ZenFone Max M2の詳細スペックと使える格安SIMのまとめ(2019年発売)

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (1) / 関連:格安スマホ更新順(101)

2019年3月15日に発売されたZenFone Max M2をレビューします。ZenFone Max M2はゲームはあまりしないけどスマホを比較的たくさん使う人向けの格安スマホです。

ZenFone Max M2はドコモ回線の格安SIM、ソフトバンク回線の格安SIM、au回線の格安SIMで使えます。

ZenFone Max (M2)のレビュー

ZenFone Max M2の実売価格は25,000円、性能はCPUはSDM632、RAM4GB、ROM32GB/64GB、画面6.3インチで1520×720の低解像度、DSDVとauのVoLTE対応でトリプルスロット、電池容量は4000mAhです。

SDM632は格安スマホの中では比較的高性能なCPUですが、GPU性能が低く画面が低解像度なのでゲーム向きではないです。

ゲーム以外なら比較的快適に使えるので、ゲームをあまりしない人や、ゲームをあまりしてもらいたくない子供に使わせるのにおすすめの格安スマホでした。

ZenFone Max M2の詳細スペック(性能)

ZenFone Max (M2) ZB633KL
CPUCPUオクタコア1.8GHz SDM632
RAM4GB LPDDR3
ROM32GB/64GB eMCP 5.1(eMMC 5.1)
Antutu推定94,000
ディスプレイ6.3インチ
解像度1520×720 HD+、画面比率19:9
カメラ1300万画素(F値1.8)+200万画素(深度測定用)/前面800万画素(F値2.0)
電池容量4000mAh
サイズ158.4 × 76.2 × 7.7mm
重さ160グラム
連続待受840時間
充電時間2.6時間
本体カラーミッドナイトブラック、スペースブルー、メテオシルバー
価格32GB版の定価29,150円、64GB版の定価30,250円

Android 8.1 (Android 9へアップデート可)、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大2TB)、指紋認証、顔認証、microUSB(USB Type C 非対応)、Bluetooth 4.2、Wi-Fi 802.11b/g/n、ジャイロスコープ搭載、GPS(GLONASSサポート)

デュアルSIM:ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応、トリプルスロット

使える格安SIM

ZenFone Max M2の対応バンド

FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28 (au VoLTE対応)
TDD-LTE : B38/41
UMTS(WCDMA/3G) : B1/2/4/5/6/8/19
2CA対応

ZenFone Max M2は、ドコモ回線の格安SIMau回線の格安SIM(マルチSIM)、ソフトバンク回線の格安SIMで使えます。

SIMのサイズはナノSIMです。

ドコモ回線の格安SIMは最近マルチSIM型のSIMカードに移行しているので、MVNOによってはSIMサイズの指定がなく、マルチSIMになっている場合があります。SIMのサイズが必要な場合に、ナノSIMを指定してください。

通信速度を重視する場合は、格安SIMの速度ランキングの記録を参考にしてみてください。

格安SIMのキャンペーンのおすすめランキング

格安SIMのキャンペーンのおすすめランキング

おすすめの格安SIM:UQ mobile(au回線)

UQ mobileの特徴:通信速度が超速く、余ったデータの繰越あり、低速はプランSは300kbps、プランM/Lは1Mbps

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックの詳細、最大1万円のキャッシュバック、または端末割引

UQモバイルを申し込むと、SIMのみの場合は最大1万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。iPhoneや格安スマホとセットで申し込むとキャシュバックの代わりに割引価格で端末が買えます。

UQモバイルは速度が超速いので、いつでも快適にスマホが使えます。
UQモバイルのキャンペーンの詳細 / UQモバイルの格安スマホのおすすめランキング

UQ mobileの公式サイト(最大1万円キャッシュバック)

UQモバイルのデメリットとメリットを徹底解説&料金プランと総合評価

おすすめの格安SIM:BIGLOBEモバイル(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:月3GB以上のプランなら、月308円のオプション料金でYouTubeやAbemaTVをデータ消費なし

BIGLOBEモバイルのキャンペーンを徹底解説、初月無料+1年間3GBが月770円+端末セットで20,000ポイント

BIGLOBEモバイルはキャンペーンで、月額料金が初月無料、翌月から1年間、3GBプランは月770円、6GBは月1320円で使えるキャンペーンをしています。

SIMのみなら初期費用3733円が無料、クーポンコードで3000ポイントプレゼント(税込み換算で3,300円相当)

格安スマホやiPhoneSEとセットだと最大20,000ポイントがもらえます(税込換算で22,000円相当)

初期費用&税込で・・・
・Redmi Note 10 Pro:16,422円
・Redmi 9T:3,733円
・AQUOS sense4:11,253円

かなりお得に手に入ります。キャンペーン終了日は未定です(SIMのみのクーポンだけ6月30日まで)
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの公式サイト

BIGLOBEモバイルのデメリットとメリットを徹底解説&料金プランと総合評価

おすすめの格安SIM:ワイモバイル(ソフトバンク回線)

ワイモバイルの特徴:通信速度が超速く、低速はシンプルSは300kbps、M/Lは1Mbps。2回線目以降は月1188円引き

ワイモバイルのキャンペーン攻略情報

5のつく日や日曜日に申し込むとPayPayがたくさんもらえるキャンペーンをしています。事務手数料3300円が無料、アウトレットやタイムセールで格安スマホをかなり安く買えます。

ワイモバイルは速度も超速く、Yahooショッピングがお得に使えます。

ヤフー店のY!mobileオンラインストア

ワイモバイルのデメリットとメリットを徹底解説&料金プランと総合評価

ZenFone Max M2のレビュー

CPU性能の詳細

ZenFone Pro (M2)のCPUはオクタコア1.8GHz Snapdragon 632 (以下、SDM632)です。SDM632はGPU性能が低いですが、それ以外の処理能力は結構高性能です。

ゲーム以外の一般的な使い方なら結構なんでもサクサク使えます。

ネットや、Twitter、LINE、メール、Facebook、インスタグラムはもちろんのこと、Youtubeなどの動画もサクサクみれます。(格安SIMだと平日の昼だと速度が遅くなって、サクサクとはいきませんが・・)

ゲームも、一般的なゲーム、パズドラ、モンスト、ツムツム、ポケモンGOなどは、普通に遊ぶことができます。ただ、GPUの性能が低いので、ポケモンGOのレイドバトルなどは厳しいかもしれません。

ある程度のゲームは普通に長時間遊べますが、音ゲーやPUBGみたいに重い処理が必要なゲームを快適に遊びたい場合は、結構難しいです。

この場合はゲーム性能が結構良いRedmi Note 9S、ゲーム性能が超良いiPhone SE 第2世代などがおすすめです。

ZenFone Max (M2)のAntutuのスコア

ZenFone Max (M2)のAntutuスコア 推定94,000
CPU: 推定47,000
GPU : 推定13,000
UX : 推定28,000
MEM: 推定6,000

ゲームをそれなりにする場合はGPUのスコアが13,000は結構心許ないです。20,000でそれなりに安心して遊べて、27,000あれば大抵のゲームは快適に遊べる感じです。

2021年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:845、780G、855、865、870、888
iPhone:XR、XS、XS Max、SE 第2世代、11、11Pro、11Pro Max、12、12mini、12Pro、12Pro Max
高性能
Snapdragon:480、730、730G、690 5G、720G、732G、765G、835
MediaTek:Dimensity 800U
iPhone:8、X
比較的高性能
Snapdragon:662、665、660、820、670、675、710
iPhone:7
普通性能
Snapdragon:630、632、650、636
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE 第1世代
低性能
Snapdragon:450、625、439、460
MediaTek:Hello P35
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6
最底辺
Snapdragon:400、410、430、435

※ 右に行くほど高性能 (Snapdragon 480から732Gまではほとんど同性能)

スマホを普通程度に使う場合は、普通性能のCPUでも普通に使えます。一般的なゲームも普通性能で遊べます。

スマホを人よりも少し多く使う場合は、比較的高性能以上を選びます。スマホがよりサクサク動くようになります。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

RAMとROMの詳細

ZenFone Max (M2)のRAMは4GB、ROMは32GBです。2019年11月29日にROM64GB版のZenFone Max (M2)が発売されました。

電池持ちの詳細

ZenFone Max (M2)は4000mAhの大容量の電池を搭載しています。

SDM632は省エネタイプのCPUです。画面は6.3インチの大画面ですが1520×720の低解像度です。画面のサイズが大きいとそれだけ電池を多く消費しますが、解像度が低いと電池持ちが結構良くなります。

総合的にみてZenFone Max (M2)は格安スマホの中でも電池持ちが超良い部類に入ります。

ZenFone Max (M2)の電池持ちの詳細

Wi-Fi通信時のネット利用時間:22時間
連続通話時間:35時間
連続待受時間:792時間

ZenFone Max (M2)は他のMaxシリーズの中では電池持ちが少し落ちますが、それでも電池持ちはスマホの中でも超良いほうです。

格安スマホ等の実機テストによる実際の電池持ち(実測)
PCMarkの電池持ち
Redmi Note 10 Pro15時間7分
Redmi 9T18時間36分
Pixel 4a11時間9分
OPPO Reno5 A11時間22分
OPPO Reno3 A11時間25分
AQUOS sense418時間40分

PCMarkの電池持ちはWebサイトの閲覧、動画の編集、データの書き込みや改変、写真の加工など繰り返したときの電池持ちです。

下記のページに電池持ちのテストの詳細や、電池の寿命を伸ばす方法、多数の格安スマホの電池持ちのテスト結果を掲載しているので参考にしてみてください。

スマホの電池持ちの詳細調査と電池を長持ちさせる方法

カメラ性能の詳細

ZenFone Max (M2)のカメラ性能
背面:1300万画素(F値1.8)+200万画素(深度測定用)
前面:800万画素(F値2.0)

ZenFone Max (M2)はダブルレンズカメラです。一つのレンズは深度測定用で写真のボケを作るのに用いられます。

ざっくり評価してカメラ性能は普通か少し劣る結果になります。カメラ性能にある程度自信があると、メーカーの製品ページにはカメラのスペックが結構詳しく記載されますが、ZenFone Max (M2)のカメラ性能の記載は不十分です。

「素晴らしい写真体験を約束します」とか「どのような状況でも、より鮮明に詳細な写真を捉えます」とかメーカーのページには記載していますが、それなりの写真が撮れる程度に思った方がいいです。

※ カメラ性能が少し劣っている可能性がある理由は、2万6500円でSDM632と4000mAhの電池を搭載している場合、単純にコストを削る先がカメラの実性能になる傾向が高いためです。

加えて画面が6.3インチで1520×720の低解像度です。キレイな写真を楽しみたい場合、低解像度の画面は向いていません。

その他:画面の低解像度について

ZenFone Max (M2)は6.3インチの大画面ですが、解像度は1520×720の低解像度です。解像度が1520×720と低いです。文字が読みづらくなるほど画質が荒くなるとかはないので大丈夫です。

下記の写真で比べてみてください。


(クリックで大きな画像になります)

左がP20 lite(高解像度)、右がOPPO R15 Neo(低解像度)です。明るさは100%です。

OPPO R15 Neoは6.2インチで解像度が1520×720の低画質なので、ZenFone Max (M2)と画面の条件がほぼ同じです。P20 liteは5.84インチで解像度は2280×1080の高画質です。

文字をじっくり凝視してみましたが、違いはほぼありません。両方とも綺麗に表示されます。ただし、Webサイトで表示される写真に違いが出てきます。高解像度だと写真が明るめになって、低解像度は写真が少し暗めに荒くなります。

あと、アイコン(PNGやGIF)などの小さい画像が低解像度だと少し荒くなるかも?くらいな感じになります。

Webサイトくらいなら写真を除けばそこまで気になるほどの違いはないですが、キレイなグラフィックでゲームをしたい場合は、低解像度のスマホは避けた方がいいです。

ZenFone Max M2の総合評価

ZenFone Max (M2)はスマホでゲームをあまりしない場合に、実用性が高い格安スマホになっています。

ゲーム性能を低く抑える代わりに、価格を安くして、電池容量を増やして、RAMを4GBにして、大画面にして、ゲーム性能以外の処理能力を上げています。

ZenFone Max M2の評判

ZenFone Max (M2)の評判は、ZenFone Max Pro (M2)の評判の影に隠れました。

ZenFone Max (M2)はゲームや写真をあまり気にしない場合は、安くて性能も結構良いのですが、ネットでスマホの評判を語る人たちの多くは、ゲームを比較的よくする人たちなんです。

ZenFone Max (M2)は悪くはないけど、語ることも特にないといった感じです。

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • AQUOS sense4
    • 防水とおサイフケータイ対応で電池持ちが超良く高性能です。30,000円、5.8インチ、CPU Snapdragon 720G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)+超広角1200万画素(F値2.2)+望遠800万画素(F値2.4)、重さ176g、電池容量4570mAh
  • Redmi 9T
    • 安さ最重視の場合におすすめの格安スマホです。14,000円、6.53インチ、CPU Snapdragon 662、RAM4GB、ROM64GB、カメラ4800万画素(F値1.19)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素+深度200万画素、重さ198g、電池容量6000mAh
  • OPPO Reno5 A
    • コスパの良い高性能な防水・おサイフケータイ・5G対応スマホです。カメラ性能も良いです。39,000円、6.5インチ、CPU Snapdragon 765G、RAM6GB、ROM128GB、カメラ6400万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素、重さ182g、電池容量4000mAh
  • iPhone SE 第2世代
    • 49,280円で買える超高性能なiPhoneです。コンパクトで防水・おサイフケータイに対応。4.7インチ、CPU A13 Bionic、RAM3GB、ROM64GB(128GB版は54,780円)、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ148g
最終更新日 2021年4月2日 / 作成日 2019年3月11日 / 作成者 格安SIMの管理人
0 0
この記事は参考になった/良かった
※注:コメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミやコメントをする

購読する
通知する
guest
1 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
葛切り美味しい
葛切り美味しい
2021年5月11日 10:08 AM

記事の通り電池持ちが良いので、UQのデータプランを刺してノートPC用のモバイルルーター代わりに使ってます。
 
こないだ(’21/4/30)楽天モバイルが正式対応したのでUN-LIMITを刺して使ってみたのですが、パートナー回線との自動切換えはやはり出来ず、元に戻しました。

「ZenFone Max M2の詳細スペックと使える格安SIMのまとめ(2019年発売)」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
コメント