ワイモバイルの切り替え手続き、SIMとAPN設定、IPv6の違い

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / 関連:ワイモバ更新順(22)

ワイモバイルを申し込んだら、次は何をするの?

とりあえずワイモバイルからSIMカードや端末が届くのを待ちます。申し込むと2〜3日程度で届きます。届いたら設定をして、スマホで電話やネットを使えるようにします。

※ 他社からの乗り換えでも、スマホが使えなくなる期間なしに乗り換えられます。(切り替え手続きで15分ほど不通になります)

ワイモバイルの切り替え手続き、SIMとAPN設定、IPv6の違い

他社からワイモバイルへMNPで乗り換え場合は、ワイモバイルが届いたら回線の切り替え手続きを行います。

ワイモバイルのSIMカードをスマホに入れて、iPhoneならそれで設定完了、AndroidスマホはAPNの設定をします。

これでネットや電話が使えるようになります。ここではワイモバイルを申し込んだ後に必要な設定を解説します。

ワイモバの申込みはこちら(ヤフー店)

ワイモバイルを申し込んで届くまでの日数

17時までの申し込みは、最短翌日発送・翌々日到着で発送されます(佐川急便)

格安SIMの管理人が実際に申し込んだところ・・

ワイモバイルの申し込み

6月25日 23時にワイモバイルのオンラインショップで申し込む

6月28日 12時に到着

申込みから2日半で届きました。

※ 宅配ボックスへは届けられません。手渡しでのお届けです。不在連絡票で再配達になります。

ワイモバイルから届いたもの

ワイモバイルから届いた端末セット

端末セットで申し込むと、こんな箱で届きました。

ワイモバイルの届いたものの中身

箱の中身。SIMカードが格安スマホの箱に付いていました。

ワイモバイルのSIMカード

ワイモバイルの格安SIMカード。ナノSIMです。

MNPで乗り換えは切り替え手続きをする

ワイモバイルへMNPで乗り換えた場合は、ネットまたは電話で回線の切り替え手続きが必要です。(新しい電話番号での契約なら切り替え手続きは不要)

切り替えが完了すると、ワイモバイルのSIMカードを入れたスマホでネットや電話が使えるようになります。

オンラインで回線切替なら最短15分で切り替え完了 (おすすめ)

ワイモバイルの切り替え受付サイトで手続きをすると、最短15分で切掛けが完了します。

【切替に必要な情報】
・WEB受注番号
・携帯電話番号
・契約時に設定した4桁の暗証番号

オンライン回線切替受付サイト
受付時間 9:00 ~ 20:30(年中無休)

電話で回線切替なら最大1〜2時間で切り替え完了

ワイモバイルに電話をして回線切替を行うと最大1〜2時間で切り替えが完了します。

【切替に必要な情報】
・携帯電話番号
・契約時に設定した4桁の暗証番号

ワイモバイルカスタマーセンター切り替え窓口
・電話番号:0800-100-1847
・受付時間 10:00 ~ 19:00(年中無休)

格安SIMが届いてから6日以内に切り替え手続きを行わなかった場合は、ワイモバイル側で自動的に切り替え手続きが行われます。

iPhoneはSIMカードを入れれば完了(構成プロファイル不要)

ワイモバイルのSIMカードをiPhoneに入れます。

iPhoneの右側面の小さい穴にSIM取り出しピンをぶっ刺して、SIMスロットを取り出します。SIM取り出しピンがなければ、100円ショップのクリップでも代用できます。

こんな感じにして、元に戻してiPhoneの電源を入れます。(電源が入ったまま作業しても大丈夫です)

設定は以上です。ワイモバイルの構成プロファイルのインストールも不要です。これでiPhoneでネットや電話が使えるようになっています。(切り替え手続きをした場合は最大2時間
待つ)

ただし、以前に格安SIMを契約していて、他社の構成プロファイルをインストールしていた場合は、古い構成プロファイルはアンインストールする必要があります。

iPhone → 設定 → 一般 → VPNバイス管理 → ここにプロファイルがある場合は削除します。

最初は3Gで繋がる場合もあります。

数分すると4Gでネットが繋がるようになります。

Androidスマホの設定

ワイモバイルのSIMカードを入れる

AndroidスマホにワイモバイルのSIMカードを入れます。

側面にSIMカードスロットを取り出す小さい穴があるので、そこにSIM取り出しピンをぶっ刺してSIMカードスロットを取り出します。

こんな感じでSIMカードを乗せて元に戻します。

APNの設定をする

Androidスマホ → 設定 → 無線とネットワーク → モバイルネットワーク → アクセスポイント名

アクセスポイント名にワイモバイルがない場合は、新しいアクセスポイントを作成します。

ワイモバイルのアクセスポイント
・名前:ymobile
・APN:plus.acs.jp.v6
・ユーザー名:ym
・パスワード:ym
・認証タイプ:CHAP

上記の設定で動くはずですが、うまく動かない場合は下記も設定します。

・MCC:440
・MNC:20
・MMSC:http://mms-s
・MMSプロキシ:andmms.plusacs.ne.jp
・MMSポート:8080
・APNタイプ:default,mms,supl,hipri

アクセスポイントを保存して、アクセスポイント名でymobileを選択します。

これで数秒するとネットが使えるようになります。(端末によっては再起動が必要な場合があります)

ワイモバイルのIPv4とIPv6のAPNの違い

ワイモバイルのAPNは、IPv4版とIPv6版があります。

ワイモバイルのAPN
・plus.acs.jp ← IPv4版
・plus.acs.jp.v6 ← IPv6版

実際にワイモバイルのIPv4版とIPv6版のAPNで何度も速度計測してみましたが、違いはありませんでした。速度差は誤差です。

理論的にはIPv6版のAPNのほうが少し速度が速くなるはずですが、実際のところはIPv4と有意な速度差はありませんでした。

とりあえずIPv6版のAPNを使っておけば良いです。

その他に必要な設定

最後にPayPay特典の適用するために、初期登録とアカウント登録をします。

My Y!mobileの初期登録、Y!mobileサービスの初期登録、PayPayアプリ登録

ワイモバイル設定でMy Y!mobileとY!mobileサービスの初期登録とPayPay登録

格安SIMの管理人の画像
書いた人

2015年3月から格安SIMの比較サイトを運営しています。

1人で地道にこつこつ運営していたら、累計訪問者数は約2800万人で約9700万ページビューになりました(2022年10月時点)

これからも格安SIMと格安スマホの情報をできるだけ詳しくお届けします!

最終更新日 2022年11月20日 / 作成日 2019年7月9日
0 0
この記事は参考になった/良かった
※注:口コミやコメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミ

購読する
通知する
guest

0 の口コミとコメント
「ワイモバイルの切り替え手続き、SIMとAPN設定、IPv6の違い」をシェアしてくださいm(_ _)m
コメント