TCL 10 Proの詳細スペックと性能レビュー、実機テストの結果が微妙・・・、シングルSIMで楽天回線非対応

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (8) / 関連:格安スマホ更新順(26)

2020年5月29日に発売されたTCL 10 Proをレビューします。TCL 10 Proは有機ELを搭載したキレイな画面の格安スマホです。

TCL 10 Proの詳細スペックと性能レビュー

TCL 10 Proの価格は4万4800円、性能はCPUは高性能なSDM675、RAM6GB、ROM128GB、電池容量4520mAh、画面はFHD+の高画質で曲面有機ELディスプレイです。

メインカメラはF値1.79の6400万画素、超広角、マクロ、暗所用カメラも搭載しています。

重さは177グラムと最近の200グラム前後の格安スマホと比べると比較的軽めです。画面が綺麗で、サイズもいい感じ、そしてサクサク動きます。

ただ、位置衛星をあまり掴まず、カメラで撮った写真をTCL 10 Proで見ると少しケバケバしくて、ディスプレイ指紋認証は壊れてるんじゃないかと思うくらい反応が悪いです。

DSDVには非対応でシングルSIM、そしてTCL10Proは楽天モバイルULIMITの電波を掴みません。

格安SIMの管理人には、OCNモバイルONEからTCL10 Proを借りて、各種ベンチマークの結果、カメラ、GPS、電池持ちの実機テストをしています。

TCL 10 Proが3万6400円 → OCNモバイルONE

TCL 10 Proの詳細スペック(性能)と価格

TCL10Pro
CPUCPUオクタコア2.0GHzx2+1.7GHzx6 SDM675
RAM6GB
ROM128GB
ベンチマークAntutu V8:約200,000 (GPU34,000)
Geekbench 5:シングルコア 504 / マルチコア 1634
PCMark:7542
3DMark:OpenGL 1026 / Vulkan 1071
ディスプレイ6.47インチ / 曲面有機EL / ゴリラガラス5
解像度2340×1080 Full HD+、画面比率19.5:9
背面カメラメイン6400万画素 (F値1.79 / 6ピースレンズ)
超広角カメラ1600万画素 (F値2.4 / 5ピースレンズ)
マクロカメラ500万画素 (F値2.2 / 3ピースレンズ)
暗所用カメラ200万画素 (F値2.4 / 2.9um / 5ピースレンズ)
前面カメラ2400万画素(F値2.0)
電池容量4520mAh
サイズ158.5 × 72.4 × 9mm
重さ177グラム
連続待受600時間
充電時間120分 (QC3.0の急速充電対応)
本体カラーアンバーグレイ、フォレストミストグリーン
価格4万4800円

Android 10、SIMフリー、外部マイクロSD(最大256GB)、ナノSIM(ドコモ/au/ソフトバンクのVoLTE対応)、ディスプレイ指紋認証、顔認証、USB Type C対応(USB OTG対応)、Bluetooth 5.0、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、GPS(GPS、A-GPS、GLONASS、Galileo、OTDOA対応)、イヤフォンジャック搭載、NFC対応

主な非対応機能:デュアルSIM、DSDV、防水、おサイフケータイ

TCL10 Proの対応周波数(バンド)

FDD-LTE : B1/2/3/8/18/19/26 (au VoLTE対応、楽天回線非対応)
UMTS(WCDMA/3G) : B1/6/8/9/19

TCL 10 Proは、ドコモ回線の格安SIMau回線の格安SIM(マルチSIM)、ソフトバンク回線の格安SIMで使えます。SIMのサイズはマルチSIMまたはナノSIMです。

楽天モバイルUNLIMITでは使えません。いろいろ弄っても電波を1秒掴んで切れます。TCL 10 Proは楽天モバイルでは無理です。

TCL10 Proの性能レビュー

CPU性能の詳細:SDM675で高性能&各種ベンチマーク

TCL 10 ProのCPUはオクタコア2.0GHz+1.7GHz Snapdragon 675 (以下、SDM675)です。高性能なCPUです。

moto g8シリーズより約1.2倍、OPPO Reno Aより約1.1倍高性能です。

ただし、TCL 10 ProよりRedmi Note 9SMi Note 10 Liteのほうが約1.4倍高性能です。特にゲーム性能(GPU)はRedmiとMiが約2倍高性能になります。

TCL 10 Proでも十分高性能でサクサク使えますが、ゲームを良くする場合はRedmi Note 9SとMi Note 10 Liteがオススメです。

TCL 10 Proの各種ベンチマーク

Antutu V8 (推定)
・総合スコア:200,000
・GPUスコア:34,000

Geekbench
・シングルコア:504
・マルチコア:1634

3DMark – Single Shot Extreme
・OpenGL ES3.1:1026
・Vulkan:1071

PCMark
・Work 2.0 Performance score:7542

2020年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:SDM845、SDM855、SDM865
Kirin:Kirin990
iPhone:XR、XS、XS Max、SE 第2世代、11、11 Pro、11Pro Max
高性能
Snapdragon:SDM730、SDM730G、SDM720G、SDM835
Kirin:Kirin970、Kirin980
iPhone:8、X
比較的高性能
Snapdragon:SDM665、SDM660、SD820、SDM675、SDM670、SDM710
Kirin:Kirin950、Kirin955、Kirin960、Kirin810
iPhone:7
普通性能
Snapdragon:SD630、SDM632、SD650、SDM636
Kirin:Kirin710
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE 第1世代
低性能
Snapdragon:SDM450、SD625、SDM439
Kirin:Kirin650、Kirin655、Kirin658、Kirin659
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6
最底辺
Snapdragon:SD400、SD410、SD430、SD435

※ 右に行くほど高性能。このサイトではSDM=SD

スマホをあまり使わない場合は低性能のCPUでも十分に使えます。

スマホを普通程度に使う場合は普通性能のCPUでも普通に使えます。一般的なゲームなら普通性能でも遊べます。

スマホを人よりも少し多く使う場合は比較的高性能以上を選びます。スマホがよりサクサク動くようになります。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

RAM6GBとROM128GB

TCL 10 ProのRAM6GBとROM128GBです。

基本的にはRAM4GBもあれば普通に使う分には十分ですが、いろんなアプリをガンガン使いたい場合は、RAM6GBあったほうが安心かもです。

Redmi Note 9Sのレビューの目次

6.47インチの曲面有機ELディスプレイが綺麗

TCL 10 Proはディスプレイの質を重視しています。

TCL 10 Proは6.47インチの曲面有機ELディスプレイです。

解像度FHD+の高画質、有機ELなので発色も良いです。ゴリラガラス5の画面も割れにくいです。

ディスプレイ指紋認証にも対応しています。認証エラーも少なく、結構素早くロックを解除してくれます。

曲面とは側面が丸みを帯びているディスプレイです。デザイン的にはかっこいいですが、表示画面の両端が丸まっているので、見やすさには欠けます。

ただ、曲面にすることで本体サイズが少しコンパクトになります。

TCL 10 ProはNetflixのHDR10に対応しているので、Netflixを高画質で楽しめます。

4520mAhで電池持ちが比較的良い&急速充電対応&177グラムで比較的軽い

TCL 10 Proは4520mAhの大容量電池を搭載しているので、電池持ちは比較的良いです。

最近の格安スマホは5000mAh前後の超大容量電池を搭載しているのが多くなっているので、それと比べると電池持ちは少し劣ります。

ただし、その代わりにTCL 10 Proの重さは177グラムで比較的軽いです。

電池持ちを重視する場合でも、基本的には4000mAh以上あれば十分です。

TCL 10 Proの電池持ちの実機テスト

PCMarkの電池持ち:12時間13分

格安スマホ等の実機テストによる実際の電池持ち(実測)
PCMarkの電池持ち動画の再生時間
Pixel 3a10時間20分12時間43分
Galaxy A3011時間41分16時間35分
OPPO Reno A9時間59分16時間36分
P30 lite10時間38分13時間38分
AQUOS sense314時間14分22時間20分
ZenFone 617時間47分22時間48分

PCMarkの電池持ちはWebサイトの閲覧、動画の編集、データの書き込みや改変、写真の加工など繰り返したときの電池持ちです。動画の再生時間はYoutubeを再生し続けて電池切れまでの時間です。

下記のページに電池持ちのテストの詳細や、電池の寿命を伸ばす方法、多数の格安スマホの電池持ちのテスト結果を掲載しているので参考にしてみてください。

スマホの電池持ちの詳細調査と電池を長持ちさせる方法

カメラ性能:F値1.79の6400万画素のメインカメラ+超広角+暗所撮影+マクロ対応

TCL 10 Proは4つのカメラが付いています。

メインカメラ6400万画素(F値1.79)
主にメインカメラで写真を撮ります。F値1.79の6400万画素で比較的明るく高画質で写真が撮れます。

超広角カメラ1600万画素(F値2.4)
広い範囲の写真が撮れます。

マクロカメラ500万画素(F値2.2)
超近づいて写真を撮ることができます。

暗所用カメラ200万画素(F値2.4 / 2.9um)
暗所用カメラなら暗いところでもピクセルサイズ2.9umと大きいので、明るくきれいに撮れます。

TCL 10 Proで写真を撮って、ここに追加する予定です。(いろいろありすぎて、まだ写真を撮っていません・・)

TCL 10 Proの実機で写真を撮ってきました。

※ 画像をクリックするとオリジナルの画像が表示されます。

食べ物の写真

良い感じに撮ってます。ただ、TCL 10 Proで見ると、コントラスト向上だかなんだかで、少ししつこい色合いになっていました。(トマトが実物よりも赤い感じ)

通常モード

逆光気味で、少し白っぽいですが合格点

超広角カメラ

超広角でも歪まずに良い感じ

1600万画素の通常モード(6.9MB)

1600万画素の通常モードではAIが機能するのか、少し色が濃くなりました。

6400万画素モード(20.3MB)

データ量が3倍になりますが、このままだと6400万画素は少し白っぽく普通になったくらいで、違いがよくわからない・・。

上記の画像の一部を切り取って、同じ大きさに拡大したのがこちら。

6400万画素のほうがはっきり写ってます!

ここまでしないと違いがわからないので、普段は1600万画素の通常モードで良いんじゃないかと思います。データ消費も少ないですし。

最大10倍のデジタルズーム

6400万画素が効いているっぽく、デジタル10倍ズームでもわりと頑張っています。

ただし、ズームをたくさんしたい場合は、光学5倍ズームに対応しているXiaomi Mi Note 10 Proがオススメです。高いけど。

マクロレンズで超接写で撮ってみました。

マクロレンズは少し暗めで微妙な感じです。

最後に夜の写真を近場で撮るー。

通常モード

夜景モード

TCL 10 Proは暗いところでも結構キレイに撮ってくれました。

カメラ性能はRedmi Note 9sよりも1段上な感じです。(Redmi Note 9sは半額くらいなので、直接比較するのもアレですけど・・)

GPSの精度は微妙、悪くはないけど・・

TCL 10 Proは、GPS、A-GPS、GLONASS、Galileo、OTDOAに対応しています。

※ OTDOAは位置情報の精度を高める何かしらの技術っぽいですが、気にしない方向で・・。

○がGPS
△がGLONASS
□がQZSS(みちびき)
五角形がGALILEO
星型がBEIDOU

うーん。。赤が多い。

みちびきは頭上にきやすいので、都市部などビルが建ち並びGPSの電波が不安定な場所でも、位置情報が安定しやすくなります。(都市部などのビル街ではなければ、みちびき対応の有無はそんなに違いは出ないです)

TCL 10 Proの場合、みちびきは表示されていますが、赤なのでまともに使えていない感じです。

これでも普通にナビはできますが、残念な感じです。。

ディスプレイ指紋認証が壊れてるんじゃないかと思うくらい悪い

TCL 10 Proはディスプレイ指紋認証と顔認証に対応しているんですが・・

TCL 10 Proのディスプレイ指紋認証の様子・・

うーん、これ壊れているんじゃないかと思うくらい認証精度が悪いです。

顔認証は普通にできますが、顔認証するのに電源ボタンを押す必要があります。

画面をダブルタップしてスリープ解除には対応していますが、持ち上げてスリープ解除には対応していません。

DSDV非対応のシングルスロット、楽天モバイルUNLIMIT非対応

TCL 10 Proは画面が綺麗で、スマホの大きさも比較的まとまっていて、高品質さを感じる作りになっています。動作もサクサク動きます。

ただし、残念な点はDSDV非対応のシングルスロットで、楽天モバイルUNLIMITにも対応していないことです。

TCL 10 Proの海外版はデュアルSIMなのですが、日本ではシングルSIMになってしまいました・・。

そして楽天モバイルUNLIMITにも対応していません。データ通信もできないです。いろいろいじりましたが、LTE Onlyも効きませんでした。TCL 10 Proを楽天モバイルで使うのは無理です。

その他の細かいこと

顔認証は比較的素早くロックを解除してくれますが、スマホを持ち上げても自動的に顔認証が始まりません。電源ボタンを押して、顔認証が起動します。

OPPOやXiaomiならOSを1回くらいメジャーアップデートしてくれると思いますが、TCLもOSをアップデートするのか現在のところわかりません。

TCL 10 Proの総合評価

TCL 10 Proを触っていろいろいじりましたが、サクサク動くし、画面は綺麗だし、比較的軽めだし、サイズ感も良いです。

カメラも結構良い感じに撮ってくれますが、TCLで見ると画面をキレイに見させるためか、実物より濃い色合いで表示している感じです。

GPSの補足が微妙で、ディスプレイ指紋認証が壊れてるんじゃないかと思うくらい悪いです。

他にはDSDV非対応で楽天モバイルの電波を掴まないのも残念な点です。SIMは1枚しか使わないし、楽天モバイルなんか知ったこっちゃない場合は関係ないですが・・。

TCL 10 Proは見た目は良いですが、何か微妙な品質な格安スマホです。

TCL 10 Proが買えるMVNOとキャンペーン情報

TCL 10 Proの定価:4万4800円

MVNOではOCNモバイルONEで販売しています。

※ 価格は別段の記載がない場合は税抜表示です。

おすすめ:OCNモバイルONE、3万6400円、他社からの乗り換えなら更に5000円引き&オプション割で更に1000円引き

OCNモバイルONEではTCL 10 Proを3万6400円で販売します。

OCNモバイルONEの通話SIMとセットに申し込む必要がありますが、定価よりも超安く買えます。

他社からの乗り換えなら更に5000円引き、オプション割で更に1000円引きになります。

OCNモバイルONEのキャンペーンを徹底解説、iPhoneと格安スマホが割引価格で買える、2020年7月15日までセール中

OCNモバイルONEは、通話SIMとセットだと格安スマホを割引価格で買えるキャンペーンを行っています。

今なら2020年7月15日までOPPO Reno Aが1万800円、OPPO Reno3 Aが実質2万1600円、OPPO A5 2020が1円、moto g8 plusが実質1万2800円、AQUOS sense3が8100円等で買えるセールを行っています。

iPhone8の256GBが2万4100円など、中古美品のiPhoneもかなり安く買えます。

他社からの乗り換えなら、moto g8 plusは更に5000円引きです。
キャンペーンの詳細を見る

TCL 10 Proの詳細と申込み → OCNモバイルONEの公式サイト

OCNモバイルONEを徹底解説

TCL 10 Pro本体のみを購入したい場合

TCL 10 Proの価格:税込4万9280円 (多少前後します)

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • Redmi Note 9S
    • コスパ最高の格安スマホです。2万2545円、6.67インチ、CPU SDM720G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ4800万画素(F値1.19)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素+深度200万画素、重さ209g、電池容量5020mAh
  • OPPO Reno3 A
    • コスパの良い比較的高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラ性能も良いです。3万6181円、6.44インチ、CPU SDM665、RAM6GB、ROM128GB、カメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+ポートレート200万画素+200万画素、重さ175g、電池容量4025mAh
  • iPhone SE 第2世代
    • 4万4800円で買える超高性能なiPhoneです。コンパクトで防水・おサイフケータイに対応。4.7インチ、CPU A13 Bionic、RAM3GB、ROM64GB(128GB版は4万9800円)、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ148g
  • AQUOS sense3
    • 防水とおサイフケータイ対応で電池持ちが超良いです。5.5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ167g、電池容量4000mAh
最終更新日 2020年6月21日 / 作成日 2020年6月15日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較
5 1
この記事は参考になった/良かった
購読する
通知する
guest
8 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
二郎
二郎
2020年6月16日 9:22 午前
この記事は参考になった/良かった :
     

レビューお疲れ様です。

楽天回線未対応端末でかつ、楽天UN-LIMITが非公式で使用出来ないとなるとDSDV対応で無くとも普通のMVNO格安SIM運用で問題無さげですね。(楽天UN-LIMIT自体も現状不安定で、格安SIM的には飛び道具的存在でもありますし。)

2台持ちにはなりますが、Rakuten Miniと組み合わせてwifiテザリング運用も良いのかもしれませんね。(今なら1円(明日まで)、サイズも超コンパクトで。。

私は最近スマホを買いすぎて、この端末まで手が回りませんが。。笑

jirochan
jirochan
  格安SIMの管理人
2020年6月22日 9:16 午前

二郎改めjirochanです。(なぜかニックネームでエラーが。。)

実機テストレビュー記事アップありがとうございます。
細かな点で色々残念仕様ですね。これであれば、このクラスのスマホでは、現状コスパ・
性能面でRedmi Note 9Sが最強説な感じがします。

ちなみに当端末Amazonプライムビデオは、HD再生可能だったでしょうか?(←しつこい)。お手すきの時でよいので確認頂けたらと。。

jirochan
jirochan
  格安SIMの管理人
2020年6月26日 1:54 午前

端末がプライムビデオのHD画質再生に対応しているかの確認方法ですが、
①まず作品を最高画質でダウンロードします。
(作品は新し目の作品なら何でもいいのですが、例として、プリンセスコネクト!Re:Diveの第一話をダウンロードしてみて下さい。HD画質対応端末であれば、ダウンロードサイズは252MBです。)
②ダウンロード後、作品を再生します。画面の左下に、現在の再生時間/残りの再生時間が 00:05/23:17の様に表示されていると思います。
③HD画質再生に対している端末であれば、時間の右に00:05/23:17 HD 1080Pと表示されます。
④時間の横にHD 1080Pの表示が無い場合は、残念ながらHD画質再生未対応端末で画質はSD再生になっています。

お忙しい中誠に恐縮ではありますが、上記にてご確認頂けないでしょうか。

jirochan
jirochan
  格安SIMの管理人
2020年6月26日 1:26 午後

追記です。

手持ちのスマホ、タブレットで色々確認してみたところ、端末がHD画質再生に対応しているか、否かは管理人さんに確認して頂いた箇所をみれば、作品を再生せずに判明出来るかもしれません。

■HD画質再生対応端末
→FireHD10(第7世代)、AQUOS R2 compact(SH-M09)
※共にFHD(1080P)まで再生可能端末

Amazonプライムのストリーミング/ダウンロードの品質
・最高画質 1.82GB/時
・高画質 0.77GB/時
・標準画質 0.27GB/時
・データセーバー 0.14GB/時

■HD画質再生未対応端末
→XperiaXZ(SO-01J)、AQUOS sense3(SH-M12)、Redmi Note 9S、Mi Note 10 Lite

Amazonプライムのストリーミング/ダウンロードの品質
・最高画質 0.46GB/時
・高画質 0.33GB/時
・標準画質 0.27GB/時
・データセーバー 0.14GB/時

上記により、管理人さんにご確認頂いたTCL10proも、残念ながらSD再生止まりの可能性が高いです。
念の為、上記コメントの方法(作品再生による確認)でもご確認頂ければ幸いです。

jirochan
jirochan
  格安SIMの管理人
2020年6月28日 9:09 午前

TCL 10 Pro以外にもMate 20 Proまでご確認頂きありがとうございます!HD画質再生対応、流石ハイスペックスマホと言った所でしょうか。

TCL 10 Proについてはこれで完全に未練が無くなりました。Netflixの高画質再生を売りにしている割にプライムビデオは低画質と言う片手落ち感。時代はやはりRedmi Note 9Sデスね(笑)
あと某ITメディアサイト、ガセ情報を流すなと。危うく当機種を買うところでした。

尚、9S YouTubeでの実機レビュー動画や、まとめwiki情報によると既にXiaomiコミュニティ内でプライムビデオがFullHD化されない問題が報告され、Xiaomiが解決に向けて動いている様です。かなり光が見えて来た感じです! まぁ、あまり期待し過ぎるとショックが大きいので、改善されたら良いな位に思っておきます。
(10Liteだけ放置は無しの方向で。。

「TCL 10 Proの詳細スペックと性能レビュー、実機テストの結果が微妙・・・、シングルSIMで楽天回線非対応」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
サイト内検索
コメント