UQ mobileの料金プランと評価を実際に使って徹底解説&速度が速くて満足度最高

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

UQ mobileはau回線を使っていて通信速度が圧倒的に速く、速度も全時間帯で安定しています。格安SIMの中で通信品質が一番良いのは間違いなくUQモバイルです。

他の格安SIMは月額料金は安いですが、平日の昼は通信速度がかなり遅くなったり夕方も結構遅くなって、Webサイトの表示も少し時間がかかる場合があります。

UQ mobileなら大手キャリア並みの速度で快適にネットが使えるので、通信速度がいつでも超速い格安SIMを探している場合におすすめです。

他にもUQモバイルはauのスマホが使えて、料金もauの半額以下になるので、auからの乗り換えにもおすすめです。ドコモやソフトバンクユーザの場合でも、UQモバイルに乗り換えると結構節約できます。

ここではUQモバイルの料金プランとサービス内容を徹底的に解説します。

格安SIMの管理人は2015年4月からUQ mobileを契約して、定期的にUQ mobileの通信速度の計測を行って、実際の通信品質と使い勝手の結果をUQ mobileの評価に反映させています。

UQ mobileの5000円のキャッシュバックサイト

UQ mobileの料金プランとサービス内容の目次

UQ mobileのおすすめポイントとメリット

  • 通信速度が格安SIM中で最高速度
  • 通信速度が全時間帯で安定している
  • UQ mobileを使っている人の満足度がやたらと高い
  • 余ったデータを繰り越せるのでデータ(3GB〜14GB)を無駄なく使える
  • データを使い切った場合でも300kbps出る
  • 節約モードならYoutubeの240pの画質でデータ消費なしで見放題
  • 10分かけ放題などの通話定額の月額料金が安い
  • ほとんどの場合でauの利用料金の3分の1〜3分の2になる
  • 口座振替に対応している(手数料無料!)
  • MMSが使えて、キャリアメールと同等のメールができる
  • 多くの人にとって最高の格安SIMになりうる
  • auかんたん決済が使える
  • KDDIグループでUQ自体も超お金持ちなので安心して使える

UQ mobileのデメリットと注意点

  • スマホをほとんど使わない場合は割高(月1GB以下など)
  • 選べる格安スマホが少し少ない
  • データSIMだと選べるプランが少ない(月3GBか常時500kbpsの無制限プラン)
  • 新規契約だと口座振替ではなくクレジットカードが必要(MNPだけ口座振替可)

UQモバイルの目次

UQ mobileの格安SIMの料金プランの詳細

UQモバイルの通常の料金プラン(通話SIM)

UQモバイルを選ぶ人の8割以上は通話SIMの料金プランを選んでいます。

通話SIM月額料金データ量
スマホプランS1980円3GB
スマホプランM2980円9GB
スマホプランL3980円14GB

※ 旧プランについては「おしゃべり/ぴったりプラン/音声通話プラン」をご確認ください。

初月にもらえるデータ量はまるまる、初月の月額料金は日割りになります。

通話SIMなら070/080/090等の携帯電話番号で電話ができます。他社からMNPをする場合も通話SIMのプランを選びます。参考:通話SIMとデータSIMの違いは緊急通報の有無

  • 通話SIMの通話料金とオプション
  • オプション無しの場合:30秒20円、ただし楽天でんわを使えば30秒10円
  • かけ放題(10分/回):月700円で国内通話が10分かけ放題、1回の通話で10分を超過した場合は、超過後の通話料金が30秒20円
  • 通話パック(60分/回):月500円で国内通話が毎月60分まで無料、無料分を超えた場合は、超過後の通話料金が30秒20円
  • 留守番電話:月300円 (→無料で使える留守番電話の設定の仕方)
  • 電話基本パック(留守番電話、三者通話、迷惑電話撃退):月380円
  • 通話明細サービス:月100円

UQモバイルの目次

タブレット/モバイルルータ/2台目スマホ用の料金プラン(データSIM)

LTE対応のタブレット、モバイルルータ、2台目スマホ用の場合はデータSIMを選びます。

2台目スマホは、大手キャリアのスマホは主に電話用途として使い、ネットは2台目のスマホにデータSIMを入れて使ったりします。

データSIM月額料金データ量
データ高速プラン980円3GB
データ無制限プラン1980円常時500kbps

データSIMには携帯電話番号の通話機能は付いていないので、070/080/090等の携帯電話番号で電話はできません。ただ、LINEの無料通話などはできます。アプリ利用やサイト閲覧、メールの送受信などのネットが使えます。

UQモバイルのデータSIMはSMS機能がデフォルトで付いてきます。

初月にもらえるデータ量はまるまる、初月の月額料金は日割りになります。

UQモバイルの目次

その他にかかる費用

SIMパッケージ料金(初期費用):3000円

  • その他のオプション料金
  • 端末補償サービス:月380円
  • メールサービス:月200円

違約金やMNP転出手数料など

いつでも違約金なしに解約できます。

MNP転出手数料:3000円

料金の詳細はこちら →UQ mobileの公式サイト

その他の利用条件

UQモバイルはau系の格安SIMです。余ったデータの繰越もできます。テザリングもできます。初月(契約月)の月額料金は日割りです。初月の場合でもデータ量はまるまる全部もらえます。

通信制限(規制情報)
高速データ通信量を使い切った場合は、もしくは直近3日間の通信量が6GB以上の場合は、スマホプランは300kbps、データ高速プランは200kbpsに制限されます。

UQモバイルの目次

長期契約中のUQ mobileの評価と他の格安SIMとの比較

最高の通信速度、実際の使い勝手を撮影した動画も公開中

UQ mobileの速度は格安SIMの中で圧倒的に速いです。そして何より全時間帯で通信速度が安定しています。UQ mobileはauとほぼ同等の速度が出るので、使い勝手がauと同じです。

通常の格安SIMは通信速度がそこそこ速くても、平日の昼の時間帯は速度が急に遅くなります。通信品質の悪い格安SIMの場合、平日の夜の時間帯も速度があまり出なかったりします。

UQ mobileなら、平日の昼夜かかわらず全ての時間帯で最も速い通信速度が出ます。(土日や祝日は他の格安SIMでも通信速度は比較的速くなります)

格安SIMは通信速度が遅いと思っている人、UQ mobileの通信速度は大手キャリア並みかそれ以上です。いつでも快適にネットをすることができます。

UQ mobileのスマホプランとデータ高速プランは全て同じ超速い速度です。UQ mobileのデータ無制限プランの通信速度は500kbpsで固定になっています。

UQモバイルの実際の使い勝手の動画

平日昼のUQモバイルと楽天モバイルの使い勝手を、実際に実機を並べて比較してみました。

平日は昼になると速度が遅くなるのが格安SIMですが、UQ mobileなら超速いままです。楽天モバイルは前半は少し健闘しますが後半は大失速。そんな比較動画になっています。

一般的な格安スマホ(楽天モバイル)と速度が超速いUQモバイルの平日昼の使い勝手がどんな感じになっているかの参考にしてみてください。

UQ mobileの通信速度をリアルタイムで計測中

格安SIMの管理人は2018年2月から格安SIMの通信速度をリアルタイムに計測するサイトをオープンしました。UQ mobileの実際に出る通信速度を複数の測定項目から計測しているので参考にしてみてください。

UQ mobileの速度(リアルタイム)

平日の昼は他の格安SIMだと速度が急低下したり、平日夜も速度が遅くなったりしますが、UQ mobileならいつでも速い通信速度を維持しています。

上記のリアルタイム計測をもとに月に1度、格安SIMの通信速度ランキングを更新しています。

2019年9月版の格安SIM/ドコモ/WiMAXの速度ランキング

超速い 1位 UQ mobileドコモ本家
2位 WiMAX2+ワイモバイル
3位 どんなときもWiFi
4位 BIGLOBEモバイルのタイプA、LinksMate
比較的速い 5位 BIGLOBEモバイルのタイプD、イオンモバイルのタイプ2のドコモ回線
6位 IIJmioのタイプD、mineoのauプラン、mineoのドコモプラン、mineoのソフトバンクプラン、LINEモバイルのソフトバンク回線、エキサイトモバイル
普通 7位 イオンモバイルのタイプ1のドコモ回線、QTモバイルのDタイプ
少し遅い 8位 OCNモバイルONE楽天モバイルのau回線、楽天モバイルのAPN(JP)、楽天モバイルのAPN(CO)、IIJmioのタイプA
遅い 9位 楽天モバイルのスーパーホーダイの低速ON、LIBMO、LINEモバイルのドコモ回線、LINEモバイルのau回線、イオンモバイルのタイプ1のau回線
超遅い 10位 TONEモバイル、ロケットモバイルの神プラン、0SIM

最新の速度ランキングの詳細を読む

格安SIMごとに実際に出る通信速度が異なります。格安SIMによっては時期によって速度が速くなったり遅くなったりする場合もあります。(UQ mobileならほとんどいつでも超速いです)

UQ mobile以外にも30枚以上の格安SIMとWiMAX 2+の実際に出る本当の通信速度の記録も取ってあるので、最新情報は格安SIMの速度ランキングの記録をご確認ください。

UQモバイルの目次

どのプランが人気なの? ← 月3GBのスマホプランSが一番人気

人それぞれ使い方によってどのプランが良いかは少し変わってきますが、多くの人が選んでいる人気のプランは下記です。

1番人気:スマホプランS
月1980円、快適な速度で月3GB使えます。データを消費しない低速モードの速度も300kbps出るので割と使えます。よくわからなければ、これを選ぶのが一番無難です。

2番人気:スマホプランM
月2980円で使えるデータ量が月9GBになります。低速も300kbpsです。スマホを比較的多く使う場合に選ぶプランです。

— 少し超えられない壁 —

3番人気:スマホプランL
月3980円で使えるデータ量が月14GBになります。低速も300kbpsです。ほとんどの人は月9GBで十分なので、月14GB使えるスマホプランLを選ぶ人は1割ちょっとくらいです。

4番人気:データ高速プラン
月980円で月3GB使えるデータSIMです。低速モードは200kbpsです。UQモバイルを選ぶ人の1割ちょっとが選んでいそうな感じです。

— 少し超えられない壁 —

7番人気:データ無制限プラン
ほとんど誰も選んでいないので無視するのがオススメ。。

UQモバイルの無制限プランは速度が遅いので、普通に動画を見るのもギリギリか少し難しいです。データを無制限で使いたい場合は、どんなときもWiFiWiMAX 2+、そして主にスマホで動画をたくさん見たい場合は楽天モバイルのスーパーホーダイBIGLOBEモバイルのエンタメフリーなどがおすすめです。

UQモバイルの目次

UQモバイルの安さの秘密は、余ったデータの繰越とデータを消費しない節約モードにあり

UQモバイルなら余ったデータ量を翌月に繰り越すことができて、データを消費しない節約モードが使えるので、料金を抑えることができます。

UQモバイルとワイモバイルは料金プランが同じですが、ワイモバイルは余ったデータを繰り越すことができず、データを消費しない節約モードも使えません。そのため実際に使ってみるとワイモバイルの料金のほうが高くなります。

au、ドコモ、ソフトバンクの場合は、そもそもUQモバイルよりも料金が割高ですが、ワイモバイルと同じく余ったデータを繰り越せず、節約モードも使えないので、より割高になります。

見た目以上に大手キャリアやワイモバイルよりも割安に快適に使えるのがUQモバイルです。

UQモバイルの目次

余ったデータの繰越可&月3GB〜14GBで調整できる

UQモバイルのスマホプランは月3GB、9GB、14GBとざっくりとしたデータ量のプランのみになりますが、余ったデータを繰り越せるのでデータを比較的無駄なく使うことができます。

例)月5GBのデータを使う場合
1月(9GBプラン):月9GBのプランを契約。1月中に月3GBプランに変更。
2月(3GBプラン):先月の余った4GBが繰り越されて、7GBから始まる。
3月(3GBプラン):先月の余った2GBが繰り越されて、5GBから始まる。3月中に月9GBプランに変更。

こんな風にUQモバイルなら9GBプラン→3GBプラン→3GBプランを繰り返せば、データを無駄なく使えます。9GBプランをずーと契約し続けるよりも安く使えます。

ワイモバイルだと余ったデータを繰り越せないので、月5GB使う場合はずーと月9GBプランを契約し続ける必要があります。

UQモバイルの目次

データを使い切っても300kbpsの速度が出る、auや大手キャリアの2.5倍の速度

auなどの大手キャリアやワイモバイルの場合、データを使い切ると128kbpsに速度が制限されます。データを使い切った経験がある人ならわかると思いますが、128kbpsは超遅いです。Webサイトもまともに見れない速度です。

UQモバイルのスマホプランなら、データを使い切っても300kbpsの通信速度が出ます。

300kbpsなのでスマホを快適に使うのは無理がありますが、UQモバイルならデータを使い切っても最低限使える速度を出してくれます。128kbpsはウンコレベルです。

UQモバイルの評判はかなり良いのですが、おそらくデータを使い切っても300kbpsの速度を維持してくれるというのが大きい感じです。

おしゃべり/ぴったりプランの目次

データを消費しない節約モードが使える。SNSをデータ消費なしに使える?

UQ mobileには節約モード(低速モード)というのがあり、節約モードをオンにすると通信速度は300kbpsに制限されますがデータを消費せずにネットをすることができます。

節約モードの強みは、radikoの再生や、音楽ストリーミングサービスをデータ消費なしにスムーズに使えることです。200kbpsでも大半は使えますが、300kbpsのほうがストレスなく使えます。

普通にネットをする場合でも200kbpsだと読み込みに6秒かかるところが、300kbpsなら4秒で読み込めます。UQ mobileの節約モードの300kbpsは割と使えます。

SNSをデータ消費なしに使える?

UQ mobileのキャンペーンサイトや公式サイトをふらついていると、下記のような画像が出てきます。

節約モードにすればデータを消費せずにネットが使えるので、節約モードをオンにすればTwitterやFacebook、インスタなどのSNSもデータ消費なしに使うことができます。ただし、節約モードの通信速度は300kbpsです。

300kbpsなので使えなくはないのですが、画像多めのFacebookやインスタで使うのはかなり厳しいです。Twitterはそこそこ使えますが、画像があると画像だけ読み込むのに時間がかかったりします。SNSをデータ消費なしに使えるというのはあまり期待しないほうがいいです。

※ UQモバイルのデータ高速プランの場合は、低速は200kbpsになります。

おしゃべり/ぴったりプランの目次

節約モードでYouTubeがデータ消費なしに見放題

YouTubeを240pの低画質にすると、UQ mobileの節約モードでも、ほとんど再生途中で止まらずにYouTubeを無制限にデータ消費なしに見ることができます。

格安SIMの管理人がYoutubeの消費データ量や必要な速度を調べたところ、YouTubeの240p(低画質)の動画を再生するのに必要な通信速度は235kbps〜350kbps(平均270kbps)です。

UQ mobileの節約モードの通信速度は300kbpsなので、240pにすればほとんどの動画を再生途中で止まらずに見ることができます。YouTubeの音楽も普通に良い感じに聴き流すこともできます。

240pは低画質ですが、スマホを縦向けにして見ていれば、そこそこ楽しめる画質になっています(横向けにして全画面にしている場合は厳しいです・・)。Youtubeの音楽も240pだから劣化するとかはなく、普通に良い感じの音楽を流すことができます。

UQ mobileを使う場合は、節約モードでYoutubeを使って見ることをお勧めします。

※ UQ mobileのスマホプランの節約モードの通信速度は300kbpsですが、データ高速プランの節約モードの場合は200kbpsです。

データを消費しない節約モードの使い方は簡単!

UQ mobileポータルアプリというUQアプリで簡単に節約モードに切り替えてデータを節約できます。

iPhoneの場合

Androidスマホの場合

かなり簡単にデータを消費しない節約モードに切り替えられます。節約モードの設定の仕方は下記に記載している参考にしてみてください。

UQモバイルの強み:余ったデータ量の繰り越し方、データを消費しない低速(節約)モードを徹底解説

月700円で10分かけ放題、月500円で毎月60分の無料通話、30秒10円から選べる

UQモバイルのスマホプランなら、月700円の10分かけ放題(かけ放題)、月500円の毎月60分の無料通話(通話パック)の通話オプションを追加できます。

電話をほとんどしない場合は通話オプションを追加せずに、楽天でんわを使えば、UQモバイルのスマホプランでも通話料半額の30秒10円で電話をかけられます。(楽天でんわを使わない場合は30秒20円になります)

楽天でんわ
・30秒10円
・1分20円
・25分500円

月25分以上電話をかけそうな場合は、かけ放題や通話パックを追加しておくことをオススメします。

通話オプションで人気なのは10分かけ放題です。長い電話をたまにする場合に、毎月60分の無料通話がもらえる通話パックを検討してみてください。

その他、下記に格安SIMの電話料金の節約方法をまとめているので、そちらを参考にしてみてください。

格安SIMの通話料金を節約する方法:半額でんわ、かけ放題、無料通話、050のIP電話、2台持ち、DSDVでドコモのFOMA/ソフトバンクのスマ放題

UQモバイルの目次

家族割を適用できる、2回線目以降の月額料金が500円引き

スマホプランを合計で2回線以上申し込むと、UQ家族割で2回線目以降の月額料金が500円引きになります。

家族それぞれがUQ mobileを申し込んで、契約後に代表者がUQ mobileに電話をかけて、UQ家族割を申請します。同じ名義で複数契約する場合でも問題ありません。例えば夫名義で2回線申し込む場合でも、2回線目の月額料金が500円引きになります。

UQ家族割は解約しない限りずーと適用されます。

注意点は本人名義で2回線以上契約する場合は、2回線目以降には利用者登録で利用者の情報(子供等)を入力する必要があります。

例)ダメなケース
1回線目:夫名義で契約
2回線目:夫名義で契約

例)OKなケース
1回線目:夫名義で契約
2回線目:夫名義で契約(利用者登録で妻を登録)
3回線目:夫名義で契約(利用者登録で子供を登録)

例)OKなケース
1回線目:夫名義で契約
2回線目:妻名義で契約
3回線目:妻名義で契約(利用者登録で子供1を登録)
4回線目:妻名義で契約(利用者登録で子供2を登録)

UQモバイルでは本人名義で一度に契約できる回線数は3回線までです。同時に4回線以上申し込む場合は、名義を分けて申し込む必要があります。

1人で最大5回線まで契約できるけど、90日以内だと2回線が限度(利用者登録で3回線まで可能)

UQモバイルの目次

WiMAXを契約するとギガMAX月割で月300円引き!

UQモバイルのスマホプランとWiMAX2+を契約していると、月額料金が300円引きになるギガMAX月割を適用することができます。

ギガMAX月割特集!UQモバイルとWiMAXでスマホも自宅のネットも安く快適に。自宅のネットはコンセントに挿すだけ

WiMAX2+は3日間で10GB使えて、料金は月平均で3500円くらいです。工事不要でコンセントに挿せば、すぐ自宅のWiFiとして簡単に使えます。もともとUQモバイルとWiMAXのコスパは良いですが、ギガMAX月割の300円引きでもう一押しされた感じです。

家族で使う場合、UQモバイルの2回線目からはギガMAX月割は適用されませんが、2回線目からUQモバイルのスマホプランが家族割で月500円引きになります。

格安SIMの管理人はUQモバイルとGMOとくとくBB WiMAX2+のホームルーター(HOME L02)を契約して、月300円のギガMAX月割も適用しています。

※ UQモバイルの「データ高速+音声通話プラン」、「データ高速プラン」、「データ無制限+音声通話プラン」、「データ無制限プラン」はギガMAX月割は適用されません。

UQモバイルの目次

口座振替に対応、手数料も無料!

ほとんどの格安SIMは申し込みと支払いに本人名義のクレジットカードが必要になりますが、UQモバイルはクレジットカードに加えて、口座振替を使うこともできます。オンラインでの申し込みの場合も、口座振替を選ぶことができます。

楽天モバイルやOCNモバイルONE、BIGLOBEモバイルも口座振替ができますが、色々制約があります。

楽天モバイルは口座振替手数料が月100円かかり端末代の支払いは口座振替ではできません。OCNモバイルONEは口座振替手数料はかかりませんが、書類での手続きになるので時間が3週間ほどかかかり、端末代の支払いも口座振替ではできません。BIGLOBEモバイルは口座振替手数料が月200円かかります(端末代の支払いは不明)。

UQモバイルなら、口座振替を選ぶ場合でも口座振替手数料はかかりません。オンラインで手続きができるので、手続きにかかる時間も通常のクレジットカードでの申し込みとほぼ同じです。端末代は、一括での支払いの場合は代引きが使えて、分割払いの場合は口座振替で支払うことができます。

格安SIMや格安スマホで口座振替を使いたい場合、UQモバイルが最も使いやすいMVNOです。

注:UQ mobileではオンラインで申し込む場合は、MNPのみ口座振替に対応しています。MNP以外の新規契約はクレジットカードで手続きを行う必要があります。MNPではない新規契約で口座振替を選択すると申し込みはキャンセルになります。

UQモバイルの目次

auかんたん決済に対応

UQ mobileでもauかんたん決済を使うことができます。

auかんたん決済は、Google Play、App Store、Apple Music、iTunes、iBooksでアプリやデジタルコンテンツを購入する場合に、UQ mobileの月々の通信料金と合算して支払うことができるサービスです。

auかんたん決済の利点は主に3つです。

① 月々の通信料金と合算して支払えるので、クレジットカードの利用明細がアプリやデジタルコンテンツを購入でぐちゃぐちゃにならずに済みます。アプリやデジタルコンテンツの購入の明細は、my UQ mobileで個別に確認することができます。

② 限度額を設定できるので、使いすぎを防ぐことができます。

限度額を下げることもできます。限度額の上限は上記です。my UQ mobileでauかんたん決済自体を使えなく設定することもできます。

③ クレジットカードがないと、アプリやデジタルコンテンツの購入が面倒なことになりますが、auかんたん決済ならクレジットカードがなくても、アプリやデジタルコンテンツの購入が簡単にできます。(限度額がありますが、一般的な使い方なら限度額も使いません

auかんたん決済はあったらあったで便利に使えるサービスです。特にクレジットカードを持っていない場合に便利なサービスです。

UQモバイルの目次

MMSが使えるので、ガラケーのPCメールのブロックに引っかからない

UQ mobileの場合、月200円でキャリアメールと同等のメール(〜@uqmobile.jp)が使えます。MMSが使えるので、ガラケーのPCメールのブロック(迷惑メール)ではじかれずにメールができます。

この機能があるのはUQ mobileだけです。他のMVNOでもMVNO独自のメールが使えたりしますが、それらはすべてPCメールです。

他のMVNOだとガラケーへメールをする場合、ガラケーの人がPCメールを完全ブロックする設定にして、迷惑メールとして届かない可能性があります。UQ mobileからもらえるメールだけauと同等に扱われるので、ガラケーへメールを出しても普通に届きます。

ただ、おそらく月200円のUQメールを使っている人は、UQ mobileを契約している人の中で数パーセントくらいです。

ほとんどの人は無料で使えるGmailやYahooメールなどをスマホに設定して使っています。(簡単に設定できます)

Gmailは最も多く使われているメールアドレスなので、ドコモやau、ソフトバンクを使っている人へも基本的にはGmailでもほとんどの場合でメールが届きます。

いまだにGmailをブロックしている人に対しては、Gmailのブロックを解除してもらえるように頼むのが普通な感じです。どうにもならない場合にUQメールを検討してみてください。

UQメール(〜@uqmobile.jp)が使える機種は限られている

UQメールが使える機種
・SIMフリーの格安スマホのほとんど
・iPhone 5s / 6 / 6 Plus / SE / 6s / 6s Plus / 7 / 7 Plus
・ドコモのSIMロックを解除したAndroidスマホのほとんど

上記以外のiPhoneのモデル(iPhone8以上等)や、ソフトバンクとauのAndroidスマホではUQメールは使えないので注意してください。

UQメールが使えるかどうかの詳細な情報は下記のキャンペーンサイトの動作確認端末の一覧で確認することができます。

動作確認端末の一覧はこちら → UQ mobileのキャンペーンサイト

UQメールが使える機種の表示

UQメールが使えない機種の表示

UQモバイルの目次

多くの人にとって最高の格安SIMになりうる

格安SIMの不満点は通信速度が大手キャリアよりも遅い点ですが、UQ mobileなら大手キャリア並みです。

大手キャリア並みの通信速度が出る格安SIMはUQ mobileだけです。ワイモバイルも通信速度は速いですが、余ったデータを繰り越すことができず、データを消費しない節約モードも使えないので、少し割高になってしまいます。

UQ mobileなら速度もauと同等、余ったデータを繰り越せて、データを消費しない節約モードも使えるので、月額料金をかなり節約することができます。

ワイモバイルは強制的に10分かけ放題が付いてきますが、UQ mobileなら10分かけ放題を外すこともできます。その分、UQ mobileの月額料金が安くなります。

月1GBくらいしかデータを使わない場合は料金的には最適とは言い難いですが、月1GBのプランがある格安SIMとの差額は月500円くらいです。

通信速度でなんだかんだと考えるくらいなら、少し無駄にデータを余らせてしまいますが、UQ mobileの月3GBでも悪くない選択肢です。

UQ mobileは格安SIMの中で異質な存在です。この月額料金で超速い速度が出る。普通ならあり得ないのですが、あり得ちゃうので、相当多くの人にとってUQモバイルのスマホプランが格安SIMの中で最強のプランです。

UQモバイルの目次

UQ mobileのまとめ

UQ mobileの強みは、その圧倒的なまでの通信速度の速さです。

格安SIMや格安スマホの主な不満点は通信速度が遅いことですが、UQ mobileの場合は完全に無縁です。ほぼすべての格安SIMは平日の昼になると速度がとても遅くなりますが、UQ mobileなら快適に使えます。

データを月1GBも使わない場合は他の格安SIM、データを超たくさん使う場合は大手キャリアが良いですが、それ以外の大多数の人にとってはUQ mobileは最有力の候補になります。

UQ mobileは使えるスマホの選択肢が少し少なくなりますが、速度を重視する場合に一番オススメの格安SIMです。

UQモバイルの目次

auの料金プランとUQモバイルの料金プランを徹底比較、UQなら半額以下!

auユーザの多くがUQモバイルへ乗り換えています。

乗り換え理由は、UQモバイルへ乗り換えると使い勝手そのままで、安くなるからです。そしてUQモバイルなら今まで使っていたスマホやiPhoneをそのまま使えるので楽です。

具体的にどのくらい安くなるかはケースバイケースですが、UQモバイルならauの料金の3分の1から3分の2くらいになります。

もともとauの料金プランはUQモバイルと比べて割高ですが、最近のauの料金プランは、家族2人以下だったり、auひかりを契約していなかったりすると、auの料金プランがさらに高くなります。UQモバイルならそんな縛りはありません。

例えば家族2人、auひかりなし、月3GBのデータ、5分かけ放題付きだと、auの料金プランよりもUQモバイルのほうが1年目は2人で8万円近く、2年目以降は年間5万円近く節約できます

下記にUQモバイルの料金プランとauの料金プランを比較しているので、どのくらい節約できるか確認してみることをお勧めします。

年間数万円節約!auからUQモバイルへ乗り換えると料金をいくら節約できるか徹底解説!

UQモバイルの目次

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックを徹底解説&UQ mobileのおすすめ端末の選び方

UQモバイルのスマホプランを契約すると5000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。

キャシュバックキャンペーンの詳細や、割安になっている格安スマホやiPhoneの詳細は下記にまとめているので参考にしてみてください。

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックを徹底解説&UQ mobileのおすすめの格安スマホとiPhoneの選び方

キャッシュバック金額や、キャッシュバックの受け取り時の注意点、UQモバイルで販売している格安スマホやiPhone6sとiPhone7の性能評価や、オススメの理由、オススメではない理由、適用される割引などを詳しく説明しています。

UQ mobileの5000円のキャッシュバックキャンペーン

iPhoneを購入して使いたい場合

新しいiPhoneを購入してUQモバイルで使いたい場合は下記を参考にしてみてください。

UQモバイルの目次

使っているスマホやiPhoneはUQモバイルで使える?SIMカードの選び方を徹底解説

ざっくり説明すると、au、ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルのiPhoneは、UQモバイルへ乗り換える前にSIMロックを解除すればそのままUQモバイルで使えます。SIMロックの解除はネットで5分くらいでできます。

Androidスマホの場合は、auのAndroidスマホなら、SIMロックを解除してからUQモバイルで使えます。

使い勝手が悪くなるか、使えないのはドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルのAndroidスマホです。

UQモバイルの格安SIMはマルチSIM(VoLTE用SIM)です。マルチSIMなので、格安SIMが届いたら自分でマイクロSIMやナノSIMにできます。

auのVoLTEに対応している格安スマホや、SIMフリーのiPhoneやSIMロックを解除したiPhoneなどで使えます。かなりマイナーな格安スマホや相当古いiPhoneを引っ張りださなければ、基本的にはUQモバイルの格安SIMは使えます。

超ざっくり説明すると以上ですが、実際にはSIMロックを解除しなくても使える端末などもあったりします。長くなるので、詳細は下記を参考にしてみてください。

使っているスマホやiPhoneはUQモバイルで使える?SIMカードはどれを選べば良いかを徹底解説

各キャリアごとにUQモバイルで使えるスマホやiPhoneについて、そして自分の端末にあるUQモバイルのSIMカードの選び方を詳しく記載しています。

UQモバイルの目次

UQモバイルの店舗で申し込むメリットとデメリットの詳細

UQ mobileは店舗とオンラインショップで申し込めますが、少しお得に申し込めるのはオンラインショップです。

オンラインショップだと5000円のキャッシュバックがもらえますが、店舗だと基本的に何もありません。

ただ、それにも関わらず結構多くの人が店舗でUQ mobileの申し込みを行なっています。おそらく今までauなどの大手キャリアを使っていた人の場合、店舗で契約するのが当たり前で、特に調べずに店舗で申し込んでいる感じです。

店舗だと対面での契約になるので、安心感があるのかもしれませんが、安心感があっても自分にとって一番良いプランを契約できるかどうかは微妙です。

実際に平日と日曜にUQモバイルの店舗を5店舗回って、店舗の対応やキャンペーンなどの特典の有無などを聞き込みを行なってきたので、UQモバイルの店舗で契約を考えている場合は下記を参考にしてみてください。

UQモバイルの店舗のメリットとデメリットの詳細、UQスポット/携帯ショップ/量販店/オンラインショップの違い

オンラインだと申し込みが少し不安がある場合は、UQ mobileのオンラインショップで実際に契約して徹底解説をざっくり確認してみてください。

店舗で申し込むと、その後もプラン変更などがわからない場合があるので注意!

店舗で申し込むと全て人任せでも申し込めるので、その後にデータ量などのプラン変更等が自分でできない人が結構いるので注意してください。

ネットで申し込んだ人なら、マイページへアクセスして簡単にプラン変更してデータ量を変えたりできるのですが、店舗で申し込んだ人の場合はその方法がわからなかったり・・。

格安SIMを使っている人で、ギガが足りないという人がいて、データ量を変更すれば良いと指摘すると、店舗で申し込んだから自分でデータ量の変更がわからないと・・。そんな感じの人が結構いるので、店舗に丸投げするのは微妙な感じです・・。

UQモバイルの目次

申し込むのに必要なもの、MNPでの乗り換え、実際に契約して徹底解説&便利な使い方

※ 使っているスマホをそのまま使いたい場合は、UQモバイルへ乗り換える前にSIMロックを解除します。

UQ mobileの申し込むのに必要なもの

  • 本人確認書類:運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(写真付のみ)などの一点、無い場合は保険証と住民票
  • 本人名義のクレジットカード(乗り換えの場合はクレジットカードなしで、口座振替が選べます)
  • すでにスマホやガラケーを使っていて電話番号をそのままで使いたい場合はMNP予約番号

スマホやタブレット、ガラケー、デジカメ等で本人確認書類の写真を撮って、スマホやパソコン、タブレット等で申し込むときに画像をアップロードできるようにしておきます。

申し込みから使えるまでの詳細は、「UQ mobileの申し込みの注意点のまとめ:必要なもの、MNPでの乗り換え、オンラインショップで実際に契約して徹底解説」を参考にしてみてください。

下記でざっくりと流れだけ紹介します。

新規契約の場合

UQ mobileのオンラインショップで申し込む

本人確認書類をアップロード

2〜3日程度で格安SIMが届く。iPhoneまたは格安スマホをセットにして申し込んだ場合は一緒に届く

格安SIMをスマホ(iPhone含む)に入れて設定

UQアプリをインストールして、データ残量やチャージができるようにする

完了。スマホが普通に使えるようになる

MNPで乗り換えの場合

使っているキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク等)へ電話をかけてMNP予約番号をもらう

MNP予約番号をもらった当日か翌日にUQ mobileのオンラインショップで申し込む。申し込み時にMNP予約番号を入力する

本人確認書類をアップロード

2〜3日程度で格安SIMが届く。iPhoneまたは格安スマホをセットにして申し込んだ場合は一緒に届く。20時30分までに開通手続きをする

開通手続きをして30分ほどしたら、届いた格安SIMが使えるなる。格安SIMをスマホ(iPhone含む)に入れて設定する

UQアプリをインストールして、データ残量やチャージができるようにする

完了。スマホが普通に使えるようになる。

実際に格安SIMの管理人もUQ mobileのオンラインショップでiPhoneを申し込んで使っています。オンラインで申し込むのは何となく不安な場合は下記を参考にしてみてください。

UQモバイルの申し込みの注意点のまとめ:必要なもの、MNPでの乗り換え、オンラインショップで実際に契約して徹底解説

UQモバイルの申し込みはこちら → UQモバイルのキャッシュバック

UQモバイルの店舗で一緒に行ってくれるのは、申し込みと本人確認書類のアップロード、それとSIMカードの手渡しくらいです。

もしかしたら、親切な店員さんならSIMカードをスマホの中に入れてくれるかもしれません。ただ、1分くらいでできちゃうので、今後のことも考えて自分でできた方がいいと思います。

UQモバイルの便利な使い方

UQモバイルの便利な使い方は下記にまとめています。より節約して使いたい場合に参考にしてみてください。

UQモバイルの強み:余ったデータ量の繰り越し方、データを消費しない低速(節約)モードを徹底解説

UQモバイルの目次

UQ mobileの評判と使っている人達の満足度調査の結果

UQモバイルの評判は超良いです。

au、ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、格安SIMの中で一番評判が良いのがUQモバイルです。

評判が一番良くなっている理由は、大手キャリアと格安SIMの一番の不満点がUQモバイルにはないからです。

大手キャリアの一番の不満点は料金が高いことです。UQモバイルは料金が大手キャリアと比べて3分の2〜3分の1くらいになるので、この不満点を解消できます。

格安SIMの一番の不満点は速度が遅いことです。UQモバイルは速度がau並みに超速いので、この不満点がありません。

両方の不満点が解消されているとともに、余ったデータもちゃんと繰り越せて、データを使わない節約モードが使えて、さらにデータを使い切った後も大手キャリアのように128kbpsの超遅い速度にはならない。このことからUQモバイルの評判が異様に良くなっている感じです。

UQモバイルの評判の詳細や、実際に行ったUQモバイルを使っている人たちの満足度調査の結果は下記にまとめているので参考にしてみてください。

UQモバイルの評判のまとめ、UQモバイルってどんな会社? 使っている人達の満足度調査の結果

上記のページではUQモバイルがどんな会社かも簡単に紹介しています。簡単に紹介すると、KDDIグループの一員で、超お金持ちな会社です。

UQモバイルの目次

その他のおすすめの格安SIM

  • BIGLOBEモバイル
    • BIGLOBEモバイルはYoutubeやAbemaTVをたくさん見たい場合にオススメの格安SIMです。BIGLOBEの3GB以上のプランだと、通話SIMなら月額480円のオプション料金でYoutubeやAbemaTVをデータ消費なしに無制限で見ることができます。au回線なら通信速度も結構速いです。
  • IIJmio
    • 高い信頼性、それがIIJmioの格安SIMです。シェア上位のMVNOと比べて通信速度が比較的速いです。通信障害に強く長期にわたって安定した比較的速い通信速度を維持しているので、信頼性を重視する人におすすめの格安SIMです。
  • mineo
    • mineoはau系、ドコモ系、ソフトバンク系の格安SIMを提供しています。家族割(月50円引き)や複数回線割(月50円引き)、パケットシェアやパケットギフトなど複数人で使う場合に便利なオプションが揃っています。
  • LINEモバイル
    • LINE、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしで使うことができます。LINEの年齢認証も突破できるのでID検索ができます。SNSをよく使う場合にオススメの格安SIMです。
最終更新日 2019年10月14日 / 作成日 2015年3月27日 / 作成者 格安SIMの管理人
「UQ mobileの料金プランと評価を実際に使って徹底解説&速度が速くて満足度最高」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

13
この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
5 Comment threads
8 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
10 Comment authors
格安SIMの管理人らばゆうらばゆう Recent comment authors
  Subscribe  
更新通知を受け取る »
らば
ゲスト
らば

いつも参考にさせていただいてます。docomo回線の格安SIMを使用していましたが、10月UQに乗り換えました。UQの新料金は通信速度を考えるとMVNOとしてはちょっと反則と言いたくなる水準です。思わず乗り換えてしまいました。実際使用してみて、docomo回線よりも屋内での電波が弱い場合があるのが気になりますが、通信速度には大変満足しています。
ところで、管理人さんも紹介しているデータ繰り越しの活用ですが、実質5Gの9・3・3のパターンをやってみたところ、どうやらそうはいかないようです。まず10月に9Gで契約し11月を3Gに変更しました。10月に6G残ったのですが、今日(11月1日)データ残量をみたら6Gになっていました。10月の6Gと11月の3Gで9Gになっているはずなのに・・・
思うに、繰り越される上限は翌月の契約プランのデータ量になっているのでしょうか?

ゆう
ゲスト
ゆう

多分、以下のページを参考にされたのでしょうが・・・
https://kakuyasu-sim.jp/uq-mobile-data-charge

これは旧プランの解説で、無料のデータチャージをした場合です。
2019年10月以降は新プランに切り替わっています。
基本データの繰越上限は、おっしゃっているとおり、翌月適用プランと同容量までです。

らば
ゲスト
らば

追記

よくあるご質問で確認したところ、
「基本データ容量の繰り越し上限は、翌月に適用されるプランの基本データ容量と同じ容量までとなります。」
とありました。
取りあえずは実質6Gの9・3パターンで多少ですが通信料金を節約して行きたいと思います。

塩
ゲスト

この記事を参考に先月UQに乗り換えさせていただきました。有用な記事ありがとうございました。
ぴったりプランMを使っているのですがUQの料金体系が変わった上で、契約は変更した方がお得になるんでしょうか…?
既存の契約をしている人にとっては2年目になるタイミングまでに変えれば容量も値段も変わらないシステムに見えるのですが、今回の料金体系の変更だとUQ側が一方的に損しているようで解せない気がします。笑

ゆう
ゲスト
ゆう

UQの新プランのページに次のように書かれています。

「おしゃべりプラン」および「ぴったりプラン」にご契約されている方は、1回目の満了月の翌月までは「スマホプラン」への料金プランの変更はできません。1回目の満了月より「スマホプラン」への料金プラン変更のお申込みが可能となります。
ttps://www.uqwimax.jp/mobile/plan/smart/

塩さんの場合は、2021年9月にならないと新プランへの変更はできないかと。

通りすがりですが、ご参考まで。

やっさん
ゲスト
やっさん

ここの記事で2年満了予定のドコモ購入iPad 5thをUQ に変更しました。
まだそれほど使用していませんが、速度の不満はまったくありません。
有用な記事ありがとうございました。

一つだけ注意事項があります。

UQのプロファイルをインストールしたままだと、ドコモsimに入れ替えただけではドコモネットワークの利用ができません(通話、iPhoneでのSMSは問題なし)。

ギガゾウ契約のためSMS認証が必要で、一時的にUQ simをiPhoneに挿して契約完了後、ドコモsimに戻したのですが、ドコモネットワークに繋がりませんでした。
どうやら、UQのプロファイルを優先参照してしまうようです。

ちょうどiOS12.4にアップデートもしたので、これも影響しているかもしれません。
12.3では未確認なので、問題は発生しないかも。

UQプロファイルを削除すると、無事ドコモネットワークに接続できる様になりました。

月末の容量不足時にsim 入れ替えするかもと思ってUQのプロファイルを残していたのがトラブルの元でした。

以上、情報提供です。

maxvegalta
ゲスト
maxvegalta
この記事は参考になった/良かった :
     

格安sim導入でこのサイトを参考にさせていただき、家族全員でUQに乗り換え、子供もiPhoneになり満足してます。
来春には2年なので、次をどうしようかそろそろ考えないねば、と思い始めました。MNP乗り換えで機種も新しくしたいのが希望。そんな観点でも情報いただけると助かります。

nicky
ゲスト
nicky

I didn’t read this before I applied.
I went to their store and the customer service asked me to pay 2000 yen in order to get 3000 yen WAON points (gift certificate?).
And he said that I should choose plan M at the beginning.
After that I can change to plan S by phone or through their website.
He added ‘ansin pack’ even I didn’t ask.
Also I could cancel that by phone the next day.
So sad

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ