかけた場合、利用を停止する恐れがある

最近では10分かけ放題が月850円程度で使える格安SIMが大半です。加えて、1回10分を超えると超過後は30秒10円です。超過料金もエックスモバイルより安いです・・。

かけたい放題フルを検討する場合、ガラケーの国内かけ放題を使ったほうがいいです。月額2200円で国内通話がかけ放題になります。音声品質も問題ないし、1回60分という制限もありません。

格安SIMでも電話をそこそこする場合は、下記を参考に電話代を節約してみることをオススメします。

格安SIMの通話料金をできる限り抑える方法、半額でんわ、かけ放題、無料通話、050のIP電話、2台持ち、DSDS

口座振替での支払いに対応している

ほとんどの格安SIMは、申し込みと支払いに本人名義のクレジットカードが必要になるのですが、エックスモバイルは口座振替も選ぶことができます。

ただし、口座振替を選ぶには、エックスモバイルの代理店へ行き契約をする必要があります。口座振替を使う場合はネット経由では申し込めません。加えて、口座振替の場合は保証金として6000円必要になります。

エックスモバイル以外に、口座振替に対応しているMVNOは、UQモバイル楽天モバイルOCNモバイルONEです。データSIMだけならBIGLOBEモバイルでも受け付けています。

このうち、一番簡単に口座振替をできるのがUQ mobileです。手数料もかかりません。ネット経由で簡単に口座振替で申し込むことができます。保証金も必要ありません。

OCNモバイルONEは、口座振替の手数料はかかりませんが、手続きが書類のみなので、申し込む手続きが完了するのに数週間ほど余分に時間がかかります。BIGLOBEモバイルは、手数料が月200円かかるので、あまりオススメではありません。

参考:格安SIMと格安スマホの支払い方法、クレジットカードと口座振替できるMVNOのまとめ

エックスモバイルへのMNP(他社からの番号移行)

ドコモやソフトバンク、auなどのキャリアから、エックスモバイルへMNPをして同じ電話番号を使い続けることができます。

ざっくりとした流れ

現在契約している携帯キャリアに電話してMNP予約番号をもらう。

エックスモバイルで申し込む。このときにMNP予約番号が必要。申込み時に免許証や保険証などの本人確認書をスマホやデジカメで撮ってアップロードする必要がある。

届く。今までの電話番号のまま、エックスモバイルで買ったスマホやSIMが使える。

詳細は下記のMNP(乗り換え)の仕方に載せているので参考にしてみてください。

エックスモバイルのまとめ

エックスモバイルはプランを大幅に変更しすぎに加えて、事務手数料が高かったり、保証金があったり、データSIMでも違約金があったり、余ったデータの繰越に対応していなかったり、なんだかよくわかりません。

できるだけ気づいたところは記載していますが、気づいていない箇所もあるかもしれません。

エックスモバイルを検討する場合は、各自でよく調べて検討してみてください。

公式サイト → エックスモバイル

エックスモバイルの評判

エックスモバイルの評判は特にありません。

契約者数が数万人規模で、MVNOの中でも小規模レベルのため、評判を見つけるのも難しいです。加えて、エックスモバイルは代理店(実店舗)でのユーザの勧誘に力を入れているため、ネットでは評判自体がほとんど出て来ません。

その他のおすすめの格安SIM

  • UQ mobile
    • 全ての格安SIMの中で圧倒的に一番速度が出て安定しているがUQ mobileの格安SIMです。通信速度を重視する場合は、UQ mobileが一番です。
  • mineo
    • mineoはドコモ系の格安SIMとau系の格安SIMの両方を提供しています。家族割や複数回線割があるので多人数で使う場合に安くなります。音声SIM(デュアルタイプ)をすぐに解約した場合でも違約金がないので、ちょっと格安SIMを試してみたい人にもおすすめです。
  • LINEモバイル
    • 月額料金は少し高めですが、LINEやTwitter、Facebookをデータ消費なしで使うことができます。LINEの年齢認証も突破できるのでID検索ができます。SNSをよく使う場合にオススメの格安SIMです。
  • IIJmio
    • 高い信頼性、それがIIJmioです。MVNO業界でシェア2位を占めるIIJmioですが、他のシェア上位のMVNOと比べて通信速度が比較的速く安定しています。通信障害に強く長期にわたって安定した比較的速い通信速度を維持しているので、信頼性を重視する人におすすめの格安SIMです。
最終更新日 2018年5月29日 / 作成日 2015年8月13日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る