2022年1月:格安スマホおすすめ機種ランキングと性能比較

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (122) / 関連:各種おすすめランキング(12) | 格安スマホ更新順(90)

格安スマホは、主に格安SIMで使うためのSIMフリーのスマートフォンです。

Amazonなどのネットショップで格安スマホ本体のみ購入する方法と、格安SIMとセットに格安スマホを購入する方法があります。

本体のみ購入だと定価購入になりますが、格安SIMとセットだと格安スマホが大幅割引で買えたりします。

格安スマホおすすめランキング&性能比較とレビュー

価格が安ければ安いなりの理由、高ければ高いなりの理由が格安スマホの性能面で出てきます。

  • 1万円前後の格安スマホはライトユーザ用
  • 2万円から4万円は一般ユーザ用で一番売れている
  • 5万円以上はヘビーユーザや、写真を撮るのが好きな人、ゲーム好きな人用

ここでは格安スマホが安く買えるキャンペーン、今の格安SIMが購入予定の格安スマホで使えるかどうか、格安スマホの性能の見分け方を解説します。

最後に2022年最新の格安スマホのおすすめをランキング順で紹介します。格安スマホを購入しようと思っている場合に参考にしてみてください。

目次

※ 料金は全て税込価格

格安スマホが割安に買えるキャンペーンが狙い目

格安SIMとセットに格安スマホを申し込むと、格安スマホがかなり割安に買えるキャンペーンを行っている格安SIMがあります。

OCNモバイルONEのキャンペーンワイモバイルのおすすめ端末楽天モバイルのキャンペーン等で、ほとんどいつも格安スマホが安く買えるキャンペーンを行っています。

※ OCNモバイルONEだと不定期にさらに割引価格で格安スマホを販売したりします。

格安スマホと一緒に格安SIMも必要な場合は、安く格安スマホを買えるキャンペーンを利用するのがオススメです。

格安スマホのキャンペーンのおすすめランキング

格安スマホのキャンペーンのおすすめランキングにキャンペーン情報の詳細を載せています。

新しいiPhoneを使いたい場合、iPhone SE 第2世代が狙い目

iPhoneをできるだけ長く使いたい場合、iPhone SE 第2世代がオススメです。

iPhone SE 第2世代のスペックとレビュー、1番お得な格安SIMを徹底比較

iPhone SEなら性能的に5年使えます(途中で5,940円の電池交換が必須)。格安SIMとセットだとiPhoneをかなり安く販売しているところもあります。

iPhoneのキャンペーンのおすすめランキング

iPhoneのキャンペーンのおすすめランキング、安くiPhoneが買えるMVNOとサブブランド

iPhoneのみを購入したい場合は、AppleストアでiPhoneを買えば全ての格安SIMで使えます。

今の格安SIMでは使えない格安スマホがある?

ここで紹介する格安スマホやiPhoneは基本的に全ての格安SIMで使えます。

特定の格安SIMで使えない可能性がある格安スマホがある場合は、別途説明します。

格安スマホおすすめランキング(5万円以下)

5万円以下で買える人気のおすすめの格安スマホをランキング順で紹介します。

  • 1位:Mi 11 Lite 5G
  • 1位:OPPO Reno5 A
  • 2位:iPhone SE 第2世代
  • 2位:AQUOS sense6
  • 3位:Rakuten Hand
  • 3位:OPPO A73
  • 4位:AQUOS sense4 / sense4 lite
  • 4位:Motorola edge 20
  • 4位:OPPO A54 5G
  • 4位:Xperia 10 III Lite
  • 5位:Rakuten BIG s

実売価格はAmazonや家電量販店などの価格を参考にしています。

1位:Mi 11 Lite 5G

Mi 11 Lite 5

Mi 11 Lite 5Gの実売価格:41,000円

全ての格安SIMに対応

性能:6.55インチ(有機EL、90Hz)、CPU Sapdragon 780G、RAM6GB、ROM128GB、メインカメラ6400万画素(F値1.79)+超広角800万画素+テレマクロ500万画素、重さ159グラム、電池容量4250mAh、Android 11

防水 △(防滴) | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓ | DSDV ◯

Mi 11 Lite 5G評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.5
カメラ性能 4.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.0
軽さ 5.0

Mi 11 Lite 5Gは、2021年7月2日発売の薄型軽量の高性能な5G対応スマホです。防水ではなく防滴対応です。

Snapdragon 780Gという高性能なCPUを搭載しているので快適に使える性能です。

発売当初はゲーム性能が最適化されていないため、スマホゲームがカクつくことがありましたが、アップデートでカクつき問題はほとんど解消しました。

6.55インチの大画面にも関わらず、重さが159グラムと軽く、厚さも6.81ミリで普通のスマホよりも2割薄いので、手軽に使いたい場合に一番おすすめです。

OCNモバイルONEのキャンペーンでは、乗り換えならMi 11 Lite 5Gが21,297円です(SIMの契約が必要)。キャンペーン終了日は未定です。

Mi 11 Lite 5Gが21,297円 → OCNモバイルONE

OCN実質価格:21,297円
(本体価格33,591円-乗換割14,300円-オプション割1,727円+初期費用3,733円)

Mi 11 Lite 5Gのレビューと詳細スペック、大画面で軽量薄型・おサイフケータイ・高性能5Gスマホで高コスパ

1位:OPPO Reno5 A

OPPO Reno5 A

OPPO Reno5 Aの実売価格:33,000円

全ての格安SIMに対応

性能:6.5インチ、CPU Sapdragon 765G、RAM6GB、ROM128GB、メインカメラ6400万画素(F値1.7)+超広角800万画素+マクロ200万画素+モノクロ200万画素、重さ182グラム、電池容量4000mAh、Android 11 (12へアップデート予定)

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (背面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯ (ワイモバ版は☓) | DSDV ◯ (ワイモバ版は☓)

OPPO Reno5 A評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能 4.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.0
軽さ 3.5

OPPO Reno5 Aは2021年6月発売の高性能な5G対応スマホです。

旧モデルのOPPO Reno3 Aと比べて処理能力が約2倍、ゲーム性能が約3倍のSnapdragon 765Gを搭載しているので、なんでもサクサク使える性能です。カメラ性能も良いです。

快適にスマホを使いたい場合におすすめの機種です。eSIMとナノSIMx2枚のDSDVに対応しています。

※ ワイモバイルのOPPO Reno5 AはシングルSIMでeSIM非対応

OPPO Reno5 Aの実売価格は39,000円ですが、ワイモバイルのOPPO Reno5 Aなら実質6,800円で手に入ります。

ワイモバイルのOPPO Reno5 Aの詳細と申し込み (ヤフー店)

ワイモバイル実質価格:6,800円
(本体価格9,800円+事務手数料無料–PayPay3,000円)

※ ソフトバンク、LINEMO、LINEモバイル等のソフトバンクMVNOからの乗り換えは対象外

2位:iPhone SE 第2世代

iPhone SE

iPhone SE 第2世代の実売価格
・ROM64GB版:49,800円
・ROM128GB版:55,800円

全ての格安SIMに対応

iPhone SE 第2世代の性能:4.7インチ、CPU A13 Bionic、RAM3GB、ROM64/128GB、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ148グラム、電池容量1821mAh

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ (Apple Pay) | 指紋認証 ◯ (前面) | 顔認証 ☓ | 5G ☓ | eSIM ◯ | DSDV ◯

iPhone SE2評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.5
カメラ性能 3.5
画面の大きさ 2.0
電池持ち 3.0
軽さ 5.0

iPhone SE 第2世代は2020年4月24日に発売した、外見はiPhone8で中身はiPhone11シリーズと同じA13 Bionicを搭載、そして価格は49,800円から買えるコスパ最高のiPhoneです。

eSIMにも対応しているので楽天モバイルのeSIMでも使えます。Apple Payに対応しているのでSuica、iD、QUICKPay等が使えます。

性能的に5年くらい使えます(電池交換5940円)。コンパクトで軽いスマホを、できるだけ長く使いたい場合にiPhone SEがおすすめです。

iPhone SE 第2世代のスペックとレビュー、1番お得な格安SIMを徹底比較

2位:AQUOS sense6

AQUOS sense6

AQUOS sense6の実売価格
・4GB/64GB版:40,000円
・6GB/128GB版:45,000円

全ての格安SIMに対応

性能:6.1インチ、CPU Snapdragon 690 5G、RAM4GB/6GB、ROM64GB/128GB、メインカメラ4800万画素(F値1.8)+超広角800万画素+望遠800万画素、重さ156グラム、電池容量4570mAh、Android 11 (12へアップデート予定)、耐衝撃

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯ (ドコモ版は☓) | DSDV ◯ (ドコモ版は☓)

AQUOS sense6評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能 4.0?
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.5
軽さ 5.0

AQUOS sense6は2021年11月11日発売の軽量で軽くて、長く使える格安スマホです。

6.1インチで重さが156グラムで厚さも7.9ミリなので、軽いスマホに仕上がっています。

耐衝撃構造で壊れにくく、電池持ちが超良く3年使っても電池容量が90%以上維持できるので、快適に長く使えます。同じスマホをできるだけ長く使いたい人におすすめです。

OCNモバイルONEのキャンペーンでは、AQUOS sense6の6GB/128GBが25,800円です(SIMの契約が必要)。2022年1月21日までのキャンペーンセールです。

OCNモバイルONEのAQUOS sense6の詳細と申込み

OCN実質価格:29,533円
(本体価格25,800円+初期費用3,733円)

AQUOS sense6のレビューとスペック、楽天モバイルとSIMフリー版の詳細

3位:OPPO A73

OPPO A73

OPPO A73の実売価格:14,000円

全ての格安SIMに対応

性能:6.44インチ(有機EL)、CPU Snapdragon 662、RAM4GB、ROM64GB、メインカメラ1600万画素(F値2.2)+超広角カメラ800万画素+ポートレート200万画素+モノクロ200万画素、重さ162グラム、電池容量4000mAh、Android 10 (Android 11へアップデート可)

防水 ☓ | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ☓ | eSIM ◯ | DSDV ◯

OPPO A73評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.5
カメラ性能 3.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.0
軽さ 4.5

OPPO A73は2020年11月20日に発売された、eSIM対応の格安スマホです。

Snapdragon 662なので普通の使い方なら普通に動く性能です。画面が6.44インチの大画面なのにも関わらず、重さが162グラムで厚さが7.45mmなので扱いやすいサイズになっています。

大画面で比較的手軽なサイズで安いスマホを検討している場合におすすめです。

楽天モバイルではOPPO A73を15,001円ですが、15,000円相当のポイント還元がもらえます。

OPPO A73の詳細と申し込み → 楽天モバイル

楽天モバイル実質価格:1円
(本体価格15,001円+事務手数料無料–15,000ポイント)

3位:Rakuten Hand

Rakuten Hand

Rakuten Handの楽天モバイル価格:12,980円

楽天ポイント:12,980ポイント

実質価格:0円
(本体価格12,980円+事務手数料無料-12,980ポイント)

eSIMで楽天モバイル、ワイモバイル、LINEMOに対応

性能:5.1インチ(有機EL)、CPU Snapdragon 720G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ4800万画素(F値1.8)+深度200万画素、重さ129グラム、電池容量2750mAh、Android 10

防水 ☓ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ☓ | eSIM ◯ | DSDV ☓

Rakuten Hand評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能 3.5
画面の大きさ 3.0
電池持ち 3.5
軽さ 5.0

Rakuten Handは2020年12月8日に発売された、コンパクトで軽いおサイフケータイ対応スマホです。

Snapdragon 720Gという比較的高性能CPUを搭載しているのでサクサク動きます。5.1インチで129グラム、なおかつ価格が楽天モバイルで実質0円です。

コンパクトで軽さを最重視する場合に一番おすすめです。

楽天モバイルのRakuten Handの詳細と申込み

Rakuten Handのレビュー、実質0円で高コスパでコンパクト

4位:AQUOS sense4 / sense4 lite

AQUOS sense4 lite

実売価格
・AQUOS sense4:31,000円
・AQUOS sense4 lite:25,001円

全ての格安SIMに対応

性能:5.8インチ、CPU Snapdragon 720G、RAM4GB、ROM64GB、メインカメラ1200万画素(F値2.0)+望遠800万画素、重さ176グラム、電池容量4570mAh、Android 11 (12へアップデート予定)、耐衝撃

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (前面) | 顔認証 ◯ | 5G ☓ | eSIM ☓ (sense4 liteは◯) | DSDV ◯

AQUOS sense4/lite評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能 3.0
画面の大きさ 3.0
電池持ち 5.0
軽さ 4.0

AQUOS sense4/liteは2020年11月発売の比較的高性能で電池持ちが超良い防水・おサイフケータイ対応の比較的コンパクトな格安スマホです。

AQUOS sense4 liteとsense4の性能はほとんど同じですが、sense4 liteは楽天モバイル専売でナノSIM+eSIM、sense4はナノSIMx2枚対応で1200万画素の超広角カメラを搭載しています。

結構なんでも快適に使えて、5.8インチで176グラムなので扱いやすく、落としても壊れにくく、電池持ちが超良いので電池の劣化の心配なく長い間使えます。

OCNモバイルONEのキャンペーンでは、乗り換えならAQUOS sense4が10,806円です(SIMの契約が必要)。2022年1月21日までのキャンペーンです。

OCNモバイルONEのAQUOS sense4の詳細と申込みはこちら

OCN実質価格:10,806円
(本体価格23,100円-乗換割14,300円-オプション割1,727円+初期費用3,733円)

4位:Motorola edge 20

Motorola edge 20

Motorola edge 20の実売価格:50,000円

全ての格安SIMに対応

性能:6.7インチ(144Hz、有機EL)、CPU Snapdragon 778G、RAM6GB、ROM128GB、メイン1億800万画素(F値1.9)+超広角800万画素(F値2.2)+望遠800万画素(F値2.4 / 光学3倍)、重さ163グラム、電池容量4000mAh、Android 11 (12へアップデート予定)

防水 △(防滴) | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓ | DSDV ◯

Motorola edge 20評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.5
カメラ性能 4.5?
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.0
軽さ 5.0

Motorola edge 20は2021年10月22日発売の軽量で1億800万画素のカメラ搭載の5G対応スマホです。

Snapdragon 778という高性能CPUを搭載しているのに加えて、メインカメラの画素数が1億800万画素の超高画質、光学3倍の望遠カメラも搭載しています。

6.7インチの大画面スマホにも関わらず、重さが163グラムの軽量タイプです。画面の大きさと、軽さと、カメラ性能を重視する場合におすすめです。

OCNモバイルONEのキャンペーンでは、乗り換えならMotorola edge 20が実質20,898円です(SIMの契約が必要)。2022年1月21日までのキャンペーンです。

Motorola edge 20が実質20,898円 → OCNモバイルONE

OCN実質価格:20,898円
(33,192円-乗り換え14,300円-オプション割1,727円+初期費用3,733円)

4位:OPPO A54 5G

OPPO A54 5G

OPPO A54 5Gの実売価格:29,000円

全ての格安SIMに対応 (楽天モバイルの動作確認はありませんが、ほぼ確実に対応)

性能:6.5インチ(90Hz)、CPU Snapdragon 480 5G、RAM4GB、ROM64GB、メインカメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素+マクロ200万画素、重さ190グラム、電池容量5000mAh、Android 11

防水 ☓ | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証(側面) ◯ | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓ | DSDV ◯ (UQ版は☓)

OPPO A54 5G評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能 3.5?
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.5
軽さ 3.0

OPPO A54 5Gは2021年6月25日発売の安さ重視で大画面の格安スマホです。5Gにも対応しています。

6.5インチの大画面で電池持ちもかなり良く、Snapdragon 480 5Gという比較的高性能なCPUを搭載しているので、一般的な使い方ならほとんどの場合で問題なく使えます。

BIGLOBEモバイルのキャンペーンでは、OPPO A54 5Gが実質3,733円です(SIMの契約が必要)。キャンペーン終了日は未定です。

BIGLOBEモバイルの実質3,733円のOPPO A54 5Gの詳細と申込み

BIGLOBEモバイルの実質価格:3,733円
(本体価格21,912円-税込換算21,912円相当のポイント+事務手数料3,733円)

OPPO A54 5Gのレビューと詳細スペック、安さ重視の大画面な高性能スマホ

4位:Xperia 10 III Lite

Xperia 10 III Lite

Xperia 10 III Liteの実売価格:46,800円

全ての格安SIMに対応

性能:6インチ(有機EL)、CPU Snapdragon 690 5G、RAM6GB、ROM64GB、メイン1200万画素(F値1.8)+超広角カメラ800万画素+望遠800万画素(光学2倍)、重さ169グラム、電池容量4500mAh、Android 11 (12へアップデート予定)

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ☓ | 5G ◯ | eSIM ◯ | DSDV ◯

Xperia 10 III Lite評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能 3.5?
画面の大きさ 3.5
電池持ち 5.0
軽さ 4.5

Xperia 10 III Liteは2021年8月27日に発売された軽量で電池持ちが良い格安スマホです。

6インチの縦長画面で幅が68ミリのスリムなサイズです。4500mAhの大容量の電池を搭載しているにも関わらず、重さが169グラムと軽いです。

重さと電池持ちを重視する場合は、基本的には電池の劣化が少なく、価格も安いAQUOS sense6のほうがおすすめですが、Xperiaが好きな人が検討してみてください。

OCNモバイルONEのキャンペーンでは、乗り換えならXperia 10 III Liteが28,175円です(SIMの契約が必要)。2022年1月21日までのキャンペーンです。

Xperia 10 III Liteが28,175円 → OCNモバイルONE

OCN実質価格:28,175円
(本体価格40,469円-乗換割14,300円-オプション割1,727円+初期費用3,733円)

Xperia 10 III Liteのレビューと詳細スペック、軽量で大容量バッテリー搭載

5位:Rakuten BIG s

Rakuten BIG s

Rakuten BIG sの価格:39,980円

楽天ポイント:25,000ポイント

実質価格:14,980円
(本体価格39,980円+事務手数料無料-25,000ポイント)

eSIMで楽天モバイルに対応

性能:6.4インチ、CPU Snapdragon 765G、RAM6GB、ROM128GB、メインカメラ4800万画素+超広角800万画素+望遠800万画素(光学2倍ズーム)+深度200万画素、重さ204グラム、電池容量3900mAh、Android 10

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証(ディスプレイ内蔵) ◯ | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯ | DSDV ☓

Rakuten BIG s評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能 4.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.0
軽さ 3.0

Rakuten BIG sは2021年4月21日に発売されたeSIM専用の5Gスマホです。

比較的高性能で安く買えますが、Rakuten BIG sのOSはAndroid 10のままです。

Android 10でも3年くらいは特に問題なく使えるので、3年くらい使えれば良い場合にRakuten BIG sがおすすめです。

楽天モバイルのRakuten BIG sの詳細と申し込み

実質14,980円!Rakuten BIG sのレビュー、楽天ビックとの違いとキャンペーン情報

5万円超の高性能な格安スマホ/iPhone

スマホはお金を出せば出すほど高性能になります。

普通程度にスマホを使う場合はそんなに処理能力は必要ないのですが、スマホをたくさん使う場合は処理が重くなったりするので、より高性能なスマホが必要になったりします。

カメラ性能とゲーム性能もスマホの価格に比例して良くなります。普通程度に写真が撮れれば良い場合や、ゲームも暇つぶし程度なら3万円くらいの格安スマホでも十分です。

綺麗に写真を撮りたい場合やどんなゲームでも快適に遊びたい場合は5万円以上のスマホがおすすめです。

5万円超でおすすめ1位:iPhone 13/mini/Pro/Pro Max

iPhone 13シリーズの実質価格:7万円〜19万円

全ての格安SIMに対応

iPhone13シリーズは2021年9月発売の最新のiPhoneシリーズです。

カメラ性能が少しアップして、電池持ちが結構アップしました。暗いところでもよりキレイに撮れるようになり、eSIM、Felica、5Gにも対応しています。

指紋認証に対応していないのが痛いですが、性能的に6年くらい使えます。

iPhone 13評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能 5.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.5
軽さ 4.0

iPhone13シリーズの電池持ちは、iPhone12シリーズよりもざっくり15%くらいアップしています。電池持ちを最重視する場合は、iPhone13シリーズがおすすめです。

iPhone13シリーズは楽天モバイルでも販売しています。

楽天モバイルのキャンペーンとおすすめ機種ランキング

5万円超でおすすめ1位:iPhone 12/mini/Pro/Pro Max

iPhone 12シリーズの実質価格:5万円〜14万円

全ての格安SIMに対応

iPhone12シリーズは2020年10月〜11月に発売されたiPhoneシリーズです。

新型のiPhone13が発売されて、iPhone12シリーズは値下げになりました。

iPhone12シリーズでも電池持ちは十分に持ちます。電池持ちをそこまで重視しなければ、値下げになったiPhone12シリーズがおすすめです。

iPhone 12評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能 4.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.0
軽さ 4.0

iPhone11と比べて全体的にコンパクトになり、落としても4倍壊れにくくなりました。eSIM、Felica、5Gにも対応しています。

指紋認証に対応していませんが、性能的に5年くらい使えます。

5万円超でおすすめ2位:Xiaomi 11T Pro

Xiaomi 11T Pro

Xiaomi 11T Proの実売価格:69,800円

全ての格安SIMに対応

性能:6.67インチ(有機EL、120Hz、Gorilla Glass Victus)、CPU Snapdragon 888、RAM8GB、ROM128GB、メイン1億800万画素(F値1.75)+超広角800万画素(F値2.2)+テレマクロ500万画素、重さ204グラム、電池容量5000mAh、Android 11

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓ | DSDV ◯

Xiaomi 11T Pro評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能 4.5?
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.5
軽さ 2.5

Xiaomi 11T Proは2021年11月5日発売の超高性能なSnapdragon 888を搭載したおサイフケータイ対応の5Gスマホです。

スナドラ888のハイエンドで安い機種を検討している場合におすすめです。

OCNモバイルONEのキャンペーンなら、Xiaomi 11T Proが44,000円です(SIMの契約が必要)。2022年1月21日までのキャンペーンです。

Xiaomi 11T Proが44,000円 → OCNモバイルONE

OCN実質価格:47,733円
(本体価格44,000円+初期費用3,733円)

5万円超でおすすめ2位:Pixel 5a (5G)

Pixel5a (5G)

Pixel 5a (5G)の実売価格:51,700円

全ての格安SIMに対応

性能:6.34インチ(有機EL)、Snapdragon 765G、RAM6GB、ROM128GB、カメラ1220万画素(F値1.7)+超広角1600万画素(F値2.2)、重さ183グラム、電池容量4680グラム、Android 11 (Android 12へアップデート可)

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (背面) | 顔認証 ☓ | 5G ◯ | eSIM ◯ | DSDV ◯

Pixel 5a (5G)評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能 4.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.5
軽さ 3.5

Pixel 5a (5G)は2021年8月26日に発売された電池持ちがかなり良いGoogleのスマホです。防水とおサイフケータイにも対応しています。

電池持ちがGoogleスマホでもかなり良く、最低3年間のOSアップデート保証もあるので、できるだけ長く同じAndroidスマホを使いたい場合におすすめです。

Pixel 5a (5G)のレビューと詳細スペック、本体のみ購入の場合におすすめ

5万円超でおすすめ2位:Pixel 6

Pixel6

Pixel 6の実売価格
・128GB版:74,800円
・256GB版:85,800円

全ての格安SIMに対応

性能:6.4インチ(有機EL、90Hz、Gorilla Glass Victus)、CPU Google Tensor、RAM8GB、カメラ5000万画素(F値1.85、イメージセンサー 1/1.31インチ)+超広角1200万画素(F値2.2)、重さ207グラム、電池容量4614グラム、Android 12

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ☓ | 5G ◯ | eSIM ◯ | DSDV ◯

Pixel 6評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能 5.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.5
軽さ 2.5

Pixel 6は2021年10月29日に発売されたGoogleの最新スマホです。防水とおサイフケータイにも対応しています。

Google独自の最新のCPU,Google Tensorを搭載していて、AIや機械学習の処理に強みがあります。具体的には画像の処理能力が大幅にアップするので、カメラの実性能の向上が見込めます。

カメラ性能は画素数、F値、イメージセンサーの大きさ以外にも、CPU(SoC)の性能も重要だったりします。

Androidスマホでカメラ性能を重視する場合は、Pixel 6はおすすめです。より高性能なGoogle Pixel 6 Proもありますが、価格が116,600円で高く、買う人は限られているので省略します。

5万円超でおすすめ3位:ZenFone 8

ZenFone 8

ZenFone 8の実売価格:74,000円

全ての格安SIMに対応

性能:5.9インチ(有機EL、120Hz、Gorilla Glass Victus)、CPU Snapdragon 888 5G、RAM8GB、ROM128GB、メイン6400万画素(F値1.8)+超広角1200万画素(F値2.2)、重さ169グラム、電池容量4000mAh、Android 11 (12へアップデート可)

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓ | DSDV ◯

ZenFone 8評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能 4.5?
画面の大きさ 3.5
電池持ち 4.0
軽さ 4.5

ZenFone 8は2021年8月20日に発売された最新最速のCPUを搭載したスマホです。

Snapdragon 888 5Gの超高性能CPUを搭載しているので、何でもサクサク使えます。

重さも169グラムと比較的軽量で、防水おサイフケータイにも対応しています。一言で評価すると、かっこいいスマホです!

OCNモバイルONEのキャンペーンでは、乗り換えならZenFone 8が53,434円です(SIMの契約が必要)。2022年1月21日までのキャンペーンです。

ZenFone 8が53,434円 → OCNモバイルONE

OCN実質価格:53,434円
(本体価格65,728円-乗換割14,300円-オプション割1,727円+初期費用3,733円)

どのスマホが高性能?スマホの性能で一番重要なCPUを把握する

スマホの性能で一番重要なのはCPUです。CPUが高性能なほどスマホがサクサク動きます。

どのCPUが高性能か知らない人が多いと思うので、下記にざっくりとした性能表を載せておくので参考にしてみてください。

2022年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:870、888
Google:Tensor
iPhone:12シリーズ、13mini、13、13Pro、13Pro Max
高性能
Snapdragon:845、778G、780G、855、860、865
MediaTek:Dimensity 1200-Ultra
iPhone:XR、XS、XS Max、SE 第2世代、11シリーズ
比較的高性能
Snapdragon:480、730、730G、690 5G、720G、732G、750G、765G、835
MediaTek:Dimensity 700、800U
iPhone:8、X
普通性能
Snapdragon:662、665、660、820、670、675、710
iPhone:7
低性能
Snapdragon:630、632、650、636
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE 第1世代
最底辺
Snapdragon:450、625、439、460
MediaTek:Hello P35
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6

※ 右に行くほど高性能 (Snapdragon 480から732Gまではほとんど同性能)

スマホを人よりも少し多く使う場合は、比較的高性能以上を選びます。スマホがよりサクサク動くようになります。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

おすすめしない機種

AQUOS sense5G

AQUOS sense5G

AQUOS sense5Gの実売価格:40,000円

全ての格安SIMに対応

※ ドコモ、au、ソフトバンク版は基本的にSIMロック解除が必要

性能:5.8インチ、CPU Snapdragon 690 5G、RAM4GB、ROM64GB、メインカメラ1200万画素(F値2.0)+望遠800万画素+超広角1200万画素、重さ178グラム、電池容量4570mAh、Android 11 (12へアップデート予定)、耐衝撃対応

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (前面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓ | DSDV ☓ (SIMフリー版は◯)

AQUOS sense5G評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能 3.0
画面の大きさ 3.0
電池持ち 5.0
軽さ 4.0

AQUOS sense5Gは2021年3月12日に発売された5G対応の格安スマホです。AQUOS sense4の5G対応版です。

電池持ちが超良い防水・おサイフケータイ対応の比較的コンパクトな作りになっていますが、不良品が多く評判が悪いです。今からならAQUOS sense6のほうが良いです。

AQUOS sense5Gのレビューと詳細スペック、5Gスマホの定番スマホ

以前売られていた格安スマホ

昔紹介していた格安スマホの跡地に、以前売れていたスマホを簡単に紹介しています。

今でもそこそこの人気を維持しているスマホもありますが、基本的には今から選ぶスマホではありません。こんなのもあったんだくらいです。

格安SIMの管理人の画像
書いた人

2015年3月から格安SIMの比較サイトを運営しています。

1人で地道にこつこつ運営していたら、累計訪問者数は約2600万人で約9000万ページビューになりました(2021年8月時点)

これからも格安SIMと格安スマホの情報をできるだけ詳しくお届けします!

最終更新日 2022年1月15日 / 作成日 2015年3月18日
4.5 26
この記事は参考になった/良かった
※注:コメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミやコメントをする

購読する
通知する
guest
122 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
けけ
けけ
2022年1月16日 9:25 AM

とてもお世話になりましたありがとう

玉井
玉井
2022年1月11日 9:06 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

いつもお世話になっております。
Zfold3の折り畳みスマホはどんな感じでしょうか。
使用する機会がありましたら更新お願いします。

奈良県在住
奈良県在住
  玉井
2022年1月17日 8:52 AM

Galaxy Z Flip3を使っている人に見せてもらいました。
マホから機種変更した人ですが、すごく満足しています。谷折りなので全画面にするとやはり違和感はあるものの、なれれば気にならないそうです。女性ですので服のポケットではなくバッグなどに入れますので、コンパクト感覚でしょうか、おしゃれでよさげでした。
私個人的には機能はともかく、高いし思ったよりごっつくて重く感じたので、現時点では検討しません。

K
K
2021年12月1日 4:53 PM

発売になったばかりのドコモの格安arrows we、garaxy A 22 5G
とりあえずドコモの5GのSIMが欲しいのでどちらかを購入したいのですが、ゲームはしなくてバッテリー持ちと音量重視、不具合の少なさならどちらがオススメですか?

じょー
じょー
2021年11月3日 9:08 AM

Pixel 6 は、どんなもんでしょうか、 買いですかね?

かんぷ
かんぷ
2021年10月27日 12:05 PM

Zenfone8買いました、想像通り高性能です
画面下部にあった戻るの入力が画面左(右でも可)から逆方向へのスワイプになっていたのは初めて知りました、Androidのバージョンによるものなんでしょうか…
リフレッシュレートは自動と60.90.120MHzの4種類から設定できる
電池の持ちから考えてゲームなどの時だけ120MHzにしてます
電池の持ちに若干難を抱えてます
ちょっと使ったら1日2回は充電が必要になりそう
付属のACは5V3アンペア
画面指紋認証は反応が遅め、R天のHandよりはいいですが
顔認証が顔の一部を隠しても解除されたりされなかったりしてます
認識に使った時の画像が問題なのかもしれませんがもやっとしますね
なんだかんだ書きましたが長く使えそうです

しまくま
しまくま
2021年8月24日 4:46 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

xperia 10 iii liteはどうでしょうか? AQUOS Sense4よりRAMが多いですが…

しょうじ
しょうじ
2021年8月22日 12:57 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

8月26日発売の『Pixel 5a(5G)の評価を早くお聞きしたいです。

国産買いたい人
国産買いたい人
2021年8月20日 8:47 AM

ゲームしないからミドルクラスを購入すると、
もっさり感で文字入力の遅さで誤字が多くなりますね。
文字入力時のもっさりとかも分かるといいですね。

か
2021年8月20日 3:08 AM

モトローラ moto g100 の評価が知りたいです。

いちご
いちご
2021年6月20日 10:08 AM

DoCoMoショップで店員さんに、このスマホ(先月に出たarrowsBe4plus)5Gですかって聞いたらそうですって言ってたのに、購入後に調べたらそのスマホ4Gでした。ガラケーからスマホ切り替えで、まあ使用目的は通話のためだったので、5Gの性能は必要ないと思うからいいのですが、店員さんが5Gって答えてたのが微妙に嘘言われたって思った

あ
2021年6月2日 2:27 PM

SE2ってバッテリーもち悪くないですか?友達が買ったばかりなのにすぐにバッテリー切れ起こしてオススメにしていいのと思いました。cpuは文句なしの高性能だと思いますが、コスパ最強ではないですね。正直cpuだけよくても他に欠陥が多いとねぇ。

yamaoku
yamaoku
 
2021年6月3日 12:06 AM

まあ、管理人さんもSE2のレビューの中で「たくさん使う人は11,12にした方がいい」と言ってますからね。
欠陥というか、ただ用途にあってなかっただけな気がします。

44F7117F-0895-4D05-B624-812CE462FFA7.jpeg
名無し
名無し
  yamaoku
2021年6月3日 7:21 AM

SE2使ってますが、ラインやメールの受信のみであれば1日に20%程の消費です
その返信に時間をかけても1日30~40%程の消費です

スマホの使用時間が短い人にはコンパクト・ハイスペック・OSアップデート期間が長い、と非常に便利な機種なのですが・・・

「2022年1月:格安スマホおすすめ機種ランキングと性能比較」をシェアしてくださいm(_ _)m
コメント