Xperia Aceの詳細スペックと評価レビュー、コンパクトさを重視する場合におすすめ

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

Xperia Aceはドコモが2019年6月1日に発売、MVNO各社は2019年10月から順次発売されたミドルローの防水・おサイフケータイ対応スマホです。

Xperiaは超高性能で価格も高額なイメージですが、Xperia Aceは比較的高性能で定価は4万9800円くらいです。

Xperia Ace

先行して発売したドコモでは超高性能&高価格なXperia 1よりもXperia Aceのほうが売れています。

CPUはSDM630、RAM4GB、ROM64GB、電池容量は2700mAh、画面5インチ、カメラはF値1.8で1200万画素、防水・おサイフケータイ対応です。

ドコモ版は基本的にドコモとドコモ系の格安SIMでしか使えませんが、MVNO版はすべての格安SIMで使うことができます。

ざっくり評価すると、性能的には1万円くらい割高感がありますが、コンパクトさを重視する場合にオススメの格安スマホになっています。

Xperia Aceのスペック(性能)

Xperia Ace
CPUCPUオクタコア2.2GHz+1.8GHz SDM630
RAM4GB
ROM64GB
Antutu約90,000
ディスプレイ5インチ / TFT液晶トリルミナスディスプレイ
解像度2160×1080 Full HD+、画面比率18:9
カメラ1200万画素(F値1.8 / 光学手ぶれ補正)/前面800万画素(F値2.4 / 超広角対応)
電池容量2700mAh
サイズ140 × 67 × 9.3mm
重さ155グラム
連続待受600時間 (ドコモ版は410時間)
充電時間130分
本体カラーホワイト、ブラック、楽天モバイルとドコモ版はパープルあり
価格定価4万9800円(購入する場所によって結構変わります)

Android 9、MVNO版はSIMフリー(ドコモ版はSIMロック)、外部マイクロSD(最大512GB)、ナノSIM、MVNO版はauのVoLTE対応、指紋認証(側面)、USB Type C対応、Bluetooth 5.0、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、GPS(GPS、GLONASS、BeiDou、GALILEO、QZSS(みちびき)対応)、おサイフケータイ対応、防水対応

主な非対応機能:ワイヤレス充電、DSDV

Xperia Aceのレビューの目次

MVNO版のXperia Aceの対応周波数(バンド)

MVNO版:OCNモバイルONE、楽天モバイル、IIJmio、nuroモバイル、mineoで販売しているXperia Ace

FDD-LTE : B1/3/4/5/8/12/17/18/19/26 (au VoLTE対応)
TDD-LTE : B38/41
UMTS(WCDMA/3G) : B1/2/4/5/6/8/19

MVNO版のXperia Aceは、ドコモ系の格安SIMau系の格安SIM(マルチSIM)、ソフトバンク系の格安SIMで使うことができます。SIMのサイズはマルチSIMまたはナノSIMです。

Xperia Aceのレビューの目次

ドコモ版のXperia Ace SO-02Lの対応周波数(バンド)

FDD-LTE : B1/3/19/21 (au VoLTE対応)
UMTS(WCDMA/3G) : B1/6/19

ドコモ版のXperia Ace SO-02Lは、ドコモとドコモ系の格安SIMで使えます。SIMのサイズはマルチSIMまたはナノSIMです。

ドコモ版だとSIMロックを解除してもソフトバンク系の格安SIMで電波が悪くなる可能性があります。auのVoLTEに対応するか不明なので、au系の格安SIMで使えるかはわかりません。

Xperia Aceのレビューの目次

Xperia Aceの評価レビューと評判

CPU性能の詳細:SDM630で比較的高性能

Xperia AceのCPUはオクタコア2.2GHz+1.8GHz Snapdragon 630 (以下、SDM630)です。比較的高性能なCPUです。普通に使う分には十分な性能をしています。

ネットや、Twitterや、LINE、メール、Facebook、インスタグラムはもちろんのこと、一般的なゲーム、パズドラ、モンスト、ツムツムなども快適に遊べます。

スマホゲームの中にやFGOや音ゲー等やたら重いゲームや反応速度にシビアなゲームがあるので、重い3Dゲームを快適に遊びたい場合は、SDM660以上の高性能なCPUを選んでください。

不満点は、価格が5万円近くするのにCPUの性能がそこまで良くないことです。SDM630は悪くはないCPUですが、5万円近く出す場合はSDM660以上の高性能なCPUを搭載してもらいたかったです。

2019年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:SDM835、SDM845、SDM855(SD8150)
Kirin:Kirin970、Kirin980、Kirin990
iPhone:8、X、XR、XS、XS Max、11、11 Pro、11Pro Max
高性能
Snapdragon:SDM665、SDM660、SD820、SDM670、SDM710
Kirin:Kirin950、Kirin955、Kirin960、Kirin810
iPhone:7
比較的高性能
Snapdragon:SD630、SDM632、SD650、SDM636
Kirin:Kirin710
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE
普通性能
Snapdragon:SDM450、SD625
Kirin:Kirin650、Kirin655、Kirin658、Kirin659
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6
低性能
Snapdragon:SD400、SD410、SD430、SD435

※ 右に行くほど高性能。このサイトではSDMとSDは同じものと扱ってください・・。

スマホを普通程度に使う場合は普通性能のCPUでも普通に使えます。一般的なゲームなら普通性能でも遊べます。

スマホを人よりも少し多く使う場合は比較的高性能以上を選びます。スマホがよりサクサク動くようになります。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

Xperia AceのAntutuのスコア

Xperia AceのAntutuのスコア 約90,000
CPU: 約39,000
GPU : 約20,000
UX : 約25,000
MEM: 約6,000

下記はAntutuテストv7以上での評価基準です。

一般的な使い方なら70,000程度でもわりと普通に使えますがサクサク感は少し厳しいです。80,000ぐらいで比較的サクサク使えて、100,000以上で普通の使い方で十分満足できるサクサク感になります。

スマホをたくさん使う場合やゲームが好きな場合はAntutuスコア130,000以上のスマホ、スマホを超たくさん使う場合やゲームが大好きな場合はAntutuスコア200,000以上のスマホがおすすめです。

参考:格安スマホとiPhoneのAntutuスコアの詳細と発熱時の温度

Xperia Aceのレビューの目次

電池持ちの詳細:2700mAhでも電池持ちは比較的良い

Xperia Aceの電池容量は2700mAhです。

最近のスマホは電池容量が3300mAh〜4000mAhくらいが一般的になりつつあるので、Xperia Aceの電池容量は少なめです。

ただ、Xperiaは省エネ性能が良く、特にコンパクトスマホは電池容量が少なめでも電池持ちが意外に良かったりします。

今回のXperia Aceも電池持ちの評判は結構良いです。

Xperia Aceのディスプレイは5インチで画面が小さいので、電池消費も抑えられます。大容量の電池は必要ない感じです。

Xperia Aceのレビューの目次

カメラ性能の詳細:5万円近いスマホとしては微妙

Xperia Aceのカメラ性能
背面:1200万画素(F値1.8 / 光学手ぶれ補正)
前面:800万画素(F値2.4 / 超広角対応)

正直微妙なカメラスペックです。

3万円のスマホならわかりますが、5万円近くするスマホでシングルカメラでF値1.8の1200万画素というのは結構貧弱です。

インカメラも超広角で撮れるとしても800万画素の低画質でF値2.4の暗いレンズです。

CPUもSDM630なので、ISP(イメージシグナルプロセッサー)の性能もそこまで良くないはずなので、Xperia Aceのカメラ性能は微妙な感じがします。

価格が3万円なら文句言うなですが、価格が5万円近くだと、5万円にしてはカメラ性能があまり良くないと言う評価になってしまいます。

Xperia Aceのレビューの目次

Xperia Aceの総合評価、コンパクトさを重視する場合に検討

Xperia Aceは、Xperiaと言うブランドが好きな場合で、コンパクトさを重視する場合に検討してみてください。

ソニーがようやくSIMフリーのXperiaを出したことは評価できます。

そしてXperia Aceの価格が5万円近いとしても、今までXperiaは価格は8万円以上する超高性能スマホしか出していませんでした。それを考慮すると、ないよりあったほうが遥かに良いと思います。

※ 売上的に失敗したXperia J1 compactの存在は闇に沈めます

ドコモオンラインでもハイエンドで高額なXperia 1よりも、ミドルローで中価格帯のXperia Aceのほうが売れているのが現状です。

ただ、SIMフリー市場の中では、Xperia Aceの割高感は大きいです。

おサイフケータイのみの中では、Pixel 3aのほうが少し安くて、性能がXperia Aceより良く、カメラ性能もかなり好評です。

おサイフケータイ・防水スマホの中では、OPPO Reno Aのほうが1万円以上安く、性能がXperia Aceより良く、カメラ性能もそこそこ良いものになっています。

おサイフケータイ・防水・コンパクトスマホの中では、近いうちに発売されるAQUOS sense3がXperia Aceよりも1万円以上安くなり、性能は同じ程度、電池持ちはsense3のほうが上になります。(同性能のAQUOS sense3 liteはすでに楽天モバイルで発売中)

Xperia Aceの強みは何なのかと言うと、おそらくXperiaと言うブランド名だと思います。

日本のスマホメーカーの中では、まだなんとか数を売っているので、Xperiaにはもっと頑張ってもらいたいところです。

Xperia Aceのレビューの目次

Xperia Aceが買えるMVNOとキャンペーン情報

Xperia Aceの定価:4万9800円(税抜)

MVNOでは今のところOCNモバイルONE、IIJmio、楽天モバイル、mineo、nuroモバイルが販売します。

おすすめ No.1:OCNモバイルONE、3万4000円!

OCNモバイルONEではXperia Aceを3万4000円で販売しています。

OCNモバイルONEの通話SIMとセットに申し込む必要がありますが、定価よりも大幅割引で買うことができます。

OCNモバイルONEのキャンペーンを徹底解説、iPhoneと格安スマホが割引価格で買える

OCNモバイルONEでは、通話SIMとセットだと格安スマホを割引価格で買えるキャンペーンを行なっています。

OPPO A5 2020が1万4800円、OPPO Reno Aが2万7000円、P30 liteが1万2800円、AQUOS sense2が1万6500円など割引価格で手に入れることができます。
キャンペーンの詳細を見る

Xperia Aceが3万4000円 → OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの料金プランと評価を実際に使って徹底解説

OCNモバイルONEは、電話代を安くできる通話オプションが豊富で実測240kbpsの低速モードが無制限に使うことができます。

格安SIMでも長電話をしたい場合や、低速モードでインターネットラジオのradikoやYouTubeの動画を聞き流したい場合にオススメの格安SIMです。ただし、高速データ通信の実際に出る通信速度は遅めです。

Xperia Aceのレビューの目次

おすすめ:IIJmio、4万9800円+ギフト券5000円+各種特典

IIJmioではXperia Aceを4万9800円で販売します。通話SIMとセットに申し込むと5000円分の選べるギフト券(Amazonギフト券等)がもらえます。下記のキャンペーンも行なっています。

IIJmioの一番お得なキャンペーンとおすすめの格安スマホを徹底解説、初期費用1円+通話SIMは月額料金が合計5200円引き+3ヶ月間毎月3GB増量+格安スマホの大幅割引セール

IIJmioでは2019年10月31日までに格安SIMを申し込むと初期費用が1円になります。それに加えて通話SIMだと月額料金が3カ月間1300円引き、通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大5000円分のギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。

最大5000円のギフト券の代わりに、ZenFone Live L1が999円、OPPO AX7が4800円、nova lite 3が9800円、P30 liteとAQUOS sense 2が1万9800円で買えるキャンペーンも行っています。

さらに当サイト限定で通話SIMの月額割引が1ヶ月延長が適用されます。つまりこのサイト経由で申し込むと4ヶ月間1300円引き(合計5200円引き)になります。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioのXperia Aceの詳細と申し込み → IIJmio

IIJmioの料金プランと評価を実際に使って徹底解説

Xperia Aceのレビューの目次

nuroモバイル、4万9800円+キャッシュバック5000円、月額料金が最大1500円引き(合計で最大1万6500円の割引)

nuroモバイルではXperia Aceを4万9800円で販売します。さらに通話SIMとセットに申し込むと、5000円のキャッシュバックと月額料金が11ヶ月間最大1500円引きになります。

nuroモバイルのキャンペーンを徹底解説、通話SIMなら11ヶ月間、月額料金が最大1500円引き(合計で最大1万6500円の割引)

nuroモバイルでは通話SIM限定で、月2GBを申し込むと月額料金が11ヶ月間500円引き(合計5500円引き)、月7GBは11ヶ月間1000円引き(合計1万1000円引き)、月13GBだと11ヶ月間1500円引き(合計1万6500円引き)になるキャンペーンを行っています。

キャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

nuroモバイルの料金プランと評価を実際に使って徹底解説

Xperia Aceのレビューの目次

mineo、4万4880円

mineoではXperia Aceを4万4880円で販売します。

mineoの料金プランと評価を実際に使って徹底解説

Xperia Aceのレビューの目次

楽天モバイル、4万9819円、2回線目以降は5000円引き

楽天モバイルではXperia Aceを4万9819円で販売します。楽天モバイルは1回線目に通話SIMを申し込むと、2回線目以降は端末代金が5000円引きになります。

楽天モバイルのキャンペーンを徹底解説、格安スマホのおすすめランキング&2回線目以降はプラス割で最大5000円キャッシュバックまたは追加割引

楽天モバイルでは格安スマホが少し買えるキャンペーンを行なっています。

2019年11月1日までのキャンペーン
対象スマホ:AQUOS sense3 lite、OPPO Reno A、arrows RX

2019年11月14日までのキャンペーン
対象スマホ:P30 lite、AQUOS zero、AQUOS R2 compactなど

その他、2回線目以降はプラス割で最大5000円キャッシュバックも行なっています。
キャンペーンの詳細を見る

楽天モバイルの料金プランと評価を実際に使って徹底解説

Xperia Aceのレビューの目次

Xperia Aceを本体のみ購入したい場合

Xperia Aceのレビューの目次

Xperia Aceをドコモで買う場合

ドコモのXperia Aceはドコモショップ、またはドコモオンラインショップで申し込むことができます。

ドコモショップの実店舗で申し込むと、3000円〜1万円の頭金(割増代金)がかかるのに加えて、2000円〜3000円の事務手数料がかかります。さらにドコモショップだと手続きに1〜2時間程度かかる場合もあります。

ドコモオンラインショップでオンラインで申し込むと、頭金がかからないのに加えて、事務手数料も無料、自分で5分〜10分くらいで手続きができます。送料もかかりません。

ドコモでXperia Aceを申し込む場合は、基本的には安く簡単に申し込めるドコモオンラインショップがオススメです。

ドコモのXperia Aceの申し込み → ドコモオンラインショップ

端末価格(一括と分割払い)、事務手数料、頭金

購入時の注意点①:ドコモのXperia Aceの端末価格

機種変更/新規契約/他社から乗り換え(MNP)
一括の場合:4万5360円(税込4万9896円)
分割の場合:月1260円(税込1386円)x36回払い

購入時の注意点②:Xperia Aceの事務手数料

機種変更の場合:2000円 ← ドコモオンラインショップなら無料
新規契約の場合:3000円 ← ドコモオンラインショップなら無料
他社から乗り換え(MNP):3000円 ← ドコモオンラインショップなら無料

購入時の注意点③:Xperia Aceの頭金

頭金:3000円〜1万円 ← ドコモオンラインショップなら無料

頭金はドコモショップごとに価格がかわります。ドコモだと頭金は端末代金の一部支払いという意味ではありません。単なる割り増し代金なので注意してください。

ドコモのXperia Aceの機種変/新規/MNPはドコモオンライン

ドコモのスマホを申し込む場合は、頭金と事務手数料だけ注意して、あとは必要なものを用意するだけです。

機種変更するのに必要なもの

機種変更の場合は、支払いをするのにクレジットカードまたは銀行口座が必要です。基本的にはdカード GOLDで支払うことをオススメします。

ドコモオンラインショップへ行き、dアカウントのIDとパスワードでログインして、気に入った機種を申し込みます。

最短2日で機種が届きます。現在の利用状況によってはドコモUIMカード(SIMカード)も商品と一緒に届く場合があります。この場合、利用開始手続きが必要になります。詳細は同封されている用紙に記載されているので、それに従って手続きをするだけです。

新規(追加)契約するのに必要なもの

新規(追加)契約の場合は、本人確認書類と本人名義のクレジットカードまたは銀行口座が必要です。

本人確認書類1点
運転免許証、健康保険証、個人番号カード、住民基本台帳カード、在留カード、外国人登録証明書 (※健康保険証で支払方法に口座振替を選択した場合は、補助書類(公共料金領収書・住民票)が必要です)

本人確認書類の用意ができたら、ドコモオンラインショップで申し込んで、本人確認書類をアップロードします。機種が届いたら、同封されている用紙に従って利用開始の手続きを行うと、スマホが使えるようになります。

他社から乗り換えるのに必要なもの(MNP)

他社からドコモへ乗り換える場合は、MNP予約番号、本人確認書類と本人名義のクレジットカードまたは銀行口座が必要です。

MNP予約番号は現在契約中のキャリア(au、ソフトバンク、ワイモバイル、MVNO各社)からもらいます。MVNO各社だとMNP予約番号の発行に4日ほどかかる場合があるので注意してください。

本人確認書類1点
運転免許証、健康保険証、個人番号カード、住民基本台帳カード、在留カード、外国人登録証明書 (※健康保険証で支払方法に口座振替を選択した場合は、補助書類(公共料金領収書・住民票)が必要です)

ドコモを契約している場合はdカード GOLDがオススメ、10%のポイントバック&無料のケータイ補償3年付き

ドコモを契約している場合は、dカード GOLDを作るのを強くオススメします。

dカード GOLDがあれば無料でケータイ補償3年間を適用することができます。購入から3年間の間に端末を壊してしまった場合でも、同一品で同一カラーと交換できる補償です。

同一品がない場合は指定の同等品と交換になります。最大10万円まで補償してくれます。

dカード GOLDならドコモ利用料金の10%がポイント還元でもらえます。ドコモを契約している/契約予定の場合、お得にドコモを利用するにはdカード GOLDがほぼ必須のような感じになっています。

dカード GOLDの詳細と申し込みはこちら → dカード GOLD

ドコモの料金がもっとお得になるdカード GOLDを徹底解説、特典/年間費/ポイント還元/審査

Xperia Aceのレビューの目次

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • OPPO Reno A
    • コスパの良い高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラ性能も良いです。3万5800円、6.4インチ、CPU SDM710、RAM6GB、ROM64GB、カメラ1600万画素(F値1.7)+200万画素、重さ169g、電池容量3600mAh
  • P30 lite
    • 3万円前後で買えて、性能バランスが一番良いのがP30 liteです。カメラ性能も比較的良いです。6.21インチ、CPU Kirin710、RAM4GB、ROM64GB、カメラ広角2400万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.4)+深度測定用200万画素(F値2.4)、重さ159g、電池容量3340mAh
  • nova lite 3
    • コスパ最強の格安スマホがnova lite 3です。カメラ性能は少し悪いですが、安くて高性能です。価格が2万2800円前後、6.21インチ、CPU Kirin710、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素(F値1.8)+200万画素、重さ160g、電池容量3400mAh
  • AQUOS sense2
    • 防水とおサイフケータイ対応で普通性能なのがAQUOS sense2です。5.5インチ、CPU SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ155g、電池容量2700mAh
最終更新日 2019年10月10日 / 作成日 2019年10月10日 / 作成者 格安SIMの管理人
「Xperia Aceの詳細スペックと評価レビュー、コンパクトさを重視する場合におすすめ」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ