WiMAX 2+の3日間10GBの速度制限の詳細

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

WiMAX 2+のギガ放題は無制限でデータを使うことができますが、直近3日間で10GB以上のデータを使うと18時から26時(翌日2時)まで通信速度が1Mbpsに制限されます。

無制限なのに3日間で10GBまでしか使えない!

とは思わなくていいです。少なくとも95%の人にとって3日間で10GBは十分以上のデータ量です。ほとんどの人は3日間で10GB使えれば十分です。大半のWiMAX 2+を使っている人は、3日間で1GB〜4GB程度のデータを消費しています。短期的にデータをたくさん使う場合でも、10GBを突破するのは難しいです。

この速度制限に引っかかる人は、高画質の動画をパソコンやネット対応テレビで長時間見る人たちです。

3日間で10GBを突破するには、高画質の動画をパソコンやテレビで流し続ける必要がある

3日間で10GBを突破する唯一の方法と言っていいのが、高画質の動画をパソコンやネット対応のテレビで流し続けることです。Webサイトを見たり、Twitterをしたり、アプリをダウンロードするくらいでは、全然届きません。

スマホで3日間10GBの突破は不可能

スマホの場合、そこそこ高画質の動画で1時間で0.4GB程度のデータを消費します。超高画質なら0.8GBのデータを消費しますが、スマホの場合、画面自体が小さいので、高画質でも超高画質でもあまり満足度は変わりません。

動画で1時間0.4GB消費すると仮定すると、3日間で10GBを突破するには、動画を75時間見る必要があります。3日間は72時間しかないので不可能です。超高画質の動画にこだわるなら、37時間くらい見れば突破できますが、3日間で37時間もスマホを見ていたら、死んでしまいます。

パソコンやネット対応テレビで超高画質の動画を長時間見れば3日間10GBの突破できる

パソコンやネット対応テレビの場合は、画面が大きいので必要なデータ量も増えます。普通に満足する画質で1時間で0.8GBくらいのデータ量が必要になります。スマホの倍のデータ量です。

ただし、この場合も3日間で37時間もパソコンやテレビで動画を流し続けなければなりません。

そこに登場するのが、パソコンやネット対応テレビ用の超高画質モードです。この画質を選択すると、パソコンやネット対応テレビでかなりキレイな画質で動画を見ることができます。必要なデータ量は1時間で1.5GBくらいです。これで再生すれば、3日間で7時間も再生してあげれば、3日間10GBを突破することができます。

1時間で0.8GBくらいデータを消費する画質でもパソコンやネット対応テレビで動画を楽しむことができますが、世の中にはいろんな人がいるので、5%くらいの人が3日間10GBに引っかかる、そんな制限になっています。

もし3日間で10GBの制限に引っかかってしまった場合の通信速度について

普通の人が3日間で10GBの制限に引っかかることはまず考えれませんが、もし万が一、3日間で10GBの制限に引っかかってしまった場合、直近3日間で10GBを下回るまで18時から26時(翌日2時)まで通信速度が1Mbpsに制限されます。

3日間の制限に引っかかっている場合でも、18時から26時(翌日2時)以外の時間帯は、速度制限なしで使うことができます。

1Mbpsはどのくらいの速度?

スマホで使う場合は、1Mbpsも出ていれば普通に使えます。Webサイトも普通程度に見れて、アプリも普通に使えて、普通画質の動画も普通に見れるくらいの速度です。快適とまではいきませんが、普通レベルです。アプリをダウンロードする場合は、1Mbpsでは少し遅いですが、そこまで我慢できないくらい遅いというわけでもないです。

パソコンで使う場合は、1Mbpsは遅いです。使えなくはないですが、せめて1.5Mbps、もしくは2Mbpsくらいほしいところです。

1MbpsはスマホだとYoutubeの480p(高画質)をギリギリ再生できるくらいの速度になります。

パソコンの場合、画面が大きいのでYoutubeの480pは普通画質程度になりますが、パソコンでも普通画質程度ならギリギリ再生できます。ただ、1Mbps程度だと、Youtubeの再生に速度をほとんど使ってしまうので、Youtubeを見ながら、Webサイトを見るとかいう、ながら作業は無理です。

過去のWiMAX2+の通信速度の制限について

WiMAX 2+の3日間10GBの速度制限は、2017年4月2日から始まった制限です。それまでは、別の制限だったので、せっかくなので簡単に紹介します。

サービス開始当初、無制限

WiMAX2+のサービス開始当初は、期間限定ですが無制限でした。

期間限定後、3日間3GBを超えると0.7Mbpsの速度制限

期間限定が過ぎて、直近3日間で3GB以上使うと、通信速度が0.7Mbpsに制限されました。説明不足だっためネットで大炎上を起こしました。訴訟騒ぎが起きて、早々に0.7Mbpsの制限から5Mbpsの制限に変更になりました。

大炎上後、3日間3GBを超えると5Mbpsの速度制限

大炎上後、速度制限が緩和され、直近3日間で3GB以上使うと通信速度は5Mbpsに制限されるようになりました。

しばらくして、3日間3GBを超えると4Mbpsの速度制限

しばらくして、直近3日間で3GB以上使うと、通信速度が4Mbpsに制限されるようになりました。

現在、3日間10GBを超えると18時から26時(翌日2時)まで1Mbpsの速度制限

こんな感じで、WiMAX 2+の3日間の制限は変わってきました。これからも変わるかというと、おそらく高い可能性で、もう変わりません。

3日間10GBの制限は、高画質の動画をパソコンやネット対応のテレビで流し続けていた、超ヘビーユーザを狙い撃ちにするための制限です。

3日間3GBを超えても4Mbps出れば、パソコンやネット対応テレビで超高画質の動画を流し続けることができます。この場合、ゆうに月100GBを超えてきます。月200GBも突破できます。この負担が、WiMAX2+の運営会社にのしかかって、最終的には普通のユーザに降りかかってきます。

WiMAX2+の陣営はこの極端な使い方を防ぐために、3日間10GBの制限に変更しました。一般ユーザでもヘビーユーザでも普通は引っかからないデータ量です。超高画質の動画を流し続ける超ヘビーユーザだけ引っかかるデータ量です。

ネットでも好意的に受け取られて、前回の大炎上の騒ぎなく、超ヘビーユーザの狙い撃ちを達成しました。

ということで、3日間10GBの制限がWiMAX2+のサービスが続くまで、ずーと続くと思います。

その他のWiMAX 2+関連の情報

オススメのWiMAX 2+のランキング&キャンペーン情報

月に使うデータ量が10GB以下なら格安SIMとモバイルルーターのベストな組み合わせを参考に格安SIMを検討してみてください。

月に使うデータ量が15GB以上の場合はWiMAX2+がオススメです。下記のおすすめのWiMAX 2+のランキングを参考にしてみてください。(月10GB〜15GBの間の場合は、格安SIMかWiMAX2+かのケースバイケースです)

WiMAX2+のプランは全てギガ放題プランを基準にしています。ギガ放題プランでも3日間で10GB超のデータを使うと速度制限に引っかかりますが、ほとんどの人が引っかからない制限です。

BIGLOBE、nifty WiMAX、GMOとくとくBBがおすすめトップです。とりあえずランキングにしてみましたが、この3つのうちどれを選ぶかは個々の状況やリスクの取り方で変わってきます。

おすすめ No.1:BIGLOBE WiMAX 2+、最も無難な選択肢、盗難・紛失でも安心

BIGLOBE WiMAX 2+はキャッシュバックか追加の月額割引のどちらかのキャンペーンを選ぶことができます。盗難・紛失時でも違約金なしに元に戻すことができるので、最も無難で安心して使うことができます。

BIGLOBE WiMAXはWiMAX2+の最大手のプロバイダーです。楽してそこそこ割安に安心して使いたいなら、BIGLOBE WiMAX 2+が一番おすすめです。格安スマホのBIGLOBEモバイルを月200円引きで利用できます。

BIGLOBE WiMAX 2+の評価とキャンペーンの詳細
BIGLOBE WiMAX 2+の申し込みから設定

BIGLOBE WiMAX 2+のキャンペーンサイト

キャッシュバックキャンペーンの考慮後
2年契約での平均月額料金:月平均2950円、BIGLOBE会員なら月平均2758円
3年契約での平均月額料金:月平均3414円、BIGLOBE会員なら月3219円(月1000円かかるLTEオプションは無料)


おすすめ No.2:nifty WiMAX、3年契約の場合は最も無難な選択肢

nifty WiMAXは3年契約しか選べませんが、キャッシュバック額もそこそこ多く、契約から5ヶ月目で簡単に受け取ることができます。もし2年未満に解約する必要が出た場合でも他のプロバイダと比較すると安く解約することができます。

nifty会員なら月額料金が250円引きになったり、格安スマホで定評のなるNifMoも月250円引きで使うことができます。問い合わせ電話もスムーズにつながり、解約時の手間や問題も少ないです。

nifty WiMAXの評価とキャンペーンの詳細

nifty WiMAXのキャンペーンサイト

キャッシュバックキャンペーンの考慮後
3年契約での平均月額料金:月平均3230円、nifty会員なら月平均2987円(月1000円かかるLTEオプションは無料)


おすすめ No.3:GMOとくとくBB WiMAX、キャッシュバックが一番高額、解約時に注意

キャッシュバックが一番高額なのがGMOとくとくBB WiMAX 2+です。GMOとくとくBBはWiMAX2+プロバイダの中で最も割安に使うことができます。

キャッシュバックの手続きメールを忘れずに受け取るには、転送メールを設定する必要があります。解約するとき他のプロバイダと比べると注意するポイントが多いので気をつける必要があります。最安値を重視する場合にGMOとくとくBB WiMAX 2+がおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+の評価とキャンペーンの詳細

GMOとくとくBB WiMAX2+のキャンペーンサイト

キャッシュバックキャンペーンの考慮後
2年契約での平均月額料金:月平均2963円
3年契約での平均月額料金:月平均2994円(月1000円かかるLTEオプションは無料)


おすすめ No.4:UQ WiMAX、月380円で盗難/紛失保証あり

UQ WiMAXは、金額こそ少なめですが、キャッシュバックがもらえるのが早くて、手続きメールも普段使っている自分のメルアドに届くので、キャッシュバックを受け取り損ねる可能性はだいぶ低いです。

月380円の端末補償サービスに入っておけば、小さなモバイルWiFiルータを紛失したり盗難にあった場合でも、5300円で元通り使えるようにしてくれます。モノをなくすことが多い場合、UQ WiMAXがオススメです。

UQ WiMAXの評価とキャンペーンの詳細

UQ WiMAXのキャンペーンサイト

キャッシュバックキャンペーンの考慮後
3年契約での平均月額料金:月平均4211円(月1000円かかるLTEオプションは無料)

最終更新日 2018年6月10日 / 作成日 2016年6月29日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る