格安スマホおすすめ機種ランキングと性能比較【2022年12月】

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (151) / 関連:各種おすすめランキング(13) | 格安スマホ更新順(65)

格安スマホは、主に格安SIMで使うためのSIMフリーのスマートフォンです。

Amazonなどのネットショップで格安スマホ本体のみ購入する方法と、格安SIMとセットに格安スマホを購入する方法があります。

本体のみ購入だと定価購入になりますが、格安SIMとセットだと格安スマホが大幅割引で買えたりします。

格安スマホおすすめランキング&性能比較とレビュー

価格が安ければ安いなりの理由、高ければ高いなりの理由が格安スマホの性能面で出てきます。

  • 2万円前後の格安スマホはライトユーザ用
  • 3万円〜5万円は一般ユーザ用で一番売れている
  • 5万円超はヘビーユーザ、写真を撮るのが好きな人、ゲーム好きな人、iPhoneユーザ

ここでは格安スマホが安く買えるキャンペーン、今の格安SIMが購入予定の格安スマホで使えるかどうか、格安スマホの性能の見分け方を解説します。

最後に2022年最新の格安スマホのおすすめをランキング順で紹介します。格安スマホを購入しようと思っている場合に参考にしてみてください。

目次

※ 料金は全て税込価格

格安スマホが割安に買えるキャンペーンが狙い目

格安SIMとセットに格安スマホを申し込むと、格安スマホがかなり割安に買えるキャンペーンを行っている格安SIMがあります。

IIJmioのキャンペーン機種ワイモバイルのおすすめ端末楽天モバイルのおすすめ機種などで、ほとんどいつも格安スマホが安く買えるキャンペーンを行っています。

格安スマホと一緒に格安SIMも必要な場合は、安く格安スマホを買えるキャンペーンを利用するのがオススメです。

格安スマホのキャンペーンのおすすめランキング

格安スマホのキャンペーンのおすすめランキングにキャンペーン情報の詳細を載せています。

今の格安SIMから乗り換えて、お得に最新機種に機種変できる

格安SIMを使っていて、今のスマホの調子が悪い、古いからそろそろ機種変したい・・。そんな場合、他の格安SIMに乗り換えがおすすめです。

普通に機種変更するよりも、2〜3万円くらい安く格安スマホやiPhoneが手に入ります。

格安SIMでお得に機種変更

格安SIMでお得に機種変更する方法、他社へ乗り換えで大幅割引

新しいiPhoneを使いたい場合

新しいiPhoneを使いたい場合、格安SIMとセットでiPhoneを購入するのがおすすめです。

普通にiPhoneを購入するよりも2万円〜3万円くらい安く買えます。

iPhoneのキャンペーンのおすすめランキング

iPhoneのキャンペーンのおすすめランキング、格安SIMとセットだとiPhoneが安い

今の格安SIMでは使えない格安スマホがある?

ここで紹介する格安スマホやiPhoneは基本的に全ての格安SIMで使えます。

特定の格安SIMで使えない可能性がある格安スマホがある場合は、別途説明します。

格安スマホおすすめランキング(5万円以下)

5万円以下で買える人気のおすすめの格安スマホをランキング順で紹介します。

  • 1位:OPPO Reno7 A
  • 2位:OPPO Reno5 A
  • 2位:Rakuten Hand 5G
  • 3位:moto g52j 5G
  • 3位:Redmi Note 11
  • 3位:Redmi Note 11 Pro 5G
  • 4位:AQUOS wish2
  • 4位:AQUOS sense6
  • 4位:Xperia Ace III
  • 4位:Galaxy M23 5G

実売価格はAmazonや家電量販店などの価格を参考にしています。

2位 OPPO Reno7 A

OPPO Reno7 A

OPPO Reno7 Aの実売価格:40,000円

全ての格安SIMに対応

性能:2022年6月発売、6.4インチ(有機EL、90Hz)、Sapdragon 695 5G、RAM6GB、ROM128GB、メインカメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素、前面カメラ1600万画素、重さ175グラム、電池容量4500mAh、Android 12へアップデート予定

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯ | デュアルSIM ◯

OPPO Reno7 A評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能 3.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 5.0
軽さ 4.0

OPPO Reno7 Aで力を入れているのはデザインです。カメラ配置が良く、角張った外観でマット仕上げです。

旧モデルのOPPO Reno5 Aよりも電池持ちが1割アップして、有機ELで発色が良いです。使いやすさと見た目の良さを重視する場合におすすめの機種です。

OPPO Reno7 Aの実売価格は40,000円ですが、ワイモバイルならOPPO Reno7 Aが実質8,800円です(SIM/eSIMの契約が必要)

ワイモバイルのOPPO Reno7 Aの詳細と申し込み

ワイモバイル実質価格:8,800円
(14,800円+事務手数料無料ーPayPay最大6,000円)

ワイモバイルのOPPO Reno7 AはナノSIMx1枚+eSIMのDSDV対応ですが、ワイモバならメーカー保証が2年間です。

※ シンプルSで契約すると約4,000円値上がり
※ ソフトバンク、LINEMO、ソフトバンクMVNOから乗り換えは対象外

2位:OPPO Reno5 A

OPPO Reno5 A

OPPO Reno5 Aの実売価格:33,000円

全ての格安SIMに対応

性能:2021年6月発売、6.5インチ(90Hz)、Sapdragon 765G、RAM6GB、ROM128GB、カメラ6400万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素+モノクロ200万画素、前面カメラ1600万画素(F値2.0)、重さ182グラム、電池容量4000mAh、Android 12へアップデート可

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (背面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯ | デュアルSIM ◯

OPPO Reno5 A評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能 4.5
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.0
軽さ 3.5

後継機のOPPO Reno7 Aが発売されましたが、OPPO Reno5 Aも人気を維持しています。

処理能力はほぼ同じです。電池持ちはReno7 Aが良いですが、カメラ性能はOPPO Reno5 Aが良いです。安さとカメラ性能を重視する場合におすすめの機種です。

OCNモバイルONEの端末セールでは、OPPO Reno5 Aが9,570円です(SIMの契約が必要)。2022年12月26日までのキャンペーンです。

OCNモバイルONEのOPPO Reno5 Aの詳細と申し込み

OCN実質価格:13,303円
(セール価格9,570円+初期費用3,733円)

OPPO Reno5 Aのレビューと詳細スペック、バランスの良い5G対応スマホ

2位 Rakuten Hand 5G

Rakuten Hand 5G

Rakuten Hand 5Gの価格:19,001円 (楽天モバイル専売機種)

楽天モバイルで販売していますが、他社SIMや他社eSIMでもほぼ確実に使える

性能:2022年2月発売、5.1インチ(有機EL)、Snapdragon 480、RAM4GB、ROM128GB、カメラ6400万画素(F値1.8)+深度200万画素、前面カメラ(F値2.0)、重さ134グラム、電池容量2630mAh、物理SIM非対応、Android 11

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯ | デュアルSIM ◯

Rakuten Hand 5G評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.5
カメラ性能(推定) 4.0
画面の大きさ 3.0
電池持ち 3.5
軽さ 5.0

旧モデルのRakuten Handと比べて、防水と5G通信に対応して、eSIMがDSDVで2つ使えるデュアルeSIMに対応です。

本体価格は19,001円ですが、楽天モバイルとセットに契約すると16,000円割引、初めての契約なら3,000ポイントもらえるので、実質1円で手に入ります。

Rakuten Hand 5Gが実質1円はコスパが超良いです。できるだけ安くコンパクトに使いたい場合におすすめです。

楽天モバイルのRakuten Hand 5Gの詳細と申し込み

楽天モバイル実質価格:1円
(本体価格19,001円+事務手数料無料ー16,000円割引ー3,000pt)

楽天モバイルのRakuten Hand 5Gのレビューと楽天ハンドとの違い

3位 moto g52j 5G

moto g52j 5G

moto g52j 5Gの実売価格:36,000円

全ての格安SIMに対応 (※ LINEMOの動作確認は不明ですが95%で使えると思われます)

性能:2022年6月発売、6.8インチ(120Hz)、Sapdragon 695 5G、RAM6GB、ROM128GB、カメラ5000万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素+深度200万画素、前面カメラ1300万画素(F値2.2)、重さ206グラム、電池容量5000mAh、Android 11

防水 ○ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯ | デュアルSIM ◯

moto g52j 5G評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能(推定) 3.5
画面の大きさ 5.0
電池持ち 4.5
軽さ 3.0

モトローラ初のおサイフケータイ対応スマホです。欠点は206グラムで重めで、画面が有機ELではないことくらいです。それ以外は全て揃ってます。

特に画面サイズが6.8インチでスマホの中でも最大クラスです。大きな画面で便利に使いたい場合に一番おすすめです。

IIJmioのスマホ大特価セールでは、乗り換えならmoto g52j 5Gが15,800円です(SIMの契約が必要)。2023年1月31日までのキャンペーンセールです。

IIJmioのmoto g52j 5Gの詳細と申し込み

IIJmio実質価格:18,433円
(本体価格15,800円+事務手数料2,200円+SIM発行手数料433円)

3位 Redmi Note 11

Redmi Note 11

Redmi Note 11の実売価格:23,000円

全ての格安SIMに対応

性能:2022年3月発売、6.43インチ(90Hz、有機EL)、Snapdragon 680、RAM4GB、ROM64GB、カメラ5000万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素+深度200万画素、前面カメラ1300万画素(F値2.4)、重さ179グラム、電池容量5000mAh、Android 11、デュアルスピーカー搭載

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ☓ | eSIM ☓ | デュアルSIM ◯

Redmi Note 11評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.0
カメラ性能(推定) 3.5
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.5
軽さ 4.0

大容量の5000mAhを搭載していても、179グラムで比較的手頃な重さです。デュアルスピーカー搭載なので音も良いです。

画面が有機ELでキレイでリフレッシュレートが90Hzなので滑らかに表示してくれます。

5G通信には対応していませんが、デメリットは特にないです。安さを重視する場合で、乗換の場合でおサイフケータイが不要な場合は、Redmi Note 11がかなりおすすめです。

IIJmioのスマホ大特価セールでは、乗り換えならRedmi Note 11が4,980円です(SIMの契約が必要)。2023年1月31日までのキャンペーンセールです。

IIJmioのRedmi Note 11の詳細と申し込み

IIJmio実質価格:7,613円
(本体価格4,980円+事務手数料2,200円+SIM発行手数料433円)

3位 Redmi Note 11 Pro 5G

Redmi Note 11 Pro 5G

Redmi Note 11 Pro 5Gの実売価格:44,000円

全ての格安SIMに対応

性能:2022年5月発売、6.67インチ(120Hz、有機EL)、Snapdragon 695 5G、RAM6GB、ROM128GB、カメラ1億800万画素(F値1.9)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素、前面カメラ1600万画素(F値2.4)、重さ202グラム、電池容量5000mAh、Android 12へアップデート可、デュアルスピーカー搭載

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯ | デュアルSIM ◯

Redmi Note 11 Pro評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能(推定) 4.0
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.5
軽さ 3.0

大画面、電池持ち良し、割と高性能、おサイフケータイ対応、eSIM対応、15分で50%の高速充電、有機ELでリフレッシュレート120Hz、デュアルスピーカー搭載

ほしいものを満遍なく揃えてきたのに、割安感のある価格帯です。大画面で性能重視で便利に使いたい場合におすすめの機種です。

IIJmioのスマホ大特価セールでは、乗り換えならRedmi Note 11 Pro 5Gが24,800円です(SIMの契約が必要)。2023年1月31日までのキャンペーンセールです。

IIJmioのRedmi Note 11 Pro 5Gの詳細と申し込み

IIJmio実質価格:27,433円
(本体価格24,800円+事務手数料2,200円+SIM発行手数料433円)

4位 AQUOS wish2

AQUOS wish

AQUOS wish2の実売価格:13,000円

性能:2022年6月発売、5.7インチ(低解像度)、Snapdragon 695 5G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1300万画素(F値2.0)、前面カメラ800万画素(F値2.0)、重さ162グラム、電池容量3730mAh、Android 12、耐衝撃

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ☓ | 5G ◯ | eSIM ◯ | デュアルSIM ◯

AQUOS wish2評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能(推定) 3.0
画面の大きさ 3.5
電池持ち 4.0
軽さ 4.5

AQUOS wishと比べてCPU性能が33%アップ、ゲーム性能は19%アップします。省エネ性能もアップしているので、電池持ちは5%向上することが期待できます。

電池がへたらず長持ちする機能、落としても壊れにくい耐衝撃構造、OSは2年間のアップデート保証です。コンパクトで安価でできるだけ長く使い続けたい場合におすすめです。

ワイモバイルなら乗換で一括1980円です(ソフトバンク/LINEMO/ソフトバンクMVNOから乗り換えは対象外)

ワイモバイルのAQUOS wish2の詳細と申し込み

ワイモバ実質価格 (事務手数料無料)
・乗換:1,980円-PayPay最大6,000円 = 実質△4,020円
・新規:11,880円-PayPay最大6,000円= 実質5,880円

※ シンプルSで契約すると約4,000円値上げ

ワイモバイルのAQUOS wish2とwishのキャンペーン価格とSIMフリーの違い

4位:AQUOS sense6

AQUOS sense6

AQUOS sense6の実売価格
・4GB/64GB版:33,000円
・6GB/128GB版:40,000円

全ての格安SIMに対応

性能:2021年11月発売、6.1インチ(有機EL)、Snapdragon 690 5G、RAM4GB/6GB、ROM64GB/128GB、カメラ4800万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.4)+望遠800万画素(F値2.4 / 光学2倍)、前面カメラ800万画素(F値2.0)、重さ156グラム、電池容量4570mAh、Android 12へアップデート予定、耐衝撃

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯ (ドコモ版は☓) | デュアルSIM ◯ (ドコモ版は☓)

AQUOS sense6評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.5
カメラ性能(推定) 3.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.5
軽さ 5.0

6.1インチで重さが156グラムで厚さも7.9ミリなので、軽いスマホに仕上がっています。

耐衝撃構造で壊れにくく、電池持ちが超良く3年使っても電池容量が90%以上維持できるので、快適に長く使えます。同じスマホをできるだけ長く使いたい人におすすめです。

OCNモバイルONEの端末セールでは、AQUOS sense6の6GB/128GBが16,060円です(SIMの契約が必要)。2022年12月26日までのキャンペーンです。

OCNモバイルONEのAQUOS sense6の詳細と申込み

OCN実質価格:19,793円
(セール価格16,060円+初期費用3,733円)

AQUOS sense6のレビューとスペック、楽天モバイルとSIMフリー版の詳細

4位 Xperia Ace III

Xperia Ace III

Xperia Ace IIIの実売価格:17,000円

ワイモバ版はソフトバンク回線の格安SIM、ドコモ版はドコモ回線の格安SIMで使える

性能:2022年6月発売、5.5インチ(低解像度、Corning Gorilla Glass Victus)、Snapdragon 480 5G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1300万画素(F値1.8)、前面カメラ500万画素、重さ162グラム、電池容量4500mAh、Android 12

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ☓ | 5G ◯ | eSIM ◯ | デュアルSIM ◯

Xperia Ace III評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.5
カメラ性能(推定) 3.0
画面の大きさ 3.5
電池持ち 5.0
軽さ 4.5

5.5インチのコンパクトスマホで電池持ちがすごく良く、落としても画面が割れにくいGorilla Glass Victus搭載です。

CPU性能はAQUOS wish2の方が少し良いですが、電池持ちを重視する場合はXperia Ace IIIがおすすめです。

ワイモバイルなら乗換で一括3,980円です(ソフトバンク/LINEMO/ソフトバンクMVNOから乗り換えは対象外)

ワイモバイルのXperia Ace IIIの詳細と申し込み

ワイモバ実質価格 (事務手数料無料)
・乗換:3,980円-PayPay最大6,000円 = 実質△2,020円
・新規:14,040円-PayPay最大6,000円= 実質8,040円

※ シンプルSで契約すると約4,000円値上げ

ワイモバイルのXperia Ace IIIのキャンペーン価格と評価レビュー

4位 Galaxy M23 5G

Galaxy M23 5G

Galaxy M23 5Gの実売価格:40,000円

全ての格安SIMに対応

性能:2022年4月発売、6.6インチ(120Hz)、Snapdragon 750G、RAM6GB、ROM128GB、カメラ5000万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素(F値2.4)、前面カメラ800万画素(F値2.2)、重さ198グラム、電池容量5000mAh、Android 12

防水 ☓ | おサイフケータイ ☓ (NFC対応) | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓ | デュアルSIM ◯

Galaxy M23 5G評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能 4.0
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.0
軽さ 3.0

Galaxy初のSIMフリースマホです。

大画面で電池持ちも良く、Snapdragon 750GとRAM6GBの組み合わせで性能も良いです。Galaxyスマホなのでカメラの実性能も期待できます。

防水とおサイフケータイが不要な場合におすすめです。格安SIMとのセット販売は今の所ありません。Amazonなどのネットショプで本体のみの購入になります。

Amazon:Galaxy M23 5G

5万円超の高性能な格安スマホ/iPhone

スマホはお金を出せば出すほど高性能になります。

普通程度にスマホを使う場合はそんなに処理能力は必要ないのですが、スマホをたくさん使う場合は処理が重くなったりするので、より高性能なスマホが必要になったりします。

カメラ性能とゲーム性能もスマホの価格に比例して良くなります。綺麗に写真を撮りたい場合やどんなゲームでも快適に遊びたい場合は5万円以上のスマホがおすすめです。

5万円超の格安スマホ/iPhoneのおすすめランキング

  • 1位:iPhone 14/Plus/Pro/Pro Max
  • 2位:Xperia 10 IV
  • 2位:Pixel 6a
  • 3位:iPhone SE 第3世代
  • 4位:iPhone 13/mini
  • 5位:Xiaomi 11T Pro
  • 5位:AQUOS sense7

5万円超でおすすめ1位:iPhone 14/Plus/Pro/Pro Max

iPhone14シリーズ

iPhone14シリーズの価格 (128GB版)
・iPhone14:119,800円
・iPhone14 Plus:134,800円
・iPhone14 Pro:149,800円
・iPhone14 Pro Max:164,800円

全ての格安SIMに対応

共通性能:2022年9月発売(Plusは10月発売)、有機EL、ナノSIM+eSIMx2、前面カメラ1200万画素(F値1.9)

個別性能

iPhone 14
6.1インチ、A15 Bionic、RAM6GB、カメラ1200万画素(F値1.5)+超広角カメラ1200万画素(F値2.4)、重さ172グラム、動画再生時間20時間

iPhone 14 Plus
6.7インチ、A15 Bionic、RAM6GB、カメラ1200万画素(F値1.5)+超広角カメラ1200万画素(F値2.4)、重さ203グラム、動画再生時間26時間

iPhone 14 Pro
6.1インチ(120Hz)、A16 Bionic、RAM8GB、カメラ4800万画素(F値1.78)+超広角カメラ1200万画素(F値2.2)+望遠1200万画素(F値2.8/光学3倍ズーム)、重さ206グラム、動画再生時間23時間

iPhone 14 Pro Max
6.7インチ(120Hz)、A16 Bionic、RAM8GB、カメラ4800万画素(F値1.78)+超広角カメラ1200万画素(F値2.2)+望遠1200万画素(F値2.8/光学3倍ズーム)、重さ240グラム、動画再生時間29時間

防水 ◯ | おサイフケータイ(Apple Pay) ◯ | 指紋認証 ☓ | 顔認証 ◯ (マスクOK) | 5G ◯ | eSIM ◯ | デュアルSIM ◯

iPhone 14など評価(5段階)
処理・ゲーム性能 5.0
カメラ性能 4.5 (14/Plus)
5.0 (14Pro/Max)
画面の大きさ 4.0 (14/Pro)
4.5 (14Plus/ProMax)
電池持ち 4.5 (14/Pro)
5.0 (14Plus/ProMax)
軽さ 4.0 (14)
3.0 (14Plus/Pro)
1.5 (14ProMax)

iPhone14はiPhone13と比較して、GPUのコアが4個から5個に増えたのでゲーム性能が少し向上、電池持ちは5%アップ、カメラ性能は暗いところがより明るく撮れるようになり、RAMも4GBから6GBに増量しました。

iPhone14 Plusは、基本性能はiPhone14と同じですが、6.7インチの大画面になり、本体サイズが大きくなったことから放熱性能がアップして重いゲームをより快適に遊べます。

iPhone14 ProはiPhone14と比べて、最新のA16 Bionic搭載で性能が少しアップ、メインカメラが4800万画素の高画素に大幅アップ、電池持ちは15%アップ、ノッチが小さくなります。

iPhone14 Pro Maxは、基本性能はiPhone14 Proと同じですが、6.7インチの大画面です。

高額ですが、ここまできたらiPhone14 Proがおすすめです。カメラ性能よりも画面の大きさ重視ならiPhone14 Plusです。iPhone14 Pro Maxは重さが240グラムもあるので、使うには覚悟が必要です・・。

iPhone14シリーズは楽天モバイルでも販売しています。

楽天モバイルのiPhone14/Pro/Plusのキャンペーン価格と在庫情報。結構安く使える

5万円超でおすすめ2位:Xperia 10 IV

Xperia 10 IV

Xperia 10 IVの実売価格:50,000円

全ての格安SIMに対応

性能:2022年7月発売、6.0インチ(有機EL)、Sapdragon 695 5G、RAM6GB、ROM128GB、メインカメラ1200万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.2)+望遠800万画素(光学2倍ズーム、F値2.2)、前面カメラ800万画素(F値2.2)、重さ161グラム、電池容量5000mAh、Android 12

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ☓ | 5G ◯ | eSIM ☓ | デュアルSIM ◯

Xperia 10 IV評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能(推定) 3.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 5.0
軽さ 5.0

重さが161グラムで軽いのに、5000mAhの大容量電池を搭載しています。軽くて電池持ちがすごく良いのが特徴です。

IIJmioのスマホ大特価セールでは、乗り換えならXperia 10 IVが29,800円です(SIMの契約が必要)。2023年1月11日までのキャンペーンセールです。

IIJmioのXperia 10 IVの詳細と申し込み

IIJmio実質価格:32,433円
(本体価格29,800円+事務手数料2,200円+SIM発行手数料433円)

5万円超でおすすめ2位:Pixel 6a

Pixel6a

Pixel 6aの実売価格:53,900円

全ての格安SIMに対応

性能:2022年7月発売、6.1インチ(有機EL)、Google Tensor、RAM6GB、ROM128GB、カメラ1220万画素(F値1.7)+超広角1200万画素(F値2.2)、前面カメラ800万画素(F値2.0)、重さ178グラム、電池容量4410mAh、Android 12

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ☓ | 5G ◯ | eSIM ◯ | デュアルSIM ◯

Pixel 6a評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
4.5(発熱時)
カメラ性能 4.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.5
3.5(発熱時)
軽さ 4.0

2022年7月28日発売のGoogleの超高性能コスパ機種です。

Google Tensor搭載で、旧機種のPixel 5a (5G)と比べて処理能力は約2倍、ゲーム性能は3倍に大幅アップです。

OCNモバイルONEの端末セールでは、Pixel 6aが29,480円です(SIMの契約が必要)。2022年12月26日までのキャンペーンです。

OCNモバイルONEのPixel 6aの詳細と申込み

OCN実質価格:33,213円
(セール価格29,480円+初期費用3,733円)

※ OCNモバイルONEの公式サイトの「中古スマートフォン」からGoogle Pixel6aを購入できます(在庫切れに注意)

Pixel6aの実機レビューとおすすめの格安SIMまとめ、発熱注意

5万円超でおすすめ3位:iPhone SE 第3世代

iPhone SE3

iPhone SE 第3世代の実売価格
・ROM64GB版:62,800円
・ROM128GB版:69,800円
・ROM256GB版:84,800円

全ての格安SIMに対応

性能:2022年3月発売、4.7インチ、Apple A15 Bionic、RAM4GB、ROM64/128GB/256GB、カメラ1200万画素(F値1.8)、前面カメラ700万画素(F値2.2)、重さ144グラム、動画再生時間15時間

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ (Apple Pay) | 指紋認証 ◯ (前面) | 顔認証 ☓ | 5G ◯ | eSIM ◯ | デュアルSIM ◯

iPhone SE3評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能 3.5
画面の大きさ 2.5
電池持ち 3.0
軽さ 5.0

外見はiPhone8やiPhoneSE第2世代と同じですが、中身はiPhone13シリーズと同じA15 Bionicを搭載した超高性能スマホです。性能的に6年くらい使えます。

同じような大きさと重さで、iPhone 13 miniのほうが電池持ちが15%アップ、画面は4.7インチから5.4インチにアップ、13 miniは有機EL搭載で発色が良い、カメラ性能も13 miniのほうが良いです。

ただしiPhone 13 mini は99,800円もします。手軽にiPhoneを使いたい場合は、iPhone SE 第3世代がおすすめです。

楽天モバイルのiPhone SE 第3世代の詳細と申し込み

楽天モバイルのiPhone SE3 第3世代の最新の在庫・入荷・キャンペーン情報

5万円超でおすすめ4位:iPhone 13 / 13mini

iPhone13と13mini

iPhone13シリーズの価格 (128GB版)
・iPhone13:107,800円
・iPhone13 mini:92,800円

全ての格安SIMに対応

共通性能:2021年9月発売、Apple A15 Bionic、RAM4GB、有機EL、カメラ1200万画素(F値1.6 / 1.7um)+超広角カメラ1200万画素(F値2.4)、前面カメラ1200万画素(F値2.2)、ナノSIM+eSIMx2

個別性能
iPhone 13:6.1インチ、重さ173グラム、動画再生時間19時間
iPhone 13 mini:5.4インチ、重さ140グラム、動画再生時間17時間

防水 ◯ | おサイフケータイ(Apple Pay) ◯ | 指紋認証 ☓ | 顔認証 ◯ (マスクOK) | 5G ◯ | eSIM ◯ | デュアルSIM ◯

iPhone 13/mini評価(5段階)
処理・ゲーム性能 5.0
カメラ性能 4.5
画面の大きさ 4.0 (13)
3.0 (13mini)
電池持ち 4.0 (13)
3.5 (13mini)
軽さ 4.0 (13)
5.0 (13mini)

iPhone12シリーズよりもカメラ性能が少しアップして、電池持ちがざっくり15%くらいアップしました。暗いところでもよりキレイに撮れるようになっています。性能的に6年くらい使えます。

電池持ちとカメラ性能を最重視する場合は、iPhone13シリーズがおすすめです。楽天モバイルでも販売しています。

楽天モバイルのおすすめ機種ランキングと性能評価

5万円超でおすすめ2位:Xiaomi 11T Pro

Xiaomi 11T Pro

Xiaomi 11T Proの実売価格:69,800円

全ての格安SIMに対応

性能:2021年11月発売、6.67インチ(有機EL、120Hz、Gorilla Glass Victus)、Snapdragon 888、RAM8GB、ROM128GB、カメラ1億800万画素(F値1.75)+超広角800万画素(F値2.2)+テレマクロ500万画素、前面カメラ1600万画素(F値2.45)、重さ204グラム、電池容量5000mAh、Android 12へアップデート可

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓ | デュアルSIM ◯

Xiaomi 11T Pro評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能 4.0
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.0 (60Hz)
3.0 (120Hz)
軽さ 3.0

高性能なAndroidスマホを検討している場合に、スナドラ888のハイエンドで比較的安いXiaomi 11T Proがおすすめです。

IIJmioのスマホ大特価セールでは、乗り換えならXiaomi 11T Proが48,620円です(SIMの契約が必要)。2023年1月31日までのキャンペーンセールです。

IIJmioのXiaomi 11T Proの詳細と申し込み

IIJmio実質価格:51,253円
(本体価格48,620円+事務手数料2,200円+SIM発行手数料433円)

Xiaomi 11T Proのスペック・キャンペーン・実機レビュー、超高速充電で17分で満充電

5万円超でおすすめ5位:AQUOS sense7

AQUOS sense7

AQUOS sense7の実売価格:49,980円〜59,500円

全ての格安SIMに対応

性能:2022年11月発売、6.1インチ(有機EL)、Snapdragon 695 5G、RAM6GB、ROM128GB、メインカメラ5030万画素(F値1.9)+超広角800万画素、前面カメラ800万画素(F値2.0)、重さ158グラム、電池容量4570mAh、耐衝撃、Android 12

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ (マスクOK) | 5G ◯ | eSIM ◯ | デュアルSIM ◯

AQUOS sense7評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能 3.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.5
軽さ 5.0

AQUOS sense7はハイエンド並みに進化したカメラですが、実機レビューで実際に写真を撮ってみたら、ハイエンドには程遠い画質になりました・・。

楽天モバイルでは49,980円で販売していますが、楽天モバイルの回線とセットで契約すると最大10,000ポイントがもらえます。

楽天モバイルのAQUOS sense7の詳細と申し込み

楽天モバイル実質価格:39,980円
(本体価格49,980円+事務手数料無料ー8,000ptーエントリーで2,000pt)

どのスマホが高性能?一番重要なCPUを把握する

スマホの性能で一番重要なのはCPUです。CPUが高性能なほどスマホがサクサク動きます。

どのCPUが高性能か知らない人が多いと思うので、下記にざっくりとした性能表を載せておくので参考にしてみてください。

2022年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:870、888、8 Gen1、8+ Gen1
Google:Tensor、Tensor G2
iPhone:12シリーズ、SE 第3世代、13シリーズ、14、14Plus、14Pro、14Pro Max
高性能
Snapdragon:845、778G、780G、855、860、865
MediaTek:Dimensity 1200-Ultra(スナドラ865くらい)
Galaxy:Exynos1280(スナドラ845くらい)
iPhone:XR、XS、XS Max、SE 第2世代、11シリーズ
比較的高性能
Snapdragon:480、730、730G、690 5G、720G、732G、750G、695 5G、765G、835
MediaTek:Dimensity 700(スナドラ480くらい)、800U、Helio G99(スナドラ695くらい)
iPhone:8、X
普通性能
Snapdragon:662、665、660、820、670、675、680、710
MediaTek:Helio G85
iPhone:7
低性能
Snapdragon:630、632、650、636
MediaTek:Helio G35、G37
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE 第1世代
最底辺
Snapdragon:450、625、439、460
MediaTek:Helio P35
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6

※ 右に行くほど高性能 (Snapdragon 480から732Gまではほとんど同性能)

一般的な使い方なら比較的高性能を選びます。これで十分動きます。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

おすすめしない機種

OPPO A77

OPPO A77の実売価格:22,500円

全ての格安SIMに対応

性能:2022年10月発売、6.5インチ(低解像度)、MediaTek Helio G35、RAM4GB、ROM128GB、メインカメラ5000万画素(F値1.8)+深度200万画素、前面カメラ800万画素(F値2.0)、重さ187グラム、電池容量5000mAh、Android 12、デュアルスピーカー

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ☓ | eSIM ☓ | デュアルSIM ◯

OPPO A77評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 2.0
カメラ性能(推定) 3.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 5.0
軽さ 3.5

MediaTek Helio G35というCPUを搭載していて、性能がかなり低いです。2022年10月発売機種なのに2019年のエントリーモデルのような性能です。

安いですが買わない方が良いです。安物買いの銭失いです。

以前売られていた格安スマホ

昔紹介していた格安スマホの跡地に、以前売れていたスマホを簡単に紹介しています。

今でもそこそこの人気を維持しているスマホもありますが、基本的には今から選ぶスマホではありません。こんなのもあったんだくらいです。

格安SIMの管理人の画像
書いた人

2015年3月から格安SIMの比較サイトを運営しています。

1人で地道にこつこつ運営していたら、累計訪問者数は約2800万人で約9700万ページビューになりました(2022年10月時点)

これからも格安SIMと格安スマホの情報をできるだけ詳しくお届けします!

最終更新日 2022年12月1日 / 作成日 2015年3月18日
4.4 28
この記事は参考になった/良かった
※注:口コミやコメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミ

購読する
通知する
guest

151 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
ライト
ライト
2022年8月17日 1:09 PM

いつも有益な情報ありがとうございます。
スマホ単体で購入について。
数年前からPixel使ってますが、5万程度ではやはりPixelが一番でしょうか?
数日スマホ調査して、OPPO Reno7 A、Xiaomi 11T Pro、Pixel6aあたりが良さそうかなと思いました。

泣きの77です
泣きの77です
2022年8月13日 6:39 PM

1年半前よりお世話になっております。この記事を参考にしてdocomsense4を購入しましたが、1年1ヶ月で充電(基板故障)が不可となり修理代29800円請求されました。スマホの故障率は高いと噂されていますが、実情はどうでしょうか?
代替機種は、軽い小さい故障が少ないを目途に検討していますが、
4万円以下でお薦めはあるでしょうか?
sense6.Mi11liteは候補です。1〜3年で買い替えとはエゲツないと思いますが

たらけ
たらけ
  泣きの77です
2022年8月14日 3:37 AM

おすすめ機種に関しては,管理人様の種々の記事をご覧いただくのが一番かと存じますが,AQUOSsense4とMi11Lite5gを所有しておりますので,何かのお役に立てばと思い記しております。
AQUOSsense4の故障についてはとても残念に思います。少し遅れて発売されたAQUOSsense5Gは不良率の高さがよく話題に上っていましたが,sense4については私も所有していますので注視したものの,聞いたことはありませんでした。
Mi11Lite5gについては,当該機種を扱った管理人様のレビュー記事のコメント欄に私の体験談や雑感がございますので,ご覧いただければ幸いです。
あと両機種所有している者からすると,Mi11Lite5gはバッテリー持ちが良くないです。体感ですが,5分ほど真剣に触っただけで(ゲームではない)すぐ数%減る印象があります。
AQUOSsense4は2日保たせることは可能ですが,Mi11Lite5gはせいぜい1日です。バッテリー容量は大差ないものの(前者は4570mA,後者は4250mA),CPUの消費電力やディスプレイの大きさの差などが影響していると考えています。
CPUの差もAntutuベンチマークスコアがよく言われますが,ライトユーザーである私の使用感ではそこまでの差はないです。もちろんMi11Lite5gの方がキビキビ動くとは思いますが。
個人的には,AQUOSsense4の使用感に満足されておられたなら,同種の性質を引き継ぎなおかつ軽いAQUOSsense6がよろしいのではないかと思いますけど,当機の画面内指紋認証の精度のイマイチさがよく話題に上っており,ネックに感じられるかもしれません。

泣きの77です
泣きの77です
  たらけ
2022年8月15日 9:57 AM

ありがとうございます。選択肢が沢山あり迷っていましたが
AQUOSsense6,20年余使用したdocomo から格安通信へ切替
方向で進めます。

れん
れん
2022年7月27日 4:31 AM

お久しぶりです

UQ版でも以前のR17NEOがMVNO扱い時代で
4、7ありましたけど今はMNOです
なので海外バンドは潰されてて
利用できないと考えてます
実際auの対応周波数には載ってませんし
はっきりメーカー別一覧のすぐ下には実装と明記されてます
https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock/compatible_network/

とりあえず意見として報告させて頂きますね

のん
のん
2022年7月25日 10:47 PM

前回購入のときも参考にさせていただきました。有益な記事をありがとうございます!
カメラ性能重視したいのですが、6万超えるスマホを買うほどじゃない場合は、OPPO Reno5 Aが一番おすすめでしょうか?これ以上のカメラ性能を求めると、やっぱりiPhone(10万超。。)になってしまうんですかね?

のん
のん
  格安SIMの管理人
2022年7月28日 11:28 PM

3-4年で買い換える気がするスマホに10万はお高く感じちゃいますね…
OPPOかPixel6Aで考えようかと思います。ありがとうございます!

かず
かず
2022年7月11日 10:42 AM
この記事は参考になった/良かった :
     

こんにちは
いつも楽しく読ませて頂いております
通話機能付きのタブレット情報があると嬉しいです
そろそろ買い換えようかと思って読ませて頂いたら
更新が止まってるようでしたので

はなさ
はなさ
  格安SIMの管理人
2022年7月28日 5:29 PM

iPad miniって、通話できないのでしょうか?

りん
りん
2022年6月26日 5:57 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

こんにちは。スマホがほしいですが、親が反対している中学生1年生です。
親は「スマホは高いからまだだめ!」の一点張りです。
周りは私以外みんな持っていて一人ぼっちのような気分です。
周りはみんなLINEを交換して彼氏も作っています。
この記事を見て、安いスマホがこんなにあるんだとわかったので親に言ってみます!
(このコメントは家のパソコンでやってます)

通りすがり
通りすがり
  りん
2022年6月26日 8:06 PM

まず、親御さんが持たせてくれない理由は端末や、料金プランの事で金銭的な面、それさえクリアすれば持たせてくれるのでしょうか?
そうなら、端末は自分の貯金で用意して月々の支払い、千円程度出してくれるよう説得してみて下さい。
因みにiphoneの値段は当然ご存知ですよね?こだわりが無ければ安いAndroidにした方が、導入コストは低いです。
私も家庭持ちですが、iphoneの値段なんかを気にもしないガキどもが片手で振り回すように扱ってると失神しそうです。

話が逸れましたが、金銭面以外にダメな理由があるならとことん親子で話し合って下さい。昨今携帯絡みでクソみたいな事件に巻き込まれてる子がいるのは事実です。きっと心配も反対理由にあるのかもしれません。

貴方が色々調べてリテラシーを上げて安全に、親御さんも安心できる運用が出来るよう祈ってます。

匿名
匿名
  りん
2022年6月28日 1:50 PM

スマホが高いのは確かに一つの事実です。
でもそれは多くの人が大手3キャリアに言われるままに高い料金を払っているといるという側面があります。
携帯料金値下げが一時期話題になりましたよね。
あれはYmobile,UQ,ahamo,povo,LINEMO,楽天,その他等に自主的に乗換えしないと基本的に恩恵を受けることが出来ません。家電量販店のiPhoneバラマキの原資がどこから来ているのか考えてみると面白いかもしれません。
このサイトにたどり着いている時点で大きな一歩ですよ。私自身もっと早く知っておきたかったと後悔しているぐらいですから。
良い結果となりますようお祈りしています。

豪腕幹事長
豪腕幹事長
2022年6月3日 2:44 AM

Pixel 6a、遂に3.5mmイヤホンジャックが無くなったんですね。
実験的に買った5aに結局馴染めなくて半年で売っぱらったんですが、
惜しいことをしたかも知れません。

りん
りん
  豪腕幹事長
2022年6月26日 5:56 PM

わかるぅー

う〜ん
う〜ん
  豪腕幹事長
2022年7月27日 4:15 PM

SDカード,イヤホンジャック,同梱物廃止は流れだからやむを得ないですね。
むしろ今の為替レートに関わらず価格を据え置いた事に非常に驚きを感じます。

名無し
名無し
2022年4月7日 4:29 PM

ギャラクシーがSIMフリー機出しますね。
スナドラ750を積んで、アマゾンで4万で買えるらしいので、格安スマホ市場の目玉になるのではないでしょうか。
ocnでも出してくれたらいいな。

りやな
りやな
  格安SIMの管理人
2022年3月13日 10:15 AM

すでにiPhone SEを買う理由は無くなってきてますね。
買うなら12miniか13miniでしょう。

J
J
  格安SIMの管理人
2022年3月13日 5:06 PM

redmi note 11のSnapdragon 680はCPU性能表でどの位置でしょうか?

豪腕幹事長
豪腕幹事長
  格安SIMの管理人
2022年3月18日 2:06 AM

ホント、SE3の価格設定は、これなら少し上乗せして上位機種を買おうかな?と思わせるような陰謀論すら感じますw
実際、SE3を買うつもりでいましたが、蓋を開けたらこのザマなので、最後のminiになるらしい13miniを買おうかと思案中、まんまとAppleの策略に嵌められそうな状況です。

けけ
けけ
2022年1月16日 9:25 AM

とてもお世話になりましたありがとう

玉井
玉井
2022年1月11日 9:06 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

いつもお世話になっております。
Zfold3の折り畳みスマホはどんな感じでしょうか。
使用する機会がありましたら更新お願いします。

奈良県在住
奈良県在住
  玉井
2022年1月17日 8:52 AM

Galaxy Z Flip3を使っている人に見せてもらいました。
マホから機種変更した人ですが、すごく満足しています。谷折りなので全画面にするとやはり違和感はあるものの、なれれば気にならないそうです。女性ですので服のポケットではなくバッグなどに入れますので、コンパクト感覚でしょうか、おしゃれでよさげでした。
私個人的には機能はともかく、高いし思ったよりごっつくて重く感じたので、現時点では検討しません。

K
K
2021年12月1日 4:53 PM

発売になったばかりのドコモの格安arrows we、garaxy A 22 5G
とりあえずドコモの5GのSIMが欲しいのでどちらかを購入したいのですが、ゲームはしなくてバッテリー持ちと音量重視、不具合の少なさならどちらがオススメですか?

「格安スマホおすすめ機種ランキングと性能比較【2022年12月】」をシェアしてくださいm(_ _)m
コメント