ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

WX06とHOME 02の詳細レビュー、モバイルルータ初の2.4GHz/5GHz両対応、ホームルータはコンパクト化でエリアは25%アップ

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

最新のWiMAXルータが2020年1月30日に発売しました。

最新のモバイルルータの違い(持ち運べるタイプ)
・Speed Wi-Fi NEXT WX06:モバイルWiMAXルータ初の2.4GHz/5GHz両対応、クレードルで電波が弱いところでも速度が56%アップ

最新のホームルータの違い(自宅のWiFi用)
・WiMAX HOME 02:旧モデルよりも本体サイズが40%ダウンして、電波のエリアが25%アップ

ここではWiMAXの最新端末のスペックの詳細レビューと旧モデルとの違いを説明します。

WX06とHOME 02の詳細レビュー

WiMAXで一番おすすめのプロバイダー

GMOとくとくBB WiMAX2+はキャッシュバックより月額割引キャンペーンがおすすめの理由と詳細評価

GMOとくとくBB WiMAX2+の月額割引版の公式サイト

最新のモバイルWiMAXルータ:Speed Wi-Fi NEXT WX06の評価

自宅でも外でもWiMAXを使いたい場合、ポケットサイズで持ち運べるWX06がおすすめです。

Speed Wi-Fi NEXT WX06のスペック

Speed Wi-Fi NEXT WX06
最大通信速度ハイスピードモード 下り最大440Mbps / 上り最大30Mbps
プラスエリアモード 下り最大440Mbps / 上り最大75Mbps
WiFi規格IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)、11n/11g/11b(2.4GHz帯)
最大同時接続数WiFi 16台
サイズ111 x 62 x 13.3mm / 127グラム
電池容量3200mAh
連続通信時間ハイスピードモード:速度優先500分 / バランス約690分 / 電池優先840分
プラスエリアモード:速度優先490分 / バランス約630分 / 電池優先800分
連続待受時間700時間(静止時)
本体カラーグリーン、ホワイト
価格GMOとくとくBB WiMAX2+なら無料
発売日2020年1月30日

WX06 vs 旧モデルのWX05とW06の違い、どれがおすすめ?

① WX06なら5GHz帯と2.4GHzのWiFiが同時に使える

最大の違いはWX06なら5GHz帯と2.4GHz帯のWiFiを同時に使えることです。

5GHz帯は速度が速いですが、ルータから少し離れると繋がりが悪くなります。2.4GHz帯は速度は少し遅いですが、ルータから離れても安定してつなぐことができます。

WX06以外のモバイルWiMAXルータだと、ルータの設定で5GHzか2.4GHzのどちらを使うか設定する必要があります。

2.4GHz帯を使っている場合で5GHz帯を使いたい場合は、ルータの設定をポチポチして手動で切り替える必要があるので面倒です。

WX06ならルーターをいじることなく2.4GHzと5GHzを使うことができるので手間いらずです。

② WX06なら電池持ちが良い

WX06はW06よりも電池持ちが20%くらい良いです。(WX06と旧モデルのWX05の電池持ちはほぼ同じ)

③ WX06ならクレードルで電波の弱いところでも速度が56%アップ

自宅でもWiMAXを使う場合はWX06ならクレードルにセットすれば、電波の弱い部屋の中でも速度が56%アップします。

WX05にもクレードルをセットすることができますが、WX06用のクレードルのほうが性能が良いです。W06にはクレードルは付けることができません。

④ W06の最大速度が速いけど、実利用上では特に意味はない

W06の利点は通信速度が最大1.2Gbpsなことです。ただし、この1.2Gbpsは複雑怪奇なことをした場合に出るかもしれない速度です。基本的には最大558Mbpsが限界です。

W06のほうがスペック上は速いですが、実際の利用ではWX06と同じような速度になります。(W06の方がちょっと速い程度で体感差はほとんどない)

結論:モバイルWiMAXルータならWX06がおすすめ

WX06なら2.4GHzと5GHzを簡単に使えて、電池持ちも良い、クレードルで家の中でも速度が良くなります。ということで、モバイルWiMAXルータを検討している場合はWX06が一番おすすめです。

※ 自宅でしかWiMAXを使わない場合は、より電波の受信が良くて、WiFiの電波が遠くまで届くHOME 02がおすすめです。

最新のホームWiMAXルータ:WiMAX HOME 02の評価

自宅で主に使いたい場合、コンセントにつなげて使うHOME 02がおすすめです。

ホームWiMAXルータは気軽には持ち運べませんが、WiMAXの電波の受信が良くなり、WiFiの電波が遠くまで届きやすくなります。

WiMAX HOME 02のスペック

Speed Wi-Fi HOME 02
最大通信速度ハイスピードモード 下り最大440Mbps / 上り最大30Mbps
プラスエリアモード 下り最大440Mbps / 上り最大75Mbps
WiFi規格IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)、11n/11g/11b(2.4GHz帯)
最大同時接続数WiFi 20台
サイズ50 × 118 × 100mm / 218グラム
本体カラーホワイト
価格GMOとくとくBB WiMAX2+なら無料
発売日2019年2月30日

HOME 02 vs 旧モデルのHOME 01とHOME L02の違いとおすすめ

① HOME 02は一番コンパクトなホームWiMAXルーター

ホームWiMAXルーターの中で一番コンパクトなのがHOME 02です。

重さサイズ(幅x高さx奥行き)
HOME 02(最新)218グラム50 × 118 × 100mm
HOME 01338グラム70 × 155 × 100mm
HOME L02436グラム93 × 178 × 93mm

② HOME 02は旧モデルのHOME 01よりもWiFiのエリアが25%アップ

HOME 02の内部アンテナの性能が強化されたので、水平方向のWi-Fi電波のエリアがHOME01より約25%アップしています。(HOME L02との比較はないのですが、おそらく同等のWiFiの電波エリアだと思われます)

③ HOME L02の最大速度が速いけど、実利用上では特に意味はない

HOME L02の通信速度は最大1Gbpsですが、通常利用での最大速度は558Mbpsです。HOME 02の最大速度は440Mbpsなので、HOME L02のほうが速度は速くなりますが、実利用時ではそんなに差は出ません(少し良くなる程度)。

同時接続数はHOME L02が40台、HOME 01は20台です。これも仮に20台同時につなげても速度が遅くなってまともに使えなくなるので、最大同時接続数が40台あっても特に意味はありません。(実際に同時に使ってまともにネットができるのは10台くらい)

結論:とりあえず最新のHOME 02がおすすめだけど・・

HOME 02の内部アンテナの性能がアップしたことで、WiFiの電波はHOME L02と同じ程度にまで改善したと思われます(※HOME L02のほうが少し良いかも)。

基本的にはコンパクトサイズのHOME 02を選ぶことをオススメしますが、サイズよりも性能を重視する場合は技術力のあるファーウェイが作ったHOME L02がおすすめです。

WiMAXを契約するのに一番おすすめの最安プロバイダー

WiMAXを契約する場合、一番おすすめなのがGMOとくとくBB WiMAX2+です。

GMOとくとくBB WiMAX2+ならキャッシュバックを少なくして(もしくは無しにして)、その分、月額料金を安くしたプランを提供しています。

GMOの月額割引版の料金
契約月数初月込みで38ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円
初月(日割り)月2,170円
1〜2ヶ月目月2,170円
3〜36ヶ月目月3,480円
37ヶ月目〜月4,263円
合計料金132,093円
キャッシュバック0円(たまに2000円)
平均月額料金月平均3,476円(3,423円)

高額なキャッシュバックをもらえるところは、月額料金が高くなったりします。

キャッシュバックを受け取るには契約1年後に所定の手続きをしなければならないなど、何となく気にして生活しなければならなくなって、正直うざいです。もし、ど忘れすると大損です。

そのため基本的にはキャッシュバックが少ないところか、無いところでWiMAXを契約することをオススメします。

WiMAXの契約でキャッシュバックなしのプランの中では、GMOとくとくBB WiMAX2+が一番安くなっています。最新のWiMAX端末も無料でもらえます。

WiMAXの契約はGMOとくとくBB WiMAX2+が一番おすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX2+の月額割引版の公式サイト

GMOとくとくBB WiMAX2+はキャッシュバックより月額割引キャンペーンがおすすめの理由と詳細評価

ファーウェイ製の最新WiMAXルータは(おそらく)発売されない

WiMAXルーターはNECとファーウェイの2社が作っていましたが、かなり高い可能性でファーウェイはもう新しいWiMAXルーターを発売できないと思われます。

ざっくり説明すると、米国政府はファーウェイが大嫌いです。米国政府は日本政府にファーウェイの製品を買うなと圧力をかけて成功しました。その結果、ファーウェイは新しいWiMAXのルーターを作ることができなくなったものと思われます。

シャープがW07を2020年3月に発売、HOME L03は発売不明

ファーウェイの代わりに新たにWiMAXルータを作るのに参加したのがシャープです。シャープは2020年3月にモバイルWiMAXルータのW07を発売する予定です。

W07の最大の特徴は大容量の4000mAhの電池を搭載しているので、電池持ちがWX06の20%くらいアップします。その代わりにモバイルルータが少し重くなります。

WX06でも電池持ちは十分に良いですが、とにかく電池持ちを最重視する場合はW07が出てくるのを待つのも良いかもです。

ただ、シャープは今回初めてモバイルWiFiルータを作って販売します。

NECやファーウェイは結構昔からルータを作っているので、それなりに安心感はありますが、シャープのルータが一体どんな出来になるのかは、結構不安だったりです・・。

それなりのものを作ってくれるとは思いますが、シャープのW07の購入を検討している場合は、発売からしばらく様子見してから購入することをオススメします。

例年ではW07を同じような時期にHOME L03が発売されるのですが、HOME L03の発売情報はまだ出ていません。(旧モデルのHOME L02、L01s、L01はファーウェイが作っていました)

WiMAX 2+とポケットWiFiの平均月額料金ランキングと総合評価

契約月数:違約金なしで解約できるまでの月数
平均月額料金:(契約期間の合計の月額料金 - キャッシュバック - 特典) / 契約月数

平均月額料金は2020年2月時点のキャンペーンを反映して計算しています。

WiMAX2+は全てギガ放題の料金プランです。

※ 3日間で10GB使えるプランで10GBを超えると、回線の種類がWiMAX2+だと翌日の18時から2時(合計8時間)まで通信速度が1Mbpsに制限、回線の種類がソフトバンクのAXGPだと当日の18時から1時(合計7時間)まで通信速度が1Mbpsに制限されます。

平均月額料金の安さ1位:FUJI WiFi コスパ最強

FUJI WiFiのSIMプラン
ギガ数20GB50GB100GB200GB
契約月数縛りなし
事務手数料キャンペーンで無料
端末代SIMのみ契約
月額料金月1,480円月1,980円月2,480円月2,980円
平均月額料金月平均1,480円月平均1,980円月平均2,480円月平均2,980円
FUJI WiFiのルータープラン
ギガ数25GB50GB100GB無制限
契約月数縛りなし
事務手数料キャンペーンで無料
端末代0円 (レンタル)
月額料金月1,980円月2,480円月2,780円月3,480円
平均月額料金月平均1,980円月平均2,480円月平均2,780円月平均3,480円

回線種類 ソフトバンクのLTE回線 / 使えるデータ量◎ 制限なしで契約データ量まで使えます。無制限はクラウドプラン / 通信速度と対応エリア◎ / 問い合わせ対応○ / 違約金◎◎

SIMプランは自分で用意したSIMフリーのスマホやモバイルルータを使います。ルータープランの取り扱い端末△ FS030W、無制限のクラウドプランの場合はGlocalMe G3

キャッシュバックなし◎:キャッシュバックはもらえませんが、縛りなしで月額料金が圧倒的に安いです。

総合評価:ポケットWiFiでFUJI WiFiが最強のコスパです。月額料金がとても安くて、使えるデータ量に3日制限などはありません。通信速度も十分に速く、ソフトバンクのスマホが使えるような場所ならFUJI WiFiも普通に使えます。超オススメです。

ルータープランのレンタル端末はFS030Wという少し古い端末ですが、普通に使う分には電池持ち良く十分な速度で使えます。(無制限のクラウドプランだけ端末はGlocalMeG3です)

料金は申し込み時にクーポンコード「NEWLIFE2020」を入力した場合の料金です。2020年4月30日までのキャンペーンです。

FUJI WiFiの公式サイト

FUJI WiFiは最強の格安SIM&格安スマホ&ポケットWiFi、50GBが月1980円など高品質激安、SIMのみの契約も可能、最高の使い方を徹底解説

平均月額料金の安さ2位:GMOとくとくBB

GMOとくとくBB月額割引版キャッシュバック版
契約月数初月込みで38ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円
初月(日割り)月2,170円月3,609円
1〜2ヶ月目月2,170円月3,609円
3〜36ヶ月目月3,480円月4,263円
37ヶ月目〜月4,263円
合計料金132,093円163,032円
キャッシュバック2,000円34,600円
平均月額料金月平均3,424円月平均3,380円

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応△ / 違約金◎ / 取り扱い端末◎ W06、WX06、HOME L02、02

月額割引版のキャッシュバック◎:キャッシュバックがもらえませんが、月額料金が安くなっています。

キャッシュバック版のキャッシュバック△:キャッシュバックは11ヶ月後に独自メールアドレスにメールが届き30日以内に手続きを完了させる必要があり、受け取り損ねる人がいます。

総合評価:WiMAXプロバイダの中で一番無難に使えるのがGMOとくとくBBの月額割引版です。月額割引を多くして、キャッシュバックを少なくしているので安心です。

GMOとくとくBB WiMAX2+(月額割引)の公式サイト

GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックより月額割引キャンペーンがおすすめの詳細評価

平均月額料金の安さ3位:どんなときもWiFi、ギガ無制限

どんなときもWiFiの料金
契約月数初月込みで26ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円 (レンタル)
初月(日割り)月3,480円
1〜24ヶ月目月3,480円
25ヶ月目〜月3,980円
合計料金93,980円
平均月額料金月平均3,615円

回線種類 ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線 / 使えるデータ量◎ 月200GB以上 / 通信速度と対応エリア◎ / 問い合わせ対応○ / 違約金○ / 取り扱い端末△ D1

キャッシュバックなし◎:代わりにデータを超たくさん使えて、月額料金も比較的安くしています。

総合評価:どんなときもWiFiなら無制限でデータを使えます。月200GBでも使えます。主にソフトバンクの電波を使っているので、普通のスマホが使えるところなら基本的にどこでも使えます。データを大量に使いたい場合におすすめです。

どんなときもWiFiの公式サイト

どんなときもWiFiの評判とデメリットを実際に契約して、速度は遅いのか制限があるのか徹底検証

WiMAX 2+とポケットWiFiのおすすめ比較ランキング1位〜8位+オススメ圏外

その他のWiMAX 2+関連の情報

最終更新日 2020年2月3日 / 作成日 2020年2月2日 / 作成者 格安SIMの管理人
(税込1人当たり)
1人目
       
「WX06とHOME 02の詳細レビュー、モバイルルータ初の2.4GHz/5GHz両対応、ホームルータはコンパクト化でエリアは25%アップ」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
サイト内検索
口コミ