UQ mobileの詳細評価&実際の速度と他の格安SIMとの比較と評判

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人
UQ mobile

UQ mobileはau回線を使っていて通信速度が圧倒的に速く、速度も全時間帯で安定しています。格安SIMの中で通信品質が一番良いのは間違いなくUQモバイルです。

他の格安SIMは月額料金が安いですが、平日の昼はかなり通信速度が遅くなったり夕方も結構遅くなって、Webサイトの表示も少し時間がかかる場合があります。

UQ mobileなら大手キャリア並みの速度で快適にネットを使うことができます。UQモバイルは通信速度の超速い格安SIMを探している場合、もしくはauのスマホが使えるのでauのスマホユーザに特にお勧めです。

このサイトでは、2015年4月25日からUQ mobileを契約しています。定期的にUQ mobileの通信速度の計測を行って、実際の通信品質と使い勝手の結果をUQ mobileの評価に反映させています。

UQ mobileの公式サイト

最大1万3000円のキャッシュバック → UQ mobileのキャッシュバック

UQ mobileの通話オプション付きのプランは、UQ mobileのおしゃべりプラン(5分かけ放題)とぴったりプラン(無料通話時間60分〜180分)の詳細まとめに記載しているのでそちらを参考にしてみてください。

UQ mobileのおすすめポイント

  • 通信速度が格安SIM中で最高速度
  • 通信速度が全時間帯で安定している
  • 口座振替に対応している(手数料無料!)
  • 動画をたくさん見る場合、無制限プランがおすすめ
  • MMSが使えて、キャリアメールと同等のメールができる
  • 多くの人にとって最高の格安SIMになりうる
  • auかんたん決済が使える
  • UQ mobileを使っている人の満足度がやたらと高い

UQ mobileの注意点

  • 選べるスマホが少し少ない
  • 選べるデータ量が少ない(おしゃべり/ぴったりプランなら月3GB〜21GB)
  • 店舗でも申し込めるけど最大1万3000円のキャッシュバックがもらえなくなる

UQ mobileの格安SIMプランと月額料金

月額料金データ量
データ高速プラン980円3GB
データ高速+音声通話プラン1680円3GB
データ無制限プラン1980円500kbps
データ無制限+音声通話プラン2680円500kbps
おしゃべりプラン(月3GB/9GB/21GB+5分かけ放題)相当複雑なので、おしゃべりプランとぴったりプランの詳細まとめを参考にしてください
ぴったりプラン(月3GB/9GB/21GB+月60分〜180分の無料通話時間)

通話オプションが付いている、おしゃべりプランとぴったりプランは複雑なプランなので、おしゃべりプランとぴったりプランの詳細まとめをご確認ください。

下記に記載している内容は、データ高速プラン、データ高速+音声通話プラン、データ無制限プラン、データ無制限プラン+音声通話プランについてになります。

その他にかかる費用
SIMパッケージ料金 3000円
音声通話プランは12ヶ月以内に解約した場合は解約手数料9500円がかかります。

※ 6ヶ月目以内に他社へMNPするとMNP転出手数料が6000円かかります。7ヶ月目以降だとMNP転出手数料は3000円になります。

データ高速プランとデータ無制限プランはSMS機能付き(通常140円/月くらいかかるところ、UQ mobileだと無料です)

オプション料金
・電話基本パック(留守番電話) 380円/月 (← 無料の留守番電話の設定の仕方)
・端末補償サービス 380円/月
・メールサービス 200円/月
・通話明細サービス 100円/月

低速モードの詳細 (低速モードが使える格安SIMの詳細と使い道)
・バースト転送なし
・低速無制限、実測200kbps
・低速と高速の切り替えアプリあり

通信制限(規制情報)
高速データ通信量を使い切った場合は通信速度は200kbpsに制限されます。直近3日間の通信量が6GB以上の場合は通信速度が最大200kbpsに制限されます。

料金の詳細はこちら →UQ mobileの公式サイト

UQモバイルはau系の格安SIMです。余ったデータの繰越もできます。テザリングもできます。

長期契約中のUQ mobileの評価と他の格安SIMとの比較

UQ mobileの特徴は通信速度が格安SIM中で桁違いに速く、全時間帯で通信速度が安定していること、そしてauのスマホが使えることです。

最高の通信速度

UQ mobileの実際に出る通信速度は格安SIMの中で圧倒的に速いです。そして何より全時間帯で通信速度が安定しています。

通常の格安SIMは通信速度がそこそこ速くても、平日の昼の時間帯は速度が急に遅くなります。通信品質の悪い格安SIMの場合、平日の夜の時間帯も速度があまり出なかったりします。

ところがUQ mobileなら、平日の昼夜かかわらず全ての時間帯で最も速い通信速度が出ます。(土日や祝日は他の格安SIMでも通信速度は比較的速くなります)

格安SIMは通信速度が遅いと思っている人、UQ mobileの通信速度は大手キャリア並みかそれ以上です。いつでも快適にネットをすることができます。

UQ mobileの「データ高速プラン」、「データ高速+音声通話プラン」、「おしゃべりプラン」、「ぴったりプラン」は全て同じ超速い速度です。

※ UQ mobileのデータ無制限プランの通信速度は500kbpsで固定になっています。

UQ mobileの通信速度をリアルタイムで計測中

このサイトでは2018年2月から格安SIMの通信速度をリアルタイムに計測するサイトをオープンしました。UQ mobileの実際に出る通信速度を複数の測定項目から計測しているので参考にしてみてください。

UQ mobileの通信速度(リアルタイム)

平日の昼は他の格安SIMだと速度が急低下したり、平日夜も速度が遅くなったりしますが、UQ mobileならいつでも速い通信速度を維持しています。

このサイトでは、上記のリアルタイム計測をもとに月に1度、格安SIMの通信速度ランキングを更新しています。

2018年11月版の格安SIM35枚とドコモ本家の通信速度ランキング

超速い 1位 UQ mobileドコモ本家(ドコモwith)
2位 BIGLOBE WiMAX 2+ワイモバイル
3位 LINEモバイルのソフトバンク回線(暫定順位)
4位 BIGLOBEモバイルのタイプA、LinksMatemineoのソフトバンクプラン(暫定順位)、b-mobile Sのドコモ回線(暫定順位)
比較的速い 5位 NifMoLIBMO、mineoのドコモプラン
6位 IIJmioのタイプD、イオンモバイルのタイプ2のドコモ回線、LINEモバイルのドコモ回線、mineoのauプラン
普通 7位 DMMモバイル楽天モバイルの新APN、楽天モバイルの新新APN、b-mobile Sのソフトバンク回線、IIJmioのタイプA
少し遅い 8位 エキサイトモバイルイオンモバイルのタイプ1のドコモ回線、楽天モバイルのスーパーホーダイの低速ON、QTモバイルのDタイプ、BIGLOBEモバイルのタイプD、FREETEL
遅い 9位 OCNモバイルONE、U-mobileの通常プラン、DTI SIM、nuroモバイルのドコモ回線、nuroモバイルのソフトバンク回線、ロケットモバイル、イオンモバイルのタイプ1のau回線、QTモバイルのSタイプ、ヤマダニューモバイル
論外 10位 DMMモバイルのSNSフリー、TONEモバイル、0SIM

最新の通信速度ランキングと実際に出る通信速度の詳細を読む

格安SIMごとに実際に出る通信速度が異なります。格安SIMによっては時期によって速度が速くなったり遅くなったりする場合もあります。(UQ mobileならほとんどいつでも超速いです)

UQ mobile以外にも30枚以上の格安SIMとWiMAX 2+の実際に出る本当の通信速度の記録も取ってあるので、最新情報は格安SIMの実際に出る通信速度の記録をご確認ください。

データ容量の選択:月3GB、月最大60GB、月3GB〜21GB

UQ mobileで選べるプランは4種類あります。

データ高速プラン、データ高速+音声通話プラン:月3GB
データ無制限、データ無制限+音声通話プラン:月最大60GB(500kbps、3日間で最大6GB)
おしゃべりプラン:月3GB/9GB/21GB + 5分かけ放題
ぴったりプラン:月3GB/9GB/21GB + 月60分〜180分の無料の通話時間

※ おしゃべり/ぴったりプランは、契約から2年経つと使えるデータ量が3分の2になります。

UQ mobileは完全におしゃべりプランとぴったりプランを押していますが、データ高速プランやデータ無制限、音声通話プランもちゃんと存在しています。

5分かけ放題または月60分〜180分の無料の通話時間をうまく使えそうな場合は、おしゃべりプランとぴったりプランはオススメの選択肢ですが、電話をほとんどしない場合やデータをあまり使わない場合は、少し割高になります。

この場合、通話オプションが付いてこないデータ高速プランやデータ無制限、音声通話プランがオススメです。

おしゃべりプランとぴったりプランのデータ量は月3GB、9GB、21GBですが、プランを適時変更することで月3GB〜月21GBまで対応できます。例えば、月3GBと月9GBを組み合わせれば、月6GBや7GBに調整することができるようになっています。

データ無制限プランの使い道はスマホで動画!

無制限プランは、直近3日間で使ったデータ量が6GBを超えると通信速度が制限されます。毎日動画を10時間くらい見て、それを3日間繰り返さないと6GBの壁は越せないので実質無制限です。

無制限プランの通信速度は最大500kbpsで、実際に出る通信速度も500kbpsです。Youtubeなどの動画を普通画質(360p)なら途中で少し止まるか、もしくはギリギリ止まらずに見ることができます。AbemaTVもギリギリ止まらずに再生できる感じです。

NetflixでもUQ mobileの無制限プランを使ってみましたが、最初の読み込みは30秒くらいかかりますが、再生が始めると止まらずに見ることができます。

500kbpsしかでませんが、割とネットも普通に見れます。さすがに少し遅いかなくらいは思いますが、使いものにならないくらい遅いということはないです。無制限プランが合わない場合、プラン変更すれば翌月から月3GBの高速プランにすることができます。

動画を毎日30分以上見たい場合は、無制限プランを試してみるのがおすすめです。

参考
Youtube向けの格安SIMとYoutubeで消費するデータ量と必要な通信速度
Netflix向けの格安SIM、消費するデータ量と通信速度とダウンロードのまとめ

データ無制限プランはテザリングしてノートパソコンで使うのには向いていない

データ無制限プランはスマホで動画をたくさん見る場合には向いていますが、テザリングをしてノートパソコンで使おうと思っている場合は、やめた方が良いです。(タブレットも表示面積が大きいので、データ無制限プランは少し避けた方がいいです)

ノートパソコンで普通に使うには、最低でも1Mbpsは必要です。データ無制限プランは500kbps(0.5Mbps)しか出ないので不適当です。

ノートパソコンで使いたい場合は月3GBの高速データプラン、データがもっと必要ならおしゃべりプラン/ぴったりプランBIGLOBEモバイルのau回線、月10GB超のデータが必要な場合はWiMAX 2+がオススメです。

口座振替に対応、手数料も無料!

ほとんどの格安SIMは申し込みと支払いに本人名義のクレジットカードが必要になりますが、UQモバイルはクレジットカードに加えて、口座振替を使うこともできます。オンラインでの申し込みの場合も、口座振替を選ぶことができます。

楽天モバイルやOCNモバイルONE、BIGLOBEモバイルも口座振替ができますが、色々制約があります。

楽天モバイルは口座振替手数料が月100円かかり端末代の支払いは口座振替ではできません。OCNモバイルONEは口座振替手数料はかかりませんが、書類での手続きになるので時間が3週間ほどかかかり、端末代の支払いも口座振替ではできません。BIGLOBEモバイルは口座振替手数料が月200円かかります(端末代の支払いは不明)。

UQモバイルなら、口座振替を選ぶ場合でも口座振替手数料はかかりません。オンラインで手続きができるので、手続きにかかる時間も通常のクレジットカードでの申し込みとほぼ同じです。端末代は、一括での支払いの場合は代引きが使えて、分割払いの場合は口座振替で支払うことができます。

格安SIMや格安スマホで口座振替を使いたい場合、UQモバイルが最も使いやすいMVNOです。

注:UQ mobileではオンラインで申し込む場合は、MNPのみ口座振替に対応しています。MNP以外の新規契約はクレジットカードで手続きを行う必要があります。MNPではない新規契約で口座振替を選択すると申し込みはキャンセルになります。

auかんたん決済に対応

UQ mobileでもauかんたん決済を使うことができます。

auかんたん決済は、Google Play、App Store、Apple Music、iTunes、iBooksでアプリやデジタルコンテンツを購入する場合に、UQ mobileの月々の通信料金と合算して支払うことができるサービスです。

UQ mobileの格安SIMが使えるほとんど全てのスマホとiPhoneで対応しています。使えないのはDIGNO Phoneくらいだと思います。

auかんたん決済の利点は主に3つです。

① 月々の通信料金と合算して支払えるので、クレジットカードの利用明細がアプリやデジタルコンテンツを購入でぐちゃぐちゃにならずに済みます。アプリやデジタルコンテンツの購入の明細は、my UQ mobileで個別に確認することができます。

② 限度額を設定できるので、使いすぎを防ぐことができます。

限度額を下げることもできます。限度額の上限は上記です。my UQ mobileでauかんたん決済自体を使えなく設定することもできます。

③ クレジットカードがないと、アプリやデジタルコンテンツの購入が面倒なことになりますが、auかんたん決済ならクレジットカードがなくても、アプリやデジタルコンテンツの購入が簡単にできます。(限度額がありますが、一般的な使い方なら限度額も使いません

auかんたん決済はあったらあったで便利に使えるサービスです。特にクレジットカードを持っていない場合に便利なサービスです。

MMSが使えて、ガラケーのPCメールのブロックに引っかからない

UQ mobileの場合、有料になりますが月額200円払えば、キャリアメールと同等のメールが使えます。MMSが使えて、ガラケーのPCメールのブロック(迷惑メール)ではじかれずにメールをすることができます。

この機能があるのはUQ mobileだけです。他のMVNOでもMVNO独自のメールが使えたりしますが、それらはすべてPCメールです。ガラケーへメールをする場合、迷惑メールとして届かない可能性があります。UQ mobileからもらえるメールだけ、auと同等に扱われるので、ガラケーへメールを出しても普通に届きます。

UQ mobileのメールを使うための、ハングアウトの設定

UQ mobileのメールを使う上での注意点は、設定が少し難しいことです。

UQ mobileのメールアドレスを使うにはハングアウトというアプリを使う必要があります。ハングアウトはVer4で不具合があった方ですが、現在の最新のバージョン、Ver8を実際に使ってみました、送受信に不具合はありませんでした。

GoogleのメッセンジャーアプリはMMSでの受信に不具合があるので、ハングアウトが無難です。

UQ mobileの公式ページに、メールの設定の仕方が載っているので、とりあえずそれを参考に新しく自分のメールアドレスを作ってください。それを作り終えたら、APNの設定を行います。

MMSを使えるようにするには、APNで追加の項目を設定してあげる必要があります。

MMSC: http://mms.ezweb.ne.jp/MMS
MMSポート: 80

もしかしたらユーザごとに少し違う可能性があるので、UQ mobileの公式ページを参考に各自MMSCとMMSポートを探してみてください。

APNを設定した後に、ハングアウトを起動します。左上のメニューをタップして、設定をタップして、SMSをタップしてSMSを有効にします。これで普段使うSMSやMMSをハングアウトでできるようになります。

次にハングアウトの最初の画面に戻って、左上のメニューをタップして、右上のSMSという人マークをタップします。これでUQ mobileのメールでのMMS設定は完了です。あとは、適当にメールやSMSを送って試してみてください。

多くの人にとって最高の格安SIMになりうる

格安SIMの不満点は通信速度が大手キャリアよりも遅い点ですが、UQ mobileなら大手キャリア並みです。

大手キャリア並みの通信速度が出る格安SIMはUQ mobileだけです。ワイモバイルも通信速度が速いですが、10分かけ放題の通話オプションが強制的に付いてくるので、電話をあまりしない場合は少し割高になってしまいます。

UQ mobileだけが通話オプションなしでも超速い速度で月3GBを使うことができます。超速い速度で月3GBのデータSIMを使えるのもUQ mobileだけです。

使えるデータ量は月3GBしか選べませんが、格安SIMユーザの8割は月3GBもデータを使っていません。(参考:格安SIMに必要なデータ量の目安)

月1GBくらいしかデータを使わない場合は料金的には最適とは言い難いですが、月1GBのプランがある格安SIMとの差額は月400円くらいです。通信速度でなんだかんだと考えるくらいなら、少し無駄にデータを余らせてしまいますが、UQ mobileの月3GBでも悪くない選択肢です。

UQ mobileの3GBのプランを選ぶ場合でも、楽天でんわを使えば通話料金は30秒10円にすることができます。UQ mobileの3GBのプラン(音声通話SIM)を使いながらでも、G-Callの10分かけ放題(月800円)を利用できます。

正直言って、UQ mobileの月3GBは格安SIMの中で異質な存在です。この月額料金で超速い速度が出る。普通ならあり得ないのですが、あり得ちゃうので利用しない手はないです。

UQ mobileを検討する上での注意点は、auの電波を使っているため、ドコモの電波を使っているドコモ系の格安SIMと比べて、山間部やかなりの郊外だと電波が悪くなる可能性があることです。該当しそうな場所に住んでそうな場合は、周りのauユーザに電波の受信感度を聞いた方が無難です。

auを使っている人なら、UQ mobileはauの電波を使っていて通信速度も超速いので、同じような感じで使うことができます。

音声通話プランでも10分かけ放題と半額電話は使える

UQモバイルのおしゃべりプランは5分かけ放題、ぴったりプランは月60分〜180分の無料通話時間が付いてきますが、「データ高速+音声通話プラン」と「データ無制限+音声通話プラン」(以下、音声通話プラン)にはかけ放題も無料通話時間も付いてきません。

音声通話プランでは普通の格安SIMと同じように半額電話や10分かけ放題が使えないかというと、否です。使えます。

楽天でんわを使えば、UQモバイルの音声通話プランでも通話料半額の30秒10円で電話をかけることができます。

G-Callを使えば月額800円で国内通話が10分かけ放題、OCNでんわキャリアフリーなら月額1000円で国内通話10分かけ放題がUQモバイルの音声通話プランでも使えます。1回10分を超えた場合は、超過分は30秒10円です。

公式サイト → G-Call電話サービス 10分かけ放題

公式サイト → OCNでんわキャリアフリー

半額電話や10分かけ放題の契約先が、楽天でんわ、G-Call、OCNでんわになってしまいますが、それだけです。デメリットは特にありません。

ただ、UQモバイルで電話をそこそこしたい場合、5分かけ放題付きのおしゃべりプラン、月60分〜180分の無料通話時間付きのぴったりプランも結構割安です。使えるデータ量も月3GB〜21GBで調整できます。

電話をそこそこする場合で新しいスマホが必要な場合は、格安スマホやiPhoneがとても安く手に入るおしゃべりプランとぴったりプランがオススメです。

参考:UQ mobileのおしゃべりプランとぴったりプランの詳細まとめ

その他、格安SIMでも電話をそこそこかけたい場合は、下記に格安SIMの電話料金の節約方法をまとめているので、そちらを参考にしていてください。

参考:格安SIMの通話料金をできる限り抑える方法、半額でんわ、かけ放題、無料通話、050のIP電話、2台持ち、DSDS

DSDV対応機種ならUQ mobileでも月6GBまで安く使える!

UQ mobileで月3GB超のデータを使いたい場合は、おしゃべり/ぴったりプランを選ぶ必要があったのですが、DSDVに対応した格安スマホならSIMカードを2枚便利に使えるので、最大月6GBまで超速い通信速度でネットができます。

DSDV対応機種(auのVoLTE対応も必要です)
OPPO R15 Neo
ZenFone 5
ZenFone 5Z

①「データ高速+音声通話プラン」と②「データ高速プラン」の2枚の格安SIMをDSDV対応機種に入れれば、電話やSMSの着信ができる状態で、2枚の格安SIMのデータを使うことができます。

単なるDSDS対応機種だと、②のデータを使っている間は電話やSMSが着信できません。auのVoLTEに対応したDSDVなら②のデータを使っている間も電話やSMSが着信できます。

DSDV対応機種を使って月1680円のデータ高速+音声通話プランと月980円のデータ高速プラン、合計2780円で月6GBのデータを快適に使えてしまいます。コスパ最強です。

なんのことだかよくわからない場合、もしくは電話をそこそこする場合は、UQ mobileのおしゃべりプランとぴったりプランがおすすめです。

電話をほとんどしない場合で月3GB超〜月6GB以下のデータが必要な場合に、DSDV対応の格安スマホでUQ mobileの格安SIM2枚挿しを試してみることをオススメします。

DSDV対応機種で使えるのはVoLTE用マルチSIMです。LTE用microSIMやLTE用nanoSIMを選んではいけません。

UQ mobileのまとめ

UQ mobileの強みは、その圧倒的なまでの通信速度の速さです。

格安SIMや格安スマホの主な不満点は通信速度が遅いことですが、UQ mobileの場合は完全に無縁です。ほぼすべての格安SIMは平日の昼になると速度がとても遅くなりますが、UQ mobileなら快適に使えます。

UQ mobileは使えるスマホの選択肢が少し少なくなりますが、速度を重視する場合に一番オススメの格安SIMです。

UQモバイルの一番お得な申し込み方法 (キャッシュバックあり!)

UQモバイルは選ぶプランによって一番お得に申し込める場所が変わってきます。一番お得に申し込める場所か下記になっているので、そちらから申し込むことをオススメします。

「データ高速+音声通話プラン」「おしゃべり/ぴったりプラン」の申し込み↓

UQ mobileの申し込み → UQ mobileのキャッシュバックキャンペーン

上記の申し込みサイトからだと「データ高速+音声通話プラン」は5000円のキャッシュバック、おしゃべり/ぴったりプランは最大1万3000円のキャッシュバックがもらえます。

「データ無制限+音声通話プラン」「データ高速/データ無制限プラン」の申し込み↓

UQ mobileの申し込み → UQ mobileの公式サイト

上記の申し込みサイトからだと「データ無制限+音声通話プラン」は3000円のキャッシュバックがもらえます。「データ高速/データ無制限プラン」はキャッシュバックはなく、公式サイトのみから申し込みができます。

UQモバイルの店舗からでも申し込めますが、店舗で申し込むとキャッシュバックがもらえません。「データ無制限+音声通話プラン」や「データ高速/データ無制限プラン」は店舗では申し込めない場合があるので注意してください。

UQ mobileの申し込みやSIMカードの設定に不安がある人は、UQ mobileの申し込みから設定までの全てを参考にしてみてください。

テザリングが使える、2018年10月末からiPhoneもOK

UQ mobileでもテザリングが使えます。テザリングは無料です(データは消費しますが・・)

※ テザリングとは、例えばスマホをテザリングすると、そのテザリングを経由してノートパソコン等でネットができる機能です。スマホを使っている人の1〜2割くらいがテザリングを使っています。

UQ mobileはAndroidスマホと一部のiPhoneのみテザリングができましたが、2018年10月31日に制限がなくなり、全てのiPhoneでテザリングが使えるようになりました。

例外:LTE用SIMとiPhone/iPadの組み合わせだとテザリングはできない

UQ mobileのLTE用SIMとiPhone/iPadの組み合わせの場合だけ、格安SIMでテザリングができないので注意してください。

UQ mobileのマルチSIMとiPhone/iPadの組み合わせの場合にテザリングが使えます。またはUQ mobileのnanoSIM(専用)の場合は、auのiPhone 5s / 6 / 6 Plusでもテザリングが使えます。

UQ mobileのおしゃべりプランとぴったりプランについて

UQ mobileは2016年前半までは、データ高速プラン、データ無制限プラン、音声通話プランを主なプランとして扱っていました。

2016年後半になって通話オプション付きのプラン、ぴったりプランとたっぷりオプションに力を入れ始めて、プラン名などが右往左往して、最終的には5分かけ放題付きのおしゃべりプラン、月60分〜180分の無料通話時間が付いたぴったりプランに落ち着きました。

おしゃべりプランとぴったりプランは、データ高速プラン等のプランとはいろんな面で異なるので、ページを分けて下記で詳しく説明しています。

UQ mobileのおしゃべりプランとぴったりプランの詳細まとめ

ざっくり評価すると、新しいスマホが必要な場合で電話をそこそこして、月に使うデータ量が3GB〜21GBの場合に、おしゃべりプランとぴったりプランは安くてオススメのプランになります。

さらに今ならおしゃべり/ぴったりプランを申し込むと、最大1万3000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンも行っています。

UQ mobileの最大1万3000円のキャッシュバックキャンペーン

上記のリンクから、おしゃべり/ぴったりプランを申し込むとキャンペーンが適用されます。格安SIMのみの申し込みでもキャンペーンは適用されます。

キャッシュバックキャンペーンと注意点にキャッシュバックの詳細をまとめているので、そちらを参考にしてみてください。

代理店のキャッシュバックキャンペーンの注意点

UQ mobileが行っているキャッシュバックの他に、代理店が行っているキャッシュバックキャンペーンというのがあります。

代理店のキャッシュバックキャンペーン(+初期費用無料)

上記からおしゃべり/ぴったりプランを申し込むと代理店のキャッシュバックが適用されます(代理店のキャンペーンだとiPhoneは取り扱っていません)。

代理店のキャッシュバックキャンペーンは初期費用が無料になる機種もあり少しだけお得ですが、格安スマホが届くまでUQのサポートを受けることができません。

代理店のキャンペーンはリンクライフというところが申し込みから発送までサポートしていますが、発送にかなり時間がかかる場合があり、またトラブルを起こした時に、UQはサポートできず、代理店がサポートします。そして代理店の電話はかなり繋がりづらくなっているようです。

また、代理店経由で申し込むと、auおよびau系MVNOからの乗り換えだとキャッシュバックがもらえなくなっていた時期もありました。さらに、代理店の中には最大2万5000円のキャッシュバックと記載しておいて、条件が非常に厳しく、実質ほとんど誰も2万5000円のキャッシュバックがもらえないこともしています。

他にも代理店のキャンペーンにはいくつか注意点があるので、代理店が行なっているキャンペーンと注意点をご確認ください。

UQ mobileが行っているキャッシュバックキャンペーンにしておいた方が無難ですが、リスクを承知で時間にかなり余裕がある場合に代理店のキャンペーンを検討してみてください。

プラン変更の注意点

UQ mobileは下記のパターンの場合に、プランを変更することができます。

データ高速プラン ⇄ データ無制限プラン

データ高速+音声通話プラン ⇄ データ無制限プラン+音声通話プラン

おしゃべりプランS/M/L ⇄ ぴったりプランS/M/L

データ高速+音声通話プラン → おしゃべりプランS/M/L
データ高速+音声通話プラン → ぴったりプランS/M/L
データ無制限プラン+音声通話プラン → おしゃべりプランS/M/L
データ無制限プラン+音声通話プラン → ぴったりプランS/M/L

音声通話プランからおしゃべり/ぴったりプランへ変更すると、新規契約と同じように1年間は月額料金が1000円引き、2年間はデータ量1.5倍で使うことができます。

おしゃべり/ぴったりプランへのプラン変更の場合で、同時にUQ mobileで機種変更する場合はマンスリー割も適用されます。

UQモバイルの店舗で申し込むメリットとデメリット

UQ mobileは店舗とオンラインショップで申し込むことができます。ただ、どちらで申し込むのがお得かというとオンラインショップです。

オンラインショップだと最大1万3000円のキャッシュバックがもらえますが、店舗だと探し回ってもせいぜい最大で5000円程度の商品券がもらえる程度です。

ただ、それにも関わらず結構多くの人が店舗でUQ mobileの申し込みを行なっています。おそらく今までauなどの大手キャリアを使っていた人の場合、店舗で契約するのが当たり前で、特に調べずに店舗で申し込んでいるのかなと思います。

実際のところ、大手キャリアの契約だとオンラインで申し込むメリットは特にありません。店舗の方がお得なキャンペーンを展開していたりします。

UQ mobileは、それが逆になっています。オンラインで申し込むと最大1万3000円のキャッシュバックがもらえますが、店舗だと特にありません。たくさん店舗に聞き込みを行なって、ようやく最大5000円の商品券がもらえるかもしれないくらいです。

店舗だと対面での契約になるので、安心感があるのかもしれませんが、安心感があっても自分にとって一番良いプランを契約できるかどうかは微妙です。

実際に平日と日曜にUQモバイルの店舗を5店舗回って、店舗の対応やキャンペーンなどの特典の有無などを聞き込みを行なってきたので、UQモバイルの店舗で契約を考えている場合は下記を参考にしてみてください。

UQモバイルの店舗のメリットとデメリットの詳細、UQスポット/携帯ショップ/量販店/オンラインショップの違い

UQ mobileの申し込みに必要なものとMNP(乗り換え)について

UQ mobileの申し込むのに必要なもの
・本人確認書類
・本人名義のクレジットカード(申し込みと支払いに必要)
・すでにスマホやガラケーを使っていて電話番号をそのままで使いたい場合はMNP予約番号

申し込みに本人確認書類が必要

申し込むときに下記のいずれか一点が必要になります。
・運転免許証、パスポート(日本国旅券)、身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、特別永住者証明書、在留カード、住民基本台帳カード(写真付のみ)

※ 住民基本台帳カード(写真付のみ)は実店舗のみ受け付けています。2018年5月からオンラインでも住民基本台帳カード(写真付のみ)を受け付けるようになります。

健康保険証しかない場合は、健康保険証プラス補助書類が必要になります。
・健康保険証+補助書類

補助書類 → 公共料金領収証、住民票、届出避難場所証明書、行政機関発行の領収証(現住所が記載されていて発行日から3ヶ月以内のもの)

上記を用意したら、スマホやガラケー、デジカメで本人確認書類を撮る、またはスキャナーで取り込みます。その画像データを申し込み時にアップロードします。

ほとんどのMVNOはデータSIMの場合は本人確認書類は必要ないのですがUQ mobileはデータSIM(データ高速プラン/データ無制限プラン)でも本人確認書類が必要です。

本人名義のクレジットカード、または口座振替用の銀行口座の情報(キャッシュカード)

UQモバイルを申し込む場合、本人名義のクレジットカード、もしくは口座振替を選ぶ場合は本人名義のキャッシュカードが必要になります。ただし、UQの店舗なら家族の証明書を提示できれば、家族名義のクレジットカードやキャッシュカードでも申し込みができます。

たいていのMVNOは未成年では契約できないのですが、UQモバイルの場合、中学生以上なら親権者が同伴することで、UQの店舗でなら未成年者の名義でも申し込みができます。

基本的に本人名義のクレジットカードで手続きしたほうが手っ取り早いですが、クレジットカードがない場合は、UQモバイルなら比較的簡単に口座振替で手続きができます。

オンラインで申し込む場合はMNPのみ口座振替に対応しています。MNP以外の新規契約はクレジットカードで手続きを行う必要があります。MNPではない新規契約で口座振替を選択すると申し込みはキャンセルされてしまいます。

すでに自分のクレジットカードを持っていればそれを使えばいいです。クレジットカードを持っていない場合は、ヤフーカードがオススメです。年間費無料で100円の支払いにつき1ポイントのTポイントがもらえます。

UQ mobileの申し込みと支払いに → ヤフーカード

MNPをする場合は、MNP予約番号が必要

使っているガラケーやスマホの電話番号を、そのままUQモバイルでも使いたい場合、MNPの手続きが必要になります。必要なのは現在契約中のキャリア(ドコモやau、ソフトバンク等)に電話をかけて、MNP予約番号をもらうだけです。

あとは、2015年4月以降に発売されたスマホやiPhoneを使っている場合はUQ mobileへ乗り換える前に、今使っているキャリアでSIMロックの解除手続きをします。

データSIMを申し込む場合や、新しい電話番号でもいい場合、MNPの手続きは必要ありません。ガラケーやスマホを使っていない場合は、新規番号での契約になるのでMNP自体がありません。

他社からUQ mobileへMNPをする場合は、下記を参考にしてみてください。

UQ mobileへ乗り換える場合でもスマホやガラケーが使えなくなる期間なしにMNPすることができます。UQ mobileを申し込んでもスマホやガラケーは使えます。電話もネットもできます。

UQ mobileの申し込み → UQ mobileのキャッシュバックキャンペーン

UQ mobileからSIMカードが届いたら、SIMカードを利用予定のスマホに入れて、回線の切り替え手続きを行います。その手続きをした時に現在使っているスマホやガラケーが使えなくなります。

切り替え手続きをして30分ほど経つと、届いた格安SIMを入れたスマホで電話やネットが繋がるようになります。

UQ mobileで買えるおすすめの格安スマホとiPhoneに付いて

新しいスマホが必要な場合、UQ mobileのおしゃべりプランとぴったりプランを検討することをお勧めします。

UQ mobileのおしゃべりプランとぴったりプランの場合、格安スマホとセットで申し込むとマンスリー割という月額割引を受けることができるので、格安スマホを割安に手に入れることができます。実質ゼロ円端末や、数千円の自己負担で高性能のスマホも手に入ります。

ただし、おしゃべりプランとぴったりプランは、5分かけ放題や月60分から180分の無料の通話時間が強制的に付いてくるプランなので、電話をほとんどしない場合は、少し割高になってしまうので注意してください。

UQ mobileでは格安スマホとiPhone SEとiPhone 6sを販売しています。

格安スマホやiPhone SEとiPhone 6sの性能評価や、オススメの理由、オススメではない理由、適用される割引など下記のページで詳しく説明しているので、そちらをご確認ください。

UQ mobileのキャッシュバックキャンペーン+オススメの格安スマホとiPhoneの選び方

今使っているauやドコモ、ソフトバンクのスマホとiPhoneは使える?

ざっくり説明すると、大半のauのスマホはUQ mobileで使うことができます。ドコモとソフトバンクの場合、SIMロックを解除したiPhoneならUQ mobileで使うことができます。

auのスマホは使える?

auのスマホなら、UQ mobileの格安SIMで使うことができます。

2015年4月以降に発売されたauのスマホなら、乗り換える前にauでSIMロックを解除すれば、UQ mobileのマルチSIMで使うことができます。

2015年3月以前に発売されたスマホだと、マルチSIM以外のSIMカード(nanoSIM / microSIM)を使う必要があったり、極一部のauのスマホは使えなかったりと、結構複雑な条件があったりします。

面倒だから捨てちゃえ!とかはもったいないので、auのスマホがある場合は下記のページを参考にしてみてください。少し複雑ですが、一読すれば間違えて使えない・・という可能性はほとんどなくなります。

auのiPhone/スマホ/iPad/タブレットを格安SIMで使うための詳細+SIMロック解除の仕方

auのiPhoneについて

auのiPhoneはUQ mobileで使うことができます。テザリングもできます。ただし、SIMの種類を間違えると使えない場合があるので注意が必要です。

使えるauのiPhone
×iPhone 5/5c ← いろんな問題があるので諦めて捨てる
iPhone 5s ← iPhone用SIM
iPhone 6 ← iPhone用SIM
iPhone 6 Plus ← iPhone用SIM
iPhone SE ← SIMロック解除、マルチSIM
iPhone 6s / 6s Plus ← SIMロック解除、マルチSIM
iPhone 7 / 7 Plus ← SIMロック解除、マルチSIM
iPhone 8 / 8 Plus / X ← SIMロック解除不要、マルチSIM
iPhone XS / XS Max / XR ← SIMロック解除不要、マルチSIM

auのiPhone 8以上のモデルは、UQで使う場合はSIMロック解除は不要です。ただし、SIMロックを解除しないとドコモ系やソフトバンク系の格安SIMでは使えないので、将来のことを考えてSIMロックは解除しておくことを強くお勧めします。

ドコモのスマホは使える?

SIMロックを解除したドコモのiPhoneなら、UQ mobileでも問題なく使えます。

使えるドコモのiPhone (全てSIMロック解除が必要。全てマルチSIM)
iPhone SE
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone 7 / 7 Plus
iPhone 8 / 8 Plus / X
iPhone XS / XS Max / XR

SIMロックを解除したドコモのiPhone以外のドコモのスマホは、対応バンドの違いで電波が悪くなったり、au系の音声通話に対応していない場合もあるので、使わない方がいいです。

ドコモのiPhone/スマホ/iPad/タブレットを格安SIMで使うための詳細+SIMロック解除の仕方

ソフトバンクのスマホは使える?

SIMロックを解除したソフトバンクのiPhoneなら、UQ mobileでも問題なく使えます。

使えるソフトバンクのiPhone (全てSIMロック解除が必要。全てマルチSIM)
iPhone SE
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone 7 / 7 Plus
iPhone 8 / 8 Plus / X
iPhone XS / XS Max / XR

SIMロックを解除したソフトバンクのiPhone以外のソフトバンクのスマホは、対応バンドの違いで電波が悪くなったり、au系の音声通話に対応していない場合もあるので、使わない方がいいです。

ソフトバンクのスマホを格安SIMで使うための詳細

どのSIMサイズを選べばいい?マルチSIM、nanoSIM(専用)、nanoSIM、microSIMの違い

UQ mobileにはSIMが4種類あります。

UQ mobileで格安スマホやiPhoneをセットに申し込むと、それぞれに適したSIMのサイズを自動的に選んでくれるので気にする必要はないです。

格安SIMのみ申し込む場合は、間違ったSIMの種類(サイズ)を選ぶと、自分のスマホやiPhoneで使えない場合があるので注意が必要です。

・microSIM(LTE用) = microSIM = マイクロSIM
・nanoSIM(LTE用) = nanoSIM = ナノSIM
・マルチSIM(VoLTE用、mini/micro/nano) = マルチSIM = VoLTE用SIM = au VoLTE用SIM
・nanoSIM(専用)

※ 呼び方がMVNOによって少し異なります。例えばマルチSIMとVoLTE用SIMは同じものです。

注意が必要と言っても、格安SIMのみ申し込む人の8割ぐらいはマルチSIMです。auのiPhone 5s / 6 / 6 plusを選ぶ場合にだけnanoSIM(専用)を選びます。

2015年3月以前に発売されたauのAndroidスマホを使いたい場合に、microSIMまたはnanoSIMを選びます。

UQ mobileのキャンペーンサイトにも動作確認端末と、その端末に合う格安SIMの種類(サイズ)が掲載されているので、そちらも確認することをオススメします。

動作確認端末の一覧はこちら → UQ mobileのキャンペーンサイト

iPhoneを購入して使いたい場合

iPhoneを購入してUQ mobileで使いたい場合、方法は大きく分けて3通りあります。

一つはUQ mobileでiPhone SEまたはiPhone 6sを購入する方法、もう一つはアップルストアでiPhoneを購入する方法、最後に若干裏技的ですがヤフオクでUQ mobileのiPhoneを落札する方法です。

簡単に快適にiPhoneが使える組み合わせ、UQ mobileとiPhone

一番簡単に快適にiPhoneを使いたい場合は、UQ mobileとiPhone SE / 6sの組み合わせがオススメです。

iPhoneを扱っているMVNOはほとんどないのですが、UQ mobileでは比較的手頃な価格で買えるiPhone SEとiPhone 6sを扱っています。iPhoneを初めて使う場合や、iPhone 5sなどかなり古いiPhoneを使っている場合にオススメのiPhoneのモデルです。

大抵の格安SIMは通信速度が大手キャリアよりもだいぶ遅いのですが、UQ mobileの通信速度は超速いです。UQ mobileなら快適にiPhoneを使うことができます。

さらに、UQ mobileの通話定額付きのプラン(おしゃべり/ぴったりプラン)なら月額割引と高額のキャッシュバックがもらえるので、相当割安にiPhoneが手に入ります。

コンパクトなスマホが良い場合はiPhone SE、少し画面の大きなスマホが良い場合はiPhone 6sがオススメです。

UQ mobileのiPhone SE

UQのiPhone SE 32GBの価格:4万900円

おしゃべり/ぴったり
キャッシュバックと月額割引を考慮したiPhone SE 32GBの実質価格

プランS → 実質ゼロ円、キャッシュバックが300円残る計算
プランM → 実質ゼロ円、キャッシュバックが1300円残る計算
プランL → 実質ゼロ円、キャッシュバックが3300円残る計算

詳細な内訳の参考:UQ mobileのiPhone SEの実質価格

UQ mobileのiPhone 6s

UQのiPhone 6s 32GBの価格:5万5300円

おしゃべり/ぴったり
キャッシュバックと月額割引を考慮したiPhone 6s 32GBの実質価格

プランS → 実質1万4100円
プランM → 実質1100円
プランL → 実質ゼロ円、キャッシュバックが900円残る計算

詳細な内訳の参考:UQ mobileのiPhone 6sの実質価格

UQ mobileの最大1万3000円のキャッシュバック

UQ mobileでiPhoneを申し込むと格安SIMも一緒に届いて、あとは格安SIMを入れるだけです。

他の格安SIMだとAPNの設定に構成プロファイルをダウンロードしてインストールする必要があったりと、少しだけ難しいところがありますが、UQ mobileなら格安SIMを入れるだけで使えます。超簡単です。UQ mobileなら通信速度もとても速いので、快適に簡単にiPhoneを使うことができます。(テザリングもできます)

実際の設定の仕方は下記に詳しく書いてあるのでそちらを参考にしてみてください。

初めてiPhoneを買って格安SIM(UQ mobile)で使う方法、お得な買い方から必要な設定の全て

アップルストア、または中古ショップ等で購入する方法

iPhone SEまたはiPhone 6sを選ぶ場合は、UQ mobileでセットで買うことがオススメです。それ以外のiPhoneのモデルはアップルストアで購入するか、安く手に入れたい場合はヤフオクや中古ショップで中古の安いiPhoneを購入するのもオススメです。

アップルストアで新品のiPhoneを買う場合は注意点は特にありません。好きなiPhoneを選んでみてください。UQ mobileの格安SIMはマルチSIMを選びます。

中古のiPhoneの中にはUQ mobileで使えないiPhoneもあるので、中古の安いiPhoneを選びたい場合は注意が必要です。ある程度知っている場合は問題ないと思いますが、スマホ初心者向けではありません。

中古のiPhoneを買って使おうと思っている場合は、「今使っているauやドコモ、ソフトバンクのスマホとiPhoneは使える?」を参考に使えるiPhoneの組み合わせを把握した後に、下記のページを一読しておくことをオススメします。

iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイド
格安SIMに最適なスマホ、白ロムの購入ガイド

かなり複雑になっています・・。

UQ mobileの評判とTwitterでの満足度調査の結果

UQ mobileの評判は、とにかくスピードが速い!というのがネットで圧倒的な評判になっています。そして実際、圧倒的に速いです。

au系の格安SIMには、他にもmineoのauプラン、IIJmioのタイプA、BIGLOBEモバイルのタイプA等がありますが、UQ mobileのほうが良いともっぱらな評判になっています。

mineoのauプランもIIJmioのタイプAもあまり良くない通信速度です。

BIGLOBEモバイルのタイプAは格安SIMとしては普通程度だったのですが、2018年8月以降は速度が結構速くなっているので評判が良くなっています。

BIGLOBEモバイルのタイプAも結構速い速度ですが、UQ mobileの通信速度が圧倒的に速いため、評判が評判を呼んでいる状態になっています。

mineoやIIJmioでも自分が使う分には特に問題ないと思いますが、人に勧める場合は、とりあえず通信速度がいつでも超速いUQ mobileにしておこうという感じになります。(BIGLOBEモバイルのタイプAも割と良いですと他人に勧められる感じです)

UQ mobileの通信速度の最新情報は格安SIMとWiMAX 2+の通信速度の記録で実際に計測した速度を掲載しているので参考にしてみてください。格安SIMの中でも、圧倒的に速い通信速度を維持していることがわかると思います。

Twitterでの満足度調査の結果

格安SIMはどこもかしこも何かの調査で満足度1位を掲げていたりしますが、胡散臭いことこの上ないです。

そこで、このサイトでは2018年5月にTwitterで格安SIMの満足度の投票を行いました。MVNOごとの満足度の投票も行い、UQ mobileの投票結果は・・・

MVNOごとの投票で一番多く投票を獲得したのがUQ mobileの603票でした。

そして投票結果だけ見るを除くと
87.2%が満足
5.1%が不満
7.7%がやめた

UQ mobileの満足度は圧倒的に高いです。他のMVNOと比べてもダントツです。UQ mobileの満足度が87.2%なのに対して、mineoは44.4%、ワイモバイルは48.1%、信頼性の高いIIJmioでも64.4%です。

とにかくやたらと満足度が高いのがUQ mobileです。満足度調査の結果は下記にまとめているので参考にしてみてください。

格安SIMとスマホの口コミ:Twitterでの格安SIMの満足度調査の実施結果

UQ mobileの口コミと質問は下記から

このサイトではユーザ参加型の格安SIMと格安スマホの口コミサイトも運営しています。UQ mobileも下記のリンクにて口コミや質問を受け付けているので、何か質問や口コミがあれば、書き込んでいただければと思います。

格安SIMとスマホの口コミ:UQ mobileの口コミ

UQモバイルの関連情報

UQ mobileの公式サイト

最大1万3000円のキャッシュバック → UQ mobileのキャッシュバック

UQ mobileの口コミと質問はこちら
格安SIMとスマホの口コミ:UQ mobileの口コミ

UQ mobileのリアルタイムの実際に出る通信速度はこちら
UQ mobileの通信速度(リアルタイム)

その他のおすすめの格安SIM

  • BIGLOBEモバイル
    • BIGLOBEモバイルはYoutubeやAbemaTVをたくさん見たい場合にオススメの格安SIMです。BIGLOBEの3GB以上のプランだと、通話SIMなら月額480円のオプション料金でYoutubeやAbemaTVをデータ消費なしに無制限で見ることができます。割安に使えるキャンペーンも積極的です。au回線なら通信速度も結構速いです。
  • IIJmio
    • 高い信頼性、それがIIJmioの格安SIMです。シェア上位のMVNOと比べて通信速度が比較的速いです。通信障害に強く長期にわたって安定した比較的速い通信速度を維持しているので、信頼性を重視する人におすすめの格安SIMです。
  • mineo
    • mineoはau系、ドコモ系、ソフトバンク系の格安SIMを提供しています。家族割(月50円引き)や複数回線割(月50円引き)、パケットシェアやパケットギフトなど複数人で使う場合に便利なオプションが揃っています。
  • LINEモバイル
    • LINE、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしで使うことができます。LINEの年齢認証も突破できるのでID検索ができます。SNSをよく使う場合にオススメの格安SIMです。ソフトバンク回線なら通信速度も結構速いです。
最終更新日 2018年11月7日 / 作成日 2015年3月27日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

PR
ワイモバイルのPR
ワイモバイルのキャンペーンの詳細記事
格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る