ワイモバイルのキャンペーン特典を徹底解説、いい買物の日、5の付く日、PayPay利用がお得&おすすめの格安スマホとiPhone

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

ここではワイモバイルのキャンペーン特典を徹底的に解説します。

重要なのは4つです。

①ワイモバイルには2つのオンラインストアがあり特典が異なる
②ソフトバンク以外の人はワイモバイルは5の付く日に申し込む
③PayPayを利用する
④ネットの買い物はできるだけヤフーショッピングを利用する

オンラインで申し込む場合、ソフトバンクの人は事務手数料3000円が無料、ソフトバンク以外の人は事務手数料は3000円かかりますが、最大6000円のPayPayがもらえます。

その他にも家族割や、おうち割、データ増量キャンペーン、そしてワイモバイルで買えるおすすめの格安スマホやiPhoneの選び方を詳しく説明していきます。

ワイモバイルのキャンペーン

ワイモバイルは、(ソフトバンク以外の人は)5の付く日に申し込んだり、PayPayを利用したり、ネットの買い物はできるだけヤフーショッピングにすると、ワイモバイルのお得度は跳ね上がります。

格安SIMの管理人もワイモバイルを契約していますが、ワイモバイルを利用し尽くしてPayPayをたくさんもらっています。

すでにワイモバイルを使っている人はPayPayとヤフーショッピングのお得な使い方を確認してみてください。ワイモバイルは、知らずにただ使っているだけではホント損です!

ワイモバイルの料金プランと評価を実際に使って徹底解説&ソフトバンクからの乗り換え多数

今ソフトバンクを使っている人はこちら↓
ワイモバイルの公式サイト

ソフトバンク以外の人はこちら↓
キャンペーンの詳細と申し込み → ワイモバイルのオンラインストア

ワイモバイルのキャンペーン特典の徹底解説の目次

ワイモバイルの2つのオンラインストアの違い

ワイモバイルを申し込む場合、申し込み方法は実店舗の「ワイモバイルショップ」、もしくはワイモバイルの「オンラインストア」で申し込む方法があります。

ワイモバイルショップでは手数料がかかったり特典などは特にありませんが、オンラインストアなら3000円の手数料が無料になったり、PayPayがもらえたりします。ワイモバイルを申し込む場合は、オンラインストアがお得です。

そしてワイモバイルのオンラインストアは2つあります。一つは公式サイト、もう一つはヤフーが運営しているワイモバイルのオンラインストアです。

どちらで申し込むかで手数料や特典が変わってくるので、まずはその違いを詳しく説明します。

公式サイト:ソフトバンクからの乗り換えはこちらを選ぶ

公式サイトはワイモバイルが直接運営しているオンラインストアです。

公式サイトの特徴は、事務手数料3000円(税込3300円)が無料になることです。

ヤフーのオンラインストアや実店舗のワイモバイルショップだと事務手数料が3000円かかりますが、公式サイトなら事務手数料が無料です。

ワイモバイルの公式サイト

ヤフーのオンラインストアでもらえるPayPayの特典はもらえませんが、そもそもソフトバンクからの乗り換えだとPayPayがもらえないので、事務手数料無料の公式サイトで申し込んだほうがお得です。

LINEモバイルのソフトバンク回線などのソフトバンク系の格安SIMからの乗り換えは公式サイト経由ではできないので注意してください。

公式サイトへの問い合わせは、オンラインチャットのみ受け付けています。電話での問い合わせや、問い合わせフォームでの問い合わせを受け付けていません。

ワイモバイル特典の目次

ヤフーのワイモバイルのオンラインストア:ソフトバンク以外の人はこちらを選ぶ

ヤフーのワイモバイルのオンラインストアは、その名の通りヤフーが運営しているワイモバイルのオンラインストアです。

料金プランなどは公式サイトと全て同じですが、申し込み時の事務手数料ともらえる特典が変わります。

ヤフーのオンラインストアだと事務手数料3000円(税込3300円)がかかりますが、最大6000円相当のPayPay特典がもらえます。

ただし、ソフトバンクからの乗り換えの場合、SIMのみの契約だとPayPayはもらえません。端末セットなら最大5555円相当のPayPayがもらえますが、ソフトバンクからの乗り換えだと機種代金が割高価格になります。

このため、ソフトバンクからの乗り換えの場合は、3000円の事務手数料が無料になる公式サイトで申し込むことを強くオススメします。

ソフトバンク以外の人の場合に、ヤフーのオンラインストアで申し込んでください。

特典の詳細は長くなるので重要:5の付く日に申し込んでPayPayポイントをもらうを参考にしてみてください。

ヤフーのワイモバイルのオンラインストア

今ソフトバンクを使っている人は「公式サイト」、ソフトバンクを使っていない人は「ヤフーのワイモバイルのオンラインストア」で申し込むのがオススメです。

注:ヤフーのオンラインストアならソフトバンク系の格安SIMからでも乗り換える可

公式サイトだとソフトバンク系の格安SIMからの乗り換えは受け付けていませんが、ヤフーのワイモバイルのオンラインストアならソフトバンク系の格安SIMからの乗り換えも受け付けています。

ただし、ヤフーのオンラインストアでも申し込み時の選択肢が少しおかしくなっているので注意してください。

ヤフーのオンラインサイトの問い合わせ電話へ質問したところ、LINEモバイルのソフトバンク回線等、ソフトバンク系の格安SIMの場合も「ドコモ・au・MVNO」を選択するそうです。

ヤフーのオンラインサイトへの問い合わせは、電話(0120-736-025)のみ受け付けています。オンラインチャットや、問い合わせフォームでの問い合わせを受け付けていません。

ワイモバイル特典の目次

重要:5の付く日に申し込んでPayPayポイントをもらう

ヤフーのワイモバイルのオンラインショップで申し込むと最大6000円のPayPayがもらえます。

SIMのみ申し込む場合は最大6000円相当のPayPayポイント

ワイモバイルのSIMカードのみを申し込むと普通の日は3000円相当のPayPayボーナスライト、他社からの乗り換えで5の付く日(5日、15日、25日)にワイモバイルのSIMカードのみを申し込むと、6000円相当のPayPayボーナスライトがもらえます。

※ ソフトバンクとソフトバンク系の格安SIMからの乗り換えの場合はキャンペーン対象外です。

  • キャンペーン内容
  • ワイモバイルのSIMカードのみの申し込み
  • 新規契約、またはMNPでの乗り換え
  • 通常の日に申し込むと3000円相当、5の付く日に他社から乗り換えると6000円相当のPayPayボーナスライト
  • 申込日の翌々月の月末にPayPayボーナスライト付与
  • PayPayボーナスライトの有効期限は付与日から60日間

SIMのみの特典のまとめ

新規契約
・いつでも3000円相当のPayPay

乗り換え
・5の付く日(5日/15日/25日)に申し込み:6000円相当のPayPay
・5の付く日以外に申し込み:3000円相当のPayPay

最大6000円相当のPayPay → ワイモバイルのオンラインストア

PayPayボーナスライトはヤフーショッピング、コンビニ、スーパー、街のお店などで使うことができます。(PayPayの主なご利用可能店舗)

ワイモバイル特典の目次

格安スマホやiPhoneの端末セットで申し込む場合は5555円相当のPayPayポイント

5の付く日(5日、15日、25日)にワイモバイルの対象のスマホをセットで申し込むと、5555円相当のPayPayボーナスライトがもらえます。

  • キャンペーン内容
  • ワイモバイルの対象の端末セットの申し込み
  • 新規契約、MNPでの乗り換え、機種変更、契約変更
  • 5の付く日に申し込むと5555円相当のPayPayボーナスライト
  • 申込日の翌々月の月末にPayPayボーナスライト付与
  • PayPayボーナスライトの有効期限は付与日から60日間

SIMカードのみを申し込む場合は、ソフトバンクとソフトバンク系の格安SIMからの乗り換えはキャンペーン対象外ですが、端末セットなら大丈夫です。機種変の場合もPayPayがもらえます。

端末特典のまとめ

新規契約/乗り換え
・5の付く日(5日/15日/25日)に申し込み:5555円相当のPayPay
・11日/22日に申し込み:ゾロ目の日の特別セール

端末セットで5555円相当のPayPay → ワイモバイル

ワイモバイル特典の目次

PayPayアプリをインストールしてポイントを受け取る

ステップ1:PayPayアプリをスマホにインストールする

ワイモバイルの最大6000円のPayPayボーナスライトを受け取るには、PayPayアプリをスマホにインストールして少し設定してあげる必要があります。

ワイモバイルを申し込む前でも後でもどちらでも大丈夫です。ただ、ワイモバイルを申し込んでから半年後に設定するとかすると、ポイントの有効期限が切れて使えなくなります。

2分くらいでできるので、下記を確認してサクッとインストールして設定してみてください。

iTunes: PayPay (iPhone用アプリ)

Google Play:PayPay (Androidスマホ用アプリ)

上記のアプリをスマホにインストールします。複数台持っている場合は、複数台にインストールしても大丈夫です。

PayPayアプリをインストールしたら、次にYahooと連携します。1台設定すれば、全ての端末に反映されます。

ワイモバイル特典の目次

ステップ2:PayPayアプリをYahooと連携する

PayPayアプリをYahooと連携することで、ワイモバイルの最大6000円のPayPayボーナスライトを受け取ることができます。

PayPayアプリ右下にある[アカウント]をタップ

[外部サービス連携]をタップ

[Yahoo! JAPAN ID 連携する]をタップ

これで設定完了です。ワイモバイルの申込日の翌々月の月末にPayPayボーナスライトがもらえて、PayPayアプリの残高に表示されます。

ワイモバイル特典の目次

ステップ3:ポイントを受け取ったら60日以内に利用する

PayPayボーナスライトを受け取ったら60日以内に利用します。

ワイモバイルの申込日の翌々月の月末が付与日になり、その日から60日間が有効期限です。何も設定せずに放置した場合でも有効期限は切れるので注意してください。

PayPayボーナスライトはヤフーショピングやコンビニ、スーパー、街のお店などで使えます。

ただし、キャンペーンを利用するとよりお得にPayPayボーナスライトを使えたりするので、「キャンペーン期間を狙ってPayPayを使う(貯めたPayPayも10〜20%バック)」を参考にPayPayを使うことをお勧めします。

ワイモバイル特典の目次

ステップ4(オプション&注意):5000円の支払い上限を上げる

PayPayボーナスライトを含むPayPayは使える上限額が決まっています。

支払い方法過去24時間過去30日間
PayPay残高50万円200万円
本人認証未設定クレジットカード5000円5000円
本人認証設定済みクレジットカード2万円5万円
青いバッジがついている+本人認証設定済みクレジットカード25万円25万円

PayPay残高の場合は上限が50万円なのであまり気にする必要がないのですが、PayPay残高ではなくクレジットカード経由で支払う場合は本人確認をしないと上限が5000円とかなり厳しいです。

格安SIMの管理人はワイモバイルを契約したり、ヤフーショッピングで買い物をしてPayPayを貯めまくっているので、PayPay残高があれば問題ないのですが、クレカ経由で支払う場合は本人確認がほぼ必須です。

PayPayの本人確認の仕方はPayPay:本人確認をするを参考にしてみてくあさい。

PayPay残高での支払いでも5000円の上限が存在する・・、Yahooマネーを登録する突破できる

PayPay残高の上限は50万円のはずですが、なぜか格安SIMの管理人の場合、PayPay残高の支払いでも過去24時間で5000円の上限に引っかかりました・・。

お店の人と悪戦苦闘した結果、PayPayアプリでYahooマネーを登録すると、PayPay残高の謎上限5000円を突破することができました。

PayPay残高で支払っているのに、なぜか「現在ご利用を制限しております」と表示されてしまう場合は、PayPayアプリでYahooマネーを登録してみてください。

ワイモバイル特典の目次

ワイモバイル&ヤフーショピング&PayPayで最強にお得に買い物をする方法、効率的な貯め方と損しない使い方

相当お得に買い物ができる、組み合わせれば20%以上のポイント!

ヤフーショッピングの価格はネットの最安値というわけではありませんが、最安値から5%くらい高いくらいなので普通価格です。

見た目は普通価格ですが、ワイモバイルとPayPayをうまく利用するとポイントがザクザクもらえるので、実は最安値よりも1割ちょっと安く買えたりします。

ワイモバイルユーザがヤフーショッピングで最大限お得に買い物をするとこんな感じのポイントがもらえます。

税込2万9797円の買い物で、PayPayボーナスライト5158円とTポイント594円、合計5756円相当のポイントがもらえます。

さらにPayPayボーナスライトはコンビニや街のお店でキャンペーン期間中に使うと、10%程度のポイントバックがもらえます。PayPayボーナスライト5158円を使うと、515円のポイントバックがもらえます。

つまり5767円+515円=実質6271円相当のポイントがもらえるんです。還元率は約21%、実質2万3526円です。

ちなみに、この商品のネットの最安値は2万9000円です。

ワイモバイル&ヤフーショピング&PayPayで最安値よりも大幅に安く買い物ができます。ここではワイモバイル&ヤフーショピング&PayPayの必須の組み合わせ方を解説していきます。

ワイモバイル特典の目次

必須1:ワイモバイルを申し込む ←プレミアム会員費が無料&ポイント4%アップ

ヤフーショッピングは何もせずに買い物をすると1%のTポイントがもらえるだけですが、条件を満たすと最大12%のポイントがもらえます。

ワイモバイルを契約すると「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」でYahooプレミアム会員費の月462円が無料になります。

Yahooプレミアム会員になるとPayPayボーナスライトが4%アップします。

必須事項:ワイモバイルの初期登録&PayPayと連携&上限は月の買い物12万5000円まで

Yahooプレミアム会員費の月462円を無料にするには、ワイモバイルを契約してから初期登録をする必要があります。そしてPayPayボーナスライト4%をもううにはPayPayアプリをYahooと連携する必要があります。

必須1でもらえるPayPayボーナスライトの上限は月5000円相当までです。つまりヤフーショッピングの買い物が月12万5000円までがポイント4%アップの対象です。それを超える分はポイントアップの対象になります。

ワイモバイル特典の目次

必須2:ワイモバイル申し込み時にEnjoyパックを追加 ← ポイント5%アップ&各種特典

Enjoyパックは月500円かかりますが、ワイモバイルのデータ量が月0.5GBもらえて、ヤフーショッピングで使える500円分のクーポンを毎月もらえて、そしてヤフーショッピングでもらえるポイントが5%アップします。

ワイモバイルの月0.5GBの増量は設定しないと自動的には反映しないので、データ増量のためのオートチャージの設定をするを参考に0.5GB分のオートチャージを設定します。

Enjoyパックでもらえる月500円分のクーポンは「Enjoyパックの月500円のクーポンを発行するところ」で発行することができます。ヤフーショッピングの注文時(1000円以上)に、クーポンの入力欄をクリックすると500円の割引を適用できます。

Enjoyパックに加入していると、月の買い物2万円までPayPayボーナスライトが5%アップします。例えば、2万円買えばEnjoyパック分で1000円相当のPayPayボーナスライトがもらえます。

Enjoyパックの詳細 → ワイモバイルの公式サイト

ワイモバイル特典の目次

必須3:ヤフーカードを申し込む ← ポイント2%アップ

ヤフーカードを申し込めばTポイントが1%アップ、PayPayボーナスライトが1%アップします。

この他にも5の付く日にヤフーショッピングでヤフーカードを使って買い物をするとポイントが4%アップするので、ヤフーカードを持っていない場合は作ることを強くお勧めします。

ヤフーカードは年間費が無料で、ポイント還元率が1%あるクレジットカードです。100円の支払いで、1円相当のTポイントがもらえます。TポイントはYahooショッピング等いろんなところで使えます。

ワイモバイル特典の目次

必須4:ネットでの買い物は主にヤフーショッピングで5の付く日 ← ポイント4%アップ

5の付く日(5日、15日、25日)にヤフーショッピングでヤフーカードを使って買い物をするとPayPayボーナスライトが4%アップします。

5日、15日、25日、それぞれの開催日で上限は12万5000円までの買い物がPayPayボーナスライト4%アップの対象になります。

プレミアム会員になることで4%アップするPayPayボーナスライトの上限は月12万5000円です。5の付く日で、それぞれで12万5000円の買い物をした場合、5の付く日の4%アップはもらえますが、プレミアム会員の4%アップは月12万5000円が上限になります。

つまり、Yahooショッピングの最適な買い物額の上限は月12万5000円までです。

月2万円までの買い物
Tポイント1% + プレミアム会員PayPay4% + EnjoyパックPayPay5% + ヤフーカードPayPay1%とTポイント1% + 5の付く日PayPay4% = 合計16%

月2万円を超えた部分から月12万5000円まで
Tポイント1% + プレミアム会員PayPay4% + ヤフーカードPayPay1%とTポイント1% + 5の付く日PayPay4% = 合計11%

月12万5000円を超えた部分
Tポイント1% + ヤフーカードPayPay1%とTポイント1% + 5の付く日PayPay4% = 合計7%

買い物をたくさんする場合は、複数の月に分けて買い物をするのが一番お得です。

※ これに加えて、2020年6月30日まで「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象ストアの場合は5%のPayPayボーナスライトがもらえます。

ワイモバイル特典の目次

必須5:キャンペーン期間を狙ってPayPayを使う ← 貯めたPayPayも10〜20%バック

ワイモバイルとヤフーショッピングでPayPayボーナスライトはかなり貯まるようになります。PayPayボーナスライトの有効期限は60日間です。

PayPayはヤフーショッピング、コンビニ、スーパー、街のお店などで使うことができます。

このうち一番割りに合わないのはPayPayボーナスライトをヤフーショッピングで使うことです。ヤフーショッピングでPayPayを使うと1%しかポイントバックされません。一番良いのはPayPayのキャンペーン期間を待って、実店舗でPayPayボーナスライトを使うことです。

キャンペーン期間中ならPayPayボーナスライトを含めてPayPayを使うと10%〜20%のポイントバックがもらえたりします。

コンビニやスーパーがキャンペーン対象だったりするので、そういったキャンペーン期間に日用品や冷凍食品など日持ちするものを買い溜めるのが得策です。

PayPayのキャンペーン情報は、PayPayアプリを開くと出てくるので、適当な感覚でチェックしておけば大丈夫です。

ワイモバイル特典の目次

データを無料で増やす方法

データ増量無料キャンペーン、2019年11月28日までに申し込むと2年間毎月1〜3GB増量

ワイモバイルを2019年11月28日までに申し込むと2年間毎月1〜3GB増量します。

スマホプランS 月3GB → 月4GB
スマホプランM 月9GB → 月12GB
スマホプランR 月14GB → 月17GB

注1:2年後は月500円アップ

2年経過後は「データ増量オプション」の料金として月500円がかかります。増量が必要なくなった場合、自分で増量オプションを解約する必要があります。

注2:自動的にはデータは追加されないので、自分でオートチャージを設定する必要がある

データ増量オプションの無料キャンペーンの期間に契約した場合でも、自動的にはデータは増量されません。自分で所定のデータ量をオートチャージで設定して上げる必要があります。

データ増量のためのオートチャージの設定をする

Enjoyパックに加入した場合は月0.5GB増量されるので、データ増量オプションとEnjoyパックの増量分を合わせてオートチャージで設定することをお勧めします。

ワイモバイル特典の目次

パケットマイレージでデータがもらえるけど、かなり難しい

パケットマイレージを小まめに貯めると、毎月0.5GB〜1GB程度のデータを無料でもらえます。

毎月マイレージを小まめに貯める必要があるので、ブロンズを目指すのも厳しい感じです。

Yahoo関連サービスでマイレージを地道に貯める

Yahoo関連サービスを利用する場合でもマイレージが貯まりますが、もらえるマイレージが少ないので面倒です。

Yahoo! JAPANへ1日1回アクセスするごとに
スマホプランS 1マイル / プランM 3マイル / プランL 7マイル

ヤフーショッピング、ヤフオク、LOHACOで買い物するごとに1回10マイル

パケくじ
Yahoo! JAPANへアクセスして5日間ごとに1回くじを引くことができます。
1等 200マイル / 2等 50マイル / 3等 10マイル / 以下省略

Yahoo関連サービスを使って地道にマイレージを貯めることができますが、もらえるデータ量も少ないので正直微妙です。

パケットマイレージの詳細 → ワイモバイルの公式サイト

ワイモバイル特典の目次

その他のキャンペーンや特典情報

家族向けのキャンペーン:2台目以降は月500円引き

家族などで利用する場合、2回線目以降の各基本使用料が毎月500円の割引になります。例えば家族4人がワイモバイルを使う場合、3人x500円で月1500円の割引を受けることができます。

最初の1人は割引はないので、普通にワイモバイルで契約します。ワイモバイルで利用可能な状態(電話ができる状態)になったら、残りの家族の契約を進めます。

最初の1人(主回線)の契約が完了して利用可能な状態になったら、それ以降は申し込み時に「家族割引サービス」にチェックを入れて申し込みを行います。

ただし、下記の「おうち割 光セット(A)」を適用する場合、家族割引サービスの月500円引きは適用されなくなるので注意してください。

家族向けのキャンペーンの詳細 → ワイモバイルのオンラインストア

ワイモバイル特典の目次

おうち割で割引:Softbank Air/光、または電力会社の変更で割引

① おうち割 光セット(A)、最大月700円割引

Softbank Air、もしくはSoftbank光を契約している場合、「おうち割 光セット(A)」でワイモバイルの利用料金が最大月700円引きになります。

おうち割 光セット(A)の割引額
・スマホベーシックプランS/M:月500円
・スマホベーシックプランL:月700円

例えばソフトバンク光を契約している家で家族4人がプランMを申し込む場合、4人x500円で月2000円の割引を受けることができます。

おうち割 光セット(A)を適用する場合、月500円引きになる家族割引サービスを適用することができませんが、主回線も割引できるのが強みです。

ワイモバイルを契約した後に別途おうち割 光セット(A)の割引を申し込む必要があります。

② おうち割 でんきセット(A)、月100円割引、3年目以降は月50円割引

契約している電力会社(東京電力等)からソフトバンクでんきにすると、「おうち割 でんきセット(A)」でワイモバイルの利用料金が月100円引きになります。

おうち割 でんきセット(A)の割引額
・スマホプランS/M/R:月100円引き、3年目以降は月50円引き

電力自由化で、契約できる電力会社を選べるようになりましたが、ソフトバンクでんきを選ぶとワイモバイルの利用料金が少しだけ安くなります。肝心の電気代は、あまり変わりません。

割引額もしょぼいので、そのうち気が向いたときにでも検討してみてください。

ワイモバイル特典の目次

60歳以上だと指定機種の購入で国内通話がかけ放題

ワイモバイルでは60歳以上が「かんたんスマホ」を購入すると、通常月1000円のオプション料金がかかるスーパーだれとでも定額を無料で使うことができます。

ワイモバイルは10分以内の国内通話をかけ放題することができますが、60歳以上なら時間無制限でかけ放題を使うことができます。ただし、「かんたんスマホ」という指定の機種をワイモバイルで購入する必要があります。

ワイモバイル特典の目次

YouTube Premiumが3ヶ月無料で試せる

ワイモバイルのSIMカードを入れたiPhoneやスマホからYouTube Premiumを申し込むと3ヵ月無料でYouTube Premiumを使うことができます。

YouTube Premiumは月1180円でYouTubeの広告なし、バックグラウンド再生、オフライン再生で楽しむことがサービスです。

ワイモバイル特典の目次

ワイモバイルを申し込むのに必要なもの、免許証などの本人確認書類、MNPで乗り換える場合はMNP予約番号

※ 使っているスマホをそのまま使いたい場合は、ワイモバイルへ乗り換える前にSIMロックを解除します。

ワイモバイルの申し込むのに必要なもの

  • 本人確認書類:運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどの一点、無い場合は保険証と住民票
  • 本人名義のクレジットカード
  • すでにスマホやガラケーを使っていて電話番号をそのままで使いたい場合はMNP予約番号

スマホやタブレット、ガラケー、デジカメ等で本人確認書類の写真を撮って、スマホやパソコン、タブレット等で申し込むときに画像をアップロードできるようにしておきます。

申し込みから使えるまでの詳細は、「失敗しないワイモバイルの申し込みのまとめ:一番お得な場所、使えるスマホ、家族割、本人確認書類、MNP、実際に申し込みながら徹底解説」を参考にしてみてください。

下記でざっくりと流れだけ紹介します。

新規契約の場合

PayPayアプリをインストールしてYahooと連携しておく

5の付く日にワイモバイルのオンラインショップで申し込む

本人確認書類をアップロード

3日程度でワイモバイルのSIMカードが届く。iPhoneまたは格安スマホをセットにして申し込んだ場合は一緒に届く

SIMカードをスマホ(iPhone含む)に入れて設定

My Y!mobileの登録をして、Y!mobileサービスの初期登録をして、オートチャージの設定をする

完了。スマホが普通に使えるようになる

MNPで乗り換えの場合

PayPayアプリをインストールしてYahooと連携しておく

使っているキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク等)へ電話をかけてMNP予約番号をもらう

MNP予約番号をもらった当日か翌日にワイモバイルのオンラインショップで申し込む(5の付く日に申し込む)。申し込み時にMNP予約番号を入力する

本人確認書類をアップロード

3日程度でワイモバイルのSIMカードが届く。iPhoneまたは格安スマホをセットにして申し込んだ場合は一緒に届く。19:00までに開通手続きをする

開通手続きをして1時間ほどしたら、届いたSIMカードが使えるようになる。SIMカードをスマホ(iPhone含む)に入れて設定する

My Y!mobileの登録をして、Y!mobileサービスの初期登録をして、オートチャージの設定をする

完了。スマホが普通に使えるようになる。

実際に格安SIMの管理人もワイモバイルのオンラインショップで格安スマホを申し込んで使っています。オンラインで申し込むのは何となく不安な場合は下記を参考にしてみてください。

失敗しないワイモバイルの申し込みのまとめ:一番お得な場所、使えるスマホ、家族割、本人確認書類、MNP、実際に申し込みながら徹底解説

ワイモバイル特典の目次

ワイモバイルの格安スマホとiPhoneのおすすめランキング

機種代金の表示について&ソフトバンクとソフトバンク系の格安SIMからの乗り換えだと機種代金がアップ

機種代金の表示について

ワイモバイルの公式サイトの機種代金の表示は結構複雑です。

新規契約で機種代金を36回払いにして、スマホベーシックプランSの月額料金込みの料金表示にしてあります。

実際の機種代金がいくらかわかりずらいので、このサイトでは機種代金の合計を掲載します。

ワイモバイルでは税込表示ですが、このサイトでは税抜表示です。

できるだけ正確な情報を心がけていますが、ワイモバイルのオンラインストアはいつの間にやら割引を増やしたり減らしたりするので、正確な情報はオンラインストアでご確認ください。

注:ソフトバンクからの乗り換えだと機種代金が高くなる

ソフトバンクからの乗り換えだと、ワイモバイルの機種代金が結構割高になるので注意してください。

ソフトバンクからの乗り換えの場合は、ワイモバイルのSIMカードだけ申し込んで、新しいスマホが必要な場合は、Amazonや家電量販店のオンラインストア、アップルストアで購入した方が安くなります。

格安スマホの最新情報は、格安スマホのおすすめ機種ランキングを参考にしてみてください。ワイモバイルで使えない格安スマホは知る限りありません。

新規契約やソフトバンク以外からの乗り換えの場合は、ワイモバイルの機種代金は結構割安になっているので、新しいスマホが必要な場合はワイモバイルの端末セットを申し込むことをお勧めします。

機種代金の他にかかる料金

・契約事務手数料:3000円(税込3300円)
・送料無料

11日と22日のゾロ目の日の特別セール:Android One X4がかなり安い!

ワイモバイルではゾロ目の日(11日と22日)に格安スマホのアウトレットセールをしています。

対象になる格安スマホはAndroid One X4です。他社からの乗り換えだと1万996円(税込1万2096円)、新規契約だと1万3976円(税込1万5264円)です。

Android One X4

Android One X4の性能:5.5インチ、CPU SDM630、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1640万画素、重さ145グラム、電池容量3100mAh、防水、ワンセグ、おサイフケータイ対応

Android One X4は2018年6月7日発売の5.5インチの縦長ディスプレイを搭載した比較的高性能な格安スマホです。

Android One X4は比較的高性能な防水・ワンセグ・おサイフケータイ対応スマホです。1万円ちょっと買えるのは結構おすすめなので、11日と22日のゾロ目の日に申し込める場合は、Android One X4を検討してみることをお勧めします。

5の付く日ではないので、PayPayボーナスライトはもらえませんが、アウトレットですがかなり安くAndroid One X4を買えるメリットの方が大きいです。

※ ソフトバンクからの番号移行、機種変更(契約変更)はゾロ目の特別セールは対象外です。

ゾロ目の日の特別セールとAndroid One X4の詳細 → ワイモバイル

ワイモバイル特典の目次

おすすめ1位:iPhone 7、快適にできるだけ長く使えるiPhone

iPhone7

iPhone7の性能:4.7インチ、CPU A10チップ、RAM2GB、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ138グラム、防水対応、Felica対応(SUICA、iD、QUIC Pay)

iPhone7の32GB版の機種代金
・新規契約/乗り換え:3万2530円(税込3万5784円)
・ソフトバンクからの乗り換え:4万9090円(税込5万4000円)

iPhone7の128GB版の機種代金
・新規契約/乗り換え:4万2350円(税込4万6585円)
・ソフトバンクからの乗り換え:5万8910円(税込6万4801円)

iPhone6sからiPhone7になって、性能が3割アップして、電池持ちが良くなり、カメラ性能も良くなり、防水とFelicaにも対応しました。便利に長く快適に使えるのはiPhone7です。

iPhone7の方が1年長く使えて、そしてより快適に使えます。だいたい3年半くらい使える感じの製品寿命になります。iPhoneを普通程度に使う場合は32GB版、写真などを多く撮る場合は128GB版がおすすめです。

iPhone 7の詳細と申し込み → ワイモバイルのオンラインストア

iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイド

ワイモバイル特典の目次

おすすめ2位:P30 lite、バランスが良く比較的高性能

P30 lite

P30 liteの機種代金
・新規契約/乗り換え:1万9440円(税込2万1384円)
・ソフトバンクからの乗り換え:3万6000円(税込3万9600円)

P30 liteの性能:6.15インチ、CPU Kirin710、RAM4GB、ROM64GB、トリプルレンズカメラ(広角2400万画素+超広角800万画素+200万画素)、重さ159グラム、電池容量3340mAh、Android 9、WiFiのac対応、Type C対応、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応)

2018年で一番売れた格安スマホP20 liteの後継機種です。2019年7月に発売されました。

P20 liteと比べて、CPUの性能は1.6倍、ROMは2倍の64GB、暗いところでも明るく撮れるF値1.8のカメラレンズを搭載、広い範囲の風景が撮れる超広角レンズも搭載しました。6.21インチの大画面の格安スマホです。

バランスの良い格安スマホに仕上がっています。

P30 liteの詳細と申し込み → ワイモバイルのオンラインストア

P30 liteの徹底レビューとスペックの詳細&米国政府の制裁について

ワイモバイル特典の目次

おすすめ3位:Android One S5、普通性能で防水対応

Android One S5

Android One S5の機種代金
・新規契約/乗り換え:1万2894円(税込1万4184円)
・ソフトバンクからの乗り換え:2万9454円(税込3万2400円)

Android One S5の性能:5.5インチ、CPU SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素、重さ149グラム、電池容量2700mAh、防水対応

Android One S5は2018年12月21日発売の5.5インチの縦長ディスプレイを搭載した普通性能な格安スマホです。安い防水対応スマホを探している場合におすすめです。

Android One S5の詳細と申し込み → ワイモバイルのオンラインストア

Android One S5はSIMフリー機種としてAQUOS sense2として他社や量販店で販売中です。AQUOS sense2はAndroid One S5におサイフケータイが付いたバージョンです。(Android One S5にはおサイフケータイが付いていません)

ワイモバイル特典の目次

おすすめ4位:Xperia 8、比較的高性能で防水・おサイフケータイ対応

Xperia 8

Xperia 8の機種代金
・新規契約/乗り換え:3万2530円(税込3万5784円)
・ソフトバンクからの乗り換え:4万9090円(税込5万4000円)

Xperia 8の性能:6インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素、重さ170グラム、電池容量2760mAh、防水、おサイフケータイ対応

Xperia 8は比較的高性能なCPUのSnapdragon 630(SDM630)を搭載した、6インチの縦長ディスプレイを搭載した比較的コンパクトなスマホです。

さらに2020年2月29日までにXperia 8を購入すると1000円相当のPayPayボーナスがもらえます。

Xperia 8の詳細と申し込み → ワイモバイルのオンラインストア

Xperia 8の詳細スペックと実機レビュー、コンパクトな縦長スマホ

ワイモバイル特典の目次

おすすめ5位:Android One X5、高性能で防水・おサイフケータイ対応

Android One X5

Android One X5の機種代金
・新規契約/乗り換え:4万2350円(税込4万6585円)
・ソフトバンクからの乗り換え:5万8910円(税込6万4801円)

Android One X5の性能:6.1インチ、CPU SDM835、RAM4GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ158グラム、電池容量3000mAh、防水、おサイフケータイ対応

Android One X5は2018年12月13日発売の6.1インチの縦長ディスプレイを搭載した高性能な格安スマホです。

SDM835の超高性能なCPUを搭載した、防水、おサイフケータイ対応スマホです。価格はワイモバイルの機種の中で一番高いですが、防水とおサイフケータイに対応している高性能スマホを探している場合に検討してみてください。

Android One X5の詳細 → ワイモバイルのオンラインストア

ワイモバイル特典の目次

おすすめ6位:iPhone 6s、安さ最重視のiPhone

iPhone 6s

iPhone6sの32GB版の機種代金
・新規契約/乗り換え:1万4858円(税込1万6344円)
・ソフトバンクからの乗り換え:3万1418円(税込3万4560円)

iPhone6sの128GB版の機種代金
・新規契約/乗り換え:2万4348円(税込2万6783円)
・ソフトバンクからの乗り換え:4万908円(税込4万4999円)

iPhone6sの性能:4.7インチ、CPU A9チップ、RAM2GB、カメラ1200万画素、重さ143グラム

iPhoneを選びたい場合で、安さを最重視する場合はiPhone6sがおすすめです。結構前に発売されたiPhoneのモデルですが、今でもあと2年半くらい使えるような製品寿命になっています。

iPhone 6sの詳細と申し込み → ワイモバイルのオンラインストア

iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイド

ワイモバイル特典の目次

おすすめ7位:Libero S10、安さ最重視のAndroidスマホ

Libero S10

Libero S10の機種代金
・新規契約/乗り換え:1万3090円(税込1万4400円)
・ソフトバンクからの乗り換え:2万6181円(税込2万8800円)

Libero S10の性能:5.7インチ、CPU SDM450、RAM3GB、ROM32GB、デュアルレンズカメラ1300万画素+200万画素、重さ165グラム、電池容量3100mAh、防水対応

Libero S10は2019年11月8日に発売された、普通性能の防水対応スマホです。

この機種は悪くはないのですが、同じような性能で少し安くなるAndroid One S5のほうがオススメです。もしくは少しだけお金を出して、P30 liteを選ぶのが良いです。

2020年2月29日までにLibero S10を購入すると1000円相当のPayPayボーナスがもらえます。

Libero S10の詳細と申し込み → ワイモバイルのオンラインストア

Xperia 8の詳細スペックと実機レビュー、コンパクトな縦長スマホ

ワイモバイル特典の目次

高齢者用の格安スマホ:かんたんスマホ

かんたんスマホ

かんたんスマホの機種代金
・新規契約/乗り換え:2万5985円(税抜)
・ソフトバンクからの乗り換え:4万2545円(税抜)

かんたんスマホの性能:5インチ、CPUオクタコア1.4GHzx4+1.1GHzx4 SD430、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ142グラム、電池容量2600mAh、防水、ワンセグ

60歳以上の人で電話を良くするする場合に検討する機種です。

かんたんスマホの詳細と申し込み → ワイモバイルのオンラインストア

他にもワイモバイルで取り扱っている機種はありますが、おすすめ度は低いので紹介を省略します。

格安スマホの最新情報は、格安スマホのおすすめ機種ランキング&性能比較と詳細レビューを参考にしてみてください。ワイモバイルで使えない格安スマホは知る限りありません。

ワイモバイル特典の目次

その他のおすすめの格安SIM

  • UQ mobile
    • au系の格安SIM。全ての格安SIMの中で一番速度が出て安定しているがUQ mobileの格安SIMです。UQ mobileのスマホプランなら快適な速度で比較的安くスマホを使うことができます。
  • LINEモバイル
    • LINE、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしで使うことができます。LINEの年齢認証も突破できるのでID検索ができます。SNSをよく使う場合にオススメの格安SIMです。
  • BIGLOBEモバイル
    • BIGLOBEモバイルはYoutubeやAbemaTVをたくさん見たい場合にオススメの格安SIMです。BIGLOBEの3GB以上のプランだと、通話SIMなら月額480円のオプション料金でYoutubeやAbemaTVをデータ消費なしに無制限で見ることができます。
  • IIJmio
    • 高い信頼性、それがIIJmioの格安SIMです。シェア上位のMVNOと比べて通信速度が比較的速いです。通信障害に強く長期にわたって安定した比較的速い通信速度を維持しているので、信頼性を重視する人におすすめの格安SIMです。
最終更新日 2019年11月21日 / 作成日 2018年6月18日 / 作成者 格安SIMの管理人
「ワイモバイルのキャンペーン特典を徹底解説、いい買物の日、5の付く日、PayPay利用がお得&おすすめの格安スマホとiPhone」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ