ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

Xperia A SO-04Eのスペックと使える格安SIM

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

Xperia A SO-04Eは2013年5月17日にドコモから発売されたAndroidスマホです。

電池が生きていても流石に古すぎて使うのは難しい機種ですが、記録用にこの記事を残しておきます。この記事を2019年に更新していますが、この記事のほとんどは2016年時点の情報になります。

ーーー 以下2016年時点の情報 ーーー

格安SIMが使えるスマホで一番安くてサクサク動いて、ワンセグがついてて、おサイフケータイに対応していて、防水で、手ごろなサイズで、LTEに対応していて、電池が交換できる、それがXperia A SO-04Eでした。

1万5000円程度で買えるXperia A SO-04Eは、格安SIMを使おうと思っているスマホのライトユーザから一般ユーザまで満足できる性能と機能を持っています。

Xperia A SO-04Eのスペック(性能)

CPUクワッドコア1.5GHz
RAM2GB
ROM32GB
ディスプレイ4.6インチ
解像度1280×720
カメラ背面1310万画素/前面31万画素
電池容量2300mAh
連続待受LTE 390時間、3G 420時間
サイズ131 × 67 × 10.5mm
重さ141グラム
価格(税込)1万2000円(中古)から2万5000円(新品)

Android 4.2.2、マイクロSIM、ワンセグ対応、防水、おサイフケータイ対応、外部マイクロSD最大64GBまで対応

対応周波数
LTE: 2100MHz(1) / 800MHz(19) / 1500MHz(21)

ドコモのLTEが主に使っているバンドはBand1、Band3、Band19、Band28です。Xperia A SO-04EはBand1とBand19しか対応していませんが、Band1とBand19がメインのバンドなのでLTEの受信は問題ありません。Band3に対応していたほうが都心部などで速度が出やすくなる場合がありますが、Xperia A SO-04Eの価格を考えるとなくても良いかなレベルになります。Band28は最近始まったバンドなので、影響がでてくるのは当分先のことなので気にしなくていいです。

3G: 2100MHz(1)、850MHz(5)、800MHz(6)、800MHz(19)

Xperia A SO-04EはFOMAプラスエリアにも対応しています。電波の受信に関しては問題ない機種です。

Xperia A SO-04Eの評価

格安SIMで使うスマホとして、できるだけ安く、そしてまともに動く第一候補に挙げていいのがXperia A SO-04Eです。格安SIMでも使えるスマホはたくさんありますが、安さを最優先した中で一番評価が高いのがXperia A SO-04Eです。

価格は1万2000円から2万5000円で一番安い

Xperia A SO-04EはAmazonやヤフオクで1万2000円から2万5000円くらいで買うことができます。

付属品の有無やXperia A SO-04Eの状態(塗装はげやディスプレイの傷)により、価格はかなり変わってきます。ヤフオクなら1万5000円くらいで普通状態のものが手に入ります。Amazonだと少し高くなって1万7000円程度になります。新品同様の場合は、価格は一気に高くなって2万5000円くらいになります。

Xperia A SO-04Eには付属品で卓上ホルダが付いていますが、これは必須です。Xperia A SO-04Eは防水でUSB充電口にはキャップが付いています。卓上ホルダを使えば、キャップをはずすことなく充電できるので、卓上ホルダは絶対はずせない代物です。どこで買うにせよ、卓上ホルダが付いているものを買うのをおすすめします。

格安スマホやSIMフリーのスマートフォンでXperia A SO-04Eと同等の性能を持っている場合、価格は3万円程度します。

ちなみにSIMフリーのスマートフォンでは、arrows M02/RM02が防水・オサイフケータイに対応していて、Xperia A SO-04Eと同程度の性能を持っています。価格は税込3万円くらいです。ただし、arrows M02/RM02がはワンセグや電池交換には対応していません。

Xperia A SO-04Eはコスパが良いです。

Xperia A SO-04Eより、もう少し性能が良いのがa href=”https://kakuyasu-sim.jp/galaxy-s4-sc-04e”>GALAXY S4(1万8000円くらい)、かなり性能が良くなるのがGALAXY S5(2万5000円くらい)になります。白ロムはこの3つから選ぶのがコスパ的に最も良いです。

CPUの性能が普通の格安スマホより少し良い

一般的な格安スマホのCPUの性能はクワッドコア1.2GHとか1.3GHzですが、Xperia A SO-04Eはクワッドコア1.5GHzです。Xperia A SO-04Eは1万5000円程度で買えるからといって、動きがカクカクなるとか鈍いとか、そいういったことはないです。サクサク動きます。

ただしXperia A SO-04Eはクワッドコア1.5GHzでも、2013年5月に発売された機種なので、2015年以降に発売されたクワッドコア1.2GHzと比べると、少し良いくらいのレベルになります。

最新の3Dゲームを遊ぶのには向いていませんが、一般的な使い方やメジャーなゲーム(モンスト、パズドラ、ツムツム等)の場合、問題なく使うことができます。

ディスプレイが4.6インチなのでコンパクト、手の収まりが良い

Xperia A SO-04Eのサイズ (4.6インチのディスプレイ)
縦131mm × 横67mm × 厚み10.5mm、重さ141グラム

ZenFone 2 Laserのサイズ (一般的な5インチのディスプレイ)
縦143.7mm x 横71.5mm x 厚み10.5mm、重さ145グラム

Xperia A SO-04Eはディスプレイが4.6インチと、一般的な5インチよりも少し小さくなっています。この4.6インチと5インチの違いですが、スマホを片手で操作する際に大きな違いが出てきます。横の長さが4.5mm程度しか違わないのですが、この違いは片手操作では結構な違いが出てきます。

ディスプレイのサイズが5インチでもなんとか片手で操作できるギリギリの大きさになります。女性の場合、手が小さいので5インチだと片手操作はかなり厳しいです。片手で操作できて最大の大きさが4.6インチスマホになります。

1200円〜3500円程度で電池の交換ができるので、3,4年使っていける

最近のスマホは電池が自分で交換できないため、2年使って電池が消耗したときはスマホを買い換えるか、修理に出す必要があります。修理代金は1万円程度かかるので、多くの人が買い替えを選びます。

せっかく2,3万円だして格安スマホを買っても2年、長くても3年で買い替えることになってしまいます。

Xperia A SO-04Eの場合、自分で電池を交換することができます。新しい電池はAmazonで互換電池なら1200円程度、純正電池の場合は3500円程度で販売しています。基本的に普通の使い方をすると2年半くらいで電池が消耗するので、そのときに1度電池を新しいものに交換すれば、スマホの寿命を2倍に延ばすことができます。

純正電池と互換電池の違いはあまりないですが、互換電池にはハズレがあるそうです。GALAXY S4で互換電池を買って試してみましたが、純正電池とほぼ同じ電池性能をしていました。互換電池を使った場合でも、そんなに悪い電池はないとは思いますが、互換電池を使う場合は自己責任になります。

防水性能は失われますが、電池容量が倍になる4600mAhの互換電池(2500円くらい)も販売されています。

Xperia A SO-04Eでは試していないのですが、GALAXY S5にも容量2倍の互換電池があり、それを試してみたところ数字通り電池の持ちが2倍になりました。

Xperia A SO-04Eは単純な性能面では6年くらい普通に使っていけると思いますが、4,5年使うとスマホが物理的に不具合が出てくると思います。

それに加えて、Xperia A SO-04EのAndroidのバージョンは4.2.2です。3,4年後には対応していないアプリが出始めると思うので、Xperia A SO-04Eが問題なく使えるのは3年、持って4年くらいになります。

Xperia A SO-04Eだと電池を交換しても、だいたい3〜4年で買い替える感じになります。ちなみに、Android 5に対応したGALAXY S4は4年、Android 6に対応したGALAXY S5は5年くらい使い続けられると思います。

Xperia A SO-04Eの電池の持ちはそこそこ良いです。SMS無しのデータSIMを使う場合、Xperia A SO-04Eの場合はセルスタンバイが発生しますが、電池への影響は軽微です。

防水、ワンセグ、おサイフケータイ対応

格安スマホで防水やワンセグ、おサイフケータイに対応している機種はほとんどありませんが、Xperia A SO-04Eの場合は全て対応しています。

防水についての注意点は、USB充電口のキャップ(USB充電差込部カバー、本体の左上についています)がなくなっている場合があります。このキャップがなくなっていると防水にはならないので、AmazonやヤフオクでXperia A SO-04Eを購入する際には、キャップが付いているかどうか確認する必要があります。

基本的に何も書いていなければUSB充電口にはキャップは付いていますが、防水を重視している場合は、写真などで確認しておくのをおすすめします。

ワンセグが付いているのでテレビも見れます。右上についているアンテナをニョキニョキ伸ばせばテレビが見れます。

おサイフケータイにも対応しているので、WAONや楽天Edy、モバイルSUICA、モバイルnanacoなんかを使うことができます。

Xperia A SO-04Eが使える格安SIM

Xperia A SO-04EのSIMのサイズはマイクロSIMです。

ドコモ系の格安SIM(ドコモ回線)で使うことができます。

ドコモ系の格安SIMは最近マルチSIM型のSIMカードに移行しているので、MVNOによってはSIMサイズの指定がなく、マルチSIMになっている場合があります。

格安SIMの申し込み時にSIMのサイズの指定が必要な場合は、ナノSIMを指定して、マイクロSIMに変換するアダプターを買って使うのがオススメです。

BIGLOBEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:au回線の通信速度が結構速い、YouTubeがデータ消費なしに見れる

一番お得なBIGLOBEモバイルのキャンペーン情報を徹底解説、初期費用無料+初月無料+月額料金が合計2400円引き、端末セットが実質1万4500円引き、6ヶ月YouTube見放題

BIGLOBEモバイルでは、通話SIMの月3GB以上を申し込むと、初期費用3394円が無料、月額料金は初月無料で翌月から3ヶ月間800円引き、SIMのみなら1500円相当のポイント、端末セットなら1万4500円相当のポイントがもらえるキャンペーンを行なっています。

AQUOS sense3が実質2万1500円、OPPO Reno Aが実質2万1260円、P30 liteが実質1万4300円など格安スマホがかなり割安に手に入ります。2020年1月29日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの料金プランと評価を徹底解説

LINEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

LINEモバイルの特徴:ソフトバンク回線の通信速度が結構速い、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしに使える

LINEモバイルのキャンペーン情報とおすすめの格安スマホを徹底解説、月額料金が5ヶ月間半額キャンペーン+キャンペーンコードで5050ポイント

LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと初月は全プラン600円、そして翌月から月額料金が4ヶ月間、半額になるキャンペーンを行なっています。

さらに月額料金の支払いにも使える5050円相当のLINEポイントまたはLINE Pay残高が追加でもらえるキャンペーンも行っています。キャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの料金プランと評価を徹底解説

QTモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

QTモバイルの特徴:キャンペーンがお得

QTモバイルのキャンペーンの詳細とオススメの格安スマホ、月額料金が1年間で最大1万5120円引き+商品券8000円プレゼント!

QTモバイルでは、通話SIMを申し込むと月額料金が1年間で最大1万5120円引きになる、月額割引キャンペーンを行っています。データSIMの場合は最大9000円引きです。(選ぶデータ量によって割引額が変わります)

このキャンペーンに加えて、通話SIMを申し込むと商品券8000円プレゼントのキャンペーンも行っています。キャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

QTモバイルの詳細評価

LIBMOの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線)

LIBMOの特徴:高額キャッシュバック

LIBMO(リブモ)の一番お得なキャンペーンの詳細、最大2万円のキャッシュバック実施中!

LIBMOでデータSIMを申し込むと最大1万円のキャッシュバック、通話SIMだと最大2万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。

例えば月3GBのデータSIMなら5000円、通話SIMだと1万4000円のキャッシュバックがもらえます。キャッシュバックキャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LIBMOの詳細評価

IIJmioの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

IIJmioの特徴:老舗

IIJmioの一番お得なキャンペーンとおすすめの格安スマホを徹底解説、初期費用1円+12GBプランは6ヶ月1000円引き+格安スマホはギフト券最大5000円

IIJmioでは初期費用3000円が1円、さらに12GBプランを申し込む場合は月額料金が6ヶ月間1000円引き、通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大5000円分のギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。

初期費用1円キャンペーンは2020年1月29日まで、12GBプランの割引キャンペーンはキャンペーン終了日未定です。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioの料金プランと評価を徹底解説

その他のおすすめの格安スマホ

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • OPPO Reno A
    • コスパの良い高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラ性能も良いです。3万5800円、6.4インチ、CPU SDM710、RAM6GB、ROM64GB、カメラ1600万画素(F値1.7)+200万画素、重さ169g、電池容量3600mAh
  • P30 lite
    • 3万円前後で買えて、性能バランスが一番良いのがP30 liteです。カメラ性能も比較的良いです。6.21インチ、CPU Kirin710、RAM4GB、ROM64GB、カメラ広角2400万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.4)+深度測定用200万画素(F値2.4)、重さ159g、電池容量3340mAh
  • nova lite 3
    • コスパ最強の格安スマホがnova lite 3です。カメラ性能は少し悪いですが、安くて高性能です。価格が2万2800円前後、6.21インチ、CPU Kirin710、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素(F値1.8)+200万画素、重さ160g、電池容量3400mAh
  • AQUOS sense3
    • 防水とおサイフケータイ対応で電池持ちが超良いのがAQUOS sense3です。5.5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ167g、電池容量4000mAh
最終更新日 2019年8月10日 / 作成日 2015年10月23日 / 作成者 格安SIMの管理人
(税込1人当たり)
1人目
       
「Xperia A SO-04Eのスペックと使える格安SIM」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ