OPPO R15 Neoのカメラのサンプル写真(作例)いろいろ

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

ここではOPPO R15 Neoのカメラの性能テストを行なっています。特に何も考えずにその辺をパチパチ撮ってきたので、作例になるかどうか若干微妙ですが、参考程度で・・。

画像をクリックするとオリジナルの大きさになります。

設定の変更はほとんどしていませんが、写真を取るときは画面にタップしてフォーカスを合わせて撮る場合があります。

OPPO R15 Neoの性能評価と評判+購入後の詳細レビューとキャンペーン情報

OPPO R15 Neoのカメラでハンバーガーの写真+暗いところ


色付きがよろしくないです。


うーん、メシマズな感じ。実物はもう少し濃い黄色で鮮やかな感じです。


うーん、少し灰色がかって微妙。


暗いところは強くないです。

OPPO R15 Neoのカメラで植物の写真

OPPO R15 Neoのカメラでお寺の写真+α


最大ズーム


ズームなし


最大ズーム、もうちょいズームが欲しかった


原寸大にすると空の色が荒くなる

こんな感じになりました。

食べ物の写真はメシマズ率が高くなりますが、風景などは割とうまく撮れていました。風景でも細かい部分で少し荒い部分が出てくるかもですが、原寸大に拡大しなければ気にならないと思います。薄暗い場所は苦手です。

OPPO R15 Neoの価格的には妥当なカメラ性能だと思います。

OPPO R15 Neoの性能評価と評判+購入後の詳細レビューとキャンペーン情報

格安SIMや格安スマホ関連のお役立ち情報

格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)では、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • OPPO Reno A
    • コスパの良い高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラ性能も良いです。3万5800円、6.4インチ、CPU SDM710、RAM6GB、ROM64GB、カメラ1600万画素(F値1.7)+200万画素、重さ169g、電池容量3600mAh
  • P30 lite
    • 3万円前後で買えて、性能バランスが一番良いのがP30 liteです。カメラ性能も比較的良いです。6.21インチ、CPU Kirin710、RAM4GB、ROM64GB、カメラ広角2400万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.4)+深度測定用200万画素(F値2.4)、重さ159g、電池容量3340mAh
  • nova lite 3
    • コスパ最強の格安スマホがnova lite 3です。カメラ性能は少し悪いですが、安くて高性能です。価格が2万2800円前後、6.21インチ、CPU Kirin710、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素(F値1.8)+200万画素、重さ160g、電池容量3400mAh
  • AQUOS sense3
    • 防水とおサイフケータイ対応で電池持ちが超良いのがAQUOS sense3です。5.5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ167g、電池容量4000mAh
最終更新日 2018年9月17日 / 作成日 2018年9月17日 / 作成者 格安SIMの管理人
「OPPO R15 Neoのカメラのサンプル写真(作例)いろいろ」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ