HOME L02の性能評価と評判、WiMAXホームルータのHOME L01sとHOME 01の詳細比較

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

HOME L02は2019年1月25日に発売されたホームルーター型のWiMAX端末です。

L02ではビームフォーミングに対応したので繋がりにくかった別の部屋でも、WiFiが繋がりやすくなり通信速度も旧モデルのL01sと比べて平均30%向上しています。

HOME L02

L02の最大通信速度は1Gbpsに大幅アップしていますが、理論値なので気にしなくていいです。東京と埼玉の一部エリアで、L02をパソコンでLANケーブルで接続して、ハイスピードプラスエリアモードにして、もしかして出たらすごいくらいです。

ハイスピードモードの下り最大が558Mbpsなので、他のホームルータ型のWiMAX端末(最大440Mbps)と比べると速度が出やすくなっています。

旧モデルのL01sも受信感度も良く、比較的安定して動作していて評判の良いホームルータですが、L02でWiFiが繋がりにくい別の部屋で繋がりやすく、通信速度と安定性がアップした感じです。

HOME L02はGMOとくとくBBBIGLOBE WiMAXnifty WiMAXBroad WiMAXUQ WiMAX等で取り扱われています。

このサイトではGMOとくとくBB WiMAXを契約して、WiMAX端末はHOME L02を選びました。(参考:自宅でWiMAXを使ってみた!)

HOME L02はWiMAXホームルータの中で一番オススメの機種です。外でも使いたい場合は、WiMAXモバイルルータのW06がおすすめです。

HOME L02の申し込みで一番おすすめ → GMOとくとくBB WiMAX2+

Speed Wi-Fi HOME L02のスペック(性能)

※ ハイスピードプラスエリアモード = プラスエリアモード

Speed Wi-Fi HOME L02
最大通信速度ハイスピードモード 下り最大558Mbps / 上り最大30Mbps
プラスエリアモード 下り最大1Gbps / 上り最大75Mbps
WiFi規格IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)、11n/11g/11b(2.4GHz帯)
最大同時接続数WiFi 40台(2.4GHz:20台、5GHz:20台) / LANポート 2台(1000BASE-T、100BASE-TX、10BASE-T)
サイズ93 × 178 × 93mm / 436グラム
UIMカードau Nano IC Card 04 LE U
本体カラーホワイト
価格UQ WiMAXで3800円、その他のWiMAXプロバイダーだと無料か1円
発売日2019年1月25日

付属品:ACアダプタ、Ethernetケーブル(試供品)

HOME L02の目次へ戻る

Speed Wi-Fi HOME L02の評価と比較

4本の高感度アンテナでWiMAX2+の受信感度の性能アップ

「HOME L02は、4本の高感度アンテナを4方向に配置することで、360度全方位カバーすることにより、いままでつながりにくかった場所でも、基地局からの電波をしっかりキャッチします。」

というのが、製品ページのうたい文句です。

実際のところどうなのかというと、旧モデルのHOME L01sにも4本のアンテナが入っているはずなので、WiMAX2+の受信感度はL01sと同等な気がします・・。もしかしたら、L01sのアンテナより高性能になったのかもしれません。

L01sの受信感度も比較的良好なので、L02の受信感度も特には問題にならないと思います。違いが出てくるのは下記のビームフォーミングです。

HOME L02の目次へ戻る

ビームフォーミング対応で旧モデルのL01sよりWiFiの安定性と通信速度が30%アップ

HOME L02はビームフォーミングに対応して、スマートフォンなどのWiFi機器の場所を見つけて、その場所に向けてより強いWiFi電波を送信することができます。このため、ビームフォーミングに対応していないL01sと比べて、通信速度が平均30%向上します。

W06とWX05などもビームフォーミングに対応していますが、ホームルータータイプのL02のほうがより強いビームフォーミングをすることができるので、1階だけでなく2階部分も電波が届くイメージになっています。

かなり古いスマホだとビームフォーミングに対応していなかったりしますが、iPhone 6以降などはビームフォーミングに対応しています。

※ WiFiの電波が届きづらかった場所で安定性と速度がアップします。電波が良い場所だとビームフォーミングの効果はほとんど発揮されません。

ビームフォーミング対応のWiMAX端末:W06、WX05、WX04、HOME L02、HOME 01

HOME L02の目次へ戻る

受信速度が最大1Gbps!(ブラフ気味)

HOME L02の通信速度は最大1Gbpsです!

と言いたいところですが、最大1Gbpsは東京都、埼玉県の一部エリアで、ハイスピードプラスエリアモード、LANケーブルでパソコンに繋げた場合の最大速度です。普通はこんな速度出ません。

ハイスピードプラスエリアモードは、WiMAX2+の電波が届きづらい場所で一時的に使うためのモードです。このモードは月に7GBまでしか使えないので普段は使いません。

HOME L02は自宅で主に使うルータなので、自宅でハイスピードプラスエリアモードが必要なくらい電波が悪い場合はWiMAX自体使わない方がいいです。

ということで、現実的なHOME L02の最大速度はハイスピードモードの下り最大558Mbps、上り最大30Mbpsです。

HOME L01sとHOME 01の最大速度は下り最大440Mbps、上り最大30Mbpsなので、ホームルーターの中で一番速度が出やすいのがHOME L02になります。

最大速度は理論値なので何百Mbpsなんて出ることはまずあり得ないのですが(普通は10Mbps〜20Mbpsくらい)、最大速度が上がれば、相対的に少し速度が速くなる感じです。

HOME L02の目次へ戻る

ベストポジション機能対応で一番良い電波の場所が見つかる

HOME L02には電波の強弱を表す4段階のLEDが付いていますが、HiLinkというスマホアプリを使うと、電波の強弱が13段階で見ることができます。

HiLinkを使って電波が一番強い場所にHOME L02を設置することができます。

HOME L02は4本の高感度アンテナでどこに置いてもWiMAX2+の電波を掴めるような紹介がされていますが、実際は電波が一番強くなる窓際に置くことになります。

HOME L02の目次へ戻る

7GB制限を回避する通信モード自動切替機能に対応

HOME L02はあらかじめ設定したデータ量になると、「ハイスピードプラスエリアモード」から月間データ容量制限のない「ハイスピードモード」に自動的に切り替えることができます。

ハイスピードプラスエリアモードは月7GB以上使うと、それ以降は翌月まで通信速度が128kbpsという劇遅速度に制限されてしまいます。

通信モード自動切替機能によりハイスピードプラスエリアモードで月7GB使う前に、自動的に通信モードを切り替えることができるので安心して使うことができます。

ただ、自宅で使うホームルータのL02でハイスピードプラスエリアモードを使うことはほぼないので、これが少し便利に使えるのはモバイルルータのW06くらいです。

HOME L02の目次へ戻る

HOME 01との比較

HOME L02の競合機種にあたるのがHOME 01です。(HOME L01sはL02の旧モデルなので、今からL01sを選ぶメリットはもうありません)

HOME 01

Speed Wi-Fi HOME 01の基本スペック
最大通信速度ハイスピードモード 下り最大440Mbps / 上り最大30Mbps
ハイスピードエリアモード 下り最大440Mbps / 上り最大75Mbps
最大同時接続数WiFi 20台(2.4GHz:10台、5GHz:20台) / LANポート 2台(1000BASE-T、100BASE-TX)
サイズ70 × 155 × 100mm / 338グラム
発売日2018年12月7日

スペック上の違いは最大通信速度の下り速度、最大同時接続数、そしてサイズです。

ハイスピードモードの下り最大速度がL02だと558Mbpsなのに対して、01は440Mbpsです。最大同時接続数もL02のほうが2倍の接続数になります。

サイズはL02は円柱で、01は長方形で少しサイズが小さくなります。

どっちがより良いかというと正直どっちも僅差で微妙です。HOME 01はWiMAXハイパワーとワイドレンジアンテナで繋がりやすくなっていると記載されていますが、L02と比べると何かほとんど同じのような気が・・みたいな感じになります。

HOME L02はファーウェイ製、HOME 01はNEC製です。

技術力では、最近はファーウェイのほうがだいぶ上になってしまっているのでは・・と。WiMAX端末もNEC製よりもファーウェイ製のほうが電波の受信が安定する傾向があります。

ただ、NEC製のHOME 01は2018年12月に発売されて、特に悪い評判があるというわけでもないのでホームルータにHOME 01を選んでも特には問題はない感じがします。

実績と速度を重視する場合はHOME L02、NEC製を重視する場合はHOME 01といった感じになります。ちなみに、ここのサイトは実績重視でGMOとくとくBBでHOME L02を選びました。

ホームルーターのHOME L02 vs モバイルルーターのW06とWX05の比較

W06などのモバイルルーターなら家でも外でも使うことができますが、HOME L02などのホームルーターはコンセントに挿して使うタイプのルーターなので基本的には自宅で使います。

とりあえず家でも外でも使えるモバイルルーターのW06を選んだほうがいいかというと、必ずしもそうではありません。

ホームルーターの中には大きなアンテナが入っているので、WiMAX2+の受信感度がモバイルルータよりも良くなり、WiFiの送信出力も上がりモバイルルータよりも広い範囲をカバーしてくれます。

家でも外でも使いたい場合はW06とWX05がオススメですが、外で使う予定がほとんどない場合や自宅の固定回線の代わりに使いたい場合は屋内でも電波が良くなるホームルーターを選ぶことを強くオススメします。

ホームルーターを選んだ場合で、そのうち外でも使いたくなった場合は、ヤフオクやメルカリでW05、W06、WX05のいずれかを購入すれば、外でも使えるようになるので大丈夫です。W05なら3000円程度で手に入ります。

HOME L02の目次へ戻る

HOME L02を実際に使ってみた結果、電波が届きにくかった場所で速度が大幅アップ!

Try WiMAXでHOME L01sを借りて、GMOとくとくBB WiMAXでHOME L02を選びました。

左がHOME L02、右がHOME L01sです。

このすぐ近くで通信速度を計測してみたところ・・・

HOME L02のほうが速度が1.5倍にアップしました! さすがに1Gbpsみたいな速度は出ませんが、かなり速いです。

WiFiの電波が悪くなるところだとHOME L02が断然有利!

HOME L02とHOME L01sのWiFiの電波が悪くなるところ(部屋の隅っこから別の階の部屋の隅っこ)まで離れると、HOME L02のほうが3倍くらい通信速度が速くなっていました。WiFiの電波が悪くなるところまで行くと、結構差が出ます。

HOME L02になってそんなに改善されたのかな?と疑心暗鬼でしたが、実際に速度を比較してみると電波が良い場所でもL02の方が速度が1.5倍、電波が悪い場所では速度が3倍にアップ!

ホームルータのHOME L02はかなり良いです。

HOME L02の目次へ戻る

WiMAXを契約するとUQモバイルが月300円引き!大手キャリアの半額で快適にスマホが使える

WiMAXとUQモバイルの「おしゃべり/ぴったりプラン」を契約していると、月額料金がずーと300円引きになるギガMAX月割が適用されます。(WiMAX=WiMAX2+)

UQモバイルは大手キャリアの利用料金の半額くらいでスマホが使えて、通信速度が大手キャリア並みに速いので、格安SIMの中でも圧倒的な満足度になっています。さらにUQモバイルを契約すると最大1万3000円のキャッシュバックがもらえます。

もともとUQモバイルとWiMAXのコスパは良いですが、ギガMAX月割の300円引きで更に割安に使えます。

家族で使う場合、UQモバイルの2回線目からはギガMAX月割は適用されませんが、2回線目からUQモバイルの「おしゃべり/ぴったりプラン」が家族割で月500円引きになります。

このサイトでもUQモバイルのおしゃべりプランとGMOとくとくBB WiMAX2+(HOME L02)を契約しています。

詳細は下記にまとめているので参考にしてみてください。

ギガMAX月割特集!UQモバイルとWiMAXでスマホも自宅のネットも安く快適に。自宅のネットはコンセントに挿すだけのウルトラギガMAX

HOME L02の目次へ戻る

HOME L02の評判とまとめ

HOME L02はホームルータでも最大通信速度が1Gbpsになり技術力の高さが伺えます。

ただ、実際にはホームルータで最大1Gbpsになるハイスピードプラスエリアモードを使うのは相当稀です。

HOME L02の主だった改善点はハイスピードモードの下り速度が旧モデルのL01sの最大440Mbpsだったのが最大558Mbpsに速度アップしたこと、それとビームフォーミングに対応してWiFiの安定性と通信速度が30%アップしたことです。

これで今まで電波が届きずらかった場所でも、WiFiの電波が届きやすくなりします。

このサイトでは自宅でWiMAX2+の速度計測用にHOME L02を選びました。ホームルータはNEC製のHOME 01でもいいと思うのですが、実績ベースでL02を優先。

実際の評判はHOME L02は発売されたばかりなのに加えて、ホームルータはそこまで大幅な性能アップがあるというわけでもないので、評判自体も集まりづらいです。WiMAX端末は地道に改善されていく、そんな感じです。

HOME L02の申し込みで一番おすすめ → GMOとくとくBB WiMAX2+

HOME L02の目次へ戻る

WiMAX 2+とポケットWiFiの平均月額料金ランキングと総合評価

契約月数:違約金なしで解約できるまでの月数
平均月額料金:(契約期間の合計の月額料金 - キャッシュバック - 特典) / 契約月数

平均月額料金は2019年11月時点のキャンペーンを全て反映した計算しています。

解約月はUQ WiMAXだけ日割りで、それ以外は全て満額請求です。WiMAX2+は全てギガ放題の料金プランです。WiMAX2+を選ぶ人の9割以上はギガ放題を選んでいます。

下記は全てクレジットカードの支払いを基準にしています。口座振替で支払いたい場合は口座振替対応の比較ランキングを参考にしてみてください(口座振替だと割高になります)。

※ 3日間で10GB使えるプランで10GBを超えると、回線の種類がWiMAX2+だと翌日の18時から2時(合計8時間)まで通信速度が1Mbpsに制限、回線の種類がソフトバンクのAXGPだと当日の18時から1時(合計7時間)まで通信速度が1Mbpsに制限されます。

平均月額料金の安さ1位:GMOとくとくBB

GMOとくとくBB月額割引版キャッシュバック版
契約月数初月込みで38ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円
初月(日割り)月2,170円月3,609円
1〜2ヶ月目月2,170円月3,609円
3〜36ヶ月目月3,480円月4,263円
37ヶ月目〜月4,263円
合計料金132,093円163,032円
キャッシュバック0円34,800円
平均月額料金月平均3,476円月平均3,375円

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応△ / 違約金◎ / 取り扱い端末◎ W06、WX05、HOME L02、01

月額割引版のキャッシュバック◎:キャッシュバックがもらえませんが、月額料金が安くなっています。

キャッシュバック版のキャッシュバック△:キャッシュバックは高額ですが、キャッシュバックは11ヶ月後に独自メールアドレスにメールが届き30日以内に手続きを完了させる必要があり、受け取り損ねる人が相当(半数?)います。

総合評価:WiMAXプロバイダの中で一番無難に使えるのがGMOとくとくBBの月額割引版です。月額割引を多くして、キャッシュバックをなくしているので、安心です。キャッシュバック版はリスクが高いので避けたほうがいいです。

GMOとくとくBB WiMAX2+(月額割引)の公式サイト

GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックより月額割引キャンペーンがおすすめの詳細評価

平均月額料金の安さ2位:どんなときもWiFi、ほんとにデータ無制限

どんなときもWiFiの料金
契約月数初月込みで26ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円 (レンタル)
初月(日割り)月3,480円
1〜24ヶ月目月3,480円
25ヶ月目〜月3,980円
合計料金93,980円
キャッシュバック0円
平均月額料金月平均3,615円

回線種類 ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線 / 使えるデータ量◎ 月200GB以上 / 通信速度と対応エリア◎ / 問い合わせ対応◎ / 違約金○ / 取り扱い端末△ D1

キャッシュバックなし◎:代わりにデータを超たくさん使えて、月額料金も比較的安くしています。

総合評価:どんなときもWiFiならほんとに無制限でデータを使えます。月200GBでも300GBでも使えます。ドコモ、au、ソフトバンクの電波が使えるので、普通のスマホが使えるところならどこでも使うことができます。データをどこでも大量に使いたい場合に一番おすすめです。

どんなときもWiFiの公式サイト

どんなときもWiFiの評判とデメリットを実際に契約して、速度は遅いのか制限があるのか徹底検証

平均月額料金の安さ3位:Broad WiMAX

Broad WiMAXの料金
契約月数初月込みで37ヶ月
事務手数料3,550円 (強制オプション550円込み)
端末代0円
初月(日割り)月2,726円
1〜2ヶ月目月2,726円
3〜24ヶ月目月3,411円
25ヶ月目〜月4,011円
合計料金134,902円
キャッシュバック0円
平均月額料金月平均3,646円

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応○ / 違約金○ / 取り扱い端末◎ W06、WX05、HOME L02、01

キャッシュバックなし◎:代わりに月額料金を安くしています。

総合評価:Broad WiMAXは他社のWiMAXプロバイダーから乗り換える際に違約金が発生した場合は、最大1万9000円分の違約金をキャッシュバックしてくれます。プロバイダーを乗り換える場合で、違約金が発生する場合にBroad WiMAXを検討してみてください。

注:Broad WiMAXだけ事務手数料の他に18,857円の初期費用を設けています。月550円の安心サポートプラスと月907円のMyBroadサポートの2つのオプションに加入すると初期費用が無料になります。両方とも端末が届いたらすぐ解約できますが、安心サポートプラスの550円だけ無料期間がないので料金が発生します。

Broad WiMAXの公式サイト

Broad WiMAXの詳細評価と評判、他社WiMAXの違約金を負担してくれる!

WiMAX 2+とポケットWiFiのおすすめ比較ランキング1位〜7位+オススメ圏外

その他のWiMAX 2+関連の情報

最終更新日 2019年3月3日 / 作成日 2019年1月25日 / 作成者 格安SIMの管理人
「HOME L02の性能評価と評判、WiMAXホームルータのHOME L01sとHOME 01の詳細比較」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ