IIJmioのスマホおすすめ機種ランキング [最新2022年] 人気端末が乗り換えで大幅値引

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (28) / 関連:IIJmio更新順(10)

IIJmioでは格安スマホを40機種前後扱っています。

どれを選んだら良いのかわからない・・、そんな場合にIIJmioのスマホのおすすめ端末ランキングを参考にしてみてください。

格安スマホを今までで100台以上買っているので、おすすめのスマホをできるだけわかりやすく比較評価します。

IIJmioのスマホおすすめ機種

IIJmioは格安スマホやiPhoneを普通よりも少し安く販売していますが、他社からMNPで乗り換える場合は大幅値引きで人気機種を購入できます。

普通に買うよりも2万円くらい安く買えたりするので、他社からの乗り換えでIIJmioを契約する場合は端末セットがおすすめです。

ここでは端末セットのキャンペーンの詳細と、IIJmioの2022年最新のおすすめ機種をランキングで紹介します。

IIJmioのデメリットとメリット&料金プランの総まとめ

注意:在庫切れの格安スマホは時刻未定で再入荷

他社からIIJmioに乗り換える場合、格安スマホが大幅割引で買えますが、在庫切れになっている場合があります。

IIJmioの格安スマホの在庫チェックと申し込み

在庫切れの場合、朝10時から昼12時の間に入荷することが多いです。

目次

端末キャンペーン① 乗り換えなら対象スマホが大特価セール

他社からMNPでIIJmioへ乗り換える場合、対象機種がスマホ大特価セールで大幅割引で買えます。

キャンペーン期間:2022年6月1日〜2022年7月31日

※ データSIMやeSIMは対象外

スマホ大特価セールの対象機種

  • AQUOS sense6の4GB/64GB:35,800円 → 17,800円
  • AQUOS sense6の6GB/128GB:39,800円 → 19,800円(おすすめ)
  • OPPO A73:18,425円 → 1,980円
  • OPPO Reno5 A:19,800円 → 11,800円 (おすすめ)
  • Mi 11 Lite 5G:38,000円 → 17,800円 (おすすめ)
  • Xiaomi 11T Pro:52,800円 → 32,800円
  • Redmi Note 11:21,800円 → 1,980円 (おすすめ)
  • iPhone 8:21,010円 → 1,980円 (中古美品)
  • iPhone SE 第2世代:26,500円 → 7,980円 (中古美品 / おすすめ)
  • その他多数

スマホ大特価セールの詳細と申込みはこちら

※ IIJmioは上記の本体価格に加えて、初期費用3300円とSIM発行手数料でドコモ回線は433円、au回線は446円かかります。

1人1台限定

スマホ大特価セールは一人1台限定です。

複数回線を契約して、それぞれで機種を購入した場合、割引額が一番大きな機種のみが特別価格で購入できます。それ以外の機種は割引なしになります。

2021年4月以降に端末セットを契約したことがある人は対象外

2021年4月以降にIIJmioを端末セットで契約したことがある人は、スマホ大特価セールの端末割引対象外です。

※ 転売ヤー対策だと思われます

エントリーパッケージは利用不可

スマホ大特価セールで端末とセットで申し込む場合は、エントリーパッケージは利用できません。

在庫切れは翌日チェック or OCNモバイルONEを検討

乗り換えなら格安スマホやiPhoneがかなり安く買えますが、在庫切れになることがあります。

IIJmioは1日で販売する台数を制限していて、1日の販売分を売り切ると在庫切れになって、翌日の朝10時から昼12時に販売を再開することが多いです。

※ 時期によって、入荷未定だったり、翌日の入荷予定時刻が記載されている場合もあります

在庫切れの場合は、OCNモバイルONEのキャンペーンも要チェック!

OCNモバイルONEでも格安スマホを大幅割引で販売していたりするので、IIJmioで在庫切れの場合は、OCNモバイルONEのキャンペーンもチェックしてみることをおすすめします。

OCNモバイルONEのキャンペーンとおすすめ機種【2022年最新】人気端末セール

OCNモバイルONEのキャンペーンとおすすめ機種を徹底解説します。

OCNモバイルONEでは人気スマホが大幅割引で買えるキャンペーンを行っています。

キャンペーン機種
・OPPO Reno5 A:15,000円
・Mi 11 Lite 5G:22,000円
・AQUOS sense6の6GB/128GB:23,300円
・その他多数

この他に初期費用3733円がかかります。2022年6月30日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

OCNモバイルONEのキャンペーンサイト

端末キャンペーン② 初期費用3300円がタイアップサイト限定で1650円

IIJmioは通常は3,300円の初期費用(事務手数料)がかかりますが、このサイトから申し込むとタイアップサイト限定で初期費用が1650円です。

キャンペーン期間:2022年6月1日〜2022年7月31日

※ IIJmioは初期費用の他にもSIM発行手数料でドコモ回線433円(タイプD)、au回線446円(タイプA)がかかります

端末キャンペーン③ 月額料金が2GB550円、4GB690円など (6ヶ月間)

IIJmioならキャンペーンで月額料金が翌月から半年間、月300円割引です。

IIJmioの月額料金割引

月額割引のキャンペーン期間:2022年6月20日〜2022年7月31日までに申し込んだ人

端末キャンペーン③ 通話定額が月410円引き (6ヶ月間)

IIJmioでは5分/10分/時間無制限の通話定額が月410円割引で6ヶ月間使えるキャンペーンをしています。

IIJmioの通話定額キャンペーン

  • 通話定額5分+:月500円 ← 月90円(6ヶ月間)
  • 通話定額10分+:月700円 ← 月290円(6ヶ月間)
  • かけ放題+:月1400円 ← 月990円(6ヶ月間)

キャンペーン期間:2022年6月1日〜2022年7月31日

通話定額が月410円割引の詳細

利用開始月から6ヶ月間、月410円割引が適用されます。

ただし、例えば5分+で加入した後に10分+に変更したりすると、月410円の割引は継続しないので注意してください。

スマホおすすめ機種ランキング

おすすめのIIJmioのスマホをランキング順に紹介します。

  • 1位:OPPO Reno5 A
  • 1位:Mi 11 Lite 5G
  • 1位:moto g52j 5G
  • 2位:OPPO Reno7 A
  • 2位:Redmi Note 11 Pro 5G
  • 3位:AQUOS sense6
  • 3位:Redmi Note 11
  • 4位:AQUOS sense4 plus
  • 4位:moto g31
  • 4位:OPPO A55s 5G
  • 4位:Xiaomi 11T Pro
  • 4位:motorola edge 30 pro
  • 5位:ZenFone 8
  • 5位:Motorola edge 20
  • 5位:Xperia 10 III Lite
  • 5位:AQUOS wish
  • 5位:Redmi Note 10T
  • 6位:Redmi 9T
  • 6位:OPPO A73
  • 6位:Motorola edge 20 fusion
  • 6位:Xiaomi 11T
  • 6位:ZenFone 8 Flip
  • 7位:AQUOS R6
  • 8位:Galaxy S10

※ IIJmioは機種代金に加えて、初期費用1650円とSIM発行手数料でドコモ回線は433円、au回線は446円かかります。

※ 別段の記載がなければ、全てDSDV対応です。

1位:OPPO Reno5 A

OPPO Reno5 A

OPPO Reno5 Aの機種代金:31,400円

乗り換え:大幅割引で11,800円

性能:2021年6月発売、6.5インチ(90Hz)、CPU Sapdragon 765G、RAM6GB、ROM128GB、メインカメラ6400万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素+モノクロ200万画素、重さ182グラム、電池容量4000mAh、Android 12へアップデート可

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (背面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

OPPO Reno5 A評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能 4.5
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.0
軽さ 3.5
コスパ(乗り換え) 5.0

旧モデルのOPPO Reno3 Aと比べて処理能力が約1.8倍、ゲーム性能が約2.7のSnapdragon 765Gを搭載しているので、サクサク使える性能です。6400万画素のカメラ性能も良いです。

防水とおサイフケータイにも対応しているので、できるだけ安く快適に使いたい場合におすすめの機種です。eSIMとナノSIMx2枚のDSDVにも対応しています。

OPPO Reno5 Aの詳細と申し込みはこちら

OPPO Reno5 Aのレビューと詳細スペック、バランスの良い5G対応スマホ

1位:Mi 11 Lite 5G

Mi 11 Lite 5G

Mi 11 Lite 5Gの機種代金:38,000円

乗り換え:大幅割引で17,800円

性能:2021年7月発売、6.55インチ(有機EL、90Hz)、CPU Sapdragon 780G、RAM6GB、ROM128GB、メイン6400万画素+超広角800万画素+テレマクロ500万画素、重さ159グラム、電池容量4250mAh、Android 12へアップデート可

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓

Mi 11 Lite 5G評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.5
カメラ性能 4.0
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.0
軽さ 5.0
コスパ(乗り換え) 4.0

Snapdragon 780Gという高性能なCPUを搭載しているので快適に使える性能です。

発売当初はゲーム性能が最適化されておらずカクつくことが多かったですが、その後のアップデートでスマホゲームもほぼ問題なく遊べるようになっています。

6.55インチの大画面にも関わらず、重さが159グラムと軽く、厚さも6.81ミリで普通のスマホよりも2割薄いので、手軽に使いたい場合に一番おすすめです。

Mi 11 Lite 5Gの詳細と申し込みはこちら

Mi 11 Lite 5Gのレビューと詳細スペック、大画面で軽量薄型・おサイフケータイ・高性能

1位:moto g52j 5G

moto g52j 5G

moto g52j 5Gの機種代金:29,800円

乗り換え:大幅割引で14,800円

性能:2022年6月発売、6.8インチ(120Hz)、CPU Sapdragon 695 5G、RAM6GB、ROM128GB、メイン5000万画素+超広角800万画素+マクロ200万画素+深度200万画素、前面カメラ1300万画素、重さ206グラム、電池容量5000mAh、Android 11

防水 ○ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

moto g52j 5G評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能(推定) 3.5
画面の大きさ 5.0
電池持ち 4.5
軽さ 3.0
コスパ(乗り換え) 5.0

あれ?なんでこんなに安いの?と疑問に思ったのがmoto g52j 5Gの第一印象です。この性能で乗り換えなら14,800円はかなり安いです。

欠点は206グラムで重めで、画面が有機ELではないことです。それ以外は全て揃ってます。

有機ELだと画面の発色が良くなります。ただ、有機ELなし/ありのスマホを2台並べて比べないと、普通の人にはよくわからない違いです。

画面サイズが6.8インチでスマホの中でも最大クラスです。大きな画面で便利に使いたい場合に一番おすすめです。

moto g52j 5Gの詳細と申し込みはこちら

2位:OPPO Reno7 A

OPPO Reno7 A

OPPO Reno7 Aの機種代金:36,800円

乗り換え:大幅割引で19,800円

性能:2022年6月発売、6.4インチ(有機EL、90Hz)、CPU Sapdragon 695 5G、RAM6GB、ROM128GB、メインカメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素、前面カメラ1600万画素、重さ175グラム、電池容量4500mAh、Android 12へアップデート予定

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

OPPO Reno7 A評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能 3.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 5.0
軽さ 4.0
コスパ(乗り換え) 4.5

OPPO Reno7 Aで力を入れているのはデザインです。カメラ配置が良く、角張った外観でマット仕上げです。

旧モデルのOPPO Reno5 Aよりも電池持ちが3割アップして、有機ELで発色が良いです。使いやすさ、見た目の良さ、電池持ちを重視する場合におすすめの機種です。

OPPO Reno7 Aの詳細と申し込みはこちら

2位:Redmi Note 11 Pro 5G

Redmi Note 11 Pro 5G

Redmi Note 11 Pro 5Gの価格:38,800円

乗り換え:大幅割引で22,800円

性能:2022年5月発売、6.67インチ(120Hz、有機EL)、CPU Snapdragon 695 5G、RAM6GB、ROM128GB、カメラ1億800万画素+超広角800万画素+マクロ200万画素、前面カメラ1600万画素、重さ202グラム、電池容量5000mAh、Android 11、デュアルスピーカー搭載

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

Redmi Note 11 Pro 5G評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能(推定) 4.0
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.5
軽さ 3.0
コスパ(乗り換え) 4.5

大画面、電池持ち良し、割と高性能、おサイフケータイ対応、eSIM対応、15分で50%の高速充電、有機ELでリフレッシュレート120Hz、デュアルスピーカー搭載

ほしいものを満遍なく揃えてきたのに、割安感のある価格帯です。欠点は202グラムあり、防水ではなく防滴対応なことくらいです。

最近のスマホの中では重めなことです。少しの重さは気にしない場合で、大画面で便利に使いたい場合におすすめの機種です。

Redmi Note 11 Pro 5Gの詳細と申し込みはこちら

3位:AQUOS sense6

AQUOS sense6

AQUOS sense6の機種代金
・4GB/64GB版:35,800円
・6GB/128GB版:39,800円

乗り換えの価格
・4GB/64GB版:17,800円
・6GB/128GB版:19,800円

性能:2021年11月発売、6.55インチ(有機EL)、CPU Sapdragon 690 5G、RAM4GB/6GB、ROM64GB/128GB、メイン4800万画素+超広角800万画素+望遠800万画素(光学2倍ズーム)、重さ156グラム、電池容量4570mAh、Android 12へアップデート可、耐衝撃

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

AQUOS sense6評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.5
カメラ性能 3.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.5
軽さ 5.0
コスパ(乗り換え) 4.5

AQUOS sense6は6.1インチで重さが156グラムで厚さも7.9ミリなので、軽いスマホに仕上がっています。

耐衝撃構造で壊れにくく、電池持ちが超良く3年使っても電池容量が90%以上維持できるので、快適に長く使えます。同じスマホをできるだけ長く使いたい人におすすめです。

4GB/64GB版と6GB/128GB版の価格差が2000円しかないので、6GB/128GB版がおすすめです。

AQUOS sense6の詳細と申し込みはこちら

AQUOS sense6のレビューとスペック、楽天モバイルとSIMフリー版の詳細

3位:Redmi Note 11

Redmi Note 11

Redmi Note 11の価格:21,800円

乗り換え:大幅割引で1,980円

性能:2022年3月発売、6.43インチ(90Hz、有機EL)、CPU Snapdragon 680、RAM4GB、ROM64GB、カメラ5000万画素+超広角800万画素+マクロ200万画素+深度200万画素、重さ179グラム、電池容量5000mAh、Android 11、デュアルスピーカー搭載

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ☓ | eSIM ☓

Redmi Note 11評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.0
カメラ性能(推定) 4.0
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.5
軽さ 3.5
コスパ(乗り換え) 5.0

大容量の5000mAhを搭載していても、179グラムで比較的手頃な重さです。デュアルスピーカー搭載なので音も良いです。

画面が有機ELでキレイでリフレッシュレートが90Hzなので滑らかに表示してくれます。

安さを最重視する場合はRedmi Note 11がおすすめです。

Redmi Note 11の詳細と申し込みはこちら

4位:AQUOS sense4 plus

AQUOS sense4 plus

AQUOS sense4 plusの価格:28,000円

乗り換え:大幅割引で7,980円

性能:2020年10月発売、6.7インチ(90Hz)、CPU Snapdragon 720G、RAM8GB、ROM128GB、カメラ4800万画素+超広角500万画素+マクロ190万画素+深度190万画素、重さ197グラム、電池容量4120mAh、Android 12へアップデート可、デュアルスピーカー

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (背面) | 顔認証 ◯ | 5G ☓ | eSIM ☓

AQUOS sense4 plus評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能 3.5
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.0
軽さ 3.5
コスパ(乗り換え) 4.5

少し前に発売された機種ですが、発売時は5万円くらいしましたが、今は乗り換えなら6,480円です。

大きな画面のAQUOSスマホを検討している場合に、AQUOS sense4 plusがおすすめです。デュアルスピーカーで音も良いです。

AQUOS sense4 plusの詳細と申し込みはこちら

AQUOS sense4 plusのレビューと詳細スペック、6.7インチで音が良い

4位:moto g31

OPPO A73

moto g31の機種代金:21,800円

乗り換え:大幅割引で1,980円

性能:2022年1月発売、6.4インチ(有機EL)、CPU MediaTek Helio G85、RAM4GB、ROM128GB、カメラ5000万画素+超広角800万画素+深度200万画素、重さ181グラム、電池容量5000mAh、Android 11(おそらくAndroid 12へアップデート予定)

防水 △(防滴) | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証(側面) ◯ | 顔認証 ◯ | 5G ☓ | eSIM ☓

moto g31評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.0
カメラ性能 3.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.5
軽さ 3.5
コスパ(乗り換え) 5.0

Helio G85は普通性能のCPUです。画面と電池持ちにこだわっているのがmoto g31です。

有機ELなので画面の発色が良く、5000mAh搭載しているので電池持ちも良いです。安価で画面と電池持ちを重視する場合におすすめです。

moto g31の詳細と申し込みはこちら

4位:OPPO A55s 5G

OPPO A55s 5G

OPPO A55s 5Gの機種代金:23,500円

乗り換え:大幅割引で3,480円

性能:2021年1月発売、6.5インチ(90Hz)、CPU Snapdragon 480 5G、RAM4GB、ROM64GB、メイン1300万画素+深度200万画素、重さ178グラム、電池容量4000mAh、Android 11

防水 ◯ | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証 ☓ | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

OPPO A55s 5G評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.5
カメラ性能(推定) 3.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.0
軽さ 4.0
コスパ(乗り換え) 5.0

OPPO A55s 5Gは6.5インチの大画面ですが、重さが178グラムと比較的軽量です。

画面のリフレッシュレートが90Hzなので、他の機種よりも滑らかに画面を表示できます。指紋認証には対応していません。

ナノSIMx2+eSIMのDSDVに対応しているので、安いeSIM対応機種を検討している場合におすすめです。

OPPO A55s 5Gの詳細と申し込みはこちら

4位:Xiaomi 11T Pro

Xiaomi 11T Pro

Xiaomi 11T Proの機種代金:52,800円

乗り換え:大幅割引で32,800円

性能:2021年11月発売、6.67インチ(有機EL、120Hz、Gorilla Glass Victus)、CPU Snapdragon 888、RAM8GB、ROM128GB、メイン1億800万画素+超広角800万画素+テレマクロ500万画素、重さ204グラム、電池容量5000mAh、Android 12へアップデート可、デュアルスピーカー

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓

Xiaomi 11T Pro評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能 4.0
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.5
軽さ 2.5
コスパ(乗り換え) 4.5

Xiaomi 11T Proは超高性能なSnapdragon 888を搭載したおサイフケータイ対応の5Gスマホです。

ハイエンドで安い機種を検討している場合におすすめです。

Xiaomi 11T Proの詳細と申し込みはこちら

Xiaomi 11T Proのスペック・キャンペーン・実機レビュー、超高速充電で17分で満充電

4位:motorola edge 30 pro

motorola edge 30 pro

motorola edge 30 proの機種代金
・RAM8GB/ROM128GB:67,800円
・RAM12GB/ROM256GB:69,800円

乗り換え価格
・RAM8GB/ROM128GB:51,800円
・RAM12GB/ROM256GB:54,800円

性能:2022年6月発売、6.7インチ(有機EL、144Hz)、CPU Snapdragon 8 Gen1、RAM8GB/12GB、ROM128GB/256GB、メイン5000万画素+超広角5000万画素(マクロ対応)+深度200万画素、前面カメラ6000万画素、重さ196グラム、電池容量4800mAh、Android 12、デュアルスピーカー

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓

edge 30 pro評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能(推定) 4.5
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.5
軽さ 3.0
コスパ(乗り換え) 4.0

最高性能のSnapdragon 8 Gen1を搭載しています。

防水とおサイフケータイは非対応ですが、その分を他の性能アップに注ぎ込んでいます(おサイフケータイ対応は結構コストがかかります)。

おサイフケータイを使わない場合で、性能を最重視する人におすすめの機種です。

Motorola edge 30 proの詳細と申し込みはこちら

5位:ZenFone 8

ZenFone 8

ZenFone 8の機種代金
・RAM8GB/ROM128GB版:60,800円
・RAM8GB/ROM256GB版:71,800円
・RAM16GB/ROM256GB版:84,800円

乗り換えの価格
・RAM8GB/ROM128GB版:40,800円
・RAM8GB/ROM256GB版:51,800円
・RAM16GB/ROM256GB版:64,980円

性能:2021年8月発売、5.9インチ(有機EL、120Hz、Gorilla Glass Victus)、CPU Snapdragon 888 5G、メイン6400万画素+超広角カメラ1200万画素、重さ169グラム、電池容量4000mAh、Android 12へアップデート可、デュアルスピーカー

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓

ZenFone 8評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能 4.5
画面の大きさ 3.5
電池持ち 4.0
軽さ 4.5
コスパ(乗り換え) 3.5

ZenFone 8はSnapdragon 888 5Gの超高性能CPUを搭載しているので、何でもサクサク使えます。

重さも169グラムと比較的軽量で、防水おサイフケータイにも対応しています。一言で評価すると、かっこいいスマホです!

ハイエンド機種でコンパクトさを重視する場合におすすめです。

ZenFone 8の詳細と申し込みはこちら

5位:Motorola edge 20

Motorola edge 20

Motorola edge 20の機種代金:42,900円

乗り換え:大幅割引で22,800円

性能:2021年10月発売、6.7インチ(有機EL、144Hz)、CPU Snapdragon 778G、RAM6GB、ROM128GB、メイン1億800万画素+超広角1600万画素+望遠800万画素(光学3倍)、重さ163グラム、電池容量4000mAh、Android 12へアップデート予定

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓

Motorola edge 20評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.5
カメラ性能 4.5
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.0
軽さ 5.0
コスパ(乗り換え) 4.0

Motorola edge 20はSnapdragon 778という高性能CPUを搭載しているのに加えて、メインカメラの画素数が1億800万画素の超高画質、光学3倍の望遠カメラも搭載しています。

6.7インチの大画面スマホにも関わらず、重さが163グラムの軽量タイプです。画面の大きさ、軽さ、カメラ性能を重視する場合におすすめです。

Motorola edge 20の詳細と申し込みはこちら

5位:Xperia 10 III Lite

Xperia 10 III Lite

Xperia 10 III Liteの機種代金:44,000円

乗り換え:大幅割引で24,800円

性能:2021年8月発売、6インチ(有機EL)、CPU Snapdragon 690 5G、RAM6GB、ROM64GB、メイン1200万画素+超広角カメラ800万画素+望遠800万画素(光学2倍)、重さ169グラム、電池容量4500mAh、Android 12へアップデート予定

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ☓ | 5G ◯ | eSIM ◯

Xperia 10 III Lite評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能 3.5?
画面の大きさ 3.5
電池持ち 5.0
軽さ 4.5
コスパ(乗り換え) 3.0

Xperia 10 III Liteは6インチの縦長画面で幅が68ミリのスリムなサイズです。

4500mAhの大容量の電池を搭載しているにも関わらず、重さが169グラムと軽いです。eSIMとナノSIMのDSDV対応です。

重さと電池持ちを重視する場合におすすめです。

Xperia 10 III Liteの詳細と申し込みはこちら

Xperia 10 III Liteのレビューと詳細スペック、軽量で大容量バッテリー搭載

5位:AQUOS wish

AQUOS wish

AQUOS wishの機種代金:28,480円

乗り換え:大幅割引で8,980円

性能:2022年1月発売、5.7インチ(低解像度)、CPU Snapdragon 480 5G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1300万画素(F値2.0)、重さ162グラム、電池容量3730mAh、Android 12へアップデート予定、耐衝撃

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ☓ | 5G ◯ | eSIM ◯

AQUOS wish評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.5
カメラ性能(推定) 3.0
画面の大きさ 3.5
電池持ち 4.0
軽さ 4.5
コスパ(乗り換え) 4.5

AQUOS sense6よりも性能が低下して、画面が小さめで低解像度、顔認証も非対応です。

基本的にはあと3,000円ほど出してOPOP Reno5 Aを買うほうがおすすめですが、AQUOSスマホで安い機種が良い場合にAQUOS wishを検討してみてください。

AQUOS wishの詳細と申し込みはこちら

AQUOS wishのレビューと楽天/UQ/ワイモバイル/SIMフリー版の違いとキャンペーン情報

5位:Redmi Note 10T

OPPO Reno5 A

Redmi Note 10Tの機種代金:29,800円

乗り換え:大幅割引で9,980円

性能:2022年4月発売、6.5インチ(90Hz)、CPU Snapdragon 480 5G、RAM4GB、ROM64GB、メインカメラ5000万画素(F値1.8)+深度200万画素、重さ198グラム、電池容量5000mAh、Android 11

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

Redmi Note 10T評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.5
カメラ性能(推定) 4.0
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.5
軽さ 2.5
コスパ(乗り換え) 4.5

おサイフケータイと防水対応で、電池持ちを重視する場合にRedmi Note 10Tがおすすめです。eSIMとナノSIMx2枚のDSDVにも対応しています。

Redmi Note 10Tの詳細と申し込みはこちら

6位:OPPO A73

OPPO A73

OPPO A73の機種代金:18,425円

乗り換え:大幅割引で1,980円

性能:2020年11月発売、6.44インチ(有機EL)、CPU Snapdragon 662、RAM4GB、ROM64GB、1600万画素+超広角800万画素+モノクロ200万画素+ポートレート200万画素、重さ162グラム、電池容量4000mAh、Android 11へアップデート可

防水 ☓ | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ☓ | eSIM ◯

OPPO A73評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.0
カメラ性能 3.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.0
軽さ 4.5
コスパ(乗り換え) 4.5

防水・おサイフケータイが不要な場合で、安さと軽さを重視する場合におすすめです。

eSIMにはIIJmioのeSIMプラン、ナノSIMには楽天モバイルのSIMを入れて使うこともできます。

安いeSIM対応機種ならOPPO A55s 5Gがおすすめですが、性能よりも安さと軽さを最重視する場合にOPPO A73を検討してみてください。

OPPO A73の詳細と申し込みはこちら

OPPO A73のレビューと詳細スペック、eSIM対応の格安スマホ

6位:Xiaomi 11T

Xiaomi 11T

Xiaomi 11Tの機種代金:47,850円

乗り換え:大幅割引で27,800円

性能:2021年11月発売、6.67インチ(有機EL、120Hz、Gorilla Glass Victus)、CPU MediaTek Dimensity 1200-Ultra、RAM8GB、ROM128GB、メイン1億800万画素+超広角800万画素+テレマクロ500万画素、重さ203グラム、電池容量5000mAh、Android 12へアップデート予定、デュアルスピーカー

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓

Xiaomi 11T評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.5
カメラ性能 4.5
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.5
軽さ 2.5
コスパ(乗り換え) 4.0

Xiaomi 11Tは2021年11月5日発売の高性能なMediaTek Dimensity 1200-Ultraを搭載したおサイフケータイ対応の5Gスマホです。

Snapdragon 888と比べると性能は一段下がりますが、Dimensity 1200-Ultraも性能はかなり良いです。

Xiaomi 11T Proとの違いは、充電速度が少しだけ遅くなり(それでも100%充電まで36分間)、おサフケータイ非対応、廉価版の超高性能CPUになるくらいです。

おサイフケータイ不要で性能と安さを重視する場合におすすめです。

Xiaomi 11Tの詳細と申し込みはこちら

IIJmioのおすすめiPhoneランキング

IIJmioでは中古美品と未使用品のiPhoneを扱っています。

中古美品は本体のみの提供です。未使用品は付属品も入っています。保証期間は30日間です。Apple Careは加入できません。

※ IIJmioは機種代金に加えて、初期費用1650円とSIM発行手数料でドコモ回線は433円、au回線は446円かかります。

1位:iPhone SE 第2世代

iPhone SE 第2世代

iPhoneSEの64GB版の機種代金
・未使用品:39,800円
・中古美品:26,500円

他社からの乗り換えなら大幅割引
・未使用品:19,800円
・中古美品:7,980円

iPhone SEの性能:4.7インチ、CPU A13 Bionic、RAM3GB、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ148グラム

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ (Apple Pay) | 指紋認証(前面) ◯ | 顔認証 ☓ | 5G ☓ | eSIM ◯

iPhone SE2評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.5
カメラ性能 3.5
画面の大きさ 2.5
電池持ち 3.0
軽さ 5.0
コスパ(乗り換え) 4.0

アップルストアだと49,800円ですが、IIJmioなら乗り換えなら中古が5,980円、未使用品が17,800円です。(アップルストでは2022年3月終売)

超高性能なので途中で電池交換すれば4年使えます。

できるだけ長くコスパ良く使いたい場合に、iPhone SE 第2世代がおすすめです。

iPhone SE 第2世代の詳細と申し込みはこちら

iPhone SE 第2世代の性能レビュー

2位:iPhone 12

iPhone 12

iPhone12の機種代金(未使用品)
・64GB版:84,800円
・128GB版:92,000円

乗り換え
・64GB版:64,980円
・128GB版:72,000円

iPhone 12の性能:6.1インチ(有機EL)、CPU A14 Bionic、RAM4GB、カメラ1200万画素(F値1.8)+超広角1200万画素(F値2.4)、重さ162グラム

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ (Apple Pay) | 指紋認証 ☓ | 顔認証 ◯ (マスクありでも使える) | 5G ◯ | eSIM ◯

iPhone 12評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能 4.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.0
軽さ 4.0
コスパ(乗り換え) 2.5

アップルストアでは新品のiPhone12の64GBが86,800円です。IIJmioなら乗り換えなら62,900円で安く買えます。

iPhone 12の詳細と申し込みはこちら

2位:iPhone 12 mini

iPhone 12 mini

iPhone12 miniの機種代金(未使用品)
・64GB版:68,800円

乗り換え:大幅割引で48,800円

iPhone 12 miniの性能:5.4インチ(有機EL)、CPU A14 Bionic、RAM4GB、カメラ1200万画素(F値1.8)+超広角1200万画素(F値2.4)、重さ133グラム

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ (Apple Pay) | 指紋認証 ☓ | 顔認証 ◯ (マスクありでも使える) | 5G ◯ | eSIM ◯

iPhone12mini評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能 4.5
画面の大きさ 3.0
電池持ち 3.5
軽さ 5.0
コスパ(乗り換え) 3.0

アップルストアではiPhone 12 miniの64GBが69,800円です。IIJmioなら乗り換えなら54,800円で安く買えます。

iPhone 12 miniの詳細と申し込みはこちら

3位:iPhone 11

iPhone 11

iPhone11の機種代金(中古美品)
・64GB版:50,800円
・128GB版:57,800円

他社からの乗り換えなら大幅割引
・64GB版:32,800円
・128GB版:37,800円

iPhone 11の性能:6.1インチ、CPU A13 Bionic、RAM4GB、カメラ1200万画素(F値1.8)+超広角1200万画素(F値2.4)、重さ194グラム

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯(Apple Pay) | 指紋認証 ☓ | 顔認証 ◯ | 5G ☓ | eSIM ◯

iPhone 11評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.5
カメラ性能 4.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.0
軽さ 3.0
コスパ(乗り換え) 3.5

できるだけ安く電池持ちよくiPhoneを使いたい場合に、iPhone 11がおすすめです。

iPhone 11の詳細と申し込みはこちら

iPhoneを格安SIMとeSIMで使うための完全ガイド

スマホの性能の見方、どれがより高性能?

スマホの性能で一番重要なのはCPUです。CPUが高性能なほどスマホがサクサク動きます。

どのCPUが高性能か知らない人が多いと思うので、下記にざっくりとした性能表を載せておくので参考にしてみてください。

2022年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:870、888、8 Gen1
Google:Tensor
iPhone:12シリーズ、SE 第3世代、13mini、13、13Pro、13Pro Max
高性能
Snapdragon:845、778G、780G、855、860、865
MediaTek:Dimensity 1200-Ultra(Snapdragon 865と同じくらい)
Galaxy:Exynos1280(Snapdragon 845と同じくらい)
iPhone:XR、XS、XS Max、SE 第2世代、11シリーズ
比較的高性能
Snapdragon:480、730、730G、690 5G、720G、732G、750G、695 5G、765G、835
MediaTek:Dimensity 700、800U
iPhone:8、X
普通性能
Snapdragon:662、665、660、820、670、675、680、710
MediaTek:Helio G85
iPhone:7
低性能
Snapdragon:630、632、650、636
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE 第1世代
最底辺
Snapdragon:450、625、439、460
MediaTek:Helio P35
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6

※ 右に行くほど高性能 (Snapdragon 480から732Gまではほとんど同性能)

スマホを人よりも少し多く使う場合は、比較的高性能以上を選びます。スマホがよりサクサク動くようになります。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

可もなく不可もない機種

Motorola edge 20 fusion

Motorola edge 20 fusion

Motorola edge 20 fusionの機種代金:35,800円

乗り換え:大幅割引で15,800円

性能:2021年10月発売、6.7インチ(有機EL、90Hz)、CPU MediaTek Dimensity 800U、RAM6GB、ROM128GB、メイン1億800万画素+超広角とマクロ800万画素+深度200万画素、重さ185グラム、電池容量5000mAh、Android 12へアップデート予定

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓

edge 20 fusion評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能 4.0
画面の大きさ 4.5
電池持ち 5.0
軽さ 3.0
コスパ(乗り換え) 4.5

Motorola edge 20 fusionは、MediaTek Dimensity 800Uという少しマイナーですが、比較的高性能なCPUです。

メインカメラ1億800万画素でF値1.9に加えて、5000mAhの大容量電池を搭載しているので電池持ちはかなり良いです。安さ重視で電池持ちとカメラ性能を重視する場合におすすめです。

Motorola edge 20 fusionの詳細と申し込みはこちら

ZenFone 8 Flip

ZenFone 8 Flip

ZenFone 8 Flipの機種代金
・RAM8GB/ROM256GB版:76,800円

乗り換え:大幅割引で56,800円

性能:2021年8月発売、6.7インチ(有機EL、90Hz)、CPU Snapdragon 888 5G、RAM8GB、ROM128GB、メイン6400万画素+超広角カメラ1200万画素+望遠800万画素(光学3倍)、重さ230グラム、電池容量5000mAh、Android 12へアップデート可、デュアルスピーカー

防水 ☓ | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓

ZenFone 8評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能 4.5
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.0
軽さ 2.0
コスパ(乗り換え) 3.0

ZenFone 8 Flipは最新最速のCPUを搭載して、カメラが回転するスマホです。

ZenFone 8 Flipは230グラムと重くなり、おサイフケータイと防水は非対応になりますが、6.7インチの大画面で5000mAhの大容量電池を搭載、そして電動駆動カメラでアウトカメラをインカメラに切り替えられます。

大画面で最新最速のCPU、もしくは自撮り性能を最重視する場合におすすめです。

ZenFone 8 Flipの詳細と申し込みはこちら

AQUOS R6

AQUOS R6

AQUOS R6の機種代金:99,800円

乗り換え:割引で89,980円

性能:2021年9月発売、6.6インチ(有機EL、240Hz)、CPU Snapdragon 888、RAM12GB、ROM128GB、メイン2020万画素(1インチセンサー)、重さ207グラム、電池容量5000mAh、Android 12へアップデート予定

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓

AQUOS R6評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能 5.0
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.0
軽さ 2.5
コスパ 2.0

画素数は2020万画素と少なめですが、重要なのはイメージセンサーの大きさです。イメージセンサーが大きいほどきれいな写真が撮れます。

通常のスマホは1/2インチのイメージセンサーが多いですが、AQUOS R6はスマホ史上最大の1インチのイメージセンサーを搭載しています。カメラ性能を最重視する場合におすすめです。

Galaxy S10

Galaxy S10

Galaxy S10の機種代金:34,800円 (中古美品)

乗り換え:大幅割引で14,800円

性能:2019年6月発売、6.1インチ(有機EL)、CPU Snapdragon 855、RAM8GB、ROM128GB、トリプルレンズ標準1200万画素(F値1.5⇄2.4)+光学2倍望遠1200万画素+超広角1600万画素、重さ157グラム、電池容量3300mAh、DSDV非対応、Android 12へアップデート予定

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ☓ | eSIM ☓

AQUOS R6評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.5
カメラ性能 5.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 3.5
軽さ 4.5
コスパ 4.0

Galaxy S10は2019年発売のAndroidスマホですが、当時のハイエンドスマホで、なおかつ最新のAndroid 12へアップデートできるので、今でも快適に使えます。カメラの実性能はかなり良いです。

ただし、中古のAndroidスマホは電池の消耗具合がわからず、交換できるお店も限られるので、おすすめ度は少し微妙です。

Galaxy S10のレビューとキャンペーン情報

おすすめではない機種

おすすめではない:AQUOS sense5G

AQUOS sense5Gの価格:38,280円 ← 乗り換えだと18,800円

性能:5.8インチ、CPU Snapdragon 690 5G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)+望遠800万画素+超広角1200万画素、重さ178グラム、電池容量4570mAh、耐衝撃対応

AQUOS sense5Gは2021年3月12日に発売された機種です。後継機種のAQUOS sense6が発売されたので、AQUOS sense5Gを買うメリットは無いです。

AQUOS sense5Gのレビューと詳細スペック

おすすめではない:moto g50 5G

moto g50 5Gの機種代金:26,800円 ← 乗り換えだと6,980円

性能:6.5インチ(低解像度で90Hz)、CPU MediaTek Dimensity 700、RAM4GB、ROM128GB、メイン4800万画素+深度200万画素+マクロ200万画素、重さ206グラム、電池容量5000mAh

moto g50 5Gは2021年10月1日に発売された機種です。悪くない機種ですが、同じような性能で軽くて安いRedmi Note 11を買ったほうが良いです。

おすすめではない:razr 5G

razr 5Gの価格:151,800円 ← 乗り換えだと131,800円

性能:メインディスプレイ6.2インチ+サブディスプレイ2.7インチ、CPU Snapdragon 765G、RAM8GB、ROM256GB、カメラ4800万画素、重さ192グラム、電池容量2800mAh

razr 5Gは2021年3月26日発売の折り畳めるスマホです。価格が13万円もするので、ごく一部の愛好家が買うのかもです。

おすすめではない:moto e7 power

moto e7 powerの価格:15,180円 ← 乗り換えだと1,980円

性能:6.5インチ(低解像度)、CPU Mediatek Helio G25、RAM2GB、ROM32GB、メイン1300万画素+マクロ200万画素、重さ200グラム、電池容量5000mAh

moto e7 powerは2021年2月26日に発売された機種です。この機種を検討するなら、Redmi Note 11を選んだほうが良いです。

おすすめではない:moto e7

moto e7の価格:17,050円 ← 乗り換えだと1,980円

性能:6.5インチ(低解像度)、CPU Mediatek Helio G25、RAM4GB、ROM64GB、メイン4800万画素+マクロ200万画素、重さ180グラム、電池容量4000mAh

moto e7は2021年2月26日に発売された機種です。この機種を検討するなら、Redmi Note 11を選んだほうが良いです。

おすすめではない:iPhone 8

iPhone8の価格:21,010円 ← 乗り換えだと1,980円 (中古美品)

iPhone 8の性能:4.7インチ、CPU A11 Bionic、RAM2GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ148グラム、DSDV非対応

性能的にあと1年半くらいしか使えないので、今からは買わない方がいいです。

格安SIMの管理人の画像
書いた人

2015年3月から格安SIMの比較サイトを運営しています。

1人で地道にこつこつ運営していたら、累計訪問者数は約2600万人で約9000万ページビューになりました(2021年8月時点)

これからも格安SIMと格安スマホの情報をできるだけ詳しくお届けします!

最終更新日 2022年7月2日 / 作成日 2020年7月2日
5 3
この記事は参考になった/良かった
※注:口コミやコメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミ

購読する
通知する
guest
28 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
はて
はて
2022年5月17日 6:49 PM

おすすめじゃない機種
何故なのか理由も記載して貰えませんでしょうか。
ただ単にこれよりアッチが良いと書かれても
大人の事情?忖度?無いと思いますが勘繰っちゃいます。

うさ子
うさ子
2022年4月9日 2:15 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

管理人さん、いつも有益な情報ありがとうございます。こちらのサイトからMNPで申し込み、4日後の本日無事に端末を受け取りました。普通の音声SIMなので初期費用はかかりますが、端末が安く買えたので満足です。ライトユーザーの私には高スペックすぎるかもと悩みましたが、長く使えそうなモトローラのedge 20 fusionにしました。うまく移行できるか分からないですが、機種変を自分でするのもボケ防止と思ってトライしてみます!

らふぃん
らふぃん
2022年4月1日 5:18 PM

デビットカードや口座振替が利用できたら、移行したいです。住信sbiマスターデビットカードでは、申し込みできませんでした。

り
2022年3月1日 10:01 AM

端末込みでMNPした場合、ブラックにならない最低契約期間ってどの程度見といた方がいいですか?

ポッポ
ポッポ
2022年2月27日 12:58 AM

Reno5Aキャンペーン特価が終了して通常価格に戻ってますね。私は1日遅れで逃しました。

ポッポ
ポッポ
  ポッポ
2022年2月28日 8:48 PM

自己レスになりますがReno5A単品の特価販売は終わってますが、MNP同時購入特典は継続してますね。読み間違えました。

大人の事情
大人の事情
2022年2月2日 8:56 PM

ビックSIM(IIJmio)だと初期費用1円ですけどね。

とら
とら
2022年2月2日 7:35 PM

有益な情報をありがとうございます。oppo Reno5aがかなり安いですね。

私は今iijmioと楽天モバイルを使用中なので互いにmnpしようか思案中です。

ぴか
ぴか
2022年2月2日 3:29 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

比較的に短期解約や端末機複数購入に寛大だった(?)iijさんもそろそろ転売対策でしょうか。年に一台か二台、安い買う楽しみがなくなってしまうのは残念でもあります。。

名無し
名無し
  ぴか
2022年2月2日 4:14 PM

普通は安いアンドロイドでも1~2年は(セキュリティ的に)使えるので
21年4月以降のスマホ割引キャンペーン利用者が申し込めないのは仕方ないかなと
転売はどこでも迷惑かけて困りますね

1~2年毎にMNPして随時端末更新していけば予備端末も残って安心できそうです
さすがに3~4年後にキャンペーン対象外ではないと思いたい

トリハ
トリハ
  格安SIMの管理人
2021年7月9日 5:22 PM

おかげさまで、7月9日にMi 11 Lite 5Gを注文することができました。情報ありがとうございました(いい機会だと思ってドコモのガラケーをMNPしました)。

!
!
2021年6月11日 1:38 PM

多分スペックの数字と価格で判断されているのでしょうが、個人的にはマイクとスピーカーと電源の品質並びにアップデート回数と頻度が大事だと思うんですね。そこらへんはどうでしょうか?

EE
EE
  !
2021年6月12日 9:40 AM

格安SIM選ぶ人は値段とコスパが気になるのではないでしょうか?

inaka1120号
inaka1120号
2021年5月21日 7:04 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

ギガプランau回線でRedmi9tは契約可能でした。
画面では非対応と表示でますがそのまま進んで契約完了しました。
サポートにも確認済みです。
参考までに…

ShunXYZ
ShunXYZ
2021年3月9日 5:38 PM

私だけかもですが、、、
本文内のIIJmioへのリンクが無効になってませんか??

「IIJmioのスマホおすすめ機種ランキング [最新2022年] 人気端末が乗り換えで大幅値引」をシェアしてくださいm(_ _)m
コメント