ZenFone Max (M2)の性能評価+詳細レビューと使える格安SIMとMVNOのキャンペーン情報

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

ZenFone Max (M2)は2019年3月15日に発売された、ゲームはあまりしないけどスマホを比較的たくさん使う人向けの格安スマホです。

価格2万6500円、CPUはSDM632、RAM4GB、ROM32GB、画面6.3インチで1520×720の低解像度、DSDVとauのVoLTE対応でトリプルスロット、電池容量は4000mAhです。(※ OCNモバイルONEだと6800円!)

ZenFone Max (M2)

SDM632は格安スマホの中では比較的高性能なCPUですが、GPU性能が低いのでゲーム向きではないです。画面も6.3インチの大画面です解像度が1520×720の低解像度なので、ゲームをすると画質の悪さが目に付きます。

ZenFone Max (M2)の弱みはゲーム向きではないことですが、強みはゲーム以外を快適に安く使えるようにしていることです。

ゲームをあまりしない人や、ゲームをあまりしてもらいたくない子供に使わせるのにおすすめです。(ゲーム好きな子供だったら・・ですけど)

ゲームも快適にしたい場合はGPU性能も比較的高く、画面も高画質なZenFone Max Pro (M2)がおすすめです。

※ OCNモバイルONEのZenFone Max (M2)は注文が殺到して在庫切れになっている場合があります。在庫切れでも再入荷予定ですが、いつ入荷されるかはわからないで公式サイトを定期的にチェックする必要があります。

ZenFone Max (M2)が6800円! → OCNモバイルONE

※ OCNモバイルONEでは3月29日午前11時までが6800円になります。それ以降は1万6800円での販売になります。

ZenFone Max (M2)のスペック(性能)

ZenFone Max (M2) ZB633KL
CPUCPUオクタコア1.8GHz SDM632
RAM4GB LPDDR3
ROM32GB eMCP 5.1(eMMC 5.1)
Antutu推定94,000
ディスプレイ6.3インチ
解像度1520×720 HD+、画面比率19:9
カメラ1300万画素(F値1.8)+200万画素(深度測定用)/前面800万画素(F値2.0)
電池容量4000mAh
サイズ158.4 × 76.2 × 7.7mm
重さ160グラム
連続待受840時間
充電時間2.6時間
本体カラーミッドナイトブラック、スペースブルー、メテオシルバー
価格定価2万6500円、OCNモバイルONEで期間限定で6800円

Android 8.1、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大2TB)、トリプルスロット(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応)、指紋認証、顔認証、microUSB(USB Type C 非対応)、Bluetooth 4.2、Wi-Fi 802.11b/g/n、ジャイロスコープ搭載、GPS(GLONASSサポート)

ZenFone Max (M2)の対応周波数(バンド)

FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28 (au VoLTE対応)
TDD-LTE : B38/41
UMTS(WCDMA/3G) : B1/2/4/5/6/8/19
2CA対応

ZenFone Max (M2)は、ドコモ系の格安SIMau系の格安SIM(マルチSIM)、ソフトバンク系の格安SIMで使うことができます。SIMのサイズはマルチSIMまたはナノSIMです。

ZenFone Max M2の目次へ戻る

ZenFone Max (M2)の評価

CPU性能の詳細

ZenFone Pro (M2)のCPUはオクタコア1.8GHz Snapdragon 632 (以下、SDM632)です。SDM632はGPU性能が低いですが、それ以外の処理能力は結構高性能です。

ゲーム以外の一般的な使い方なら結構なんでもサクサク使えます。

ネットや、Twitter、LINE、メール、Facebook、インスタグラムはもちろんのこと、Youtubeなどの動画もサクサクみれます。(格安SIMだと平日の昼だと速度が遅くなって、サクサクとはいきませんが・・)

ゲームも、一般的なゲーム、パズドラ、モンスト、ツムツム、ポケモンGOなどは、普通に遊ぶことができます。ただ、GPUの性能が低いので、ポケモンGOのレイドバトルなどは厳しいかもしれません。

ある程度のゲームは普通に長時間遊べますが、音ゲーやPUBGみたいに重い処理が必要なゲームを快適に遊びたい場合は、結構難しいです。

この場合はゲーム性能が結構良いZenFone Max Pro (M2)、ゲーム性能が超良いiPhone7やiPhone8、ZenFone 5Zなどを選ぶことをおすすめします。

ZenFone Max (M2)のAntutuのスコア

ZenFone Max (M2)のAntutuスコア 推定94,000
CPU: 推定47,000
GPU : 推定13,000
UX : 推定28,000
MEM: 推定6,000

ZenFone Max Pro (M2)のAntutuスコア 推定126,000
CPU: 推定58,000
GPU : 推定27,000
UX : 推定35,000
MEM: 推定6,000

ZenFone Max Pro (M1)のAntutuスコア 113,795
CPU: 55,157
GPU : 20,795
UX : 32,017
MEM: 5,826

重要な違いはGPUのスコアです。ゲームをそれなりにする場合はGPUのスコアが13,000は結構心許ないです。20,000でそれなりに安心して遊べて、27,000あれば大抵のゲームは快適に遊べる感じです。

格安スマホのAntutuスコア(v7以上)
ZenFone 5Z: 271,283
P20: 206,563
nova 3: 203,663
iPhone7: 196,402
iPhone6s: 150,000程度
OPPO R17 Neo: 132,813
nova lite 3: 128,056
ZenFone 5: AIブーストなし125,200、AIブーストあり138,771
Galaxy Feel2: 115,000程度 (ドコモwith対象機種)
ZenFone Max Pro (M1): 113,795
AQUOS sense plus: 88,670 (防水・おサイフケータイ対応)
P20 lite: 87,131
AQUOS sense2: 72,469
AQUOS sense lite 58,098

下記はAntutuテストv7以上での評価になります。

一般的な使い方なら50,000程度でもわりと普通に使えますがサクサク感は少し厳しいです。70,000ぐらいで比較的サクサク使えて、80,000以上で普通の使い方ではサクサクの限度で体感差が出ずらくなります。

ゲームをそこそこする場合は、Antutuスコアは最低でも50,000がボーダーラインです。70,000以上だと一般的なゲームなら結構普通に遊べます。

スマホをたくさん使う場合や、ゲームが大好きな場合は100,000以上のAntutuスコアが出るスマホがオススメです。

参考:格安スマホとiPhoneのAntutuスコアの詳細と発熱時の温度

ZenFone Max M2の目次へ戻る

RAMとROMの詳細

ZenFone Max (M2)のRAMは4GB、ROMは32GBあります。

RAMが4GBあるので、アプリを色々起動しても余裕を持って使うことができます。CPUの処理能力も高いので結構サクサク使えます。

ROMも32GBあるので、アプリをそれなりにたくさんインストールしたり、写真を比較的多く撮る場合でも大丈夫です。

ゲームアプリをたくさんインストールしたり、写真をかなりたくさん撮り始めるとROM32GBでは厳しいですが、ZenFone Max (M2)の性能的にゲームはそんなに得意じゃなく、写真もそこまでキレイに撮れるわけではないです。

ゲームアプリをたくさんインストールしたり、写真をたくさん撮る場合はZenFone Max Pro (M2)をオススメします。

ZenFone Max M2の目次へ戻る

電池持ちの詳細

ZenFone Max (M2)は4000mAhの大容量の電池を搭載しています。

SDM632は省エネタイプのCPUです。画面は6.3インチの大画面ですが1520×720の低解像度です。画面のサイズが大きいとそれだけ電池を多く消費しますが、解像度が低いと電池持ちが結構良くなります。

総合的にみてZenFone Max (M2)は格安スマホの中でも電池持ちが超良い部類に入ります。

ZenFone Max (M2)の電池持ちの詳細

Wi-Fi通信時のネット利用時間:22時間
連続通話時間:35時間
連続待受時間:792時間

ZenFone Max Pro (M2)の電池持ちの詳細

Wi-Fi通信時のネット利用時間:23時間
モバイル通信時のネット利用時間:22時間
連続通話時間:40時間
連続待受時間:840時間

ZenFone Max Pro (M1)の電池持ちの詳細

Wi-Fi通信時のネット利用時間:28時間
モバイル通信時のネット利用時間:21時間
Youtubeの連続再生時間:20時間
一般的なゲームプレイ時間:12時間
連続通話時間:42時間
連続待受時間:840時間

ZenFone Max (M2)は他のMaxシリーズの中では電池持ちが少し落ちますが、それでも電池持ちはスマホの中でも超良いほうです。

格安スマホ等の実機テストによる実際の電池持ち(実測)
PCMarkの電池持ち動画の再生時間連続待受時間
nova lite 38時間54分13時間25分テスト待ち
nova 39時間0分13時間43分404時間
P209時間6分12時間52分371時間
P20 lite7時間17分11時間30分334時間
AQUOS sense29時間50分13時間49分528時間
ZenFone 59時間18分14時間5分498時間
ZenFone 5Z10時間7分14時間30分424時間
Oppo R15 Neo17時間0分20時間30分644時間

PCMarkの電池持ちはWebサイトの閲覧、動画の編集、データの書き込みや改変、写真の加工など繰り返したときの電池持ちです。動画の再生時間はYoutubeを再生し続けて電池切れまでの時間です。連続待受時間はスリープ状態で電池がなくなるまでの時間です。

下記のページに電池持ちのテストの詳細や、電池の寿命を伸ばす方法、多数の格安スマホの電池持ちのテスト結果を掲載しているので参考にしてみてください。

スマホの電池持ちの詳細調査と電池を長持ちさせる方法

ZenFone Max M2の目次へ戻る

カメラ性能の詳細

ZenFone Max (M2)のカメラ性能
背面:1300万画素(F値1.8)+200万画素(深度測定用)
前面:800万画素(F値2.0)

ZenFone Max (M2)はダブルレンズカメラです。一つのレンズは深度測定用で写真のボケを作るのに用いられます。

ざっくり評価してカメラ性能は普通か少し劣る結果になります。カメラ性能にある程度自信があると、メーカーの製品ページにはカメラのスペックが結構詳しく記載されますが、ZenFone Max (M2)のカメラ性能の記載は不十分です。

「素晴らしい写真体験を約束します」とか「どのような状況でも、より鮮明に詳細な写真を捉えます」とかメーカーのページには記載していますが、それなりの写真が撮れる程度に思った方がいいです。

※ カメラ性能が少し劣っている可能性がある理由は、2万6500円でSDM632と4000mAhの電池を搭載している場合、単純にコストを削る先がカメラの実性能になる傾向が高いためです。

加えて画面が6.3インチで1520×720の低解像度です。キレイな写真を楽しみたい場合、低解像度の画面は向いていません。

カメラ性能を少し重視する場合は、画面が高画質でカメラにはソニーのイメージセンサーのIMX486を使っているZenFone Max Pro (M2)を検討することをおすすめします。

ZenFone Max (M2)のカメラでもそれなりの写真は撮れると思いますが、写真を多く撮る場合はわりと厳しめです。(単なる記録用の写真とかだったら特に問題ないです)

ZenFone Max M2の目次へ戻る

その他:画面の低解像度について

ZenFone Max (M2)は6.3インチの大画面ですが、解像度は1520×720の低解像度です。解像度が1520×720と低いです。文字が読みづらくなるほど画質が荒くなるとかはないので大丈夫です。

下記の写真で比べてみてください。


(クリックで大きな画像になります)

左がP20 lite(高解像度)、右がOPPO R15 Neo(低解像度)です。明るさは100%です。

OPPO R15 Neoは6.2インチで解像度が1520×720の低画質なので、ZenFone Max (M2)と画面の条件がほぼ同じです。P20 liteは5.84インチで解像度は2280×1080の高画質です。

文字をじっくり凝視してみましたが、違いはほぼありません。両方とも綺麗に表示されます。ただし、Webサイトで表示される写真に違いが出てきます。高解像度だと写真が明るめになって、低解像度は写真が少し暗めに荒くなります。

あと、アイコン(PNGやGIF)などの小さい画像が低解像度だと少し荒くなるかも?くらいな感じになります。

Webサイトくらいなら写真を除けばそこまで気になるほどの違いはないですが、キレイなグラフィックでゲームをしたい場合は、低解像度のスマホは避けた方がいいです。

ZenFone Max M2の目次へ戻る

ZenFone Max (M2)の総合評価

ZenFone Max (M2)はスマホでゲームをあまりしない場合に、実用性が高い格安スマホになっています。

ゲーム性能を低く抑える代わりに、価格を安くして、電池容量を増やして、RAMを4GBにして、大画面にして、ゲーム性能以外の処理能力を上げています。

ゲームをそれなりにする場合や、写真をそこそこ撮る場合は価格が9000円ほど高くなりますがZenFone Max Pro (M2)を選んだ方が良いですが、ゲームも写真もわりとどうでもいい場合は安く買えて、ゲームも写真以外は結構快適に使えるZenFone Max (M2)を検討してみてください。

ZenFone Max M2の目次へ戻る

ZenFone Max (M2)の評判

ZenFone Max (M2)の評判は、ZenFone Max Pro (M2)の評判の影に隠れました。

ZenFone Max (M2)はゲームや写真をあまり気にしない場合は、安くて性能も結構良いのですが、ネットでスマホの評判を語る人たちの多くは、ゲームを比較的よくする人たちなんです。

ZenFone Max (M2)は悪くはないけど、語ることも特にないといった感じです。

ZenFone Max (M2)の口コミと質問は下記から

このサイトではユーザ参加型の格安SIMと格安スマホの口コミサイトも運営しています。ZenFone Max (M2)も下記で口コミや質問を受け付けているので、何かあれば書き込んでいただければと思います。

格安SIMとスマホの口コミ:ASUSのスマホ(ZenFone等)の口コミ

ZenFone Max M2の目次へ戻る

ZenFone Max (M2)が買えるMVNOやネットショップ

ZenFone Max (M2)の定価:2万6500円(税抜)

MVNOではOCNモバイルONE、NifMo、LinksMateで販売しています。おそらく他のMVNOでも販売すると思いますが、まだ他のMVNOでの取り扱いはまだ発表されていません。

異常に安いOCNモバイルONE:6800円!

OCNモバイルONEでは発売記念特価として2019年3月29日午前11時まで、ZenFone Max (M2)を6800円で販売しています。その後は通常価格の1万6800円になります。

OCNモバイルONEの通話SIMとセットに申し込む必要がありますが、今なら月額料金が2年間ずーと320円引き(合計7680円引き)になるキャンペーンも適用できます。

※ OCNモバイルONEのZenFone Max (M2)は注文が殺到して在庫切れになっている場合があります。在庫切れでも再入荷予定ですが、いつ入荷されるかはわからないで公式サイトを定期的にチェックする必要があります。

OCNモバイルONEのキャンペーンの詳細、月額料金が2年間ずーと320円引き+スマホ市で格安スマホが爆安価格!

OCNモバイルONEでは通話SIMを申し込むと月額料金が2年間ずーと320円引き(合計7680円引き)になるキャンペーンを行なっています。2019年3月31日までのキャンペーンです。

通話SIMと格安スマホをセット購入すると2年間の月額割引に加えて、3月28日午前11時までAQUOS sense2が実質1650円、P20 liteが800円、ZenFone 5が実質1万5650円、nova 3が実質1万3650円、ZeFone Live L1が480円、Mate 20 Proが実質6万650円。3月29日午前11時までZenFone Max Pro (M2)が1万2800円
キャンペーンの詳細を見る

ZenFone Max (M2)が6800円 → OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの詳細評価と評判&実際に使った結果と他の格安SIMとの比較

OCNモバイルONEは、電話代を安くできる通話オプションが豊富で実測230kbpsの低速モードが無制限に使うことができます。

格安SIMでも長電話をしたい場合や、低速モードでインターネットラジオのradikoやYoutubeの動画を聞き流したい場合にオススメの格安SIMです。ただし、高速データ通信の実際に出る通信速度は遅めです。

NifMo

NifMoではZenFone Max Pro (M1)を2万6667円で販売しています。

OCNモバイルONEと比べたら4倍くらい高くなるのですが、OCNの爆安価格が異常なのであって、NifMoの販売価格が普通です・・。

NifMoの詳細評価

LinksMate

LinksMateではZenFone Max (M2)を2万6500円で販売しています。

LinksMateの詳細評価

Amazon

ZenFone Max (M2)はAmazonでも販売しています。

Amazon:ASUS Zenfone Max (M2)

ZenFone Max M2の目次へ戻る

ZenFone Max (M2)が使える格安SIMとキャンペーン情報

ZenFone Max (M2)は、ドコモ系の格安SIMau系の格安SIM(マルチSIM)、ソフトバンク系の格安SIMで使うことができます。

SIMのサイズはナノSIMです。

ドコモ系の格安SIMは最近マルチSIM型のSIMカードに移行しているので、MVNOによってはSIMサイズの指定がなく、マルチSIMになっている場合があります。SIMのサイズが必要な場合に、ナノSIMを指定してください。

au系の格安SIMはマルチSIM(VoLTE対応SIM)とLTE用SIMがあります。LTE用SIMも扱っているUQ mobileもしくはmineoのau回線を選ぶ場合は、マルチSIMを選んでください。それ以外のau系の格安SIMは全てマルチSIMです。

ソフトバンク系の格安SIMはナノSIMを選んでください。

Amazonや家電量販店でZenFone Max (M2)を購入したら、下記のキャンペーンを参考に格安SIMを選んでみてください。通信速度を重視する場合は、格安SIMとドコモとWiMAX2+の通信速度の記録を参考にしてみてください。

格安SIMのキャンペーンのお得度ランキング、SIM替えに最適、キャッシュバックや月額割引等を総合比較

BIGLOBEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:au回線の通信速度が結構速い、Youtubeがデータ消費なしに見れる

BIGLOBEモバイルのキャンペーンの詳細、最大3万3749円相当の特典+初月無料+紹介コードで追加で1ヶ月無料

BIGLOBEモバイルでは、月3GB以上のプランを申し込むと月額割引とキャッシュバックがもらえて、初期費用も無料になるキャンペーンを行なっています。2019年3月31日までのキャンペーンです。

通話SIMのみは最大で1万9594円分の特典、通話SIMと端末セットは最大3万3794円分の特典、データSIMと端末セットだと最大7200円分の特典がもらえます。通話SIMならYoutube等をデータ消費なしに見れるエンタメフリーが3ヶ月無料のキャンペーンも実施中です。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの詳細評価

LINEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/ソフトバンク回線)

LINEモバイルの特徴:ソフトバンク回線の通信速度が結構速い、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしに使える

LINEモバイルのキャンペーンの詳細、初月無料+通話SIMだと3ヶ月間1390円引き+10人に1人1年間タダ+5000円相当のポイントプレゼント

LINEモバイルでは、音声通話SIMを申し込むと初月無料に加えて、翌月から月額料金が3ヶ月間1390円引き(合計4170円引き)、さらに他社からの乗り換えだと10人に1人、月額料金が1年間タダになるキャンペーンも行なっています。10人に1人タダキャンペーンは3月28日までです。

さらに音声通話SIMだと月額割引と抽選に加えて、LINEモバイルの支払いに使えるLINEポイントが5000ポイント(5000円相当)もらえるキャンペーンも行っています。5000ポイントは2019年4月22日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの詳細評価

UQ mobileの格安SIMのキャンペーン(au回線)

UQ mobileの特徴:通信速度が超速い

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックの詳細、最大1万3000円のキャッシュバック

UQモバイルの通話SIMを申し込むと5000円のキャッシュバック、おしゃべりプランとぴったりプランを申し込む場合は最大1万3000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。UQモバイルは通信速度が超速いので、いつでも快適にスマホを使いたい場合におすすめです。
UQモバイルのキャンペーンの詳細を見る

UQモバイルの詳細評価

QTモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

QTモバイルの特徴:キャンペーンがお得

QTモバイルのキャンペーンの詳細とオススメの格安スマホ、月額料金が1年間で最大1万5120円引き+商品券8000円プレゼント!

QTモバイルでは、通話SIMを申し込むと月額料金が1年間で最大1万5120円引きになる、ばり得キャンペーンを行っています。データSIMの場合は最大9000円引きです。(選ぶデータ量によって割引額が変わります)

このキャンペーンに加えて、通話SIMを申し込むと商品券8000円プレゼントのキャンペーンも行っています。2019年5月31日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

QTモバイルの詳細評価

LIBMOの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線)

LIBMOの特徴:高額キャッシュバック

LIBMO(リブモ)の一番お得なキャンペーンの詳細、最大2万円のキャッシュバック実施中!

LIBMOでデータSIMを申し込むと最大1万円のキャッシュバック、通話SIMだと最大2万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。

例えば月3GBのデータSIMなら5000円、通話SIMだと1万4000円のキャッシュバックがもらえます。キャッシュバックキャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LIBMOの詳細評価

IIJmioの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

IIJmioの特徴:老舗

IIJmioのキャンペーンとオススメの格安スマホの詳細、初期費用1円+1年間毎月4GB増量+通話SIMなら月額料金が3カ月1300円引+最大1万円分のギフト券

IIJmioでは2019年5月8日までに格安SIMを申し込むと通常3000円かかる初期費用が1円になり、データ量が12カ月間月1GB増量します。それに加えて通話SIMだと月額料金が3カ月間1300円引き、通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大1万円分のギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。

さらに当サイト限定でデータ量が12カ月間さらに追加で毎月3GBもらえるキャンペーンも行っています。つまりこのサイト経由で申し込むと1年間、毎月4GB追加でもらえます!

2019年3月20日午前10時から数量限定でXperia XZ Premiumが4万円、OPPO R15 Neoが100円、AQUOS sense plusが1万円、P20 liteが7000円、ZenFone Live (L1)が5000円。売り切れた場合でも翌日の午前10時に再度販売する場合があります。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioの詳細評価

DMMモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線)

DMMモバイルの特徴:利用料金の10%がポイントバックで好きな漫画がタダで読める

DMMモバイルのキャンペーンの詳細、新規契約手数料3000円が無料+通話SIMなら最大3300円割引+Amazonギフト券が最大1万4000円分もらえる

DMMモバイルの格安SIM(データSIM/通話SIM)を申し込むと、新規契約手数料3000円が無料になるキャンペーンを行なっています。通話SIMだと初期費用無料に加えて、月額料金が最大で合計3300円引になるキャンペーンも行っています。2019年5月16日までのキャンペーンです。

さらに当サイト限定でAmazonギフト券が最大1万4000円分が追加でもらえるキャンペーンを行っています。Amazonギフトのキャンペーン終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

DMMモバイルの詳細評価

ZenFone Max M2の目次へ戻る

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • nova lite 3
    • コスパ最強の格安スマホがnova lite 3です。格安スマホで迷ったらとりあえずnova lite 3が一番無難です。価格が2万2800円前後、6.21インチ、CPUオクタコア2.2GHzx4+1.7GHzx4 Kirin710、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素(F値1.8)+200万画素、重さ160g、電池容量3400mAh
  • P20 lite
    • P20liteはnova lite 3より4000円ほど高くなりますが、RAMが4GBに増えて、Type Cに対応、画面が少しだけ広くなって、WiFiのacに対応しています。P20liteは2018年で一番売れている格安スマホです。5.84インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4 Kirin659、RAM4GB、ROM32GB、カメラ1600万画素(F値2.2)+200万画素、重さ145g、電池容量3000mAh
  • AQUOS sense2
    • 防水とおサイフケータイに対応しているスマホで一番オススメなのがAQUOS sense2です。5.5インチ、CPUオクタコア1.8GHz SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ155g、電池容量2700mAh、auのVoLTE対応
  • OPPO R17 Neo
    • OPPO R17 Neoはコスパとゲーム性能が良い格安スマホです。UQ専売です。DSDVとauのVoLTEにも対応しています。トリプルスロットなのでDSDVとマイクロSDを同時に使うことができます。CPUオクタコア1.95GHzx4+1.8GHzx4 SDM660、RAM4GB、ROM128GB、カメラ1600万画素(F値1.7)+200万画素、重さ156g、電池容量3600mAh
最終更新日 2019年3月18日 / 作成日 2019年3月11日 / 作成者 格安SIMの管理人
「ZenFone Max (M2)の性能評価+詳細レビューと使える格安SIMとMVNOのキャンペーン情報」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

PR
ワイモバイルのPR
ワイモバイルのキャンペーンの詳細記事
格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る