OCNモバイルONEのキャンペーンの詳細、超高性能スマホのnova3が超安い+格安SIMのみだとAmazonギフト券プレゼント

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

OCNモバイルONEでは通話SIMとセットに格安スマホを購入すると、通常価格よりも安く格安スマホを購入できるセット割引を行っています。定価5万4800円のnova3が半額の2万7600円で買うことができます(これ超安いです)。

通話SIMのみ申し込む場合は、最大1万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも行っています。

OCNモバイルONEの詳細評価&実際に使った結果と他の格安SIMとの比較と評判

OCNモバイルONEのキャンペーンの詳細

通話SIMのみの申し込みで最大1万円のAmazonギフト券プレゼント

OCONモバイルONEの通話SIM(音声対応SIM)を申し込むと、最大1万円分のAmazonギフト券がもらえます。最大1万円分は条件が厳しいので、基本的には2000円分のAmazonギフト券になります。キャンペーン終了日は未定です。

Amazonギフト券のもらえる額
・音声SIM30GBプラン:8000円分
・音声SIM30GB以外:2000円分
・OCNでんわ有料オプション:+1000円分
・マイセキュア5ライセンス:+1000円分
・マイセキュア1ライセンス:+500円分

Amazonギフト券付きの通話SIMの申し込み → OCNモバイルONE

OCNでんわ有料オプションは10分かけ放題(月額850円)、トップ3かけ放題(月額850円)、かけ放題ダブル(月額1300円)です。

マイセキュアはセキュリティソフトです。1ライセンス(月250円)で1台のスマホやタブレット等にセキュリティアプリを入れられます。5ライセンスは月500円です。無料のスマホのセキュリティで基本的に十分なので不要です。

30GBプランを契約する人はほとんどいないので、音声SIM30GB以外のデータプランで2000円分、OCNでんわ有料オプションを加える場合は+1000円分が適用されるのが一般的です。

利用開始月(申込日の10日後を含む月)の7ヶ月目に契約時に登録したメールに特典が届きます。

格安スマホの割引販売「らくらくセット」

OCNモバイルONEでは、音声通話SIMとセットに格安スマホを購入する場合に、通常価格よりも安く買えるセット割(通称:らくらくセット)を行っています。

通話SIMとセットに格安スマホを申し込む場合、Amazonギフト券はもらえませんが、格安スマホを割引価格で買うことができます。

らくらくセットの詳細と申し込み → OCNモバイルONEの公式サイト

OCNモバイルONEの格安スマホのおすすめランキングでは割引になっている格安スマホをオススメ順に紹介しているので参考にしてみてください。

OCNモバイルONEの詳細評価&実際に使った結果と他の格安SIMとの比較と評判

OCNモバイルONEで買えるオススメの格安スマホは下記で紹介しているので参考にしてみてください。

OCNモバイルONEで買える格安スマホのおすすめランキング

OCNモバイルONEは購入方法によって、格安スマホの価格が変わってきます。

購入方法
・らくらくセット(音声通話SIMとセット)
・通常セットでの購入(後からSIMを契約する方法)

音声通話SIMとセットで購入する場合のオススメの購入方法
→ らくらくセット

データSIMとセットで購入する場合のオススメの購入方法
→ 後からSIMを契約する通常セット

データSIMの場合は、格安スマホが割引価格で買える「らくらくセット」を選ぶことができないので、通常セットでの購入になります。

音声通話SIMの場合は、断然らくらくセットです。らくらくセットには初期費用が3000円かかり、音声通話SIMのキャンペーンは適用されません。ただし、それらを考慮しても、らくらくセットの格安スマホの割引額のほうがお得です。

下記でOCNモバイルONEで取り扱っている格安スマホをお勧め順に紹介していきます。

おすすめ No.1:nova 3、カメラ性能が良い超高性能スマホなのに超安い

nova 3

nova 3
らくらくセット 2万7600円
通常セット 4万2800円(初期費用無料)

性能 6.3インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.8GHzx4 Kirin970、RAM4GB、ROM 128GB、背面ダブルレンズカメラ1600万画素カラーセンサー(F値1.8)+2400万画素モノクロセンサー(F値1.8)、前面ダブルレンズカメラ2400万画素+200万画素(F値2.0)、重さ166グラム、電池容量3750mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応予定)

nova 3は2018年10月5日発売の、超高性能なCPUを搭載した、AIサポートでカメラ性能もとても良い6.3インチの縦長大画面の格安スマホです。

注目すべき点は、他の量販店やMVNOでは定価の5万4800円で販売していますが、OCNモバイルONEの「らくらくセット」なら半額の2万7600円で買うことができます。

この性能で2万7600円は超安いです。安すぎます。頭おかしいです。

何でこの価格で売れるのかわかりませんが、OCNモバイルONEを契約しようと思っている場合は、問答無用でnova 3を選ぶことを強くオススメします。

P20 liteの約2.5倍の性能を持っています。カメラ性能も段違いにnova 3のほうが良いです。(P20 liteの性能は価格的に悪くないのですが、OCNモバイルONEのnova 3のコスパが桁違いに良いです)

※ 2万7600円は2018年10月30日までの販売開始記念価格です。10月30日の午前11時からは3万4800円に値上がりします。

nova 3の申し込み → OCNモバイルONEの公式サイト

OCNモバイルONE限定カラーのレッドも選ぶことができます。

レッドを選ぶ場合で、名前にAKAが含まれる場合はその回数だけ2000円割引になるキャンペーンも行っています(10月30日まで)。例えば田中太郎さんだと TAN(AKA)で2000円引き、赤坂泰明だと(AKA)S(AK(A) KA)ZUHIKOさんなら3個AKAがあるので6000円引きになります。

HUAWEI nova 3の性能評価と評判+キャンペーン情報

おすすめ No.2:Huawei P20 lite、2018年で一番売れている格安スマホ

Huawei P20 lite

P20 lite
らくらくセット 1万8800円
通常セット 2万6800円(初期費用無料)

性能 5.84インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4 Kirin659、RAM4GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ1600万画素(F値2.2)+200万画素、重さ145グラム、電池容量3000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS非対応、auのVoLTE対応)

P20 liteは2018年6月15日発売の、auのVoLTEに対応した、ベゼルレスでノッチ付きの5.84インチの縦長ディスプレイを搭載した比較的コンパクトな格安スマホです。

CPUも比較的高性能でRAM4GB、ROM32GBを搭載しています。価格も手軽で、性能バランスが良いです。スマホの一般ユーザとヘビーユーザよりの一般ユーザにおすすめです。

P20 liteは2018年で一番売れている格安スマホですが、OCNモバイルONEではnova 3のコスパが異様に良いので、nova 3を優先的に検討することをオススメします。

P20 liteの申し込み → OCNモバイルONEの公式サイト

HUAWEI P20 liteの性能評価と評判+キャンペーン情報

おすすめ No.3:Huawei nova lite 2、コスパ最強の格安スマホ

Huawei nova lite 2

nova lite 2
らくらくセット 1万6800円
通常セット 2万2800円(初期費用無料)

性能 5.65インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ1300万画素+200万画素、重さ143グラム、電池容量3000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS非対応、auのVoLTE非対応)

nova lite 2は2018年2月9日に発売されたコスパ最強の5.65インチの格安スマホです。CPUも高性能でRAM3GB、ROM32GBを搭載しています。価格も手軽で、性能バランスが良いので、スマホの一般ユーザとヘビーユーザよりの一般ユーザにおすすめです。

性能はP20 liteとかなり似ていますが、P20 liteはauのVoLTEに対応していて、RAMは4GB、Type CとWiFiのacに対応、画面も少しだけ広くなっています。

nova lite 2とP20 liteの価格差は2000円なので、2000円くらいなら基本的には性能が少し良くなるP20 liteがオススメです。

nova lite 2の申し込み → OCNモバイルONEの公式サイト

HUAWEI nova lite 2の性能評価と評判+キャンペーン情報

おすすめ No.4:AQUOS sense plus、防水・おサイフケータイ対応で一番オススメの格安スマホ

AQUOS sense plus

AQUOS sense plus
らくらくセット 2万9800円
通常セット 3万7300円(初期費用無料)

性能 5.5インチ、CPUオクタコア2.2GHx4+1.8GHzx4 SDM630、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1640万画素、重さ157グラム、電池容量3100mAh、ナノSIM、auのVoLTE対応、防水・防塵、おサイフケータイ対応

5.5インチのスリムな縦長画面、比較的高性能なCPU(SDM630)、RAM3GB、ROM32GB、電池容量が大容量の3100mAh、そして2年間のアップデートに対応しています。防水、おサイフケータイに対応している格安スマホの中でもかなり完成度の高いスペックになっています。

AQUOS sense plusは防水・おサイフケータイに対応しているスマホの中で一番オススメの格安スマホなので、今回のキャンペーンでは割引額が少なめなのでオススメ度が低くなっています。

おサイフケータイ、もしくは防水に対応しているスマホで比較的高性能で画面の大きなスマホが必要な場合にAQUOS sense plusがオススメです。

AQUOS sense plusの申し込み → OCNモバイルONEの公式サイト

AQUOS sense plusの性能評価と評判+詳細レビューとキャンペーン情報

おすすめ No.5:ZenFone 5、6.2インチの縦長ディスプレイとAI搭載のDSDV対応の高性能スマホ

ZenFone 5

ZenFone 5
らくらくセット 4万6800円
通常セット 5万2800円(初期費用無料)

性能 6.2インチ、CPUオクタコア1.8GHz、RAM6GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ(1200万画素(F値1.8/1.4μm) / 800万画素広角)、重さ165グラム、電池容量3300mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応)

ZenFone 5は高性能なCPUと6.2インチのディスプレイを搭載したDSDVに対応した格安スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラの性能も良い、高品質の格安スマホです。

余白部分を少なくすることで、ZenFone 5は5.5インチの本体サイズで、6.2インチのディスプレイを搭載可能にしました。

CPUは高性能で、なおかつ省エネ性能にも優れているSnapdragon 636というCPUとRAM6GB+AI機能で、なんでもサクサク使えて電池持ちもかなり良くなっています。デュアルスピーカーを搭載しているので音も良いです。スマホのヘビーユーザや、風景を撮るのが好きな人にオススメです。

ZenFone 5の申し込み → OCNモバイルONEの公式サイト

ZenFone 5の性能評価と評判+購入後の詳細レビューとキャンペーン情報

おすすめ No.6:gooのスマホ g08、大画面&3キャリア対応&DSDS対応でマイクロSDカードも使える

g08

gooのスマホ g08
らくらくセット一括 1万2800円
通常セット 1万6500円(初期費用無料)

性能 5.7インチ、CPUオクタコア1.4GHzx4+1.1GHzx4、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1600万画素(インカメラ2000万+800万画素)、重さ162グラム、電池容量3000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応、DSDS利用時でもマイクロSDカードを同時に利用可)

gooのスマホ g08は2018年2月23日に発売された、5.7インチの大画面のDSDS対応機種です。一般的な使い方なら十分な性能を持っていますが、音声通話SIMとセット(らくらくセット)で購入すると比較的安く買うことができます。

g08の申し込み → OCNモバイルONEの公式サイト

ただ、基本的には4000円高くなりますが性能がより良いnova lite 2を選んだほうが良いですが、DSDSやauの格安SIMを使いそうな場合で安さを重視する場合はg08を検討してみてください。

おすすめ No.7:ZenFone 4 Max、電池持ち最強のトリプルスロット搭載スマホ

ZenFone 4 Max

ZenFone 4 Max
らくらくセット 1万800円
通常セット 1万9800円(初期費用無料)

性能 5.2インチ、CPUオクタコア1.4GHzx4+1.1GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ(1300万画素 / 500万画素広角)、重さ156グラム、電池容量4100mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応、DSDSでマイクロSDも同時使用可)

ZenFone 4 Maxは電池持ちが超良いトリプルスロットに対応した格安スマホです。電池持ちを重視する場合や、DSDSを使いながらマイクロSDカードも使いたい場合にオススメの格安スマホです。

高性能というわけではありませんが、実用性がかなり高いのがZenFone 4 Maxです。普通に使えて、予算を抑えられて、電池持ちが超良い格安スマホならZenFone 4 Maxが最適です。

ZenFone 4 Maxの申し込み → OCNモバイルONEの公式サイト

ZenFone 4 Maxの性能評価の詳細と評判+購入後の実機レビューとキャンペーン情報

おすすめ No.8:FLEAZ BEAT、コンパクトで安さを最重視

FLEAZ BEAT

FLEAZ BEAT
らくらくセット 6800円
通常セット 1万7000円(初期費用無料)

性能 5インチ、CPUオクタコア1.5GHzx4+1.0×4、RAM3GB、ROM32GB、カメラ800万画素、重さ129グラム、電池容量2300mAh、デュアルSIM(マイクロSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE非対応、DSDSとマイクロSDカードの同時利用可)

FLEAZ BEATは2018年6月8日に発売された、性能は低めですが、とにかく安いスマホです。全般的に性能が低めで電池持ちも少し心許ないですが、スマホのライトユーザなら特に問題なく使える感じの性能にはなっています。

FLEAZ BEATの申し込み → OCNモバイルONEの公式サイト

スマホをあまり使わない場合に検討してみてください。

おすすめ No.9:AQUOS sense lite SH-M05、バランスの良い防水・おサイフケータイ対応スマホ

AQUOS sense lite

AQUOS sense lite SH-M05
らくらくセット 2万1800円
通常セット 2万9800円(初期費用無料)

性能 5インチ、CPUオクタコア1.4GHz×4+1.1GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1310万画素、重さ148グラム、電池容量2700mAh、ナノSIM、auのVoLTE対応、防水、おサイフケータイ対応、耐衝撃

AQUOS sense liteは防水・おサイフケータイ・耐衝撃に対応していて、電池持ちもそこそこ良く、RAM3GB、ROM32GBを搭載している格安スマホです。前面に指紋認証も搭載しています。

CPUはSnapdragon 430という普通レベルのCPUを搭載していますが、比較的実用度の高いスペック構成になっています。

安さを重視する場合でスマホはそんなに使わない場合にAQUOS sense liteを検討してみてください。スマホを比較的よく使う場合で、防水もしくはおサイフケータイ対応のスマホが必要な場合は、より高性能なAQUOS R compact SH-M06やAQUOS sense plusがオススメです。

AQUOS sense liteの申し込み → OCNモバイルONEの公式サイト

AQUOS sense liteの性能評価と評判+実機レビューとキャンペーン情報

おすすめ No.10:AQUOS R compact、防水・おサイフケータイ・ワンセグ対応の高性能のコンパクトスマホ

AQUOS R compact

AQUOS R compact SH-M06
らくらくセット 5万6900円
通常セット 6万6900円(初期費用無料)

性能 4.9インチ、CPUオクタコア2.2GHz SDM660、RAM3GB、ROM32GB、カメラ 1640万画素、重さ140グラム、電池容量2500mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS非対応、auのVoLTE対応)

AQUOS R compact SH-M06は2018年1月25日に発売された高性能なCPUを搭載した防水・おサイフケータイ・ワンセグ対応の4.9インチのコンパクトスマホです。

性能的にも価格的にもZenFone 5のほうが良いのですが、防水・おサイフケータイ・ワンセグ・コンパクトが必須な場合に、AQUOS R compactを検討してみてください。

AQUOS R compactの申し込み → OCNモバイルONEの公式サイト

AQUOS R compactの性能評価と評判+実機レビューとキャンペーン情報

おすすめではない:gooのスマホ g07++

gooのスマホ g07++
らくらくセット一括 5800円

性能 5.5インチ、CPUオクタコア1.5GHzx4+1.0GHzx4、RAM4GB、ROM64GB、カメラ 1600万画素、重さ150グラム、電池容量3000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx1、マイクロSIMx1、DSDS対応、auのVoLTE非対応)

g07++は2017年12月4日に発売された、auのCDMA2000が使えるDSDS対応スマホです。auの通話SIMを使おうと思っている場合に、g07++を検討する感じになりますが、auのVoLTEには対応していないので、今からCDMA2000に対応している機種を選ぶメリットは少ないです。

おすすめではない:ZenFone 4 Selfie

ZenFone 4 Selfie
らくらくセット 1万8500円

性能 5.5インチ、CPUオクタコア1.4GHzx4+1.1GHzx4、RAM4GB、ROM64GB、カメラ背面1600万画素/前面2000万画素+800万画素広角、重さ144グラム、電池容量3000mAh、デャアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応)

ZenFone 4 Selfieは2017年12月15日に発売された価格を抑えた自撮りに特化した格安スマホです。ただ、日本では自撮り特化のニーズは少ないみたいで、Selfieシリーズはあまり売れてないそうです・・。

(別枠の)おすすめ:中古のiPhone / Xperia / Galaxy、安さ重視で中古でも気にしない場合におすすめ

iPhone SE

OCNモバイルONEで使える中古のiPhoneや大手キャリアの白ロム

iPhone、Xperia、Galaxyなどが中古価格でかなり割安に手に入ります。らくらくセットで購入する必要がありますが、とりあえず“安い”です。OCNモバイルONEでは中古のiPhone、Xperia、Galaxyも取り扱っています。

扱っているスマホをざーと見てみましたが、iPhone X、8、8 Plus、7、7 Plusなど、Xperia X Compact、XZ、XZs、XZ Premium、XZ1、そしてGalaxy S8+もありました。

価格も結構安いです。ネットワーク利用制限が△になっているスマホもありますが、2年保証付きでもしネットワーク利用制限で使えなくなってしまった場合でも同等品と交換して安心です。

安くて超高性能のスマホを探している場合におすすめです。

中古のiPhone / Xperia / Galaxy → OCNモバイルONEの公式サイト

iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイド

OCNモバイルONEの関連情報

OCNモバイルONEの公式サイト

OCNモバイルONEの口コミと質問はこちら
格安SIMとスマホの口コミ:OCNモバイルONEの口コミ

OCNモバイルONEのリアルタイムの実際に出る通信速度はこちら
OCNモバイルONEの通信速度(リアルタイム)

最終更新日 2018年10月3日 / 作成日 2018年2月18日 / 作成者 格安SIMの管理人