moto g8 powerの詳細スペックと性能レビュー、楽天モバイル対応、電池持ちが超良い&高画質で比較的低価格

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (15) / 関連:格安スマホ更新順(101)

2020年5月4日に発売されたmoto g8 powerのレビューをします。moto g8 powerは電池持ちが超良い格安スマホです。楽天モバイルにも対応です。

moto g8 power

価格は2万9818円、性能はCPUは比較的高性能なSDM665、RAM4GB、ROM64GB、電池容量は5000mAh、画面6.36インチのFHD+の高画質、カメラはF値1.8で1600万画素、そして超広角カメラを使って動画をブレなく撮れます。

DSDV対応で楽天回線にも対応、WiFiのacには非対応、充電端子はType Cです。防水には対応していませんが、防滴対応なので多少の水くらいなら大丈夫です。

3万円前後のスマホの中でも比較的良いですが、電池持ちを特に重視する場合に検討する格安スマホです。

格安SIMの管理人はmoto g8 powerをOCNモバイルONEのキャンペーンで買いました。

moto g8 powerを買った理由は、楽天回線にも対応しているので楽天モバイルのUNLIMITが使えるからです。

DSDVで音声通話はOCNモバイルONE、データ通信に1年間無料のギガ使い放題の楽天モバイルのSIMを入れて使うのがかなりおすすめです。

OCNモバイルONEmoto g8 powerが1万8100円で販売中です(通話SIMとセットでの申し込みが必須です)

moto g8 powerが1万8100円 → OCNモバイルONE

OCN実質価格
・1万8100円+初期費用3394円-オプション割3000円 = 実質1万8494円(税込2万343円)
・他社からの乗り換えなら、さらに5000円引き

moto g8 powerの詳細スペック(性能)

moto g8 power
CPUCPUオクタコア2.0GHzx4+1.8GHzx4 SDM665
RAM4GB
ROM64GB
ベンチマークAntutu V8:推定170,000 (GPU 33,000)
Geekbench 5:シングルコア 310 / マルチコア 1246
PCMark:6840
3DMark:OpenGL 1082 / Vulkan 1030
ディスプレイ6.36インチ / IPS液晶
解像度2280×1080 Full HD+、画面比率19:9
背面カメラメイン1600万画素(F値1.8)
超広角カメラ800万画素(動画用としても使用)
望遠カメラ800万画素(F値2.2、光学2倍ズーム)
マクロカメラ200万画素
前面カメラ1600万画素(F値2.0)
電池容量5000mAh
サイズ158 × 75.9 × 9.6mm
重さ197グラム
連続待受不明
充電時間不明 (急速充電対応、15分の充電で8時間の利用可)
本体カラースモークブラック/カプリブルー
価格定価2万9818円(購入する場所によって結構変わります)

Android 10、SIMフリー、外部マイクロSD(最大512GB)、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応、マイクロSDカードを使う場合はナノSIMの1つが使えなくなリます)、指紋認証、USB Type C対応、Bluetooth 5.0、Wi-Fi 802.11b/g/n、GPS(GPS、A-GPS、LTEPP、SUPL、GLONASS、Galileo対応)、NFC非対応、防滴対応、FMラジオ対応、イヤフォンジャック搭載、デュアルスピーカー搭載

moto g8 powerの対応周波数(バンド)

FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28 (au VoLTE対応、楽天回線対応)
TDD-LTE : B38/40/41
UMTS(WCDMA/3G) : B1/2/4/5/6/8/19

moto g8 powerは、ドコモ回線の格安SIMau回線の格安SIM(マルチSIM)、ソフトバンク回線の格安SIM楽天モバイルUNLIMITで使えます。SIMのサイズはマルチSIMまたはナノSIMです。

moto g8 powerの性能レビュー

CPU性能の詳細:SDM665で比較的高性能

moto g8 powerのCPUはオクタコア2.0GHz+1.8GHz Snapdragon 665 (以下、SDM665)です。比較的高性能なCPUです。

moto g8、moto g8 plusOPPO A5 2020などもSDM665を使っています。

スマホをたくさん使う場合でも、比較的サクサク動く性能です。

ただし、moto g8 powerの位置情報(GPS)の性能があまり良くないので、ポケモンGOなどの位置ゲームはあまりオススメではないです。

3Dゲームもそれなりに遊べますが、SDM665のGPUスコアはそこまで高くないので、3Dゲームを快適に遊びたい場合は、GPUスコアが2倍になるRedmi Note 9S、5倍になるiPhone SE 第2世代がオススメです。

moto g8 powerの各種ベンチマーク

Antutu V8 (推定)
・総合スコア:170,000
・GPUスコア:33,000

Geekbench 5
・シングルコア:310
・マルチコア:1246

3DMark – Single Shot Extreme
・OpenGL ES3.1:1082
・Vulkan:1030

PCMark
・Work 2.0 Performance score:6840

2020年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:SDM845、SDM855、SDM865
Kirin:Kirin990
iPhone:XR、XS、XS Max、SE 第2世代、11、11 Pro、11Pro Max
高性能
Snapdragon:SDM730、SDM730G、SDM720G、SDM835
Kirin:Kirin970、Kirin980
iPhone:8、X
比較的高性能
Snapdragon:SDM665、SDM660、SD820、SDM675、SDM670、SDM710
Kirin:Kirin950、Kirin955、Kirin960、Kirin810
iPhone:7
普通性能
Snapdragon:SD630、SDM632、SD650、SDM636
Kirin:Kirin710
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE 第1世代
低性能
Snapdragon:SDM450、SD625、SDM439
Kirin:Kirin650、Kirin655、Kirin658、Kirin659
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6
最底辺
Snapdragon:SD400、SD410、SD430、SD435

※ 右に行くほど高性能

スマホをあまり使わない場合は低性能のCPUでも十分に使えます。

スマホを普通程度に使う場合は普通性能のCPUでも普通に使えます。一般的なゲームなら普通性能でも遊べます。

スマホを人よりも少し多く使う場合は比較的高性能以上を選びます。スマホがよりサクサク動くようになります。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

電池持ちの詳細:5000mAhで電池持ちが超良い&他の大容量の格安スマホとの違い

moto g8 powerは6.36インチ画面でSDM665、そして電池容量は超大容量の5000mAhです。

スマホをたくさん使う人でも余裕で1日持ちます。普通程度に使うくらいなら2〜3日くらい持ちそうです。

他の大容量電池を搭載している格安スマホとの比較

最近は大容量電池を搭載している格安スマホは結構ありますが、価格が5万円以上したり、画面がHD+の低解像度だったり、充電口がmicroUSBだったり、WiFiのac非対応だったりです。

moto g8 powerは、価格は3万円前後で比較的安く、SDM665なので高性能、画面はFHD+の高解像度、充電口はType Cです。欠けているのはWiFiのacくらいです。

moto g8 powerの電池持ちの実機テスト

PCMarkの電池持ち:16時間28分

moto g8 powerの電池持ちはスマホの中でもトップクラスです。

格安スマホ等の実機テストによる実際の電池持ち(実測)
PCMarkの電池持ち
Redmi Note 9S17時間15分
Pixel 4a11時間9分
OPPO Reno3 A11時間25分
OPPO Reno A9時間59分
P30 lite10時間38分
AQUOS sense314時間14分

PCMarkの電池持ちはWebサイトの閲覧、動画の編集、データの書き込みや改変、写真の加工など繰り返したときの電池持ちです。

下記のページに電池持ちのテストの詳細や、電池の寿命を伸ばす方法、多数の格安スマホの電池持ちのテスト結果を掲載しているので参考にしてみてください。

スマホの電池持ちの詳細調査と電池を長持ちさせる方法

カメラ性能の詳細:3万円前後のスマホとしてはそこそこ頑張っているけど・・

moto g8 powerの背面カメラ
・メイン1600万画素(F値1.8)
・超広角カメラ800万画素(動画用としても使用)
・望遠カメラ800万画素(F値2.2、光学2倍ズーム)
・マクロカメラ200万画素

moto g8 powerの前面カメラ
・1600万画素(F値2.0)

moto g8 plusと比べるとカメラスペックが少し低いですが、moto g8 powerの場合は光学2倍の望遠カメラを搭載しています。

実機で写真を撮ってきたので、普通のレビューサイトにはない率直な感想を・・。

※ 画像をクリックするとオリジナルの画像が表示されます。

食べ物の写真

なんか全体的に焦点があってない・・。

通常モード

逆光気味でしたがキレイに撮れました。HDRがオートでオンになっていたので、HDRが効いたのかもです。

超広角モード

若干歪んだ感じがしますが、超広角モードでも良い感じに撮れています。

通常モード

良い感じに撮れています。

最大8倍ズーム

光学2倍ズームに対応しているので、光学ズームなしのスマホより少し画質が良いです。

マクロレンズで超接写で撮ってみました。

moto g8 powerのマクロレンズは、あんま良くないです。少し暗めで、微妙に焦点が合っていない感じです。

最後に夜の写真を近場で撮るー。

moto g8 powerには夜景モードはありません。あと、ノイズが結構多いです。

動画がブレなく撮れる

動画は超広角カメラで撮るので、ブレを抑えて撮ることが出来ます。

3万円前後の格安スマホとしては十分合格点なカメラスペックですが、カメラ性能を重視する場合はmoto g8 plusを検討することをおすすめします。

GPSの精度はあまり良くない

moto g8 powerはGPS、A-GPS、LTEPP、SUPL、GLONASS、Galileoに対応しています。

※ LTEPP、SUPLはよくわかりませんが、測位を補助する何かしらの機能だと思います。

○がGPS
△がGLONASS
□がQZSS(みちびき)
五角形がGALILEO
星型がBEIDOU

なぜかGALILEOは掴みませんでした。

みちびきの位置衛星は頭上にきやすいので、都市部などビルが建ち並びGPSの電波が不安定な場所でも、位置情報が安定しやすくなります。(都市部などのビル街ではなければ、みちびき対応の有無はそんなに違いは出ないです)

moto g8 powerは残念ながらみちびきは掴みませんでした。正確には端っこのほうに□がありますが、他のみちびき対応の機種だと、普通にもっと□が出てきました。

掴む位置衛星の数が少ないので、位置情報の精度を重視する場合は、moto g8 powerは避けたほうが良いです。

位置衛星を4つ以上掴めれば、ナビとして使えます。

楽天モバイルのUN-LIMITに対応:先着300万名まで1年間ギガ使い放題

moto g8 powerならDSDVに対応しているので、SIMスロットが1つ余っています。

そこに楽天モバイルのアンリミットのSIMを入れれば、先着300万名まで1年間ギガ使い放題で利用できます。

楽天モバイルのUN-LIMITを実際に使って徹底解説、料金プランと総合評価&1年無料でギガ使い放題

楽天モバイルの申込み → 楽天モバイルの公式サイト

ギガ使い放題になるのは楽天回線エリアのみです。パートナーエリアだと月5GB&低速1Mbpsになります。

moto g8 powerを使うなら、OCNモバイルONEと楽天アンリミットの組み合わせは相当良いです。

moto g8 powerの使い方
・SIM1:OCNモバイルONEのSIM (音声通話と緊急時のデータ通信)
・SIM2:楽天モバイルのUN-LIMITのSIM (主にデータ通信)

音声通話はOCNモバイルONE経由で行えて、データ通信は楽天アンリミット経由で行なえます。最初に設定するだけど、それ以降は自動的に切り替えてくれます。

もし楽天アンリミットの電波が悪い場合は、データ通信をOCNモバイルONE経由に簡単に変更できるので安心です。

基本的には楽天モバイルのUN-LIMITは新規電話番号で申し込むのがおすすめです。

無料で電話をしたい場合は楽天リンク経由で電話をするものおすすめです。

moto g8 powerの楽天モバイルUNLIMITの対応状況

ETWS(緊急速報)には対応していないので、心配な場合は「Yahoo!防災速報」をインストールしておくことをおすすめします。

接続回線の自動切り替えに対応していないので、楽天回線エリアでもパートナー回線に繋がる割合が多くなる可能性があります。

moto g8 powerの総合評価

moto g8 powerは、価格は2万9818円で、性能は比較的高性能CPUのSDM665、RAM4GB、ROM64GB、電池容量5000mAh、Type C、WiFiのac非対応、DSDV対応、カメラ性能も1600万画素でF値1.8です。

良い格安スマホだったのですが・・、Redmi Note 9Sの登場でmoto g8 powerは死にました!

Redmi Note 9Sの登場でmoto g8 powerが即死した

コスパ異常、Redmi Note 9Sの詳細スペックと性能レビュー、楽天モバイル対応、高性能で電池持ちも超良い

Redmi Note 9Sは、価格は2万2545円、性能は高性能CPUのSDM720G、RAM4GB、ROM64GB、電池容量5020mAh、Type C、WiFiの対応、DSDV対応、カメラ性能は4800万画素でF値1.79です。

moto g8 powerは、モトローラ社に忠誠を誓っている人だけが検討してください・・。

あと、moto g8 powerはFMラジオに対応しているので、スマホでFMラジオを聴きたい人に(ラジオならradiko.jpを使ったほうが良かったり・・

格安SIMとセットでmoto g8 powerが安く買えるキャンペーン情報

moto g8 powerの定価:2万9818円(税抜)

MVNOではOCNモバイルONE、IIJmio、mineoで販売しています。

※ mineoで格安スマホを買う人はほとんどいないので省略します。

おすすめ:OCNモバイルONE、1万8100円+たまに激安セールを実施

OCNモバイルONEではmoto g8 powerを1万8100円で販売しています。通話SIMとセットに申し込む必要がありますが、定価よりも割引価格で買えます。

OCNモバイルONEは、たまに不定期でさらに割引で買えるセールをしたりするので、そのタイミングで買うことをおすすめします。

OCNモバイルONEのキャンペーンを徹底解説、iPhoneと格安スマホが大幅割引セール実施中(10月23日まで)

OCNモバイルONEは、通話SIMとセットだと格安スマホとiPhoneを大幅割引で買えるキャンペーンを行っています。10月23日午前11:00まで秋のセールを実施中です。

今なら初期費用込み&税込みで・・
・Redmi Note 9sのRAM4GB&ROM64GB:1万113円(乗り換えなら4613円)
・Redmi Note 9sのRAM6GB&ROM128GB:1万5613円(乗り換えなら1万113円)
・OPPO A5 2020:3734円
・OPPO Reno3 A:1万7263円
・AQUOS sense3:1万2643円
・Mi Note 10 Lite:2万2763円(乗り換えなら1万7263円)
キャンペーンの詳細を見る

moto g8 power → OCNモバイルONEの公式サイト

OCNモバイルONEを徹的解説、料金プランと総合評価&格安スマホを大幅割引

IIJmio、2万7800円&ギフト券3000円分プレンゼント

IIJmioのmoto g8 powerの価格は2万7800円です。IIJmioでは各種特典で格安スマホを安く使うことができます。

IIJmioのキャンペーンを徹底解説、初期費用1円+月額料金が最大1万1880円引き+10分かけ放題が7ヶ月無料+乗り換えで3000円キャッシュバック

IIJmioでは初期費用3000円が1円、月額料金が合計で最大1万1880円引き、10分かけ放題が7ヶ月無料、他社からMNPで乗り換えなら3000円のキャッシュバックがもらえます。

さらに他社からの乗り換えならRedmi Note 9Sが9800円で買えます。

結構複雑ですが、12GBプランや家族で契約する場合にお得なキャンペーンになっています。2020年9月30日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioのmoto g8 powerの申し込み → IIJmio

IIJmioを徹底解説、料金プランと総合評価&信頼性重視の格安SIM

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • Redmi Note 9S
    • コスパ最高の格安スマホです。2万2545円、6.67インチ、CPU SDM720G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ4800万画素(F値1.19)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素+深度200万画素、重さ209g、電池容量5020mAh
  • OPPO Reno3 A
    • コスパの良い比較的高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラ性能も良いです。3万6181円、6.44インチ、CPU SDM665、RAM6GB、ROM128GB、カメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+ポートレート200万画素+200万画素、重さ175g、電池容量4025mAh
  • iPhone SE 第2世代
    • 4万4800円で買える超高性能なiPhoneです。コンパクトで防水・おサイフケータイに対応。4.7インチ、CPU A13 Bionic、RAM3GB、ROM64GB(128GB版は4万9800円)、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ148g
  • AQUOS sense3
    • 防水とおサイフケータイ対応で電池持ちが超良いです。5.5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ167g、電池容量4000mAh
最終更新日 2020年9月15日 / 作成日 2020年5月16日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

※ コメントは手動承認が必要になる場合があります。コメントしても反映されない場合、1日程度で反映されます。

4.5 2
この記事は参考になった/良かった
購読する
通知する
guest
15 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
水銀遅延管
水銀遅延管
2020年6月18日 9:22 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

moto g8 power SIMスロット1
既存楽天 → 楽天UN_LIMIT へ移行してみましたが
4Gネットワークがつながらなくなりました(既存楽天では出来ていた)

wifi通信で my楽天モバイルを確認すると UN_LIMITに移行できている様に見える
wifi OFF ON どちらでも 楽天LINKで着信できる

現在楽天チャットで応答まちです

水銀遅延管
水銀遅延管
  水銀遅延管
2020年6月18日 9:34 PM

解決しました
移行に時間がかかるみたいです 20:00頃移行開始して 21:30頃使えるようになった
サービスオーダ更新に時間がかかるようです(加入者が多いのかな?)

隙間
隙間
2020年5月23日 8:25 AM

楽天のサイトのご利用製品の対応状況確認でmoto g8 powerが出て来なかったんですけど、何を根拠に対応してると言っているのですか?

さぎみや
さぎみや
  隙間
2020年5月23日 8:56 AM

モトローラ公式サイトへの記述はないけど、moto g8 powerの発表会の時に対応していると言っていたことが根拠なのでは?
https://www.businessinsider.jp/post-213306
↑マイナビ以外のソース

trky
trky
2020年5月19日 10:33 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

Moto g8 piwerと、P30lite。それぞれのメリットデメリットやこういう需要に向いてる、という比較を頂けないでしょうか。ざっくりで良いので..。

trky
trky
  格安SIMの管理人
2020年5月26日 12:46 AM

ありがとうございます!いつも良い記事を書いて下さり、助かっています。

らいずぃーん
らいずぃーん
2020年5月19日 12:06 PM

moto g8 powerが楽天VoLTE対応なら、OCNモバイルONEで新規購入して二枚差すっていういいリスクヘッジになるんだけどなぁ…
だれか人柱なってくれないかね(汗)

通りすがりのFUJIWIFIユーザー
通りすがりのFUJIWIFIユーザー
  らいずぃーん
2020年5月19日 3:02 PM

moto g8 plusと違ってmotorola公式で楽天対応と発表してるんで大丈夫では?

https://news.mynavi.jp/article/20200421-motorola/

まだガラケー
まだガラケー
2020年5月17日 11:35 AM

重さとサイズがネックになりません?
昨今のスマホサイズの肥大化は「もうタブレットで良いじゃん」って感じる

ごまった
ごまった
2020年5月17日 8:25 AM

たぶんコピペミスで冒頭の2カ所ほどplusになったまま?

「moto g8 powerの詳細スペックと性能レビュー、楽天モバイル対応、電池持ちが超良い&高画質で比較的低価格」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
コメント