Xperia A SO-04Eの詳細スペックと使える格安SIMのまとめ(2013年発売)

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / 関連:格安スマホ更新順(46)

2013年5月17日に発売されたXperia A SO-04Eをレビューします。Xperia A SO-04Eはドコモから発売されたAndroidスマホです。ドコモ回線の格安SIMで使えます。

Xperia A SO-04Eを今から使うのは厳しい性能ですが、壊れていなければ最低限使える感じです。

ーーー 以下2016年時点の情報 ーーー

格安SIMが使えるスマホで一番安くてサクサク動いて、ワンセグ/おサイフケータイ/防水対応、手ごろなサイズで、LTEに対応していて、電池が交換できる、それがXperia A SO-04Eです。

1万5000円程度で買えるXperia A SO-04Eは、格安SIMを使おうと思っているスマホのライトユーザから一般ユーザまで満足できる性能と機能を持っています。

Xperia A SO-04Eの詳細スペック(性能)

CPUクワッドコア1.5GHz
RAM2GB
ROM32GB
ディスプレイ4.6インチ
解像度1280×720
カメラ背面1310万画素/前面31万画素
電池容量2300mAh
連続待受LTE 390時間、3G 420時間
サイズ131 × 67 × 10.5mm
重さ141グラム
価格(税込)1万2000円(中古)から2万5000円(新品)

Android 4.2.2、マイクロSIM、ワンセグ対応、防水、おサイフケータイ対応、外部マイクロSD最大64GBまで対応

Xperia A SO-04Eで使える格安SIMのまとめ

Xperia A SO-04Eの対応バンド

LTE: 2100MHz(1) / 800MHz(19) / 1500MHz(21)
3G: 2100MHz(1)、850MHz(5)、800MHz(6)、800MHz(19)

Xperia A SO-04Eはドコモ回線の格安SIMで使えます。

SIMのサイズはマイクロSIM、またはマルチSIMです。

格安SIMの申し込み時にSIMのサイズの指定が必要な場合は、ナノSIMを指定して、マイクロSIMに変換するアダプターを買って使うのがオススメです。

通信速度を重視する場合は、格安SIMの速度ランキングの記録を参考にしてみてください。

格安SIMのキャンペーンのおすすめランキング

おすすめの格安SIM:BIGLOBEモバイル(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:月3GB以上のプランなら、月480円のオプション料金でYouTubeやAbemaTVをデータ消費なしに見れます。

BIGLOBEモバイルのキャンペーンを徹底解説、6ヶ月間400円&YouTube見放題+SIMのみは最大5000円相当/格安スマホは1万7500円相当プレゼント

BIGLOBEモバイルでは、通話SIMの月3GB以上を申し込むと、月額料金は初月無料で翌月から6ヶ月間1200円引きです。

SIMのみの申込みなら月額料金の支払いに使える最大5000円相当のポイントがもらえるキャンペーンを行なっています。格安スマホセットなら1万7500円相当のポイントに大幅増額です。

初期費用込みでも、Redmi Note 9Sが実質9299円(税込)、OPPO Reno3 Aが実質2万4083円(税込)、ZenFone Live L1が実質2963円(税込)など、超お得に手に入ります。2020年8月31日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの公式サイト

BIGLOBEモバイルを徹底解説、料金プランと総合評価&YouTube見放題

おすすめの格安SIM:LINEモバイル(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

LINEモバイルの特徴:ソフトバンク回線の速度なら速度が速く、オプション料金でTwitter、Facebook、インスタグラムをギガ消費なしで使えます。

LINEモバイルのキャンペーンの詳細、月額料金が2ヶ月間無料キャンペーン+最大7000円相当のポイント、おすすめの格安スマホも徹底解説

LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと初月と翌月の2ヶ月間、月額料金が0円で使えるキャンペーンを行なっています。

さらに最大7000円相当のLINEポイントまたはLINE Pay残高が追加でもらえるキャンペーンも行っています。キャンペーン終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの公式サイト

LINEモバイルを徹底レビュー、料金プランと総合評価&SNS使い放題

2016年時点のXperia A SO-04Eの性能レビュー

格安SIMで使うスマホとして、できるだけ安く、そしてまともに動く第一候補に挙げていいのがXperia A SO-04Eです。

格安SIMでも使えるスマホはたくさんありますが、安さを最優先した中で一番評価が高いのがXperia A SO-04Eです。

価格は1万2000円から2万5000円で一番安い

Xperia A SO-04EはAmazonやヤフオクで1万2000円から2万5000円くらいで買うことができます。

付属品の有無やXperia A SO-04Eの状態(塗装はげやディスプレイの傷)により、価格はかなり変わってきます。ヤフオクなら1万5000円くらいで普通状態のものが手に入ります。

Amazonだと少し高くなって1万7000円程度になります。新品同様の場合は、価格は一気に高くなって2万5000円くらいになります。

Xperia A SO-04Eには付属品で卓上ホルダが付いていますが、これは必須です。Xperia A SO-04Eは防水でUSB充電口にはキャップが付いています。

卓上ホルダを使えば、キャップをはずすことなく充電できるので、卓上ホルダは絶対はずせない代物です。どこで買うにせよ、卓上ホルダが付いているものを買うのをおすすめします。

CPUの性能が普通の格安スマホより少し良い

一般的な格安スマホのCPUの性能はクワッドコア1.2GHとか1.3GHzですが、Xperia A SO-04Eはクワッドコア1.5GHzです。

Xperia A SO-04Eは1万5000円程度で買えるからといって、動きがカクカクなるとか鈍いとか、そいういったことはないです。サクサク動きます。

ただしXperia A SO-04Eはクワッドコア1.5GHzでも、2013年5月に発売された機種なので、2015年以降に発売されたクワッドコア1.2GHzと比べると、少し良いくらいのレベルになります。

最新の3Dゲームを遊ぶのには向いていませんが、一般的な使い方やメジャーなゲーム(モンスト、パズドラ、ツムツム等)の場合、問題なく使うことができます。

ディスプレイが4.6インチなのでコンパクト、手の収まりが良い

Xperia A SO-04Eのサイズ (4.6インチのディスプレイ)
縦131mm × 横67mm × 厚み10.5mm、重さ141グラム

ZenFone 2 Laserのサイズ (一般的な5インチのディスプレイ)
縦143.7mm x 横71.5mm x 厚み10.5mm、重さ145グラム

Xperia A SO-04Eはディスプレイが4.6インチと、一般的な5インチよりも少し小さくなっています。

この4.6インチと5インチの違いですが、スマホを片手で操作する際に大きな違いが出てきます。横の長さが4.5mm程度しか違わないのですが、この違いは片手操作では結構な違いが出てきます。

ディスプレイのサイズが5インチでもなんとか片手で操作できるギリギリの大きさになります。

女性の場合、手が小さいので5インチだと片手操作はかなり厳しいです。片手で操作できて最大の大きさが4.6インチスマホになります。

1200円〜3500円程度で電池の交換ができるので、3,4年使っていける

最近のスマホは電池が自分で交換できないため、2年使って電池が消耗したときはスマホを買い換えるか、修理に出す必要があります。修理代金は1万円程度かかるので、多くの人が買い替えを選びます。

Xperia A SO-04Eの場合、自分で電池を交換することができます。新しい電池はAmazonで互換電池なら1200円程度、純正電池の場合は3500円程度で販売しています。

純正電池と互換電池の違いはあまりないですが、互換電池にはハズレがあるそうです。GALAXY S4で互換電池を買って試してみましたが、純正電池とほぼ同じ電池性能をしていました。

防水性能は失われますが、電池容量が倍になる4600mAhの互換電池(2500円くらい)も販売されています。

Xperia A SO-04EのAndroidのバージョンは4.2.2です。3,4年後には対応していないアプリが出始めると思うので、Xperia A SO-04Eが問題なく使えるのは3年、持って4年くらいになります。

Xperia A SO-04Eの電池の持ちはそこそこ良いです。SMS無しのデータSIMを使う場合、Xperia A SO-04Eの場合はセルスタンバイが発生しますが、電池への影響は軽微です。

防水、ワンセグ、おサイフケータイ対応

格安スマホで防水やワンセグ、おサイフケータイに対応している機種はほとんどありませんが、Xperia A SO-04Eの場合は全て対応しています。

防水についての注意点は、USB充電口のキャップ(USB充電差込部カバー、本体の左上についています)がなくなっている場合があります。

このキャップがなくなっていると防水にはならないので、AmazonやヤフオクでXperia A SO-04Eを購入する際には、キャップが付いているかどうか確認する必要があります。

基本的に何も書いていなければUSB充電口にはキャップは付いていますが、防水を重視している場合は、写真などで確認しておくのをおすすめします。

ワンセグが付いているのでテレビも見れます。右上についているアンテナをニョキニョキ伸ばせばテレビが見れます。

おサイフケータイにも対応しているので、WAONや楽天Edy、モバイルSUICA、モバイルnanacoなんかを使うことができます。

その他のおすすめの格安スマホ

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • Redmi Note 9S
    • コスパ最高の格安スマホです。2万2545円、6.67インチ、CPU SDM720G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ4800万画素(F値1.19)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素+深度200万画素、重さ209g、電池容量5020mAh
  • OPPO Reno3 A
    • コスパの良い比較的高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラ性能も良いです。3万6181円、6.44インチ、CPU SDM665、RAM6GB、ROM128GB、カメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+ポートレート200万画素+200万画素、重さ175g、電池容量4025mAh
  • iPhone SE 第2世代
    • 4万4800円で買える超高性能なiPhoneです。コンパクトで防水・おサイフケータイに対応。4.7インチ、CPU A13 Bionic、RAM3GB、ROM64GB(128GB版は4万9800円)、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ148g
  • AQUOS sense3
    • 防水とおサイフケータイ対応で電池持ちが超良いです。5.5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ167g、電池容量4000mAh
最終更新日 2020年7月30日 / 作成日 2015年10月23日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較
購読する
通知する
guest
0 の口コミとコメント
「Xperia A SO-04Eの詳細スペックと使える格安SIMのまとめ(2013年発売)」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMとスマホ比較のカテゴリ
サイト内検索
コメント