格安SIMに最適なスマホ、白ロムの購入ガイド

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMだと月々のスマホ代が安くなるのはいいけど、どのスマホを買えばいいのか? 格安スマホ? それともSIMフリーのスマートフォン? そんな疑問にお答えします。

格安SIMに最適なスマホは白ロムでした。← 過去形です

今でも白ロムが最適かと言われると疑問符がつきますが、防水・おサイフケータイ・ワンセグ対応のスマホを探している場合は、白ロムが有力な候補になります。

※ 格安スマホ=SIMフリーのスマートフォンです。

白ロムって何?

白ロムとはドコモやau、ソフトバンク等の大手キャリアで販売されているスマートフォンのことをいいます。大手キャリアのスマホを使っている人は、それが白ロムです。

白ロムの他に赤ロムという言葉があります。大手キャリアでスマホを買うと、そのスマホは白ロムになります。

その白ロムが盗まれたり、月々のスマホ代を支払わなかったりすると、契約している大手キャリアがそのスマホの利用を停止して、白ロムが赤ロムになります。赤ロムになるとそのスマホが使えなくなります。スマホとして使えなくなった状態が赤ロムです。

白ロムと格安スマホまたはSIMフリーの違い

白ロムと格安スマホ(SIMフリーのスマートフォン)の実質的な違いは、海外で使えるかどうか、そして電波の受信感度です。

海外でも使いたい場合は格安スマホまたはSIMフリーを選ぶ

白ロムの多くは海外では使えませんが、格安スマホやSIMフリーのスマートフォンの場合は海外でも現地のSIMカードを入れれば使える場合があります。特にSIMフリーやSIMロックを解除したiPhoneなら多くの国で使えます。

年に何回も海外に行って、現地でSIMカードを入手してスマホを使いたい場合は、SIMフリーやSIMロックを解除したiPhoneがおすすめです。

使える格安SIMが異なる

白ロムと格安スマホまたはSIMフリーで使える格安SIMが異なります。

白ロム
・ドコモのスマホ → ドコモ系の格安SIMを選ぶ
・auのスマホ → au系の格安SIMを選ぶ
・ソフトバンクのスマホ → ソフトバンク系の格安SIMを選ぶ
・ドコモ/au/ソフトバンクのSIMロックを解除したiPhone → 格安SIMはどれでもOK

格安スマホまたはSIMフリー
・auのVoLTEに対応の端末 → 格安SIMはどれでもOK
・auのVoLTEに非対応の端末 → ドコモ系とソフトバンク系の格安SIMを選ぶ
・アップルストアのiPhone → 格安SIMはどれでもOK

白ロムを選ぶ理由

以前は、白ロムは高性能で安く買えるスマホとして人気がありましたが、今では格安スマホの性能向上により、性能面で白ロムを選ぶ理由はほとんどなくなりました。

ただし、格安スマホは性能こそ向上していますが、いまだに大半は防水・おサイフケータイ・ワンセグに対応していません。対応している場合でも、選択肢が少ししかありません。

ほとんどの白ロムは防水・おサイフケータイ・ワンセグ対応なので、今でも白ロムは防水・おサイフケータイ・ワンセグを検討する場合に白ロムは有力な候補になります。

防水・おサイフケータイ・ワンセグが必要ない場合は、格安スマホを選びます。

ワンセグ・フルセグ・おサイフケータイについて

下記の記事に、ワンセグやフルセグ、おサイフケータイについての説明と対応する白ロムやSIMフリーのスマートフォンのオススメ機種を紹介しているので、この記事と合わせて参考にしてみてください。

格安SIMでワンセグやフルセグは見れる? ←見れます!
格安SIMでも使えるおサイフケータイ、白ロムとSIMフリーのスマートフォン
格安タブレットという選択肢 (一部のauのタブレットはワンセグやフルセグに対応)

おすすめのドコモの白ロムと対応する格安SIM

ドコモの白ロムドコモ系の格安SIMで使うことができます。

おすすめのドコモ系の格安SIM
BIGLOBEモバイル
エキサイトモバイル
LINEモバイルのドコモ回線
mineo (ドコモプラン/Dプラン)
DMMモバイル

オススメのドコモの白ロムは下記になります。

arrows Be F-04K、壊れにくく比較的高性能

arrows Be F-04K

arrows Be F-04Kのヤフオク価格:税込2万円

性能 5インチ(HD)、CPUオクタコア1.8GHz SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1220万画素(F値1.9)、重さ143グラム、電池容量2580mAh、電池持ち時間130時間、ナノSIM、耐衝撃構造、防水・ワンセグ(内蔵アンテナ)・おサイフケータイ対応、指紋認証対応

arrows Beは2018年5月25日に発売されたドコモの比較的高性能で耐衝撃構造で壊れにくい5インチのスマホです。

CPUは新型の省エネで比較的高性能なSnarpdragon 450(以下、SDM450)です。一般的な使い方なら問題なく使うことができます。RAMは3GB、ROMも32GBあるので、普通の使い方なら十分な性能を発揮してくれます。

加えて、SDM450の省エネ性能はかなり良く、画面は5インチのHD(720×1280)なので、電池持ちはかなり良いものになっています。

最近のスマホは画面が割れやすいですが、arrows Beは高さ1.5mから26方向でコンクリートに落とす落下テストでも画面が割れない構造になっています。(※かなり雑に扱うとarrows Beでも壊れると思いますが、不注意で落としたくらいなら、arrows Beなら高い可能性で割れずに問題なく使い続けられます)

F値1.9の比較的明るいレンズを使うことで、暗いところでも素早く正確にピントが合い、比較的綺麗に撮ることができます。

ドコモの白ロムなので、基本的にはヤフオクで落札することになります。ドコモのiDを含め、ほとんど全てのおサイフケータイのサービスが使えます。使えないサービスはないと思われます。

arrows Be F-04Kの性能と評判+詳細レビューと機種変/新規/MNP&キャンペーン情報

LG style、5.5インチの縦長画面&比較的高性能なワンランク上

LG style L-03K

LG style L-03Kのヤフオク価格:税込2万5000円

性能 5.5インチ(フルHD)、CPUオクタコア1.8GHz SDM450、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1620万画素、重さ146グラム、電池容量2890mAh、電池持ち時間95時間、ナノSIM、防水・ワンセグ・おサイフケータイ対応、指紋/顔認証

LG styleは2018年6月22日発売されたドコモの5.5インチの縦長スマホです。

LG styleの最大の特徴は、スマホの大きさが5インチのarrows Beとほぼ同じなのにLG Styleは5.5インチのディスプレイを搭載している点です。

大きい画面ほどWebサイトやSNS系アプリ等が見やすくなるので、スマホは基本的に大きな画面の方が良いです。ただし、大きな画面ほど本体も大きくなるというデメリットがあります。

LG styleなら画面の周りの余白を少なくすることで、コンパクトなサイズで5.5インチの比較的大きな画面を搭載させています。

CPUはarrow Beと同じ省エネ性能に優れた比較的高性能なSDM450を搭載しています。RAMは4GB、ROMは64GBなので、ヘビーな使い方でも比較的快適に使うことができます。

スマホをそんなに使わない場合はarrows Beで十分ですが、スマホを普通以上に使う場合、より快適に使えるLG styleがおすすめです。

ドコモの白ロムなので、基本的にはヤフオクで落札することになります。ドコモのiDを含め、ほとんど全てのおサイフケータイのサービスが使えます。使えないサービスはないと思われます。

LG style L-03Kの性能と評判+購入後の詳細レビューと機種変/新規/MNP&キャンペーン情報

Galaxy Feel SC-04J、電池持ちがかなり良い

Galaxy Feel SC-04Jのヤフオク価格:税込1万5000円

性能:4.7インチ、CPUオクタコア1.6GHz、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ149g、防水・ワンセグ・おサイフケータイ対応、電池容量3000mAh、電池持ち時間170時間、ナノSIM、指紋認証対応

格安SIMが使える最も無難な白ロムがGalaxy Feelです。

発売日が2017年6月です。一般ユーザにとって十分なCPUの性能とRAMとROMの容量があります。画面の大きさも4.7インチでコンパクトなつくりになっています。

電池交換はできませんが、新品状態でヤフオクに出品されているので、電池の消耗を心配する必要はありません。加えて、CPU も14nmプロセスで省エネで、画面も4.7インチ、電池容量は3000mAhあるので、電池持ちはかなり良くなっています。

そこそこ性能が良くて、防水・おサイフケータイ・ワンセグ対応スマホとして最適な選択肢です。ただし通知LEDがないので注意してください。

手間要らず、ドコモのiPhone

ドコモのiPhoneも白ロムの1つです。iPhoneの最大の特徴は操作が比較的簡単なことです。iPhoneというと価格が高いイメージがしますが、ドコモのiPhone 6sでも1万6000円くらいで買うことができます。ドコモのiPhoneなら白ロムでもテザリングができるようになっています。

iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイド

その他のドコモの白ロム

昔紹介していた白ロムが下記になります。今から買うには性能面でデメリットが大きかったり、もう入手できなくなっているスマホなので参考程度に残しておきます。

Galaxy S5 SC-04F
GALAXY S4
Xperia Z3 Compact SO-02Gの評価
Xperia A SO-04Eの評価

おすすめのauの白ロムと対応する格安SIM

auの白ロムau系の格安SIMで使うことができます。

おすすめのau系の格安SIM
UQ mobile

数ある格安SIMの中で最高の通信品質を誇るのがUQ mobileです。格安SIMは大手キャリアよりも通信速度が遅いですが、UQ mobileだけは大手キャリアと同等以上で通信速度が速いです。格安SIMの中で1つだけおすすめするとしたら、UQ mobileになります。

au系の格安SIMは基本的に通信速度が超速いUQ mobileを選ぶことを強くオススメしますが、データをたくさん使いたい場合に下記の格安SIMも検討してみてください。

BIGLOBEモバイルのタイプA
mineoのauプラン
IIJmioのタイプA
QTモバイルのAタイプ

UQ mobileのiPhone SE

ヤフオクではUQ mobileで販売しているiPhone SEが大量に出品されています。

普通にiPhone SEを買うよりもかなり安く買うことができます(32GB版で1万5000円くらい)。UQのSIMロックがかかっているので、UQ mobileでしか使えませんが、UQ mobileでiPhoneを使おうと思っている場合に一番おすすめです。UQ mobileのVoLTE用SIMを使います。テザリングもできます。

懸念点は、ネットワーク利用制限を調べる方法がないので、かなり運が悪いとネットワーク利用制限がXになっていて、使えない可能性が少しあります。

iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイド

その他のauのiPhoneやスマホについて

その他のauのiPhoneやスマホでもau系の格安SIMを使うことができますが、いくつか間違いやすい箇所があります。au系の格安SIMをiPhoneで使うとテザリングが制限される場合があります。auのiPhoneやスマホを持っていない場合、わざわざauの白ロムは選ばない方が良いです。

格安SIMで白ロムを使いたい場合、ドコモ系の格安SIMとドコモの白ロムを選んだ方が無難で簡単です。

auのiPhoneをすでに持っている場合は、iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイド:auのiPhoneを持っている場合を参考にして格安SIMで使ってみてください。

おすすめのソフトバンクの白ロムと対応する格安SIM

softbankの白ロムソフトバンク系の格安SIMで使うことができます。

おすすめのソフトバンク系の格安SIM
LINEモバイルのソフトバンク回線

ソフトバンク系の格安SIMはLINEモバイルのソフトバンク回線が最善です。他のソフトバンク系の格安SIMより月額料金が安く、通信速度が速く、カウントフリーでデータ消費を少なく使うことができます。ソフトバンクの白ロムを使う場合、LINEモバイルのソフトバンク回線がベストです。

ソフトバンク系の格安SIMはLINEモバイルのソフトバンク回線を選ぶことを強くオススメしますが、一応他のソフトバンク系の格安SIMも載せておきます。

ワイモバイル
b mobile Sのソフトバンク版
U-mobile S (SMSなしのデータSIMのみ)
nuroモバイルのソフトバンク回線
QTモバイルのSタイプ
スマモバのギガプレミアム (SMSなしのデータSIMのみ)

おすすめのソフトバンクのiPhoneやスマホについて

ソフトバンクの場合、特におすすめのソフトバンクのiPhoneやスマホというのはないのですが、SIMロック解除済みのソフトバンクのiPhoneやスマホを選ぶことをおすすめします。

ソフトバンクのスマホでもSIMロック解除済みなら、ドコモ系の格安SIMでも結構普通に使うことができます(かなりの郊外だと厳しいですが・・)。

ソフトバンク系の格安SIMは選べる格安SIMが少ないので、ドコモ系の格安SIMでもある程度使えるSIMロック解除済みを選ぶのが無難です。

SIMロック解除済みのiPhoneならドコモ系/au系の格安SIMで問題なく使えるので、無難さだとSIMロック解除済みのiPhoneが一番無難な選択肢です。

iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイド

白ロムを購入する場所

白ロムを買うといっても大手キャリアから直接買うのではなく、大手キャリアで買った人からその白ロムを買うことになります。

大手キャリアでスマホを買った人がヤフオクやAmazonに出品しています。かなりの数の白ロムが出品されています。白ロムはブックオフ等でも売っていたりします。

ヤフオクやメルカリ

白ロムを一番安く買えるのがヤフオクやメルカリです。出品されている白ロムの数も豊富なのでヤフオクで買うのが一番おすすめです。ヤフオクで白ロムを買う場合は出品者の評価が重要です。良い評価の割合が98%以上の出品者から落札しましょう。

Amazon

Amazonでも白ロムを買うことができますが、ヤフオクで買うよりも高くなります。Amazonでも出品者の評価が90%以上の高い評価になっている出品者から購入しましょう。

ブックオフやゲオ等

ブックオフやゲオ等でも白ロムを販売していることがありますが、実店舗で売られている白ロムはヤフオクやAmazonと比べて少し高いです。不具合が見つかった場合は実店舗に行って返品や交換をすればいいので安心です。

ノジマオンラインで掘り出し物を探す

nojima online(ノジマオンライン)

ノジマオンラインの上のほうに中古PC・中古スマホがあるので、それをクリックしてください。そして左側に携帯電話・スマートフォンというのがあるので、それをクリックします。ここに掘り出し物のスマホを売っている場合が割とあるので、1度覗いてみるのもいいと思います。

OCNモバイルONEだと白ロムとセットに格安SIMを申し込める

OCNモバイルONEでは通話SIMとセットに白ロムを選ぶことができます。

OCNモバイルONEでは中古のiPhone、Xperia、Galaxyも取り扱っています。

扱っているスマホをざーと見てみましたが、iPhone X、8、8 Plus、7、7 Plusなど、Xperia X Compact、XZ、XZs、XZ Premium、XZ1、そしてGalaxy S8+もありました。

価格も結構安いです。ネットワーク利用制限が△になっているスマホもありますが、2年保証付きでもしネットワーク利用制限で使えなくなってしまった場合でも同等品と交換して安心です。

安くて超高性能のスマホを探している場合におすすめです。

OCNモバイルONEの中古のiPhone / Xperia / Galaxyの詳細はこちら → OCNモバイルONE

白ロムを購入するときの注意点

白ロムを購入するときは出品者の評価を確認するのが重要ですが、他にネットワーク利用制限や、保証期間、電池の消耗具合を確認するのも重要なポイントになります。

ネットワーク利用制限

ネットワーク利用制限とはスマホが盗難されたとき、あるいは分割払いでスマホを購入して料金を支払わなくなった場合に大手キャリアがネットワーク利用制限を行いスマホを使えなくする仕組みです。

ネットワーク利用制限がされているかどうかはスマホのIMEI/製造番号 (半角数字15桁) を下記のサイトに入力することで確認することができます。IMEI/製造番号は商品の説明文などに記載されています。IMEI/製造番号が見つからない場合は、その商品の購入/落札はやめましょう。

ドコモの白ロムのネットワーク利用制限の確認
auの白ロムのネットワーク利用制限の確認

ネットワーク利用制限 〇 将来使えなくなる可能性0.1%
ネットワーク利用制限 △ 将来使えなくなる可能性3%くらい?
ネットワーク利用制限 X 使えない(赤ロム状態)

ネットワーク利用制限が〇になるスマホは、ほぼ安全なので〇になっているスマホを選びましょう。出品者側が保証している場合は、△でも問題ないと思います。

auのスマホやタブレットはSIMロックの解除が必須

ドコモの白ロムはSIMロックの解除の有無は重要ではないのですが、2014年冬以降に発売されたauの白ロムは格安SIMで使うにはSIMロックの解除が必須です。(UQ mobileのiPhone SEはUQ mobileのVoLTE用SIMを使うのであればSIMロックの解除は不要です)

auの白ロムはネットワーク利用制限は○になっているもので、SIMロック解除の可否判定ですでにSIMロックが解除されているもの、もしくは何日かすればSIMロックの解除がでできるものを選んでください。

au:ネットワーク利用制限携帯電話機照会
au:SIMロック解除の可否判定

※ IMEI番号はヤフオクやAmazonの商品情報に記載されている場合が多いです。記載がない場合は避けた方が良いです。

SIMロック解除はauショップで行うことができます。ロック解除の手数料は3000円程度です。ただし、2017年12月1日以降は、auでスマホやタブレットを購入した本人でないとSIMロックの解除ができなくなるので注意してください。

SIMロックの解除可能日が2017年12月1日以前になっているauの白ロム、もしくはSIMロック解除済みのauの白ロムを選ぶ必要があります。

保証期間

白ロムでも保証書を持っていて保証期間内なら不具合が生じてもドコモショップやauショップに持ち込めば無料で直してくれます。

発売日が最近のスマホや、自分で電池交換できないタイプのスマホの場合は、保証期間内の保証書があることが必須です。

電池の消耗具合

自分で電池を交換できるタイプの白ロムの場合は、電池の消耗具合は基本的に気にする必要はありません。Amazonで3000円くらいで新しい交換電池を買うことができるので、もし電池が消耗していても問題無しです。

ただ、ほとんど全ての白ロムは自分で電池交換できないタイプです。

自分で電池交換できない白ロムの場合は、電池が消耗していない可能性が高い、発売日からまだ1年経っていない白ロムや、1年保証がまだ残っている白ロムを選ぶのをおすすめします。

自分で電池を交換できない白ロムでもドコモショップやauショップへ持ち込めば電池を交換してくれますが、2,3日はかかります。その間の代替機は貸してくれません。交換費用も8000円くらいかかります。

もし電池が交換できない白ロムを購入しようと思っている場合は、電池の交換費用を調べて、電池の交換費用込みの値段を考慮して白ロムを選ぶことをお勧めします。

白ロムが壊れたときの対処法

白ロムが壊れたとき、保証期間内の保証書を持っている場合は、ドコモショップやauショップへ行けば基本的に無料で直してくれます。ただし、修理中の代替機は貸してくれません。代替機が必要な場合は自分で用意する必要があります。

DMMいろいろレンタルだと4000円くらいで1ヶ月程度スマホを借りることができるので、代替機が必要になった場合はDMMいろいろレンタルを使うことをおすすめします。

レンタルではなく自分で代替機を用意したい場合は、2万円くらいの格安スマホを購入するのが妥当です。1万円ぐらいの格安スマホもありますが、相当性能が悪いです。2万円くらいなら代替機以外でもまともに使える性能になっているので、2万円くらいの格安スマホを代替機として買うのをお勧めします。

au系の格安SIMを使っている場合は、au系の格安SIMが使える格安スマホを買う場合は3万円くらいかかります。

代替機はDMMいろいろレンタルで借りるのが一番です。

ただ、白ロムが壊れて保証期間内の保証書も予備のスマホも持っていない場合は、修理するのはあきらめて新しく格安スマホや白ロムを買ったほうが安くて早道です。修理代が安い場合にだけ、代替機のレンタルを検討してみてください。

白ロムの弱点:テザリングができない場合がある

白ロムによってはテザリングができない場合があります。

テザリングって何?と言う人には関係ない話です。ちなみにテザリングとは、例えばテザリングできるスマホがあった場合、そのスマホを経由してインターネットにつなげることができます。ノートパソコンを持っていたらテザリングしているスマホを経由してインターネットにつなげることができます。

ノートパソコンやWiFi専用のタブレットを持っている場合、テザリングができるスマホを持っていると便利です。どちらも持っていない場合はテザリングは不必要です。

格安スマホや最近の白ロムはテザリングができるのですが、少し古い白ロムは結構複雑になっています。白ロムのテザリングの可否は下記のページに記載しているので、そちらを参考にしてみてください。

ドコモのスマホを格安SIMで使うための詳細とテザリングの可否
auのスマホを格安SIMで使うための詳細
ソフトバンクのスマホを格安SIMで使うための詳細

その他の格安SIM関連のお役立ち情報

最終更新日 2018年7月24日 / 作成日 2015年6月8日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

PR
ワイモバイルのPR
ワイモバイルのキャンペーンの詳細記事
格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る