月2000円台以上の格安SIM18社のおすすめランキング(スマホ用の格安プラン)

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (9) / 関連:各種おすすめランキング(12)

スマホをよく使う人は、月2000円台以上の格安SIMがおすすめです。

月2000円台以上の格安プランならギガをたくさん使えます。家にWiFiなどのインターネット環境がない場合や、外でもたくさんスマホを使う人におすすめです。

月2000円台以上の格安SIMのおすすめランキング

基本的に月額料金が高いほど、月に使える高速データ通信のギガ数が多くなります。

6割くらいの人は1GB〜20GB使える月1000円台のスマホの格安プラン、残りの4割は10GB〜無制限で使える月2000円台以上の格安プランを契約しています。

月2000円台以上の格安SIMで一番重要なのは通信速度です。次には月額料金、データ量、通話オプション、キャンペーンも重要です。

選ぶポイントを説明した後に、月2000円台以上でおすすめの格安SIM、サブブランド、大手キャリアの格安プランをおすすめ順に紹介します。

料金別のスマホの格安プランの選び方

月2000円台以上のスマホ用の格安プランを選ぶポイント

格安プランによって速度が違う

格安プランのホームページには、通信速度は最大788Mbpsと記載されていても、実際の速度は数Mbps程度の場合があります。格安プランによって、実際の速度が大幅に異なります。

そのため格安SIMの管理人は格安SIMを30以上契約して、毎日リアルタイムで速度計測を行っています。

2021年7月版の格安SIMの速度ランキング

速い
普通
遅い
  • 7位 LINEモバイルのau回線、OCNモバイルONEの旧コース
  • 圏外 nuroモバイルのドコモ回線、TONEモバイル、楽天モバイルのスーパーホーダイ、楽天モバイルの組み合わせプラン(CO/JP)、ロケットモバイルの神プラン

最新の速度ランキングの詳細を読む

データをあまり使わない場合は、速度はそんなに重視する必要はありませんが、月2000円台以上の格安SIMを検討している場合は、速度を最重視することをおすすめします。

データ通信専用プランに少し注意

格安プランにはスマホ用のプランと、データ通信専用のプランの2つがあります。

データ通信専用プラン料金が安いですが電話ができません。データ通信専用プランはLTE対応のタブレット、モバイルルータ等で使うプランです。

スマホの場合は、スマホ用の料金プランを選ぶ必要があります。

※ データ通信専用プランは、eSIM対応iPhoneやDSDV対応のAndroidスマホでデータ通信専用SIMとしても使えます(スマホの中級者以上の人向け)。

通話料金が安くなる通話オプション

格安プランの中には、10分かけ放題や、時間無制限のかけ放題、毎月一定の無料通話がもらえる通話オプションなどがあります。

電話をそこそこする場合は、格安プランの通話料金を節約する方法を参考にしてみてください。

この他にも、月額料金、選べるデータ量の数、キャンペーンのお得度も評価ポイントですが、それら全てを総合的に評価して、下記におすすめ順にランキングしています。

月2000円台以上のスマホ用の格安プランのおすすめランキング

※ 繰越:余ったデータを翌月に繰り越せる機能

No.1:povo2.0

povo2.0料金有効期限月平均速度
20GB2,700円30日間月20GBが月2,700円
60GB6,490円90日間月20GBが月2,163円
150GB12,980円150日間月25GBが月2,163円
データ使い放題330円24時間
DAZN使い放題760円7日間
smash.使い放題220円24時間

通話オプション:月550円で5分かけ放題。超過後30秒22円。月1650円で24時間かけ放題

その他の特徴:データをチャージ、または使い放題を追加すると高速データ通信で快適に使える。330円で1日だけデータ消費なしでデータ使い放題。au回線

povoのデメリットとメリットを徹底解説

No.2:楽天モバイル

楽天モバイルデータ量繰越速度
月2178円3GB超〜20GB以下◎〜◯
月3278円20GB超〜無制限

通話オプション:楽天リンクで国内通話が無料で24時間かけ放題

その他の特徴:月額料金が3ヶ月無料。使ったデータ量に応じて料金が変わる段階制。パートナーエリアは月5GBを超えると1Mbpsに制限。奥まった場所等で圏外になる可能性あり(満足度8割程度の使い勝手)。楽天回線

楽天モバイルのデメリットとメリットを徹底解説

楽天モバイルの公式サイト

[2021年] 楽天モバイルのキャンペーンとおすすめ機種ランキング

楽天モバイルでは月3278円のギガ使い放題が3ヶ月無料で使えるキャンペーンを行っています。

楽天モバイルなら事務手数料3300円も無料、SIMのみの申込みなら最大20,000ポイント、端末とセットだと最大25,000ポイントの楽天ポイントがもらえます。

  • SIM/eSIMのみで新規:5,000ポイント
  • SIM/eSIMのみで乗換:20,000ポイント
  • Androidスマホとセット:最大25,000ポイント
  • iPhoneとセット:最大20,000ポイント

キャンペーン終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

No.2:UQ mobile

UQモバイル月額料金データ量繰越速度
プランM月2728円15GB
プランM+自宅セット割月2090円
プランL月3828円25GB
プランL+自宅セット割月2970円

通話オプション:月550円で月60分まで無料通話、月770円で10分かけ放題。超過後30秒22円。月1870円で24時間かけ放題

その他の特徴:低速1Mbps。節約モードでデータ消費なしにネットが使える。auひかり、JCOM、BIGLOBEひかり、UQでんき、auでんき契約者なら自宅セット割適用。au回線

UQモバイルのデメリットとメリットを徹底解説

UQ mobileの公式サイト

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックの詳細、最大1万3000円のキャッシュバック、または端末割引

UQモバイルを申し込むと、SIMのみの場合は最大1万3000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。iPhoneや格安スマホとセットで申し込むとキャシュバックの代わりに割引価格で端末が買えます。

UQモバイルは速度が超速いので、いつでも快適にスマホが使えます。
UQモバイルのキャンペーンの詳細 / UQモバイルの格安スマホのおすすめランキング

No.2:ワイモバイル

ワイモバイルデータ量繰越速度
1回線目2回線目以降
月3278円月2090円15GB
月4158円月2970円25GB

通話オプション:月770円で10分かけ放題。超過後30秒22円。月1870円で24時間かけ放題

その他の特徴:低速1Mbps。Yahooショッピングでお得に買物ができる。ソフトバンク光契約だと1回線目が月1188円引き。ソフトバンク回線

ワイモバイルのデメリットとメリットを徹底解説

ワイモバイルの公式サイト

No.3:ahamo

ahamoデータ量繰越速度
月2970円20GB

通話オプション:無料で5分かけ放題で超過後30秒22円。月1100円で24時間かけ放題

その他の特徴:家族でドコモを契約している場合に最適。海外でも追加料金無しでネットが使える。オンライン契約専用プラン。ドコモ回線

ahamoのデメリットとメリットを徹底解説

ahamoの公式サイト

No.4:LINEMO

LINEMOデータ量繰越速度
月2728円20GB

通話オプション:月550円で5分かけ放題で超過後30秒22円(1年間5分かけ放題が無料)。月1650円で24時間かけ放題

その他の特徴:LINEアプリがデータ消費なし。700万種類以上のLINEスタンプが無料。オンライン契約専用プラン。ソフトバンク回線

LINEMOのデメリットとメリットを徹底解説

No.5:LIBMO

LIBMOデータ量繰越速度
月1991円20GB
月2728円30GB

通話オプション:月935円で10分かけ放題で超過後30秒11円

その他の特徴:20GBと30GBプランが最安。ドコモ回線

LIBMOのデメリットとメリットを徹底解説

LIBMOの公式サイト

スマホの20GBプラン比較

スマホの20GBプラン比較:LIBMOが最安で余ったデータの繰越可で最安30GB

No.5:IIJmio

IIJmioデータ量繰越速度
月1848円15GB△ドコモ回線
◯au回線
月2068円20GB

通話オプション:月660円で3分かけ放題、月935円で10分かけ放題。超過後30秒11円。同名義で複数回線契約すると回線間の無料通話時間がそれぞれ10分と30分に増量

その他の特徴:家族で契約するとデータシェアとデータプレゼントが使える。ドコモ回線とau回線

IIJmioのデメリットとメリットを徹底解説

IIJmioのキャンペーンを徹底解説、初期費用1円+乗り換えなら格安スマホが大幅割引

IIJmioなら初期費用3300円が1円、3ヶ月1GB増量、他社からMNPで乗り換えなら格安スマホとiPhone 11、SE 第2世代、8が大幅割引で買えるキャンペーンを行っています。

2021年11月30日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

No.5:日本通信SIM

日本通信SIMデータ量繰越速度
月2178円20GB◯〜△

通話オプション:毎月70分の無料通話で超過後30秒11円

その他の特徴:業績がすごく悪いけど、なんとか生き延びそう?ドコモ回線

日本通信SIMのデメリットとメリットを徹底解説

No.5:nuroモバイル

nuroモバイルデータ量繰越速度
月2699円20GB◯?(未計測)

通話オプション:月880円で10分かけ放題。超過後30秒11円

その他の特徴:LINE、Twitter、インスタグラムがデータ消費なしに使える。低速1Mbps。高速データ通信は大手キャリア並みの速度を目指しているみたいですが、このサイトでは速度未計測。ドコモ回線

nuroモバイルのデメリットとメリットを徹底解説

No.5:donedone

donedoneデータ量繰越速度
月2728円50GB△?(未計測)

通話オプション:30秒22円。かけ放題オプション無し

その他の特徴:ベーシックUプランなら最大3Mbpsで月50GBが使える。低速1Mbps。au回線。(カスタムUプランは使い勝手が難しいので無視)

No.6:mineo

mineoデータ量繰越速度
月1958円10GB
月2178円20GB

通話オプション:月935円で10分かけ放題で超過後30秒11円

その他の特徴:データ消費なしで無制限に使える1.5Mbpsに切替可、条件クリアで夜間ギガ使い放題、複数契約で1回線ごとに月55円引き、パケットギフトとパケットシェアなど複数人で使うのに便利な機能あり。ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線

mineoのデメリットとメリットを徹底解説

No.6:LinksMate

LinksMateデータ量繰越速度
月1870円10GB
月2090円12GB
月2310円14GB
月2530円16GB
月2750円18GB
月2970円20GB
20GBを超えるプランもありますが省略

通話オプション:月935円で10分かけ放題で超過後30秒11円

その他の特徴:月550円でAbemaTV、ニコニコ動画、Twitter、インスタグラム、Facebook、多数のゲームアプリがデータ消費ほとんど無しで使い放題。スマホゲーム特典が毎月もらえる。送料1100円、解約時にプラン解約手数料が3300円。ドコモ回線

LinksMateのデメリットとメリットを徹底解説

No.6:イオンモバイル

イオンモバイルデータ量繰越速度
月2068円14GB△ドコモ回線
◯au回線
月2178円20GB

通話オプション:月935円で10分かけ放題で超過後30秒11円

その他の特徴:イオンの大型店舗で契約できる。ネットだと送料がかかる。ドコモ回線とau回線

イオンモバイルのデメリットとメリットを徹底解説

おすすめではない格安プラン(主に割高)

エキサイトモバイル

エキサイトデータ量繰越速度
月1650円12GB△ドコモ回線
◯au回線
月2068円20GB
月2970円25GB
月4400円30GB

IIJmioの劣化版。段階制もありますが、エキサイトモバイルの段階制は3GBを超えると割高になるので無視

エキサイトモバイルのデメリットとメリットを徹底解説

QTモバイル

QTモバイルデータ量繰越速度
月1980円10GB
月2200円20GB
月3300円30GB

IIJmioの劣化版。8000円キャッシュバックだけと料金プランが少し割高なので無視

QTモバイルのデメリットとメリットを徹底解説

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルデータ量繰越速度
1回線目2回線目以降
月3740円月3520円12GB◯ドコモ回線
△au回線
月5720円月5500円20GB

大容量プランが割高すぎて話にならない

BIGLOBEモバイルのデメリットとメリットを徹底解説

JCOMモバイル

JCOMモバイルデータ量繰越速度
月2178円(1年間は月1738円)10GB◯〜△
月2728円(1年間は月2178円)20GB

悪くないけどpovo2.0の劣化版なので出る幕なし

JCOMモバイルのデメリットとメリットを徹底解説

ほとんど誰も選ばない月2000円台以上の料金プラン

上記の格安SIM以外にも月2000円以上の通話SIMがいくつもありますが、ほとんど誰も選んでいないです・・。料金プランを抜粋してもあまり意味がないので列挙だけしておきます。

料金別や家族向けのスマホの格安プランを選ぶポイント

格安SIMの管理人の画像
書いた人

2015年3月から格安SIMの比較サイトを運営しています。

1人で地道にこつこつ運営していたら、累計訪問者数は約2600万人で約9000万ページビューになりました(2021年8月時点)

これからも格安SIMと格安スマホの情報をできるだけ詳しくお届けします!

最終更新日 2021年11月15日 / 作成日 2015年3月22日
0 0
この記事は参考になった/良かった
※注:コメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミやコメントをする

購読する
通知する
guest
9 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
けん
けん
  格安SIMの管理人
2021年11月16日 12:48 AM

ドネドネは電子書籍

きむ
きむ
2021年2月5日 2:05 AM

いつも拝見しています。サイトの運営有難うございます。

以下組合せで3台スマホを利用していますが、4月に楽天モバイルの
無料1年期間が終わるのでプラン変更を検討しています。
\3,680/月
①iPhone12 mini・・・毎月6G程度利用
 物理SIM:YモバベーシックM(メイン音声)
②iPhoneSE2世代・・・毎月4G程度利用
 物理SIM:楽天UNLIMIT(データ通信のみ)
③Reno A・・・毎月4G程度利用
 物理SIM:楽天UNLIMIT(メイン音声)

4月以降に変更を検討しているプラン↓
¥2,940/月
①iPhone12 mini
 物理SIM:FUJI WiFI SB10G(データ通信のみ)
 eSIM:楽天UNLIMIT(メイン音声回線をMNP:電話発着信用)
②iPhoneSE2世代
 物理SIM:FUJI WiFI SB10G(データ通信のみ)
③Reno A
 物理SIM1:楽天モバイル(メイン音声)
 物理SIM2:FUJI WiFI SB10G(データ通信のみ)

⇒このサイトを参考にして色々考えて、コスパが一番安く速度が速めな
 プランになりそうと思っています。
 しかし、管理人さんがおっしゃっているFUJI WiFi+楽天モバイルの
 組み合わせで「iPhoneの動作が不安定」とのコメントが気になっており、
 踏み切れません。

¥3,470/月
①iPhone12 mini
 物理SIM:YモバシンプルM親回線(メイン音声)
 eSIM:楽天UNLIMIT(サブ回線:無料電話発信用)
②iPhoneSE2世代
 物理SIM:YモバシンプルMシェア子回線(データ通信のみ)
③Reno A
 物理SIM1:楽天モバイル(メイン音声)
 物理SIM2:YモバシンプルMシェア子回線(データ通信のみ)

⇒最安ではありませんが、2月中旬からデータ容量が15Gに増量されており
 なんとか容量がおさまりそう。
 iPhone12で物理Yモバ+eSIM楽天の組み合わせにおける動作の安定性って
 案1よりもマシでしょうか。ほぼ同等でしょうかね,,,

ご意見いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

きむ
きむ
  格安SIMの管理人
2021年2月9日 7:22 PM

管理人

ご多忙にもかかわらず、ご意見を有難うございます。
こまらせる質問ですみませんでした,,,

結局のところ、iPhoneが公式のサポート機種になるまでは自己責任でしかないですもんね。

楽天モバイルにMNPするにはリスクが高すぎるので、当面は
【iPhone12 mini】
・物理SIM:YモバシンプルM親回線(メイン音声)
・eSIM:楽天UNLIMIT(サブ回線:無料電話発信用)

の構成をメインにして様子見しようと思います。

わしワシ
わしワシ
2021年1月18日 4:24 PM

まさに私がこの4番にあたるfujiwifi50GBと、OCN1GBを使ってます。
さて、現行通りで行くか、UQの15GBか25GBに移って、低速モードをうまく活用するか…
確かUQは、tryUQとかいうのがあったから、試しにsim借りて自分の行動範囲で支障がないかやってみようかな?

わしワシ
わしワシ
  格安SIMの管理人
2021年1月23日 6:26 AM

管理人さま、お返事ありがとうございます。私は最近結構30-40GB使ったりするようになってきてるので、数百円とを低速切り替え頑張る労力をはかりにかけたら、現状維持が良さそうですね。
あと、私は某・地域にあるすべてのおうちに毎日伺う系の仕事の上、秘境の温泉とかも行くので、やはりドコモ網にさばりついておくのが無難ですね…

「月2000円台以上の格安SIM18社のおすすめランキング(スマホ用の格安プラン)」をシェアしてくださいm(_ _)m
コメント