ZenFone 5Qの詳細スペックと性能レビュー&使える格安SIMのまとめ(2018年発売)

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / 関連:格安スマホ更新順(102)

2018年5月18日に発売されたZenFone 5Qをレビューします。ZenFone5Gは発売当時としては比較的高性能なCPU、それとベゼルレスの縦長6インチディスプレイを搭載したDSDS対応の格安スマホです。

ZenFone 5Qはドコモ回線の格安SIMソフトバンク回線の格安SIMau回線の格安SIMで使えます。

ZenFone 5Q

※ ベゼルレス:画面の周りに余白の少ないこと。大きな画面を搭載する場合でも、本体サイズを抑えることが出来ます。

ーーー 以下2018年時点の評価 ーーー

価格は3万9800円で、CPUはオクタコアのSnapdragon 630、RAM4GB、ROM64GB、6インチ、DSDS対応(auのVoLTEにも対応)、インカメラが2つあり自撮りに強いカメラ構成になっています。

自撮りに強いのでインスタをよく使う人や、比較的高性能なスマホでDSDSを使いたい場合にZenFone 5Qがオススメです。

ZenFone5Qは一般的な使い方はもちろん、少しヘビーな使い方をする場合でも十分な性能になっています。

ZenFone5Qの詳細スペック(性能)

ZenFone5Q ZC600KL
CPUSnapdragon 630 オクタコア2.2GHz
GPUAdreno 508
RAM4GB
ROM64GB
ディスプレイ6インチ
解像度2160×1080、18:9
カメラ背面1600万画素+800万画素広角/前面2000万画素+800万画素広角
電池容量3300mAh
サイズ160.5 × 76 × 7.7mm
重さ168グラム
連続待受540時間
充電時間2.5時間
本体カラールージュレッド、ムーンライトホワイト、ミッドナイトブラック
発売日2018年5月18日
価格(税別)3万9800円

Android 7.1.1 (Android 9へアップデート可)、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大2TB)、指紋認証(背面)、ジャイロスコープ対応、WiFi 802.11a/b/g/n/ac対応、USB Type C 2.0非対応、CA対応

デュアルSIM:ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応、DSDSとマイクロSDの同時使用可

ZenFone5Qで使える格安SIMのまとめ

ZenFone5Qの対応周波数(バンド)

FDD-LTE: B1/2/3/5/7/8/18/19/28 (auのVoLTE対応)
TD-LTE: B38/39/41
W-CDMA: B1/2/3/5/6/8/19
キャリアアグリゲーション: 2CA対応

ZenFone5Qはドコモ回線の格安SIMソフトバンク回線の格安SIMau回線の格安SIM(マルチSIM)で使えます。

SIMのサイズはナノSIM、またはマルチSIMです。

格安SIMを持っていない場合は、下記のキャンペーンを参考に格安SIMを選ぶことをオススメします。通信速度を重視する場合は、格安SIMの速度ランキングの記録を参考にしてみてください。

格安SIMのキャンペーンのおすすめランキング

格安SIMのキャンペーンのおすすめランキング

おすすめの格安SIM:UQ mobile(au回線)

UQ mobileの特徴:通信速度が超速く、余ったデータの繰越あり、低速はプランSは300kbps、プランMは1Mbpsです。

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックの詳細、最大1万円のキャッシュバック、または最大1万8000円の端末割引

UQモバイルのスマホプランを申し込むと、SIMのみの場合は最大1万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。iPhoneや格安スマホとセットで申し込むとキャシュバックの代わりに最大1万8000円の端末割引で買えます。

UQモバイルは速度が超速いので、いつでも快適にスマホが使えます。
UQモバイルのキャンペーンの詳細 / UQモバイルの格安スマホのおすすめランキング

UQ mobileの公式サイト(最大1万円キャッシュバック)

UQモバイルを徹底解説、料金プランと総合評価&速度が速くて満足度最高

おすすめの格安SIM:BIGLOBEモバイル(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:月3GB以上のプランなら、月480円のオプション料金でYouTubeやAbemaTVをデータ消費なしに見れます。

BIGLOBEモバイルのキャンペーンを徹底解説、6ヶ月間1200円引き+SIMのみは初期費用無料と1500円相当/格安スマホは2万円相当プレゼント

BIGLOBEモバイルでは月額料金は初月無料です。

通話SIMのみだと、翌月から6ヶ月間1200円引き、初期費用3394円が無料、クーポンコードの入力で1500円相当のポイントがもらえます。

格安スマホと通話SIMのセットだと、最大2万円相当のポイント、翌月から6ヶ月間1200円引きが適用されます。

初期費用&税込でRedmi Note 9Sが実質6549円、OPPO Reno3 Aが実質2万1333円など、かなりお得に手に入ります。2020年11月3日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの公式サイト

BIGLOBEモバイルを徹底解説、料金プランと総合評価&YouTube見放題

おすすめの格安SIM:LINEモバイル(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

LINEモバイルの特徴:ソフトバンク回線の速度なら速度が速く、オプション料金でTwitter、Facebook、インスタグラムをギガ消費なしで使えます。

LINEモバイルのキャンペーンの詳細、シークレット特典で最大5000円相当プレゼント+月額料金3ヶ月500円+格安スマホぽっきりSALE

LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと翌月から3ヶ月間は980円引きで使えるキャンペーンを行なっています。(3GBプランなら月500円)

格安スマホのnova lite 3が1万2000円、OPPO Reno3 Aが2万4000円、OPPO A5 2020が1万6800円で買えるセールを行っています。2020年11月4日までのキャンペーンです。

SIMのみの申込みなら、シークレット特典で最大5000円相当のポイントがもらえます(シークレット特典の終了日は未定)。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの公式サイト

LINEモバイルを徹底レビュー、料金プランと総合評価&SNS使い放題

2018年発売時のZenFone 5Qの性能レビュー

比較的高性能なCPUを搭載

ZenFone 5QのCPUはSnapdragon(通称スナドラ) 630、オクタコア2.2GHzです。

少し前までは高性能なCPUだったのですが、CPUの性能アップのペースが速いため比較的高性能と言った感じです

普通程度に使いたい場合ならスナドラ430でも普通に使えます。LINE、Twitter、Facebook、インスタ、メール、パズドラ、ツムツム、モンストなどなど一般的な使い方なら特に問題ありません。

高度なゲームでも比較的普通にプレイできる

ZenFone 5Qでもほとんどのゲームを快適に遊べるし、だいたいの高度なゲームでも普通に遊べます。多少ヘビーな使い方をしても困ることはほとんど考えられません。

かなりヘビーに使いたい場合は、ZenFone 5QよりCPUの性能がかなり良くなっているZenFone 5の方が無難です。

ゲームをするのが大好きぐらいになると、「ZenFone 5Zにしたほうが良いと思います」みたいな回答になります。

ZenFone 5QのAntutuスコア

ZenFone 5QのAntutuスコアは88,000程度だそうです。GPUのスコアは20,000程度。

2020年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:SDM845、SDM855、SDM865
Kirin:Kirin990
iPhone:XR、XS、XS Max、SE 第2世代、11、11Pro、11Pro Max、12、12mini、12Pro、12Pro Max
高性能
Snapdragon:SDM730、SDM765G、SDM730G、SDM720G、SDM835
Kirin:Kirin970、Kirin980
iPhone:8、X
比較的高性能
Snapdragon:SDM665、SDM660、SD820、SDM675、SDM670、SDM710
Kirin:Kirin950、Kirin955、Kirin960、Kirin810
iPhone:7
普通性能
Snapdragon:SD630、SDM632、SD650、SDM636
Kirin:Kirin710
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE 第1世代
低性能
Snapdragon:SDM450、SD625、SDM439
Kirin:Kirin650、Kirin655、Kirin658、Kirin659
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6
最底辺
Snapdragon:SD400、SD410、SD430、SD435

※ 右に行くほど高性能

スマホをあまり使わない場合は低性能のCPUでも十分に使えます。

スマホを普通程度に使う場合は普通性能のCPUでも普通に使えます。一般的なゲームなら普通性能でも遊べます。

スマホを人よりも少し多く使う場合は比較的高性能以上を選びます。スマホがよりサクサク動くようになります。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

RAM4GBとROM64GBを搭載

ZenFone 5QはRAM4GBとROM64GBを搭載しています。

DSDSとマイクロSDカードを同時に使える

ZenFone 5QはDSDSで格安SIMを2枚使いながら、マイクロSDカードを使うことができます。(もしくはFOMAカードと格安SIM+マイクロSDカードの組み合わせも可)

ZenFone 5はDSDVに対応していますが、DSDVで格安SIMを2枚使うとマイクロSDカードを入れる場所がなくなるので注意してください。

両方ともROMが64GBもあるので、マイクロSDカードが必要になることはあまりないと思いますが・・。

DSDSとDSDVの主な違い

ドコモのFOMAカードを使いたい場合はDSDSしか使えません。DSDVだとFOMAシムを読み込まない可能性が高いです。

DSDSだとau系の格安SIMを2枚便利に使うことができません。DSDVだとau系の格安SIMを2枚便利に使うことができます。

大画面の6インチのディスプレイを搭載

ZenFone 5Qは6インチの縦長画面(18:9)を搭載しています。

ZenFone 4:155.4 × 75.2 × 7.5mm 重さ165グラム 画面5.5インチ
ZenFone 5:153 × 75.6 × 7.7mm 重さ165グラム 画面6.2インチ
ZenFone 5Q:160.5 × 76 × 7.7mm 重さ168グラム 画面6インチ

ZenFone 5QはZenFone 4よりも高さが5.1ミリ大きくなりましたが、画面が12.7ミリ伸びています。ZenFone 5QはZenFone 4と比べると上下の余白が少なくなっています。

ZenFone 5はZenFone 5Qよりもさらに上下の余白を少なくして、ノッチ付きにすることで、画面を広く、そして本体サイズを抑えることができています。

ZenFone 5とZenFone 5Qの液晶の違い

ZenFone 5Qは通常のIPS液晶を使っていますが、ZenFone 5はSuper IPS液晶を使っています。Super IPSは通常のIPS液晶よりも発色が良いので画面が少し鮮やかになります。

液晶の表面はZenFone 5には、強化ガラスのGorilla Glass 3が使われていて割れにくくなっています。ZenFone 5Qには何も記載がないので、通常の強化ガラスを使っていると思われます。

自撮りに強いカメラ性能

ZenFone5Q ZC600KLのカメラ性能

背面1600万画素+800万画素広角
前面2000万画素+800万画素広角

ZenFone5のカメラ性能
・背面1200万画素(F値1.8/1.4μm、1/2.55インチ)+800万画素広角(F値2.2)
・前面800万画素

ZenFone5Qのほうが画素数ではZenFone5よりも上回っていますが、カメラ性能を比較する上で画素数はあまり役に立ちません。

ざっくり評価してしまえば、お金を出せば出すほどカメラの実性能が良くなります。

ZenFone5Qは3万9800円、ZenFone5は5万2800円。まず間違いなくZenFone5の方がカメラ性能が良いです。ただ、カメラ性能は少し良いくらいで十分な場合は、ZenFone5Qでも大丈夫です。

2倍の広さで撮れる広角カメラを前面と背面に搭載

ZenFone 4にも搭載されていましたが、ZenFone 5にも2倍の広さで撮れる広角カメラを搭載しています。風景いっぱいの写真を撮るのに便利です。

ZenFone5Qは自撮りに強い

ZenFone5Qはインカメラに2000万画素+800万画素広角の2つのカメラを使っています。インスタなどで自撮り性能を重視する場合に、ZenFone5Qがオススメです。

電子式手ブレ補正と光学手ぶれ補正の違い

手が少しブレても、電子式手ブレ補正や光学手ぶれ補正があれば綺麗に撮ることができます。

明るいところでは電子式手ブレ補正や光学手ぶれ補正でもそんなには違いはないのですが、暗いところだと光学手ぶれ補正の方がブレを抑えて綺麗に写真を撮ることが出来ます。

ZenFone5Q:電子式手ブレ補正対応
ZenFone5:光学手ぶれ補正対応

他には、ZenFone5ならAIシーン分析という機能がついていて、被写体によって最適なカメラ設定を自動的に行うことが出来ます。ZenFone5Qにはこの機能は付いていません。

電池持ちは結構良い

ZenFone 4
5.5インチ、3300mAh、Snapdragon 660、WiFi駆動18.7時間、連続待受531.7時間

ZenFone 5
6.2インチ、3300mAh、Snapdragon 636、WiFi駆動15.7時間、連続待受495時間

ZenFone 5Q
6インチ、3300mAh、Snapdragon 630、WiFi駆動16.1時間、連続待受540時間

※ WiFi駆動は、WiFiでWebサイトを閲覧した場合の電池の持ちです。

ZenFone 5Qの電池持ちはZenFone 4とあまり変わらない感じです。少したくさん使う場合でもZenFone 5Qで十分に1日持ちます。

その他の格安スマホの実際の電池持ちは、スマホの電池持ちの詳細調査を参考にしてみてください。

GPSの精度

基本的に最近の格安スマホはGPSの精度が良いです。GPSの精度が悪いスマホはここしばらく見たことありません。

実売価格が2万円を切っているスマホだと、GPSの精度が良くないスマホが混じっている場合がありますが、2万円以上のスマホでGPSの精度が悪い格安スマホはほとんどないです。

ZenFone 5QのGPSの精度は心配しなくていいです。

ZenFone 5QはGPS / Glonass / Beidouに対応しています。ZenFone 5ならこれらに加えてGalileoにも対応しています。

格安スマホと白ロムの位置情報(GPS)の精度の詳細とテスト結果

指紋認証と顔認証に対応

ZenFone 5Qは背面に指紋認証のセンサーが付いています。それに加えて、顔認証にも対応しています。

顔認証はセキュリティ面で少し不安な点がありますが、手袋をしている状態でも顔認証で画面のスリープを解除できるので手袋をすることが多い場合は、便利な機能です。

他には指紋が薄すぎて、指紋認証に失敗しやすい高齢者などの場合は顔認証は便利です。

ただ、顔認証は指紋認証と比べてセキュリティ面が少し弱いです。加えて、顔認証は電源を押さないと顔認証が行えないので、基本的には指紋認証を優先して、何かしらの事情で指紋認証ができない場合が多い場合は、顔認証を使う感じが適切だと思います。

その他の細々としたこと

WiFi 802.11ac対応

ZenFone 5QはWiFi 802.11acには対応しています。3万円以上のスマホだとほとんど対応しているので、特にこれと言ったことではありませんが・・。

USB Type C 2.0非対応

ZenFone 5QはUSB Type C 2.0に対応していません。Type Cは3万円以上のスマホだとほとんど対応しているのですが、ZenFone 5Qは残念ながらmicroUSBでの充電になります。

キャリアアグリゲーション対応

キャリアアグリゲーション(2CA)に対応しています。2CAは2つの周波数帯域の電波を掴んで通信ができる機能です。

1つの電波を掴むよりも、通信速度と通信の安定性が良くなるのですが、格安SIMの場合は通信速度のボトルネックがPOIという場所にあるので、電波をいくら多く掴んでも通信速度はほとんど変わりません。

ただし、電波のあまり良くない場所、車や電車で高速で移動中とかだと、格安SIMを使う場合でもキャリアアグリゲーションに対応していれば通信の安定性が少し良くなります。

2018年発売時のZenFone 5Qの評判

ZenFone 5Qの評判は普通です。悪くはないのですが、没個性というかなんというか。

自撮り性能が良いのでインスタ向けですが、インスタをよく使う若い人がZenFone 5Qの存在を知ることができるかというと、中にはいるとは思いますが微妙・・・。

性能的に価格は悪くはないのですが、ターゲットに届かない感じがします。

割と微妙なところにいるのがZenFone 5Qです。選んで後悔することはないと思いますが、戦う場所が少し悪いスマホな感じです。

その他の格安スマホ関連の情報

格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)では、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • Redmi Note 9S
    • コスパ最高の格安スマホです。2万2545円、6.67インチ、CPU SDM720G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ4800万画素(F値1.19)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素+深度200万画素、重さ209g、電池容量5020mAh
  • OPPO Reno3 A
    • コスパの良い比較的高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラ性能も良いです。3万6181円、6.44インチ、CPU SDM665、RAM6GB、ROM128GB、カメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+ポートレート200万画素+200万画素、重さ175g、電池容量4025mAh
  • iPhone SE 第2世代
    • 4万4800円で買える超高性能なiPhoneです。コンパクトで防水・おサイフケータイに対応。4.7インチ、CPU A13 Bionic、RAM3GB、ROM64GB(128GB版は4万9800円)、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ148g
  • AQUOS sense3
    • 防水とおサイフケータイ対応で電池持ちが超良いです。5.5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ167g、電池容量4000mAh
最終更新日 2020年8月22日 / 作成日 2018年5月20日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

※ コメントは手動承認が必要になる場合があります。コメントしても反映されない場合、1日程度で反映されます。

購読する
通知する
guest
0 の口コミとコメント
「ZenFone 5Qの詳細スペックと性能レビュー&使える格安SIMのまとめ(2018年発売)」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
コメント