IIJmioの格安スマホのおすすめランキング

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / 関連:IIJmio更新順(7)

IIJmioでは格安スマホを30機種前後扱っています。どれを選んだら良いのかわからない・・、そんな場合にIIJmioの格安スマホのおすすめランキングを参考にしてみてください。

格安SIMの管理人は格安スマホを今までで50台以上買っている感じの、ちょっと人生の道を外れてしまった迷子ですが、格安スマホは結構まっとうに評価します。

IIJmioの格安スマホのおすすめランキング

格安SIMの管理人はIIJmioを2014年から契約しています。

IIJmioを実際に使って徹底解説、料金プランと総合評価

IIJmioの格安スマホの申し込みはこちら → IIJmioの公式サイト

目次

IIJmioの通話SIMとセットで格安スマホを購入すると最大5000円のギフト券

IIJmioの音声通話SIM(通話SIM)をセットに格安スマホを申し込むと最大5000円分の選べるe-GIFTがもらえます。

もらえるギフト券の額は格安スマホの機種によって異なります。

選べるe-GIFT:複数の電子マネーやギフト券等から自由に商品を選べるギフトサービスです。Amazonギフト券、Google Playギフトコード、App Store & iTunes コード、すかいらーくご優待券、nanacoポイント、楽天Edyなどから選べます。

ギフト券の受け取り方法は下記になります。

①2020年7月1日~2020年7月31日に申し込みの人
→ 2020年11月上旬~11月下旬までに順次メールにて連絡がきます。

②2020年8月1日~2020年8月31日に申し込みの人
→ 2020年12月上旬~12月下旬までに順次メールにて連絡がきます。

その他、IIJmioの音声通話SIMを申し込む場合は、下記のキャンペーンが適用されます。

IIJmioのキャンペーンを徹底解説、初期費用1円+au回線なら合計2100円引き+乗り換えで4000円キャッシュバック

IIJmioでは初期費用3000円が1円、他社からMNPで乗り換えなら4000円キャッシュバック、そしてau回線なら合計2100円引きで使えるキャンペーンをしています。

さらに通話SIMなら10分かけ放題が4ヶ月無料で使えます。2020年8月31日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioでiPhoneやiPadを買うメリットってあるの・・??

IIJmioでは中古のiPhoneやiPadを販売していますが、個人的には正直おすすめではないです。

理由は中古なのに安くないからです。普通に新品買ったほうが良いじゃんとか思っています。

iPhone 8の64GB版だけIIJmioで比較的安く販売しているので検討してみるのは良いと思いますが、それ以外のiPhoneはアップルストアの新品が良いです。

IIJmioでiPhoneを使いたい場合は、IIJmioでiPhoneを使う方法の全てにまとめているので参考にしてみてください。

IIJmioの格安スマホのおすすめランキング

格安スマホのコスパと人気度、大幅割引端末やギフト券の額を考慮して、オススメ順にIIJmioで買える格安スマホを紹介していきます。

おすすめ No.1:Redmi Note 9S、異常なコスパ

Redmi Note 9S

Redmi Note 9Sの価格:2万4800円、ギフト券3000円分

性能:6.67インチ、CPU SDM720G、RAM4GB、ROM64GB、メイン4800万画素+深度200万画素+超広角800万画素+マクロ500万画素、重さ209グラム、電池容量5020mAh

Redmi Note 9Sは2020年6月9日発売の異常なコスパの格安スマホです。

CPUはSDM720GというAQUOS sense3より2.5倍も高性能、OPPO Reno Aとmoto g8シリーズより1.6倍高性能なCPUを搭載しています。

6.67インチの大画面高画質ディスプレイ、電池容量は大容量5020mAh、メインカメラは4800万画素(F値1.79)、WiFiのacとUSB Type Cにも対応しています。

この性能で2万円台で買えるのはコスパが異常です。迷ったら、とりあえずRedmi Note 9Sを選ぶのが最善です。

Redmi Note 9Sの詳細と申し込み → IIJmio

コスパ異常、Redmi Note 9Sの詳細スペックと性能レビュー、高性能で電池持ちも超良い

おすすめ No.2:OPPO Reno3 A、防水・おサイフケータイ対応の大本命

OPPO Reno3 A

OPPO Reno3 Aの価格:3万4800円、ギフト券5000円分

性能:6.44インチ、CPU SDM665、RAM6GB、ROM128GB、カメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+ポートレート200万画素+モノクロ200万画素、重さ175グラム、電池容量4025mAh、防水、おサイフケータイ対応

OPPO Reno3 Aは2020年6月25日に発売された防水・おサイフケータイ対応スマホで一番売れる格安スマホです。

OPPO Reno Aと比べてゲーム性能は低下しましたが、ROMが64GBから128GBへ倍増、カメラ性能も4800万画素に大幅アップして超広角カメラも搭載、電池持ちは1割ちょっとアップしました。

最近はキャッシュレス決済も流行り始めているので、キャッシュレスのおサイフケータイを使いたい場合は、OPPO Reno3 Aが一番おすすめです。単に防水だけ欲しい場合でもOPPO Reno3 Aのコスパはかなり良いです。

OPPO Reno3 Aの詳細と申し込み → IIJmio

OPPO Reno3 Aの詳細スペックと性能レビュー、防水・おサイフケータイ対応スマホの大本命

おすすめ No.3:P30 lite、バランスが良い比較的高性能な格安スマホ

P30 lite

P30 liteの価格:1万9800円

性能:6.15インチ、CPU Kirin710、RAM4GB、ROM64GB、トリプルレンズカメラ(広角2400万画素+超広角800万画素+200万画素)、重さ159グラム、電池容量3340mAh

Kirin710という比較的高性能なCPUを搭載しているので、結構サクサク使えます。暗いところでも明るく撮れるF値1.8のカメラレンズ、広い範囲の風景が撮れる超広角レンズも搭載しています。

バランスの良い格安スマホに仕上がっています。

防水とおサイフケータイが必要ない場合で、手頃なサイズのスマホがいい場合にP30 liteを検討してみてください。

P30 liteの詳細と申し込み → IIJmio

P30 liteの詳細スペックと性能レビュー

おすすめ No.4:中古のiPhone 8の64GB版、IIJmioでiPhoneを買うならこれがベスト

iPhone

中古のiPhone 8の64GB版の価格:2万9800円

IIJmioでもiPhoneを販売していますが、その中で一番おすすめなのがiPhone8の64GB版です。

iPhone8は防水でApple Payにも対応していて、高性能なのであと4年くらい使っていけます(途中で5400円で電池交換が必要)。できるだけ長く快適に安くiPhoneを使いたい場合におすすめです。

iPhone8の詳細と申し込み → IIJmio

iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイド

おすすめ No.5:AQUOS sense3、電池持ちが超良い防水・おサイフケータイ対応

AQUOS sense3 / sense3 lite

AQUOS sense3の価格:2万6800円

性能:5.5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ167グラム、電池容量4000mAh、防水、おサイフケータイ対応、耐衝撃対応

AQUOS sense3は2019年11月に発売された普通性能で電池持ちが超良い防水・おサイフケータイ対応の比較的コンパクトな格安スマホです。

AQUOS sense2からsense3になってCPUの処理能力が15%アップ、ゲーム性能で重要なGPUの処理能力は60%アップ、そして電池持ちが約1.4倍にアップしました。

AQUOS sense3は特別なスマホではありませんが、とりあえず普通に使えて、5.5インチなので扱いやすく、落としても壊れにくく、電池持ちが超良いので電池の劣化の心配なく長い間使えます。

防水とおサイフケータイ対応スマホは、OPPO Reno3 Aがおすすめですが、性能よりもコンパクトさを最重視する場合にAQUOS sesne3を検討してみてください。

AQUOS sense3の詳細と申し込み → IIJmio

AQUOS sense3の詳細スペックと性能レビュー、実用性重視の普通の格安スマホ

おすすめ No.6:nova lite 3+、比較的高性能で安いコスパ機種

nova lite 3

nova lite 3+の価格:2万2800円、ギフト券3000円分

性能:6.21インチ、CPU Kirin710、RAM4GB、ROM128GB、ダブルレンズカメラ1300万画素+200万画素、重さ160グラム、電池容量3400mAh、WiFiのac非対応、Type C非対応

nova lite 3+は2019年2月1日に発売されたnova lite 3の改善版です。nova lite 3+は2020年5月29日に発売されました。

RAMが3GBから4GBに増量、ROMは32GBから128GBに大幅アップしました。

Kirin710なので比較的高性能です。

悪くはない機種ですが、今ならRedmi Note 9Sのほうがおすすめです。軽いスマホを重視する場合に、nova lite 3+を検討してみてください。

nova lite 3+の詳細と申し込み → IIJmio

nova lite 3の詳細スペックと性能レビュー

おすすめ No.7:Xiaomi Mi Note 10 Lite、高品質なカメラスマホ

Xiaomi Mi Note 10 Lite

Mi Note 10 Liteの価格:3万9800円、ギフト券3000円分

性能:6.47インチ、CPU SDM730G、RAM6GB、ROM64GB、メイン6400万画素+深度500万画素+超広角800万画素+マクロ200万画素、重さ204グラム、電池容量5260mAh、マイクロSDカード非対応

Xiaomi Mi Note 10 Liteは2020年6月9日発売の高品質な格安スマホです。

Redmi Note 9SとMi Note 10 Liteの主な違いは、Mi Note 10 Liteは有機ELを使っていて画面の発色が良くなります。

CPUは同程度の性能ですが、RAMが6GBに増量、メインカメラが6400万画素に性能アップしています。Mi Note 10 LiteはマイクロSDカード非対応です。

そこまでスペックアップしているわけではありませんが、RAM6GBなのでアプリをガシガシ使いたい場合は、RAM6GBのMi Note 10 Liteのほうが安心感がある感じです。

Redmi Note 9Sも十分に高性能ですが、より高品質を求める場合にXiaomi Mi Note 10 Liteを選ぶ感じです。

Xiaomi Mi Note 10 Liteの申し込み → IIJmio

Xiaomi Mi Note 10 Liteの詳細スペックと性能レビュー、高品質カメラスマホ

おすすめ No.8:Xiaomi Mi Note 10、1億800万画素の高性能カメラスマホ

Xiaomi Mi Note 10

Xiaomi Mi Note 10の価格:4万9800円、ギフト券5000円分

性能:6.47インチ、CPU SDM730G、RAM6GB、ROM128GB、5眼カメラ(広角1万800万画素+超広角2000万画素+望遠500万画素+ポートフォリオ1200万画素)、重さ208グラム、電池容量5260mAh、外部マイクロSD非対応

Xiaomi Mi Note 10は2019年12月23日に発売された、1億800万画素のカメラを搭載したカメラ性能に特化したSIMフリーの格安スマホです。

Mi Note 10の強みはカメラ性能です。

5つの背面カメラ、500万画素の望遠カメラ、1200万画素のポートレートカメラ、1億800万画素の超高解像度カメラ、2000万画素の超広角カメラ、200万画素のマクロカメラを搭載しています。

カメラ性能を最重視する場合に一番おすすめの格安スマホです。

Mi Note 10の申し込み → IIJmioの公式サイト

Xiaomi Mi Note 10 / Xiaomi Mi Note 10 Proの詳細スペックと性能レビュー

おすすめ No.9:AQUOS zero2、軽くて大画面の超高性能なゲーミングフォン

AQUOS zero2

AQUOS zero2の価格:8万4800円、ギフト券5000円分

性能:6.4インチ、CPU SDM855、RAM8GB、ROM256GB、カメラ標準1220万画素(F値1.7+光学手ぶれ補正)+広角2010万画素(F値2.4)、重さ141グラム、電池容量3130mAh

AQUOS zero2は2020年3月13日に発売された世界最軽量のゲーミングフォンです。AQUOS zeroの後継機種です。

AQUOS zeroは6.2インチで146グラムですが、AQUOS zero2は6.4インチに大きくなって、重さが141グラムに軽くなりました。

性能もAQUOS zeroと比べてCPU性能が30%アップ、GPU性能は20%アップしています。ゲーム性能をより重視した4倍高速有機EL、最速レスポンスにも対応しています。

iPhone 11は6.1インチですが重さは194グラムです。AQUOS zero2の方が50グラム近く軽くなっています。卵1個分くらい軽くなります。この違いは結構大きいです。

AQUOS zero2なら6.4インチの大画面でも軽く使うことができます。スマホの軽さを最重視する場合や、ゲーム性能を最重視する場合にAQUOS zero2を検討してみてください。

AQUOS zero2の申し込み → IIJmioの公式サイト

AQUOS zero2の詳細スペックと性能レビュー、世界最軽量のゲーミングフォン

おすすめ No.10:moto g8 plus、性能バランスが良い格安スマホ

moto g8 plus

moto g8 plusの価格:3万4800円、ギフト券3000円分

性能:6.3インチ、CPU SDM665、RAM4GB、ROM64GB、メイン4800万画素+深度センサー500万画素+超広角カメラ1600万画素、重さ188グラム、電池容量4000mAh

moto g8 plusは2020年3月16日に発売された、性能バランスの良い比較的高性能な格安スマホです。

3万円台のスマホとして、まんべんなく性能を底上げしてきた格安スマホ、それがmoto g8 plusです。普通に使う上で、とてもバランス良くまとまっている構成です。

ただ、基本的にはより高性能で安いRedmi Note 9Sがおすすめです。少しでも軽いほうがいい場合や、カメラ性能を重視する場合にmoto g8 plusを検討してみてください。

moto g8 plusの詳細と申し込み → IIJmio

moto g8 plusの詳細スペックと評価レビュー、性能バランスの良い格安スマホ

おすすめ No.11:ROG Phone、ゲーム性能に特化

ROG Phone

ROG Phoneの価格:4万9800円

性能:6インチ、CPU オーバークロック版SDM845、RAM8GB、ROM512GB、ダブルレンズカメラ(1200万画素(F値1.7/1.4μm) / 800万画素広角)、重さ2000グラム、電池容量4000mAh、外部マイクロSD非対応

ROG Phoneは2018年11月23日に発売されたゲーム性能特化型のスマホです。

結構前の機種ですが、オーバークロック版SDM845は今でも超高性能です。あるていど手頃な価格でゲーム性能を重視する場合に、ROG Phoneを検討してみてください。

ROG Phoneの詳細と申し込み → IIJmio

ROG Phoneの詳細スペックと性能レビュー

おすすめ No.12:ZenFone 6、超高性能&自撮り最強

ZenFone6

ZenFone 6のRAM6GB版の価格:6万4800円、ギフト券5000円分

性能:6.4インチ、CPU Snapdragon 855、RAM6GB、ROM128GB、ダブルレンズカメラ4800万画素(F値1.79)+超広角1300万画素(F値2.4)、重さ190グラム、電池容量5000mAh

ZenFone 6は2019年8月23日に発売されるコスパの良い超高性能スマホです。

最高峰のスナドラ855を搭載して、電池容量は超大容量の5000mAh。

フリップカメラで高品質のアウトカメラをインカメラとして使えるので、自撮り性能が最高クラス、そして画面はノッチなしの全画面ディスプレイです。自撮りを綺麗に撮りたい場合に一番オススメです。

ZenFone 6の申し込み → IIJmioの公式サイト

ZenFone 6の詳細スペックと性能レビュー

おすすめ No.13:Xperia Ace、普通性能の防水・おサイフケータイ・コンパクト

Xperia Ace

Xperia Aceの価格:2万3800円

性能:5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ155グラム、電池容量2700mAh、防水、おサイフケータイ対応

Xperia Aceは2019年6月11日に発売された普通性能なCPUを搭載している、5インチのコンパクトスマホです。防水とおサイフケータイにも対応しています。

発売当初5万円くらいで販売していて、かなり割高でしたが、今ではIIJmioで2万3800円です。

防水・おサイフケータイ対応スマホはOPPO Reno3 Aを買うのが最善ですが、Xperiaブランドのファンの場合にXperia Aceを検討してみてください。

Xperia Aceの詳細と申し込み → IIJmio

Xperia Aceの詳細スペックと性能レビュー

おすすめ No.14:nova 5T、コスパの良いカメラ性能特化スマホ

nova 5T

nova 5Tの価格:4万9800円、ギフト券3000円分

性能:6.26インチ、CPU Kirin980、RAM8GB、ROM128GB、4眼レンズカメラ(広角4800万画素+超広角1600万画素+マクロ200万画素+深度補助200万画素)、重さ174グラム、電池容量3750mAh

2019年11月29日に発売されたカメラ性能に特化したコスパの良い格安スマホです。

カメラ性能に定評のあるファーウェイのハイエンドモデルです。超高性能のCPU、Kirin980を搭載してRAMは超大容量の8GBです。高品質な4眼レンズでスマホの中でもトップクラスのカメラ性能になっています。

価格も4万9800円に抑えられているので、比較的手頃な価格でカメラ性能を重視する場合におすすめのスマホになっています。

nova 5Tの申し込み → IIJmioの公式サイト

おすすめ No.15:AQUOS sense3 plus、比較的高性能な防水・おサイフケータイ対応

AQUOS sense3 plus

AQUOS sense3 plusの価格:4万9800円、ギフト券5000円分

性能:6インチ、CPU SDM636、RAM6GB、ROM128GB、カメラ1220万画素(F値1.8)+超広角1310万画素(F値2.4)、重さ175グラム、電池容量4000mAh、防水、おサイフケータイ対応

AQUOS sense3 plusは、2019年12月に発売された比較的高性能で電池持ちがかなり良い防水・おサイフケータイ対応の格安スマホです。

AQUOS sense3よりもCPUの処理能力が4割アップ、RAMは6GBに増量、ROMは128GBに倍増、画面は6インチにアップ、カメラはF値1.8の明るいレンズで暗いところでも比較的明るく撮れるようになっています。

ただ、OPOP Reno3 Aのほうが性能が良いです。AQUOSにこだわりがある場合に、AQUOS sense3 plusを検討してみてください。

AQUOS sense3 plusの詳細と申し込み → IIJmio

AQUOS sense3 plusの詳細スペックと性能レビュー、AQUOS sense3の上位版

おすすめではない:P40 Pro 5G、P40 lite 5G、P40 lite E ← Google Playストアが使えないのは致命的

IIJmioではP40 Pro 5G、P40 lite 5G、P40 lite Eを販売していますが、米国政府のファーウェイ制裁でGoogle Playストアが使えないので選ばないほうが良いです。

Google Playストアが使えないので、YouTube、Twitter等、その他にも多くのアプリが使えなくなっています。

おすすめではない:OPPO Reno A、比較的高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホ

OPPO Reno Aの価格:2万7800円

性能:6.4インチ、CPU SDM710、RAM6GB、ROM64GB、カメラ1600万画素(F値1.7)+200万画素(F値2.4)、重さ169.5グラム、電池容量3600mAh、防水、おサイフケータイ対応

OPPO Reno Aは2019年10月18日に発売された高性能でコスパ最高の防水・おサイフケータイ対応スマホです。

悪くない機種ですが、今からなら電池持ちとカメラ性能を重視して、後継機のOPPO Reno3 Aを選んだほうが良いです。

OPPO Reno Aの詳細スペックと評価レビュー

おすすめではない:moto g8 power、電池容量5000mAh&ディスプレイも高解像度

moto g8 powerの価格:2万7800円、ギフト券3000円分

性能:6.3インチ、CPU SDM665、RAM4GB、ROM64GB、メイン1600万画素(F値1.8)+マクロ200万画素+超広角800万画素+望遠800万画素、重さ197グラム、電池容量5000mAh、WiFiのac非対応

moto g8 powerは2020年5月14日に発売された格安スマホです。

Reami Note 9Sを選んだほうが幸せになれます。

moto g8 powerの詳細スペックと性能レビュー

おすすめではない:moto g8、安さ最重視の格安スマホ

moto g8の価格:2万2800円、ギフト券3000円分

性能:6.4インチ(低解像度)、CPU SDM665、RAM4GB、ROM64GB、メイン1600万画素(F値1.8)+マクロ200万画素+超広角800万画素、重さ188グラム、電池容量4000mAh、WiFiのac非対応

moto g8は2020年5月14日に発売された格安スマホです。

Redmi Note 9Sを買ったほうが幸せになれます。

moto g8の詳細スペックと評価レビュー

おすすめではない:moto g7

moto g7の価格:2万9800円

性能:6.24インチ、CPU SDM632、RAM4GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ1200万画素(F値1.8)+500万画素、重さ174グラム、電池容量3000mAh、WiFiのac非対応

moto g7は2019年6月7日に発売された普通性能の格安スマホです。

Reami Note 9Sを選んだほうが幸せになれます。

おすすめではない:OPPO A5 2020、低解像度だけど電池持ち化け物

OPPO A5 2020の価格:1万9800円

性能:6.5インチ(低解像度)、CPU SDM665、RAM4GB、ROM64GB、4眼カメラ1200万画素(F値1.8)+超広角800万画素+ポートレート200万画素+モノクロ200万画素、重さ195グラム、電池容量5000mAh

OPPO A5 2020は2019年11月1日に発売された電池持ちに特化した格安スマホです。

Redmi Note 9Sを買ったほうが幸せになれます。

OPPO A5 2020の詳細スペックと性能レビュー

おすすめ No.7:ZenFone Max M2、低画質で普通性能だけど、電池持ちが超良く安いスマホ

ZenFone Max M2の32GB版の価格:1万7500円、ギフト券3000円分

性能:6.3インチ(低画質)、CPU SDM632、RAM4GB、ROM32G、ダブルレンズカメラ1300万画素+200万画素、重さ160グラム、電池容量4000mAh、WiFiのac非対応、Type C非対応

ZenFone Max M2は2019年3月15日に発売されたゲームはあまりしないけどスマホを比較的たくさん使う人向けの格安スマホです。

Reami Note 9Sを選んだほうが幸せになれます。

ZenFone Max M2の詳細スペックと性能レビュー

おすすめではない:ZenFone Max Pro M2、たくさん使う場合に

ZenFone Max Pro M2の価格:3万5800円

性能:6.3インチ、CPU SDM660、6GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ1200万画素(F値1.8)+500万画素、重さ175グラム、電池容量5000mAh、WiFiのac非対応、Type C非対応

ZenFone Max Pro M2は2019年3月15日に発売されたスマホをたくさん使う人におすすめの格安スマホです。

Reami Note 9Sを選んだほうが幸せになれます。

ZenFone Max Pro M2の詳細スペックと性能レビュー

おすすめではない:arrows M05、低性能で防水・おサイフケータイ対応

arrows M05の価格:3万2800円、ギフト券3000円分

性能:5.5インチ、CPU SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1310万画素+500万画素、重さ166グラム、電池容量2880mAh、防水、おサイフケータイ対応

1万円だったら検討する機種です。

おすすめではない:AQUOS sense2、安さ最重視の防水・おサイフケータイ対応スマホ

AQUOS sense2の価格:1万9800円、ギフト券3000円分

性能:5.5インチ、CPU SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ148グラム、電池容量2700mAh、防水、おサイフケータイ対応

1万円だったら検討する機種です。

AQUOS sense2の詳細スペックと性能レビュー

最終更新日 2020年7月2日 / 作成日 2020年7月2日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較
購読する
通知する
guest
0 の口コミとコメント
「IIJmioの格安スマホのおすすめランキング」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMとスマホ比較のカテゴリ
サイト内検索
コメント