Xperia Aceの詳細スペックと使える格安SIMのまとめ (2019年発売)

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / 関連:格安スマホ更新順(69)

2019年10月に発売されたSIMフリーのXperia Aceをレビューします。Xperia Aceは普通性能の防水・おサイフケータイ対応の格安スマホです。

SIMフリー版(MVNO版)のXperia Aceはドコモ回線、ソフトバンク回線、au回線の格安SIM、それと楽天モバイルに対応しています。

ドコモ版のXperia Aceはドコモ回線の格安SIMのみ対応しています。

Xperia Aceのレビュー

Xperiaは超高性能で価格も高額なイメージですが、Xperia Aceは普通性能です。

CPUは普通性能のSDM630、RAM4GB、ROM64GB、電池容量は2700mAh、画面5インチでコンパクト、カメラはF値1.8で1200万画素、防水・おサイフケータイ対応です。

Xperiaの定価は4万9800円ですが、性能的には発売時でも3万円くらいが妥当なスマホでした。

Xperia Aceの詳細スペック(性能)

Xperia Ace
CPUCPUオクタコア2.2GHz+1.8GHz SDM630
RAM4GB
ROM64GB
Antutu約90,000
ディスプレイ5インチ / TFT液晶トリルミナスディスプレイ
解像度2160×1080 Full HD+、画面比率18:9
カメラ1200万画素(F値1.8 / 光学手ぶれ補正)/前面800万画素(F値2.4 / 超広角対応)
電池容量2700mAh
サイズ140 × 67 × 9.3mm
重さ155グラム
連続待受600時間 (ドコモ版は410時間)
充電時間130分
本体カラーホワイト、ブラック、楽天モバイルとドコモ版はパープルあり
価格定価4万9800円(発売時)

Android 9、MVNO版はSIMフリー(ドコモ版はSIMロック)、外部マイクロSD(最大512GB)、ナノSIM、MVNO版はauのVoLTE対応、指紋認証(側面)、USB Type C対応、Bluetooth 5.0、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、GPS(GPS、GLONASS、BeiDou、GALILEO、QZSS(みちびき)対応)、おサイフケータイ対応、防水対応

主な非対応機能:ワイヤレス充電、DSDV

Xperia Aceで使える格安SIMのまとめ

MVNO版/SIMフリー版のXperia Aceの対応バンド
・FDD-LTE : B1/3/4/5/8/12/17/18/19/26 (au VoLTE対応)
・TDD-LTE : B38/41
・UMTS(WCDMA/3G) : B1/2/4/5/6/8/19

※ OCNモバイルONE、楽天モバイル、IIJmio、nuroモバイル、mineoで購入したXperia Ace

MVNO版/SIMフリー版のXperia Aceは、ドコモ回線の格安SIMau回線の格安SIM(マルチSIM)、ソフトバンク回線の格安SIM楽天モバイルUNLIMITで使えます。

ドコモ版のXperia Ace SO-02Lの対応バンド
・FDD-LTE : B1/3/19/21
・UMTS(WCDMA/3G) : B1/6/19

ドコモ版のXperia Ace SO-02Lはドコモ回線の格安SIMで使えます。

SIMのサイズはマルチSIMまたはナノSIMです。

格安SIMを持っていない場合は、下記のキャンペーンを参考に格安SIMを選ぶことをオススメします。通信速度を重視する場合は、格安SIMの速度ランキングの記録を参考にしてみてください。

格安SIMのキャンペーンのおすすめランキング

格安SIMのキャンペーンのおすすめランキング

おすすめの格安SIM:UQ mobile(au回線)

UQ mobileの特徴:通信速度が超速く、余ったデータの繰越あり、低速はプランSは300kbps、プランM/Lは1Mbps

UQモバイルの最新キャンペーンでお得に契約する

UQモバイルを申し込むと、SIMまたはeSIMのみの場合は最大1万3000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。iPhoneや格安スマホとセットで申し込むとキャシュバックの代わりに割引価格で端末が買えます。

UQモバイルは速度が超速いので、いつでも快適にスマホが使えます。

UQ mobileの公式サイト(最大1万3000円キャッシュバック)

UQモバイルのデメリットとメリット&料金プランの総まとめ

おすすめの格安SIM:楽天モバイル(楽天回線)

楽天モバイルの特徴:通信速度が速く、実際に使ったデータ量で料金が変わる段階制プラン、楽天リンクで電話が24時間無料でかけ放題

楽天モバイルの最新キャンペーンまとめ [2022年] 新規と乗り換え特典

ここでは楽天モバイルの最新のキャンペーン情報をまとめています。

楽天モバイルを新規契約または他社から乗り換えると、SIM/eSIMのみなら最大10,000ポイント、端末セットは最大24,000円相当おトクに買えます。

  • SIMまたはeSIMのみ:8,000pt+エントリーで2,000pt
  • Androidスマホ:3,000pt+16,000円割引
  • iPhone:最大24,000pt

事務手数料も無料です。キャンペーン終了日は未定です。

楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルのデメリットとメリット&料金プランの総まとめ

2019年時点のXperia Aceの性能レビュー

CPU性能の詳細:SDM630で普通性能

Xperia AceのCPUはオクタコア2.2GHz+1.8GHz Snapdragon 630 (以下、SDM630)です。普通性能のCPUです。

ネットや、Twitterや、LINE、メール、Facebook、インスタグラムはもちろんのこと、一般的なゲーム、パズドラ、モンスト、ツムツムなども普通に遊べます。

スマホゲームの中にやFGOや音ゲー等やたら重いゲームや反応速度にシビアなゲームがあるので、重い3Dゲームを快適に遊びたい場合は、SDM660以上の高性能なCPUを選んでください。

不満点は、価格が5万円近くするのにCPUの性能がそこまで良くないことです。SDM630は悪くはないCPUですが、5万円近く出す場合はSDM660以上の高性能なCPUを搭載してもらいたかったです。

Xperia AceのAntutuのスコア

Xperia AceのAntutuのスコア 約90,000
CPU: 約39,000
GPU : 約20,000
UX : 約25,000
MEM: 約6,000

2022年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:870、888、8 Gen1、8+ Gen1
Google:Tensor
iPhone:12シリーズ、SE 第3世代、13シリーズ、14、14Plus、14Pro、14Pro Max
高性能
Snapdragon:845、778G、780G、855、860、865
MediaTek:Dimensity 1200-Ultra(Snapdragon 865と同じくらい)
Galaxy:Exynos1280(スナドラ845と同じくらい)
iPhone:XR、XS、XS Max、SE 第2世代、11シリーズ
比較的高性能
Snapdragon:480、730、730G、690 5G、720G、732G、750G、695 5G、765G、835
MediaTek:Dimensity 700(スナドラ480と同じくらい)、800U
iPhone:8、X
普通性能
Snapdragon:662、665、660、820、670、675、680、710
MediaTek:Helio G85
iPhone:7
低性能
Snapdragon:630、632、650、636
MediaTek:Helio G37
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE 第1世代
最底辺
Snapdragon:450、625、439、460
MediaTek:Helio P35
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6

※ 右に行くほど高性能 (Snapdragon 480から732Gまではほとんど同性能)

スマホを人よりも少し多く使う場合は、比較的高性能以上を選びます。スマホがよりサクサク動くようになります。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

電池持ちの詳細:2700mAhでも電池持ちは比較的良い

Xperia Aceの電池容量は2700mAhです。

最近のスマホは電池容量が4000mAh前後が一般的になりつつあるので、Xperia Aceの電池容量は少ないです。

ただ、Xperiaは省エネ性能が良く、特にコンパクトスマホは電池容量が少なめでも電池持ちが意外に良かったりします。

Xperia Aceのディスプレイは5インチで画面が小さいので、電池消費も抑えられます。大容量の電池は必要ない感じです。

カメラ性能の詳細:5万円近いスマホとしては微妙

Xperia Aceのカメラ性能
背面:1200万画素(F値1.8 / 光学手ぶれ補正)
前面:800万画素(F値2.4 / 超広角対応)

正直微妙なカメラスペックです。

3万円のスマホならわかりますが、5万円近くするスマホでシングルカメラでF値1.8の1200万画素というのは結構貧弱です。

インカメラも超広角で撮れるとしても800万画素の低画質でF値2.4の暗いレンズです。

CPUもSDM630なので、ISP(イメージシグナルプロセッサー)の性能もそこまで良くないはずなので、Xperia Aceのカメラ性能は微妙な感じがします。

価格が3万円なら文句言うなですが、価格が5万円近くだと、5万円にしてはカメラ性能があまり良くないと言う評価になってしまいます。

Xperia Aceの総合評価、コンパクトさを重視する場合に検討

Xperia Aceは、Xperiaと言うブランドが好きな場合で、コンパクトさを重視する場合に検討してみてください。

ソニーがようやくSIMフリーのXperiaを出したことは評価できます。

そしてXperia Aceの価格が5万円近いとしても、今までXperiaは価格は8万円以上する超高性能スマホしか出していませんでした。それを考慮すると、ないよりあったほうが良いのかなと思う機種です。

※ 売上的に失敗したXperia J1 compactの存在は闇に沈めます

ドコモオンラインでもハイエンドで高額なXperia 1よりも、ミドルローで中価格帯のXperia Aceのほうが売れているのが現状です。

ただ、SIMフリー市場の中では、Xperia Aceの割高感は大きいです。同時期に売られていたPixel 3a、OPPO Reno A、AQUOS sense3と比べて、大きく見劣りするのがXperia Aceです。

Xperia Aceの強みは何なのかと言うと、おそらくXperiaと言うブランド名だと思います。

日本のスマホメーカーの中では、まだなんとか数を売っているので、Xperiaにはもっと頑張ってもらいたいところです。

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • OPPO Reno7 A
    • 見た目が良くて、電池持ちも良い。40,000円、6.4インチ、CPU Snapdragon 695 5G、RAM6GB、ROM128GB、カメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素、重さ175g、電池容量4500mAh、防水、おサイフケータイ
  • OPPO Reno5 A
    • コスパが良く高性能。カメラ性能も良い。35,000円、6.5インチ、CPU Snapdragon 765G、RAM6GB、ROM128GB、カメラ6400万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素、重さ182g、電池容量4000mAh、防水、おサイフケータイ
  • Mi 11 Lite 5G
    • 薄型軽量で高性能。40,000円、6.55インチ、CPU Snapdragon 780G、RAM6GB、ROM128GB、カメラ6400万画素(F値1.79)+超広角800万画素(F値2.2)+テレマクロ500万画素、重さ159g、電池容量4250mAh、おサイフケータイ
  • AQUOS sense6
    • 長く使える。40,000円、6.1インチ、CPU Snapdragon 690、RAM4GB、ROM64GB、カメラ4800万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.4)+望遠800万画素(光学2倍)、重さ156g、電池容量4570mAh、防水、おサイフケータイ、耐衝撃
格安SIMの管理人の画像
書いた人

2015年3月から格安SIMの比較サイトを運営しています。

1人で地道にこつこつ運営していたら、累計訪問者数は約2600万人で約9000万ページビューになりました(2021年8月時点)

これからも格安SIMと格安スマホの情報をできるだけ詳しくお届けします!

最終更新日 2021年1月20日 / 作成日 2019年10月10日
0 0
この記事は参考になった/良かった
※注:口コミやコメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミ

購読する
通知する
guest

0 の口コミとコメント
「Xperia Aceの詳細スペックと使える格安SIMのまとめ (2019年発売)」をシェアしてくださいm(_ _)m
コメント