WiMAX 2+の3日間10GBの速度制限の詳細

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

WiMAX 2+のギガ放題は無制限でデータを使うことができますが、直近3日間で10GB以上のデータを使うと翌日の18時から2時(合計8時間)まで通信速度が1Mbpsに制限されます。

無制限なのに3日間で10GBまでしか使えない!詐欺だ!

とは思わなくていいです。少なくとも95%の人にとって3日間で10GBは十分以上のデータ量です。ほとんどの人は3日間で10GB使えれば十分です。大半のWiMAX 2+を使っている人は、3日間で1GB〜4GB程度のデータを消費しています。短期的にデータをたくさん使う場合でも、10GBを突破するのは難しいです。

この速度制限に引っかかる人は、高画質の動画をパソコンやネット対応テレビで長時間見る人たちです。

3日間で10GBを突破するには、高画質の動画をパソコンやテレビで流し続ける必要がある

3日間で10GBを突破する唯一の方法と言っていいのが、高画質の動画をパソコンやネット対応のテレビで流し続けることです。Webサイトを見たり、Twitterをしたり、アプリをダウンロードするくらいでは、全然届きません。

スマホで3日間10GBの突破はかなり難しい

スマホの場合、Youtubeの高画質(480p)の動画で1時間で0.4GB程度のデータを消費します。720pの超高画質なら0.8GBのデータを消費しますが、スマホの場合、画面自体が小さいので、高画質でも超高画質でもあまり満足度は変わりません。

参考:Youtube向けの格安SIMとYoutubeで消費するデータ量

スマホで動画を見ると1時間0.4GB消費すると仮定すると、3日間で10GBを突破するには動画を25時間見る必要があります。毎日8時間以上スマホで動画を見ないといけないので突破はかなり難しいです。

スマホで超高画質の動画を見る場合は消費するデータがさらに2倍に増えるので、毎日4時間ちょっとスマホで超高画質の動画を見続ければ、突破できます。スマホで超高画質の動画を見る必要があるのかは不明ですけど・・。

※ スマホの普通画質で動画を再生すると1時間0.2GBほどデータを消費します。この場合は、10GB消費するのに50時間(2日ちょっと)かかります。

パソコンやネット対応テレビで動画を見れば3日間10GBの突破ができる

ノートパソコンとタブレットの場合は、画面が大きいので必要なデータ量も増えます。満足する画質で動画を再生すると1時間で0.8GBくらいデータを消費します。

10GBだと12.5時間見ることができます。3日間で10GBの制限があっても、毎日4時間ちょっと見続けることができます。だらだら動画を流し続けたら3日間10GBを突破できますが、普通に楽しむぶんなら十分な感じです。

問題はデスクトップパソコンとネット対応テレビで高画質で見る場合

タブレットやノートパソコンで動画を楽しむくらいなら3日間10GBで十分だと思いますが、問題はデスクトップパソコンとネット対応テレビで高画質で動画を見る場合です。

デスクトップパソコンとネット対応テレビは画面がさらに大きいので、キレイな画質で動画を再生すると1時間で1.6GBくらいデータを消費します。

キレイな動画を3日間で6時間ちょっと見れば、3日間10GBを突破してしまいます。毎日2時間ちょっとなので、割と突破に現実味があります。

ただ、デスクトップパソコンやネット対応テレビで動画を見る場合、1時間0.8GBの画質でも普通程度に楽しむことができます。この設定ならパソコンやテレビでも毎日4時間ちょっと動画を楽しめます。

普通画質でいい場合はWiMAXの3日間10GBでも大丈夫です。テレビやパソコンで高画質の動画を長時間楽しみたい場合はWiMAXでは無理です。光回線を使うことを強くオススメします。

※ 動画サービスの中には1時間でデータを3GBくらい消費する動画もあったりしますが、そういった動画は少ないので考慮から外しています。

自宅の光回線の代わりに家族で使う場合は少し注意が必要

WiMAXは以前は外で使うのに主に使われていましたが、今は自宅の光回線の代わりWiMAXのホームルータを使うケースも結構増えています。

光回線だと工事に1ヶ月かかったり、解約するときに撤去工事と費用がかかる場合があるので、工事なしにすぐ使えるWiMAXを自宅のネット用に使う人が増えてきている感じです。

個人だとWiMAXの3日間10GBを突破するのは難しいですが、家族など複数人で使う場合は3日間で10GBを突破するのはそこそこ可能なので少し注意が必要です。

といっても、デスクトップパソコンやネット対応テレビで高画質の動画を習慣的に見なければ、家族でWiMAXを使う場合でも結構大丈夫です。

家族の中にスマホで無駄に超高画質な動画を見続けるような人がいたりすると、光回線の代わりに家族でWiMAXを使うのは厳しいです。家族でWiMAXを使う場合は、それぞれが適度な画質で動画を見るように家族に周知しておく必要があります。

光回線を契約しているけど、WiMAXに乗り換えた方が良い?

デスクトップパソコンやネット対応テレビで動画をたくさん見ていないのなら、光回線よりも月額料金が安いWiMAXがオススメです。

ただ光回線を契約していて、自宅の固定電話をひかり電話にしている場合は、WiMAXにしてもほとんど安くならないので乗り換えても意味はない感じです。

光回線を使っているけど、自宅に固定電話がない場合や固定電話があるけどひかり電話を使っていない場合に、WiMAXのホームルータを検討してみてください。

※ 光回線にしてひかり電話を使うと、自宅の固定電話の基本料金が月1200円ほど安くなります。WiMAXに乗り換えるとひかり電話が使えなくなるので、光回線でひかり電話を使っている場合は、WiMAXの乗り換えてもほとんど安くなりません。

3日間で10GBの制限に引っかかってしまった場合の通信速度の詳細

普通の人が3日間で10GBの制限に引っかかることはまず考えれませんが、もし万が一、3日間で10GBの制限に引っかかってしまった場合、直近3日間で10GBを下回るまで18時から26時(翌日2時)まで通信速度が1Mbpsに制限されます。

3日間の制限に引っかかっている場合でも、18時から26時(翌日2時)以外の時間帯は、速度制限なしで使うことができます。

1Mbpsはどのくらいの速度?

スマホで使う場合は、1Mbpsも出ていれば普通に使えます。Webサイトも普通程度に見れて、アプリも普通に使えて、普通画質の動画も普通に見れるくらいの速度です。快適とまではいきませんが、普通レベルです。アプリをダウンロードする場合は、1Mbpsでは少し遅いですが、そこまで我慢できないくらい遅いというわけでもないです。

パソコンで使う場合は、1Mbpsは遅いです。使えなくはないですが、せめて1.5Mbps、もしくは2Mbpsくらいほしいところです。

1MbpsはスマホだとYoutubeの480p(高画質)をギリギリ再生できるくらいの速度になります。

パソコンの場合、画面が大きいのでYoutubeの480pは普通画質程度になりますが、パソコンでも普通画質程度ならギリギリ再生できます。ただ、1Mbps程度だと、Youtubeの再生に速度をほとんど使ってしまうので、Youtubeを見ながら、Webサイトを見るとかいう、ながら作業は無理です。

過去のWiMAX2+の通信速度の制限について

WiMAX 2+の3日間10GBの速度制限は、2017年4月2日から始まった制限です。それまでは、別の制限だったので、せっかくなので簡単に紹介します。

①サービス開始当初、無制限

WiMAX2+のサービス開始当初は、期間限定ですが無制限でした。

②期間限定後、3日間3GBを超えると0.7Mbpsの速度制限

期間限定が過ぎて、直近3日間で3GB以上使うと、通信速度が0.7Mbpsに制限されました。説明不足だっためネットで大炎上を起こしました。訴訟騒ぎが起きて、早々に0.7Mbpsの制限から5Mbpsの制限に変更になりました。

③大炎上後、3日間3GBを超えると5Mbpsの速度制限

大炎上後、速度制限が緩和され、直近3日間で3GB以上使うと通信速度は5Mbpsに制限されるようになりました。

④しばらくして、3日間3GBを超えると4Mbpsの速度制限

しばらくして、直近3日間で3GB以上使うと、通信速度が4Mbpsに制限されるようになりました。

⑤現在3日間10GBを超えると翌日18時から2時(合計8時間)まで1Mbpsの速度制限

こんな感じで、WiMAX 2+の3日間の制限は変わってきました。これからも変わるかというと、おそらく高い可能性で、もう変わりません。

3日間10GBの制限は、高画質の動画をパソコンやネット対応のテレビで流し続けていた、超ヘビーユーザを狙い撃ちにするための制限です。

3日間3GBを超えても4Mbps出れば、パソコンやネット対応テレビで超高画質の動画を流し続けることができます。この場合、ゆうに月100GBを超えてきます。月200GBも突破できます。この負担が、WiMAX2+の運営会社にのしかかって、最終的には普通のユーザに降りかかってきます。

WiMAX2+の陣営はこの極端な使い方を防ぐために、3日間10GBの制限に変更しました。一般ユーザでもヘビーユーザでも普通は引っかからないデータ量です。超高画質の動画を流し続ける超ヘビーユーザだけ引っかかるデータ量です。

ネットでも好意的に受け取られて、前回の大炎上の騒ぎなく、超ヘビーユーザの狙い撃ちを達成しました。

ということで、3日間10GBの制限がWiMAX2+のサービスが続くまで、ずーと続くと思います。

WiMAX 2+とポケットWiFiの平均月額料金ランキングと総合評価

契約月数:違約金なしで解約できるまでの月数
平均月額料金:(契約期間の合計の月額料金 - キャッシュバック - 特典) / 契約月数

平均月額料金は2019年10月時点のキャンペーンを全て反映した計算しています。

解約月はUQ WiMAXだけ日割りで、それ以外は全て満額請求です。WiMAX2+は全てギガ放題の料金プランです。WiMAX2+を選ぶ人の9割以上はギガ放題を選んでいます。

下記は全てクレジットカードの支払いを基準にしています。口座振替で支払いたい場合は口座振替対応の比較ランキングを参考にしてみてください(口座振替だと割高になります)。

※ 3日間で10GB使えるプランで10GBを超えると、回線の種類がWiMAX2+だと翌日の18時から2時(合計8時間)まで通信速度が1Mbpsに制限、回線の種類がソフトバンクのAXGPだと当日の18時から1時(合計7時間)まで通信速度が1Mbpsに制限されます。

平均月額料金の安さ1位:GMOとくとくBB

GMOとくとくBB月額割引版キャッシュバック版
契約月数初月込みで38ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円
初月(日割り)月2,170円月3,609円
1〜2ヶ月目月2,170円月3,609円
3〜36ヶ月目月3,480円月4,263円
37ヶ月目〜月4,263円
合計料金132,093円163,032円
キャッシュバック0円31,600円〜34,500円
平均月額料金月平均3,476円月平均3,382円〜3,459円

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応△ / 違約金◎ / 取り扱い端末◎ W06、WX05、HOME L02、01

月額割引版のキャッシュバック◎:キャッシュバックがもらえませんが、月額料金が安くなっています。

キャッシュバック版のキャッシュバック△:キャッシュバックは高額ですが、キャッシュバックは11ヶ月後に独自メールアドレスにメールが届き30日以内に手続きを完了させる必要があり、受け取り損ねる人が相当(半数?)います。

総合評価:WiMAXプロバイダの中で一番無難に使えるのがGMOとくとくBBの月額割引版です。月額割引を多くして、キャッシュバックをなくしているので、安心です。キャッシュバック版はリスクが高いので避けたほうがいいです。

GMOとくとくBB WiMAX2+(月額割引)の公式サイト

GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックより月額割引キャンペーンがおすすめの詳細評価

平均月額料金の安さ2位:どんなときもWiFi、ほんとにデータ無制限

どんなときもWiFiの料金
契約月数初月込みで26ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円 (レンタル)
初月(日割り)月3,480円
1〜24ヶ月目月3,480円
25ヶ月目〜月3,980円
合計料金93,980円
キャッシュバック0円
平均月額料金月平均3,615円

回線種類 ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線 / 使えるデータ量◎ 月200GB以上 / 通信速度と対応エリア◎ / 問い合わせ対応◎ / 違約金○ / 取り扱い端末△ D1

キャッシュバックなし◎:代わりにデータを超たくさん使えて、月額料金も比較的安くしています。

総合評価:どんなときもWiFiならほんとに無制限でデータを使えます。月200GBでも300GBでも使えます。ドコモ、au、ソフトバンクの電波が使えるので、普通のスマホが使えるところならどこでも使うことができます。データをどこでも大量に使いたい場合に一番おすすめです。

どんなときもWiFiの公式サイト

どんなときもWiFiの評判とデメリットを実際に契約して、速度は遅いのか制限があるのか徹底検証

平均月額料金の安さ3位:Broad WiMAX

Broad WiMAXの料金
契約月数初月込みで37ヶ月
事務手数料3,550円 (強制オプション550円込み)
端末代0円
初月(日割り)月2,726円
1〜2ヶ月目月2,726円
3〜24ヶ月目月3,411円
25ヶ月目〜月4,011円
合計料金134,902円
キャッシュバック0円
平均月額料金月平均3,646円

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応○ / 違約金○ / 取り扱い端末◎ W06、WX05、HOME L02、01

キャッシュバックなし◎:代わりに月額料金を安くしています。

総合評価:Broad WiMAXは他社のWiMAXプロバイダーから乗り換える際に違約金が発生した場合は、最大1万9000円分の違約金をキャッシュバックしてくれます。プロバイダーを乗り換える場合で、違約金が発生する場合にBroad WiMAXを検討してみてください。

注:Broad WiMAXだけ事務手数料の他に18,857円の初期費用を設けています。月550円の安心サポートプラスと月907円のMyBroadサポートの2つのオプションに加入すると初期費用が無料になります。両方とも端末が届いたらすぐ解約できますが、安心サポートプラスの550円だけ無料期間がないので料金が発生します。

Broad WiMAXの公式サイト

Broad WiMAXの詳細評価と評判、他社WiMAXの違約金を負担してくれる!

WiMAX 2+とポケットWiFiのおすすめ比較ランキング1位〜7位+オススメ圏外

その他のWiMAX 2+関連の情報

最終更新日 2019年1月21日 / 作成日 2016年6月29日 / 作成者 格安SIMの管理人
「WiMAX 2+の3日間10GBの速度制限の詳細」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

5
この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
2 Comment threads
3 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
4 Comment authors
名無しさん格安SIMの管理人名無しさんhiro Recent comment authors
  Subscribe  
更新通知を受け取る »
名無しさん
ゲスト
名無しさん
この記事は参考になった/良かった :
     

普通に使ってたら1日で25ギガ位使ったんだけどwww

hiro
ゲスト
hiro
この記事は参考になった/良かった :
     

うちの場合、家族3人で使用していますが、毎日制限に引っかかります。特にヘビーな使い方をしなくても、複数人で動画を見る場合、10Gはたやすく突破してしまいます。

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ