格安SIMでワンセグやフルセグは見れる?→見れます!

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

結論、格安SIMでもワンセグやフルセグは見れます!

ワンセグやフルセグに対応しているスマートフォンなら、大手キャリアのSIMカードだろうが、格安SIMカードだろうが関係なくテレビを見ることができます。重要なのはスマホがワンセグやフルセグに対応しているかどうかです。SIMカードは無関係です。

ここでは、まず最初にスマホのワンセグとフルセグの機能について簡単に説明して、ワンセグやフルセグに対応しているスマホをすでに使っている人が引き続き格安SIMで使えるかどうか説明します。

最後にスマホを持っていない人用にワンセグやフルセグに対応したオススメのスマートフォンを紹介します。

ワンセグとフルセグって何?

簡単に説明すると、スマホがワンセグやフルセグに対応しているとスマホでテレビを見ることができます。

ワンセグ:画質が荒い、比較的どこでも見れる
フルセグ:画質がキレイ、電波が良いところでしか見れない、移動中は途切れる

ワンセグはスマホを縦にした状態で見るなら、そんなに画質の荒さは目立ちませんが、横にして全画面で見るとかなり荒い画質になります。

フルセグなら横にして全画面にしてもキレイな画質のままですが、電波が良いところでしか見れません。室内で見るのは厳しい場合が多いです。移動中も途切れることがあります。

テレビを見るにはアンテナが必須

ワンセグやフルセグを見るには、アンテナが必要です。アンテナのタイプは、内蔵タイプと外付けタイプがあります。

内蔵タイプは、スマホ本体にアンテナが内蔵されていて、ワンセグやフルセグを見るときは、そのアンテナをニョキニョキ伸ばします。邪魔にならず手軽です。

外付けタイプは、イヤフォンジャックにアンテナケーブル(短いケーブルみたいなやつ)を挿して、ワンセグやフルセグを見ます。アンテナケーブルにイヤフォンを取り付けることもできます。ワンセグやフルセグを見るのに、アンテナケーブルをいちいちイヤフォンジャックに挿さないといけないので、若干うざいです。

外付けタイプの別パターンとして、自宅のテレビアンテナ(アンテナ端子)に繋げることもできます。専用のアンテナケーブルを自宅のテレビ用のアンテナ端子(壁に付いているやつ)に刺して、自宅のアンテナをアンテナ代わりにして、ワンセグやフルセグを見ることができます。フルセグを安定的に見たい場合は、この方法を取ります。

ちなみに、内蔵タイプにアンテナケーブルをぶっ刺しても意味はありません。

録画の仕方

ワンセグとフルセグのテレビ映像を録画できるスマホもあります。ROMにしか保存できないスマホや、マイクロSDカードにも保存できるスマホもあります。オススメのスマートフォンで個別にどちらに対応しているか記載していきます。

今使っているワンセグやフルセグに対応しているスマホを使い続けられる?

ワンセグやフルセグに対応しているスマホなら、SIMカードを入れずに使うことができますが、格安SIMでそのスマホが使えるかどうかは別になります。

大体のスマホは格安SIMで使えるようになっていますが、中にはSIMロックがされていて格安SIMでは使えないスマホもあります。

SIMフリーのスマホならSIMロックがされていないので関係ないですが、ドコモやau、ソフトバンクで購入したスマホの場合、格安SIMで使えるかどうか下記のページで確認してください。

ワンセグやフルセグに対応しているオススメのスマホ

ここではワンセグやフルセグに対応している白ロムやSIMフリーのスマホをオススメ順に紹介していきます。

白ロムが何なのかよく分からない場合は、格安SIMに最適な白ロムの購入ガイドを参考にしてみてください。

おすすめ No.1:arrows Be F-04K、ワンセグ対応、内臓、録画不可、ドコモの白ロム

arrows Be F-04K

arrows Be F-04Kのヤフオク価格:税込2万円

性能 5インチ(HD)、CPUオクタコア1.8GHz SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1220万画素(F値1.9)、重さ143グラム、電池容量2580mAh、電池持ち時間130時間、USB Type C搭載、耐衝撃構造、ワンセグ(内蔵アンテナ)、指紋認証対応、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac対応

ワンセグに対応していて、アンテナは内臓です。録画はできません。

CPUは新型の省エネで比較的高性能なSnarpdragon 450(以下、SDM450)です。一般的な使い方なら問題なく使うことができます。RAMは3GB、ROMも32GBあるので、普通の使い方なら十分な性能を発揮してくれます。

電池持ちはかなり良く、スマホを落としても割れにくい構造になっています。F値1.9の比較的明るいレンズを使うことで、カメラも比較的綺麗に撮ることができます。

ドコモの白ロムなので、基本的にはヤフオクで落札することになります。

ドコモ系の格安SIM(ナノSIM)で使うことができます。

arrows Be F-04Kの性能と評判+詳細レビューと機種変/新規/MNP&キャンペーン情報

おすすめ No.2:LG style、ワンセグ対応、外付け、録画可、ドコモの白ロム

Huawei nova lite 2

LG style L-03Kのヤフオク価格:税込2万5000円

性能 5.5インチ(フルHD)、CPUオクタコア1.8GHz SDM450、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1620万画素、重さ146グラム、電池容量2890mAh、電池持ち時間95時間、ワンセグ、指紋/顔認証

ワンセグに対応しています。アンテナは外付けです。ROMに録画可能です(マイクロSDカード側には録画できません)。

LG styleの最大の特徴は、スマホの大きさが5インチのarrows Beとほぼ同じなのにLG Styleは5.5インチのディスプレイを搭載している点です。

スマホは基本的に大きな画面の方が良いですが、大きな画面ほど本体も大きくなるというデメリットがあります。LG styleなら画面の周りの余白を少なくすることで、コンパクトなサイズで5.5インチの比較的大きな画面を搭載させています。

CPUはarrow Beと同じ省エネ性能に優れた比較的高性能なSDM450を搭載しています。RAMは4GB、ROMは64GBなので、ヘビーな使い方でも比較的快適に使うことができます。スマホを普通以上に使う場合、より快適に使えるLG styleがおすすめです。

ドコモの白ロムなので、基本的にはヤフオクで落札することになります。

ドコモ系の格安SIM(ナノSIM)で使うことができます。

LG style L-03Kの性能と評判+購入後の詳細レビューと機種変/新規/MNP&キャンペーン情報

おすすめ No.3:Galaxy Feel SC-04J、ワンセグ対応、外付け、録画可、ドコモの白ロム

Galaxy Feel SC-04Jのヤフオク価格:税込1万5000円

性能:4.7インチ、CPUオクタコア1.6GHz、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ149g、防水・ワンセグ・おサイフケータイ対応、電池容量3000mAh、ナノSIM、Android 7.0、指紋認証対応

電池持ちを重視した場合でワンセグ対応のスマホを探している場合は、筆頭候補がGalaxy Feel SC-04Jです。フルセグには対応していません。アンテナは外付けです。ROMとマイクロSDカードに録画可能です。

4.7インチのコンパクトなサイズに、そこそこ高性能なCPU、RAM3GB、ROM32GBです。かなりバランスの良いスマホになっています。ドコモの白ロムなので、基本的にはヤフオクで落札することになります。

ドコモ系の格安SIM(ナノSIM)で使うことができます。

おすすめ No.4:arrows NX F-01J、ワンセグとフルセグ対応、内臓、録画可、ドコモの白ロム

arrows NX F-01J

arrows NX F-01Jのヤフオク価格:税込2万6000円程度

性能:5.5インチ、CPUオクタコア2.0GHz、RAM3GB、ROM32GB、カメラ2300万画素、重さ169グラム、電池容量2850mAh、防水・ワンセグ・フルセグ・おサイフケータイ対応、ナノSIM、Android 6(Android 7.1対応)

最高のワンセグ・フルセグ対応スマホを探している場合は、arrows NX F-01Jが候補になります。フルセグにも対応していてアンテナは内臓です。録画はワンセグはROMにだけ保存できて、フルセグはROMとマイクロSDカードに保存できます。

CPUも高性能で、RAM3GB、ROM32GBです。電池持ちも良く、性能的にかなりオススメのスマホになります。

ただし、ドコモの白ロムなので、基本的にはヤフオクで落札することになるのに加えて、発売から間もないのでまだ結構高いです。3万円後半くらいで買えるようになれば、オススメ上位になります。

ドコモ系の格安SIM(ナノSIM)で使うことができます。

おすすめ No.5:arrows M04 SIMフリー / arrows M04 PREMIUM UQ専売、ワンセグ対応、内臓、録画不可、SIMフリー<

arrows M04

arrows M04の実売価格:税込3万2000円程度
arrows M04 PREMIUMのUQ mobile価格:税抜2万8900円

共通の性能:5インチ、CPUクワッドコア1.2GHz、カメラ1310万画素、重さ148グラム、電池容量2580mAh、防水・ワンセグ・おサイフケータイ対応、ナノSIM、Android 7.1、指紋認証非搭載

arrows M04の性能:RAM2GB、ROM16GB
arrows M04 PREMIUMの性能:RAM3GB、ROM32GB

ワンセグに対応していて、アンテナは内臓です。録画はできません。

arrows M04(+PREMIUM)は低性能なCPUを搭載しているので選ばないほうがいいです。arrows M04 PREMIUMはRAM3GB、ROM32GBを搭載していますが、肝心のCPUが非力すぎるので、あまり意味のないスペックアップです。

CPUは低性能でもいいから、SIMフリーの機種でワンセグが必須の場合に、arrows M04(+PREMIUM)を検討してみてください。

arrows M04(+PREMIUM)はドコモ系の格安SIM(ナノSIM)とau系の格安SIM(VoLTE用SIM/マルチSIM)で使うことができます。

arrows M04(+PREMIUM)の性能評価と評判+実機レビューとキャンペーン情報

その他のワンセグやフルセグに対応しているスマホ

昔紹介していたワンセグやフルセグに対応しているスマホが下記になります。今から買うには性能面でデメリットが大きかったり、もう入手できなくなっているスマホなので参考程度に残しておきます。

AQUOS mini SH-M03:ワンセグ対応、内臓、録画ROMのみ可、SIMフリー
GALAXY S4:ワンセグ対応、内臓、録画可、ドコモの白ロム
GALAXY S5:ワンセグ対応、外付け、ROMとマイクロSDカードに録画可能、ドコモの白ロム

ワンセグやフルセグに対応しているタブレットについて

スマホの他にも、ワンセグやフルセグに対応しているタブレット(白ロム)があります。詳細は下記に記載しているので、そちらを参考にしてみてください。

格安タブレットと格安SIMという選択肢:ワンセグ、フルセグ、防水対応のオススメの白ロムタブレット

白ロムを購入する場合の購入場所と注意点

白ロムを購入する場合、Amazonで購入すると価格が高くなる場合がほとんどです。ヤフオクなどを使ったほうが安く手に入ったりします。そのほかにも購入する上で、ネットワーク利用制限、保証期間、電池の消耗具合などの注意点があります。

下記のページにて白ロムの購入場所や注意点についてまとめているので参考にしてみてください。

格安SIMに最適なスマホ、白ロムの購入ガイド

その他の格安SIM関連のお役立ち情報

最終更新日 2018年7月23日 / 作成日 2015年7月6日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

PR
ワイモバイルのPR
ワイモバイルのキャンペーンの詳細記事
格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る