ZenFone Live (L1)の性能評価と評判+実機の詳細レビューとキャンペーン情報

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (2)

ZenFone Live (L1)は2018年12月21日に発売された5.5インチの縦長の比較的コンパクトな格安スマホです。性能は可もなく不可もない普通性能ですが、1万6800円という低価格に抑えています。

ZenFone Live (L1)

ZenFone Live (L1)をざっくり評価すると、スマホをあまり使わない人や、スマホは使えれば良い人であまり興味がない人向けの格安スマホです。

CPUはSD430、RAM2GB、ROM32GB、最近の格安スマホの標準的なスペックからは一段性能が落ちていますが、これでも基本的には普通に使えます。

ZenFone Live (L1)の性能でも、ネットやメール、Youtubeなどの動画、LINE、Facebookなど普通程度に使えます。一般的なゲームも暇つぶし程度と考えている場合は特に問題なく遊べます。

ZenFone Live (L1)だと難しいのは、写真をうまく撮りたいとか、ゲームをサクサク楽しみたいとかです。ZenFone Live (L1)のカメラでも記録用の写真くらいは撮れますが、インスタ映えしそうなうまい写真は無理です。暇つぶし程度にゲームを遊べますが、ゲームを楽しみたい場合は無謀です。

このサイトではZenFone Live (L1)をIIJmioさんから借りて実機レビューを行なっています。

ZenFone Live (L1)の詳細と購入 → IIJmioの公式サイト

ZenFone Live (L1)のスペック(性能)

ZenFone Live (L1)
CPUオクタコア1.4GHzx4+1.1GHzx4 Snapdragon 430
RAM2GB
ROM32GB
Antutu58,799
ディスプレイ5.5インチ TFT
解像度1440×720、HD+、画面比18:9
カメラ背面1300万画素(F値2.0)/前面500万画素
電池容量3000mAh
サイズ147.2×71.7×8.1mm
重さ140グラム
連続待受888時間
充電時間3.3時間(実測も3.3時間)
本体カラースペースブルー、ローズピンク、シマーゴールド、ミッドナイトブラック
価格1万6800円

Android 8.0、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大2TB)、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応、DSDS利用時でもマイクロSDカードの利用可)、指紋認証非搭載、顔認証対応、Bluetooth v4.0、Wi-Fi 802.11b/g/n、USB Type C非搭載(microUSB)

ZenFone Live (L1)の対応周波数(バンド)

FDD-LTE : B1/3/5/7/8/18/19/26/28 auのVoLTEにも対応
TD-LTE : B38/41
W-CDMA : B1/5/6/8/19

ドコモ系とau系とソフトバンク系の格安SIMについて

ZenFone Live (L1)はドコモ系、au系、ソフトバンク系の格安SIMで問題なく使うことができます。

バンドの詳細についてはドコモとauとソフトバンクの対応バンドのまとめを参考にしてみてください。

ZenFone Live (L1)の目次へ戻る

ZenFone Live (L1)のレビュー

普通性能なCPUを搭載

ZenFone Live (L1)のCPUはSnapdragon 430(SD430)、オクタコア1.4GHzx4+1.1GHzx4です。

ざっくり評価すると可もなく不可もない普通性能なCPUを搭載しています。

最近の一般的な格安スマホと比べると性能は低いですが、ネットやYoutubeなどの動画、メール、LINE、Facebookなどは普通に使えます。

スマホをたくさん使うとなるとSD430程度のCPUでは難しいですが、スマホをちょこちょこ使う程度の人は結構多いと思います。スマホをちょこちょこ使う程度だと、ZenFone Live (L1)でも問題ないです。

一般的なゲームも暇つぶし程度と考えていれば、特に問題なく遊べます。サクサク遊びたいとか、特定のゲームを快適に遊びたいとか、そういった場合はZenFone Live (L1)は適さないので、より高性能な格安スマホを検討することをオススメします。

ZenFone Live (L1)のAntutuのスコア v7.1.5

Antutuのスコアが高いほど高性能なCPU(&GPU&メモリ)を搭載していることになります。

ZenFone Live (L1)のAntutuスコア 58,799
CPU: 27,670
GPU : 9,106
UX : 17,311
MEM: 4,712

ZenFone Live (L1)のAntutuスコアは58,799になりました。最近の一般的な格安スマホのAntutuスコアは80,000〜120,000程度なので、それと比べると性能がだいぶ劣ります。

性能はだいぶ劣りますが、基本的には普通に使えます。

Antutuのスコアはどれだけスマホをサクサク使えるかの指標です。スコアが高いほどサクサク使えますが、スマホをちょこちょこ使う程度だったり、暇つぶし程度にしかゲームをしないと50,000程度でも割と普通に使えます。

下記はAntutuテストv7以上での評価基準です。

一般的な使い方なら70,000程度でもわりと普通に使えますがサクサク感は少し厳しいです。80,000ぐらいで比較的サクサク使えて、100,000以上で普通の使い方で十分満足できるサクサク感になります。

スマホをたくさん使う場合やゲームが好きな場合はAntutuスコア130,000以上のスマホ、スマホを超たくさん使う場合やゲームが大好きな場合はAntutuスコア200,000以上のスマホがおすすめです。

参考:格安スマホとiPhoneのAntutuスコアの詳細と発熱時の温度

ZenFone Live (L1)のAntutuストレステスト

CPUもそんな高性能でもないので発熱もしにくいです。

ZenFone Live (L1)の目次へ戻る

RAM2GB / ROM32GB

ZenFone Live (L1)のRAMは2GB、ROMは32GBです。

豆知識:CPUが脳みそに相当しますが、RAMは勉強机の広さに相当します。RAMの容量が大きければより多くのアプリを同時に起動することができます。ROMは机の引き出しの大きさに相当します。ROMの容量が大きければより多くのデータを保存することができます。

RAM2GBは割と少ないのでアプリをいろいろ起動して同時に使うのは厳しいです。スマホをたくさん使うのには適していません。スマホをちょこちょこ使う程度や、あまり使わない場合はRAM2GBでも特には問題ないです。

ROMは32GBもあるので、アプリをいろいろインストールしたり、写真を比較的多く撮っても大丈夫な保存容量になっています。

RAMの使用率

起動直後でRAMは1.2GB使用していました。RAMを3GB以上搭載しているスマホだと起動時でも1.8GBくらい消費していたりしますが、ZenFone Live (L1)だと少なめのRAMの使用率になっています。

ROMの実際の空き容量

nova lite 3の初期設定をした直後のROMの空き容量

アプリを最新版にアップデートすると・・・

ZenFone Live (L1)のROMの空き容量は21.46GBになりました。いらないアプリを削除すれば1GBくらいは容量が増えます。

写真などのデータはマイクロSDカードに保存するのがオススメ

1200円程度のマイクロSDカード(32GB)を買って、写真や動画、音楽、書籍データなどのデータはマイクロSDカード側に保存することをオススメします。

空き容量が20GB近くあれば大抵の場合は大丈夫ですが、それでもたくさん写真や動画、アプリをインストールしていくと、だんだんと厳しくなる場合があります。

加えて、スマホは精密機械なんで、何かの拍子で壊れる可能性があります。もしスマホが起動できないくらい壊れても、マイクロSDカードに写真などのデータを保存しておけば、ほぼ確実に写真のデータをもとに戻すことができます。

他にも、保存容量を多く使う電子書籍系のアプリ(KindleやKobo等)や動画系のアプリ(Netflix等)は、データの相当部分をマイクロSDカード側に自動的に保存することができるので、ROMが32GBあっても、基本的にはマイクロSDカードを買って設定することを強くオススメします。

マイクロSDカードを購入して設定する

どのマイクロSDカードを選べばいいのかわからない場合は、とりあえず下記を選んでください。一番無難な選択肢です。

Amazon:Samsung microSDカード32GB EVOPlus Class10 UHS-I対応

マイクロSDカードは32GBぐらいがちょうどいいです。他メーカーでもかまいません。届いたら早速設定します。下記のページで、nova liteにマイクロSDカードを入れて設定するやり方を載せているので、やり方にあまり自信がない場合は参考にしてみてください。

マイクロSDカードを格安スマホで使う

これで写真や動画、たいていの電子書籍系のアプリのデータがマイクロSDカードに自動的に保存されるようになります。

ZenFone Live (L1)の目次へ戻る

電池持ちはそこそこ良い

ZenFone Live (L1)の電池持ちは結構良いです。

画面5.5インチの低解像度、CPUはSDM430である程度省エネ、電池容量3000mAh、連続待受時間888時間です。電池持ちに特化しているわけではありませんが、普通程度にスマホを使う場合でも十分な電池持ちになっています。

ZenFone Live (L1)の実際の電池持ち(このサイトでの実測)

Youtubeの連続再生時間 11時間25分
PCMarkのバッテリテスト 9時間4分

PCMarkのバッテリーテストは、スマホの電池持ちの総合的な評価指数になります。実際にスマホを使った時間というわけではないですが、PCMarkの電池持ちを比較することで、相対的な電池持ちの良し悪しを比較することができます。

スマホをちょこちょこ使う程度のユーザなら2日以上、スマホをあまり使わないユーザなら3日以上電池が持つ感じです。

格安スマホ等の実機テストによる実際の電池持ち(実測)
PCMarkの電池持ち
Redmi Note 9S17時間15分
Pixel 3a10時間20分
OPPO Reno A9時間59分
P30 lite10時間38分
AQUOS sense314時間14分

PCMarkの電池持ちはWebサイトの閲覧、動画の編集、データの書き込みや改変、写真の加工など繰り返したときの電池持ちです。

下記のページに電池持ちのテストの詳細や、電池の寿命を伸ばす方法、多数の格安スマホの電池持ちのテスト結果を掲載しているので参考にしてみてください。

スマホの電池持ちの詳細調査と電池を長持ちさせる方法

ZenFone Live (L1)の目次へ戻る

比較的コンパクトな5.5インチの縦長スマホ

最近の格安スマホのほぼ全て、余白を少なくした縦長ディスプレイを採用しています。

ZenFone Live (L1)も縦長ディスプレイを採用しています。5インチの本体サイズに5.5インチのディスプレイを搭載しているので、他の6インチ以上の格安スマホと比べたら割とコンパクトな作りになっています。

ZenFone Live (L1)の目次へ戻る

カメラ性能はHDRをオンにすればそこそこ良い(暗いところは避ける)

ZenFone Live (L1)のカメラ性能
背面:1300万画素 (F値推定2.0)
前面:800万画素 (F値推定2.2)

ZenFone Live (L1)のカメラの作例

※ 写真をクリックすると原寸大の大きさになります。

HDRオフ

少し暗めで微妙

HDRオン

わかりやすく撮ってくれる

HDRオフ

少し暗めで微妙

HDRオン

なんか発光している感じが・・

HDRをオンにして食べ物をとれば、割とうまく撮ってくれますが、場合によっては発光している感じになるかもです。

原寸大にすると、画質が結構粗めになってしまいますが、ZenFone Live (L1)の価格帯のカメラとしてはそれなりに頑張っている感じです。

HDRオフ

少し暗めで画質も悪め

HDRオン

HDRをオンにすると少し明るくなる

ざっくり評価すると、ZenFone Live (L1)のカメラはそれなりに頑張っています。

それなりなのでカメラ性能を少し重視する場合は避けたほうがいいです。記録用にそれなりの写真が撮れればいい場合は特に問題ないです。

カメラ性能をある程度重視する場合は少なくとも3万円前後の格安スマホ、もっと重視する場合は6万円前後、最重視する場合は10万円前後を用意しましょう。

ZenFone Live (L1)の目次へ戻る

GPSの精度は普通

ZenFone Live (L1)はGPS、GLONASSに対応しています。

基本的にはこんな感じで位置情報の衛星を掴んでいます。

たまに星型のBEIDOUを掴んでいる場合もありますが、BEIDOUは安定しません。

○がGPS
△がGLONASS
□がQZSS(みちびき)
五角形がGALILEO
星型がBEIDOU

ZenFone Live (L1)を持ってそのへんフラフラしながら、Google Mapsで位置情報の移動を確認したりしましたが、特に問題ないです。普通にナビとしても使えます。

安定して捕まえられる位置衛星はGPSとGLONASSだけなので、BEIDOUやGALILEO、QZSSに対応している格安スマホと比べたら位置情報の安定性に欠けるかもですが、細かいことを言わなければざっくり普通に使える感じです。

GPSの精度を重視する場合は、みちびき対応の格安スマホがオススメ

みちびきに対応すると、都市部などビルが建ち並びGPSの電波が不安定な場所でも、みちびきの位置衛星が頭上にきやすいので、GPSを捕捉しやすくなり位置情報が安定します。(都市部などのビル街ではなければ、みちびき対応の有無はそんなに違いは出ないです)

みちびき対応:OPPO R17 NeoAQUOS R2 compactなど

ZenFone Live (L1)の目次へ戻る

指紋センサー非搭載 / 顔認証対応(少し反応が遅い)

ZenFone Live (L1)は指紋センサーを搭載していません。代わりに顔認証でスマホのロックを解除することができます。

ZenFone Live (L1)の顔認証を試してみましたが、ファーウェイの格安スマホの顔認証と比べて反応が0.3秒くらい遅れる感じです。0.7秒くらいで顔認証でロックを解除する感じになっています。

ZenFone Live (L1)を使う人の多くは、スマホのロックなしに使ってそうな気がしますが、ZenFone Live (L1)の顔認証は反応が少し遅い程度で使うことができます。

普段スマホを普通程度に使う場合は、もう少し顔認証の反応速度が速いスマホを選んだほうがストレスなくていいかもです。

ZenFone Live (L1)の目次へ戻る

その他の細かい点

充電時間が3.3時間で結構長い

ZenFone Live (L1)の製品ページに、充電時間が3.3時間と記載されています。これ結構長いです。最近の一般的な格安スマホの充電時間は2時間前後です。

おそらく付属の充電器をケチって、5V1Aの充電器を入れていると思われます。5V2Aの充電器で充電してあげれば2時間くらいで充電が完了すると思われます。

ということで、実際に急速充電器で色々試してみたのですが、5V1でしか充電してくれませんでした・・。結局フル充電にするには3.3時間かかって、これは割とうざいかもです。

WiFiのacに非対応、Bluetooth v4.0、充電コネクタがmicroUSB

安い格安スマホだとWiFiのacに非対応、Bluetooth v4.0、充電コネクタがmicroUSBになっていたりします。ZenFone Live (L1)もそうです。

スマホをちょこちょこ使う人や、あまり使わない人にとってはほとんど関係ないですが、とりあえず細かい点としてあげておきます。

ZenFone Live (L1)の目次へ戻る

ZenFone Live (L1)の評判

ZenFone Live (L1)の評判は可もなく不可もなくというか、割と良いです。

ZenFone Live (L1)を買う人はそもそも何を買うのかわかっています。スマホをちょこちょこ使う程度だし、あまり使わないからこれで十分かなと思ってZenFone Live (L1)を買って、その結果十分だった。以上です。

スマホをたくさん使う人が買うとマズイですが、そういったケースはほとんどないです。ZenFone Live (L1)は適材適所で買われて、評判もそれなりに良いものになっています。

ZenFone Live (L1)の口コミと質問は下記から

このサイトにはユーザ参加型の格安SIMと格安スマホの口コミサイトがあります。ZenFone Live (L1)も下記で口コミや質問を受け付けているので、何かあれば書き込んでいただければと思います。

ASUSのスマホ(ZenFone等)の口コミ

ZenFone Live (L1)の目次へ戻る

ZenFone Live (L1)が買えるMVNOとキャンペーン情報

ZenFone Live (L1)はMVNOでは、IIJmio、OCNモバイルONE、BIGLOBEモバイル、LINEモバイル、mineoで取り扱っています。

※ 3000円から3400円程度の事務手数料(またの名は初期費用/SIMパッケージ費用)が加算されます。

ZenFone Live (L1)の定価:1万6800円 (購入する場所で結構変わります)

税込で計算すると面倒なので全て税抜き価格になります。

分割払いにできるところでも、分割にしてしまうと分割手数料が15%くらい発生するので、一括払いで買うことをおすすめします。(BIGLOBEモバイルは分割払いのみになりますが、手数料は発生しません)

おすすめ:IIJmio

IIJmioのZenFone Live (L1)の価格は1万6800円ですが、IIJmioでは月額割引、データ増量キャンペーンを行なっています。データを比較的多く使う場合にオススメです。

IIJmioのキャンペーンを徹底解説、初期費用1円+au回線なら合計2100円引き+乗り換えで4000円キャッシュバック

IIJmioでは初期費用3000円が1円、他社からMNPで乗り換えなら4000円キャッシュバック、そしてau回線なら合計2100円引きで使えるキャンペーンをしています。

さらに通話SIMなら10分かけ放題が4ヶ月無料で使えます。2020年8月31日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioのZenFone Live (L1)の申し込み → IIJmioの公式サイト

IIJmioの詳細評価

OCNモバイルONE、8800円

OCNモバイルONEで通話SIMを申し込む場合、ZenFone Live (L1)を8800円で買うことができます。

OCNモバイルONEのキャンペーンを徹底解説、iPhoneと格安スマホが割引価格で買える、2020年7月15日までセール中

OCNモバイルONEは、通話SIMとセットだと格安スマホを割引価格で買えるキャンペーンを行っています。

今なら2020年7月15日までOPPO Reno Aが1万800円、OPPO Reno3 Aが実質2万1600円、OPPO A5 2020が1円、moto g8 plusが実質1万2800円、AQUOS sense3が8100円等で買えるセールを行っています。

iPhone8の256GBが2万4100円など、中古美品のiPhoneもかなり安く買えます。

他社からの乗り換えなら、moto g8 plusは更に5000円引きです。
キャンペーンの詳細を見る

OCNモバイルONEのZenFone Live (L1) → OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、電話代を安くできる通話オプションが豊富で実測230kbpsの低速モードが無制限に使うことができます。

格安SIMでも長電話をしたい場合や、低速モードでインターネットラジオのradikoやYoutubeの動画を聞き流したい場合にオススメの格安SIMです。ただし、高速データ通信の実際に出る通信速度は遅めです。

OCNモバイルONEの詳細評価

BIGLOBEモバイル、特典多数でかなり安くなる

BIGLOBEモバイルではZenFone Live (L1)を1万6800円で販売していますが、キャンペーン中につき、キャッシュバックや割引を複数適用することができ、かなり安くZenFone Live (L1)を手に入れることができます。

BIGLOBEモバイルのキャンペーンを徹底解説、6ヶ月間400円&YouTube見放題+3000円相当プレゼント、格安スマホ1万2000ポイント還元

BIGLOBEモバイルでは、通話SIMの月3GB以上を申し込むと、月額料金は初月無料で翌月から6ヶ月間1200円引き(合計9600円引き)、そして月額料金の支払いに使える3000円相当のポイントがもらえるキャンペーンを行なっています。

さらに指定の格安スマホセットなら1万2000円相当のポイントがもらえます。YouTubeがギガ消費なしで見放題になるエンタメフリーオプションも半年間無料で使えます。2020年8月31日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルのZenFone Live (L1) → BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルはYoutubeやAbemaTVが月480円で見放題になるオプションがあるので、動画をたくさんみたい人にオススメの格安SIMです。

BIGLOBEモバイルの詳細評価

LINEモバイル

LINEモバイルではZenFone Live (L1)を1万7800円で販売しています。

LINEモバイルのキャンペーンの詳細、月額料金が2ヶ月間無料キャンペーン+最大1万円相当のポイント、おすすめの格安スマホも徹底解説

LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと初月と翌月の2ヶ月間、月額料金が0円で使えるキャンペーンを行なっています。

さらに最大1万円相当(実質7300円相当)のLINEポイントまたはLINE Pay残高が追加でもらえるキャンペーンも行っています。キャンペーン終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの詳細評価

DMMモバイル

DMMモバイルではZenFone Live (L1)を1万6800円で販売しています。

DMMモバイルの詳細評価

mineo

mineoではZenFone Live (L1)を1万6800円で販売します。

mineo(マイネオ)のキャンペーンの詳細、他社から乗り換えだと月額料金が合計4800円引き+6ヶ月1GB増量

mineoでは、他社からの乗り換えの場合で月3GB以上のデュアルタイプ(通話SIM)を申し込むと、月額料金が合計4800円引き、データ容量は半年間1GB増量になるキャンペーンを行なっています。

低速500kbpsが使い放題「パケット放題」が最大7ヶ月80円引きになるキャンペーンも行っています。2020年8月2日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

mineoの詳細評価

ZenFone Live (L1)の目次へ戻る

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • Redmi Note 9S
    • コスパ最高の格安スマホです。2万2545円、6.67インチ、CPU SDM720G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ4800万画素(F値1.19)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素+深度200万画素、重さ209g、電池容量5020mAh
  • OPPO Reno3 A
    • コスパの良い比較的高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラ性能も良いです。3万6181円、6.44インチ、CPU SDM665、RAM6GB、ROM128GB、カメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+ポートレート200万画素+200万画素、重さ175g、電池容量4025mAh
  • iPhone SE 第2世代
    • 4万4800円で買える超高性能なiPhoneです。コンパクトで防水・おサイフケータイに対応。4.7インチ、CPU A13 Bionic、RAM3GB、ROM64GB(128GB版は4万9800円)、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ148g
  • AQUOS sense3
    • 防水とおサイフケータイ対応で電池持ちが超良いです。5.5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ167g、電池容量4000mAh
最終更新日 2019年3月23日 / 作成日 2019年3月2日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較
5 1
この記事は参考になった/良かった
購読する
通知する
guest
2 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
あと
あと
2019年3月22日 6:50 午後
この記事は参考になった/良かった :
     

誤植見つけました。nova lite 3 になっとります。
Xxxx nova lite 3 XxxxxのAntutuスコア 58,799
CPU: 27,670
GPU : 9,106
UX : 17,311
MEM: 4,712

ZenFone Live (L1)のAntutuスコアは58,799になりました。

「ZenFone Live (L1)の性能評価と評判+実機の詳細レビューとキャンペーン情報」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMとスマホ比較のカテゴリ
サイト内検索
コメント