OPPO R17 Neoのカメラのサンプル写真(作例)200枚くらい

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

ここではOPPO R17 Neoのカメラの性能テストを行なっています。設定は特にいじらずに何も考えずにその辺をパチパチ撮ってきたので、作例になるかどうか若干微妙ですが、参考程度で・・。

画像をクリックするとオリジナルの大きさになります。

設定の変更はほとんどしていませんが、写真を取るときは画面にタップしてフォーカスを合わせて撮る場合があります。比較用にP20 liteでも写真を一緒に撮ってきたので比べてみてください。

下手な鉄砲数打って判断してもらおうと思って、合計で200枚くらいの写真を撮ってきました。(下手な鉄砲=私のカメラの腕)

※ 他にもAQUOS sense2、ROG Phoneも一緒に写真を撮ったので、実際は合計で600枚くらい写真を撮りました。sense2とROG Phoneの写真は後日アップします。

写真を比較する前に、最初にざっくり評価

OPPO R17 Neoは実物に近い色合いを出します。比較用のP20 liteは実物よりもある程度の明るさがあるところでは、少し明るく撮る傾向があります。

OPPO R17 Neoの写真をパソコンで見る場合は、パソコンが低解像度の場合、空の写真にノイズのような境界線が出る場合があります。かなり高倍率のズームができますが、そこまでズームの性能はよくないですが、P20 liteよりかは少しマシなズームくらいです。

暗いところでもOPPO R17 Neoでもそこそこ頑張ります。流石に5万円以上の高額スマホの夜景には勝てないのですが、3万円台のスマホとしては良くやっているほうです。暗いところではP20 liteは無能です。P20 liteはある程度の明るさがあれば、明るく撮りますが、一定の明るさを満たさないと戦力外になります。

食べ物の写真もOPPO R17 Neoだと実物に近い色合いがでます。P20 liteは実物よりも少し明るめ(白っぽく)に撮って、赤色はより明るい赤にします。

OPPO R17 Neoの性能評価と評判+実機の詳細レビューとキャッシュバック情報

OPPO R17 Neoの六義園の写真

14時半ごろから撮り始めました。

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

上記の写真の最大ズーム、高倍率でズームできますが、画質はお察しです。

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

上記の写真の最大ズーム、OPPOは最大倍率の半分くらいが限度な気がします。

P20 lite

上記の写真の最大ズーム、P20 liteはそもそもそんなに高倍率でズームできません。

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

実際の色合いに近いのはOPPOのほうです。SNS映えするのは、明るめの色合いになるP20 liteかもしれません。

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

ズーム3倍くらいだったと思います。適当なズームだと写真もいい感じになります。

OPPO R17 Neo

これも3倍くらいのズームです。

P20 lite

P20 liteも同じくらいにズームしましたが、P20 liteの場合は形がカクカクします。

OPPO R17 Neo

逆光で撮っても、なんとかなります。(眩しくて直視できないくらいの逆光です)

P20 lite

逆光だと、光の拡散具合がOPPOの2倍くらいになります。

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neoの六義園の夜景の写真

17時20分ごろから撮り始めました。長くて寒くて疲れました(暗くなるまで30分くらいベンチで待ってました)。六義園は明るい時よりも暗くなってからの方が混みました。

OPPO R17 Neo

OPPOは暗いところでもそこそこ頑張ります。

P20 lite

P20 liteはこの暗さでは、もう頑張れないみたいです。

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

画質はお察しレベルになってしまいますが、雰囲気は伝わるかなと思います。

P20 lite

夜景やライトアップにはP20 liteは無理がある感じです。もっと派手目なライトアップならP20 liteでも大丈夫だと思います。六義園のライトアップの光の量は控えめです。

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

一定の明るさがあると、より明るくなります。

OPPO R17 Neo

なんか知りませんが、実際より少し紫色っぽくなりました。

OPPO R17 Neo

P20 lite

光源が拡大気味になります。

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neoの食べ物の写真

OPPO R17 Neo

P20 lite

全体的に少し明るめになります。赤色は実物よりもより明るい赤色になります。実物の色合いに近いのはOPPOのほうですが、SNS映えするのは明るい色合いになるP20 liteかもしれません。

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

P20 liteはある程度の明るさのところなら、少し明るめに撮ってくれるので、サラダだと新鮮に見えます。

OPPO R17 Neo

P20 lite

黒っぽい色を出してもらいたいときは、こんな感じで思ったような色合いになっていないかもです。

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

ポテトは白っぽくなります。実物の色合いに近いのはOPPOのほうですが、P20 liteのほうが美味しく見えるかもです。

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

黒色が少しだけですが白っぽくなります。

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

みかんもより明るいみかん色へ変換

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

OPPO R17 Neo

P20 lite

以上、OPPO R17 NeoとP20 liteのカメラの比較画像でした。P20 liteは2018年で一番売れている格安スマホです。

カメラ性能は、実写的に撮りたい場合はOPPO R17 Neoが良くて、SNS映えして撮りたい場合はP20 liteが良いかもです。夜景を撮りたい場合は、OPPO R17 Neoならそこそこ頑張れますが、P20 liteは戦力外になります。

※ 夜景をもっとキレイに撮りたい場合、3万円台のOPPO R17 Neoでは無理があります。夜景をキレイに撮りたい場合は、5万円以上のスマホが必要になります。(基本的にお金を積めば積むほど、夜景の写真がキレイになります)

OPPO R17 Neoの性能評価と評判+実機の詳細レビューとキャッシュバック情報

UQモバイルの関連情報

UQ mobileの公式サイト

最大1万3000円のキャッシュバック → UQ mobileのキャッシュバック

UQ mobileの口コミと質問はこちら
格安SIMとスマホの口コミ:UQ mobileの口コミ

UQ mobileのリアルタイムの実際に出る通信速度はこちら
UQ mobileの通信速度(リアルタイム)

格安SIMや格安スマホ関連のお役立ち情報

格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)では、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • nova lite 2
    • コスパ最強の格安スマホがnova lite 2です。格安スマホで迷ったらとりあえずnova lite 2が一番無難です。価格が2万2800円、5.65インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ143g、電池容量3000mAh
  • P20 lite
    • P20liteはnova lite 2より6000円ほど高くなりますが、RAMが4GBに増えて、Type Cに対応、画面が少しだけ広くなって、WiFiのacに対応しています。P20liteは2018年で一番売れる格安スマホです。auのVoLTEにも対応しています。5.84インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4、RAM4GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ145g、電池容量3000mAh
  • AQUOS sense plus
    • 防水とおサイフケータイに対応しているスマホで一番オススメなのがAQUOS sense plusです。5.5インチ、CPUオクタコア2.2GHx4+1.8GHzx4 SDM630、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1640万画素、重さ157g、電池容量3100mAh、DSDS対応、auのVoLTE対応
  • OPPO R15 Neo
    • 電池持ち最強、それがOPPO R15 Neoです。DSDVとauのVoLTEにも対応しています。トリプルスロットなのでDSDVとマイクロSDを同時に使うことができます。CPUオクタコア1.8GHz SDM450、RAM3GB/4GB、ROM64GB、カメラ1300万画素+200万画素、重さ18g、電池容量4230mAh
最終更新日 2018年12月7日 / 作成日 2018年12月6日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

PR
ワイモバイルのPR
ワイモバイルのキャンペーンの詳細記事
格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る