2020年10月版:格安SIM40枚の速度ランキング、ドコモのサブランドがおそらく誕生する、その影響は大きい

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (12)

2020年10月版の格安SIM/ドコモ/ポケットWiFiの速度ランキング

超速い 1位 UQ mobileドコモ本家ワイモバイル
2位 楽天モバイルのUN-LIMITWiMAX2+
3位 FUJI WiFiのソフトバンク回線
4位 OCNモバイルONEの新コース、BIGLOBEモバイルのタイプA、BIGLOBEモバイルのタイプD、FUJI WiFiのドコモ回線、FUJI WiFiのau回線
比較的速い 5位 IIJmioのタイプA、LIBMOLINEモバイルのソフトバンク回線、エキサイトモバイル、イオンモバイルのタイプ2のドコモ回線、楽天モバイルのau回線
6位 IIJmioのタイプD、LinksMateイオンモバイルのタイプ1のドコモ回線、QTモバイルのDタイプ
普通 7位 mineoのドコモプラン、mineoのauプラン、mineoのソフトバンクプラン、楽天モバイルのAPN(JP)、楽天モバイルのAPN(CO)、OCNモバイルONEの旧コース
少し遅い 8位 特になし
遅い 9位 楽天モバイルのスーパーホーダイの低速ON、LINEモバイルの旧プランのドコモ回線、LINEモバイルの新プランのドコモ回線、LINEモバイルのau回線、イオンモバイルのタイプ1のau回線
超遅い 10位 TONEモバイル、ロケットモバイルの神プラン

通信速度(HTTPS)、反応速度と安定性、Webサイトの読込、アプリのダウンロード、動画の再生時の速度など、実際の速度を総合的に評価した速度ランキングです。

2020年10月版の格安SIMの速度ランキング

格安SIM/ドコモ/ポケットWiFiの速度(リアルタイム)

※ 格安SIM40枚+ドコモ+WiMAXの速度計測を行なっていますが、ほとんど誰も契約しない格安SIMは速度ランキングから除外しています。

格安SIMの通信速度の計測の仕方と注意点

前回からの順位変動

初登場
・初計測のFUJI WIFiのドコモ回線は4位にランクイン
・初計測のFUJI WIFiのau回線は4位にランクイン

順位アップ
・楽天モバイルのAPN(JP)(1アップで7位)
・楽天モバイルのAPN(CO)(1アップで7位)
・楽天モバイルのau回線(1アップで5位)

順位ダウン
・IIJmioのタイプD(1ダウンで6位)
・LinksMate(1ダウンで6位)
・mineoのドコモプラン(1ダウンで7位)
・LINEモバイルの旧プランのドコモ回線(1ダウンで9位)

その他の事項:インスタグラムの不具合で、インスタの読み込み速度の計測が不可になり、9月の速度スコアが全体的に1点低下しています。

格安SIMや格安スマホのニュース

NTTがドコモを完全小会社化します。

完全子会社化で実際に何がしたいのかわかりません。米国GAFAに対抗するとか何とかありますが、イマイチわからない。

ただ、格安SIM界隈で重要なのは、ドコモがサブブランドを高い可能性で出してくることです。

数年前までドコモはサブブランドに否定的でしたが、政府の再度のスマホの値下げ要求とドコモの完全子会社化で、個人的には8割くらいの可能性でドコモがサブブランドを出してくると思っています。

サブブランド
・ソフトバンク配下のワイモバイル(とLINEモバイル)
・au配下のUQモバイル(とBIGLOBEモバイル)
・ドコモ配下の???

ドコモのサブブランドが音声通話に対応したeSIMプランを出して、それに追随するためにワイモバイルとUQモバイルもeSIMプランをだしてくれれば良いなと思います。

OCNモバイルONEがサブブランドになる? ドコモのサブブランドの影響

OCNモバイルONEはNTTコニュニケーションズが運営しているので、OCNがドコモのサブブランドになるかもですが、可能性は五分五分なような・・。

サブブランドの強みは、大手キャリアと比べて半額くらいで使えること、速度が速いので今まで通り快適に使えること、そして今のスマホのままで乗り換えられるのでハードルが低いことです。

ソフトバンクにはワイモバイルがあり、ソフトバンクの料金に不満を抱く人の多くがワイモバイルへ乗り換えています。auにはUQモバイルというサブブランドがあり、同じようにauの料金に不満を抱く人が乗り換えています。

ところがドコモには今までサブブランドがありません。

ドコモを使っている人で、新しいスマホが必要な人はOCNモバイルONE、SIMのみならBIGLOBEモバイル、家族揃ってならIIJmioも良いかもとか、結構バラバラな選択肢になります。

ドコモがサブブランドを始めたら、ドコモから乗り換えるならドコモのサブブランドを検討して、それが合わなければドコモ回線の格安SIMを検討するみたいな感じになると思います。

なので、もしドコモのサブブランドができたら、ドコモ回線の格安SIMの新規ユーザ数は半減しそうです・・・。

ドコモ、au、ソフトバンクのスマホの料金は安くなる?

政府の要求に従うふりをするために、ドコモ、au、ソフトバンクは大容量プランの料金を少し下げるかもですが、基本的にはあまり安くならないと思います。

安くなるのはサブブランドです。今でもサブブランドは通信品質を考慮すると十分安いですが、さらに使い勝手の良いプランになりそうな気がします。

大手キャリア自身の料金プランを安くすると、何も考えなくても比較的容易に安いプランに切り替えられるので、利益が相当削られてしまいます。

ところが大手キャリアがサブブランドを作って、サブブランドの料金を安くした場合、何も考えない多くの人たちは大手キャリアに留まり続けてくれます。

料金に不満を抱く考える人達はサブブランドに乗り換えるので、大手キャリアから不満分子が減り満足度アップなのです!(みんなハッピー)

うまく行けば、他社から自社のサブブランドにユーザを引っ張れるのです。戦いの場はサブブランドと楽天アンリミットです。

ソフトバンクとauユーザ向けの下記の記事を用意しているので、ソフトバンクとauユーザの人は参考に・・。ギガを大量に使ってなければ、ホントさっさと乗り換えたほうが良いです。

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えるメリットとデメリット

[半額]ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えるメリットとデメリットを徹底解説、料金比較で7割の人が損をしている

auとUQモバイルの料金を徹底比較

auとUQモバイルの料金を徹底比較、UQ mobileなら1人でも大幅に安くなる、家族だと更に大幅節約

Twitterの運用状況

2016年10月07日 Twitter開始
2017年12月22日 フォロワー3102
2018年12月13日 フォロワー6093
2019年12月21日 フォロワー7692
2020年03月01日 フォロワー8215
2020年07月10日 フォロワー9545
2020年10月07日 フォロワー9860

フォローしてくれた方、よくリツイートやいいねをくれる方々、ありがとうございます! かなり感謝しています。地道にコツコツとTwitterをしていきます。

Twitter:格安SIMの管理人格安SIMとスマホの口コミ最近のコメント等を併用しながら活動しています。

格安SIMの通信速度の評価

速度計測の詳細は、格安SIMの通信速度の計測の仕方と注意点をご確認ください。

格安SIM/ドコモ/WiMAXの通信速度(リアルタイム)の2020年9月平均と10月直近の数値をもとに評価しますが、過去の速度も考慮します。

※ 9月中旬にインスタグラムの不具合でインスタが2日ほど読み込めなくなりました。その影響で9月の速度スコアはいつもより1点ほど押し下げています。

ドコモ本家

ドコモ本家は特に変わりなしです。相変わらず40Mbps前後の超速い速度で安定しています。

UQ mobile

ドコモ本家に次いで速度が速いのがUQ mobileです。

UQ mobileも超速い速度ですが、前回は25Mbp〜30Mbpsで安定していましたが、15Mbps〜20Mbps程度になっています。

快適に使える速度を維持していますが、最高速度は少し不安定です。

UQモバイルは2020年10月からKDDIに買収されました。

KDDIの子会社のUQコミュニケーションズがUQモバイルを運営していましたが、10月からKDDIが直接運営するような感じになりました。KDDIが直接運営することで、経営判断が早くなったりするのかな?とか思ったりです。

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックの詳細、最大1万円のキャッシュバック、または最大1万8000円の端末割引

UQモバイルのスマホプランを申し込むと、SIMのみの場合は最大1万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。iPhoneや格安スマホとセットで申し込むとキャシュバックの代わりに最大1万8000円の端末割引で買えます。

UQモバイルは速度が超速いので、いつでも快適にスマホが使えます。
UQモバイルのキャンペーンの詳細 / UQモバイルの格安スマホのおすすめランキング

BIGLOBEモバイル

※ 最適化解除APNで速度計測を行っています。エンタメフリーのオフです。

BIGLOBEモバイルのドコモ回線は平日の昼を除けば、かなり速い速度を維持しています。

平日の昼は速度がそこそこ低下しますが、他の格安SIMと比べたら平日の昼でも結構マシです。ドコモ回線の格安SIMの中ではOCNモバイルONE(新コース)に次いで速いです。

BIGLOBEモバイルのau回線の速度は前回とほぼ同じ速度を維持しています。

BIGLOBEモバイルのドコモ回線と比べると、平日朝と夜に速度が少し低下しますが、快適に使える速度は維持しています。

平日昼の速度はドコモ回線よりも少し良いです。

BIGLOBEモバイルのキャンペーンを徹底解説、6ヶ月間1200円引き+SIMのみは初期費用無料と1500円相当/格安スマホは2万円相当プレゼント

BIGLOBEモバイルでは月額料金は初月無料です。

通話SIMのみだと、翌月から6ヶ月間1200円引き、初期費用3394円が無料、クーポンコードの入力で1500円相当のポイントがもらえます。

格安スマホと通話SIMのセットだと、最大2万円相当のポイント、翌月から6ヶ月間1200円引きが適用されます。

初期費用&税込でRedmi Note 9Sが実質6549円、OPPO Reno3 Aが実質2万1333円など、かなりお得に手に入ります。2020年11月3日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

楽天モバイルのUN-LIMIT (楽天回線エリア)

楽天モバイルのUN-LIMIT (楽天回線エリア)の速度は前回と同じく快適に使える速度を維持しています。

楽天モバイルのUN-LIMITは場所によって速度が結構変わりますが、楽天回線エリアだとだいだい30Mbpsくらいが平均値です。パートナーエリアだと15Mbpsくらいです。

2020年9月30日から楽天モバイルの5Gサービス、Rakuten UN-LIMIT Vが始まりました。5Gエリアは超狭いので、現時点のメリットは何もありませんが、5Gの基地局がある程度増えている3年後くらいに期待したいところです。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細、1年無料&最大2万6300ポイントプレゼント&格安スマホのおすすめランキング

楽天モバイルでは先着300万人まで、月2980円でギガ使い放題のRakuten UN-LIMITを1年間無料に使えるキャンペーンを行っています。

さらにオンラインで申し込むと楽天ポイントが3000ポイント、事務手数料3300円相当が全額ポイント還元です。

格安スマホとセットで購入すると、2020年11月4日まで追加で最大20,000ポイントがもらえます。事務手数料込み&税込み計算でもGalaxy A7なら実質700円です。

SIMのみの申込みでも11月4日までキャンペーンで合計1万2300ポイントの楽天ポイントがもらえます。
キャンペーンの詳細を見る

楽天モバイルの旧プラン (新規受付終了)

楽天モバイルの旧プランは4つの速度に分かれます。

①ドコモ回線:組み合わせプランでAPNがrmobile.jp:楽天(JP)
②ドコモ回線:組み合わせプランでAPNがrmobile.co:楽天(CO)
③ドコモ回線:スーパーホーダイの低速ON
④au回線:組み合わせプラン

楽天モバイルのAPN(JP)は前回よりも速度は低下しましたが、アプリのダウンロード制限が少し緩和したので、速度スコアが68点から73点にアップしました。

楽天モバイルのAPN(CO)もアプリのダウンロード制限が少し緩和したので、速度スコアが72点から80点に大幅アップしました。

スーパーホーダイは最大1Mbpsの低速モードが無制限で使えて、昼12:00~13:00と18:00~19:00の時間帯は最大300kbps制限されます。

ただし、制限時間帯以外でもアプリのダウンロードを0.2Mbps程度に制限したりします。

楽天モバイルのスーパーホーダイ(低速最大1Mbps)の速度スコアは40点で格安SIMで最下位クラスですが、YouTubeなら昼12時台と18時台以外なら無制限で見れます。

楽天モバイルのau回線の速度は前回と同じような速度を維持しています。もともとは70点前後で微妙に悪かったのですが、ここ半年くらいは速度が比較的良いです。

楽天モバイルのau回線はIIJmioの設備を使っているので、アプリのダウンロード制限もありません。

楽天モバイルはトラフィックコントロールで、スピテスの速度結果よりも実速度が遅くなる場合があるので要注意です。

楽天アンリミットの場合は、大体は問題ないのですが、パソコンでdアニメを見ていると0.5Mbps程度に速度制限になることがそこそこあります。(NetflixやAmazonプライムの場合は大丈夫)

IIJmio

IIJmioのタイプDの速度は前回よりも少しだけ低下していますが、格安SIMの中では比較的速いほうです。

IIJmioのタイプAの速度は前回とほぼ同じ速度を維持しています。

去年まではIIJmioのタイプAの速度は悪かったのですが、今年に入ってからだいぶ改善して、IIJmioのタイプDよりも速度が少し速くなっています。

au回線の原価(KDDIに払う接続料)がかなり低下していて、2,3年はau回線の調達コストがドコモ回線よりも結構安くなるので、タイプAのほうが速度で有利になりそうです。

そんな理由で、IIJmioはタイプA限定で2020年8月から従量制プランを始めました。データを余り使わない場合は、1GBから使える従量制プランがおすすめです。

IIJmioのキャンペーンを徹底解説、初期費用1円+月額料金が最大1万1880円引き+10分かけ放題が7ヶ月無料+乗り換えで4000円キャッシュバック

IIJmioでは初期費用3000円が1円、月額料金が合計で最大1万1880円引き、10分かけ放題が7ヶ月無料、他社からMNPで乗り換えならタイアップキャンペーンで4000円のキャッシュバックがもらえます。

さらに他社からの乗り換えならRedmi Note 9Sが9800円で買えます。

結構複雑ですが、12GBプランや家族で契約する場合にお得なキャンペーンになっています。2020年11月4日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは前回とほぼ同じ速度を維持しています。格安SIMの中でも比較的良いです。

ただ、キャンペーンがしょぼいので、契約する人が少ないです・・。

エキサイトモバイルのキャンペーンの詳細、初期費用3000円が無料+おすすめの格安スマホを徹底解説

エキサイトモバイルでは、格安SIMを申し込むと通常かかる初期費用3000円が無料になるキャンペーンを行なっています。2020年9月1日からのキャンペーンで、終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

mineo

※ mineoは通信の最適化適用済みの通信速度です。最適化を解除してもあまり変わりません。

mineoのドコモプランの速度スコアは前回の80点から75点にダウンしました。格安SIMの中では普通レベルです。

前回と比べて、平日の昼がさらに遅くなりました。格安SIMの中でもmineoの平日昼の遅さは際立っています。平日の昼を除けば優秀な速度を維持しています。

mineoのauプランの速度スコアも前回の80点から74点にダウンしました。

ドコモプランと同じくmineoのauプランも平日の昼は速度が極端に低下します。前回と比べて平日夜の速度が割と低下しました。

mineoのソフトバンクプランの速度スコアは前回の79点から74点にダウンしました。

mineoは平日昼の速度がかなり悪いのに加えて、パケットロスが多発するので、体感速度も他の格安SIMと比べても悪くなります。

mineoは低速500kbpsが使い放題になるオプションや、ゆずるねのような夜間使い放題などにコストを割いているため、高速データ通信の速度はあまり改善していないのかもです。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの新コースの速度スコアは前回と同じような快適な速度を維持しています。ドコモ回線の格安SIMの中では一番良いです。

注意点は、OCNモバイルONEの新コースは混雑時はYouTubeの速度を0.55Mbps程度に制限しているので、いつでも高画質の動画を見たいとかだと厳しいです。

ただ、0.55Mbpsでもスマホで普通画質のYouTubeが見れるくらいなので、実害は少ないです。普通画質なら十分楽しめて、ギガの消費も抑えられるので、メリットのほうが大きいです。

OCNモバイルONEの旧コースの速度スコアは前回の83点から76点にダウンしました。格安SIMの中では普通レベルです。

基本的に今から申し込む場合は新コースになります。

旧コースは低速が無制限に使えるメリットはありますが、高速データ通信の速度が新コースよりも結構遅くなります。低速がたくさん使いたい場合は、mineoがおすすめです。

OCNモバイルONEのキャンペーンを徹底解説、iPhoneと格安スマホが大幅割引

OCNモバイルONEは、通話SIMとセットだと格安スマホとiPhoneを大幅割引で買えるキャンペーンを行っています。

今なら初期費用込み&税込みで・・
・ZenFone7:7万3913円(乗り換えなら6万8413円) ← 11月4日までの発売記念セール
・Redmi Note 9sのRAM4GB:1万113円(乗り換えなら4613円)
・OPPO Reno3 A:1万7263円
・AQUOS sense3:1万2643円
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイル

LINEモバイルのソフトバンク回線の速度スコアは、前回の83点から87点にアップしました。

LINEモバイルは通品品質向上なんちゃらを取り組んでいて、向上した結果が全部反映したのが今の速度だと思われます。

LINEモバイルのソフトバンク回線なら使い勝手はかなり良いです。LINEモバイルを選ぶ場合は、ソフトバンク回線を選ぶことを強くおすすめします。

LINEモバイルのドコモ回線(新プラン)の速度スコアは、前回と同じく58点のゴミスコアです。

LINEモバイルのドコモ回線(旧プラン)の速度スコアは、前回の66点から61点に低下、ゴミです。

LINEモバイルのau回線の速度スコアは前回の生ゴミ41点から58点に大幅アップしましたが、ゴミスコアです。

ゴミゴミ言っていますが、LINEモバイルのドコモ回線やau回線でもそれなりには使えます。ただし、LINEモバイルのソフトバンク回線ならもっと快適に使えるので、わざわざゴミ回線を選ぶメリットはほとんどないです。

au回線の格安SIMを使いたい場合は、快適に使えるUQモバイル、または結構速度が速いBIGLOBEモバイルがおすすめです。

ドコモ回線の格安SIMをつかいた場合は、速度が結構速いOCNモバイルONEかBIGLOBEモバイルがおすすめです。

LINEモバイルはソフトバンク回線を選ぶところです。

LINEモバイルのキャンペーンの詳細、シークレット特典で最大5000円相当プレゼント+月額料金3ヶ月500円+格安スマホぽっきりSALE

LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと翌月から3ヶ月間は980円引きで使えるキャンペーンを行なっています。(3GBプランなら月500円)

格安スマホのnova lite 3が1万2000円、OPPO Reno3 Aが2万4000円、OPPO A5 2020が1万6800円で買えるセールを行っています。2020年11月4日までのキャンペーンです。

SIMのみの申込みなら、シークレット特典で最大5000円相当のポイントがもらえます(シークレット特典の終了日は未定)。
キャンペーンの詳細を見る

ワイモバイル

ワイモバイルは前回は20Mbps前後でしたが、測定端末をAQUOS sense plusからPixel 4aに変更したら、平均が15Mbps程度に低下してしまいました。

引き続き快適な速度で使えますが、ワイモバイルは速度計測に使うスマホによって最大速度が結構変わる感じです。

Pixel 4aだとワイモバイルのキャリアアグリゲーションがうまくいっていないのか、SIMの相性が少し悪いのかもしれません。速度スコアを押し下げるような低下にはなっていないので、引き続きPixel 4aで計測します。

ソフトバンクを契約している人は、ほんとワイモバイルにしたほうが良いので、「ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えるメリットとデメリットを徹底解説」を書いてみました。ソフトバンクの人は読んでみてください。

ワイモバイルのキャンペーン攻略情報

5の付く日に申し込むとPayPayがたくさんもらえるキャンペーンをしています。事務手数料3300円が無料、アウトレットやタイムセールで格安スマホをかなり安く買えます。

ワイモバイルは速度も超速く、Yahooショッピングの買い物が相当お得に使えるようになります。

LinksMate(リンクスメイト)

LinksMateの速度は前回と同じような速度を維持しています。

速度(HTTPS)は速いのですが、トラフィックコントロールでWebサイト等の読み込み速度が結構削られています。

スピードテストが速くても、思ったより速くないような・・みたいなのがLinksMateです。ただ、速度スコアが83点なので、総合的に見て格安SIMの中では比較的速いほうです。

LIBMO(リブモ)

LIBMOの速度スコアは前回の85点から84点になりました。

平日の昼は速度がかなり遅くなりますが、それ以外の時間帯は快適に使えます。

LIBMOは前回までは空いている時間帯でも10Mbps程度に速度を制限していましたが、今回は空いている夜中や早朝は20Mbpsくらい出るようになっています。

LIBMO(リブモ)の一番お得なキャンペーン、最大2万円キャッシュバック実施中

LIBMOはデータSIMを申し込むと最大1万円のキャッシュバック、通話SIMだと最大2万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行っています。

例えば月3GBのデータSIMなら5000円、通話SIMだと1万4000円のキャッシュバックがもらえます。

最大2万円のキャッシュバックは2020年5月末に一旦終了しましたが、6月18日に再開しました。キャッシュバックキャンペーンの終了日は未定です。

キャンペーンの詳細を見る

QTモバイル

※ QTモバイルはドコモ回線のみ速度計測をしています。簡易計測なので、速度スコアは表示できません。

QTモバイルのドコモ回線はIIJmioの設備を使っていて、前回と同じような速度を維持しています。格安SIMの中でも比較的速いです。

QTモバイルのAタイプはmineoのauプランの設備を使っていて、速度はおそらくmineoのauプランとほぼ同じです。au回線の格安SIMはUQモバイルかBIGLBOEモバイルがおすすめです。

QTモバイルのSタイプは、nuroモバイルのソフトバンク回線の設備を使っていて、nuroモバイルと同じく速度は遅めだと思われます。

QTモバイルのキャンペーンの詳細、現金キャッシュバック8000円&OPPO Reno Aが2万3760円

QTモバイルでは、通話SIMを申し込むと月額料金が半年間で最大3360円引きになる割引キャンペーンを行っています。データSIMの場合は最大2400円引きです。

このキャンペーンに加えて、通話SIMを申し込むと現金8000円がキャッシュバックになるキャンペーンも行っています。キャッシュバックキャンペーンの終了日は未定です。

さらにOPPO Reno Aが2万3760円、OPPO A5 2020が1万6800円で買えるキャンペーンも行っています。
キャンペーンの詳細を見る

イオンモバイル

イオンモバイルはタイプ1のドコモ回線、タイプ1のau回線、タイプ2のドコモ回線があります。それぞれで速度が異なります。タイプ2だけデータSIMのみです。

タイプ1はIIJmioの設備を使ったIIJmio系の格安SIMです。タイプ2はNTTコム系の格安SIMです。

※ イオンモバイルは簡易計測のため、速度スコアは表示できません。

タイプ1のドコモ回線は、前回より速度が少し低下して、IIJmioのタイプDより少しだけ遅いくらいになっています。

イオンモバイルのタイプ1のau回線は前回は結構改善しましたが、今回は再び速度が低下してクズ速度になっています。

タイプ2(データSIMのみ)は前回と同じく比較的速い速度を維持しています。

トラフィックコントロールでアプリのダウンロードを遅くしている時間帯がありますが、それを考慮してもタイプ2は全体的に格安SIMの中では比較的良い通信品質です。

イオンモバイルを選ぶ場合はタイプ1のドコモ回線か、タイプ2を検討してみてください。

FUJI WiFi

FUJI WiFのソフトバンク回線の速度スコアは前回と同じく95点ですが、速度は平均12Mbpsから25Mbps程度に大幅アップしました

FUJI WiFのソフトバンク回線はP20 liteで速度計測していのたのですが、OPPO Reno3 Aに変更したところ、速度が大幅アップしました。

OPPO Reno3 Aだとソフトバンク回線でキャリアアグリゲーション(CA)で速度がアップしている感じがします。10Mbps以下ならCAはあまり関係ないですが、10Mbpsを超えるとCA対応かどうかで速度が結構変わりそうです。

※ 12Mbpsから25Mbpsになっても体感差はほとんど変わらないので、速度スコアは変わりません。

FUJI WiFiのドコモ回線は、BIGLOBEモバイルのドコモ回線の設備を使っています。平日の昼は速度が低下しますが、それ以外の時間帯は快適に使えます。

FUJI WiFiのドコモ回線の最高速度がBIGLOBEモバイルのドコモ回線と比べると半分くらいになってしまいますが、計測に使っているデータ量が異なるための速度差です。

FUJI WiFiのドコモ回線もBIGLOBEと同じデータを消費させれば、同じような速度が出ると思います。ただ、それには月15GBくらいデータが必要で料金的にもきびしいので、節約して計測しています。

※ このサイトは最高速度よりも、最低速度を計測するのを重視しています。最高速度を重視して計測すると、毎月15万円くらいかかっちゃうので・・。

※ 体感差で重要なのは最低速度です。

FUJI WiFiのau回線は、BIGLOBEモバイルのau回線の設備を使っています。平日の昼は速度が低下しますが、それ以外の時間帯は快適に使えます。

平日の昼はドコモ回線よりもau回線のほうが少しだけ速いです。

FUJI WiFiはデータSIMのみのプランです。データを大量に安く使いたい場合におすすめです。

FUJI WiFiのクーポンとデポコミコースの詳細、2020年のFUJIWiFiのキャンペーンのクーポンコード&モバイルルーター大幅割引

FUJI WiFi(FUJIWiFi)では、クーポンコードを使うと最大1万6350円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行っています。2020年11月30日までのキャンペーンです。

SIMプランとセットならモバイルルーターが安く買えるセールも実施しています。最新のFS040Wが1万1800円で買えるのはかなりお得です。

デポコミコースを利用すれば、SIMプランは10GBが月980円、20GBが月1600円、50GBが月2400円、100GBが月3400円です。
キャンペーンの詳細を見る

WiMAX2+

格安SIMの管理人はGMOとくとくBB WiMAX2+を契約しています。

WiMAX2+は前回と同じく15Mbps前後で安定した快適な速度を維持しています。

その他の格安SIM

その他の格安SIMの今月の速度評価の詳細は省略します。省略する理由はほとんど誰も契約しないからです・・。

詳細評価
NifMo / U-mobile / ロケットモバイル / DTI SIM / TONEモバイル / FREETEL / nuroモバイル

あと二手でサイトが詰む

うーん・・・・。サイト運営がまずい状況ですね・・。

3ヶ月いろいろ手を打ち続けましたが、微動だにしないです。むしろアクセスが(一時的に)死んだりしました。

Googleの個人ブログの締め付けがえげつなくて、あと二手でサイトが詰みます。そして現状のままだと半年後に詰んでそうです。

ブログやはてなブックマーク等で格安SIMとスマホ比較や何かの記事を紹介してくれると、Googleの締め付けが緩んで上向きになるかもですが、30人以上がしてくれて上向きになるかもしれないレベルだったりです。。

というか、30人でも一時しのぎで、300人くらい必要な気がする。

実際にしてくれる人は2,3人くらいな気がします。いえ、それでもありがたいのです。(リンクしてくれる人はかなり貴重な人なのです。

自分ができることはサイトをコツコツ更新していくことですが、サイトが詰んだら、そんな気力が出るわけもなく。スローライフで余生を過ごそうかとか思ったりします。

最終更新日 2020年10月7日 / 作成日 2020年10月7日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

※ コメントは手動承認が必要になる場合があります。コメントしても反映されない場合、1日程度で反映されます。

5 3
この記事は参考になった/良かった
購読する
通知する
guest
12 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
ヒデ
ヒデ
2020年10月10日 9:32 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

こちらのサイトを拝見し続けて数年。スマホ類に限らず、全てのサイトの中で一番アクセスするサイトです。妻がzenfoneを持ち、妻の実家がリンクスメイトを契約し、と私自身のみならず多大な恩恵を受けています。お得に快適なスマホ生活を送れるというだけでなく、本当に公平で誠実で詳細な文に日々感謝しております。

海老マヨ
海老マヨ
2020年10月9日 10:26 PM

管理人様
格安SIMスマホの公平中立、詳しい情報を提供して頂けるのはこのサイトだけです。
応援している人々がいますよ!
私もその一人です!

単身おじさん
単身おじさん
2020年10月8日 12:39 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

管理人さん

このサイトがなくなると困るので
スローライフになっても更新してくださいね!

ルッカ
ルッカ
2020年10月8日 11:54 AM

ホントこちらのサイトはタメになります。思わせぶりな写真や画像がなく、記事も偏りがなくてしかも飾り気のない文字ベース。従って内容も非常に濃く信頼できます。格安SIMに関しては、いつの間にかこちらの記事しか読まなくなってしまった。ちょっと気弱で誠実な管理人さんの人柄も微笑ましいです。こちらのサイトを拝見するのが日課となってしまいました。私も応援しています!

a
a
2020年10月8日 12:18 AM
この記事は参考になった/良かった :
     

こちらのサイトを知ってからまだ数ヶ月ですが、格安SIMの比較が詳しくわかり、またキャンペーンのことなどもわかるので楽しく見させてもらっています。今後乗り換えの時には参考にしたいと思いました。
応援しています!

ガリゾウ
ガリゾウ
2020年10月7日 10:36 PM

応援していますよ。

「2020年10月版:格安SIM40枚の速度ランキング、ドコモのサブランドがおそらく誕生する、その影響は大きい」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます