スマホ料金の節約ランキング〜格安SIM、ドコモ、au、ソフトバンクのスマホ料金を縦断比較

節約ランキングは、ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIM、UQモバイル、ワイモバイル、WiMAX2+、ポケットWiFiのどんなときもWiFi等を、節約できる順に比較できる料金シミュレーションサイトです。

見た目の安さではなく、トータルでかかる料金からランキング形式で比較できます。一人で契約する場合はもちろん、家族で契約した場合の節約額も把握できます。

格安SIMの速度比較

料金プランに加えて、余ったデータの繰越、低速通信、低速⇆高速切り替え、通信速度の評価も節約ランキングで比較できます。

実際に選ばれる格安SIMはワイモバイル、UQモバイル、OCNモバイルONE、BIGLOBEモバイル、IIJmio、楽天モバイル、LINEモバイル、エキサイトモバイル、LIBMO、QTモバイルです。

他の格安SIMはほとんど選ばれないので、選択肢から外しています。不人気なプランも外しています。

節約シミュレーションは格安SIMの管理人が作成してメンテナンスしています。

みんなの最近の節約結果トップ5

節約ランキングの使い方

毎月のスマホ料金

今使っているスマホの月額料金(税込)を選択してください。家族で契約している場合は、一人当たりの平均料金を選択してください。

初めてスマホを使う人の場合は、適当に大手キャリアの平均的な料金6500円などを選択しておいてください。

契約中の光回線など

光回線とセットだと月額料金が安くなる大手キャリアや格安SIMがあるので、契約中の光回線を選択してください。

タイプ:スマホ(通話SIM)、またはデータSIM

スマホ(通話SIM):基本的にはこのタイプを選んでください。契約する人の7割くらいは通話SIMです。通話SIMなら電話とネットが使えます。

データSIM:タブレットやルーター、2台目のスマホを契約する場合に、このタイプを選びます。データSIMは電話はできませんが、ネットが使えます。

参考:格安SIMの通話SIMとデータSIMの違いと緊急通報110番/119番

GB(データ量)

月に使うデータ量を選択してください。定番は3GBです。外でもそれなりにたくさん使う場合は6GBくらいあると良いです。自宅にWiFiがない場合は8GBくらいが妥当な感じです。

特定のアプリをデータ消費なしに使えるカウントフリーのプランがあります。例えば5GBを選択した場合でも、カウントフリーがある3GBプランを結果に表示したりします。

参考:格安SIMに必要なデータ量の目安

通話SIM:☎︎ 通話オプション

30秒10円の楽天でんわ、3〜10分のかけ放題(または月60分などの無料通話)、無制限かけ放題から選んでください。無制限かけ放題を選ぶと、選べるプランが少なくなります。

参考:格安SIMの通話料金を節約する方法

通話SIM:新規契約/乗り換え

今スマホやガラケーを使っている人で、今の自分の電話番号のまま使い続けたい場合は、乗り換えを選択してください。それ以外の人は新規契約です。乗り換えだと、キャンペーンで少し割安になったりします。

通話SIM:学割x/○

学割を適用できそうな人は学割○、それ以外の大多数の人は学割×を選んでください。

データSIM:SMS機能

データSIMにSMS機能を付けると、LINEやSNSなどの登録が簡単になります。詳しくはデータSIMのSMS機能は付けるべき?を参考にしてください。

節約結果の見方

税込と誤差

税込で表示しています。通話料金などは税抜での表示になっています。合計や総額、節約額、月平均などは全て税込表示です。

できるだけ正確な金額になるようにしていますが、少し誤差がある場合があるのでご了承ください。

キャンペーン込みの金額、ただし端末セットの割引は考慮外

キャンペーンの割引やキャッシュバック、ポイントプレゼント込みで計算しています。

ただ、新しい格安スマホやiPhoneとセットで申し込むと端末割引やポイントプレゼントがある場合がありますが、この場合は節約額に含んでいません。

速度

大手キャリア並に“超速い”、格安SIMとしては結構“速い”、格安SIMとしては“普通”、少し遅い、遅いで評価しています。

通信速度は格安SIMの通信速度 (リアルタイム)で計測して速度評価に反映させています。

固定/従量制

固定:毎月決まったデータ量が使えるプランです。

従量制:実際に使ったデータ量に応じて月額料金が決まるプランです。

繰越

繰越ありだと、余ったデータ量を翌月に繰り越すことができます。余ったデータ量が十分に貯まったら、データ量の少ないプランに変更すると、月額料金を節約できます。

繰越ありのプランの場合は、節約額の計算に反映しています。

低速速度と低速⇆高速切り替え

低速⇆高速切り替えができると、データ消費なしにネットが使えます。インターネットラジオや音楽ストリーミングなどを聴くのに便利です。

「スマホ料金の節約ランキング〜格安SIM、ドコモ、au、ソフトバンクのスマホ料金を縦断比較」をシェア
このページのタイトルとURLをコピーする