VAIO Phone Aの詳細スペックと使える格安SIMのまとめ(2017年発売)

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / 関連:格安スマホ更新順(100)

VAIO Phone Aは2017年4月7日に発売された格安スマホです。ドコモ回線の格安SIMとソフトバンク回線の格安SIMで使えます。

発売当時もそこそこ高性能な格安スマホだったので、今でもそれなりに普通に使えます。

VAIO Phone A

ーーー 以下2017年時点の情報 ーーー

VAIO Phone Aは比較的安い5.5インチのDSDSに対応したSIMフリーのスマートフォンです。

結論から先に書くと、VAIO Phone Aを買うよりもZenFone 3 Max ZC553KLを買ったほうが幸せになれます。

VAIO Phone Aのほうが少し安いですが、性能が悪くなっています。そこまで性能は悪くはないのですが、なんのために存在しているのか良くわからない格安スマホです。

VAIO Phone Aの詳細スペック(性能)

VAIO Phone A
CPUオクタコア1.5GHzx4+1.2GHzx4 Snapdragon 617
RAM3GB
ROM16GB
ディスプレイ5.5インチ
解像度1920×1080
カメラ1300万画素/前面500万画素
電池容量2800mAh
サイズ77.0 x 156.1 x 8.3mm
重さ167グラム
連続待受500時間
充電時間4時間
本体カラーシルバー
価格2万4800円

Android 6.0.1、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大64GB)、デュアルSIM(ナノSIMx1、マイクロSIMx1、DSDS対応、マイクロSDカードを使う場合、ナノSIMの1つが使えなくなリます)、指紋認証非対応、ジャイロスコープ搭載、USB Type C 非対応、Bluetooth v4.2、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac

VAIO Phone Aが使える格安SIMのまとめ

VAIO Phone Aの対応バンド

FDD-LTE : B1/3/8/19/21
UMTS(WCDMA/3G) : B1/5/6/8/11/19

VAIO Phone Aはドコモ回線の格安SIMソフトバンク回線の格安SIMで使えます。

SIMのサイズはナノSIM、またはマルチSIMです。(マイクロSIMも使えます)

格安SIMを持っていない場合は、下記のキャンペーンを参考に格安SIMを選ぶことをオススメします。通信速度を重視する場合は、格安SIMの速度ランキングの記録を参考にしてみてください。

格安SIMのキャンペーンのおすすめランキング

おすすめの格安SIM:BIGLOBEモバイル(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:月3GB以上のプランなら、月480円のオプション料金でYouTubeやAbemaTVをデータ消費なしに見れます。

BIGLOBEモバイルのキャンペーンを徹底解説、6ヶ月間900円引き+SIMのみは初期費用無料で最大1500円相当/格安スマホは2万円相当プレゼント

BIGLOBEモバイルでは月額料金は初月無料です。

通話SIMのみだと、翌月から6ヶ月間900円引き、初期費用3394円が無料、クーポンコードの入力で1500円相当のポイントがもらえます。

格安スマホと通話SIMのセットだと、最大2万円相当のポイント、3GB以上のプランなら翌月から6ヶ月間900円引きが適用されます。

初期費用&税込でRedmi Note 9Sが実質6549円、OPPO Reno3 Aが実質2万1333円など、かなりお得に手に入ります。2020年11月3日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの公式サイト

BIGLOBEモバイルを徹底解説、料金プランと総合評価&YouTube見放題

おすすめの格安SIM:LINEモバイル(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

LINEモバイルの特徴:ソフトバンク回線の速度なら速度が速く、オプション料金でTwitter、Facebook、インスタグラムをギガ消費なしで使えます。

LINEモバイルのキャンペーンの詳細、月額料金3ヶ月500円キャンペーン+格安スマホぽっきりSALEのおすすめ機種

LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと翌月から3ヶ月間は980円引きで使えるキャンペーンを行なっています。(3GBプランなら月500円)

さらに格安スマホのnova lite 3が1万2000円、OPPO Reno3 Aが2万4000円、OPPO A5 2020が1万6800円で買えるセールを行っています。2020年11月4日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの公式サイト

LINEモバイルを徹底レビュー、料金プランと総合評価&SNS使い放題

2017年発売のVAIO Phone Aの性能レビュー

比較的性能の良いCPUを搭載

VAIO Phone AのCPUはオクタコア 1.5GHzx4 + 1.2GHzx4 Snapdragon 617です。格安スマホの中では比較的性能の良いCPUを搭載しています。

簡単に評価すると、スマホの一般ユーザで問題なく使えるCPUの性能です。ZenFone 3 Max ZC553KLのCPUよりも5%くらい性能が良いCPUを積んでいます。

一般的なゲーム、パズドラ、モンスト、ツムツム、ポケモンGOなどは、普通に遊ぶことができます。多少高度なゲームだと少し厳しく、とっても高度だと無理、そんな感じです。

2020年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:SDM845、SDM855、SDM865
Kirin:Kirin990
iPhone:XR、XS、XS Max、SE 第2世代、11、11 Pro、11Pro Max
高性能
Snapdragon:SDM730、SDM730G、SDM720G、SDM835
Kirin:Kirin970、Kirin980
iPhone:8、X
比較的高性能
Snapdragon:SDM665、SDM660、SD820、SDM675、SDM670、SDM710
Kirin:Kirin950、Kirin955、Kirin960、Kirin810
iPhone:7
普通性能
Snapdragon:SD630、SDM632、SD650、SDM636
Kirin:Kirin710
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE 第1世代
低性能
Snapdragon:SDM450、SD625、SDM439
Kirin:Kirin650、Kirin655、Kirin658、Kirin659
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6
最底辺
Snapdragon:SD400、SD410、SD430、SD435

※ 右に行くほど高性能

スマホをあまり使わない場合は低性能のCPUでも十分に使えます。

スマホを普通程度に使う場合は普通性能のCPUでも普通に使えます。一般的なゲームなら普通性能でも遊べます。

スマホを人よりも少し多く使う場合は比較的高性能以上を選びます。スマホがよりサクサク動くようになります。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

3GBのRAMと16GBのROM

VAIO Phone AのRAMは3GB、ROMは16GBです。

2016年までは一般ユーザ用のスマホのRAMは2GBでしたが、2016年後半以降はRAM3GBが一般的になっています。VAIO Phone AのRAMの容量は適切です。

VAIO Phone AのROMは16GBと少し少ないです。アプリを少したくさん入れたり、音楽をそこそこ保存したり、写真をわりと撮ったりすると、保存できる空き容量に不安が出てきます。

そういう場合は、2000円くらいのマイクロSDカード(32GB)を買えば音楽や写真などを保存する容量を増やすことができます。ただ、もしDSDSでSIMカード2枚で運用している場合は、マイクロSDカードを入れる場所がないので注意してください。

電池持ちはあまり良くない

VAIO Phone Aの電池持ちの評判は良くありません。

5.5インチスマホの標準的な電池容量は3000mAhですが、VAIO Phone Aは2800mAhでケチっています。

そしてCPUのSnapdragon 617は省エネに優れているわけではありません。

最近の格安スマホは電池持ちを重視していて、電池落ちがかなり良いものが増えていますが、VAIO Phone Aの電池持ちはあまり期待しない方が良いです。

格安スマホの実際の電池持ちは、スマホの電池持ちの詳細調査にも掲載しているので参考にしてください。

カメラのカタログスペックは普通だけど、期待薄

VAIO Phone Aのカメラ性能は背面1300万画素/前面500万画素です。

カタログスペック的には普通の性能ですが、メーカーの製品ページにはカタログスペック以外のカメラ性能には触れていないので、実性能は期待薄です。

悪くはないけど、良くもない、そんな性能になっていると思われます。

GPSの精度

基本的に最近の格安スマホはGPSの精度が良いです。実売価格が2万円を切っているスマホだと、GPSの精度が良くないスマホが混じっている場合があるので、安いスマホを買う場合にだけGPSの精度に注意が必要になります。

VAIO Phone Aの定価は2万4800円なので、GPSの精度は特に問題ないと思います。

もしGPSの精度がクソだとネットにもそういう評判がちらほら流れてくるので、GPSの精度が悪い評判は流れていないので、とりあえず普通程度の精度になっていると思われます。

格安スマホと白ロムの位置情報(GPS)の精度の詳細とテスト結果

指紋認証を搭載していない・・・

2016年以降のスマホのほとんどに指紋認証が搭載されていますが、VAIO Phone Aは指紋認証を搭載していません・・・。

アホです。

DSDSに対応

VAIO Phone AはDSDSに対応しています。

DSDSに対応すると、格安SIM(音声通話SIM)を2枚入れて電話番号を2つ使い分けることができます。もしくはドコモとソフトバンクのガラケーSIMと格安SIM(データSIM)を使うことができます。

DSDSにする場合、データSIMには通信速度最強のUQ mobileを使うのがオススメなのですが、VAIO Phone Aはau回線の格安SIMを使うと電波の受信がかなり悪くなります。

胡散臭いメーカーの製品ページ、安曇野FINISHって何?

VAIOと言えば、日本製で高性能で高価格、耐久性がありそうなイメージがしますが、VAIO Phone Aは妥協の産物です。

まず、安曇野FINISHですが、VAIO Phone Aは海外(おそらく中国)で作られて、それを日本に運んで安曇野ということころで初期不良がないか検査して出荷しています。

VAIO Phone Aは日本製だから安心とかいう良くわからない評価をしているサイトがありますが、とりあえず初期不良はかなり少ないと思います。

もともと初期不良なんて数パーセントくらいだと思うので、それが限りなくゼロに近づいた感じです。コストの割にはメリットが少ない気がします。。

VAIO Phone Aの性能は悪くはないけど、自慢できるところってあったけ?みたいな性能をしています。そこで、メーカーの製品ページを見てみましょう。

VAIO Phone Aの公式の製品ページ

『VAIOのスマートフォンならではの「快」がさらに進化。ワンランク上のSIMフリーへ。』
『大定番Android搭載でビジネスもプライベートも全方位対応。』
『妥協なき作り込み、それが”VAIO”の証。』

誰だよ、このキャッチコピー書いたやつは。快って言えるほどの性能じゃないし、ワンランク上なんていう性能でもないです。

全方位対応みたいな万能型でもないです。どこに作り込んだ要素があるんだ?みたいな性能です。

VAIO Phone Aの競合、ZenFone 3 Max ZC553KL

VAIO Phone Aを検討しているなら、ZenFone 3 Max ZC553KLを選んだ方が良いです。

ZenFone 3 Max ZC553KLの定価はVAIO Phone Aよりも3000円高い2万7800円ですが、電池容量が2800mAhから4100mAhへ増量、ROMは16GBから32GBへ、auのVoLTEにも対応していてau回線の格安SIMも普通に使えます。指紋認証にも対応しています。

カメラ性能は背面1300万画素/前面500万画素から、背面1600万画素/前面800万画素へアップします。(カメラ性能はそこまで改善はされないと思いますが・・)

ZenFone 3 Max ZC553KLはAndroid 6ですが、かなり高い可能性でAndroid 7へアップデートしてくれると思います。VAIO Phone AもAndroid 6ですが、Android 7へアップデートされる可能性はかなり低いです。

ZenFone 3 Max ZC553KLの実用性はとても高いです。VAIO Phone Aは・・・、VAIOのロゴでも眺めてくださいみたいな。。

2017年発売のVAIO Phone Aの評判

VAIO Phone Aの評判はあまりよくありません。

適当に日本製だとか言って、安心だかなんだかとブッこいているサイトもありますが、微妙だな・・という評価のほうが多いです。

VAIOと言えばVAIO PCのイメージで、価格は高いけど、高性能で高品質、頑丈というブランドイメージが出て来ますが、VAIO Phone Aはそれとはだいぶ離れた性能です。

VAIO Phone Aは価格は少し安いけど、性能は普通、品質はとりあえず初期不良はかなり少なそう、頑丈さは不明。。

VAIOっぽいところはほとんどなく、日本の会社だけど日本っぽい仕様(防水・ワンセグ・おサイフケータイ)もありません。

いつか、VAIOらしいVAIOのスマホを見たいものです。。

その他の格安SIM用のおすすめのスマホ

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • Redmi Note 9S
    • コスパ最高の格安スマホです。2万2545円、6.67インチ、CPU SDM720G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ4800万画素(F値1.19)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素+深度200万画素、重さ209g、電池容量5020mAh
  • OPPO Reno3 A
    • コスパの良い比較的高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラ性能も良いです。3万6181円、6.44インチ、CPU SDM665、RAM6GB、ROM128GB、カメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+ポートレート200万画素+200万画素、重さ175g、電池容量4025mAh
  • iPhone SE 第2世代
    • 4万4800円で買える超高性能なiPhoneです。コンパクトで防水・おサイフケータイに対応。4.7インチ、CPU A13 Bionic、RAM3GB、ROM64GB(128GB版は4万9800円)、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ148g
  • AQUOS sense3
    • 防水とおサイフケータイ対応で電池持ちが超良いです。5.5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ167g、電池容量4000mAh
最終更新日 2020年8月16日 / 作成日 2017年5月22日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

※ コメントは手動承認が必要になる場合があります。コメントしても反映されない場合、1日程度で反映されます。

購読する
通知する
guest
0 の口コミとコメント
「VAIO Phone Aの詳細スペックと使える格安SIMのまとめ(2017年発売)」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
コメント