ZenFone 5Qの性能評価と評判+詳細レビューとキャンペーン情報

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

ZenFone 5Qは2018年5月18日に発売された比較的高性能なCPUとベゼルレスの縦長6インチディスプレイを搭載したDSDS対応の格安スマホです。

※ ベゼルレス:画面の周りに余白の少ないこと。大きな画面を搭載する場合でも、本体サイズを抑えることが出来ます。(ZenFone 5の方がよりベゼルレスになっています)

価格は3万9800円で、CPUはオクタコアのSnapdragon 630、RAM4GB、ROM64GB、6インチ、DSDS対応(auのVoLTEにも対応予定)、インカメラが2つあり自撮りに強いカメラ構成になっています。

自撮りに強いのでインスタをよく使う人や、比較的高性能なスマホでDSDSを使いたい場合にZenFone 5Qがオススメです。

ZenFone 5Qは一般的な使い方はもちろん、少しヘビーな使い方をする場合でも十分な性能になっています。

ZenFone 5Q

ZenFone5Qのスペック(性能)

ZenFone5Q ZC600KL
CPUSnapdragon 630 オクタコア2.2GHz
GPUAdreno 508
RAM4GB
ROM64GB
ディスプレイ6インチ
解像度2160×1080、18:9
カメラ背面1600万画素+800万画素広角/前面2000万画素+800万画素広角
電池容量3300mAh
サイズ160.5 × 76 × 7.7mm
重さ168グラム
連続待受540時間
充電時間2.5時間
本体カラールージュレッド、ムーンライトホワイト、ミッドナイトブラック
発売日2018年5月18日
価格(税別)3万9800円

Android 7.1.1、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大2TB)、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応予定、DSDSとマイクロSDの同時使用可)、指紋認証(背面)、ジャイロスコープ対応、WiFi 802.11a/b/g/n/ac対応、USB Type C 2.0非対応、CA対応

対応周波数(バンド)

FDD-LTE: B1/2/3/5/7/8/18/19/28 (auのVoLTEに対応予定)
TD-LTE: B38/39/41
W-CDMA: B1/2/3/5/6/8/19
キャリアアグリゲーション: 2CA対応

ドコモ系の格安SIMへの対応

FDD-LTEは日本で使われているLTEバンドです。ドコモのLTEが主に使っているバンドはバンド1、バンド3、バンド19、バンド28です。ドコモの主要バンドの全てをカバーしているので、ドコモ系の格安SIMのLTEでのデータ通信は問題ないです。

W-CDMA(3G)はバンド6に対応しているので、FOMAプラスエリアにも対応しています。山間部などでも音声通話や3Gでデータ通信がしやすくなっています。

au系の格安SIMへの対応

au系の格安SIM、UQ mobileとmineoのauプラン、そしてIIJmioのタイプA等が主に使っているLTEバンドは、バンド1、バンド18、バンド26です。バンド18に対応していればバンド26はなくても大丈夫です。

ZenFone 5QはauのVoLTEに対応予定ですが、まだ対応していません。ソフトウェアのアップデートでauのVoLTEに対応すれば、au系の格安SIMのLTEでのデータ通信は問題なくできるようになります。

加えて、auのVoLTE対応すればau系の格安SIM(VoLTE用/マルチSIM)で音声通話やSMSも使うことができるようになります。

TDD-LTEは日本ではauでWiMAX 2+用のバンドとして、バンド41が使われています。au系の格安SIMを使えば、auのVoLTE対応後にWiMAX 2+の電波でデータ通信ができるようになります。(ただし、速度は通常のLTEよりもほんの少し速くなるかもくらいのオマケレベルです)

ソフトバンク系の格安SIM(ワイモバイル)への対応

ソフトバンク系の格安SIM、ワイモバイルが使っているLTEバンドは、バンド1、バンド3、バンド8です。全て対応しているので、LTEでのデータ通信は問題ないです。

W-CDMA(3G)はバンド1と8に対応しているのでソフトバンク系の格安SIMでも音声通話ができます。

ZenFone5Qはドコモ系の格安SIMとソフトバンク系の格安SIMでも問題なく使うことができます。ソフトウェアのアップデートでauのVoLTEに対応すれば、au系の格安SIMでも問題なく使えるようになります。

ZenFone 5Qの評価と比較

比較的高性能なCPUを搭載

ZenFone 5QのCPUはSnapdragon(通称スナドラ) 630、オクタコア2.2GHzです。

少し前までは高性能なCPUだったのですが、CPUの性能アップのペースが速いため比較的高性能と言った感じです

現在のCPU(GPU)の状況は下記のようになっています。

下に行くほどCPU(GPU)の性能が良くなります。

Snapdragon 430 普通性能 ZenFone 4 Max
Snapdragon 630 比較的高性能 ZenFone 5Q
Snapdragon 636 高性能 ZenFone 5
Snapdragon 660 高性能 ZenFone 4
Snapdragon 845 超高性能 ZenFone 5z

普通程度に使いたい場合ならスナドラ430でも普通に使えます。LINE、Twitter、Facebook、インスタ、メール、パズドラ、ツムツム、モンストなどなど一般的な使い方なら特に問題ありません。

もっとサクサク使いたい場合で、ゲームも快適にしたい場合にスナドラ630が候補になります。ほとんどの場合で十分快適に使えます。FGOなどの重いゲームも普通程度に遊べます。

ヘビーユーザがたくさんアプリをさらにサクサク使いたい場合にスナドラ636が候補になります。ゲーム性能(GPU)はスナドラ630よりも1割向上したくらいですが、CPUは4割向上しました。アプリを同時にたくさん使いたい場合に強みがでます。

超高度なゲームでも快適に遊びたい場合にスナドラ660が候補になります。CPUの性能はそんなに変わりませんが、スナドラ636よりもゲーム性能(GPU)が良いです。FGOや音ゲーなども快適にできます。

なんでも超快適に使いたい場合は、無敵の超高性能のスナドラ845が候補になります。

高度なゲームでも比較的普通にプレイできる

ZenFone 5Qでもほとんどのゲームを快適に遊べるし、だいたいの高度なゲームでも普通に遊べます。多少ヘビーな使い方をしても困ることはほとんど考えられません。

かなりヘビーに使いたい場合は、ZenFone 5QよりCPUの性能がかなり良くなっているZenFone 5の方が無難です。

ゲームをするのが大好きぐらいになると、「ZenFone 5zにしたほうが良いと思います」みたいな回答になります。

ZenFone 5QのAntutuスコア

ZenFone 5QのAntutuスコアは88,000程度だそうです。GPUのスコアは20,000程度。

ZenFone 5はAIブースト中で14万、AIブーストなしで12万程度です。

ちなみにnova lite 2のAntutuスコアは88,801です。
CPU: 41,851
GPU : 13,295
UX : 24,361
MEM: 9,294

ZenFone 5Qの価格は3万9800円、nova lite 2は2万2800円。

Antutuの総合スコアはほとんど同じですが、nova lite 2のほうが価格がだいぶ安いです。GPUの性能はZenFone 5Qの方が良いので、ゲーム性能を重視する場合はZenFone 5Qがオススメですが、普通程度にゲームができれば良い場合はnova lite 2で十分です。

その他の格安スマホのAntutuスコア(v7以上)
・Mate9: 146,184
ZenFone 5:120,000ぐらい(AIブーストで140,000ぐらい)
nova lite 2: 88,801
P10 lite: 77,155
・ZenFone 3: 77,021
・ZenFone 2 Laser: 35,022

下記はAntutuテストv7以上の基準での評価になります。

一般的な使い方なら35,000程度でもわりと普通に使えますが、サクサク感は厳しいです。50,000あるとかなりサクサク使えて、もっとサクサク使いたい場合は70,000以上が望ましいです。

ゲーム好きな場合は、Antutuスコアが最低でも55,000がボーダーラインです。70,000以上である程度余裕が出てきて、高度なゲームでも大抵は問題なく遊べます。ただし、ゲームが大好きな場合は100,000以上のAntutuスコアが出るスマホがオススメです。

ゲームは暇つぶしと思っているくらいだと、35,000くらいでもそこそこ普通に遊べます。

参考:格安スマホとiPhoneのAntutuスコアの詳細+電池消費と発熱時の温度

RAM4GBとROM64GBを搭載

ZenFone 5QはRAM4GBとROM64GBを搭載しています。

RAMの容量が大きいほど、一度に起動できるアプリの数が増えます。一般的な使い方ならRAMは3GBでも十分ですが、アプリをたくさん使う場合は4GB以上あれば安心して使えます。ゲームをしながら何かアプリをたくさん使いたい場合は、RAM4GBは欲しいです。

ZenFone 5QはCPUの性能的にRAM4GBがちょうどいい感じです。

ROMはデータを保存する場所です。アプリのデータや写真、音楽、動画などを保存します。ROMは64GBもあるので、アプリをたくさんインストールする場合や、写真や動画をたくさん撮る場合でも余裕を持って使うことができます。

DSDSでSIMカードを2枚使う場合でも、マイクロSDカードを使うことができます。ただ、ROMが64GBもあるのでマイクロSDカードの必要性は少ないです。

スマホが壊れた時に写真などのデータもROMに保存してしまっていると、写真データもなくなる可能性がありますが、最近のスマホは壊れにくいので、マイクロSDカードに写真などのデータを保存しておく必要性も低いです。

水の中に沈めると高い可能性でスマホが再起動不能になり中のデータも取り出せなくなりますが、実際に水の中に沈める人は数パーセントくらいです。

参考:格安スマホのRAMとROMの適切な容量、マイクロSDカードの使い方

DSDSとマイクロSDカードを同時に使える

ZenFone 5QはDSDSで格安SIMを2枚使いながら、マイクロSDカードを使うことができます。(もしくはFOMAカードと格安SIM+マイクロSDカードの組み合わせも可)

ZenFone 5はDSDVに対応していますが、DSDVで格安SIMを2枚使うとマイクロSDカードを入れる場所がなくなるので注意してください。

両方ともROMが64GBもあるので、マイクロSDカードが必要になることはあまりないと思いますが・・。

※ ZenFone 5QはauのVoLTEにはまだ対応していないので、au系の格安SIMはまだ使えません。そのうち配信されるソフトウェアのアップデートで対応予定です。auのVoLTE対応後、au系の格安SIMが使えるようになります。

DSDSとDSDVの主な違い

ドコモのFOMAカードを使いたい場合はDSDSしか使えません。DSDVだとFOMAシムを読み込まない可能性が高いです。

DSDSだとau系の格安SIMを2枚便利に使うことができません。DSDVだとau系の格安SIMを2枚便利に使うことができます。

大画面の6インチのディスプレイを搭載

ZenFone 5Qは6インチの縦長画面(18:9)を搭載しています。

ZenFone 4:155.4 × 75.2 × 7.5mm 重さ165グラム 画面5.5インチ
ZenFone 5:153 × 75.6 × 7.7mm 重さ165グラム 画面6.2インチ
ZenFone 5Q:160.5 × 76 × 7.7mm 重さ168グラム 画面6インチ

ZenFone 5QはZenFone 4よりも高さが5.1ミリ大きくなりましたが、画面が12.7ミリ伸びています。ZenFone 5QはZenFone 4と比べると上下の余白が少なくなっています。

ZenFone 5はZenFone 5Qよりもさらに上下の余白を少なくして、ノッチ付きにすることで、画面を広く、そして本体サイズを抑えることができています。

ZenFone 5とZenFone 5Qの液晶の違い

ZenFone 5Qは通常のIPS液晶を使っていますが、ZenFone 5はSuper IPS液晶を使っています。Super IPSは通常のIPS液晶よりも発色が良いので画面が少し鮮やかになります。

液晶の表面はZenFone 5には、強化ガラスのGorilla Glass 3が使われていて割れにくくなっています。ZenFone 5Qには何も記載がないので、通常の強化ガラスを使っていると思われます。

ZenFone 5はZenFone 5Qよりも価格が高いですが、随所で作り込まれています。

自撮りに強いカメラ性能

ZenFone5Q ZC600KLのカメラ性能

背面1600万画素+800万画素広角
前面2000万画素+800万画素広角

ZenFone5Qは4つのカメラがついているので、クアッドカメラと呼ばれています。

ちなみにZenFone5のカメラ性能
背面1200万画素(F値1.8/1.4μm、1/2.55インチ)+800万画素広角(F値2.2)
前面800万画素

ZenFone5Qのほうが画素数ではZenFone5よりも上回っていますが、カメラ性能を比較する上で画素数はあまり役に立ちません。

画素数以外にも、レンズの質やDSPの性能などなど、いろんな要素が複雑に絡んできます。

ざっくり評価してしまえば、お金を出せば出すほどカメラの実性能が良くなります。

ZenFone5Qは3万9800円、ZenFone5は5万2800円。まず間違いなくZenFone5の方がカメラ性能が良いです。ただ、カメラ性能は少し良いくらいで十分な場合は、ZenFone5Qでも大丈夫です。

2倍の広さで撮れる広角カメラを前面と背面に搭載

ZenFone 4にも搭載されていましたが、ZenFone 5にも2倍の広さで撮れる広角カメラを搭載しています。風景いっぱいの写真を撮るのに便利です。

ZenFone5Qは自撮りに強い

ZenFone5Qはインカメラに2000万画素+800万画素広角の2つのカメラを使っています。インスタなどで自撮り性能を重視する場合に、ZenFone5Qがオススメです。

電子式手ブレ補正と光学手ぶれ補正の違い

手が少しブレても、電子式手ブレ補正や光学手ぶれ補正があれば綺麗に撮ることができます。

明るいところでは電子式手ブレ補正や光学手ぶれ補正でもそんなには違いはないのですが、暗いところだと光学手ぶれ補正の方がブレを抑えて綺麗に写真を撮ることが出来ます。

ZenFone5Q:電子式手ブレ補正対応
ZenFone5: 光学手ぶれ補正対応

他には、ZenFone5ならAIシーン分析という機能がついていて、被写体によって最適なカメラ設定を自動的に行うことが出来ます。ZenFone5Qにはこの機能は付いていません。

電池持ちは結構良い

ZenFone 4
5.5インチ、3300mAh、Snapdragon 660、WiFi駆動18.7時間、連続待受531.7時間

ZenFone 5
6.2インチ、3300mAh、Snapdragon 636、WiFi駆動15.7時間、連続待受495時間

ZenFone 5Q
6インチ、3300mAh、Snapdragon 630、WiFi駆動16.1時間、連続待受540時間

※ WiFi駆動は、WiFiでWebサイトを閲覧した場合の電池の持ちです。

ZenFone 5Qの電池持ちはZenFone 4とあまり変わらない感じです。少したくさん使う場合でもZenFone 5Qで十分に1日持ちます。

Snapdragon 630は省エネにも強いので、ゲームをたくさんする場合でも電池消費を抑えることができます。

その他の格安スマホの実際の電池持ちは、スマホの電池持ちの詳細調査を参考にしてみてください。

GPSの精度

基本的に最近の格安スマホはGPSの精度が良いです。GPSの精度が悪いスマホはここしばらく見たことありません。

実売価格が2万円を切っているスマホだと、GPSの精度が良くないスマホが混じっている場合がありますが、2万円以上のスマホでGPSの精度が悪い格安スマホはほとんどないです。ZenFone 5QのGPSの精度は心配しなくていいです。

ZenFone 5QはGPS / Glonass / Beidouに対応しています。ZenFone 5ならこれらに加えてGalileoにも対応しています。

格安スマホと白ロムの位置情報(GPS)の精度の詳細とテスト結果

指紋認証と顔認証に対応

ZenFone 5Qは背面に指紋認証のセンサーが付いています。それに加えて、顔認証にも対応しています。

顔認証はセキュリティ面で少し不安な点がありますが、手袋をしている状態でも顔認証で画面のスリープを解除できるので手袋をすることが多い場合は、便利な機能です。

他には指紋が薄すぎて、指紋認証に失敗しやすい高齢者などの場合は顔認証は便利です。

ただ、顔認証は指紋認証と比べてセキュリティ面が少し弱いです。加えて、顔認証は電源を押さないと顔認証が行えないので、基本的には指紋認証を優先して、何かしらの事情で指紋認証ができない場合が多い場合は、顔認証を使う感じが適切だと思います。

ZenFone 5Qとその他の格安スマホとの比較

ZenFone 5Qは価格が3万9800円と格安スマホの中では少し高い価格設定ですが、性能的には妥当な価格になっています。

比較的高性能なスマホでDSDSを使いたい場合にZenFone 5Qが選択肢になります。DSDSは必要だけど、普通性能のスマホで良い場合は2万5000円程度で買えるZenFone 4 Maxがオススメです。

DSDSが必要ない場合は、コスパ最強のnova lite 2がオススメです。nova lite 2は本体価格が2万2800円と安い機種ですが、性能的にはZenFone 5Qにそこそこ近い性能を持っています。

ただ、インスタでの自撮りを重視する場合は、nova lite 2よりも自撮り用のカメラが強いZenFone 5Qがオススメです。

ZenFone 5とZenFone 5zについて

ZenFone 5はDSDVが必要な場合やカメラ性能を重視する場合にオススメです。ゲーム性能を最重視する場合は、超高性能のCPU(GPU)を搭載しているZenFone 5zがオススメです。

その他の細々としたこと

WiFi 802.11ac対応

ZenFone 5QはWiFi 802.11acには対応しています。3万円以上のスマホだとほとんど対応しているので、特にこれと言ったことではありませんが・・。

USB Type C 2.0非対応

ZenFone 5QはUSB Type C 2.0に対応していません。Type Cは3万円以上のスマホだとほとんど対応しているのですが、ZenFone 5Qは残念ながらmicroUSBでの充電になります。

キャリアアグリゲーション対応

キャリアアグリゲーション(2CA)に対応しています。2CAは2つの周波数帯域の電波を掴んで通信ができる機能です。

1つの電波を掴むよりも、通信速度と通信の安定性が良くなるのですが、格安SIMの場合は通信速度のボトルネックがPOIという場所にあるので、電波をいくら多く掴んでも通信速度はほとんど変わりません。

ただし、電波のあまり良くない場所、車や電車で高速で移動中とかだと、格安SIMを使う場合でもキャリアアグリゲーションに対応していれば通信の安定性が少し良くなります。

ZenFone 5Qの評判

ZenFone 5Qの評判は普通です。悪くはないのですが、没個性というかなんというか。

自撮り性能が良いのでインスタ向けですが、インスタをよく使う若い人がZenFone 5Qの存在を知ることができるかというと、中にはいるとは思いますが微妙・・・。

性能的に価格は悪くはないのですが、ターゲットに届かない感じがします。

スマホにこだわりがなければnova lite 2で十分、DSDSを使いたいならZenFone 4 Maxが安く使える、性能を重視するならZenFone 5や5z等の選択肢になります。

割と微妙なところにいるのがZenFone 5Qです。選んで後悔することはないと思いますが、戦う場所が少し悪いスマホな感じです。

ZenFone 5Qの口コミと質問は下記から

このサイトではユーザ参加型の格安SIMと格安スマホの口コミサイトも運営しています。ZenFone 5Qも下記のリンクにて口コミや質問を受け付けているので、何か質問があったり口コミがあれば、書き込んでいただければと思います。

格安SIMのSNS:ZenFoneシリーズの口コミ

ZenFone 5Qが買えるMVNOとキャンペーン情報

※ 計算するのが面倒なので、以下は税抜き表示になります。

ZenFone 5Qの定価:3万9800円

おすすめNo1:NifMo、高額キャッシュバック

NifMoでは、3万7778円でZenFone 5Qで販売します。本体価格が少し割安になっていて、下記のキャッシュバックキャッシュバックキャンペーンで、かなり割安にZenFone 5Qを手に入れることができます。

NifMoの発売日:2018年5月15日から申し込み受付、5月18日以降に発送

NifMo(ニフモ)のキャンペーンの詳細、格安スマホまたは格安SIMの申し込みで高額キャッシュバック

NifMo(ニフモ)では格安スマホを購入すると最大2万1000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行っています。

対象の格安スマホ:P20、P20 lite、nova lite 2、P10 Plus、Mate 10 Pro、AQUOS sense lite、ZenFone 5、ZenFone 5Z、ZenFone 5Q、ZenFone 4 Max、ZenFone Max Plus(M1)、HTC U11 life、U12+、Moto G6 Plus、Moto G6、Moto E5等

格安SIMのみ申し込む場合も最大15100円のキャッシュバックキャンペーンを行なっています。2018年8月31日まで。
キャンペーンの詳細を見る

NifMoのZenFone 5Qの詳細と申し込みはこちら →

※NifMoでは在庫切れを起こすことがあるので、検討する前に在庫があるかどうか確認することをオススメします。

NifMoは格安スマホを安く手に入るのに加えて、実際に出る通信速度も比較的速く、月額料金も安いので格安SIMとしてもおすすめです。

NifMoの詳細評価

おすすめNo2:IIJmio、各種特典

IIJmioではZenFone 5Qを3万7800円で販売しています。定価より少し安く販売しているのに加えて、下記のキャンペーンを行なっています。

IIJmioの発売日:2018年5月25日

IIJmioのキャンペーンとオススメの格安スマホの詳細、初期費用1円+7ヶ月間データ2倍+最大1万円分のギフト券+月額料金が半年間600円引き

IIJmioでは2018年10月3日までに格安SIMを申し込むと、通常3000円かかる初期費用が1円、半年間データ量が通常の2倍もらえます。それに加えて、音声通話SIMだと月額料金が半年間600円引き(合計3600円引き)、音声通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大1万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。

さらに今ならデータ量2倍が1ヶ月B追加でもらえる当サイト限定のキャンペーンも行っています。通常キャンペーンと合わせて7ヶ月間データ量が通常の2倍になります。例えば月3GBプランなら7ヶ月間、毎月6GBも使えます!
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioのZenFone 5Qの詳細と申し込みはこちら → IIJmio

IIJmioの詳細評価

おすすめNo3:イオンモバイル

イオンモバイルではZenFone 5Qを3万9800円で販売します。発売記念キャンペーンで、イオンモバイルの通話SIMを申し込む場合は、6月14日まで3万5800円で販売します。

イオンモバイルの発売日:2018年5月25日

イオンモバイルのキャンペーンの詳細、4GB以上のプランだと初期費用1円(送料760円)

イオンモバイルでは4GB以上のプラン(データSIM/通話SIM)を選ぶ場合、初期費用3000円が1円になるキャンペーンを行なっています。

ファーウェイ(P20lite等)とSHARP(AQUOS)の機種をセットで申し込む場合、通話SIMの初期費用はデータ量に関わらず1円になります。格安スマホの割引キャンペーンも行なっています。

2018年9月3日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

イオンモバイルのZenFone 5Qの詳細と申し込みはこちら → イオンモバイル

イオンモバイルの詳細評価

DMMモバイル

DMMモバイルではZenFone 5Qを3万9800円で販売します。DMMモバイルはあまりキャンペーンをしませんが、現在下記のキャンペーンを行なっています。

DMMモバイルの発売日:5月18日

DMMモバイルのキャンペーンの詳細とお勧めの格安スマホ、月額料金が半年間半額+初期費用3000円が半額+Amazonギフト券を最大5000円分プレゼント

DMMモバイルで格安SIMを申し込むと、月額料金が半年間半額に、初期費用3000円が半額の1500円になるキャンペーンを行っています。2018年8月31日までのキャンペーンです。

このキャンペーンに加えて今なら当サイト限定でAmazonギフト券が最大5000円分がもらえるキャンペーンを行っています。Amazonギフトのキャンペーン終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

DMMモバイルのZenFone 5Qの詳細と申し込みはこちら → DMMモバイル

DMMモバイルは月1GBもデータを使わない場合に一番オススメの格安SIMです。ただし、他のキャンペーン中のMVNOと比べて、端末セットのキャンペーン内容が少し弱いので、基本的には格安SIMのみを申し込む場合にDMMモバイルがオススメです。

DMMモバイルの詳細評価

LINEモバイル

LINEモバイルではZenFone 5Qを3万9800円で販売します。

LINEモバイルの発売日:5月18日

キャンペーンも行っていますが、LINEモバイルの端末セットはお得度が低いので、格安SIMのみを申し込む場合に検討することをオススメします。

LINEモバイルのキャンペーンの詳細とオススメのiPhoneと格安スマホ、初月無料+通話SIMだと6ヶ月間900円引き(合計5400円)&LINEギフトコード最大4000円分プレゼント

LINEモバイルでは、音声通話SIMを申し込むと、月額料金が6ヶ月間900円引きになるキャンペーンを行っています。このキャンペーンに加えてLINEギフトコードが最大4000円分もらえるキャンペーンも行っています。2018年8月31日までのキャンペーンです。

7月2日から始まったLINEモバイルのソフトバンク回線なら7月と8月はデータ量2倍使えるキャンペーンも行っています。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルは、LINEの年齢認証ができたり、LINEやTwitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしに使えるので、これらのSNS系のアプリを多用する場合は、一番おすすめです。

LINEモバイルの詳細評価

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)では、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • nova lite 2
    • コスパ最強の格安スマホがnova lite 2です。格安スマホで迷ったらとりあえずnova lite 2が一番無難です。価格が2万2800円、5.65インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ143g、電池容量3000mAh
  • ZenFone 5
    • ノッチ付きの6.2インチの縦長のベゼルレスになっています。auのVoLTEとDSDVにも対応しています。6.2インチ、CPUオクタコア1.8GHz、RAM6GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ1200万画素+800万画素広角、重さ165g、電池容量3300mAh、DSDV対応、auのVoLTE対応
  • ZenFone 4
    • ゲーム性能が良い高性能で省エネなCPU、大容量のRAM6GBを搭載しています。通常カメラと広角カメラがついていて、広角カメラでは風景を2倍の広さで撮ることができます。5.5インチ、CPUオクタコア2.2GHz、RAM6GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ1200万画素+800万画素広角、重さ165g、電池容量3300mAh、DSDS対応、auのVoLTE対応
  • nova2
    • UQ mobile専売モデルのコンパクトなAndroidスマホです。nova lite 2よりも各種性能が少し良くなっています。価格は2万8900円ですが、カメラ性能がかなり良いです。5インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4、RAM4GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ1200万画素(F値1.8)+800万画素、重さ143g、電池容量3000mAh
最終更新日 2018年5月20日 / 作成日 2018年5月20日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る