ZenFone 4 Proの性能評価と評判、使える格安SIMのまとめ

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

ZenFone 4 Proは2017年10月27日に発売された格安スマホです。ドコモ系、au系、ソフトバンク系の格安SIMで使うことができます。

発売当時は超高性能な格安スマホだったので、今でも快適に使えます。この記事を2019年に更新していますが、この記事のほとんどは2018年時点の情報になります。記録用にこの記事を残しておきます。

ーーー 以下2018年時点の情報 ーーー

ZenFone 4 Proは2017年10月27日に発売された超超高性能な格安スマホです。Snapdragon 835という超超高性能なCPUと6GBのRAMを搭載して、光学2倍のズームに対応した最高品質のデュアルレンズカメラを搭載しています。電池持ちもかなり良いです。

価格は8万9800円でしたが、2018年3月に値下げになり6万9800円になりました。

ZenFone 4 Pro

auのVoLTEにも対応しているので、ドコモ系の格安SIMに加えて、au系の格安SIM(VoLTE用SIM/マルチSIM)でも使うことができます。ソフトバンク系の格安SIMでも使えます。DSDSにも対応しています。

ゲームが大好きな場合にZenFone 4 Proが選択肢になりますが、価格が高くて売れ行きは微妙でした。

その教訓からZenFone 4 Proの後継機種のZenFone 5Zは、ZenFone 4 Proよりも高性能、そして最初から価格を6万9800円に抑えて2018年6月に発売しました。結果、ZenFone 5Zはハイエンド機種としてかなり売れています。

超高性能のハイエンド機種を検討している場合は、ZenFone 5Zがお勧めです。ZenFone 4 Proはすでに終売になっています。

ZenFone 4 Proのスペック(性能)

ZenFone 4 Pro
CPUオクタコア2.45GHz Snapdragon 835
GPUAdreno 540
RAM6GB LPDDR4
ROM128GB UFS 2.1
ディスプレイ5.5インチ AMOLED Gorilla Glass5
解像度1920×1080
カメラ背面1200万画素(F値1.7/1.4μm)+1600万画素ズームカメラ(F値1.9)/前面800万画素
電池容量3600mAh
サイズ156.9 × 75.6 × 7.6mm
重さ175グラム
連続待受330.6時間
WiFi駆動17.1時間
充電時間1.6時間
本体カラーホワイト/ブラック
発売日2017年10月27日
価格(税別)8万9800円 6万9800円

Android 7.1.1(8へのアップデート予定)、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大2TB)、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応、マイクロSDと排他)、指紋認証(前面)、ジャイロスコープ搭載、WiFi 802.11b/g/n/ac対応、USB Type C 2.0対応、NFC対応(Type A)、デュアルスピーカー、2CA/3CA対応

外部マイクロSDとナノSIMのスロットが共有スロットになっているので、外部マイクロSDを使う場合はナノSIMが使えず、マイクロSIMの1枚しか使えなくなります。

対応周波数(バンド)

FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B26/B28/B29/B30
TD-LTE:B38/B39/B40/B41
W-CDMA:B1/B2/B3/B4/B5/B6/B8/B19

ドコモ系の格安SIMへの対応

FDD-LTEは日本で使われているLTEバンドです。ドコモのLTEが主に使っているバンドはバンド1、バンド3、バンド19、バンド28です。ドコモの主要バンドの全てをカバーしているので、ドコモ系の格安SIMのLTEでのデータ通信は問題ないです。

W-CDMA(3G)はバンド6に対応しているので、FOMAプラスエリアにも対応しています。山間部などでも音声通話や3Gでデータ通信がしやすくなっています。

au系の格安SIMへの対応

au系の格安SIM、UQ mobileとmineoのauプラン、そしてIIJmioのタイプAが主に使っているLTEバンドは、バンド1、バンド18、バンド26です。バンド18に対応していればバンド26は必要ありません。ZenFone 4 Proはバンド1,18に対応しているのでLTEでのデータ通信は問題ないです。

auのVoLTEに対応しているので、au系の格安SIMの場合、VoLTE用の通話SIMなら音声通話やSMSも使うことができます。

TDD-LTEは日本ではauでWiMAX 2+用のバンドとして、バンド41が使われています。au系の格安SIMを使えば、WiMAX 2+の電波でデータ通信ができます。(ただし、速度は通常のLTEよりもほんの少しだけ速くなるかもくらいです)

ソフトバンク系の格安SIM(ワイモバイル)への対応

ソフトバンク系の格安SIM、ワイモバイルが使っているLTEバンドは、バンド1、バンド3、バンド8です。全て対応しているので、LTEでのデータ通信は問題ないです。

W-CDMA(3G)はバンド1と8に対応しているのでソフトバンク系の格安SIMでも音声通話ができます。

ZenFone 4 Proはドコモ系の格安SIM、au系の格安SIM、そしてソフトバンク系の格安SIMでも問題なく使うことができます。

ZenFone 4 Proの評価と比較

ZenFone 4 Proと同時期に発売された、ZenFone 4は広い範囲の写真が撮れてゲーム性能がかなり良い、ZenFone 4 Maxは比較的安い価格で電池持ちが超良い、ZenFone 4 Selfie Proは自撮りに特化しているという切り口がありましたが、ZenFone 4 Proは厳しいです・・・。

ZenFone 4 Proは超高性能スマホですが、価格が8万9800円もします。2018年3月に2万円値下げして、6万9800円になりましたが、それでも割高感があります。

ここまでお金を出すなら最強性能のiPhone 8 / 8 Plusを素直に買ったほうがいい感じになってしまいます。

ZenFone 4 Proはゲーム性能が超良いですが、ゲーム性能を重視する場合なら、ZenFone 4で十分以上です。ZenFone 4 Proは光学2倍ズームに対応していますが、スマホの光学ズームは画質的にあまり評判はよくありません。

そんなこんなで、ZenFone 4 Proはあまり売れない高級格安スマホみたいな感じになっています。

ZenFone 4 Proは超超高性能なCPUを搭載

ZenFone 4 ProのCPUはSnapdragon 835、オクタコア2.45GHzです。超超高性能のCPUです。Antutuスコアも170,000くらいです。

何に使うかは置いておいて、もう少しお金を出せばiPhone 8が買えてしまいます。そしてiPhone 8のほうが性能が良いです。あえてZenFone 4 Proを選び理由が少ないです。

ただ、もともとZenFone 4 Proの価格は、高すぎる8万9800円でしたが、今ではそこそこ割高な6万9800円に値下げしたので、Androidスマホでゲーム性能を超重視する場合に、ZenFone 4 Proを選んでもそんなに悪くない感じにはなっています。

超大容量のRAM6GBとROM128GBを搭載

ZenFone 4 ProのRAMは6GB、ROMは128GBです。

ROMが128GBもあって何するんだと問われれば、何にするんでしょうね?みたいな感じになってしまいますが、いけない動画とか音楽をたくさん保存するのかもしれません。

光学ズーム2倍対応のカメラ性能

光学ズーム2倍を使うことができます。一般的なスマホだとデジタルズーム5倍くらいに対応していますが、デジタルズームだと画質が劣化します。光学ズームなら画質の劣化の心配なしにズームを使うことができます。

ただ、ZenFoneの光学ズームはまだ評価が微妙です。ZenFone Zoom Sも光学2.3倍に対応していましたが、画質が思ったよりも悪く光学ズームの評価は悪かったです。

ZenFone 4 Proの光学ズームがどの程度改善されたかはわかりませんが、実際に評価が出るまで光学ズームの評価は保留したようがいいです。

電池持ちは結構良い

ZenFone 4
5.5インチ(IPS)、3200mAh、Snapdragon 660、WiFi駆動18.7時間、連続待受531.7時間

ZenFone 4 pro
5.5インチ(有機EL)、3600mAh、Snapdragon 835、WiFi駆動17.1時間、連続待受330.6時間

ZenFone 4 proの連続待受が結構短くなっていますが、総合的にみてZenFone 3と同じくらいか、少しだけ電池持ちが良い結果になると思われます。

電池持ちの推定
ZenFone 4 > ZenFone 4 pro > ZenFone 4 Selfie pro

有機ELとGorilla Glass 5で割れにくいディスプレイ

ZenFone 4 Proは有機EL(AMOLED)ディスプレイを使っているので画面が綺麗です。加えて、Corning Gorilla Glass 5というガラスを使っているので、スマホを落としてもディスプレが破れにくくなっています。

ZenFone 4とZenFone 4 Selfie proはGorilla Glass 3を使っています。Gorilla Glass 3は一般的なスマホで使われていますが、Gorilla Glass 5よりも落とした時割れやすくなっています。

ZenFone 4 Proのその他の特徴

Android 8 アップデート予定 / WiFi 802.11b/g/n/ac対応 / USB Type C 2.0対応 / NFC対応(Type A) / 2CAと3CA対応 / DSDS対応(auのVoLTE対応) / Bluetooth 5.0 / GPS(GLONASS、Beidou、Galileo) / 指紋認証(前面)

デュアルスピーカーも搭載しています。NFCには対応していますが、Felicaには対応していないのでおサイフケータイは使えません。

ZenFone 4 Proのまとめ

帯に短し襷に長しな感じなのがZenFone 4 Proです。

あと2万円安ければ、超超高性能なCPU、もしくはカメラ性能に目をつけて切り込むというやり方もありますが、8万9800円ではどうにもこうにもなりませんでした。早々にZenFone 4 Proは匙を投げてしまいました。

そんなZenFone 4 Proですが、発売から5ヶ月経ち価格が2万円値下がりして、6万9800円になりました。

6万9800円なら、ZenFone 4 Proの性能からみてそんなに割高でもない感じです。ここまでくると、あと少し出してiPhone 8を買ったほうが良い気がしますが、iPhoneよりもAndroidスマホが良い場合で、ゲーム性能を超重視する場合には適した選択肢になっています。

ZenFone 4 Proの評判

「高すぎる」

評判は以上です。

高くても付加価値があれば良いのですが、ZenFone 4 Proにはその付加価値が不足しているように思えます。ZenFone 4も価格が5万6800円して、格安スマホとしては結構高い部類に入りますが、高品質で高性能な点が評価されて人気があります。

ZenFone 4 Proは、ZenFone 4よりもさらに性能が良いのですが、その性能の良さが実利用でどう差がつくのかさっぱりわかりません。ベンチマーク上では高いスコアを記録するのですが、スコアだけの存在になってしまっています。

Mate 10 ProもZenFone 4 Proと同じくらい価格が高いですが、Mate 10 ProはAIを搭載していて、防水にも対応しています。

Mate 10 ProのAIによりカメラ性能が最適化され、誰でも簡単に超良い感じの写真を撮ることができます。電池持ちもAIで最適化され、超電池持ちが良くなっています。そういう付加価値でMate 10 Proは価格が超高いにもかかわらず、割と売れています。

ZenFone 4 Proが使えるおすすめの格安SIM

ZenFone 4 Proはドコモ系の格安SIMソフトバンク系の格安SIMau系の格安SIM(マルチSIM)で使うことができます。

SIMのサイズはナノSIM、またはマルチSIMです。

ドコモ系の格安SIMは最近マルチSIM型のSIMカードに移行しているので、MVNOによってはSIMサイズの指定がなく、マルチSIMになっている場合があります。

格安SIMを持っていない場合は、下記のキャンペーンを参考に格安SIMを選ぶことをオススメします。通信速度を重視する場合は、格安SIMとドコモとWiMAX2+の通信速度の記録を参考にしてみてください。

格安SIMのキャンペーンのお得度ランキング、SIM替えに最適、キャッシュバックや月額割引等を総合比較

BIGLOBEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:au回線の通信速度が結構速い、YouTubeがデータ消費なしに見れる

一番お得なBIGLOBEモバイルのキャンペーン情報を徹底解説、初期費用0円+初月無料+1000円相当のポイント+YouTube見放題のエンタメフリーが6ヶ月無料

BIGLOBEモバイルでは、通話SIMの月3GB以上を申し込むと、3394円の初期費用が無料、月額料金が初月無料、そしてサイト限定キャンペーンで月額料金の支払いにも使えるGポイントが1000円分もらえるキャンペーンを行なっています。2019年10月31日までのキャンペーンです。

YouTube等をデータ消費なしに見れるエンタメフリーオプションを半年間無料で使えるキャンペーンも実施中です。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの料金プランと評価を徹底解説

LINEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

LINEモバイルの特徴:ソフトバンク回線の通信速度が結構速い、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしに使える

LINEモバイルのキャンペーン情報とおすすめの格安スマホを徹底解説、月額料金が5ヶ月間半額キャンペーン+キャンペーンコードで5000ポイント

LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと初月は全プラン600円、そして翌月から月額料金が4ヶ月間、半額になるキャンペーンを行なっています。

さらにキャンペーンコード(1908WA05)を入力すると、月額料金の支払いにも使える5000円相当のLINEポイントが追加でもらえるキャンペーンも行っています。キャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの料金プランと評価を徹底解説

UQ mobileの格安SIMのキャンペーン(au回線)

UQ mobileの特徴:通信速度が超速い

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックの詳細、最大6000円のキャッシュバック

UQモバイルのスマホプランを申し込むと最大6000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。UQモバイルは通信速度が超速いので、いつでも快適にスマホを使いたい場合におすすめです。
UQモバイルのキャンペーンの詳細を見る

UQモバイルの料金プランと評価を徹底解説

QTモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

QTモバイルの特徴:キャンペーンがお得

QTモバイルのキャンペーンの詳細とオススメの格安スマホ、月額料金が1年間で最大1万5120円引き+商品券8000円プレゼント!

QTモバイルでは、通話SIMを申し込むと月額料金が1年間で最大1万5120円引きになる、月額割引キャンペーンを行っています。データSIMの場合は最大9000円引きです。(選ぶデータ量によって割引額が変わります)

このキャンペーンに加えて、通話SIMを申し込むと商品券8000円プレゼントのキャンペーンも行っています。キャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

QTモバイルの詳細評価

LIBMOの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線)

LIBMOの特徴:高額キャッシュバック

LIBMO(リブモ)の一番お得なキャンペーンの詳細、最大2万円のキャッシュバック実施中!

LIBMOでデータSIMを申し込むと最大1万円のキャッシュバック、通話SIMだと最大2万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。

例えば月3GBのデータSIMなら5000円、通話SIMだと1万4000円のキャッシュバックがもらえます。キャッシュバックキャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LIBMOの詳細評価

IIJmioの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

IIJmioの特徴:老舗

IIJmioの一番お得なキャンペーンとおすすめの格安スマホを徹底解説、初期費用1円+通話SIMは月額料金が合計5200円引き+3ヶ月間毎月3GB増量+格安スマホの大幅割引セール

IIJmioでは2019年10月31日までに格安SIMを申し込むと初期費用が1円になります。それに加えて通話SIMだと月額料金が3カ月間1300円引き、通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大5000円分のギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。

最大5000円のギフト券の代わりに、ZenFone Live L1が999円、OPPO AX7が4800円、nova lite 3が9800円、P30 liteとAQUOS sense 2が1万9800円で買えるキャンペーンも行っています。

さらに当サイト限定で通話SIMの月額割引が1ヶ月延長が適用されます。つまりこのサイト経由で申し込むと4ヶ月間1300円引き(合計5200円引き)になります。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioの料金プランと評価を徹底解説

その他の格安SIM用のおすすめのスマホ

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • ZenFone 6
    • 超高性能のSnapdragon 855搭載、フリップカメラで自撮り性能最高、電池容量5000mAhで価格は6万9500円から。この超高性能でこの価格はかなりコスパが良いです。6.4インチ、CPU SDM855、RAM6GB/8GB、ROM128GB/256GB、ダブルレンズカメラ4800万画素+1300万画素広角、重さ190g、電池容量5000mAh、DSDV対応
  • Pixel 3a
    • ミドルレンジで一番人気あるのがGoogle Pixel 3aです。カメラ性能が良いです。特に夜景を撮る場合はハイエンドに近い性能を発揮します。税込4万8600円、5.6インチ、CPU SDM670、RAM4GB、ROM64GB、1220万画素(F値1.8)、重さ147g、電池容量3000mAh
  • AQUOS R2 compact
    • コンパクトな超高性能スマホです。iPhone SEよりも少しだけ大きいですが、画面は5.2インチです。コンパクトなスマホの最高峰です。CPUもSDM845搭載で超高性能。5.2インチ、CPU SDM845、RAM4GB、ROM64GB、カメラ2260万画素(F値1.9)、重さ135g、電池容量2500mAh、防水・おサイフケータイ対応
  • Mate20 Pro
    • 最高性能と最高品質を兼ね備えたのがMate20 Proです。3つの高品質なカメラレンズで最高の写真を撮ってくれます。CPUも超高性能で、あらゆる部品が高品質、それがMate20 Proです。6.39インチ、CPU Kirin980、RAM6GB、ROM128GB、トリプルレンズカメラ(広角カメラ4000万画素F値1.8 + 超広角カメラ2000万画素F値2.2 + 望遠カメラ800万画素F値2.4)、重さ189g、電池容量4200mAh、DSDV対応
最終更新日 2019年8月24日 / 作成日 2017年12月7日 / 作成者 格安SIMの管理人
「ZenFone 4 Proの性能評価と評判、使える格安SIMのまとめ」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ