ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

nuroモバイルのキャンペーンを徹底解説、通話SIMなら月額料金が3ヶ月間無料

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

nuroモバイルの通話SIMを申し込むと月額料金が3ヶ月無料になるキャンペーンを行っています。キャンペーンの終了日は未定です。

格安SIMを30枚以上契約して、nuroモバイルも2016年11月から契約している格安SIMの管理人がnuroモバイルのキャンペーンを詳しく説明します。

nuroモバイルの詳細評価と評判&実際に使った結果と他の格安SIMとの比較

nuroモバイルのキャンペーンサイト

nuroモバイルのキャンペーンの詳細

キャンペーン内容

nuroモバイルの通話SIMを申し込むと月額料金が3ヶ月無料になります。ただし、お試しプランは対象外、データSIMとSMS付きのデータSIMもキャンペーン対象外です。

キャンペーン終了日:終了日未定

ドコモ回線月額料金データ量
データSIM通話SIM
お試しプラン300円1000円0.2GB
Sプラン700円1400円 0円2GB
Mプラン1500円2200円 0円7GB
Lプラン2700円3400円 0円13GB
ソフトバンク回線月額料金データ量
データSIM通話SIM
お試しプラン500円1200円0.2GB
Sプラン980円1680円 0円2GB
Mプラン2300円2800円 0円7GB
Lプラン2980円3680円 0円13GB
au回線月額料金データ量
データSIM通話SIM
お試しプラン500円1200円0.2GB
Sプラン780円1480円 0円2GB
Mプラン2100円2800円 0円7GB
Lプラン2980円3680円 0円13GB

※ データ専用=データSIM、音声通話付き=通話SIMです。データ専用にSMS機能を付ける場合は+月150円です。ソフトバンク回線のデータSIMにはSMS機能は付けられません。

キャンペーンの詳細はこちら → nuroモバイルの公式サイト

データ量が多いプランや少ないプランに変更すると、月額割引が無くなってしまうので注意してください。

nuroモバイルのキャンペーンの目次

nuroモバイルの格安スマホ・・

※ 格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

nuroモバイルでは格安スマホが安く買えるキャンペーンは行なっていませんが、Xperia Ace、ZenFone Live L1、ZenFone 5、ZenFone 5Q、moto G6 Plus、mot G6、moto E5等を販売しています。

Xperia Aceと、かろうじてZenFone Live L1はそれなりの機種ですが、それ以外は型落ちです。型落ちでも割引価格で買えれば良いのですが定価販売です。

新しいスマホが必要な場合は、格安スマホが安く買えるOCNモバイルONEのキャンペーンBIGLOBEモバイルのキャンペーンUQ mobileのキャンペーンなどがオススメです。

格安スマホのおすすめ機種ランキングにオススメの格安スマホをランキング順に掲載しているので、そちらも参考にしてみてください。

nuroモバイルの格安スマホで一番おすすめ:Xperia Ace、比較的高性能で防水・おサイフケータイ・コンパクト

Xperia Ace

Xperia Aceの価格:3万4800円

性能:5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ155グラム、電池容量2700mAh、ナノSIM、auのVoLTE対応、防水・防塵、おサイフケータイ対応、Android 9、WiFiのac対応、Type C対応

Xperia Aceは2019年6月11日に発売された比較的高性能なCPUを搭載している、5インチのコンパクトスマホです。防水とおサイフケータイにも対応しています。

コンパクトスマホが欲しいけど、ある程度手ごろな価格帯のスマホを探している場合にXperia Aceを検討してみてください。nuroモバイルで扱っている格安スマホの中で一番まともなコスパ機種です。

Xperia Aceの申し込み → nuroモバイル

Xperia Aceの詳細スペックと評価レビュー、コンパクトさを重視する場合におすすめ

nuroモバイルのキャンペーンの目次

nuroモバイルの格安スマホ:ZenFone Live L1

ZenFone Live L1

ZenFone Live L1の価格:1万7000円

性能:5.5インチ、CPUオクタコア1.4GHzx4+1.1GHzx4 SD430、RAM2GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ140グラム、電池容量3000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応、DSDSでマイクロSDも同時使用可)

性能を必要最低限に抑えた安いスマホがZenFone Live L1です。

必要最低限に抑えていると言っても、それなりに普通に使うことができます。スマホをあまり使わない場合にZenFone Live L1を検討していてください。

ZenFone Live L1の申し込み → nuroモバイル

ZenFone Live (L1)の性能評価と評判+実機の詳細レビューとキャンペーン情報

nuroモバイルのキャンペーンの目次

おすすめではない:AQUOS sense2

AQUOS sense2の価格:3万3000円

性能:5.5インチ、CPUオクタコア1.8GH SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ155グラム、電池容量2700mAh、ナノSIM、auのVoLTE対応、防水・防塵、おサイフケータイ対応

AQUOS sense2は2018年11月22日に発売された性能バランスの良い防水・おサイフケータイスマホです。

後継機のAQUOS sense3が発売された今となっては、AQUOS sense2を買うメリットはほとんどないです。

AQUOS sense2の性能評価と評判

おすすめではない:ZenFone 5

ZenFone 5の価格:4万6000円

性能 6.2インチ、CPUオクタコア1.8GHz SDM636、RAM6GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ(1200万画素(F値1.8/1.4μm) / 800万画素広角)、重さ165グラム、電池容量3300mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応)

悪くない機種ですが、今からZenFone 5を4万6000円で買うのは割高です。

ZenFone 5の性能評価と評判

nuroモバイルのキャンペーンの目次へ戻る

おすすめではない:moto G6 Plus

moto G6 Plusの価格:3万2500円

性能 5.93インチ、CPUオクタコア2.2GHz SDM630、RAM4GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ1200万画素(F値1.7)+500万画素(F値2.2)、重さ165グラム、電池容量3200mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応、DSDSとマイクロSDカードの同時利用可)

同じような価格で後継機のmoto G7 Plusが発売された今となっては、安くなっていないmoto G6 Plusを買うメリットはありません。

おすすめではない:moto G6

moto G6の価格:2万4000円

性能 5.7インチ、CPUオクタコア1.8GHz SDM450、RAM3GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ1200万画素(F値1.8)+500万画素(F値2.2)、重さ162.5グラム、電池容量3000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応、DSDSとマイクロSDカードの同時利用可)

同じような価格で後継機のmoto G7が発売された今となっては、安くなっていないmoto G7を買うメリットはありません。

おすすめではない:ZenFone 5Q

ZenFone 5Qの価格:3万3500円

性能 6インチ、CPUオクタコア2.2GHz SD630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ(背面1600万画素+800万画素広角/前面2000万画素+800万画素広角)、重さ168グラム、電池容量3300mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応)

安くもなっていない、型落ちのZenFone 5Qを今から買うメリットはありません。

ZenFone 5Qの性能評価と評判

おすすめではない:Wiko Tommy3 Plus

Wiko Tommy3 Plusの価格:1万4500円

性能:5.45インチ、CPUクアッドコア1.5GHz MT6739WW、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素、重さ150グラム、電池容量2900mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応、DSDVでマイクロSDも同時使用可)

Wiko Tommy3 Plusは安さを最重視した最低限使える格安スマホです。そこそこの性能を持っているZenFone Live L1を選んだ方ばマシです。

おすすめではない:Moto E5

Moto E5の価格:1万7500円

性能 5.7インチ、CPUクアッドコア1.4GHz SDM425、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素(F値2.0)、重さ173グラム、電池容量4000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応、DSDSとマイクロSDカードの同時利用可)

最低限のスマホです。そこそこの性能を持っているZenFone Live L1を選んだほうがだいぶマシです。

他にもモバイルルーターの富士ソフト +F FS030Wも販売していますが、モバイルルーターを検討している場合は、格安SIMとモバイルルーターのベストな組み合わせを参考にしてみてください。

nuroモバイルのキャンペーンの目次

nuroモバイルの関連情報

nuroモバイルの公式サイト

nuroモバイルの詳細評価と評判&実際に使った結果と他の格安SIMとの比較

nuroモバイルの口コミと質問はこちら
格安SIMとスマホの口コミ:nuroモバイルの口コミ

nuroモバイルのリアルタイムの実際に出る通信速度はこちら
nuroモバイルのドコモ回線の速度(リアルタイム)
nuroモバイルのソフトバンク回線の速度(リアルタイム)

nuroモバイルのキャンペーンの目次

格安SIMと格安スマホのキャンペーン情報のまとめ

格安SIMのキャンペーンのお得度ランキングではMVNOで行なっている格安SIMのキャンペーン情報をお得度順に掲載しています。格安SIMのみ申し込む場合(SIM替え)に参考にしてもらえればと思います。SIMカードだけ入れ替えて今使っているスマホやiPhoneを使い続ける形です。

格安スマホとキャンペーンランキングiPhoneとキャンペーンランキングではMVNOで行なっている格安スマホとiPhoneのキャンペーン情報をお得度順に掲載しています。新しいスマホが必要な場合に参考にしてみてください。

BIGLOBEモバイルのキャンペーン

一番お得なBIGLOBEモバイルのキャンペーン情報を徹底解説、初期費用無料+初月無料+月額料金が合計2400円引き、端末セットが実質1万4500円引き、6ヶ月YouTube見放題

BIGLOBEモバイルでは、通話SIMの月3GB以上を申し込むと、初期費用3394円が無料、月額料金は初月無料で翌月から3ヶ月間800円引き、SIMのみなら1500円相当のポイント、端末セットなら1万4500円相当のポイントがもらえるキャンペーンを行なっています。

AQUOS sense3が実質2万1500円、OPPO Reno Aが実質2万1260円、P30 liteが実質1万4300円など格安スマホがかなり割安に手に入ります。2020年1月29日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る


UQモバイルのキャンペーン

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックの詳細、最大6000円のキャッシュバック、または最大1万800円の端末割引

UQモバイルのスマホプランを申し込むと、SIMのみの場合は最大6000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。iPhoneや格安スマホとセットで申し込むとキャシュバックの代わりに最大1万8000円の端末割引で買えます。

UQモバイルは速度が超速いので、いつでも快適に使いたい場合におすすめです。
UQ mobileのキャンペーンの詳細を見る


OCNモバイルONEのキャンペーン

OCNモバイルONEのキャンペーンを徹底解説、iPhoneと格安スマホが超割引価格で買える

OCNモバイルONEは、通話SIMとセットだと格安スマホを割引価格で買うことができます。

P30 liteが1万2800円、AQUOS sense3が2万3100円、OPPO Reno Aが2万7000円、ZenFone 6が4万7800円、未使用品のiPhone7なら3万7100円など割安に買えます。

他社からの乗り換えだと更に5000円引き、そして10分かけ放題が1年間月300円で使えます。
キャンペーンの詳細を見る


最終更新日 2019年12月6日 / 作成日 2018年2月21日 / 作成者 格安SIMの管理人
(税込1人当たり)
1人目
       
「nuroモバイルのキャンペーンを徹底解説、通話SIMなら月額料金が3ヶ月間無料」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »