nuroモバイルのキャンペーンの詳細とオススメの格安スマホ、通話SIMなら月額料金が11ヶ月間1000円引き(合計1万1000円の割引)

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

nuroモバイルでは通話SIM限定で、月7GBのMプランまたは月13GBのLプランを申し込むと、月額料金が11ヶ月間1000円引き(最大1万1000円の割引)になるキャンペーンを行っています。2018年12月31日までのキャンペーンです。

月額割引は適用されませんが、2018年7月1日から通話SIMとセットにXperia XZ Premiumを申し込むと本体価格9万9800円が6万7800円で購入することができます。

nuroモバイルの詳細評価&実際に使った結果と他の格安SIMとの比較と評判

nuroモバイルのキャンペーンの詳細

格安SIMのキャンペーン:最大1万1000円の月額割引

キャンペーン内容

ドコモ回線、またはソフトバンク回線の通話SIMを申し込む場合で、月7GBのMプラン/月13GBのLプランを契約すると、月額料金が翌月から11ヶ月間1000円引きになります。nuroモバイルは初月の月額料金は無料です。

キャンペーン適用時の月額料金が下記になります。

ドコモ回線月額料金データ量
データSIM通話SIM
お試しプラン300円1000円0.2GB
Sプラン700円1400円2GB
Mプラン1500円2200円 1200円7GB
Lプラン2700円3400円 2400円13GB
ソフトバンク回線月額料金データ量
データSIM通話SIM
お試しプラン500円1200円0.2GB
Sプラン980円1680円2GB
Mプラン2300円3000円 2000円7GB
Lプラン2980円3680円 2680円13GB

※ nuroモバイルは2018年10月1日からプラン内容が大幅に変わりました。

※ データ専用=データSIM、音声通話付き=通話SIMです。データ専用にSMS機能を付ける場合は+月150円です。ソフトバンク回線のデータSIMにはSMS機能は付けられません。

キャンペーンの詳細はこちら → nuroモバイルの公式サイト

キャンペーン終了日 2018年12月31日

格安スマホのキャンペーン:Xperia XZ Premiumの本体価格9万9800円が6万7800円に値下げ

nuroモバイルの格安SIMとセットにXperia XZ Premiumを申し込む場合、6月までは7500円のキャッシュバックでしたが、7月からはキャッシュバックはなくなり本体価格が大幅値下げになりました。

2018年6月まで 9万9800円
2018年7月から 6万7800円

Xperia XZ Premiumを申し込むと、格安SIMのキャンペーンの最大1万1000円の月額割引は適用できませんが、超高性能機種のXperia XZ Premiumを6万7800円で買えるのはそこそこお得です。

Xperia XZ Premiumの申し込み → nuroモバイルの公式サイト

nuroモバイルのXperia XZ Premiumの実機レビューとプレミアム帯域の実際の通信速度と評判

nuroモバイルで買える格安スマホのおすすめランキング

※ 格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

nuroモバイルでは格安スマホが安く買えるキャンペーンは行なっていませんが、Xperia XZ Premium、P20 lite、AQUOS sense plus、ZenFone 5、ZenFone 5Q、ZenFone 4 MAX、moto G6 Plus、mot G6、moto E5等を販売しています。

格安スマホは定価販売なので、nuroモバイルでは格安SIMだけ申し込んだほうがいいです。

新しいスマホが必要な場合は、格安スマホが安く買えるBIGLOBEモバイルのキャンペーンIIJmioのキャンペーンUQ mobileのキャッシュバックなどがオススメです。

新しい格安スマホが必要な場合は、格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価にオススメの格安スマホをランキング順に掲載しているので、そちらも参考にしてみてください。

nuroモバイルでおすすめ No.1:Xperia XZ Premium、防水・ワンセグ・フルセグ・おサイフケータイ対応の超高性能スマホ

Xperia XZ Premium

Xperia XZ Premiumの価格:9万9800円 6万7800円

性能 5.5インチ、CPUオクタコア 2.45GHzx4+1.9GHzx4 SDM835、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1920万画素、重さ191グラム、電池容量3230mAh、連続待受LTE460時間、指紋認証対応

Xperia XZ Premiumは防水・ワンセグ・フルセグ・おサイフケータイ対応の超高性能スマホです。

価格が9万9800円と高すぎてお勧めできなかったのですが、2018年7月に6万7800円に値下げしました。6万7800円なら妥当な価格です。超高性能な防水・ワンセグ・フルセグ・おサイフケータイを探している場合にXperia XZ Premiumがオススメです。

nuroモバイルで新しいスマホが必要な場合はXperia XZ Premiumを少し優先して検討してみてください。

Xperia XZ Premiumの申し込み → nuroモバイルの公式サイト

nuroモバイルのXperia XZ Premiumの実機レビューとプレミアム帯域の実際の通信速度

nuroモバイルでおすすめ No.2:Huawei P20 lite、2018年で一番売れている格安スマホ

Huawei P20 lite

P20 liteの価格:2万6750円、

性能:5.84インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4 Kirin659、RAM4GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ1600万画素(F値2.2)+200万画素、重さ145グラム、電池容量3000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS非対応、auのVoLTE対応)

P20 liteは2018年6月15日発売の、auのVoLTEに対応した、ベゼルレスでノッチ付きの5.84インチの縦長ディスプレイを搭載した比較的コンパクトな格安スマホです。

CPUも比較的高性能でRAM3GB、ROM32GBを搭載しています。価格も手軽で、性能バランスが良いです。スマホの一般ユーザとヘビーユーザよりの一般ユーザにおすすめです。2018年で一番売れている格安スマホです。

P20 liteの申し込み → nuroモバイルの公式サイト

HUAWEI P20 liteの性能評価と評判+キャンペーン情報

nuroモバイルでおすすめ No.3:ZenFone 5、6.2インチの縦長ディスプレイとAI搭載のDSDV対応の高性能スマホ

ZenFone 5

ZenFone 5の価格:5万2500円

性能 6.2インチ、CPUオクタコア1.8GHz SDM636、RAM6GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ(1200万画素(F値1.8/1.4μm) / 800万画素広角)、重さ165グラム、電池容量3300mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応)

ZenFone 5は高性能なCPUと6.2インチのディスプレイを搭載したDSDVに対応した格安スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラの性能も良い、高品質の格安スマホです。

余白部分を少なくすることで、ZenFone 5は5.5インチの本体サイズで、6.2インチのディスプレイを搭載可能にしました。

CPUは高性能で、なおかつ省エネ性能にも優れているSnapdragon 636というCPUとRAM6GB+AI機能で、なんでもサクサク使えて電池持ちもかなり良くなっています。デュアルスピーカーを搭載しているので音も良いです。スマホのヘビーユーザや、風景を撮るのが好きな人にオススメです。

ZenFone 5の申し込み → nuroモバイルの公式サイト

ZenFone 5の性能評価と評判+購入後の詳細レビューとキャンペーン情報

nuroモバイルでおすすめ No.4:Moto G6 Plus、トリプルスロット対応のバランスの良い比較的高性能なスマホ

Moto G6 Plus

Moto G6 Plusの価格:3万8000円

性能 5.93インチ、CPUオクタコア2.2GHz SDM630、RAM4GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ1200万画素(F値1.7)+500万画素(F値2.2)、重さ165グラム、電池容量3200mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応、DSDSとマイクロSDカードの同時利用可)

Moto G6 Plusは2018年6月8日に発売された、縦長の5.93インチのディスプレイを搭載した比較的高性能な格安スマホです。トリプルスロットに対応しているの、DSDSでSIMカードを2枚使っている状態でも、マイクロSDカードを使うことができます。

カメラもF値1.7の高品質レンズを使っています。バランスの良い構成になっています。

Moto G6 Plusの申し込み → nuroモバイルの公式サイト

nuroモバイルでおすすめ No.5:Moto G6、比較的安いトリプルスロット対応スマホ

Moto G6

Moto G6の価格:2万8000円

性能 5.7インチ、CPUオクタコア1.8GHz SDM450、RAM3GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ1200万画素(F値1.8)+500万画素(F値2.2)、重さ162.5グラム、電池容量3000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応、DSDSとマイクロSDカードの同時利用可)

Moto G6は2018年6月8日に発売された、縦長の5.7インチのディスプレイを搭載した比較的高性能な格安スマホです。トリプルスロットに対応しているの、DSDSでSIMカードを2枚使っている状態でも、マイクロSDカードを使うことができます。

Moto G6 Plusよりも、CPUの性能が1段下がって、RAMやROMも少なくなっています。カメラ性能もF値が上がったことにより、カメラ性能も若干落ちています。

Moto G6 Plusとの価格差は1万円ですが、CPU、RAM、ROM、カメラ、ディスプレイのサイズ差などを考えると、価格差があってもMoto G6 Plusの方が良い感じです。ただ、Moto G6でも性能と価格を考えると良機種です。

Moto G6の申し込み → nuroモバイルの公式サイト

nuroモバイルでおすすめ No.6:AQUOS sense plus、防水・おサイフケータイ対応で一番オススメの格安スマホ

AQUOS sense plus

AQUOS sense plusの価格:4万3500円

性能 5.5インチ、CPUオクタコア2.2GHx4+1.8GHzx4 SD630、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1640万画素、重さ157グラム、電池容量3100mAh、ナノSIM、auのVoLTE対応、防水・防塵、おサイフケータイ対応

5.5インチのスリムな縦長画面、比較的高性能なCPU(SD630)、RAM3GB、ROM32GB、電池容量が大容量の3100mAh、そして2年間のアップデートに対応しています。防水、おサイフケータイに対応している格安スマホの中でもかなり完成度の高いスペックになっています。

おサイフケータイ、もしくは防水に対応しているスマホが必要な場合にAQUOS sense plusも良いですが、nuroモバイルの場合はXperia XZ Premiumが選べるので、おサイフケータイ・防水スマホはXperia XZ Premiumを優先的に検討することをオススメします。

AQUOS sense plusの申し込み → nuroモバイルの公式サイト

AQUOS sense plusの性能評価と評判+詳細レビューとキャンペーン情報

nuroモバイルでおすすめ No.7:ZenFone 4 Max、電池持ち最強のトリプルスロット搭載スマホ

ZenFone 4 Max

ZenFone 4 Maxの価格:1万9500円

性能 5.2インチ、CPUオクタコア1.4GHzx4+1.1GHzx4 SD430、RAM3GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ(1300万画素 / 500万画素広角)、重さ156グラム、電池容量4100mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応、DSDSでマイクロSDも同時使用可)

ZenFone 4 Maxは電池持ちが超良いトリプルスロットに対応した格安スマホです。電池持ちを重視する場合や、DSDSを使いながらマイクロSDカードも使いたい場合にオススメの格安スマホです。

高性能というわけではありませんが、実用性が高いのがZenFone 4 Maxです。普通に使えて、予算を抑えられて、電池持ちが超良い格安スマホならZenFone 4 Maxが最適です。

※ただしカメラ性能が微妙なので、写真を撮るのが好きな場合は少し避けたほうがいいです。

ZenFone 4 Maxの申し込み → nuroモバイルの公式サイト

ZenFone 4 Maxの性能評価の詳細と評判+購入後の実機レビューとキャンペーン情報

nuroモバイルでおすすめ No.8:ZenFone 5Q、比較的高性能で自撮りに強い6インチスマホ

ZenFone 5Q

ZenFone 5Qの価格:3万9000円

性能 6インチ、CPUオクタコア2.2GHz SD630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ(背面1600万画素+800万画素広角/前面2000万画素+800万画素広角)、重さ168グラム、電池容量3300mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応予定)

ZenFone 5Qは比較的高性能なCPUとベゼルレスの縦長6インチディスプレイを搭載したDSDS対応の格安スマホです。

性能的にはZenFone 4 カスタマイズモデルとほぼ同じですが、5Qは画面が6インチになりインカメラが2つ付いています。その代わり、カスタマイズモデルよりも5000円高くなっています。

ZenFone 5Qは2つのインカメラ(2000万画素+800万画素広角)があり自撮りに強いカメラ構成になっています。インスタをよく使う人や、比較的高性能なスマホでDSDSを使いたい場合にZenFone 5Qがオススメです。

ZenFone 5Qの申し込み → nuroモバイルの公式サイト

ZenFone 5Qの性能評価と評判+詳細レビューとキャンペーン情報

nuroモバイルでおすすめ No.9:Moto E5、比較的安いトリプルスロット対応スマホ

Moto E5

Moto E5の価格:1万8000円

性能 5.7インチ、CPUクアッドコア1.4GHz SDM425、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素(F値2.0)、重さ173グラム、電池容量4000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応、DSDSとマイクロSDカードの同時利用可)

Moto E5は2018年6月8日に発売された、縦長の5.7インチのディスプレイを搭載した低価格の格安スマホです。トリプルスロットに対応しているの、DSDSでSIMカードを2枚使っている状態でも、マイクロSDカードを使うことができます。

性能が低いので、スマホでWebサイトを見たり、メールをしたりするくらいなら問題なくできます。

Moto E5の申し込み → nuroモバイルの公式サイト

おすすめではない:ZenFone 3

ZenFone 3の価格:3万278円

性能 5.2インチ、CPUオクタコア2.0GHz、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ144グラム、電池容量2650mAh、連続待受LTE493.6時間、指紋認証対応、デュアルスタンバイ対応(ナノSIM+マイクロSIM)

2016年10月7日に発売された、比較的高性能で省エネのCPU、3GBのRAM、そしてデュアルスタンバイに対応している格安スマホです。発売から結構たち、今でも売っているMVNOはnuroモバイルくらいになりました。流石に2018年になって2016年に発売された機種を新品で買うのは厳しいです。

ZenFone 3の性能評価と評判

おすすめではない:NuAns NEO Reloaded

NuAns NEO Reloadedの価格:4万3200円

性能 5インチ、CPUオクタコア2.0GHz、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素、重さ150グラム、電池容量3450mAh、防滴、おサイフケータイ対応、マイクロSIM(ナノSIMも可)、auのVoLTE対応、Android 7

NuAns NEO Reloadedは比較的性能の良いおサイフケータイ対応スマホです。ただ価格がそこそこ高く、完成度も高くないので、nuroモバイルの場合はXperia XZ Premiumの方がオススメです。

NuAns NEO Reloadedの性能評価と評判

おすすめではない:ZenFone Zoom S

ZenFone Zoom Sの価格:5万5200円

性能 5.5インチ、CPUオクタコア2.0GHz、RAM4GB、ROM64GB、デュアルレンズカメラ1200万画素x2、重さ170グラム、電池容量5000mAh、ナノSIM、auのVoLTE対応、Android 6

省エネで比較的高性能のCPUを搭載していて、5000mAhの超大容量のバッテリーを搭載しているので、電池持ちの化け物スマホです。性能は良いのですが、価格が高く、デュアルレンズカメラの性能があまりよろしくなく、特に2.3倍の光学ズームの性能がイマイチなため微妙な評価になっています。

他にもモバイルルーターの富士ソフト +F FS030Wも販売していますが、モバイルルーターを検討している場合は、格安SIMとモバイルルーターのベストな組み合わせを参考にしてみてください。

nuroモバイルの関連情報

nuroモバイルの公式サイト

nuroモバイルの口コミと質問はこちら
格安SIMとスマホの口コミ:nuroモバイルの口コミ

nuroモバイルのリアルタイムの実際に出る通信速度はこちら
nuroモバイルのドコモ回線の通信速度(リアルタイム)
nuroモバイルのソフトバンク回線の通信速度(リアルタイム)

最終更新日 2018年12月1日 / 作成日 2018年2月21日 / 作成者 格安SIMの管理人