ZenFone 4 Maxの性能評価と評判+購入後の詳細レビューとキャンペーン情報

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

ZenFone 4 Maxは2017年12月8日に発売された電池持ち最強の格安スマホです。価格は2万4800円です。一般的な使い方なら十分な性能のCPU、RAM3GB、ROM32GBを搭載しています。

ZenFone 4 Maxの強みは電池持ちが超良いことです。ZenFone 4 MaxのCPUは普通程度の省エネ性能ですが、画面が5.2インチでHD解像度、そして4100mAhの大容量電池を積んでいます。

最近の格安スマホは電池落ちがかなり良いですが、ZenFone 4 Maxはさらに電池落ちが3割くらい良いです。電池持ちにおいては、ZenFone 4 Maxは最強クラスです。電池持ちで肩を並べるのは、AIで効率的に電池を節約しているMate 10 Pro(9万円!)くらいです。

トリプルスロットとDSDSにも対応しています。ほとんどのDSDS対応機種は、SIMカードを2枚入れるとマイクロSDカードを入れる場所がなくなりますが、ZenFone 4 MaxならSIMカードを2枚入れても、マイクロSIMカードを入れて使うことができます。

auのVoLTEにも対応しているので、ドコモ系の格安SIMに加えて、au系の格安SIM(VoLTE用SIM/マルチSIM)でも使うことができます。ソフトバンク系の格安SIMも使えます。

ただし、注意点はカメラ性能が悪いことです。ダブルレンズカメラで通常カメラと風景を2倍の広さで撮レル広角カメラを使い分けることができますが、画質はあまり良くありません。

電池持ちはそこまで重視していない場合は、ZenFone 4 MaxよりCPUの性能が良いnova lite 2、CPUの性能が良くてau系の格安SIMも使いたい場合はP10 lite、防水・おサイフケータイ対応スマホならAQUOS sense/liteです。なんでも快適にサクサク使いたい場合は、価格が倍以上になりますがZenFone 4が選択肢になって来ます。

このサイトではZenFone 4 Maxを購入して、電池持ちやカメラの実性能、GPSの精度、指紋認証の反応速度などの一連のテストを行なっています。

ZenFone 4 Max

ZenFone 4 Maxのスペック(性能)

ZenFone 4 Max
CPUオクタコア1.4GHz×4+1.1GHzx4 Snapdragon 430
RAM3GB
ROM32GB
ディスプレイ5.2インチ
解像度1280×720
カメラ背面1300万画素(F値2.0)+500万画素広角/前面800万画素
電池容量4100mAh
サイズ150.5 × 73.3 × 8.7mm
重さ156グラム
連続待受888時間(LTE)
充電時間3.5時間
本体カラーネイビーブラック、サンライトゴールド、ローズピンク
発売日2017年12月8日
価格(税別)2万4800円

Android 7.1.1(8へのアップデート予定)、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大256GB)、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応、DSDSでマイクロSDも同時使用可)、指紋認証(前面)、ジャイロスコープ不明、WiFi 802.11b/g/n対応、USB Type C 2.0非対応、CA非対応

トリプルスロットに対応しているので、外部マイクロSD(マイクロSDカード)と2枚のナノSIM、合計3つをスロットに入れて使うことができます。

対応周波数(バンド)

FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28 (auのVoLTEに対応予定)
TD-LTE:B38/41
W-CDMA:B1/2/5/6/8/19

ドコモ系の格安SIMへの対応

FDD-LTEは日本で使われているLTEバンドです。ドコモのLTEが主に使っているバンドはバンド1、バンド3、バンド19、バンド28です。ドコモの主要バンドの全てをカバーしているので、ドコモ系の格安SIMのLTEでのデータ通信は問題ないです。

W-CDMA(3G)はバンド6に対応しているので、FOMAプラスエリアにも対応しています。山間部などでも音声通話や3Gでデータ通信がしやすくなっています。

au系の格安SIMへの対応

au系の格安SIM、UQ mobileとmineoのauプラン、そしてIIJmioのタイプAが主に使っているLTEバンドは、バンド1、バンド18、バンド26です。ZenFone 4 Maxは全てに対応しているのでデータ通信は問題ないです。

auのVoLTEにも対応しているので、au系の格安SIM(VoLTE用/マルチSIM)で音声通話やSMSも使うことができます。

TDD-LTEは日本ではauでWiMAX 2+用のバンドとして、バンド41が使われています。au系の格安SIMを使えば、WiMAX 2+の電波でデータ通信ができます。(ただし、速度は通常のLTEよりもほんの少しだけ速くなるかもくらいです)

ソフトバンク系の格安SIM(ワイモバイル)への対応

ソフトバンク系の格安SIM、ワイモバイルが使っているLTEバンドは、バンド1、バンド3、バンド8です。全て対応しているので、LTEでのデータ通信は問題ないです。

W-CDMA(3G)はバンド1と8に対応しているのでソフトバンク系の格安SIMでも音声通話ができます。

ZenFone 4 Maxはドコモ系の格安SIM、au系の格安SIM、そしてソフトバンク系の格安SIMでも問題なく使うことができます。

ZenFone 4 Maxの評価と比較

ZenFone 4 Maxの強みは、一般的な使い方なら実用上問題なく使えるスペックを備えつつ、電池持ちが超良くなっていることです。加えて、トリプルスロットにも対応しているので、DSDSをしながらマイクロSDカードも使うことができます。

そして価格は比較的手頃な2万4800円。

最近の格安スマホは高品質&高価格が進んでいて、手頃で性能もそこそこ良さそうな格安スマホは少なくなりつつあります。

そんな中に発売されるのが実用性重視のZenFone 4 Maxです。

ZenFone 4シリーズはZenFone 4 Maxの他にも、高価格で高品質のZenFone 4(人気)、自撮りに特化したZenFone 4 Selfie Pro、超超高性能のCPUを搭載したハードなゲーム向けのZenFone 4 Proも販売されています。

ここでは主に価格と実用性重視のZenFone 4 Maxの評価を行なっていきます。まず最初に、ZenFone 4 Maxの強みである電池持ちとトリプルスロットについて説明してから、一般的なスペックの評価を行なっていきます。

電池持ちが超良い

ZenFone 4 Maxの電池持ちは超良いです。

電池持ちを左右するスペック
電池容量4100mAh、画面5.2インチ、解像度1280×720、CPU Snapdragon 430、
バッテリー駆動時間 Wi-Fi通信時21時間、モバイル通信時16.4時間、連続待受時間888時間

一般的な格安スマホより電池容量が1.4倍くらい多くなっていて、解像度を低くすることで画面の消費電力を抑えることができます。Snapdragon 430というCPUは省エネ性能は普通レベルです。連続待受時間が一般的な格安スマホよりも1.4倍くらい長いので、スリープ時の電池持ちはかなり良くなっています。

Wi-Fiでブラウジング(Webサイトの閲覧)をする場合は21時間電池が持ちます。モバイル通信時だと16.4時間です。

ざっくり評価すると電池持ちは超良いです。

実際に試してみたところ、Youtubeの連続再生時間は16時間56分を記録しました。最近の格安スマホの連続再生時間は11時間前後なので、1.5倍以上の電池持ちになっています。今まで計測した格安スマホの中でも一番電池持ちが良いです。

電池持ちを重視する場合は、ZenFone 4 Maxが特にオススメです。

ZenFone 4 Maxやその他の格安スマホの実際の電池持ちは、スマホの電池持ちの詳細調査を参考にしてみてください。

電池の寿命が2倍になる機能を搭載

ZenFone 4 MaxのASUS PowerMasterという機能を使えば、バッテリー寿命を約2倍に伸ばすことができます。

一般的な格安スマホは、2年半くらいで電池が劣化していき電池持ちが悪くなっていきます。それがZenFone 4 MaxののPowerMasterの機能をオンにすれば、一般的な使い方ならZenFone 4 Maxは4年くらい電池の劣化を気にせず使うことができます。

電池はフル充電ではなく80%程度の充電量に抑えることで電池の劣化を抑えることができます。ただし、普通の格安スマホだと80%の充電量に抑えること自体手間ですし、80%にすると少し電池持ちに不安を感じます。

ZenFone 4 Maxなら、PowerMasterで自動で充電量を8割程度に制限してくれます。そして80%程度の充電量でも、ZenFone 4 Maxなら電池持ちはかなり良いままです。

PowerMasterをオンにしてYoutubeの連続再生時間を計測してみたところ、16時間56分から14時間9分に減少していました。

14時間でも一般的な格安スマホよりも3割くらい電池持ちが良いので、電池の劣化の心配なしに長い間使い続けたい場合に、PowerMasterをオンにして使うことをお勧めします。

注意:スリープにならない現象が発生する

ZenFone 4 Maxをフル充電すると画面を消灯してもスリープにならなくなります。フル充電後に再起動すると、スリープし出すのですが、フル充電するたびに再起動するのは現実的ではありません。

スリープにならないと、画面を消灯時でも電池をそこそこ消費します。スリープになれば1時間で0.3%程度の電池消費にすることができるのですが、スリープにならないと1時間で1%くらい電池を消費してしまいます。

スマホを普通程度に使う場合は、スリープ時の電池消費はそんなに気にしなくて大丈夫ですが、スマホをそんなに使わないライトユーザだと、放置していてもそこそこ電池を消費してしまうので、ZenFone 4 Maxの電池持ちの良さは実感できなくなります。

ライトユーザの場合は、ZenFone 4 Maxは選ばない方が良いです。スリープの問題が発生していないnova lite 2をオススメします。

トリプルスロットでDSDSとマイクロSDカードを同時に使える

トリプルスロットにはスロットが3つあります。

ほとんどの格安スマホはスロットが2つです。その2つのスロットにSIMカード(格安SIM)とマイクロSDカードを入れて使います。SIMカードが2つ入る場合もありますが、その場合はマイクロSDカードを入れる場所がなくなります。

トリプルスロットならスロットが3つあるので、SIMカードを2つ入れてもマイクロSDカードを入れる場所があります。そのためトリプルスロットならDSDSでSIMカードを2つ入れる場合でも、マイクロSDカードも入れて使うことができます。

DSDSの主な使い方
・ドコモのFOMAカード(タイプSSバリュー等)+ドコモ系/au系/ソフトバンク系の格安SIM(データSIM)
・ドコモ系の格安SIM(通話SIM)+UQ mobileの格安SIM(データSIM)
・ドコモ系の格安SIM(仕事用の通話SIM)+ドコモ系の格安SIM(私用の通話SIM)

ざっくりとこんな感じで使うことができます。

トリプルスロットではないDSDS対応スマホの場合、大きな容量のROMを選べばマイクロSDカードの必要性は少なくなるのですが、スマホは壊れることがあります。

スマホが壊れた時、スマホに挿入したマイクロSDカード側に写真データなどを保存していないと、写真データもろともデータが吹っ飛ぶ可能性があります。DSDS対応のトリプルスロットなら、スマホが壊れた時でも大ダメージを避けることができます。(定期的にパソコンにバックアップを取ればマイクロSDカードに必要性は低いですが、定期的なバックアップは割とめんどいです)

そこそこ高性能のCPUを搭載

ZenFone 4 MaxのCPUはSnapdragon(通称スナドラ) 430、オクタコア1.4GHz×4+1.1GHzx4です。

ざっくり評価すると、そこそこ高性能のCPUと言ってしまいましたが、今ではフツーのCPUの性能です。(少し前まではそこそこ高性能で通った気がするのですが・・、昨今の格安スマホの高価格化&高性能化で、スナドラ430は普通レベルに・・)

優れた強みがあるCPUというわけではなくフツーです。あえて言えば、Snapdragon 430のCPUは安いので、スマホ本体の価格も安くなることくらいです。

フツーと言っても一般的な使い方なら特に困らない性能になっています。

ネットもサクサクできるし、Twitterも問題なし、LINEも大丈夫、インスタグラムやFacebookなど、ほとんどのことは問題なくサクサク使えます。ただし、CPUの性能が良いだけ良いという領域があります。それが高度な3Dゲームです。

高度な3Dゲームを快適にプレイしたい場合は避ける、あとは真のサクサク感を味わいたい場合は避ける

一般的な3Dゲームなら別にそんなに高性能なCPUは必要ありません。パズドラ、モンスト、ツムツム、ポケモンGO、どうぶつの森(ポケ森)も普通に遊べます。

ただし、3Dゲームの中にはやたらと高度な計算(超素早い反応速度)が必要なゲームがあります。

ゲームが好きな場合は、ZenFone 4 Maxは避けた方がいいです。同じような値段でもnova lite 2のほうがゲームが快適に動きます。さらに言うと、SnapdragonでAntutuスコアが10万を超えているものが望ましいです。

スナドラ430でもサクサク動くといいましたが、ゲームの起動時間を数秒短縮したい場合や、アプリの切り替えやメニュー画面の移動などを0.05秒くらい速くしたい場合は、Antutu7万以上のスマホを選ぶことをオススメします・・。

ZenFone 4 MaxのAntutuスコア(v7.0.5)

ZenFone 4 MaxのAntutuスコアは55,635になりました。nova lite 2のAntutuスコアは88,801なので、nova lite 2と比べると結構低いです。

nova lite 2のAntutuスコア 88,801
CPU: 41,851
GPU : 13,295
UX : 24,361
MEM: 9,294

本体価格はZenFone 4 Maxとnova lite 2は同じ程度ですが、性能はnova lite 2のほうがだいぶ良い数値が出ます。

その他の格安スマホのAntutuスコア(v7以上)
・Mate9: 146,184
nova lite 2: 88,801
P10 lite: 77,155
・ZenFone 3: 77,021
・ZenFone 2 Laser: 35,022

下記はAntutuテストv7以上の基準での評価になります。

一般的な使い方なら35,000程度でもわりと普通に使えますが、サクサク感は厳しいです。50,000あるとかなりサクサク使えて、もっとサクサク使いたい場合は70,000以上が望ましいです。

ゲーム好きな場合は、Antutuスコアが最低でも55,000がボーダーラインです。70,000以上である程度余裕が出てきて、高度なゲームでも大抵は問題なく遊べます。ただし、ゲームが大好きな場合は100,000以上のAntutuスコアが出るスマホがオススメです。

ゲームは暇つぶしと思っているくらいだと、35,000くらいでもそこそこ普通に遊べます。

参考:格安スマホとiPhoneのAntutuスコアの詳細+電池消費と発熱時の温度 (この記事はまだv6.2.7基準の測定です。できるだけ早くv7以上の情報に修正します)

RAM3GBとROM32GBを搭載

ZenFone 4 MaxはRAM3GBとROM32GBを搭載しています。

RAMの容量が大きいほど、一度に起動できるアプリの数が増えます。一般的な使い方ならRAMは2GBでも大丈夫ですが、3GBあれば安心して使えます。ゲームをしながら何かアプリをたくさん使いたい場合は、RAM4GBあるといい感じです。

ZenFone 4 MaxはCPUの性能的にもRAM3GBでちょうど良い感じです。

ROMはデータを保存する場所です。アプリのデータや写真、音楽、動画などを保存します。ROM16GB以上+マイクロSDカード(32GB以上)の組み合わせが一般的です。

アプリを少したくさんインストール(目安:15個以上)しだすと、ROM16GBだと容量が足りなくなります。ZenFone 4 MaxはROMが32GBあるので、アプリをかなりたくさんインストールしても余裕があります。

スマホが壊れた時に写真などのデータもROMに保存してしまっていると、写真データもなくなる可能性があります。基本的には、ROMに全部頼らず、写真や動画、音楽などはマイクロSDカードを購入してマイクロSDカードに保存することをお勧めします。

ZenFone 4 MaxならDSDSでSIMカードを2枚使う場合でも、マイクロSDカードを使うことがでいるので安心です。(SIMカード1枚だけなら、ほとんど全ての格安スマホでマイクロSDカードが使えます)

参考:格安スマホのRAMとROMの適切な容量、マイクロSDカードの使い方

ZenFone 4 MaxのRAMの使用量

電源を入れて起動した状態ではRAMは611MBしか使っていませんでした。最近の格安スマホはRAMが大容量になっていますが、何も使わなくても1.2GBくらいRAMを使っているので、ZenFone 4 Maxはかなり節制な感じです。

ZenFone 4 MaxのROMの空き容量

購入時のZenFone 4 MaxのROMの空き容量

ZenFone 4 MaxのROMは32GBですが、実際に使えるのは22.72GBです。ただし、デフォルトでインストールされているアプリを最新の状態にアップデートすると・・・

20.92GBが使える空き容量になりました。実際にはいらないアプリをアンインストールできるので、21.5GBくらいは使えたりします。アプリをインストールする容量とはして十分です。

カメラ性能はあまり良くない

ZenFone 4 Maxは背面に通常カメラと広角カメラの2つが付いています。写真を撮るときは、どちらか片方を使って写真を撮るのですが、画質がどちらもあまり良くないです。

特に広角カメラは撮らないほうが良いレベルになっています。

ZenFone 4 Maxのカメラ性能
背面背面1300万画素(F値2.0)+500万画素広角
前面800万画素

500万画素の120°の広角カメラで写真を撮ると、写真の範囲が通常の2倍の広さになります。主に風景を広い範囲で撮りたい場合に便利なカメラなのですが、前述したように画質がかなり悪いです。

適度に明るいところで撮影するなら大丈夫だと思いますが、夕方など少しでも暗いと画質はかなり悪くなります。通常カメラも少しでも暗いと、より暗く写真を撮ってしまい、残念品質になります。食べ物の写真もあまり良い感じに取れない場合があります。

実際にZenFone 4 Maxを使って写真をいくつか撮ってきたので、画質の参考にしてみてください。

ZenFone 4 Maxで撮った夜の東京タワー (通常カメラ)

格安スマホのカメラの性能テスト(ビックマック/東京タワー/食事)、ZenFone 4 Max、P10lite、iPhone SE

少しでもカメラ性能を重視している場合は避けたほうが良いですが、撮れれば良いやくらいなら特に問題ないかと・・。

ZenFoneでカメラ性能を重視する場合は、ZenFone 4がオススメです。ZenFone 4の通常カメラと広角カメラで撮った写真の比較を載せているので参考にしてみてください。

ZenFone 4のカメラ性能
背面1200万画素(F値1.8/1.4μm)+800万画素広角(F値2.2)
前面800万画素

通常カメラの画素数はZenFone 4 Maxのほうが多いのですが、画素数よりもF値と1.4μmの数値のほうが重要です。F値が小さいほど性能が良いカメラです。μmの数値が大きいほど、暗いところに強いカメラになっています。(ZenFone 4 Maxにはμmの記述がありませんでした)

ZenFone 4 Maxは、2万4800円のスマホとしては頑張っていますが、カメラ性能だけはマズイ感じです。

カメラ性能を重視する場合は、価格が高くなりますがZenFone 4がオススメです。ZenFone 4 Maxほど電池持ちは良くないですが、ZenFone 4もかなり電池持ちが良い格安スマホです。

ディスプレイが低解像度(1280×720)

ZenFone 4 Maxのディスプレイは5.2インチで解像度は1280×720です。

解像度が高ければ高いほど、画面がキレイになり文字も滑らかではっきりしていて読みやすくなります。

1280×720は一般的には低解像度になりますが、見た目は普通です。一般的な使い方なら特に困ることはないと思います。

低解像度
5インチ 1280×720 294ppi 特に不便なし
5.2インチ 1280×720 282ppi 特に不便なし
5.5インチ 1280×720 267ppi 特に不便なし(もしかして少しだけ荒いかも)
8インチ 1280×720 184ppi 割と荒い dtab d-01g

高解像度
5.2インチ 1920×1080 424ppi
5.5インチ 1920×1080 401ppi

ppiの数値が高いほど画質が良くなりますが、300ppi近くあれば特に不便は感じないと思います。200ppiぐらいだと画面の荒さが目立ってくる感じです。

低解像度は電池持ちが良くなるメリットがあります。高解像度ほど電池を消費します。特に動画などを見る場合、低解像度のディスプレイと高解像度のディスプレイで電池持ちに差が出たりします。

ディスプレイの解像度よりも動画の解像度のほうが低いのが普通なので、低解像度のディスプレイだからといって、動画が荒くなることはほとんどありません。

前面に指紋認証を搭載

ZenFone 4 Maxはスマホの前面の下に指紋認証のセンサーを搭載しています。

真ん中の長方形のボタンが指紋認証のセンサーです。ホームボタンとしても機能します。ZenFone 4だと左右のボタンはLEDで発光しますが、ZenFone 4 Maxだと左右のボタンは銀色のマークが付いているだけです。

スマホの性能によって、指紋認証の反応速度(認証速度)が変わりますが、ZenFone 4 Maxの反応速度は普通レベルです。

ZenFone 4やP10(P10 Plus)などの超高性能スマホだと0.2秒くらいでロックを解除してくれます。ZenFone 4 Maxだと0.3秒くらいでロックが解除してくれます。

0.2秒でロック解除してくれると気持ちいいですが、0.3秒でも実用上は特に問題はありません。

ZenFone 4 Maxの指紋認証の認証精度も良いです。

GPSの精度はかなり良い

基本的に最近の格安スマホはGPSの精度が良いです。実売価格が2万円を切っているスマホだと、GPSの精度が良くないスマホが混じっている場合がありますが、2万円以上のスマホでGPSの精度が悪い格安スマホはほとんどありません。

ZenFone 4 MaxはGPS / AGPS / Glonassに対応しています。実際に試してみましたが、位置衛星をかなり多く掴み、掴みも良いです。格安スマホの中でもトップクラスです。

ZenFone 3 LaserもGPSの精度がかなり良いですが、ZenFone 4 Maxは同じくらい、もしくはそれ以上にGPSの精度(安定性)が良くなっています。

徒歩や、電車、自転車で使ってみましたが、問題ありませんでした。電車の中でも普通にGPSを掴んでいたので、車のナビとしても普通に使うことができます。

GPSの精度を重視する場合は、ZenFone 4 Maxがオススメです。

格安スマホと白ロムの位置情報(GPS)の精度の詳細とテスト結果

充電時間が3.5時間で少し長い

ZenFone 4 Maxはフル充電にするのに付属の充電器(5V2A)で3.5時間かかります。

普通の格安スマホは2時間から2時間半くらいで充電が完了しますが、ZenFone 4 Maxの電池容量は通常のスマホの1.4倍くらいあるので、充電時間も1時間くらい伸びてしまいます。

付属の充電器で充電した場合

付属の充電器だとフル充電まで3時間半かかりますが、スマホの温度も33度くらいに抑えることができるので、電池をあまり傷めずに充電することができます。5.10V/1.58Aで充電していました。

Anker Powerport 5のIQ側で充電した場合

Ankerの充電器で充電すると3時間くらいでフル充電できます。5.20V/1.98Aで充電できますが、温度が36度くらいまで上昇しました。そんなにマズイ温度ではないですが、すこーしだけ電池を痛めるかもくらいです。

Anker Powerport 5のIQ側で、電池の寿命2倍のPowerMasterをオンにして充電した場合

PowerMasterをオンにすると2時間程度でフル充電になりました。表示上は100%ですが、実際は8割程度の充電量になります。

その他の細々としたこと

Android 8 アップデート予定

ZenFone 4シリーズは全てAndroid 8へアップデート予定なので、ZenFone 4 MaxもAndroid 8へアップデート予定です。

WiFi 802.11ac非対応

ZenFone 4 MaxはWiFi 802.11acには対応していません。802.11acはあったほうが良いですが、価格の安い格安スマホだと対応していない場合が多いです。なければないで、そこまで困るものでもないです。

USB Type C 2.0非対応

ZenFone 4 MaxはUSB Type C 2.0には対応していません。USB Type C 2.0に対応していると、差し込む向きに気にせず充電できるので少し楽です。これも価格の安い格安スマホだと対応していない場合が多いです。

キャリアアグリゲーション非対応

キャリアアグリゲーション(CA)にも対応していません。CAに対応していると、格安SIMで使う場合は、場合によっては電波の少し安定したり、少しだけ速くなる可能性があります。CAに対応していなくても特に困りません。

ポケモンGO用のスマホとしてはかなりオススメ

ZenFone 4 Maxは電池持ちが良く、GPSの精度がかなり良く、電池の寿命が2倍になる機能もあるので、ポケモンGO用のスマホとしてオススメです。

ただし、ジャイロスコープがついていないので、ARモード(カメラモード)は使えません。ARモードを使っているポケモンGOユーザはほとんどいないので大丈夫だと思いますが・・。

ZenFone 4 Maxの評判

ZenFone 4 Maxの評判は好評ですが、電池持ちをそれほど重視しない場合でトリプルスロット目当てで購入した人たちの評価はあまり良くないです。

ZenFone 4 Maxは比較的手頃な価格ということもあり、高性能ではありません。トリプルスロットありで高性能なスマホがほしいユーザがZenFone 4 Maxを買ってしまい、低評価になっている感じです。

電池持ちを重視して購入している人たちの評価はそこそこ好評です。

ただし、それでも事前にカメラの実性能がわかっていなかったので、実際に買ってカメラ性能が悪くて評価を低くしている人も見受けられます。

ZenFone 4 Maxのポイント
・電池持ちが超良い
・手頃な価格
・一般的な使い方なら十分な性能だけど高性能ではない
・カメラは残念品質
・トリプルスロット対応
・GPSの精度はかなり良い

一般的な使い方をする場合でネックになるのがカメラ性能です。

写真はほとんど撮らない場合はZenFone 4 Maxがオススメですが、写真をそこそこ撮る場合はZenFone 4 Maxのカメラ性能はちょっとマズイです。

ASUSはZenFone 4シリーズで「We love Photo」という標語を掲げていますが、ZenFone 4 Maxのカメラ性能には愛はないです・・。

手頃な価格で比較的良い写真を撮りたい場合、UQ mobileの専売モデルになってしまいますが、nova 2がかなりオススメです。UQ mobile以外を選びたい場合は、P10 liteも結構カメラ性能で頑張っています。

AQUOS sense/liteも実用性重視ですが、こちらは防水・おサイフケータイを重視する場合に選択する機種になります。カメラ性能はZenFone 4 Maxと比べてもそんなに良くはならないです。

ZenFone 4 Maxは写真はほとんど撮らない人が、比較的手頃な価格で、できるだけ長く使い続けたい場合にオススメの格安スマホになります。トリプルスロットだけを目的に買うと満足度は低めになってしまうと思います。

より快適により良いものを使いたい場合、ゲーム性能を重視したZenFone 4、カメラ性能を最重視したP10/P10 Plusが選択肢になる感じです。

ZenFone 4 Maxの口コミと質問は下記から

このサイトではユーザ参加型の格安SIMと格安スマホの口コミサイトも運営しています。ZenFone 4 Maxも下記のリンクにて口コミや質問を受け付けているので、何か質問があったり口コミがあれば、書き込んでいただければと思います。

格安SIMのSNS:ZenFoneシリーズの口コミ

ZenFone 4 Maxが買えるMVNOとキャンペーン情報

※ 計算するのが面倒なので、以下は税抜き表示になります。

ZenFone 4 Maxの定価:2万4800円

ZenFone 4 Maxは、NifMo、BIGLOBEモバイル、エキサイトモバイル、IIJmio、DMMモバイル、LINEモバイル、楽天モバイル、イオンモバイルで扱っています。

おすすめNo1:NifMo、高額キャッシュバック

NifMoでは、2万2223円でZenFone 4 Maxを販売しています。キャンペーンでかなり割安に手に入れることができます。

NifMo(ニフモ)のキャンペーンの詳細、格安スマホまたは格安SIMの申し込みで高額キャッシュバック

NifMo(ニフモ)では格安スマホを購入すると最大2万1000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行っています。

対象の格安スマホ:P20、P20 lite、nova lite 2、P10 Plus、Mate 10 Pro、AQUOS sense lite、ZenFone 5、ZenFone 5Z、ZenFone 5Q、ZenFone 4、ZenFone 4 Max、ZenFone Max Plus(M1)、Moto G6 Plus、Moto G6、Moto E5等

格安SIMのみ申し込む場合も最大15100円のキャッシュバックキャンペーンを行なっています。2018年7月31日まで。
キャンペーンの詳細を見る

NifMoのZenFone 4 Maxの詳細と申し込みはこちら →

※NifMoでは在庫切れを起こすことがあるので、検討する前に在庫があるかどうか確認することをオススメします。

NifMoは格安スマホを安く手に入るのに加えて、実際に出る通信速度も比較的速く、月額料金も安いので格安SIMとしてもおすすめです。

NifMoの詳細評価

おすすめNo.2:BIGLOBEモバイル、高額キャッシュバック

BIGLOBEモバイルでは2万3280円でZenFone 4 Maxを販売しています。BIGLOBEモバイルでも下記のキャッシュバックキャッシュバックキャンペーンで、かなり割安にZenFone 4 Maxを手に入れることができます。

BIGLOBEモバイルのキャンペーンの詳細、最大1万5300円相当の特典+初月無料+紹介コードで追加で1ヶ月無料

BIGLOBEモバイルでは、ドコモ回線のタイプDの月3GB以上のプランを申し込むと月額割引とキャッシュバックを行なっています。

通話SIMのみだと合計7200円の月額割引、通話SIMと格安スマホのセットだと合計1万800円、データSIMと格安スマホのセットだと合計3600円の月額割引を行なっています。さらに通話SIMだと4000円のキャッシュバックと月額料金の支払いに使える500円分のGポイントももらえます。

2018年8月5日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルのキャンペーンの詳細とZenFone 4 Maxの申し込みはこちら → BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルはYoutubeやAmebaTVが月480円で見放題になるオプションがあるので、動画をたくさんみたい人にオススメの格安SIMです。

BIGLOBEモバイルの詳細評価

BIGLOBEモバイルの今やっているキャンペーンは結構お得なので、格安SIMを契約しようと思っている場合はBIGLOBEモバイルがおすすめです。

おすすめNo3:エキサイトモバイル

エキサイトモバイルでは、ZenFone 4 Maxを2万4800円で販売しています。キャッシュバックや月額割引などのキャンペーンを行なっています。

エキサイトモバイルのキャンペーンの詳細とオススメの格安スマホ、初期費用3000円が無料!

エキサイトモバイルでは、2018年8月1日まで格安SIM(データSIM/通話SIM)を申し込むと通常かかる初期費用3000円が無料になるキャンペーンを行っています。その他にもP20、P20 lite、AQUOS sense plusが少し割引価格で買えるキャンペーンも行っています。
キャンペーンの詳細を見る

エキサイトモバイルのZenFone 4 Maxの詳細と申し込みはこちら → エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは格安SIMとしても良いサービスを提供しているので、普通に使う格安SIMとしてもおすすめです。

エキサイトモバイルの詳細評価

おすすめNo4:IIJmio、少し安い

IIJmioのZenFone 4 Maxの価格は2万3800円です。

IIJmioのキャンペーンとオススメの格安スマホの詳細、初期費用1円+月4GB増量+最大1万円分のギフト券+1年間月額料金が300円引き

IIJmioでは2018年7月31日までに格安SIMを申し込むと、通常3000円かかる初期費用が1円、1年間毎月3GB増量になります。それに加えて、音声通話SIMだと月額料金が1年間300円引き(合計3600円引き)、音声通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大1万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。

さらに今ならデータ量が1年間毎月1GB追加でもらえる当サイト限定のキャンペーンも行っています。通常キャンペーンと合わせて合計4GB増量です。例えば月3GBプランなら1年間毎月7GBも使えます!
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioのZenFone 4 Maxの詳細と申込はこちら → IIJmio

IIJmioの詳細評価

楽天モバイル

楽天モバイルではZenFone 4 Maxを1万9800円で販売しています。

楽天モバイルのスーパーホーダイは最大1Mbpsで使い放題、それと5分かけ放題がついた通話SIMのプランです。月額料金が1980円(2年目2980円)。2年契約なら楽天ポイントが1万円、3年契約なら2万円のキャッシュバックがもらえます。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細とオススメの格安スマホとiPhone、サマー大セール

楽天モバイルでは、2018年8月9日まで、格安スマホとiPhoneが割安に買えるサマー大セールを行っています。nova lite 2が6600円、nova liteが4600円とかなり安くなっています。
キャンペーンの詳細を見る

楽天モバイルは楽天市場を使う場合にオススメの格安スマホです。

楽天モバイルのスーパーホーダイの詳細評価

DMMモバイル

DMMモバイルではZenFone 4 Maxを2万4800円で販売しています。

DMMモバイルのキャンペーンの詳細とお勧めの格安スマホ、Amazonギフト券を最大5000円分プレゼント

DMMモバイルで格安SIMを申し込むと、今なら当サイト限定でAmazonギフト券が最大5000円分がもらえるキャンペーンを行っています。キャンペーン終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

DMMモバイルはデータを月1GB程度しか使わないライトユーザにオススメの格安スマホです。

DMMモバイルの詳細評価

LINEモバイル

LINEモバイルではZenFone 4 Maxを2万5800円で販売しています。

キャンペーンも行っていますが、LINEモバイルの端末セットはお得度が低いので、格安SIMのみを申し込む場合に検討することをオススメします。

LINEモバイルのキャンペーンの詳細とオススメの格安スマホ、初月無料+通話SIMだと6ヶ月間900円引き(合計5400円)&LINEギフトコード最大4000円分プレゼント

LINEモバイルでは、音声通話SIMを申し込むと、月額料金が6ヶ月間900円引きになるキャンペーンを行っています。このキャンペーンに加えてLINEギフトコードが最大4000円分もらえるキャンペーンも行っています。2018年8月31日までのキャンペーンです。

7月2日から始まったLINEモバイルのソフトバンク回線なら7月と8月はデータ量2倍使えるキャンペーンも行っています。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルは、LINEの年齢認証ができたり、LINEやTwitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしに使えるので、これらのSNS系のアプリを多用する場合は、一番おすすめです。

LINEモバイルの詳細評価

イオンモバイル

イオンモバイルではZenFone 4 Maxを2万5800円で販売しています。

イオンモバイルの詳細評価

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)では、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • nova lite 2
    • コスパ最強の格安スマホがnova lite 2です。格安スマホで迷ったらとりあえずnova lite 2が一番無難です。価格が2万2800円、5.65インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ143g、電池容量3000mAh
  • P10 lite
    • 格安スマホで2017年に一番売れたのが3万円程度で買えてコスパの良いP10 liteです。比較的手頃な価格でバランスの良い性能になっています。auのVoLTEにも対応しているのでau系の格安SIMも使えます。CPUオクタコア2.1GHzx4+1.7GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素、重さ146g、電池容量3000mAh
  • ZenFone 4
    • 超高性能で省エネなCPU、大容量のRAM6GBを搭載しています。通常カメラと広角カメラがついていて、広角カメラでは風景を2倍の広さで撮ることができます。風景を撮りたい場合に、特にオススメのスマホです。5.5インチ、CPUオクタコア2.2GHz、RAM6GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ1200万画素+800万画素広角、重さ165g、電池容量3300mAh、DSDS対応、auのVoLTE対応
  • AQUOS senseとAQUOS sense lite
    • AQUOS sense/liteは、そこそこ高性能のCPUと防水・おサイフケータイ対応、RAM3GB、ROM32GBのバランスの良い日本仕様の格安スマホです。価格も3万円程度と比較的手頃な価格です。CPUオクタコア1.4GHz×4+1.1GHz×4、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1310万画素、重さ148g、電池容量2700mAh
最終更新日 2018年3月16日 / 作成日 2017年12月8日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る