iPhoneを格安SIMで使うための下準備の設定、初めてのiPhone&データ移行方法

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

初めてiPhoneを使う場合の下準備、それと今まで使っていたiPhoneを買い換える場合のデータの移行方法を説明していきます。

今使っているiPhoneのままで格安SIMで使う場合は下準備もデータ移行も必要ないので、ここを読む必要はありません。

格安SIMが使えるiPhone、格安SIMの選び方、格安SIMを使うためのプロファイルの設定などに関してはiPhoneで格安SIMを使うための完全ガイドを参考にしてみてください。

ここでは初めてiPhoneを使うのに最低限必要な設定と、iPhoneを買い換える場合のデータの移行方法を説明します。

下準備に必要なもの

必要なものは格安SIMが使えるiPhoneとWiFi接続(無線LAN)です。iPhoneを買い換える場合は、データを移行するのにパソコンあると便利です。格安SIMカードはこの時点では必要ありません。

下準備に必須なもの:格安SIMが使えるiPhone

・ドコモのiPhone
・auのiPhone 5s以上
・ソフトバンクのiPhone 5以上
・Appleストアで購入したSIMフリーのiPhone 5s以上

初めてiPhoneを使う場合に必須なもの:WiFi接続

初めてiPhoneを使う場合、iPhoneの初期設定でWiFi接続が必要になります。WiFiが使えないと、初期設定ができなかったり、プロファイルをインストールできず、そのiPhoneではネットが使えないままになるので注意してください。

例外はUQ mobileの格安SIMをiPhone 6 / 6 Plus / 6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plusを使う場合、WiFi接続は必須ではありません。契約したUQ mobileの格安SIMを入れれば、iPhoneの初期設定やプロファイルの設定なしにネットが繋がります。

iPhoneを買い換える場合に必須なもの:WiFi接続(パソコンがあるとデータ移行が簡単)

買い換えた新しいiPhoneの初期設定をするのにWiFi接続が必要になります。データを新しいiPhoneに移行するのに、WiFi接続かパソコンが必要になります。

WiFi接続でもiCloudを使ってデータ移行ができますが、少し厄介なので基本的にはパソコンを使ってデータ移行をすることをオススメします。

WiFiを使えるようにしておく

UQ mobileの格安SIMをiPhone 6 / 6 Plus / 6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plusを使う場合、WiFi接続は必須ではないのですが、それ以外の場合は基本的にWiFiが必要になります。

自宅にインターネットがあれば、普通は無線LANがあるのでそれを使ってWiFi接続ができます。他にネットにつながるスマホを持っていれば、そのスマホをテザリングすれば、新しいiPhoneの設定をするときにWiFi接続をすることができます。

ただし、データを移行するときにテザリングでWiFi接続をすると、GB単位のデータを消費する場合があるのでデータの移行をする場合はテザリングはあまりオススメではありません。

自宅にインターネットがない人でテザリングが使えない人、またはデータ移行をする人でパソコンを持っていない場合は、向かうべきはセブンイレブンです。セブンイレブンに無料の無線LANが設置されている場合があります。

セブンスポット

セブンイレブンの無料の無線LANを使うには、事前にユーザ登録が必要なので、ネットが使えるうちにユーザ登録をします。無線LANが使えるセブンイレブンが近くにない場合、スターバックスでも同じようなサービスを行っています。他にもやっていそうなところがあると思うので、iPhoneの設定を始める前にWiFiのあてをつけておいてください。

セブンスポットを含めた無料のWi-Fiについては無料のWi-Fiの使い方で詳しく解説しているので、そちらも参考にしてみてください。

初めてiPhoneを使う場合

初めてiPhoneを使う場合は、まず最初にApple IDを取得します。

Apple: Apple ID

Apple IDを使ってアプリの購入をしたりバックアップをしたり、その他にも色々使います。Apple IDを作成したら次にiPhoneの電源を入れてください。最初に表示される画面によって、設定の仕方が変わってきます。

ロック解除画面が出てくる場合

初めてiPhoneを使う場合はロック解除画面は出てこないはずですが、中古のiPhoneの場合はロック解除画面が出てくる場合があります。

電源を入れてロック解除画面が出てくる場合は、設定は簡単です。

指をスライドしてロックを解除します。次に、WiFi接続をしてApple IDを設定します。

設定 → Wi-Fi → ネットワークを選択してWi-Fiにつなげる(自宅やテザリング経由やセブンスポット等)

設定 → iCloud → Apple IDで作成したメールアドレスとパスワードを入力してサインインします。

設定 → iTunes & App Store → Apple IDで作成したメールアドレスとパスワードを入力してサインインします。

これで準備完了です。Step3:格安SIMをiPhoneに設定するの格安SIMカードをiPhoneに挿入するに進みます。

こんにちは画面が出てくる場合

こんにちは画面が出てくる場合はiPhoneの初期設定をします。大抵はこの画面から始まります。

iOSのバージョンによって流れが少し変わると思いますが、基本的には下記のような流れで初期設定を行います。

スライドで設定

日本語を選択

国または地域を選択 日本をタップ

キーボードの選択 次へをタップ

Wi-Fiネットワークを選択

ここでWiFi接続(自宅、テザリング経由、セブンスポット等)ができる人はWiFi接続を行ってください。WiFi接続ができない場合でパソコンを持っている場合は、下のほうにiTunesに接続というのがあるのでそれをタップすれば、WiFiなしでも切り抜けられますが、結局のところ設定をするにはWiFi接続が必要になります。WiFi接続ができたと仮定して話を進めます。


位置情報サービスをオフにする

新しいiPhoneとして設定

Apple IDでサインイン(Apple IDのメールアドレスとパスワードを入力)

利用規約に同意する

iCloudを使用する

Touch IDを後で設定

パスコードを追加しない(必要な人はパスコードを作成してください、設定したパスコードを忘れるとひどい目にあいます)

Siriを使用しない

診断を送信しない

ようこそiPhoneへ さあ、はじめよう! これで完了です。

これで準備完了です。Step3:格安SIMをiPhoneに設定するの格安SIMカードをiPhoneに挿入するに進みます。

今使っているiPhoneを新しいiPhoneに買い換える場合(データを移行する)

何らかの理由で今使っているiPhoneを新しいiPhoneに買い換える場合、今使っているiPhoneのデータを新しいiPhoneに移してあげる必要があります。(移さなくてもいいですが、普通は移します。

パソコンを持っている場合はiTunes、パソコンを持っていない場合はiCloudを使えばデータ(写真やアプリや電話帳等)の移行をすることができます。

iCloudを使ってデータを移行する場合は、自宅の無線LANかセブンスポットが必要になります。

データを移行するには、今使っているiPhoneと新しいiPhoneのiOSのバージョンが同じでなければなりません。例えば、今使っているのがiOS12.1で新しいiPhoneはiOS12.3の場合、両方とも最新のiOSにアップデートしておく必要があります。

iOSのバージョンが異なる場合
設定 → 一般 → ソフトウェアアップデートで最新のiOSにアップデートする

パソコンを持っている場合

今まで使っていたiPhoneをパソコンにつないでiTunesを起動します。

今まで使っていたiPhoneをパソコンにつないでiTunesを起動すれば自動的にバックアップをとってくれますが、念のため手動でもバックアップをしておきます。

自動的にバックアップでこのコンピュータをチェックして、手動でバックアップで今すぐバックアップをクリックします。バックアップ(同期)が終わったら、iPhoneをはずします。

続いて新しいiPhoneをパソコンにつなぎます。

iTunesに“新しいiPhoneとして設定”または“このバックアップから復元”というのが出てくるので、このバックアップから復元をクリックすると、今まで使っていたiPhoneのデータが新しいiPhoneに移動します。移動といっても、今まで使っていたiPhoneのデータはそのままです。

続けるをクリックすればデータの移行が開始します。しばらく時間がかかるので、のんびり待ちましょう。

ちなみに、ここでiOSのバージョンが異なっていると下記のようなメッセージが出てデータの移行ができません。

「このiPhoneは古すぎるためバックアップはこのiPhoneの復元には使用できません。」 新しいiPhoneのiOSが古いためデータ移行ができないと言っています。

新しいiPhoneのiOSが使っていたiPhoneよりも新しければデータ移行できるのかどうか不明ですが、とりあえずiOSのバージョンは合わせておいたほうがいいと思います。

バックアップから復元をクリックすると、しばらくしてiPhoneが再起動したりなにやら更新をし出します。わりと速くアップデートが完了します。アップデートが完了するとiPhoneにこんちには画面が表示されます。パソコンにiPhoneをつなげたまま作業を続けます。

スライドで設定

アップデートが完了しました
続けるをタップ

Wi-Fiネットワークを選択
自宅のWi-Fiやセブンスポット、テザリング経由のWi-FiでWiFi接続をします。

iCloudの設定を完了するためにパスワードを入力

“iPhoneを探す”を使用しない (必要に応じて後で設定してください)

Touch IDを後で設定

パスコードを追加しない (必要に応じて後で設定してください)

ようこそiPhoneへ さあ、はじめよう! これで完了です。

これで今まで使っていたiPhoneのデータが全て新しいiPhoneに移行しています。これで準備完了です。Step3:格安SIMをiPhoneに設定するの格安SIMカードをiPhoneに挿入するに進みます。

パソコンを持っていない場合

一番面倒なことになるのが、このパターンです。iPhoneを使っていてデータを新しいiPhoneへ移したい場合で、パソコンを持っていない人たちです。

パソコンを持っていなくても、自宅に無線LANがあれば問題ないのですが、パソコンを持っていない場合は、多くの場合で自宅にも無線LANがありません。

他のスマホがある場合は他のスマホのテザリング経由でWi-Fi接続することもできますが、データ移行には大量のデータ通信が必要になるので、下手すると1か月分のデータ使用量がぶっ飛びます。

そういった場合は、セブンイレブンに無料の無線LANが設置されている場合があるので、セブンイレブンへGO!です。 セキュリティ面に少し不安があるので、セブンイレブンの無線LANはそんなには使いたくありませんが、背に腹はかえられません。自己責任で使いましょう。

無線LANの確保ができたら、今まで使っていたiPhoneを取り出して次に進みます。

Step1:今まで使っていたiPhoneのデータをiCloudにバックアップ

今まで使っていたiPhoneから
設定 → iCloud → バックアップ → iCloudバックアップがONになっていなければONにする → 今すぐバックアップを作成するをタップする

iCloudを使ったバックアップはWiFiで接続する必要があります。5GBまでなら無料でiCloudが使えます。アプリや音楽や写真で5GB以上ある人でも、基本的にカウントされるのは写真だけです。写真が2000枚くらい保存されていなければ、無料でiCloudを使ったデータ移行ができます。

もし無料の5GBでは足りない場合、月130円払ってiCloudのバックアップで使えるデータ量を50GBに増量してください。

ちなみに自宅の無線LANだとバックアップに8分くらいかかりました。バックアップデータも700MBくらいでした。

バックアップが完了したら、次に新しいiPhoneを取り出して、今まで使っていたiPhoneのデータをiCloudを経由して新しいiPhoneへ移動させます。

Step2:iCloudを使って新しいiPhoneでデータを復元

新しいiPhoneの電源を入れて「こんにちは」画面が出てくれば、そのまま初期設定を行いながらデータを移行します。「こんにちは」画面が出てこない場合は新しいiPhoneのデータをリセットします。

新しいiPhoneから (間違えても今まで使っていたiPhoneと間違えないように!)
設定 → 一般 → リセット → すべてのコンテンツと設定を消去 → iPhoneを消去 → iPhoneを消去 (新しいiPhoneのデータが全て消えます) しばらくするとiPhoneに「こんにちは」画面が表示されます。

スライドで設定

日本語

国又は地域を選択 日本

キーボード 次へ

Wi-Fiネットワークを選択 (自宅の無線LANやセブンスポットでWiFi接続をする)

位置情報サービスをオフにする

iPhoneを設定 iCloudバックアップから復元

iCloudサインイン Apple IDとパスワードを入力して次へ

利用規約に同意する

バックアップを選択
iPhoneの最新のバックアップを選択する

iCloudから復元 設定を復元中(時間がかかります)

こんにちは画面になる

スライドで設定

アップデートが完了しました 続ける

iCloudの設定を完了するにはApple IDのパスワードを入力してください。パスワードを入力して次へをタップする

“iPhonを探す”を使用しない

Touch IDを後で設定する

パスコードを追加しない

ようこそiPhoneへ さあ、はじめよう! タップする

Appとメディアを復元中
なにやら更新しているのでしばらく電源をつけたままにして放置しておきましょう。

これで今まで使っていたiPhoneのデータが全て新しいiPhoneに移行しています。これで準備完了です。Step3:格安SIMをiPhoneに設定するの格安SIMカードをiPhoneに挿入するに進みます。

その他の格安SIM関連のお役立ち情報

最終更新日 2018年12月25日 / 作成日 2015年7月11日 / 作成者 格安SIMの管理人
「iPhoneを格安SIMで使うための下準備の設定、初めてのiPhone&データ移行方法」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

PR
ワイモバイルのPR
ワイモバイルのキャンペーンの詳細記事
格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ