OPPO R15 Neoの性能評価と評判+購入後の詳細レビューとキャンペーン情報

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

OPPO R15 Neoは2018年8月31日に発売された、電池持ちに特化した、DSDV対応の6.2インチの大画面、そして価格を3万円以下に抑えた格安スマホです。

RAM3GB版のOPPO R15 Neoなら2万5880円です。

最大の強みは、とにかく電池持ちが良いことです。ZenFone 4 Maxも電池持ちに特化したスマホですが、ZenFone 4 MaxよりもCPUの性能が4割くらいアップして、電池持ちは2割くらいアップしています。技適ありのスマホの中で一番電池持ちが良いのはOPPO R15 Neoです。

低価格ながらDSDVとauのVoLTEにも対応していて、SIMカードを2枚使う場合でもマイクロSDカードを使うことができます。

コスパがかなり良いのがOPPO R15 Neoです。

ただし、OPPO R15 Neoは6.2インチの大画面ですが低画質なのでキレイなグラフィックや写真を楽しみたい場合は、OPPO R15 Neoはマズイです。あと、カメラ性能は2万円前後のスマホによくある画質なので、カメラ性能を重視する場合はOPPO R15 Neoは避けたほうがいいです。

電池持ちを重視している場合や、安くDSDV対応の格安スマホを使いたい場合にOPPO R15 Neoを検討してみてください。

このサイトでは、OPPO R15 Neoを購入して、電池持ちやカメラの実性能、GPSの精度、顔認証の精度などの一連のテストを行なっています。

OPPO R15 Neo

OPPO R15 Neoのスペック(性能)

OPPO R15 Neo
CPUオクタコア1.8GHz SDM 450
RAM3GB4GB
ROM64GB
ディスプレイ6.2インチ
解像度1520×720、19:9(ノッチ付き)
カメラ1300万画素(F値2.2)+200万画素(F値2.4)/前面800万画素(F値2.2)
電池容量4230mAh
サイズ156.2 x 75.6 x 8.2mm
重さ168グラム
連続待受365時間
充電時間3時間 (80%充電なら2時間)
本体カラーダイヤモンドブルー、ダイヤモンドピンク
価格2万5880円2万9880円

Android 8.1 (ColorOS5.1)、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大256GB)、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応、同時にマイクロSDカードの使用可)、指紋認証非搭載、顔認証、USB Type C 非対応、Bluetooth 4.2、Wi-Fi 802.11b/g/n、ジャイロスコープ搭載

OPPO R15 Neoの対応周波数(バンド)

FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28 (au VoLTE対応)
TDD-LTE : B38/39/40/41
UMTS(WCDMA/3G) : B1/2/4/5/6/8/19

ドコモ系とau系とソフトバンク系の格安SIMについて

ドコモ系の格安SIMで使う場合

ドコモ系の格安SIMが主に使っているLTEバンドはFDD-LTEのバンド1/3/19です。OPPO R15 Neoはすべて対応しているので、LTEの受信は問題ないです。

W-CDMA(3G)はバンド6に対応しているので、FOMAプラスエリアにも対応しています。山間部などでも3Gでのデータ通信や音声通話がしやすくなっています。

au系の格安SIMで使う場合

au系の格安SIMが主に使っているLTEバンドはバンド1/18/26です。OPPO R15 Neoは全てに対応しているので、LTEの受信は問題ないです。

auのVoLTEにも対応しているので、VoLTE用のSIMを使えば、au系の格安SIM(通話SIM)で音声通話とSMSを使うことができます。

ソフトバンク系の格安SIMで使う場合

ソフトバンク系の格安SIM、ワイモバイルが使っているLTEバンドは、バンド1/3/8です。OPPO R15 Neoは全て対応しているので、LTEでのデータ通信は問題ないです。

W-CDMA(3G)はバンド1と8に対応しているのでソフトバンク系の格安SIMでも音声通話とSMSの送受信が問題なくできます。

OPPO R15 Neoはドコモ系、au系(VoLTE用SIM/マルチSIM)、そしてソフトバンク系の格安SIMでも問題なく使うことができます。

バンドの詳細についてはドコモとauとソフトバンクの対応バンドのまとめを参考にしてみてください。

OPPO R15 Neoの評価と比較

比較的性能の良い省エネのCPUを搭載

OPPO R15 NeoのCPUはSnapdragon 450 オクタコア1.8GHzです。(以下、SDM450)

ざっくり評価すると、SDM450は比較的性能の良で省エネ性能に優れたCPUです。(SDM450を比較的性能が良いと言おうと、誰からかぶん殴られるかもですが、普通に使う分には結構サクサク使えるので比較的性能が良いと思うのです・・)

SDM450は比較的性能が良く省エネで好評だったSDM625の派生バージョンです。SDM625(クロック数2.0GHz)はそもそも省エネで評判だったのですが、SDM450はクロック数を1.8GHzに抑えることで、さらに省エネが進んでいます。

簡単に評価すると、スマホの一般ユーザや少しヘビーユーザよりの一般ユーザでも満足して使えるCPU性能です。

ネットや、Twitterや、LINE、メール、Facebook、インスタグラムはもちろんのこと、一般的なゲーム、パズドラ、モンスト、ツムツムなどは、快適に遊ぶことができます。多少高度なゲームでもOPPO R15 Neoでも普通に遊べます。

ただ、FGOみたいなやたら重いゲームだと少し厳しいです。ある程度普通には遊べますが、どんなゲームでも快適に遊びたい場合は超高性能なCPUを搭載しているZenFone 5Zを選ぶことをオススメします。(OPPO R15 Neoは低画質なので、キレイなグラフィックのゲームだと少し残念画質になったりします)

OPPO R15 NeoのAntutuのスコア(v7.1.0)

OPPO R15 NeoのAntutuスコアは76,576でした。

OPPO R15 NeoのAntutuスコア(v7.1.0) 76,576
CPU: 35,796
GPU : 12,142
UX : 21,834
MEM: 6,804

P20 liteのAntutuスコア(v7.0.9) 87,131
CPU: 41,311
GPU : 13,143
UX : 23,932
MEM: 8,745

Antutuのスコアが高いほど高性能なCPU(&GPU&メモリ)を搭載していることになります。

2018年で一番売れている格安スマホがP20 liteです。それと比較すると性能が15%程度低くなりますが、使った感じでは、使い勝手はほぼ変わらないです。

SDM450を搭載している格安スマホはOPPO R15 Neoの他には、arrows Be F-04K(Antutuスコア:71,485)、LG style L-03K(Antutuスコア:64,721)などがありますが、OPPO R15 Neoの性能が一枚上になっていました。

格安スマホのAntutuスコア(v7以上)
ZenFone 5Z: 271,283
P20: 206,563
ZenFone 5: AIブーストなし125,200、AIブーストあり138,771
ZenFone 4 138,474
nova lite 2: 88,801
AQUOS sense plus: 88,670 (防水・おサイフケータイ対応)
P20 lite: 87,131
nova2: 82,710
LG style L-03K: 64,721 (ドコモwith対象機種)
AQUOS sense lite 58,098
ZenFone 4 Max 55,776
・ZenFone 2 Laser: 35,022

下記はAntutuテストv7以上での評価になります。

一般的な使い方なら35,000程度でもわりと使えますがサクサク感は厳しいです。50,000でそこそこサクサク使えて、60,000で比較的サクサク、70,000で結構サクサク、80,000以上でサクサクの限度で普通の使い方では体感差が出ずらくなります。

ゲーム好きな場合は、Antutuスコアが最低でも55,000がボーダーラインです。70,000以上である程度余裕が出てきて、高度なゲームでも大抵は問題なく遊べます。ただし、ゲームが大好きな場合は100,000以上のAntutuスコアが出るスマホがオススメです。

ゲームは暇つぶしと思っているくらいだと、35,000くらいでもそこそこ普通に遊べます。

参考:格安スマホとiPhoneのAntutuスコアの詳細と発熱時の温度

発熱しにくく、結構サクサク使える

ストレステストをかけても、発熱は38度くらいまでに抑えられていました。CPUのパフォーマンスもほぼ100%を維持しています。

RAM3GB(4GB)

OPPO R15 NeoのRAMは3GB版と4GB版があります。4GB版にすると価格が4000円高くなるので、人気なのは3GB版です。

CPUが脳みそに相当しますが、RAMは勉強机の広さに相当します。RAMの容量が大きければより多くのアプリを同時に起動することができます。

OPPO R15 NeoのCPUの性能的にはRAMは3GBでちょうどいい感じです。OPPO R15 NeoのCPUはRAMを4GBも使うほど高性能でもないので、3GBあれば十分です。一般的なユーザならRAM3GBで大丈夫です。

スマホをたくさん使いたい場合は、RAM3GBだと不安なので、より高性能なCPUと4GB以上のRAMを搭載しているスマホがオススメです。

ROM64GB

OPPO R15 NeoのROMは64GBです。

ROMは机の引き出しの大きさに相当します。ROMの容量が大きければより多くのデータを保存することができます。

OPPO R15 NeoのROMは64GBもあるので、アプリをたくさんインストールすることができます。写真や音楽もたくさん保存できます。

OPPO R15 NeoのROMの空き容量

初期設定後の起動直後のROMの空き容量

OPPO R15 Neoの空き容量は51.7GBです。

写真などのデータはマイクロSDカードに保存するのがオススメ

1600円程度のマイクロSDカード(32GB)を買って、写真や動画、音楽、書籍データなどのデータはマイクロSDカード側に保存することをオススメします。

ROMが64GBあれば保存容量としては十分ですが、スマホは精密機械なので何かの拍子で壊れる可能性があります。もしスマホが起動できないくらい壊れても、マイクロSDカードに写真などのデータを保存しておけば、ほぼ確実に写真のデータをもとに戻すことができます。

どのマイクロSDカードを選べばいいのかわからない場合は、とりあえず下記を選んでください。一番無難な選択肢です。

Amazon: microSDカード32GB Class10 UHS-I対応
Samsung microSDカード32GB EVOPlus Class10 UHS-I対応 Nintendo Switch 動作確認済 正規代理店保証品 MB-MC32GA/ECO

マイクロSDカードは32GBぐらいがちょうどいいです。他メーカーでもかまいません。届いたら早速設定します。下記のページで、マイクロSDカードを入れて設定するやり方を載せているので、やり方にあまり自信がない場合は、他機種の例になりますが参考にしてみてください。

マイクロSDカードを格安スマホで使う

最大の強み:電池持ちが超良い

OPPO R15 Neoの最大の強みは電池持ちが超良いことです。現在販売中の格安スマホで一番電池持ちが良いのがOPPO R15 Neoです。

電池容量は大容量の4230mAh、画面は6.2インチだけど解像度が1520×720の低解像度、CPUは省エネ重視のSDM450。。どうみても電池持ちが超良いスペックになっています。

OPPO R15 Neoの実際の電池持ち(このサイトでの実測)

Youtubeの連続再生時間 20時間30分
PCMarkのバッテリテスト 17時間0分

アホみたいに電池が持ちました。電池持ちに特化したZenFone 4 Maxでも、Youtubeは16時間56分、PCMarkは12時間23分です。

連続待受時間のカタログ値は365時間で少し短めです。スマホを使わずに何日も放置する場合、地味に電池が少し速くなくなります。スマホのライトユーザでなければ特に気にする必要はないです。

全体的に評価すると、OPPO R15 Neoは電池持ちが超良い機種です。ヘビーな使い方でも1日くらい十分な電池持ちになっています。ポケモンGO向けの機種です。

格安スマホ等の実機テストによる実際の電池持ち(実測)
PCMarkの電池持ち動画の再生時間連続待受時間
P20 lite7時間17分11時間30分334時間
P209時間6分12時間52分371時間
nova lite 26時間44分12時間15分テスト待ち
AQUOS sense plus11時間31分16時間34分564時間
ZenFone 59時間18分14時間5分498時間
ZenFone 5Z10時間7分14時間30分424時間
ZenFone 4 Max12時間23分14時間9分テスト待ち
LG style L-03K9時間40分12時間30分テスト待ち

PCMarkの電池持ちはWebサイトの閲覧、動画の編集、データの書き込みや改変、写真の加工など繰り返したときの電池持ちです。動画の再生時間はYoutubeを再生し続けて電池切れまでの時間です。連続待受時間はスリープ状態で電池がなくなるまでの時間です。

下記のページに電池持ちのテストの詳細や、電池の寿命を伸ばす方法、多数の格安スマホの電池持ちのテスト結果を掲載しているので参考にしてみてください。

スマホの電池持ちの詳細調査と電池を長持ちさせる方法

急速充電について、付属の急速充電器の使用を推奨

付属の急速充電器を使うと約2時間で80%充電、約3時間で100%充電になります。

充電時の発熱も33度くらいに抑えられているのでいい感じです。

付属の急速充電器だと5.17V1.37A(7.1W)で充電してくれますが、他の急速充電器だと5V1Aくらいになって充電速度が少し遅くなる可能性があるので、基本的には付属の急速充電器で充電することをオススメします。

DSDV対応で同時にマイクロSDカードも利用可能

OPPO R15 Neoのもう一つの強みは、2万円台の価格ながらDSDVに対応していて、SIMカードを2枚使う場合でもマイクロSDカードを使うことができることです。

auのVoLTEにも対応しているで、au系の格安SIMを2枚便利に使うこともできます。

ドコモのガラケーSIM(FOMAカード)やauのガラホSIMが使えるかどうかは、検証が行われていません。使える場合も、いつかアップデートで使えなくなる可能性も少しあるので、自己責任で使う感じになります。

ZenFone 5やZenFone 5ZもDSDVに対応していますが、DSDVでSIMカードを2枚使う場合は、マイクロSDカードは使えなくなります。

6.2インチの大画面で低解像度、どのくらい荒く見える?

OPPO R15 Neoは6.2インチの大画面のディスプレイを搭載していますが、解像度が1520×720と低いです。文字が読みづらくなるほど画質が荒くなるとかはないので大丈夫です。


(クリックで大きな画像になります)

左がP20 lite、右がOPPO R15 Neoです。明るさは100%です。

文字をじっくり凝視してみましたが、違いはほぼありません。両方とも綺麗に表示されます。ただし、写真に違いが出てきます。P20 liteは写真が明るめになって、OPPO R15 Neoは写真が少し暗めになります。

あと、アイコン(PNGやGIF)などの小さい画像がOPPO R15 Neoだと少し荒くなるかも?くらいな感じになります。

Webサイトくらいなら気になるほどの違いではないのですが、キレイなグラフィックでゲームをしたい場合は、低解像度のOPPO R15 Neoは避けたほうが良いです。

画面の保護力が高そうな保護ケース付き

OPPO R15 Neoには柔らかめの保護ケース(TPU)が付いてきます。画面の縁が出っ張るような保護ケースになっているので、スマホを落としても画面が割れることはそうそうなさそうです。(画面の縁が出っ張りすぎて、少しうざいかもですが・・)

カメラ性能は2万円台の価格相応

OPPO R15 Neoのカメラ性能
背面:1300万画素(F値2.2)+200万画素(F値2.4)
前面:前面800万画素(F値2.2)

OPPO R15 Neoのカメラ性能は低いです。

1300万画素なのにF値2.2もあるので、暗いところはカメラ写りが結構悪くなります。

実際にOPPO R15 Neoで写真をいくつか撮ってみましたが、暗いところは戦力外、食べ物の写真も戦力外、普通の明るさのところで風景を撮る場合はOPPO R15 Neoでも十分です。ズームを使いたい場合は少し避けたほうが良いかもな感じです。

スマホのカメラ性能は、お金を出せば出すだけカメラの実性能が良くなる世界になっています。逆に、お金を出さないと、カメラ性能は値段相当の性能になります。

カメラ性能を重視する場合や、インスタ映えする写真を撮りたい場合、カメラ性能を重視した価格の高いスマホを選ぶことをオススメします。

UQ専売機ですが、カメラ性能がワンランクアップしているnova2がおすすめです。価格が高くなりますが、ZenFone 5やZenFone 5Zも結構カメラ性能が良くなっています。P20は悪くはないのですが、クセが強いのでオススメ度は微妙な感じです。

OPPO R15 Neoのカメラ性能は2万円台のスマホでは良くある画質です。

OPPO R15 Neoで撮った写真は、後日アップします。

GPSの精度

実売価格が1万8000円を切るスマホだとGPSの精度が悪いスマホがごく稀にありますが、1万8000円以上ならGPSの精度が悪い可能性は相当少ないです。

OPPO R15 Neoを持って徒歩や自転車、電車などで使ってみましたが、普通に使える範囲でした。GPSが入りづらい室内でも他の機種と同程度のGPSの電波を受信しているので、車などでも普通に使える精度になっていると思われます。

○がGPS
△がGLONASS
□がQZSS(みちびき)
五角形がGALILEO
星型がBEIDOU

※ GALILEOはヨーロッパの位置衛星なので日本での使用だと、ほとんど見つからない感じです。

OPPO R15 Neoのスペック表には位置情報センサーの情報がありませんが、実際に試したところGPS / Glonass / Beidouに対応していました。(GALILEOにも対応しているかもですが、GALILEOはヨーロッパあたりに行かないと見つからないので・・)

微妙に□のQZSSが表示される場合がありますが、高い可能性で誤表示なので気にしなくて良いと思います。

OPPO R15 NeoはGPSの精度が特に良い機種というわけではないんですが、一般的なスマホのGPSの精度は備えている機種です。

指紋認証はないが、顔認証が使える

OPPO R15 Neoは指紋認証は使えませんが、顔認証でスマホのロックを解除することができます。

実際に試してみましたが、違和感なく顔認証でロックを解除できるので、セキュリティを最重視していなければ、顔認証を使うことをオススメします。

他のスマホで自撮りして、自撮り画像でOPPO R15 Neoの顔認証を突破を試してみましたが、突破はできませんでした。(ちなみにLG styleだと、これで突破できる・・)

ただ、どうしても顔認証は指紋認証と比べたらセキュリティが少し弱いので、顔認証を使いたくない場合は、指紋認証が使える格安スマホを検討することをオススメします。

OPPO R15 Neoの内容物

OPPO R15 Neo本体、急速充電器(5V2A)、USBケーブル、クリアケース、SIM取り出しピンが入っています。

OPPO R15 Neoの外観

ダイヤモンドブルー、こんな感じにカラーリングされています。ケースに入れてしまえばカラーリングなんてほとんど意味がないのですが、最初にへーキレイな感じがするくらいの印象にはなるかと・・。

OPPO R15 Neoのホーム画面

OPPO R15 Neoの注意点

Type Cではない

充電コネクタがType Cではなく、microUSBです。OPPO R15 Neoは、ROMとCPUと電池にリソースを多く割り当てているので、microUSBは仕方ないのかなと思います。

WiFiの11acに非対応

OPPO R15 NeoはWiFiの11acには対応していないので、5GHzのWiFiは使えません。これも、ROMとCPUと電池にリソースを多く割り当てているので、仕方ないのかなと思います。

左上からでは戻らない場合が多い

説明するのが少し厄介ですが、

「ストレージ」という箇所をタップすれば、普通はストレージへ戻るのですが、OPPO R15 Neoの場合は戻りません。画面下部の戻るボタンをタップしないと戻らないです。

設定をいじっていると、左上の箇所から戻るケースと戻らないケースがあってうざいです。そのうち直ると良いのですが・・・。

OPPO R15 Neoの評判

OPPO R15 Neoの評判は、そもそもOPPOって何?レベルなので、一般的にはそこまで評判にはなっていません。

ただ、2万5880円という価格で、SDM450、RAM3GB、ROM64GB、4230mAh、6.2インチのベゼルレス、DSDV対応というのはコスパがとても良いです。

電池持ち特化スマホとしてZenFone 4 Maxは地味に売れていますが、今後はOPPO R15 NeoがZenFone 4 Maxを飲み込んで売れると思います。

OPPO R15 Neoの口コミと質問は下記から

このサイトではユーザ参加型の格安SIMと格安スマホの口コミサイトも運営しています。OPPO R15 Neoも下記のリンクにて口コミや質問を受け付けているので、何か質問があったり口コミがあれば、書き込んでいただければと思います。

格安SIMとスマホの口コミ:格安スマホ全般に関する雑談

OPPO R15 Neoが買えるMVNOとキャンペーン情報

OPPO R15 NeoはMVNOではIIJmioでのみ取り扱っています。

OPPO R15 Neoの定価:2万5880円

税込で計算すると面倒なので、全て税抜き価格になります。分割払いにできるところでも、分割にしてしまうと、分割手数料が15%くらい発生したりする場合があるので、一括払いで買うことをおすすめします。

IIJmio

IIJmioのOPPO R15 Neoの3GB版の価格は2万4800円、4GB版の価格は2万9800円で販売しています。IIJmioでは月額割引(通話SIM)、Amazonギフト券のプレゼント(通話SIM)、データ量増量キャンペーンを行なっています。

OPPO R15 Neoの3GB版のAmazonギフト券:3000円分
OPPO R15 Neoの4GB版のAmazonギフト券:5000円分

4GB版を選んでも大して効果はないはずですが、価格が5000円高くなって、Amazonギフト券は2000円多くなるので、実質3000円高くなるだけです。実質3000円なら、4GB版を選んでも悪くないといった感じです。(個人的には3GB版で良いと思います)

IIJmioのキャンペーンとオススメの格安スマホの詳細、初期費用1円+7ヶ月間データ2倍+最大1万円分のギフト券+月額料金が半年間600円引き

IIJmioでは2018年10月3日までに格安SIMを申し込むと、通常3000円かかる初期費用が1円、半年間データ量が通常の2倍もらえます。それに加えて、音声通話SIMだと月額料金が半年間600円引き(合計3600円引き)、音声通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大1万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。

さらに今ならデータ量2倍が1ヶ月追加になる当サイト限定のキャンペーンも行っています。通常キャンペーンと合わせて7ヶ月間データ量が通常の2倍になります。例えば月3GBプランなら7ヶ月間、毎月6GBも使えます!
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioのOPPO R15 Neoの詳細と申込はこちら → IIJmio

IIJmioの詳細評価

OPPO R15 Neoだけ買いたい場合はAmazon等

契約が必要な格安SIMとセットではなく、OPPO R15 Neoだけ買いたい場合は、Amazonがお勧めです。

Amazon:OPPO R15 Neo
OPPO R15 Neo【国内正規品】6.2インチ/SIMフリースマートフォン/ダイヤモンド ブルー(3GB/64GB/4,230mAh) 873310

Amazonだと価格が少し変わったりしますが、税込で約2万7000円で買うことができます。

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)では、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • ZenFone 5
    • ノッチ付きの6.2インチの縦長のベゼルレスになっています。auのVoLTEとDSDVにも対応しています。価格は5万2800円、6.2インチ、CPUオクタコア1.8GHz SDM636、RAM6GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ1200万画素+800万画素広角、重さ165g、電池容量3300mAh、DSDV対応、auのVoLTE対応
  • nova lite 2
    • コスパ最強の格安スマホがnova lite 2です。格安スマホで迷ったらとりあえずnova lite 2が一番無難です。価格は2万2800円、5.65インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4 Kirin659、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ143g、電池容量3000mAh
  • nova2
    • UQ mobile専売モデルのコンパクトなAndroidスマホです。nova lite 2よりも各種性能が少し良くなっています。特にカメラ性能がかなり良いです。価格は2万8900円。5インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4 Kirin659、RAM4GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ1200万画素(F値1.8)+800万画素、重さ143g、電池容量3000mAh
  • AQUOS sense plus
    • 防水とおサイフケータイに対応しているスマホで一番オススメなのがAQUOS sense plusです。5.5インチ、CPUオクタコア2.2GHx4+1.8GHzx4 SDM630、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1640万画素、重さ157g、電池容量3100mAh、DSDS対応、auのVoLTE対応
最終更新日 2018年9月10日 / 作成日 2018年9月10日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る