売れ行き悪いPixel4a (5G)とPixel5の詳細スペックとレビュー、楽天モバイル対応と使える格安SIMのまとめ

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / 関連:格安スマホ更新順(102)

2020年10月15日に発売されたGoogle Pixel 4a (5G)とPixel 5をレビューします。

Pixel4a(5G)とPixel5は5G対応の電池持ちが良い格安スマホです。ドコモ/au/ソフトバンク回線の格安SIM、楽天モバイルUNLIMITで使えます。eSIMにも対応しています。

Pixel 4a (5G)の価格は税込6万500円、Pixel 5の価格は税込7万4800円です。

Google Pixel 4a (5G)とPixel 5

共通性能:CPUは高性能なSDM765G、ROM128GB、画面は有機EL、カメラは広角1220万画素(F値1.7)と超広角1600万画素(F値2.2)、おサイフケータイ対応、指紋認証対応(顔認証非対応)、ナノSIM+eSIM対応

Pixel4a (5G)の性能:RAM6GB、画面6.24インチ(ゴリラガラス3)、電池容量3885mAh、重さ168グラム、イヤフォンジャック

Pixel5の性能:RAM8GB、画面6インチ(ゴリラガラス6)、電池容量4080mAh、重さ151グラム、防水、ワイヤレス充電

ここではPixel 4a (5G)とPixel 5の詳細スペックと違い、メリットとデメリット、性能レビューとPixel4aとの比較、そしてPixel 4a (5G)とPixel 5で使える格安SIMを解説します。

Pixel 4a (5G) / Pixel 5の申し込み → Googleストア

Pixel 4a (5G)とPixel 5の詳細スペックと違い

Pixel 4a (5G)Pixel 5Pixel 4a
CPUSnapdragon 765G (SDM765)Sapdragon 730G (SDM730G)
RAM6GB LPDDR4x8GB LPDDR4x6GB LPDDR4x
ROM128GB
ベンチマークAntutu 約290,000(GPU 55,000)Antutu 262,732(GPU 71,163)
ディスプレイ6.24インチ6インチ5.81インチ
画面スペック1FHD+、有機EL、19.5:9(パンチホール型のノッチ)
画面スペック2ゴリラガラス3ゴリラガラス6、スムーズディスプレイ(最大90hz対応)ゴリラガラス3
背面カメラ1メインカメラ1220万画素(F値1.7 / 1.4μm / 光学手ぶれ補正)
背面カメラ2超広角カメラ1600万画素(F値2.2 / 1.0μm)なし
インカメラ800万画素(F値2.0 / 1.22um)800万画素(F値2.0 / 1.12μm)
電池容量3885mAh4080mAh3140mAh
充電性能USB-C 18 W アダプター、USB-PD 2.0対応、18W急速充電
ワイヤレス充電非対応対応非対応
サイズ153.9 × 74 × 8.2mm144.7 × 70.4 × 8.0mm144.0 × 69.4 × 8.2mm
重さ168グラム151グラム143グラム
防水非対応IP68で防水対応非対応
指紋認証対応
顔認証非対応
イヤフォンジャック対応非対応対応
本体カラージャストブラック、Pixel5はソータセージ(灰緑)も選べます
価格(税込)6万500円7万4800円4万2900円

その他のスペック:Android 11 (3年間OSアップデート対応)、SIMフリー、テザリング対応、ナノSIM+eSIM対応(DSDS対応)、auのVoLTE対応、5GのSub6に対応、USB Type C 対応、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 2×2 MIMO、Bluetooth 5.0+LE、おサイフケータイ(Felica)/NFC対応、GPS(GPS、GLONASS、Galileo、QZSSみちびき、BeiDou)対応

非対応な機能:外部マイクロSDカード、顔認証

Pixel 4a (5G)とPixel 5の対応バンドは、対応バンドと使える格安SIMのまとめをご確認ください。

※ DSDV(DSDS)を使う場合は5G通信はできません。
※ 実機テストはできていませんが、ナノSIMとeSIMの両方を4Gで使えるDSDVにも対応していると思われます(95%くらい確実)。

Pixel 4a (5G)とPixel 5のデメリット

  • Pixel 4aと比べてコスパが悪い
  • 顔認証非対応

メリット

  • 5GのSub6に対応
  • 電池持ちがかなり良い
  • 比較的コンパクト
  • 暗い場所でもキレイに撮れる
  • eSIM対応で楽天アンリミットが使える

Pixel 4a (5G)とPixel 5の性能レビュー

高性能なCPU(Snapdragon 765G)を搭載

Pixel 4a (5G)とPixel 5のCPUはオクタコア2.4 GHzx1 + 2.2 GHzx1 + 1.8 GHzx6 Snapdragon 765G(以下、SDM765G)です。高性能なCPUです。

SDM855などの超高性能なCPUと比べると、処理能力は劣りますが、体感的にはほとんど変わりません。SDM765Gでも十分サクサク使えます。

銃ゲームなどの超重い3Dゲームを快適に遊びたい場合は、iPhone SE 第2世代iPhone12シリーズを検討してみてください。

普通もしくはスマホをたくさん使う分でも、Pixel 4a (5G) / Pixel 5の性能で十分です。

Pixel 4a (5G) / Pixel 5のAntutuスコア V8 (推定)
・総合スコア:推定290,000
・GPUスコア:推定55,000

サンプル数が少ないのでまだなんとも言えませんが、どうもPixel 4a (5G) / Pixel 5のAntutuスコアはPixel 4aよりも悪いっぽいです。

Pixel 4aのAntutuスコア (SDM730G)
・総合スコア:262,732
・GPU:71,163

総合スコアはPixel 4a (5G) / Pixel 5のほうが良いですが、ゲーム性能のGPUスコアがPixel 4aよりも劣っています。

実際の使い方では違いはほとんど出てきませんが、Pixel 4a (5G) / Pixel 5は価格が結構高くなるのに、ゲーム性能が落ちるのは残念です。

2020年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:SDM845、SDM855、SDM865
Kirin:Kirin990
iPhone:XR、XS、XS Max、SE 第2世代、11、11Pro、11Pro Max、12、12mini、12Pro、12Pro Max
高性能
Snapdragon:SDM730、SDM765G、SDM730G、SDM720G、SDM835
Kirin:Kirin970、Kirin980
iPhone:8、X
比較的高性能
Snapdragon:SDM665、SDM660、SD820、SDM675、SDM670、SDM710
Kirin:Kirin950、Kirin955、Kirin960、Kirin810
iPhone:7
普通性能
Snapdragon:SD630、SDM632、SD650、SDM636
Kirin:Kirin710
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE 第1世代
低性能
Snapdragon:SDM450、SD625、SDM439
Kirin:Kirin650、Kirin655、Kirin658、Kirin659
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6
最底辺
Snapdragon:SD400、SD410、SD430、SD435

※ 右に行くほど高性能

スマホをあまり使わない場合は低性能のCPUでも十分に使えます。

スマホを普通程度に使う場合は普通性能のCPUでも普通に使えます。一般的なゲームなら普通性能でも遊べます。

スマホを人よりも少し多く使う場合は比較的高性能以上を選びます。スマホがよりサクサク動くようになります。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

電池持ちがかなり良い

Pixel 4a (5G)Pixel 5Pixel 4a
ディスプレイ6.24インチ6インチ5.81インチ
電池容量3885mAh4080mAh3140mAh

電池容量が大きいほど、画面が小さいほど電池持ちが良くなります。

ざっくり推定するとPixel 4a (5G)はPixel 4aよりも15%ほど電池持ちがアップ、Pixel 5はPixel 4aよりも20%くらい電池持ちがアップします。

※ Pixel 5のディスプレイのリフレッシュレートが90Hzなので、Pixel 4a (5G)とあまり変わらないと思います。

Pixel 4aでも電池持ちは比較的良い方ですが、Pixel 4a (5G)とPixel 5は電池持ちがかなり良くなっています。

電池が消耗するまで、普通の使い方ならPixel 4aは3年ちょっと使えますが、Pixel 4a (5G)とPixel 5なら4年近く使えます。

比較的コンパクトなサイズ

Pixel 4a (5G)Pixel 5Pixel 4a
ディスプレイ6.24インチ6インチ5.81インチ
サイズ153.9 × 74 × 8.2mm144.7 × 70.4 × 8.0mm144.0 × 69.4 × 8.2mm
重さ168グラム151グラム143グラム

最近は大容量電池を搭載した200グラム前後の格安スマホが多くなっていますが、Pixel 4a (5G)とPixel 5なら比較的コンパクトなサイズになっています。

定評のPixelカメラ:超広角カメラを搭載

Pixel 4a (5G)Pixel 5Pixel 4a
背面カメラ1メインカメラ1220万画素(F値1.7 / 1.4μm / 光学手ぶれ補正)
背面カメラ2超広角カメラ1600万画素(F値2.2 / 1.0μm)なし
インカメラ800万画素(F値2.0 / 1.22um)800万画素(F値2.0 / 1.12μm)

Pixel 4a (5G)とPixel 5には広い範囲で写真が撮れる超広角カメラを搭載しています。

Pixel 4a (5G)とPixel 5のメインカメラはPixel 4aと同じなので、どんな感じで撮れているかは下記を参考にしてみてください。

Pixel4aのカメラの実性能、iPhone SEとの写真比較

Felica対応でおサイフケータイが使える

Pixel 4a (5G)とPixel 5はFelica対応でおサイフケータイが使えます。

Pixel 5のみ防水対応

Pixel 5のみ防水に対応しています。

ただ、Pxiel 4a (5G)もPixel 4aも少し水にかかった程度なら大丈夫です。水の中に沈めも結構生還します。数分放置すると死ぬ感じです。

指紋認証対応(顔認証非対応)

顔認証には対応していませんが、指紋認証に対応しています。

顔認証はあったほうが便利ですが、どちらを一つを選ぶとしたら、指紋認証です。

新型コロナでマスクをしていると、顔認証が通らないので外でスマホを使う場合、顔認証しか使えないとイライラします。

Sub6の5G通信に対応

Pixel 4a (5G)とPixel 5はSub6の5Gに対応しています。

5G Sub-6: 対応バンド n1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 28 / 40 / 77 / 78

5Gに対応しても現時点では特にメリットはありませんが、2022年頃になると5G対応していると何か新しい体験ができるかもです。

5GにはSub6とミリ波がありますが、ミリ波には対応していません。Sub6でも使える場所は限定されていますが、ミリ波はさらに限定されているので、気にしなくて良いです。

格安スマホの対応バンド

ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイルの5Gと4Gと3Gを徹底解説

Pixel 4a (5G)とPixel 5はSub6のn79には対応していないので、もしかしたらドコモで使う場合は5Gエリアが少し狭くなるかもです。

eSIM対応

Pixel 4a (5G)とPixel 5はeSIMに対応しています。

楽天モバイルのeSIMでとIIJmioのeSIMプランでも使えます。

楽天モバイルのUN-LIMITの対応状況

Pixel 4a (5G)とPixel 5は楽天モバイルUNLIMITで使えます。物理SIMでもeSIMでも対応しています。

ただ、楽天モバイルの公式サイトではまだ動作確認は行われていません。

Pixel 4aが楽天モバイルの公式対応機種になっているので、Pixel 4a (5G)とPixel 5も2020年11月ごろに公式対応機種に入るのではと思われます。可能性的には8割くらいで・・。

Pixel 4a (5G)とPixel 5の内部
・基盤に張り付いているeSIM ← これにRakuten UNLIMITを設定
・取り外せる物理SIM ← 今のスマホ会社のSIMを入れる

データ通信は楽天UNLIMIT経由でギガ使い放題で1年無料なので、今のスマホ会社の料金プランを一番安いプランに変更して節約できます。

楽天モバイルのUN-LIMITを実際に使って徹底解説、料金プランと総合評価

ギガ使い放題の楽天アンリミットの申込み → 楽天モバイルの公式サイト

ギガ使い放題になるのは楽天回線エリアのみです。パートナーエリアだと月5GB&低速1Mbpsになります。

FUJI WiFiのソフトバンク回線だとテザリングができない可能性が高い

Pixel 4a (5G)とPixel 5はFUJI WiFiのソフトバンク回線だとテザリングができない可能性があるので注意してください。

FUJI WiFiのSIMプランはテザリングができない?

FUJI WiFiのSIMプランはテザリングができない?徹底検証

FUJI WiFiのソフトバンク回線以外なら、普通にテザリングができます。

Pixel4aと比べて思うこと・・

Pixel 4a (5G)とPixel 5はPixel 4aと比べてコスパが悪いです。

Pixel 4a (5G)Pixel 5Pixel 4a
ディスプレイ6.24インチ6インチ5.81インチ
電池容量3885mAh4080mAh3140mAh
重さ168グラム151グラム143グラム
価格(税込)6万500円7万4800円4万2900円

Androidスマホの場合、多くの人は電池が消耗したらスマホを買い替えています。そして電池容量が大きいほど消耗しにくくなります。

普通程度に使って電池が消耗するのは・・・

Pixel 4a:3.3年
Pixel 4a (5G):3.8年
Pixel 5:4年

ざっくり推測すると、こんな感じです。本体価格を電池が消耗するまでの年数で割ると・・

Pixel 4a:4万2900円 / 3.3年 = 年間1万3000円
Pixel 4a (5G):6万500円 / 3.8年 = 年間1万5921円
Pixel 5:7万4800円 / 4年 = 年間1万8700円

Pixel 4a (5G)とPixel 5は5G対応で電池持ちが良くなりますが、5Gに対応しても当分の間は大したメリットはないですし、電池持ちが良くなっても、本体価格が大幅アップするのでコスパが悪くなります。

ということで格安SIMの管理人は、Pixel 4a (5G)とPixel 5を検討するなら、Pixel 4aがオススメ派です。

Google Pixel 4a

Pixel 4aの詳細スペックと性能レビュー、iPhone SE比較/格安SIMと楽天モバイル対応状況

Pixel 4a (5G)とPixel 5の対応バンドと使える格安SIMのまとめ

Pixel 4a (5G)とPixel 5を買う場所

SIMフリー版のPixel 4a (5G)とPixel 5はGoogleストアで買えます。

Pixel 4a (5G) / Pixel 5の申し込み → Googleストア

ソフトバンクを契約している人は、ソフトバンクショップでも買えますが、SIMロックが付いて、さらに割高になるだけです。

Pixel 4a (5G)とPixel 5の対応バンド

5G Sub-6: n1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 28 / 40 / 77 / 78
LTE : B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48 / 66 / 71 auのVoLTE対応
UMTS(WCDMA/3G) : B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19

Pixel 4a (5G)とPixel 5で使える格安SIMの詳細

Pixel 4a (5G)とPixel 5は、ドコモ回線の格安SIMau回線の格安SIM(マルチSIM)、ソフトバンク回線の格安SIM楽天モバイルUNLIMITで使えます。

つまり、Pixel 4a (5G)とPixel 5は楽天モバイル、UQモバイル、ワイモバイル、OCNモバイルONE、BIGLOBEモバイル、IIJmio、mineo等、全ての格安SIMで使えます。eSIMも使えます。SIMのサイズはナノSIM、またはマルチSIMです。

ソフトバンク版のPixelシリーズの場合は、SIMロック解除してから格安SIMで使う必要があります。

格安SIMを持っていない場合は、下記のキャンペーンを参考に格安SIMを選ぶことをオススメします。通信速度を重視する場合は、格安SIMの速度ランキングの記録を参考にしてみてください。

格安SIMのキャンペーンのおすすめランキング

格安SIMのキャンペーンのおすすめランキング

おすすめの格安SIM:UQ mobile(au回線)

UQ mobileの特徴:通信速度が超速く、余ったデータの繰越あり、低速はプランSは300kbps、プランMは1Mbpsです。

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックの詳細、最大1万円のキャッシュバック、または最大1万8000円の端末割引

UQモバイルのスマホプランを申し込むと、SIMのみの場合は最大1万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。iPhoneや格安スマホとセットで申し込むとキャシュバックの代わりに最大1万8000円の端末割引で買えます。

UQモバイルは速度が超速いので、いつでも快適にスマホが使えます。
UQモバイルのキャンペーンの詳細 / UQモバイルの格安スマホのおすすめランキング

UQ mobileの公式サイト(最大1万円キャッシュバック)

UQモバイルを徹底解説、料金プランと総合評価&速度が速くて満足度最高

おすすめの格安SIM:楽天モバイルUNLIMIT(楽天回線)

楽天モバイルUNLIMITの特徴:通信速度が超速く、先着300万人までギガ使い放題で月額料金が1年間無料で使えます。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細、1年無料&最大2万6300ポイントプレゼント&格安スマホのおすすめランキング

楽天モバイルでは先着300万人まで、月2980円でギガ使い放題のRakuten UN-LIMITを1年間無料に使えるキャンペーンを行っています。

さらにオンラインで申し込むと楽天ポイントが3000ポイント、事務手数料3300円相当が全額ポイント還元です。

格安スマホとセットで購入すると、2020年11月4日まで追加で最大20,000ポイントがもらえます。事務手数料込み&税込み計算でもGalaxy A7なら実質700円です。

SIMのみの申込みでも11月4日までキャンペーンで合計1万2300ポイントの楽天ポイントがもらえます。
キャンペーンの詳細を見る

楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルを徹底解説、料金プランと総合評価

おすすめの格安SIM:BIGLOBEモバイル(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:月3GB以上のプランなら、月480円のオプション料金でYouTubeやAbemaTVをデータ消費なしに見れます。

BIGLOBEモバイルのキャンペーンを徹底解説、6ヶ月間1200円引き+SIMのみは初期費用無料と1500円相当/格安スマホは2万円相当プレゼント

BIGLOBEモバイルでは月額料金は初月無料です。

通話SIMのみだと、翌月から6ヶ月間1200円引き、初期費用3394円が無料、クーポンコードの入力で1500円相当のポイントがもらえます。

格安スマホと通話SIMのセットだと、最大2万円相当のポイント、翌月から6ヶ月間1200円引きが適用されます。

初期費用&税込でRedmi Note 9Sが実質6549円、OPPO Reno3 Aが実質2万1333円など、かなりお得に手に入ります。2020年11月3日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの公式サイト

BIGLOBEモバイルを徹底解説、料金プランと総合評価&YouTube見放題

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • iPhone SE 第2世代
    • 超高性能なApple A13 Bionic搭載、超高性能でコスパ最高のiPhone。税込4万9280円から。4.7インチ、CPU A13 Bionic、RAM3GB、ROM64GB/128GB/256GB、1200万画素、重さ148g、電池容量1821mAh、eSIM対応でDSDS対応
  • Xiaomi Mi Note 10 Pro
    • 1億800万画素のカメラを搭載してカメラ性能に特化。税込7万1000円、6.47インチ、SDM730G、RAM8GB、ROM256GB、重さ208グラム、電池容量5260mAh、DVDV対応
  • Xiaomi Mi Note 10 Lite
    • カメラ性能を落として、より買いやすい価格に。税込3万9800円、6.47インチ、SDM730G、RAM6GB、ROM64GB(128GB版は税込4万4800円)、メイン6400万画素(F値1.89)+超広角800万画素+マクロ200万画素、重さ204グラム、電池容量5260mAh、DVDV対応
  • AQUOS zero2
    • 6.4インチで141グラムしかない世界最軽量のゲーミングフォン。CPUもSDM855搭載で超高性能。RAM8GB、ROM256GB、カメラ1220万画素(F値1.9)+超広角2010万画素、電池容量3130mAh、防水・おサイフケータイ対応、DSDV対応
最終更新日 2020年10月17日 / 作成日 2020年10月17日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

※ コメントは手動承認が必要になる場合があります。コメントしても反映されない場合、1日程度で反映されます。

購読する
通知する
guest
0 の口コミとコメント
「売れ行き悪いPixel4a (5G)とPixel5の詳細スペックとレビュー、楽天モバイル対応と使える格安SIMのまとめ」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
コメント