格安SIMでも使えるおサイフケータイ対応スマホの詳細

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMでもおサイフケータイを使うことができます。

すでにスマホでおサイフケータイを使っている場合、そのスマホに格安SIMを入れても、そのままおサイフケータイを使い続けられます。(ドコモのiDのネット決済ができなくなる程度です)

これからおサイフケータイを使おうと思っている場合は、おサイフケータイに対応しているスマホを選ぶだけです。

ここでは、おサイフケータイについて説明した後に、おサイフケータイの注意点、おサイフケータイに対応しているオススメの格安スマホと白ロムを紹介します。

おサイフケータイとは?

おサイフケータイとは、スマホをお財布の代わりに使うことができる機能です。

おサイフケータイに対応しているスマホなら、電車の改札口でスマホをかざして改札を通ったり、コンビニ等でスマホをかざして現金を使わずに料金を支払うことができます。

おサイフケータイを利用する理由は、会計が早い、現金やカードを持ち歩く必要がない、ポイントが貯められる/キャッシュバックがあることが挙げられています。

逆に、利用しない理由は、セキュリティ・紛失時など安全性に不安がある、クレジットカードなど、他の決済手段の方が使い勝手がよい、支払いは現金でしたいという理由が挙げられています。(日銀のアンケート結果)

おサイフケータイを使っている人はどのくらい?

2016年12月調査結果

おサイフケータイを使っている人は、全体の6.1%しかいません・・・。

2017年6月調査結果

おサイフケータイ対応スマホを持っている人の中での年齢別の利用率が上記の棒グラフです。(おサイフケータイ対応スマホを持っていない人は母数に含まれていません)

おサイフケータイ対応スマホを持っている男性は2割程度、女性は1割程度がおサイフケータイを使っています。加えて、グラフの掲載は省略しますが、関東での利用率は17%程度であるのに対して、それ以外の地域では10%前後の利用率になっています。

この利用実態からだと、おサイフケータイを使ったことがない人は、関東に住んでいる男性の場合、おサイフケータイに対応しているスマホを検討するのが良い感じになります。

女性の利用率が男性の2分の1になっているのは、おサイフケータイが機械物に属しているためだと思います。もしくは、安全性への不安リスクを大きく捉えているのかもしれません。

ただし、20代の女性はおサイフケータイをほとんど使わないのに対して、40代の女性はそこそこおサイフケータイを使っています。年齢が上がるにつれて節約志向が高まるのかな思います。

長らくおサイフケータイを使う人の割合は伸び悩んでいましたが、iPhone 7以上でおサイフケータイと同じように使えるApple Payが2016年10月から使えるようになったので、おサイフケータイとApple Payを使う人の数は増えていき、今後はより一般的なサービスになるかもしれません。

グラフ出典
日銀「生活意識に関するアンケート調査」(第68回)の結果 2016年12月調査 (PDF)
日銀 モバイル決済の現状と課題 2017年6月 (PDF)

おサイフケータイ、NFC、Felica、Apple Payの関係

ざっくり説明していきます。まず大元はNFCです。NFCの中にFelica、Type A、Type Bなどがあります。そして、Felicaの中に、おサイフケータイ、Apple Pay、電子マネーが含まれています。おサイフケータイ=電子マネーと思っておけば良いです。

NFC (近距離無線通信技術/非接触通信)
→ Type A
→ Type B
→ Felica → おサイフケータイ(電子マネー)、Apple Pay、一部のお店のポイントカード

超ざっくり説明すると、こんな関係になっています。NFCやType A、Type B、Felicaは技術です。おサイフケータイやApple Payは決済システムです。

Felica対応のAndroidスマホがおサイフケータイとポイントカードが使えて、iPhone 7(Apple Watch 2)以上がApple Payを使えます。

おサイフケータイは、モバイルSUICAやnanacoモバイル、楽天Edy、iD、QUICPayなど、その他多数のサービスを使うことができます。対応サービスごとに、先払い(プリペイド)や後払い(ポストペイド)があります。主に先払いです。基本的にクレジットカードと紐づけて支払いを行います。

Apple Payは使えるのはモバイルSUICA、iD、QUICPayです。他にもANAスキップサービスなどマイナーなサービスが使えますが、おサイフケータイと比較すると使えるサービスはかなり限られています。

ちなみに、モバイルSUICAを定期として使う場合、子供用(高校生以下)の定期、もしくは発着駅のいずれかにJRの駅を含まない定期はモバイルSUICAで定期として使うことはできません。

格安SIMでおサイフケータイを使う場合の注意点

格安SIMでおサイフケータイを使う場合の注意点は主にドコモのiDです。

格安SIMだとiDのネット決済が使えません。iDのネット決済を頻繁に使う人はあまりいないと思うので、気にする必要な特にないのですが、念のため注意してください。

これからおサイフケータイを使う場合の注意点

おサイフケータイ対応の格安スマホを使う場合

dカードとdカード miniを使ってiDを登録することはできません。dカードとdカード miniを使ったことがない場合は、特に気にしなくて良いです。

おサイフケータイ対応の白ロムを使う場合

中古の白ロムを購入しておサイフケータイを使う場合、以前の持ち主がおサイフケータイを使用していて売却時にFelicaを初期化していない場合は、Felicaを初期する必要があります。Felicaの初期化はドコモやauなどのキャリアショップで行うことができます。

全てのおサイフケータイのサービスに対応しているとは限らない

おサイフケータイには下記の電子マネー、鉄道・航空サービス、ポイントカードなどがあります。

おサイフケータイのサービス
モバイルSuica、nanacoモバイル、モバイルWAON、楽天Edy、QUICPay モバイル、ローソンモバイルPonta、ドコモのiD、mobile members、東京ドーム TDモバイル2、ticket board、McDonald’s Japan、クロネコメンバーズなど

おサイフケータイ対応スマホといっても、全てのおサイフケータイのサービスに対応しているとは限らないのですが、基本的には記載がなくてもほとんど全てのサービスに対応しています。

ただ、一番怪しいのがドコモのiDです。おサイフケータイに対応しているSIMフリーのスマホや、SIMロックを解除したauやソフトバンクのスマホでiDを使おうと思っている場合は、事前に使えるかどうか確認することを強くお勧めします。

SIMフリーのスマホの場合は、iDを利用できる機種に対応しているかどうかの記載があります。SIMロックを解除したauやソフトバンクのスマホは、iPhone 7以外はおそらくiDの利用は無理です。どこで確認できるかも不明です(おそらく実際に試さないとわかりません)。

その他のおサイフケータイのサービスは基本的に問題なく使えるはずですが、100%確実にしたい場合は個別に調べてください・・。

Apple Payについて

おサイフケータイとApple Payは別物という話を先にしましたが、Apple Payの場合は格安SIMを使う場合でも、dカードを使ってiDを登録することができます。ただし、Apple Payは格安SIM云々以前に、iDのネット決済には対応していません。

Apple Payで使えるサービスは、基本的にモバイルSUICA、iD、QUICPayだけです。Apple Payが使えるiPhoneは日本のiPhone 7以上とApple Watch2以上です。海外で購入したiPhone 7以上やApple Watch2だと使えません。

オススメのおサイフケータイ対応スマホ

ここではおサイフケータイに対応している白ロムやSIMフリーのスマホをオススメ順に紹介していきます。

白ロムが何なのかよく分からない場合は、格安SIMに最適な白ロムの購入ガイドを参考にしてみてください。

おすすめ No.1:AQUOS sense/lite、SIMフリー、一番オススメのおサイフケータイ対応スマホ

AQUOS sense plus

AQUOS sense plusの価格:税抜4万4880円(MVNOだと4万円前後)

性能 5.5インチ、CPUオクタコア2.2GHx4+1.8GHzx4 SDM630、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1640万画素、重さ157グラム、電池容量3100mAh、ナノSIM、auのVoLTE対応、防水・防塵、おサイフケータイ対応

AQUOS sense plusはおサイフケータイに対応している格安スマホの中で一番オススメです。

5.5インチのスリムな縦長画面、比較的高性能なCPU(SDM630)、RAM3GB、ROM32GB、電池容量が大容量の3100mAh、そして2年間のアップデートに対応しています。防水、おサイフケータイに対応している格安スマホの中でもかなり完成度の高いスペックになっています。

家電量販店での定価は4万4880円ですが、MVNOだと4万円前後で買うことができます。

ドコモ系の格安SIM(ナノSIM/マイクロSIM)とau系の格安SIM(VoLTE用SIM/マルチSIM)で使うことができます。

AQUOS sense plusは楽天Edy、モバイルSuica、モバイルWAON、モバイルJMBWAON、 nanacoモバイル、iD、QUICPayに対応しています。PayPass、payWave、J/Speedyには対応していません。またiDのdカード、dカードminiには非対応です。

おサイフケータイ、もしくは防水に対応しているスマホが必要な場合にAQUOS sense plusを検討することをオススメします。

AQUOS sense plusの性能評価と評判+詳細レビューとキャンペーン情報

おすすめ No.2:arrows Be F-04K、ドコモの白ロム、壊れにくく比較的高性能で防水・ワンセグ対応

arrows Be F-04K

arrows Be F-04Kのヤフオク価格:税込2万円

性能 5インチ(HD)、CPUオクタコア1.8GHz SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1220万画素(F値1.9)、重さ143グラム、電池容量2580mAh、電池持ち時間130時間、USB Type C搭載、耐衝撃構造、ワンセグ(内蔵アンテナ)、指紋認証対応、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac対応

arrows Beは2018年5月25日に発売されたドコモの比較的高性能で耐衝撃構造で壊れにくい5インチのスマホです。

CPUは新型の省エネで比較的高性能なSnarpdragon 450(以下、SDM450)です。一般的な使い方なら問題なく使うことができます。RAMは3GB、ROMも32GBあるので、普通の使い方なら十分な性能を発揮してくれます。

加えて、SDM450の省エネ性能はかなり良く、画面は5インチのHD(720×1280)なので、電池持ちはかなり良いものになっています。

最近のスマホは画面が割れやすいですが、arrows Beは高さ1.5mから26方向でコンクリートに落とす落下テストでも画面が割れない構造になっています。(※かなり雑に扱うとarrows Beでも壊れると思いますが、不注意で落としたくらいなら、arrows Beなら高い可能性で割れずに問題なく使い続けられます)

F値1.9の比較的明るいレンズを使うことで、暗いところでも素早く正確にピントが合い、比較的綺麗に撮ることができます。

ドコモの白ロムなので、基本的にはヤフオクで落札することになります。ドコモのiDを含め、ほとんど全てのおサイフケータイのサービスが使えます。使えないサービスはないと思われます。

ドコモ系の格安SIM(ナノSIM)で使うことができます。

arrows Be F-04Kの性能と評判+詳細レビューと機種変/新規/MNP&キャンペーン情報

おすすめ No.3:LG style、ドコモの白ロム、5.5インチの縦長画面&比較的高性能なワンランク上の格安スマホ

Huawei nova lite 2

LG style L-03Kのヤフオク価格:税込2万5000円

性能 5.5インチ(フルHD)、CPUオクタコア1.8GHz SDM450、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1620万画素、重さ146グラム、電池容量2890mAh、電池持ち時間95時間、ワンセグ、指紋/顔認証

LG styleは2018年6月22日発売されたドコモの5.5インチの縦長スマホです。

LG styleの最大の特徴は、スマホの大きさが5インチのarrows Beとほぼ同じなのにLG Styleは5.5インチのディスプレイを搭載している点です。

大きい画面ほどWebサイトやSNS系アプリ等が見やすくなるので、スマホは基本的に大きな画面の方が良いです。ただし、大きな画面ほど本体も大きくなるというデメリットがあります。

LG styleなら画面の周りの余白を少なくすることで、コンパクトなサイズで5.5インチの比較的大きな画面を搭載させています。

CPUはarrow Beと同じ省エネ性能に優れた比較的高性能なSDM450を搭載しています。RAMは4GB、ROMは64GBなので、ヘビーな使い方でも比較的快適に使うことができます。

スマホをそんなに使わない場合はarrows Beで十分ですが、スマホを普通以上に使う場合、より快適に使えるLG styleがおすすめです。

ドコモの白ロムなので、基本的にはヤフオクで落札することになります。ドコモのiDを含め、ほとんど全てのおサイフケータイのサービスが使えます。使えないサービスはないと思われます。

ドコモ系の格安SIM(ナノSIM)で使うことができます。

LG style L-03Kの性能と評判+購入後の詳細レビューと機種変/新規/MNP&キャンペーン情報

おすすめ No.4:AQUOS sense/lite、SIMフリー/白ロム/UQ専売、バランスの良い比較的高性能な防水対応スマホ

AQUOS sense

AQUOS senseの価格:UQ mobile 税抜2万8900円
AQUOS sense liteの価格:税抜3万1000円

性能 5インチ、CPUオクタコア1.4GHz×4+1.1GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1310万画素、重さ148グラム、電池容量2700mAh、ナノSIM、Android 7.1、防水、おサイフケータイ対応、指紋認証対応(前面)

AQUOS senseとAQUOS sense liteの主な違いは対応バンドです。

AQUOS sense liteはドコモ、au、ソフトバンク系の格安SIMで使えるのに対して、UQモバイルのAQUOS senseは主にau系の格安SIMで使えて、ドコモ系とソフトバンク系の格安SIMでもある程度使えます。

AQUOS sense/liteは防水・おサイフケータイに対応していて、電池持ちもそこそこ良く、普通性能なCPUとRAM3GB、ROM32GBを搭載している格安スマホです。前面に指紋認証も搭載しています。

基本的には高性能なAQUOS sense plusを選んだほうがいいですが、スマホをそんなに使わない場合はAQUOS sense/liteを検討してみてください。

AQUOS sense liteは楽天Edy、モバイルSuica、モバイルWAON、モバイルJMBWAON、nanacoモバイル、iD、QUICPay(クイックペイ)に対応しています。AQUOS senseもほぼ全てのおサイフケータイに対応していると思いますが、UQ版とau版のAQUOS senseがiDに対応しているかは結構怪しいです。

AQUOS senseはUQ mobileのおしゃべりプランとぴったりプランを選ぶ場合、超安く買えるので、電話をそこそこする場合に優先して検討してみてください。

AQUOS senseとAQUOS sense liteの性能評価と評判+実機レビューとキャンペーン情報

おすすめ No.5:Galaxy Feel SC-04J、ドコモの白ロム、バランスの良い比較的高性能で防水・ワンセグ対応スマホ

Galaxy Feel SC-04Jのヤフオク価格:税込1万5000円

性能:4.7インチ、CPUオクタコア1.6GHz、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ149g、防水・ワンセグ・おサイフケータイ対応、電池容量3000mAh、ナノSIM、Android 7.0

4.7インチのコンパクトなサイズに、そこそこ高性能なCPU、RAM3GB、ROM32GBを搭載しています。かなりバランスの良いスマホになっています。電池持ちを重視する場合は、一番オススメです。ただし、Galaxy Feelには通知LEDがないのでその点は注意が必要です。

ドコモの白ロムなので、基本的にはヤフオクで落札することになります。ドコモのiDを含め、ほとんど全てのおサイフケータイのサービスが使えます。使えないサービスはないと思われます。

ドコモ系の格安SIM(ナノSIM)で使うことができます。

おすすめ No.6:NuAns NEO Reloaded、SIMフリー、高性能で防滴

NuAns NEO Reloaded

NuAns NEO Reloadedの実売価格:税込4万9800円

性能:5インチ、CPU2.0GHz、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素、重さ150グラム、電池容量3450mAh、防滴、おサイフケータイ対応、マイクロSIM、Android 7.1

より高性能で完成度の高いAQUOS sense plusが発売された今となっては、NuAns NEO Reloadedを選ぶメリットはありません。

NuAnsを検討している場合はAQUOS sense plusを検討することを強くオススメします。

ドコモ系の格安SIM(ナノSIM/マイクロSIM)とau系の格安SIM(VoLTE用SIM/マルチSIM)で使うことができます。

iD、モバイルSuica、WAON、楽天Edy、QUICPay、nanacoモバイル、ticket board、ビックポイントケータイ、モバイルdポイントカードを使うことができます。

NuAns NEO Reloadedの性能評価と評判+キャンペーン情報

おすすめ No.7:iPhone 7以上、SIMフリー、Apple Pay対応の超高性能スマホ

iPhone

iPhone 7以上

実売価格:税込7万8624円 (iPhone 7の32GB版)
性能:4.7インチ、CPU A10、RAM2GB、ROM32GB、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ138グラム、電池容量1960mAh、耐水、Apple Pay対応、ナノSIM

iPhone 7以上のモデルならApple Payに対応しているので、おサイフケータイと同じように使うことができます。対応サービスは、モバイルSUICA、iD、QUICPayと少ないですが、iPhoneでもおサイフケータイと同じような使い方をしたい場合に、iPhone 7以上のモデルを検討してみてください。

iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイド

おすすめ No.8:arrows M04 SIMフリー / arrows M04 PREMIUM UQ専売、低性能だけど防水・ワンセグ・耐衝撃対応

arrows M04

arrows M04の実売価格:税込3万2000円程度
arrows M04 PREMIUMのUQ mobile価格:税抜2万8900円

共通の性能:5インチ、CPUクワッドコア1.2GHz、カメラ1310万画素、重さ148グラム、電池容量2580mAh、防水・ワンセグ・おサイフケータイ対応、ナノSIM、Android 7.1、指紋認証非搭載

arrows M04の性能:RAM2GB、ROM16GB
arrows M04 PREMIUMの性能:RAM3GB、ROM32GB

arrows M04(+PREMIUM)は低性能なCPUを搭載しているので選ばないほうがいいです。arrows M04 PREMIUMはRAM3GB、ROM32GBを搭載していますが、肝心のCPUが非力すぎるので、あまり意味のないスペックアップです。

CPUは低性能でもいいから、ワンセグが必須の場合に、arrows M04(+PREMIUM)を検討してみてください。

arrows M04(+PREMIUM)はおサイフケータイに対応していますが、何のサービスに対応しているかの記載がありません。おそらく主要なおサイフケータイのサービスには対応していると思います(iDの対応機種にはarrows M04 PREMIUMが記載されていました)。

arrows M04(+PREMIUM)はドコモ系の格安SIM(ナノSIM)とau系の格安SIM(VoLTE用SIM/マルチSIM)で使うことができます。

arrows M04(+PREMIUM)の性能評価と評判+実機レビューとキャンペーン情報

その他のおサイフケータイに対応しているSIMフリーのスマホ

昔紹介していたおサイフケータイに対応しているSIMフリーのスマホが下記になります。今から買うには性能面でデメリットが大きかったり、もう入手できなくなっているスマホなので参考程度に。。

DIGNO V
DIGNO W
AQUOS SH-M04 / AQUOS L2
AQUOS mini SH-M03
GALAXY S4
arrows M03
arrows M02/RM02
・AQUOS SH-M02/RM02
・Xperia J1 Compact

白ロムを購入する場合の購入場所と注意点

白ロムを購入する場合、Amazonで購入すると価格が高くなる場合がほとんどです。ヤフオクなどを使ったほうが安く手に入ったりします。そのほかにも購入する上で、ネットワーク利用制限、保証期間、電池の消耗具合などの注意点があります。

前の所有者がおサイフケータイを使っていた場合で売却前にFelicaを初期化していなかった場合、そのキャリアショップへ行って初期化(ドコモの白ロムの場合、ショップのDOCOPYで初期化)をする必要があるので注意してください。

おサイフケータイを使おうと思っている場合は、ヤフオクの落札前にFelicaが初期化されているかどうか確認することをお勧めします。キャリアショップへ初期化しに行くもは少し面倒なので。。

下記のページにて白ロムの購入場所や注意点についてまとめているので参考にしてみてください。

格安SIMに最適なスマホ、白ロムの購入ガイド

その他の格安SIM関連のお役立ち情報

最終更新日 2018年7月22日 / 作成日 2015年6月24日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る