ZenPad 7.0 (Z370KL)のスペックと評価と評判、使える格安SIMのまとめ

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

ZenPad 7.0 (Z370KL)は2015年12月25日に発売されたSIMフリーのAndroidタブレットです。

ドコモ系、au系、ソフトバンク系の格安SIM(データSIM)で使えます。音声通話機能が付いているので、ドコモ系とソフトバンク系の格安SIMは通話SIMも使えます。

結構古いタブレットで低性能なので普通に使うのは厳しいですが、最低限は動く感じです。記録用にこの記事を残しておきます。この記事は2019年に更新していますが、この記事の内容のほとんどは2016年時点の情報になります。

新しいタブレットが欲しい場合、最新情報は下記を参考にしてみてください。

タブレットと格安SIMという選択肢、Fireタブレット/ iPad Airとmini / ファーウェイ

ーーー 以下2016年時点の情報 ーーー

ZenPad 7.0 (Z370KL)は税込2万2000円程度で買えて、ドコモ系の格安SIMでもau系の格安SIMでも使える7インチタブレットです。

2016年6月までは格安タブレットで一番売れていましたが、2016年7月にMediaPad T2 7.0 Proが発売されてMediaPad T2 7.0 Proが格安タブレットで一番人気になりました。

ZenPad 7.0 (Z370KL)の価格に3000円程度加えるだけで、性能が数段良くなるMediaPad T2 7.0 Proを購入することができます。

タブレットを使ってみたいなーと思っている場合は、以前はとりあえずZenPad 7.0を選んでおいて後悔はなかったのですが、これからは基本的にMediaPad T2 7.0 Proを選ぶのが一番無難で最適な選択になります。

ZenPad 7.0 (Z370KL)に関しては、ゲーム性能はよくないのでゲームが好きな人以外におすすめです。ドコモ系の格安SIMなら音声通話機能も使えるので、でかい格安スマホとしても使うことができます。

5.5インチの格安スマホでも老眼で厳しい場合に、MediaPad T2 7.0 Proに次いでZenPad 7.0 (Z370KL)もおすすめの選択肢になります。

ZenPad 7.0 (Z370KL)のスペック(性能)

ZenPad 7.0 (Z370KL)
CPUクワッドコア1.2GHz(Snapdragon 210)
GPUAdreno 304
RAM2GB
ROM16GB
ディスプレイ7インチ
解像度1280×800
カメラ背面800万画素/前面200万画素
電池容量3450mAh
サイズ110.9 × 189 × 8.7mm
重さ268グラム
連続待受LTE 360時間、WCDMA 505時間
価格実売2万2000円程度(税込)

Android 5.1.1 Lollipop、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大128GB)、FOMAプラスエリアに対応、マイクロSIM。

ZenPad 7.0 (Z370KL)の対応周波数(バンド)

FDD-LTE: B1/3/8/9/19/26
TDD-LTE: B41
W-CDMA: B1/6/8

FDD-LTEというのが日本で使われているLTEバンドです。ドコモのLTEが主に使っているバンドはバンド1、バンド3、バンド19、バンド28です。他にもバンド21があるのですが、超地味なので無視です。

バンド28は2015年から少しずつ稼働してきた新しいLTEバンドで、対応していても対応していなくてもほとんど影響はありません。バンド28は当分の間は影響はないですが、3年後くらいにあったら少し嬉しいバンドになっていそうです。

バンド1、バンド3、バンド19をカバーしているのでドコモ系の格安SIMの受信は問題ないです。

au系の格安SIMが使っているLTEバンドは、Band1、Band11、Band18、Band26です。Band26はBand5,6,18,19を含んでいます。Z370KLはBand18が入っていませんが、Band26に対応しているので、Band18を使うことができます。Band11は超地味な存在なのでなくても問題ないです。

Band1とBand26に対応しているので。 au系の格安SIMの受信は問題ないです。加えて、TDD-LTEのB41にも対応しています。これはWimax 2+のバンドです。au系の格安SIMを使っていて、Wimax 2+の電波が届いている場合は、Wimax 2+の電波を掴んで通信速度が少し速くなります。

W-CDMA(3G)はバンド6に対応しているので、FOMAプラスエリアにも対応しています。山間部などでも3Gでデータ通信がしやすくなります。

対応バンドの詳細は格安スマホ向け、ドコモとauとソフトバンクの対応バンドのまとめを参考にしてみてください。

ZenPad 7.0 (Z370KL)の評価と比較

初めてのタブレットや、老眼で小さい文字が厳しい人に、ZenPad 7.0 (Z370KL)が最適でした。

普通の人には必要十分な性能があるのが、ZenPad 7.0 (Z370KL)です。必要十分というのは少し大げさで、実際はもう少しだけ機敏に動いてくれると良いなと思うけど、まぁ普通には使えるというのがZenPad 7.0 (Z370KL)です。

7インチタブレットなので軽くて片手でも持ちやすいです。価格も税込2万3000円くらいでそこそこ手軽な価格帯です。画質は若干低画質ですが、文句を言うほどでもない。ゲーム性能が低すぎるので3Dゲームはできないけど、一般的なゲーム、パズドラ、モンスト、ツムツムくらいならできます。

音声通話機能にも対応しているので、ドコモ系の格安SIMの通話SIMで、携帯電話へ電話をかけることもできます。

LINEやツイッター、Facebook、Youtube、Web閲覧などなど、普通に使えます。3Dゲームをしなければ、ZenPad 7.0 (Z370KL)で十分です。

ZenPad 7.0 (Z370KL)はSIMフリーの格安タブレットの中で一番売れていました、MediaPad T2 7.0 Proが発売されるまでは。

ZenPad 7.0よりもMediaPad T2 7.0 Proを選んだほうがいい

価格の安さと手軽さから7インチのZenPad 7.0は2016年6月まで、格安タブレットで一番売れていました。

ところが2016年7月にZenPad 7.0よりもCPUの性能が良くて、サクサク動いて、電池持ちが良くて、カメラの質も良くて、画面が高画質なMediaPad T2 7.0 Proが2万5000円程度で発売されると、ZenPad 7.0の存在価値は失われました。

ZenPad 7.0は2万2000円くらいしますが、あと3000円くらい出すだけで、性能が数段良くなるMediaPad T2 7.0 Proを買うことができます。

ZenPad 7.0はCPUの性能が少し低いので反応が少し鈍いことがあります。MediaPad T2 7.0 ProならCPUの性能もそこそこ良いので、素早く反応します。電池持ちもMediaPad T2 7.0 Proの方が1.4倍くらい良くなっています。カメラの質もMediaPad T2 7.0 Proの方が良いです。画面もMediaPad T2 7.0 Proのほうが高画質で違いが簡単にわかるくらいの差があります。

MediaPad T2 7.0 Proも音声通話機能が付いていて、ドコモ系とau系の両方の格安SIMで使うことができます。指紋認証にも対応しています。

ということで、ZenPad 7.0を選ぶなら、確実にMediaPad T2 7.0 Proを選んだ方が良いです。

MediaPad T2 7.0 Proのスペックと評価と評判、格安SIMの設定のまとめ

ZenPad 7.0にはZ370KLとZ370CLがある

ZenPad 7.0を検討する上で一番注意したいことは、ZenPad 7.0にはZ370KLとZ370CLがあることです。Z370KLはLTEとWiFiに対応していて、Z370CLはWiFiにしか対応していないことです。

格安SIMを使う場合Z370KLを選ぶ必要があります。Z370CLを買っても、格安SIMを入れる場所がありません。

ここでは格安SIMが使えるZenPad 7.0(Z370KL)を前提に話を進めていきます。

7インチと8インチの違い

10インチのタブレットは、もはや持ち運ぶような大きさではありません。家に置いて使う専用です。もしくは、客先で何か見せるときに10インチのタブレットが威力を発揮します。個人で使う場合は、10インチのタブレットを普段持ち歩くことはまずないくらいの大きさになっています。

家でも使って、外でも使いたい、そんなときに7インチと8インチのタブレトが選択肢になります。7インチでも8インチでも、持ち歩く場合は、大した違いはありません。違いが出るのは、持って使うときです。

7インチの場合、片手でもそんなに苦労せずに長時間持つことができます。8インチの場合、片手で長時間持つのが厳しいです。たかが1インチの違いですが、割と大きな違いになっています。

特に女性の場合は、7インチと8インチで迷った場合は、7インチを優先した方が良いです。

7インチのZenPad 7.0(Z370KL)と、8インチのASUS MEMO Pad 8 AST21を持っていますが、7インチのZenPad 7.0のほうが違いがわかるくらい片手で持ちやすくなっています。

反応が若干鈍いけど、普通には使える

ZenPad 7.0 (Z370KL)のCPUはSnapdragon 210 クワッドコア1.2GHzと言うのを使っているのですが、このCPUは低い性能なので、タブレットを使っている時に反応が若干鈍くなります。

例えば、ざっくりな評価ですが、アプリのアイコンをタップして起動する時、5.5インチスマホのGR5や8インチタブレットのASUS MEMO Pad 8 AST21は0.5秒で起動するところ、ZenPad 7.0 (Z370KL)の場合は0.7秒くらいで起動します。

全然使えないとかではなく、なんとなく動きが少し遅いような・・・、みたいな気分にはなります。普通の人だったら、そんなに気になることはないと思いますが、ガガガガーと使いたい人の場合はイラつくかもしれません。

画質は若干低画質だけど、普通程度には見える

ZenPad 7.0(Z370KL)の解像度は1280×800です。この解像度が大きければ大きいほど、文字や画像などの表示が綺麗になります。ただし大きすぎても、綺麗さの区別ができなくなるので、ある程度の大きさなら問題ありません。

5インチ 1280×800 普通に綺麗に見える
5.5インチ 1280×800 普通に綺麗に見える
7インチ 1280×800 小さい文字が少しにじむ
8インチ 1280×800 小さい文字が割とにじむ
8インチ 1920×1200 小さい文字でも綺麗に見える

ASUS MEMO Pad 8 AST21は8インチタブレットで解像度は1920×1200です。小さい文字でも綺麗に見えます。

ZenPad 7.0 (Z370KL)は7インチタブレットで解像度は1280×800です。タブレットを縦に持ってサイトを見た場合、小さい文字が若干滲んで見えます。読むのに困難になるレベルではないのですが、少し滲んでるなーとわかるくらいにはなっています。タブレットを横に持ってサイトを見ると、小さい文字が少し大きく表示されるので、その場合は、滲みは特になしで見ることができます。

ZenPad 7.0 (Z370KL)の画質は十分ではありませんが、普通の人ならまぁいいかくらいのレベルになります。なお、老眼が入っている場合は、文字を大きくする設定があるので、文字の滲みは気にしなくていいです。

ZenPad 7.0 (Z370KL)とZenPad 8.0 (Z380KL)の違い

ZenPad 7.0 (Z370KL)とZenPad 8.0 (Z380KL)はほぼ同じ性能をしています。

違いはZenPad 7.0は7インチでZenPad 8.0 (Z380KL)が8インチ、ZenPad 8.0のほうが電池持ちが少し良くなって4000円くらい高くなります。

どちらを選ぶべきかというと、間違いなくZenPad 7.0 (Z370KL)です。大きな理油は解像度です。ZenPad 7.0も8.0も解像度は1280×800です。同じ解像度の場合、ディスプレイのサイズが小さい方が画質が良くなります。

解像度がもともと大きければ大した問題ではないのですが、1280×800だと7インチと8インチの差は大きいです。7インチでも小さい字が若干にじむ感じなのに、8インチになるとさらにそのにじみが悪化します。

もし8インチの格安タブレットが欲しいなら、8インチで解像度が1920×1200あるASUS MEMO Pad 8 AST21を選ぶことを強くおすすめします。

ちなみに8インチより、7インチの方がだいぶ持ちやすいので、そういう点でも7インチタブレットがおすすめです。

ドコモ系の格安SIMの音声プランが使える

ZenPad 7.0 (Z370KL)は音声通話機能に対応しています。

音声通話機能とは何なのかというと、070や080、090などの携帯電話番号で電話をかけたり受け取ったりすることができる機能です。普通のタブレットには付いていない機能ですが、ZenPad 7.0 (Z370KL)には音声通話機能が付いています。

このため、通話SIM(ドコモ系の格安SIM)を使って、タブレットから電話ができるようになります。

注意点は、ドコモ系の格安SIMの場合だけ携帯番号で電話ができることです。au系の格安SIMの場合は音声通話機能は使えません。

あと、話し方はスピーカーフォンと同じになります。タブレットを前に構えて、話しかける感じです。相手の声はタブレットのスピーカーから出てきます。スピーカーの音を小さくすれば、若干不恰好ですが超でかいスマホのような感じで、スピーカーに耳を寄せて、普通の携帯のように電話をすることもできます。

au系の格安SIMなら、Wimax2+の電波が使える

au系の格安SIM、mineoのauプランとUQ mobileなら、Wimax2+の電波を掴むことができます。UQ mobileは公式には言っていないのですが、mineoのauプランの場合は公式に言っていました。

実際、mineoのauプランで使った場合、Wimax2+の電波を掴んでいました。UQ mobileはまだ試していないのですが、そのうち試してみようと思います。

Wimax2+の電波を掴むとどうなるのかというと、通信速度が少し速くなります。どのくらい速くなるかは時間帯によってかなり変わるのですが、2,3割くらい速くなるかな?くらいです。少し嬉しいおまけ程度に考えてください。

電池の持ちが少し悪い

7インチのタブレットで電池容量が3450mAhというのは、1日を通して使いたい場合は少し心もとないです。

タブレットやスマホは画面が一番電気を食うので、スリープ(画面が暗い状態)にしておけば、電池持ちはきにする必要はないのですが、しょっちゅう使う場合は画面がいつもついている状態なので、その状態で1日持たせるのは心もとないです。

ZenPad 7.0の動画の連続再生時間は6時間39分で、あまり良くありません。 スリープ時の電池消費も14.8日になっていて、あまり良くない電池持ちになっています。悪いというわけではないですが、良くもない、そんな電池持ちをしています。

格安スマホやタブレット、白ロムの電池持ちのテストを行って下記のページに記載しているので参考にしてみてください。

スマホの電池持ちの詳細調査

できないこと、3Dゲーム

ZenPad 7.0 (Z370KL)のゲーム性能は低いです。低いと言っても、一般的なゲーム、パズドラやツムツムなんかは普通に遊べます。

モンストも遊べますが、モンストは割と重いので動きがカクツクことがあります。同じような性能の5インチスマホだとそんなに目立たないのですが、7インチになると画面も大きくなるので、カクツキが少し目立ちます。できなくはないのですが、モンストの場合は快適に遊べるとは言えない感じです。

その他、3Dを多用するゲームには高性能のCPU(GPU)が必要ですが、ZenPad 7.0のCPU(GPU)では無理です。ZenPad 7.0 (Z370KL)では3Dゲームはまともに動かないと考えてください。

それ以外なら、基本的に問題なく使うことができると思います。

高齢の両親用に、簡単モード等

ZenPad 7.0 (Z370KL)には簡単モードという機能が付いています。この機能をオンにするとホーム画面の表示が下記のように簡単になります。

ホーム画面に表示するアプリを追加したり削除することもできます。とりあえず、高齢の両親でも使えそうなものをピックアップしてみました。ブラウザをクリックすると、Yahooのニュースを大きな文字で見ることができます。

これでも若干、疑わしい場合は、潔く下記の画面のようにしてしまえばいいです。

LINEだけ。LINEの無料電話(無料動画)が使えるように仕込みましょう。ちなみに無料通話はデータSIMでも問題なくできます。通話SIMが必須というわけではありません。

高齢な両親からLINEの無料通話でかけてくるのは難しいかもしれませんが、無料通話を取るくらいならなんとかなります。2、3回くらい切られると思いますが、そのうちつながるようになります。ボケ防止ようにも少しは役に立つかと・・。

慣れれば、Yahooのニュースをすぐに表示できるようにさせてあげれば、高齢の父親なんかが食いつく場合があります。無論、ボケ防止です。

ZenPad 7.0 (Z370KL)の評判

ZenPad 7.0 (Z370KL)のネットの評判は好評です。今、SIMフリーの格安タブレットで一番売れているのがZenPad 7.0 (Z370KL)です。

ただし、地味です。ネットで騒がれている機種ではありません。地味に評判を積み重ねている感じです。正直言って、もっと評価されて良いタブレットだと思います。

価格が2万円で音声通話SIMにも対応していて、7インチなので持ちやすい。

特に高齢者でスマホを持ちたいなーという場合に、この7インチタブレットが最強の選択肢です。格安スマホの中にも6インチのスマホがありますが、高性能ですが5万円くらいします。

ZenPad 7.0は高性能ではありませんが7インチで価格は2万3000円くらいです。携帯電話番号を使って電話もできます。音声通話SIMが使えるので110や119などの緊急電話もできます。

実はZenPad 7.0はタブレットですが、実質は高齢者最強スマホです。別段高齢者だけにおすすめというわけでもなく、ちょっとタブレットを使ってみたい人にもおすすめです。

ただし、外で長時間使いたい場合は、電池持ちが心配なので、ヘビーユーザの場合はモバイルバッテリーが必要になるかもしれません。

ゲームが大好きな人には向いていません。

ZenPad 7.0におすすめの格安SIM

ZenPad 7.0は、ドコモ系の格安SIMソフトバンク系の格安SIMau系の格安SIMで使うことができます。

SIMのサイズはマイクロSIMです。

ドコモ系の格安SIMは最近マルチSIM型のSIMカードに移行しているので、MVNOによってはSIMサイズの指定がなく、マルチSIMになっている場合があります。

格安SIMの申し込み時にSIMのサイズの指定が必要な場合は、ナノSIMを指定して、マイクロSIMに変換するアダプターを買って使うのがオススメです。

音声通話機能やSMSを使いたい場合は、ドコモ系かソフトバンク系の格安SIMを使う必要があります。

格安SIMを持っていない場合は、下記のキャンペーンを参考に格安SIMを選ぶことをオススメします。通信速度を重視する場合は、格安SIMとドコモとWiMAX2+の通信速度の記録を参考にしてみてください。

格安SIMのキャンペーンのお得度ランキング、SIM替えに最適、キャッシュバックや月額割引等を総合比較

BIGLOBEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:au回線の通信速度が結構速い、YouTubeがデータ消費なしに見れる

一番お得なBIGLOBEモバイルのキャンペーン情報を徹底解説、初期費用0円+初月無料+1500円相当のポイント+YouTube見放題のエンタメフリーが6ヶ月無料

BIGLOBEモバイルでは、通話SIMの月3GB以上を申し込むと、3394円の初期費用が無料、月額料金が初月無料、そしてサイト限定キャンペーンで月額料金の支払いにも使えるGポイントが1000円分もらえるキャンペーンを行なっています。2019年10月31日までのキャンペーンです。

YouTube等をデータ消費なしに見れるエンタメフリーオプションを半年間無料で使えるキャンペーンも実施中です。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの料金プランと評価を徹底解説

LINEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

LINEモバイルの特徴:ソフトバンク回線の通信速度が結構速い、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしに使える

LINEモバイルのキャンペーン情報とおすすめの格安スマホを徹底解説、月額料金が5ヶ月間半額キャンペーン+キャンペーンコードで5000ポイント

LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと初月は全プラン600円、そして翌月から月額料金が4ヶ月間、半額になるキャンペーンを行なっています。

さらにキャンペーンコード(1908WA05)を入力すると、月額料金の支払いにも使える5000円相当のLINEポイントが追加でもらえるキャンペーンも行っています。キャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの料金プランと評価を徹底解説

UQ mobileの格安SIMのキャンペーン(au回線)

UQ mobileの特徴:通信速度が超速い

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックの詳細、最大6000円のキャッシュバック

UQモバイルのスマホプランを申し込むと最大6000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。UQモバイルは通信速度が超速いので、いつでも快適にスマホを使いたい場合におすすめです。
UQモバイルのキャンペーンの詳細を見る

UQモバイルの料金プランと評価を徹底解説

QTモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

QTモバイルの特徴:キャンペーンがお得

QTモバイルのキャンペーンの詳細とオススメの格安スマホ、月額料金が1年間で最大1万5120円引き+商品券8000円プレゼント!

QTモバイルでは、通話SIMを申し込むと月額料金が1年間で最大1万5120円引きになる、月額割引キャンペーンを行っています。データSIMの場合は最大9000円引きです。(選ぶデータ量によって割引額が変わります)

このキャンペーンに加えて、通話SIMを申し込むと商品券8000円プレゼントのキャンペーンも行っています。キャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

QTモバイルの詳細評価

LIBMOの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線)

LIBMOの特徴:高額キャッシュバック

LIBMO(リブモ)の一番お得なキャンペーンの詳細、最大2万円のキャッシュバック実施中!

LIBMOでデータSIMを申し込むと最大1万円のキャッシュバック、通話SIMだと最大2万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。

例えば月3GBのデータSIMなら5000円、通話SIMだと1万4000円のキャッシュバックがもらえます。キャッシュバックキャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LIBMOの詳細評価

IIJmioの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

IIJmioの特徴:老舗

IIJmioの一番お得なキャンペーンとおすすめの格安スマホを徹底解説、初期費用1円+通話SIMは月額料金が合計5200円引き+3ヶ月間毎月3GB増量+格安スマホの大幅割引セール

IIJmioでは2019年10月31日までに格安SIMを申し込むと初期費用が1円になります。それに加えて通話SIMだと月額料金が3カ月間1300円引き、通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大5000円分のギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。

最大5000円のギフト券の代わりに、ZenFone Live L1が999円、OPPO AX7が4800円、nova lite 3が9800円、P30 liteとAQUOS sense 2が1万9800円で買えるキャンペーンも行っています。

さらに当サイト限定で通話SIMの月額割引が1ヶ月延長が適用されます。つまりこのサイト経由で申し込むと4ヶ月間1300円引き(合計5200円引き)になります。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioの料金プランと評価を徹底解説

その他の格安スマホやタブレット関連の情報

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

タブレットと格安SIMという選択肢、Fireタブレット/ iPad Airとmini / ファーウェイでは、主に端末の選び方(タブレットの性能や評価)を中心に説明しています。

最終更新日 2019年8月12日 / 作成日 2016年4月10日 / 作成者 格安SIMの管理人
「ZenPad 7.0 (Z370KL)のスペックと評価と評判、使える格安SIMのまとめ」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ