ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

格安SIMに最適だった白ロム(中古スマホ)の購入ガイド

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

白ロムというのは大手キャリアの中古スマホのことを言います。SIMロック解除済みの白ロムなら簡単に格安SIMで使うことができます。

最近の格安スマホは比較的手頃な価格でも性能がかなり良くなっていますが、格安スマホのほとんどは防水やおサイフケータイ、ワンセグには対応していません。

大手キャリアのスマホなら防水・おサイフケータイ・ワンセグ対応です。大手キャリアの新品のスマホは価格が高いですが、中古スマホ(白ロム)なら比較的安く手に入ります。大手キャリアの中古のiPhoneならかなり安く手に入ります。

防水・おサイフケータイ・ワンセグ対応のスマホを使いたい場合や、安くiPhoneを使いたい場合に、白ロムを検討してみることをオススメします。

ここは白ロムを格安SIMで使うための白ロム購入ガイドです。

※ 格安SIMでは使えない白ロムもあるので注意してください。格安SIMで簡単に使えるのはSIMロック解除済の白ロムです!

白ロムって何?

白ロムとはドコモ、au、ソフトバンク等の大手キャリアで販売しているスマートフォンです。大手キャリアのスマホを使っている人は、それが白ロムです。大手キャリアで販売しているiPhoneも白ロムです。

MNP弾で白ロムを安く手に入れた人や、大手キャリアを契約して白ロムを購入してから1〜2年で機種変した人などが、不要な白ロムをヤフオクやメルカリに出品したり、中古ショップで買い取ってもらったりします。

そして格安SIMを使う人たちが、ヤフオクやメルカリ、中古ショップなどで白ロムを購入して、格安SIMを白ロムに入れて使ったりします。(白ロムに格安SIMを入れれば、普通のスマホとして使うことができます)

白ロムの他に赤ロムがあります。

大手キャリアでスマホを買うと白ロムになります。白ロムが盗まれたり、月々のスマホ代を支払わなかったりすると、契約している大手キャリアがスマホの利用を停止します。そのときに白ロムが赤ロムになります。赤ロムになるとスマホが使えなくなります。

スマホとして使えなくなった状態が赤ロムです。

注:2019年10月改正で白ロム激減問題で絶滅に向かう

白ロムを供給していたのは主に大手キャリアで機種変やMNP弾の錬金術をしていた人たちです。

それが2019年10月改正でできなくなってしまったため、白ロムの供給がかなり少なくなりました。

そして普通の人もスマホの機種変が高くなったので、今使っているスマホをできるだけ長く使おうとして機種変までの期間が長くなり、白ロムとして中古市場に流れる数が少なくなりました。

その結果、中古市場で白ロムの在庫がかなり減っています。

最近はおサイフケータイと防水対応の格安スマホがそれなりに発売されてきているので、数が少なくなった白ロムにこだわる必要はなくなりつつあります。

白ロムは絶滅に向かいつつあると思います(完全にはなくならないと思いますが、存在感が相当なくなりそう・・)。

白ロムの購入ガイドの目次

白ロムと格安スマホの違い

白ロムと格安スマホの実質的な違いは、海外で使えるかどうかと、どの格安SIMで使えるかの違いです。

※ 格安スマホ=SIMフリーのスマートフォン

海外でも使いたい場合は格安スマホまたはiPhoneを選ぶ

大半の白ロムは対応バンドが少ないので海外で使うと電波が悪くなったり、電波を掴まなかったりと支障が出ます。

ファーウェイやASUSが販売している格安スマホは対応バンドが多いので、大抵の海外で使えます。ただし、白ロムの中でもSIMロックを解除したiPhoneなら対応バンドが豊富なので海外でも使うことができます。海外で現地のSIMカードを入れればほとんどの場合で使えます。

年に何回も海外に行って、現地でSIMカードを入手してスマホを使いたい場合は、格安スマホやiPhoneがおすすめです。

白ロムの購入ガイドの目次

使える格安SIMが異なる

白ロムと格安スマホで使える格安SIMが異なります。

  • 格安スマホやSIMフリーのiPhoneで使える格安SIM
  • auのVoLTEに対応の格安スマホ → 格安SIMはどれでもOK
  • auのVoLTEに非対応の格安スマホ → ドコモ回線ソフトバンク回線の格安SIMを選ぶ
  • アップルストアのiPhone → 格安SIMはどれでもOK

白ロムの購入ガイドの目次

白ロムを選ぶ理由

以前は、白ロムは高性能で安く買えるスマホとして人気がありましたが、今では格安スマホの性能向上により、性能面で白ロムを選ぶ理由はほとんどなくなりました。

ただし、格安スマホは性能こそ向上していますが、防水・おサイフケータイ・ワンセグに対応している格安スマホはまだ少ないです。白ロムなら防水・おサイフケータイ・ワンセグに対応しています。

iPhoneはアップルストアだと高いですが、中古の白ロム(大手キャリアのiPhone)なら結構割安に買うことができます。

白ロムの多くがワンセグ・フルセグ・おサイフケータイ・防水対応

ほとんどの白ロムはワンセグ・おサイフケータイ・防水に対応しています。数は多くないですがフルセグにも対応している白ロムもあります。

※ 白ロムの中ではiPhoneだけが例外です。iPhone7以上で防水・Apple Payに対応

ほとんどの白ロムは防水・おサイフケータイ・ワンセグ対応なので、防水・おサイフケータイ・ワンセグを検討する場合に白ロムは今でも有力な候補になります。

防水・おサイフケータイ・ワンセグが必要ない場合は、格安スマホを選ぶことをおすすめします。

下記にワンセグやフルセグ、おサイフケータイの説明と、対応する白ロムや格安スマホをオススメ順に紹介しているので参考にしてみてください。

注:ワンセグとフルセグ機能は白ロムからハブられつつある

2019年後半頃から白ロムからワンセグとフルセグ機能がなくなりつつあります。

この調子だと一部の白ロムだけワンセグとフルセグを採用して、大半の白ロムはワンセグとフルセグ非対応になると思われます。

どこで見たか忘れましたが、ワンセグとフルセグを日常的に使う人は全体の1割とかそんなもんです。

ワンセグとフルセグに対応するにはそれなりにコストがかかります。

最近は2万円〜3万円程度の格安スマホのほうが人気が出ているので、ワンセグとフルセグを外して安くした白ロムを販売し始めています。

白ロムの購入ガイドの目次

白ロムなら中古のiPhoneが安く手に入る

アップルストアで新品のiPhoneを買うと結構高いですが、中古の白ロムiPhoneなら結構安く買うことができます。

中古スマホは買う場所によって価格が結構変わりますが、中古のiPhone7だとだいたい2万5000円くらいで買うことができます。iPhoneは超高性能なので少し古いモデルでも超高性能です。普通にスマホを使うくらいならiPhone7でもあと4年くらい現役です。

中古でも結構きれいなiPhoneが割安に売られたりしているので白ロムを購入する場所を参考にiPhoneを選んでみてください。

※ SIMロックを解除してある白ロムを選ぶことを強くオススメします。

白ロムの購入ガイドの目次

白ロムを購入するときの注意点

白ロムを購入するときは出品者の評価を確認するのが重要ですが、SIMロック解除の有無、ネットワーク利用制限、保証期間、電池の消耗具合を確認するのも重要なポイントになります。

白ロムを買ってはいけない人

まず最初に白ロムを買ってはいけない人を紹介します。

【消費者センターに寄せられた相談事例6】中古のスマートフォンをインターネット通販で購入したが、SIMロックがかかっており、格安スマホ会社のSIMカードで通話ができなかった20歳代男性 (2019年5月受付)

> 9か月前、インターネット通販で中古のスマートフォンを13,000円ほどで購入した。サイトの広告には「SIMロックが解除されていない」とは書かれておらず、SIMロック解除されているものだと思い込んでいた。

> しかし、購入したスマートフォンはSIMロック解除されておらず、格安スマホ会社のSIMカードでは通話機能を利用することができなかった。

> 通販サイトに返品を申し出たが断られた。

> 前の使用者が端末を購入した携帯電話会社へSIMロック解除を求めたが、「中古で購入している端末はSIMロック解除できない」と言われた。スマートフォンを返品したい。

確認しなかった購入者が悪い

基本的に中古スマホはSIMロックが解除されていたら「SIMロック解除済み」みたいな記載がされています。何も書いていなければ、SIMロックが解除されていません。

人のせいにせず、自分で確認すべきです。

ちなみに、今なら中古で購入した端末でもSIMロック解除できるようになってます。(超古いスマホ、5年前のスマホとかだと無理)

参考記事:「高齢者に丁寧な説明を」求める格安スマホのモンスタークレーマーを退治しよう?←家電量販店がクソっぽい

白ロムの購入ガイドの目次

超重要:SIMロック解除済みの白ロムを選ぶ

白ロムを購入しようと思っている場合は、基本的にSIMロック解除済みの白ロムを選ぶことを強くオススメします。

SIMロックを解除していない白ロムでも格安SIMで使えるパターンはありますが、SIMロックを解除しないと格安SIMでは全く使えない白ロムもあります。

SIMロックを解除していない白ロムを掴むとほんと面倒なことになります。格安SIMのルールを全て知っている人ならいいですが、よく知らないでSIMロックを解除していない白ロムは地雷になります。

SIMロックを解除していないと超面倒なことになります・・

  • SIMロックを解除していない場合
  • ドコモのスマホ→ ドコモ回線の格安SIMが使える
  • auのスマホ → 2017年8月以降に発売されたauのスマホならau回線の格安SIMが使える。2017年7月以前に発売されたauのスマホはau回線の格安SIMでLTE用SIMを提供しているところなら使える場合がある
  • ソフトバンクのスマホ → 2017年8月以降に発売されたソフトバンクのスマホならソフトバンク回線の格安SIMが使える
  • ドコモのiPhone → iPhone6s以降なら自分でSIMロックを解除すると全ての格安SIMで使える。SIMロックを解除しない場合はドコモ回線の格安SIMのみ使える
  • auのiPhone → 2017年8月以降に発売されたauのiPhoneならau回線の格安SIMが使える。2017年7月以前に発売されたauのスマホはau回線の格安SIMでLTE用SIMを提供しているところなら使える場合がある
  • ソフトバンクのiPhone → 2017年8月以降に発売されたソフトバンクのiPhoneならソフトバンク回線の格安SIMが使える。2017年7月以前に発売されたソフトバンクのiPhoneはソフトバンク系のiPhone専用の格安SIMで使える場合がある

SIMロック解除済みなら話は簡単ですが、解除していない場合は面倒なパターンになっているので玄人以外は手を出さないほうがいいです。

2015年4月以降に発売された白ロムなら、中古で買った白ロムでもキャリアショップへ行けば3000円でSIMロックを解除してくれます。ただ、いろいろ面倒なので基本的にはSIMロック解除済みの白ロムを買うことを強くオススメします。

白ロムの購入ガイドの目次

少し重要:ネットワーク利用制限を確認する

ネットワーク利用制限とはスマホが盗難されたとき、あるいは分割払いでスマホを購入して料金を支払わなくなった場合に大手キャリアがネットワーク利用制限を行いスマホを使えなくする仕組みです。

ネットワーク利用制限がされているかどうかはスマホのIMEI/製造番号 (半角数字15桁) を下記のサイトに入力することで確認することができます。IMEI/製造番号は商品の説明文などに記載されています。IMEI/製造番号が見つからない場合は、その商品の購入/落札はやめましょう。

ネットワーク利用制限 〇 将来使えなくなる可能性0.1%
ネットワーク利用制限 △ 将来使えなくなる可能性3%くらい?
ネットワーク利用制限 X 使えない(赤ロム状態)

ネットワーク利用制限が〇になるスマホは、ほぼ安全なので〇になっているスマホを選びましょう。出品者側が保証している場合は、△でも問題ないと思います。

白ロムの購入ガイドの目次

おまけ:保証期間がまだ残っていると嬉しいかも

白ロムでも保証書を持っていて保証期間内なら不具合が生じてもドコモショップやauショップに持ち込めば無料で直してくれます。

発売から1年以上経っている場合は気にしても仕方ないですが、発売日が最近のスマホの場合は保証期間内の保証書があったほうがいいです。

白ロムの購入ガイドの目次へ戻る

その他:電池の消耗具合も考慮する

発売日からまだ1年くらいしか経っていない白ロムの場合は電池の消耗も少ないですが、2年くらい経っている白ロムだと電池の消耗も考慮して購入する必要があります。

自分で電池を交換できない白ロムでもキャリアショップへ持ち込めば電池を交換してくれますが、電池交換に2,3日はかかります。その間の代替機は貸してくれません。交換費用も8000円くらいかかります。

せっかく安く購入しても、電池の交換費用や手間を考えると微妙になります。2年以上前に発売されたAndroidスマホの場合は、ある程度電池の消耗具合がわかる場合にだけ購入を検討することをオススメします。

iPhoneの場合は、iPhone X以上のモデルなら電池の交換費用は7800円、X未満のモデルだと5400円です。中古のiPhoneなら電池の交換費用も安く、Appleストアや正規の修理店で電池の交換ができるので、電池の消耗具合はそんなに気にしなくても大丈夫です。

白ロムの購入ガイドの目次

白ロムを購入する場所

白ロムを買うといっても大手キャリアから直接買うのではなく、大手キャリアで買った人からその白ロムを買うことになります。

大手キャリアでスマホを買った人がヤフオクやAmazonに出品していたり、中古ショップへ売却して、それを中古ショップが販売していたりします。

ノジマオンラインで掘り出し物を探す

ノジマオンラインでは掘り出し物の中古iPhoneや白ロムを売っている場合が割とあるので、1度覗いてみてください。

ノジマオンラインの掘り出し物の中古iPhoneとAndroidスマホ

ノジマオンラインの中古スマホはかなり安く手に入ったりしますが、SIMロックが解除されていない端末が多いです。ノジマオンラインで買う場合は、少し高くてもSIMロック解除済みに端末を購入することを強くオススメします。

白ロムの購入ガイドの目次へ戻る

OCNモバイルONEの格安SIMとセットだと白ロムが安く手に入る

OCNモバイルONEでは通話SIMとセットに白ロムを選ぶことができます。

OCNモバイルONEでは中古のiPhoneを主に扱っています。時期によってはXperiaやGalaxyも取り扱っています。

扱っているスマホをざーと見てみましたが、iPhone X、8、8 Plus、7、7 Plusなどがありますが、結構簡単に売り切れになります。売り切れた場合でも随時追加しています。

価格が結構安いです。ネットワーク利用制限が△になっているスマホもありますが、2年保証付きでもしネットワーク利用制限で使えなくなってしまった場合でも同等品と交換して安心です。

安くて超高性能のスマホを探している場合におすすめです。

OCNモバイルONEのキャンペーンを徹底解説、iPhoneと格安スマホが割引価格で買えるセールを実施中

OCNモバイルONEは、通話SIMとセットだと格安スマホを割引価格で買えるキャンペーンを行っています。

OPPO Reno Aが実質2万4000円、AQUOS sense3が実質2万100円、AQUOS zero2が実質6万4800円、OPPO A5 2020が実質1万6000円など。他社からの乗り換えなら、さらに5000円引きで買うことができます。
キャンペーンの詳細を見る

中古iPhone / Galaxy → OCNモバイルONEの公式サイト

OCNモバイルONEで販売している白ロムのだいたいはSIMロック解除済みですが、一部の白ロムはSIMロックが未解除になっている場合があります。

ドコモのAndroidスマホはSIMロックを解除してもしなくてもドコモ回線の格安SIMで使うので、どちらでもいいです。

ドコモのiPhoneの場合はSIMロックを解除していない場合でも、ドコモのiPhone 6s以降なら自分でSIMロックの解除ができます。SIMロックの解除は少し面倒ですが、気にする必要はそんなにありません。

白ロムの購入ガイドの目次

少しリスクが高いけど一番安く手に入るヤフオクやメルカリ

白ロムを一番安く買えるのがヤフオクやメルカリです。出品されている白ロムの数も豊富なのでヤフオクで買うのが一番おすすめです。ヤフオクで白ロムを買う場合は出品者の評価が重要です。良い評価の割合が98%以上の出品者から落札しましょう。

白ロムの購入ガイドの目次

ブックオフやゲオ等の中古ショップは少し高いけど無難

ブックオフやゲオ等でも白ロムを販売しているところが結構あります。価格は少し高いですが、不具合が見つかった場合は実店舗に行って返品や交換をすればいいので安心です。

白ロムの購入ガイドの目次へ戻る

Amazonはあまりオススメではない

Amazonでも白ロムを買うことができますが、Amazonが売主かから結構手数料を取っているので少し割高価格になっています。

Amazonで白ロムを買うのは少し割高なのでオススメではありませんが、もしAmazonで購入する場合は出品者の評価が90%以上の高い評価になっている出品者から購入することをオススメします。

白ロムの購入ガイドの目次

少し注意:テザリングができない白ロムが少しある

白ロムによってはテザリングができない場合があります。

テザリングって何?と言う人には関係ない話です。ちなみにテザリングとは、例えばテザリングできるスマホがあった場合、そのスマホを経由してインターネットにつなげることができます。ノートパソコンを持っていたらテザリングしているスマホを経由してインターネットにつなげることができます。

ノートパソコンやWiFi専用のタブレットを持っている場合、テザリングができるスマホを持っていると便利です。どちらも持っていない場合はテザリングは不必要です。

白ロムでもiPhoneは全てテザリングができます。

白ロムのAndroidスマホの場合に注意が必要です。白ロムのAndroidスマホでテザリングができないパターンは2つです。テザリングが使えない白ロムは2015年4月以前に発売されたドコモのAndroidスマホ、そして2018年4月以前に発売されたソフトバンクのAndroidスマホです。

その他の白ロムのAndroidスマホはテザリングが使えます。

白ロムの購入ガイドの目次へ戻る

白ロムが壊れたときの対処法

白ロムが壊れたとき、保証期間内の保証書を持っている場合は、キャリアショップへ行けば基本的には無料で直してくれます。ただし、修理中の代替機は貸してくれません。代替機が必要な場合は自分で用意する必要があります。

DMMいろいろレンタルだと4000円くらいで1ヶ月程度スマホを借りることができるので、代替機が必要になった場合はDMMいろいろレンタルを使うことをおすすめします。

レンタルではなく自分で代替機を用意したい場合は、2万円くらいの格安スマホを購入するのが妥当です。1万円ぐらいの格安スマホもありますが、相当性能が悪いです。2万円くらいなら代替機以外でもまともに使える性能になっているので、2万円くらいの格安スマホを代替機として買うのをお勧めします。

au回線の格安SIMを使っている場合は、au回線の格安SIMが使える格安スマホを買う場合は3万円くらいかかります。

いずれにせよ代替機はそれなりの金額になるので、DMMいろいろレンタルで借りるのが一番です。

ただ、白ロムが壊れて保証期間内の保証書も予備のスマホも持っていない場合は、修理するのはあきらめて新しく格安スマホや白ロムを買ったほうが安くて早道です。修理代が安い場合にだけ、代替機のレンタルを検討してみてください。

白ロムの購入ガイドの目次

その他の格安SIM関連のお役立ち情報

最終更新日 2020年2月5日 / 作成日 2015年6月8日 / 作成者 格安SIMの管理人

この記事に気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »
「格安SIMに最適だった白ロム(中古スマホ)の購入ガイド」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
(税込1人当たり)
1人目
       

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)


iPhone7:26,640円(税込)
P30lite:10,800円(税込)
Libero:5,400円(税込)
Xperia 8:32,400円(税込)


ワイモバイルは事務手数料3300円が無料、アウトレット、タイムセール、大感謝セールを徹底解説
格安SIMと格安スマホのカテゴリ
サイト内検索
口コミ