2014年版のZenfone 5のスペックと評価と評判のまとめ

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

Zenfone 5は2014年11月8日に発売された格安スマホです。

2018年に新型のZenFone 5が発売されましたが、2014年にも同じ名前でZenfone 5が発売されているので混同しないように注意してください。

ここでは2014年に発売されたZenfone 5について説明していきます。

2014年に発売されたZenfone 5はドコモ系とソフトバンク系の格安SIMで使うことができます。当時の格安スマホの中で、圧倒的な人気を誇ったのがZenfone 5です。

流石に今から買うのはまずいですが、それなりに使うことはできます。この記事を2019年に更新していますが、この記事のほとんどは2015年時点の情報になります。記録用にこの記事を残しておきます。

ーーー 以下2015年時点の情報 ーーー

Zenphone 5ではなくてZenfone 5です。読み方はゼンフォンファイブ。

格安スマホとして初めて大ヒットしたのがこのZenfone 5です。Zenfone 5を簡単に説明するとコストパフォーマンスが最高な格安スマホです。

Zenfone 5以前の格安スマホは安かろう悪かろうでした。安いけど性能が低かったり不具合だらけだったり。Zenfone 5が2014年11月に発売されて格安スマホの質が一気に向上しました。

今まで低価格だけど低品質だった格安スマホの市場が低価格で高品質(少なくとも中品質)なものに生まれ変わりました。

Zenfone 5のスペック(性能)

CPUクワッドコア1.2GHz
RAM2GB
ROM8GB/16GB/32GB
ディスプレイ5インチ
解像度1280×720 (294ppi)
カメラ背面800万画素/前面200万画素
電池容量2110mAh
連続待受LTE 180時間、3G 395時間
サイズ148.2 x 72.8 x 10.34 mm
重さ145グラム
価格(税込)2万9000円前後(16GB版)

Android4.4(5.0へのアップデート予定)、SIMフリー、マイクロSIM、テザリング対応、外部マイクロSDカードスロット(最大64GB)あり、FOMAプラスエリアにも対応。

3G :W-CDMA 800/850/900/1900/2100MHz
4G(LTE):800/900/1800/2100/2600Mhz

ドコモのLTEが主に使っているバンドはBand1(2100Mhz)、Band3(1800Mhz)、Band19(800Mhz)です。2015年1月からBand28(700Mhz)が運用開始となっていますが、Band28が実際に使われているかどうかはまだ未確認です。

Zenfone5はドコモのLTEのうちBand1、Band3、Band19に対応しています。Band28には対応していませんが基本的に問題ありません。

Zenfone 5の評価と比較

CPUがクワッドコア1.2GHzでRAMが2GB。これはほとんどすべてのアプリを問題なく使うことができるスペックです。もちろんLineやパスドラ、モンスト、ツムツムなど問題なく使えます。RAMが2GBあるので複数のアプリを起動してもサクサク使えます。ネットもストレスなく使えます。

大切に使えば性能的には4年使える機種です。

ドコモの主要なLTEのバンドをカバーして、FOMAプラスエリアにも対応しているので、電波の受信感度はとてもいいです。Zenfone 5で電波がなければ諦めようレベルです。

ディスプレイも5インチの大画面で比較的高画質です。そして外部マイクロSDカードスロットもあるので保存容量が足りなくなったら後で買い足せます。

この性能で2万9000円は安いです。Zenfone 5より性能が悪いのに価格が高い格安スマホがゴロゴロしています。3万円を切る価格でこれ以上のコストパフォーマンスが良い格安スマホは今の所ありません。

Zenfone 5は買って後悔しない格安スマホになっています。
(ちなみに私もZenfone 5を買いました)

ROMは16GBを選ぶ

Zenfone 5の内蔵メモリの容量は8GB/16GB/32GBと3種類ありますが16GBを選びましょう。8GBは少なすぎるので選ぶと後で後悔します。32GBのものは価格が3000円ほど高くなります。

Zenfone 5には外部マイクロSDカードのスロットがあるので基本的に16GBでも32GBでもどちらでも問題ありません。保存する容量がすくなくなったら後から追加することができます。(費用は32GBの追加で2000円くらい)

Zenfone 5の問題点

Zenfone 5の問題点をあげるとしたらカメラ性能とバッテリーの持ちです。カメラは800万画素あって格安スマホとしては十分ですが、大手キャリアが出しているスマホと比べるとカメラ性能は若干劣っています。

カメラの性能を重視する人はXperia Z3 Compact SO-02Gがおすすめです。Xperiaはソニーが作っていることからカメラの性能は非常に良いです。

Xperia Z3 Compact SO-02Gはドコモの白ロムで非常にコストパフォーマンスが良い機種になっています。SIMロックされていますがドコモ系の格安SIMなら使えます。ただしテザリングはできないので注意が必要です。

Zenfone 5の電池の持ちは若干悪いです。悪いと言っても格安スマホとしては十分合格点なのですが一日中使うとなると少し不安が出てきます。Zenfone 5の後継、Zenfone 2が電池の容量をアップして近いうちに発売される予定になっているので、時間に余裕のある人はZenfone 2が発売されるまで待つのもありだと思います。

ちなみにXperia Z3 Compact SO-02Gは電池の持ちもいいです。

Zenfone 5の評判

Zenfone 5の評判は最高です。格安スマホはたくさん種類がありますが、ほとんどのMVNOでZenfone 5を販売していることからも人気のほどがうかがえます。格安スマホで一番売れているのはまちがいなくZenfone 5です。

特に電波の受信の良さが好評です。

他の格安スマホだとFOMAプラスエリアに対応していなかったりするので、建物内や都会を離れた時に電波を受けにくくなったりします。

Zenfone 5はFOMAプラスエリアに対応しているし、ドコモの主要なLTEバンドにも対応しているのでほとんどの場所でネットがサクサク使えます。

スマホによくある不具合なんかもありません。

電池の持ちも思ったほど悪くなく、ゲームアプリをずっとやっていない限りそれほど心配する必要はなさそうです。

Zenfone 5の注意点

Zenfone 5の最大の注意点は、2015年5月16日にZenfone 2が発売されるということです。Zenfone 2はZenfone 5の後継版です。

Zenfone 2が発売された時にZenfone 5の価値はざっくり言って4000円くらい下がると思われていました。しかしZenfone 2の下位モデルが販売されないこと、そして販売されるモデルの価格も高めになったためZenfone 5の価格も下がりそうにありません。

Zenfone 2はZenfone 5よりも電池容量が大きくなっているので電池の持ちもよくなります。高スペック、中スペック、低スペックの複数のタイプが海外では発売されていますが、日本でへ高価格帯のZenfone 2のモデルだけ発売されます。

ざっくり言うと、一般的な使い方で電池交換無しでZenfone 5(16GB、2万9000円)は2年から2年半使うことができます。Zenfone 2(ZE551ML ROM2GB、3万8000円)は電池容量が増えたので2年半くらい使うことができます。Zenfone 2(ZE551ML ROM2GB)のほうが電池寿命は3ヶ月くらい良くなると思います。

保存容量が16GBで十分な場合(あまり写真や音楽を保存しない等)は、Zenfone 5がいいと思います。写真や音楽を沢山保存する場合は、Zenfone 2(ZE551ML ROM2GB)を買うのもありかもしれません。Zenfone 5でもあとから保存容量を増やせるので、あとは予算と相談で。

Zenfone 5のA500KLとA501CG

Zenfone 5にはA500KLとA501CGの2つの型番があります。

A500KLがLTE版で、A501CGが3G版です。A501CGは19800円と安いですがLTEに対応していないばかりかFOMAプラスエリアにも対応していません。

Amazonで安いZenfone 5を見つけた!とか言って間違えて買わないように注意しましょう。

ZenFone 5が使えるおすすめの格安SIM

ZenFone 5のSIMのサイズはマイクロSIMです。

基本的には格安SIMはナノSIMを申し込んで、マイクロSIMに変換するアダプターを買って使うのがオススメです。

ドコモ系(ドコモ回線)とソフトバンク系(ソフトバンク回線)の格安SIMで使うことができます。

BIGLOBEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:au回線の通信速度が結構速い、YouTubeがデータ消費なしに見れる

BIGLOBEモバイルのキャンペーン情報を徹底解説、初月無料+月額料金が合計9600円引き+初期費用全額ポイントバック、格安スマホは7000円ポイント還元、6ヶ月YouTube見放題

BIGLOBEモバイルでは、通話SIMの月3GB以上を申し込むと、月額料金は初月無料で翌月から6ヶ月間1600円引き(合計9600円引き)、そして初期費用の3394円が全額ポイントバックになるキャンペーンを行なっています。

さらに指定の格安スマホセットなら7000円相当のポイントがもらえます。YouTubeがギガ消費なしで見放題になるエンタメフリーオプションも半年間無料で使えます。キャンペーン終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの料金プランと評価を徹底解説

LINEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

LINEモバイルの特徴:ソフトバンク回線の速度なら普通、オプション料金でTwitter、Facebook、インスタグラムをギガ消費なしで使える

LINEモバイルのキャンペーンの詳細、月額料金が2ヶ月間無料キャンペーン+最大6900円相当のポイント、おすすめの格安スマホも徹底解説

LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと初月と翌月の2ヶ月間、月額料金が0円で使えるキャンペーンを行なっています。

さらに最大6900円相当のLINEポイントまたはLINE Pay残高が追加でもらえるキャンペーンも行っています。2020年6月9日までのキャンペーンです。

更に格安スマホセールで、OPPO A5 2020が19800円で買えるキャンペーンセールを行っています。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの嘆きのレビュー、新料金プランと評価を実際に使って徹底解説

QTモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

QTモバイルの特徴:キャンペーンがお得

QTモバイルのキャンペーンの詳細、現金キャッシュバック8000円+月額料金が最大1万5120円引き

QTモバイルでは、通話SIMを申し込むと月額料金が半年間で最大3360円引きになる割引キャンペーンを行っています。データSIMの場合は最大2400円引きです。(選ぶデータ量によって割引額が変わります)

このキャンペーンに加えて、通話SIMを申し込むと現金8000円がキャッシュバックになるキャンペーンも行っています。キャッシュバックキャンペーンの終了日は未定です。

さらに今なら2020年5月31日までmoto G8 Plusが約1万円引きの2万3760円で買える、かなりお得なキャンペーンを行っています。
キャンペーンの詳細を見る

QTモバイルの詳細評価

LIBMOの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線)

LIBMOの特徴:高額キャッシュバック

LIBMO(リブモ)の一番お得なキャンペーンの詳細、最大2万円のキャッシュバック実施中!

LIBMOでデータSIMを申し込むと最大1万円のキャッシュバック、通話SIMだと最大2万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。

例えば月3GBのデータSIMなら5000円、通話SIMだと1万4000円のキャッシュバックがもらえます。キャッシュバックキャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LIBMOの詳細評価

IIJmioの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

IIJmioの特徴:老舗

IIJmioの一番お得なキャンペーンとおすすめの格安スマホを徹底解説、初期費用1円+12GBプランは合計7680円引き+10分かけ放題が7ヶ月無料+乗り換えなら6000円キャッシュバック+格安スマホ大幅割引

IIJmioは今ならたくさん特典が適用できるキャンペーンを行っています。

まず初期費用3000円が1円です。そして12GBプランなら月額料金が6ヶ月間1280円引き(合計7680円引き)になります。

さらに通話SIMなら10分かけ放題が7ヶ月無料、他社からの乗り換えなら6000円キャッシュバック(当サイト限定で増額)がもらえます。

さらに通話SIMとセットに格安スマホを申し込む場合、nova lite 3が100円、P30 liteが1万4800円、OPPO Reno Aが1万9800円、中古 iPhone 8が2万9800円などかなりお得な価格で買えます。

2020年5月31日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioの料金プランと評価を徹底解説

その他の格安SIM用のおすすめのスマホ

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • OPPO Reno A
    • コスパの良い高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラ性能も良いです。3万5800円、6.4インチ、CPU SDM710、RAM6GB、ROM64GB、カメラ1600万画素(F値1.7)+200万画素、重さ169g、電池容量3600mAh
  • P30 lite
    • 3万円前後で買えて、性能バランスが一番良いのがP30 liteです。カメラ性能も比較的良いです。6.21インチ、CPU Kirin710、RAM4GB、ROM64GB、カメラ広角2400万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.4)+深度測定用200万画素(F値2.4)、重さ159g、電池容量3340mAh
  • OPPO A5 2020
    • 画面が低画質ですが、安くてCPUも高性能で電池持ちが最強クラスの格安スマホです。定価2万6800円、6.5インチ、CPU SDM665、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.25)+ポートレート200万画素(F値2.4)+モノクロ200万画素、重さ195g、電池容量5000mAh
  • AQUOS sense3
    • 防水とおサイフケータイ対応で電池持ちが超良いのがAQUOS sense3です。5.5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ167g、電池容量4000mAh
最終更新日 2019年8月9日 / 作成日 2015年4月10日 / 作成者 格安SIMの管理人

この記事に気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »
「2014年版のZenfone 5のスペックと評価と評判のまとめ」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
サイト内検索
コメント