※ 本ページは広告を含みます

IIJmioのスマホおすすめ機種ランキング [2024年4月] 人気端末が大特価セール

IIJmioでは格安スマホを40機種前後扱っています。

どれを選んだら良いのかわからない・・、そんな場合にIIJmioのスマホのおすすめ端末ランキングを参考にしてみてください。2024年4月最新情報です。

格安スマホを今までで100台以上買っているので、おすすめのスマホをできるだけわかりやすく比較評価します。

IIJmioのスマホおすすめ機種

IIJmioは格安スマホやiPhoneを普通よりも少し安く販売していますが、他社から乗り換える場合は人気端末が大特価セールで買えます。

普通に買うよりも最大35,000円も安くなるので、乗り換えでIIJmioを契約する場合は端末セットがおすすめです。

IIJmioの評判とデメリット、ギガプラン総まとめ【契約して評価】

IIJmioのおすすめ端末の目次

端末キャンペーン① 乗り換えなら対象スマホが大特価セール

他社からMNPでIIJmioへ乗り換える場合、対象機種がスマホ大特価セールで大幅割引で買えます。2024年6月3日までのシェアNo.1記念キャンペーンです。

期間:2024年1月18日〜2024年6月3日 21:59

例えば2024年6月3日の21時に申し込んで、6月10日に開通した場合でも端末割引などは適用されます。(※ データSIMとデータeSIMは対象外)

スマホ大特価セールの対象機種

  • AQUOS sense8:49,800円 → 33,800円 (おすすめ)
  • AQUOS sense7:39,800円 → 27,800円
  • AQUOS sense6:17,000円 → 4,980円 (在庫切れ注意)
  • OPPO Reno7 A:20,500円 → 7,980円
  • OPPO Reno9 A:41,980円 → 9,780円 (一番おすすめ)
  • OPPO Reno10 Pro 5G:69,800円 → 37,800円
  • motorola edge 40:57,800円 → 32,800円
  • Redmi 12 5G:27,800円 → 4,980円 (おすすめ)
  • Redmi Note 10T:18,800円 → 110円 (最安スマホ)
  • Galaxy S22:74,800円 → 39,799円 (おすすめ)
  • Pixel 7a:57,800円 → 44,800円
  • その他多数

スマホ大特価セールの詳細と申込みはこちら

※ IIJmioは上記の本体価格に加えて、初期費用3300円とSIM発行手数料でドコモ回線は433円、au回線は446円かかります。

IIJmioの端末キャンペーンは1人1台限定、2台目の割引は1年後なら可能

スマホ大特価セールは一人1台限定です。

複数回線を契約して、それぞれで機種を購入した場合、割引額が一番大きな機種のみが特別価格で購入できます。それ以外の機種は割引なしになります。

IIJmioの端末キャンペーンで2台目も割引したい場合は、1台目の契約から1年経過後に申し込めばキャンペーン価格で買えます。

過去1年以内に端末セットを契約したことがある人は対象外

IIJmioの申し込み日より過去1年間の間に、IIJmioで端末とセットで契約したことがある人は、スマホ大特価セールの端末割引対象外です。


2023年4月に端末セットを契約 ← 端末割引 ○
2024年3月に端末セットを契約 ← 端末割引 ×
2024年4月に端末セットを契約 ← 端末割引 ○

※ 転売ヤー対策だと思われます

エントリーパッケージは利用不可

スマホ大特価セールで端末とセットで申し込む場合は、初期費用無料のエントリーパッケージは利用できません。

IIJmioは事務手数料として3,300円です。さらにSIM発行手数料として、ドコモ回線433円(タイプD)、au回線の物理SIMは446円(タイプA)、au回線のeSIMは220円かかります。

au回線の音声eSIMとセットだと少し安くなる

IIJmioを契約する場合、初期費用として事務手数料3,300円とSIM発行手数料(eSIM発行手数料)がかかります。

SIM発行手数料(eSIM発行手数料)

  • au回線の音声eSIM:220円
  • au回線の音声SIM:446円
  • ドコモ回線の音声eSIMと音声SIM:433円

au回線の音声eSIMが一番安くなりますが、eSIMだと機種変更ごとにeSIM発行手数料がかかるので、メリットとしては微妙です。

基本的には通常の音声SIM(物理SIM)で申し込むのがおすすめです。

在庫切れの再入荷は月に1〜2回

乗り換えなら格安スマホやiPhoneがかなり安く買えますが、在庫切れになることがあります。

IIJmioは一度在庫切れになると、結構長い期間再入荷されないので、次回入荷未定の場合は他の機種を検討することをおすすめします。

※ 在庫切れ機種によって「次回入荷未定」や再入荷予定日が記載されている場合があります。

端末キャンペーン② 月額料金が6ヶ月間440円割引(音声SIM/音声eSIM)

IIJmioの月額料金割引ャンペーン

IIJmioの新規契約または他社からの乗り換えで契約すると、2/5/10/15/20GBの月額料金が6ヶ月間440円割引が適用されます。割引は利用開始月から適用されます。

音声SIMまた音声eSIM限定特典です。端末とセットで申し込む場合でも月額割引が適用されます。(データSIMとデータeSIMは対象外)

シェアNo.1記念キャンペーン【音声SIM/音声eSIM月額割引】
キャンペーン期間:2024年1月18日〜2024年6月3日までに申し込んだ人

IIJmioを2回線以上申し込んだ場合でも、それぞれの回線で割引と増量が適用されます。

端末キャンペーン③ 5分かけ放題が月90円など (6ヶ月間)

IIJmioの通話定額キャンペーン

IIJmioでは5分/10分/時間無制限の通話定額が月410円割引で6ヶ月間使えるキャンペーンをしています。

  • 通話定額5分+:月500円 ← 月90円(6ヶ月間)
  • 通話定額10分+:月700円 ← 月290円(6ヶ月間)
  • かけ放題+:月1400円 ← 月990円(6ヶ月間)

キャンペーン期間:2024年1月18日〜2024年6月3日までに申し込んだ人

利用開始月から6ヶ月間、月410円割引が適用されます。ただし、例えば5分+で加入した後に10分+に変更したりすると、月410円の割引は継続しないので注意してください。

端末キャンペーン④ 大容量プラン限定!5GB増量&月額料金が半額 (3ヶ月間)

IIJmioの大容量プランのキャンペーン詳細

IIJmioの新規契約または他社からの乗り換えで契約すると、30/40/50GBの月額料金が3ヶ月間半額で使えます。割引は利用開始月から適用されます。

さらに30GB以上のプランならデータ容量も3ヶ月間5GB増量です。

音声SIMまた音声eSIM限定特典です。端末とセットで申し込む場合でも月額割引が適用されます。(データSIMとデータeSIMは割引対象外で5GB増量のみ対象)

大容量プラン 音声SIM月額割引&データ増量
キャンペーン期間:2024年3月1日〜2024年6月3日までに申し込んだ人

スマホおすすめ機種ランキング(売れ筋)

IIJmioのおすすめ端末

おすすめのIIJmioのスマホをランキング順に紹介します。

おすすめの機種は他社からの乗り換えなら一括4,980円〜9,780円で買えるAndroidスマホです。(性能重視なら39,799円のGalaxy S22がおすすめ)

110円の最安スマホもありますが、性能的に心許ないので、少しお金を出して買った方が後悔することが少なくなります。

  • 1位:OPPO Reno9 A
  • 2位:Redmi 12 5G
  • 2位:Galaxy S22
  • 3位:AQUOS sense8
  • 3位:moto g52j 5G Special
  • 3位:nubia Ivy
  • 3位:Redmi Note 10T
  • 4位:motorola edge 40
  • 4位:motorola edge 30 pro
  • 4位:OPPO Reno10 Pro 5G
  • 5位:Pixel 7a
  • 5位:AQUOS sense7
  • 5位:Xperia 10 V

※ IIJmioは機種代金に加えて、初期費用3300円とSIM発行手数料でドコモ回線は433円、au回線は446円かかります。

※ 別段の記載がなければ、全てデュアルSIMでDSDV対応です。

1位 OPPO Reno9 A、手軽で比較的高性能で9,780円

OPPO Reno7 A

通常価格:41,980円

乗り換え価格
・9,780円 6月3日まで
19,800円 2月29日まで
24,800円 1月17日まで
19,800円 2023年10月31日まで

性能:2023年6月発売、6.4インチ(有機EL、90Hz)、Sapdragon 695 5G、RAM8GB、ROM128GB、メインカメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素、前面カメラ1600万画素、重さ183グラム、電池容量4500mAh、Android 13

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

OPPO Reno9 A評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.5
カメラ性能 3.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 5.0
軽さ 4.0
コスパ(乗り換え) 4.5

OPPO Reno9 Aは旧モデルのOPPO Reno7 Aとほぼ同じ性能ですが、RAMが6GBから8GBに増量、背面がプラスチックからガラス素材に変更になりました。

性能差がほとんどないですが、価格差が1800円だけなので、新型のOPPO Reno9 Aを買った方が良いです。

OPPO Reno9 Aで力を入れているのはデザインです。カメラ配置が良く、角張った外観でマット仕上げです。使いやすさ、見た目の良さ、電池持ちを重視する場合におすすめの機種です。

OPPO Reno9 Aの詳細はこちら

OPPO Reno9 Aの詳細スペックとレビュー、Reno7 Aと比較【最新キャンペーン価格まとめ】

2位 Redmi 12 5G、最大級6.8インチで7,980円

Redmi 12 5G

RAM4GB・ROM128GB版
・通常価格:27,800円
・乗り換え価格:7,980円 終了日未定
乗り換え価格:4,980円 3月31日まで
乗り換え価格:12,800円 1月17日まで
乗り換え価格:9,980円 2023年11月30日まで

RAM8GB・ROM256GB版
・通常価格:27,800円
・乗り換え価格:7,980円 6月3日まで
乗り換え価格:27,800円 3月31日まで
乗り換え価格:14,800円 2月29日まで
乗り換え価格:12,800円 1月17日まで

性能:2023年10月発売、6.8インチ(90Hz、ブルーライト軽減)、Snapdragon 4 Gen2、カメラ5000万画素+深度200万画素、前面カメラ500万画素、重さ200グラム、電池容量5000mAh、Android 13

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

Redmi 12 5G評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.0
カメラ性能(推定) 2.5
画面の大きさ 5.0
電池持ち 4.5
軽さ 3.0
コスパ(乗り換え) 4.5 (8GB/256GB版)

Redmi 12 5Gは6.8インチの大画面で、安さを最重視する場合におすすめの機種です。

Snapdragon 4 Gen2はSnapdragon 695よりもゲーム性能は少し劣りますが、それ以外は同じような性能です。RAM8GB・ROM256GB版がおすすめです。

Redmi 12 5Gの詳細と申し込みはこちら

2位 Galaxy S22、35,000円割引で39,799円

UQモバイルのGalaxy S22

通常価格:74,800円

乗り換え価格
・39,799円 終了日未定

性能:2022年2月発売、6.1インチ(有機EL、120Hz)、Snapdragon 8 Gen1、RAM8GB、ROM256GB、カメラ5000万画素(F値1.8、センサーサイズ1/1.5インチ)+超広角1200万画素(F値2.2)+望遠1000万画素(F値2.4、光学3倍ズーム)、前面カメラ1000万画素(F値2.2)、重さ168グラム、電池容量3700mAh、Android 14へアップデート可

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓ | デュアルSIM ☓

Galaxy S22評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能(推定) 5.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 3.5
軽さ 4.5
コスパ(乗り換え) 4.0

カメラ性能を最重視するならGalaxy S22が一番おすすめです。カメラ性能が良い超高性能機種です。

今なら他社からの乗り換えで35,000円割引になり、39,799円で買えます。Galaxy S22の性能で39,799円で買えるのはすごくお得です。

au版はIIJmioのau回線、UQモバイル、povo、楽天モバイルなどで使えます。ドコモ版はIIJmoのドコモ回線、ahamo、irumoなどで使えます。

Galaxy S22の詳細と申し込みはこちら

3位 AQUOS sense8、長く使える高性能スマホ

AQUOS sense8

通常価格:49,800円

乗り換え価格
・33,800円 6月3日まで
29,800円 1月17日まで

性能:性能:2023年11月発売、6.1インチ(有機EL、90Hz)、Snapdragon 6 Gen1、RAM6GB、ROM128GB、メインカメラ5030万画素(F値1.9)+超広角800万画素、前面カメラ800万画素(F値2.0)、重さ159グラム、電池容量5000mAh、耐衝撃、Android 13

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ (マスクOK) | 5G ◯ | eSIM ◯

AQUOS sense8評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能 3.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 5.0
軽さ 5.0
コスパ(乗り換え) 3.5

AQUOS sense8は2023年11月発売の注目スマホです。

Snapdragon 6 Gen1搭載でAQUOS sense7と比較してCPUとGPU性能が30%アップ、電池容量が5000mAhに増量、画面のリフレッシュレートが90Hzになりスクロール時に滑らかに表示されるようになります。

OSは最大3回アップデート、セキュリティアップデートは5年対応です。インテリジェントチャージで電池の劣化を抑えられて、耐衝撃で壊れにくく、普通の人なら5年くらい使える性能です。

同じスマホをできるだけ長く使いたい場合、AQUOS sense8はおすすめです。私もIIJmioで購入しました。

AQUOS sense8の詳細と申し込みはこちら

AQUOS sense8の自腹レビュー!sense7から性能アップだけど残念な点も

3位 moto g52j 5G Special、大画面でゲーム性能少しアップ

moto g52j 5G

moto g52j 5G Specialの乗り換え価格
・通常価格:36,800円
・9,980円 6月3日まで

moto g52j 5G IIの乗り換え価格
・通常価格:23,800円
・7,980円 6月3日まで
9,980円 2月29日まで
16,800円 2023年11月30日まで
9,980円 2023年10月31日まで

性能:2023年11月発売、6.8インチ(120Hz)、Sapdragon 695 5G、RAM8GB、ROM256GB(IIは128GB)、カメラ5000万画素+超広角800万画素+マクロ200万画素+深度200万画素、前面カメラ1300万画素、重さ206グラム、電池容量5000mAh、Android 12(IIは11)

防水 ○ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

moto g52j 5G Special評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.5
カメラ性能(推定) 2.5
画面の大きさ 5.0
電池持ち 4.5
軽さ 3.0
コスパ(乗り換え) 4.5

moto g52jシリーズの違いは下記です。

  • moto g52j 5G Special:RAM8GB / ROM256GB / Android 12
  • moto g52j 5G II:RAM8GB / ROM128GB / Android 11
  • moto g52j 5G:RAM6GB / ROM128GB / Android 12

moto g52j 5G SpecialとIIの価格は同じなので、より高性能なmoto g52j 5G Specialがおすすめです。

欠点は206グラムで重めで、画面が有機ELではないこと、それとOSはAndroid 12までなことです。それ以外は全て揃ってます。

moto g52j 5G SpecialとRedmi 12は似たような性能ですが、motoの方が2000円高くなりますが、ゲーム性能が少し良いです。

moto g52j 5G Specialの詳細と申し込みはこちら

3位 nubia Ivy、コスパ機で3,980円

nubia Ivy

通常価格:29,800円

乗り換え価格
・3,980円 6月3日まで

性能:2024年4月発売、6.6インチ、Dimensity 700、RAM6GB、ROM128GB、カメラ5000万画素+深度200万画素+マクロ200万画素、重さ194グラム、電池容量4420mAh、Android 13

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

Redmi Note 10T評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.0
カメラ性能(推定) 2.5
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.0
軽さ 3.0
コスパ(乗り換え) 5.0

普通性能のコスパ機種です。おサイフケータイ、防水対応で安さを最重視する場合におすすめの機種です。

最安はRedmi Note 10TですがRAMとROMの容量が少ないので、できるだけ安く無難に使いたい場合はnubia Ivyがおすすめです。

3位 Redmi Note 10T、110円の最安スマホ

Redmi Note 10T

通常価格:18,800円

乗り換え価格
・110円 6月3日まで
4,980円 1月17日まで
110円 2023年11月30日まで
2,990円 2023年10月31日まで

性能:2022年4月発売、6.5インチ(90Hz)、Snapdragon 480 5G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ5000万画素(F値1.8)+深度200万画素、重さ198グラム、電池容量5000mAh、Android 11

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

Redmi Note 10T評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.0
カメラ性能(推定) 2.5
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.5
軽さ 3.0
コスパ(乗り換え) 5.0

Redmi Note 10Tは一括110円の最安スマホです。おサイフケータイと防水にも対応しています。

それなりに使える性能ですが、安さを重視する場合でも、Reno9 A、Redmi 12 5G、AQUOS sense6あたりを選んだ方が無難です。

スマホをあまり使わない場合は、Redmi Note 10Tを検討するくらいです。

4位 motorola edge 40

motorola edge 40

通常価格:49,800円

乗り換え価格
・32,800円 6月3日まで
34,800円 1月17日まで
39,800円 2023年10月31日まで

性能:2023年7月発売、6.55インチ(有機EL、144Hz)、MediaTek Dimensity 8020、RAM8GB、ROM256GB、カメラ5000万画素+超広角1300万画素(マクロ対応)、前面カメラ3200万画素、重さ171グラム(ブルーは167グラム)、電池容量4400mAh、Android 13、デュアルスピーカー

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

motorola edge 40評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.5
カメラ性能 3.5
画面の大きさ 4.5
電池持ち 3.0
軽さ 4.0
コスパ(乗り換え) 3.5

motorola edge 40はDimensity 8020という高性能なCPUを搭載しています。

おサイフケータイ付きで性能を重視する場合におすすめの機種ですが、電池持ちは他の機種よりも割と悪くなります。

メインカメラはF値1.4の大口径カメラレンズで5,000万画素でカメラのカタログスペックは良いですが、CPUがDimensityなのでカメラの実性能は微妙でした。(購入して実機テスト済み)

4位 motorola edge 30 pro

motorola edge 30 pro

通常価格:64,800円

乗り換え価格
・39,800円 6月3日まで(ワイヤレス充電セットに変更)
40,980円 2月29日まで
30,000円 2023年10月31日まで

性能:2022年6月発売、6.7インチ(有機EL、144Hz)、Snapdragon 8 Gen1、RAM8GB、ROM128GB、カメラ5000万画素+超広角5000万画素(マクロ対応)+深度200万画素、前面カメラ6000万画素、重さ196グラム、電池容量4800mAh、Android 13へアップデート可、デュアルスピーカー

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓

edge 30 pro評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能(推定) 4.0
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.0
軽さ 3.0
コスパ(乗り換え) 4.0

超高性能のSnapdragon 8 Gen1を搭載しています。

防水とおサイフケータイは非対応ですが、その分を他の性能アップに注ぎ込んでいます(おサイフケータイ対応は結構コストがかかります)。コスパとゲーム性能を重視する人におすすめです。

4位 OPPO Reno10 Pro 5G

OPPO Reno10 Pro 5G

通常価格:69,800円

乗り換え価格
・37,800円 6月3日まで
54,800円 1月17日まで
49,800円 2023年10月31日まで

性能:2023年10月発売、6.7インチ(有機EL、120Hz)、Sapdragon 778G 5G、RAM8GB、ROM256GB、カメラ5000万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.2)+望遠3200万画素(F値2.0、光学2倍)、前面カメラ3200万画素(F値2.4)、重さ185グラム、電池容量4600mAh(80W急速充電)、Android 14へアップデート可

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

Reno10 Pro 5G評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能 4.5
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.5
軽さ 4.0

OPPO Reno10 Pro 5Gは28分で急速フル充電(80W)に対応していて、長寿命大容量4600mAhのバッテリーで4年間、購入時のような使用感で使えます。

カメラはソニー製のイメージセンサーを使っていて、カメラ性能も結構良いです。

OPPO Reno10 Pro 5Gの購入レビューと詳細スペック!投げ売り価格はコスパ最高

5位 Pixel 7a

Pixel7a

通常価格:57,800円

乗り換え価格
・44,800円 終了日未定

性能:2023年5月発売、6.1インチ(90Hz、有機EL)、Google Tensor G2、RAM8GB、ROM128GB、カメラ6400万画素+超広角1300万画素、前面カメラ1300万画素、重さ193グラム、電池容量4385mAh、Android 14へアップデート可、デュアルスピーカー

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯

Pixel 7a評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.5
カメラ性能 4.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.0
軽さ 3.5
コスパ(乗り換え) 4.0

Pixel 7aは2023年5月11日発売のGoogleの超高性能コスパ機種です。

旧モデルの6aと比べて、CPUの処理能力は似たり寄ったりですが、顔認証とリフレッシュレート90Hzに対応です。ワイヤレス充電も使えますが、最大7.5Wの低速充電になります。

カメラ性能を重視する場合におすすめのスマホです。

Google Pixel7aの購入レビュー!カメラ性能大幅アップ?実機テストとキャンペーン詳細

5位 AQUOS sense7

AQUOS sense7

通常価格:49,800円

乗り換え価格
・27,800円 6月3日まで
30,980円 1月17日まで
24,800円 2023年10月31日まで

性能:2022年11月発売、6.1インチ(有機EL)、Snapdragon 695 5G、RAM6GB、ROM128GB、カメラ5030万画素(F値1.9)+超広角800万画素、前面カメラ800万画素(F値2.0)、重さ158グラム、電池容量4570mAh、耐衝撃、Android 13へアップデート可

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ (マスクOK) | 5G ◯ | eSIM ◯

AQUOS sense7評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.5
カメラ性能 3.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.5
軽さ 5.0
コスパ(乗り換え) 3.0

AQUOS sense7は、sense6よりもCPU性能が15%、GPU性能が30%向上します。そしてAQUOS sense8は、sense7よりもCPUとGPU性能が30%向上します。

スマホを比較的たくさん使うなら高性能なAQUOS sense8、あまり使わないなら安いAQUOS sense6です。

AQUOS sense7は中途半端な立ち位置ですが、スマホにこだわりがない人が普通程度に使う場合に検討する機種です。

AQUOS sense7の実機レビューがヤバイ、詳細スペックとカメラ性能

5位 Xperia 10 V

Xperia 10 V

通常価格:49,800円

乗り換え価格
・39,800円 6月3日まで
44,800円 2月29日まで
39,800円 1月17日まで

性能:2023年7月発売、6.1インチ(有機EL)、Sapdragon 695 5G、RAM6GB、ROM128GB、メインカメラ4800万画素+超広角800万画素+望遠800万画素(光学2倍ズーム)、前面カメラ800万画素、重さ159グラム、電池容量5000mAh、Android 13、デュアルスピーカー

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ☓ | 5G ◯ | eSIM ◯

Xperia 10 V評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.5
カメラ性能(推定) 3.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 5.0
軽さ 5.0
コスパ(乗り換え) 2.5

Xperia 10Vは10IVのマイナーバージョンアップ版です。

画面が6インチから6.1インチに少しだけ広くなって、メインカメラが1200万画素から4800万画素に大幅アップです。ただし、メインカメラは4つの画素を1つにまとめて撮るので実質1200万画素です。

正直あまり変わりませんが、コンパクトで電池持ちを最重視する場合に検討する機種です。

特殊スマホ Mode1 RETRO II

Mode1 RETORO II

通常価格:23,800円

乗り換え価格
・7,980円 6月3日まで
19,800円 3月31日まで

性能:2023年10月発売、3.5インチ、Helio G85、RAM4GB、ROM64GB、メインカメラ4800万画素、前面カメラ1300万画素、重さ145グラム、電池容量2500mAh、Android 13

防水 ☓ | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ☓ | 5G ☓ | eSIM ☓

Mode1 RETRO II評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 2.5
カメラ性能(推定) 2.5
画面の大きさ 2.0
電池持ち 3.5
軽さ 5.0
コスパ(乗り換え) 4.0

ガラケータイプのスマートフォンです(ガラホ)。

格安SIMでガラホを使いたい場合は、Mode1 RETRO IIが一番おすすめです。

性能は低めですが、ガラホとしては普通に使える性能です。

売り切れ中のAndroidスマホ

AQUOS sense6 (在庫切れ)

AQUOS sense6

通常価格:17,000円

乗り換え価格
・4,980円 6月3日まで

性能:2021年11月発売、6.1インチ(有機EL)、Sapdragon 690 5G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ4800万画素+超広角800万画素+望遠800万画素(光学2倍ズーム)、重さ156グラム、電池容量4570mAh、Android 13へアップデート可、耐衝撃

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

AQUOS sense6評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.0
カメラ性能 3.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.5
軽さ 5.0
コスパ(乗り換え) 5.0

AQUOS sense6はコンパクトサイズで電池持ちが良いスマホです。

インテリジェントチャージで電池の劣化を抑えられて、耐衝撃で壊れにくいので長く使えます。

スマホをあまり使わない〜普通程度に使う場合で、機種代を抑えたい場合におすすめの機種です。

AQUOS sense6のレビューとキャンペーン価格、SIMフリーとキャリア版の詳細

OPPO A55s 5G (在庫切れ)

OPPO A55s 5G

通常価格:4,980円

乗り換え価格
・4,980円 終了日未定
110円 1月17日まで
3,899円 2023年11月30日まで
110円 2023年10月31日まで

性能:2021年1月発売、6.5インチ(90Hz)、Snapdragon 480 5G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1300万画素+深度200万画素、重さ178グラム、電池容量4000mAh、Android 12へアップデート可

防水 ◯ | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証 ☓ | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

OPPO A55s 5G評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.0
カメラ性能(推定) 2.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.0
軽さ 4.0
コスパ(乗り換え) 4.5

OPPO A55s 5Gは6.5インチの大画面ですが、重さが178グラムと比較的軽量です。

画面のリフレッシュレートが90Hzなので、他の機種よりも少し滑らかに画面を表示できます。指紋認証には対応していません。

基本的にはより高性能なOPPO Reno7 Aを選んだ方が良いですが、安さを最重視する場合に検討する機種です。

IIJmioのハイエンドAndroidスマホのおすすめランキング(5万円以上)

ハイエンドAndroidで1位 Xiaomi 13T Pro

Xiaomi 13T Pro

通常価格:89,800円

乗り換え価格
・73,800円 6月3日まで
72,800円 1月17日まで

性能:2023年12月発売、6.7インチ(有機EL、144Hz)、MediaTek Dimensity 9200+、RAM12GB、ROM256GB、カメラ5000万画素+超広角1200万画素+望遠5000万画素(光学2倍)、前面カメラ2000万画素、重さ200グラム、電池容量5000mAh、Android 13、デュアルスピーカー

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

Xiaomi 12T Pro評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能(推定) 4.5
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.0
軽さ 3.0
コスパ(乗り換え) 3.0

Xiaomi 13T Proに搭載されているDimensity 9200+は、Snapdragon 8 Gen2とほぼ同等の超高性能CPUです。

メインカメラは1/1.28インチの最大クラスのイメージセンサーサイズで暗い場所でも明るく綺麗に撮れます。超高速充電で19分で満充電。液体水冷システムでゲーム時の発熱にも強いです。

Xiaomi 13T ProとXiaomi 12T Pro、どちらが良いかですが、今ならより高性能で安く買えるXiaomi 13T Proがおすすめです。

Xiaomi 13T Proの詳細と申し込みはこちら

ハイエンドAndroidで2位 Xiaomi 12T Pro

Xiaomi 12T Pro

通常価格:79,800円

乗り換え価格
・69,800円 6月3日まで
79,800円 2月29日まで
69,800円 2023年10月31日まで

性能:2022年12月発売、6.7インチ(有機EL、120Hz)、Snapdragon 8+ Gen1、RAM8GB、ROM128GB、カメラ2億画素+超広角800万画素+マクロ200万画素、前面カメラ2000万画素、重さ205グラム、電池容量5000mAh、Android 13へアップデート予定、デュアルスピーカー

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

Xiaomi 12T Pro評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能(推定) 4.5
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.0
軽さ 3.0
コスパ(乗り換え) 3.0

超高性能なSnapdragon 8+ Gen1を搭載です。

メインカメラは2億画素の超高画質です。1/1.22インチの最大サイズのイメージセンサーサイズで暗い場所でも明るく綺麗に撮れます。

超高速充電で19分で満充電。液体水冷システムでゲーム時の発熱にも強いです。性能を最重視する場合におすすめの機種です。

Xiaomi 12T Proの詳細と申し込みはこちら

ハイエンドAndroidで2位 nubia Flip 5G

nubia Flip 5G

通常価格:69,800円

乗り換え価格
・54,800円 6月3日まで

性能:2024年3月発売、6.9インチ(有機EL、サブディスプレイ1.43インチ)、Snapdragon 7 Gen1、RAM8GB、ROM256GB、メインカメラ5000万画素+深度200万画素、前面カメラ1600万画素、重さ214グラム、電池容量4310mAh(33W充電)、Android 13、デュアルスピーカー

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

nubia Flip 5G評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能(推定) 4.0
画面の大きさ 5.0
電池持ち 3.5
軽さ 3.5
コスパ(乗り換え) 3.5

折りたたみスマホで最安機種です。

ゲーム性能をそこまで重視しない場合は、Snapdragon 7 Gen1搭載のnubia Flip 5Gで十分満足して使えます。

折りたたみスマホを使ってみたい人におすすめの機種です。

ハイエンドAndroidで3位 motorola razr 40 ultra

motorola razr 40 ultra

通常価格:104,800円

乗り換え価格
・85,800円 6月3日まで
109,800円 3月31日まで
121,000円 1月17日まで
109,800円 2023年10月31日まで

性能:2023年9月発売、開いた状態6.9インチ(有機EL、165Hz)、閉じた状態3.6インチ(有機EL、144Hz)、Snapdragon 8+ Gen1、RAM8GB、ROM256GB、カメラ1200万画素+超広角1300万画素(マクロ対応)、前面カメラ3200万画素、重さ188グラム、電池容量3800mAh、Android 13、デュアルスピーカー

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

motorola razr 40 ultra評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能(推定) 4.5
画面の大きさ 5.0
電池持ち 3.5
軽さ 3.5
コスパ(乗り換え) 3.5

超高性能なSnapdragon 8+ Gen1を搭載した折りたたみスマホです。折りたたみスマホで評判が一番良いです。

motorola razr 40 ultraの詳細と申し込みはこちら

ハイエンドAndroidで4位 Zenfone 10

Zenfone 10

8GB/128GB版 (おすすめ)
・通常価格:79,800円
・乗り換え価格:74,800円 6月3日まで
乗り換え価格:84,800円 2月29日まで
乗り換え価格:64,980円 1月17日まで
乗り換え価格:79,800円 2023年11月30日まで

8GB/256GB版
・通常価格:89,800円
・乗り換え価格:84,800円 6月3日まで
乗り換え価格:89,800円 2月29日まで

16GB/256GB版
・通常価格:99,800円
・乗り換え価格:94,800円 6月3日まで
乗り換え価格:99,800円 2月29日まで

性能:2023年9月発売、5.9インチ(有機EL、144Hz)、Snapdragon 8 Gen2、カメラ5000万画素+超広角1300万画素、前面カメラ3200万画素、重さ172グラム、電池容量4300mAh、Android 13、デュアルスピーカー、ワイヤレス充電対応

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓

Zenfone 10評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能(推定) 4.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.0
軽さ 4.5
コスパ(乗り換え) 2.5

最高性能のSnapdragon 8 Gen2を搭載です。

コンパクトスマホで性能を最重視する場合はZenfone 10がおすすめです。

Zenfone 9と比較してSoC性能が約10%アップするのに加えて、ワイヤレス充電に対応しています。

ハイエンドAndroidで5位 AQUOS R8とAQUOS R8 pro

AQUOS R8

通常価格:128,000円

乗り換え価格
・109,800円 終了日未定
128,000円 2月29日まで
98,899円 1月17日まで
125,980円 2023年11月30日まで
119,980円 2023年10月31日まで

性能:2023年8月発売、6.39インチ(有機EL、240Hz)、Snapdragon 8 Gen2、RAM8GB、ROM256GB、カメラ5030万画素+超広角1300万画素、前面カメラ800万画素、重さ179グラム、電池容量4570mAh、Android 13、デュアルスピーカー

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ (マスク対応) | 5G ◯ | eSIM ◯

AQUOS R8評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能(推定) 5.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.5
軽さ 4.0
コスパ(乗り換え) 2.0

AQUOS R8はIIJmioのスマホの中で2番目にカメラ性能が良い機種です。

AQUOS R8 pro

AQUOS R8 pro

通常価格:159,800円

乗り換え価格
・149,800円 終了日未定
171,000円 2月29日まで
149,800円 2023年10月31日まで

性能:2023年8月発売、6.6インチ(有機EL、240Hz)、Snapdragon 8 Gen2、RAM12GB、ROM256GB、カメラ4720万画素、前面カメラ1260万画素、重さ203グラム、電池容量5000mAh、Android 13、デュアルスピーカー

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ (マスク対応) | 5G ◯ (ミリ波対応) | eSIM ◯

AQUOS R8 pro評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能(推定) 5.0
画面の大きさ 4.5
電池持ち 5.0
軽さ 3.0
コスパ(乗り換え) 2.0

AQUOS R8 proはIIJmioのスマホで1番カメラ性能が良い機種です。カメラ性能を最重視する場合に検討してみてください。在庫切れに注意です。

イメージセンサーサイズが1インチの大型です。(R8は1/1.55インチ)

ハイエンドAndroidで5位 ROG Phone7とROG Phone7 Ultra

ROG Phone7

ROG Phone7の12GB/256GB版
・通常価格:129,800円
・乗換価格:119,980円

ROG Phone7の16GB/512GB版
・通常価格:139,800円
・乗換価格:129,800円 6月3日まで
乗換価格:139,800円 2月29日まで

ROG Phone7 Ultra
・通常価格:179,800円
・乗換価格:169,800円

性能:2023年7月発売、6.78インチ(有機EL、240Hz、Gorilla Glass Victus)、Snapdragon 8 Gen2、カメラ5000万画素+超広角1300万画素+マクロ500万画素、前面カメラ3200万画素、重さ239グラム(Ultraは246グラム)、電池容量6000mAh、Android 13、デュアルスピーカー

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓

ROG Phone7/Ultra評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能(推定) 4.5
画面の大きさ 5.0
電池持ち 5.0
軽さ 2.0
コスパ(乗り換え) 2.5

ROG Phone7とROG Phone7 Ultraはゲーム性能を最重視する場合に検討する機種です。

ROG Phone7とROG Phone7 Ultraの違いは、Ultraなら付属のAeroActive Cooler 7で本体内部に外気を取り込むことができて、冷却性能が向上することです。

スマホのゲーム中に発熱が気になる場合は、ROG Phone7 Ultraがおすすめですが、在庫切れに注意です。

ハイエンドAndroidで5位:POCO F4 GT

OPOCO F4 GT

通常価格:63,800円

乗り換え価格
・49,800円 6月3日まで
55,980 2月29日まで

性能:2022年6月発売、6.67インチ(有機EL、120Hz)、Snapdragon 8 Gen1、RAM8GB、ROM128GB、カメラ6400万画素+超広角800万画素+マクロ200万画素、前面カメラ2000万画素、重さ210グラム、電池容量4700mAh、Android 13へアップデート可、クアッドスピーカー

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓

POCO F4 GT評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能(推定) 4.0
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.0
軽さ 3.0
コスパ(乗り換え) 3.5

超高性能のSnapdragon 8 Gen1を搭載しています。4つのクアッドスピーカー搭載で音も良いです。超高速充電で17分で満充電できます。

防水とおサイフケータイは非対応ですが、その分を他の性能アップに注ぎ込んでいます(おサイフケータイ対応は結構コストがかかります)

おサイフケータイ不要で、スピーカーと性能を最重視の場合におすすめの機種です。

ハイエンドAndroidで5位 Nothing Phone(2)

Nothing Phone(2)

12GB/256GB版
・通常価格:98,800円
・乗り換え価格:89,800円 終了日未定
乗り換え価格:71,800円 1月17日まで
乗り換え価格:81,000円 2023年11月30日まで
乗り換え価格:80,000円 2023年10月31日まで

12GB/512GB版
・通常価格:109,800円
・乗り換え価格:99,800円 終了日未定
乗り換え価格:82,800円 1月17日まで
乗り換え価格:91,000円 11月30日まで
乗り換え価格:90,000円 10月31日まで

性能:2023年7月発売、6.7インチ(有機EL、120Hz)、Snapdragon 8+ Gen1、カメラ5000万画素+超広角5000万画素、前面カメラ3200万画素、重さ201グラム、電池容量4700mAh、Android 13

防水 △(防滴) | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証(ディスプレイ内蔵) ◯ | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓

Nothing Phone(2)評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能(推定) 4.0
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.0
軽さ 3.5
コスパ(乗り換え) 2.5

背面が光る半透明のスマホです。マイクロSDカード非対応、イヤフォンジャックも非対応ですが、ユニークな外観のスマホです。

変わったスマホを持ちたい場合に検討してみてください。

ハイエンドAndroidで5位 motorola razr 40

motorola razr 40

通常価格:87,800円

乗り換え価格
・69,800円 6月3日まで
99,800円 3月31日まで
79,800円 1月17日まで

性能:2023年11月発売、開いた状態6.9インチ(有機EL、144Hz)、閉じた状態1.5インチ、Snapdragon 7 Gen1、RAM8GB、ROM256GB、カメラ6400万画素+超広角1300万画素(マクロ対応)、前面カメラ3200万画素、重さ188.6グラム、電池容量4200mAh、Android 13、デュアルスピーカー

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

motorola razr 40評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.0
カメラ性能(推定) 4.0
画面の大きさ 5.0
電池持ち 3.5
軽さ 3.5
コスパ(乗り換え) 3.0

折りたたみスマホ初の廉価版スマホです。

ゲーム性能をそこまで重視しない場合は、Snapdragon 7 Gen1搭載のmotorola razr 40で十分満足して使えます。

ただし、今からなら同じような性能で安いnubia Flip 5Gがおすすめです。

IIJmioのおすすめiPhoneランキング

IIJmioでは中古美品と未使用品のiPhoneを扱っていますが、ほとんどのiPhoneが長期在庫切れなので注意してください。

中古美品は本体のみの提供です。未使用品は付属品も入っています。保証期間は30日間です。Apple Careは加入できません。

※ IIJmioは機種代金に加えて、初期費用3300円とSIM発行手数料でドコモ回線は433円、au回線は446円かかります。

IIJmioのiPhoneの在庫確認はこちら

1位 iPhone SE 第2世代

iPhone SE 第2世代

64GB版の中古美品
・通常価格:24,800円
・乗換価格:9,980円

iPhone SE 第2世代の性能:4.7インチ、CPU A13 Bionic、RAM3GB、カメラ1200万画素(F値1.8)、前面カメラ700万画素、重さ148グラム

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ (Apple Pay) | 指紋認証(前面) ◯ | 顔認証 ☓ | 5G ☓ | eSIM ◯

iPhone SE2評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.5
カメラ性能 3.5
画面の大きさ 2.5
電池持ち 3.0
軽さ 5.0
コスパ(乗り換え) 4.0 (中古)

iPhone SE2は超高性能なので途中で電池交換すれば2年使えます。

iPhoneをできるだけコスパ良く安く使いたい場合に、中古美品のiPhone SE 第2世代がおすすめですが、在庫切れに注意です。

iPhone SE 第2世代の性能レビュー

2位 iPhone 12

iPhone 12

64GB版の中古美品
・通常価格:59,290円
・乗換価格:39,800円

128GB版の中古美品
・通常価格:63,470円
・乗換価格:41,800円

iPhone 12の性能:6.1インチ(有機EL)、CPU A14 Bionic、RAM4GB、カメラ1200万画素(F値1.8)+超広角1200万画素(F値2.4)、重さ162グラム

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ (Apple Pay) | 指紋認証 ☓ | 顔認証 ◯ (マスクありでも使える) | 5G ◯ | eSIM ◯

iPhone 12評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.5
カメラ性能 4.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.0
軽さ 4.0
コスパ(乗り換え) 4.0 (中古)

IIJmioのiPhone 12なら中古で安く買えるのでおすすめです。性能も良く、途中で電池交換すれば3年くらい使えます。

価格差も少ないので128GBがおすすめです。

IIJmioのiPhone12を購入したやまやまさんのコメント「本日、iPhone12届きました。中古美品で購入いたしましたが、外見上は擦り傷ひとつない、美品でした。肝心のバッテリーは90%でした。安心して使えそうです。」 2024年2月

2位 iPhone 12 mini

iPhone 12 mini

64GB版の中古美品
・通常価格:47,800円
・乗換価格:29,800円

128GB版の中古美品
・通常価格:54,980円
・乗換価格:34,800円

iPhone 12 miniの性能:5.4インチ(有機EL)、CPU A14 Bionic、RAM4GB、カメラ1200万画素(F値1.8)+超広角1200万画素(F値2.4)、重さ133グラム

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ (Apple Pay) | 指紋認証 ☓ | 顔認証 ◯ (マスクありでも使える) | 5G ◯ | eSIM ◯

iPhone12mini評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.5
カメラ性能 4.5
画面の大きさ 3.0
電池持ち 3.5
軽さ 5.0
コスパ(乗り換え) 4.0 (中古)

アップルストアでは87,800円でした。(アップルストアでは2022年9月終売)

IIJmioなら乗り換えなら大幅割引で29,800円です。iPhone SE2よりも電池持ちが少し良く、iPhone 13 miniと比べて1割ちょっと電池持ちが低下します。

コンパクトでも画面が大きく、そして安さを重視する場合にiPhone 12 miniがおすすめです。

2位 iPhone SE 第3世代

iPhone SE 第3世代

64GB版
・通常価格:中古46,800円 / 未使用49,980円
・乗換価格:中古26,800円 / 未使用39,980円

128GB版の中古美品
・通常価格:57,800円
・乗換価格:39,800円

iPhone SE 第3世代の性能:4.7インチ、CPU A15 Bionic、RAM4GB、カメラ1200万画素(F値1.8)、前面カメラ700万画素、重さ144グラム

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ (Apple Pay) | 指紋認証(前面) ◯ | 顔認証 ☓ | 5G ◯ | eSIM ◯

iPhone SE3評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.5
カメラ性能 3.5
画面の大きさ 2.5
電池持ち 3.0
軽さ 5.0
コスパ(乗り換え) 3.5

アップルストアだと62,800円ですが、IIJmioなら乗り換えなら中古美品なら26,800円です。

iPhone13と同等の超高性能iPhoneです。途中で電池交換すれば4年使えます。物持ち良い人にiPhone SE 第3世代がおすすめです。

128GBが必要な場合は、iPhone 12 miniがおすすめです。

3位 iPhone 13

iPhone 13

128GB版の未使用品
・通常価格:95,800円
・乗換価格:79,800円

iPhone 13の性能:6.1インチ(有機EL)、CPU A15 Bionic、RAM4GB、カメラ1200万画素(F値1.6)+超広角1200万画素(F値2.4)、重さ173グラム

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ (Apple Pay) | 指紋認証 ☓ | 顔認証 ◯ (マスクありでも使える) | 5G ◯ | eSIM ◯

iPhone 13評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能 4.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.5
軽さ 4.0
コスパ(乗り換え) 3.0

アップルストアではiPhone13の128GBが95,800円です。IIJmioなら乗り換えなら大幅割引の79,800円で買えます。

基本的には約半額で買える中古のiPhone12がおすすめですが、中古は嫌な場合や電池持ちをより重視する場合に、iPhone13がおすすめです。(電池持ち1割くらいアップ)

3位 iPhone 13 mini

128GB版の未使用品
・通常価格:79,800円
・乗換価格:69,800円 (中古美品なら64,980円)

iPhone 13 miniの性能:5.4インチ(有機EL)、CPU A15 Bionic、RAM4GB、カメラ1200万画素(F値1.6)+超広角1200万画素(F値2.4)、重さ140グラム

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ (Apple Pay) | 指紋認証 ☓ | 顔認証 ◯ (マスクありでも使える) | 5G ◯ | eSIM ◯

iPhone 13 mini評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 5.0
カメラ性能 4.5
画面の大きさ 3.0
電池持ち 4.0
軽さ 5.0
コスパ(乗り換え) 3.0

アップルストアではiPhone13miniの128GBが99,800円です。IIJmioなら乗り換えなら大幅割引の69,800円で買えます。

コンパクトでも電池持ちと画面の大きさを重視する場合は、iPhone 13 miniがおすすめです。

おすすめではないiPhone 11

64GB版の中古美品
・通常価格:47,800円
・乗換価格:29,800円

128GB版の中古美品
・通常価格:52,800円
・乗換価格:39,800円

iPhone 11の性能:6.1インチ、CPU A13 Bionic、RAM4GB、カメラ1200万画素(F値1.8)+超広角1200万画素(F値2.4)、重さ194グラム

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯(Apple Pay) | 指紋認証 ☓ | 顔認証 ◯ | 5G ☓ | eSIM ◯

iPhone 11評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.5
カメラ性能 4.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.0
軽さ 3.0
コスパ(乗り換え) 3.5 (中古)

中古のiPhone11はiPhone12と似たような価格なので、より最新のiPhone12を選んだ方が良いです。iPhone11だと普通に使える期間は2年くらいです。

iPhoneを格安SIMとeSIMで使うための完全ガイド

IIJmioのスマホを申し込むのに必要なものと事前準備

IIJmioは18歳以上なら契約できます。申し込みに必要なものは、①本人確認書類、②本人名義のクレジットカード、③今の電話番号のまま乗り換えたい場合はMNP予約番号が必要です。

本人確認書類は運転免許証(表と裏)またはマイナンバーカード(顔写真の面)のいずれか1点です。スマホで全体の写真を撮っておきます(eSIMなら事前撮影不要)

失敗しないIIJmioの申し込み方法と必要な本人確認書類の詳細

今の電話番号のまま乗り換える場合はMNP予約番号が必要

IIJmioはMNPワンストップ非対応なので、今のスマホの電話番号のまま乗り換える場合は、MNP予約番号が必要です。

ドコモ
・受付時間 9:00~20:00
・ケータイから151 / 固定電話から0120-800-000

au
・受付時間9:00~20:00
・ケータイ・固定電話から0077-75470

ソフトバンク
・受付時間9:00~20:00
・ケータイから*5533 / 固定電話から0800-100-5533

MNP予約番号を発行してから7日以内にIIJmioを申し込みます。(7日を超えると再発行が必要になります)

※ 新しい電話番号でも問題ない場合もMNP予約番号は不要です。ただし、この場合は新規契約になり、乗り換え価格でスマホが買えなくなります。

キャリアメールからGmailへの変更がおすすめ

IIJmioに乗り換えてもドコモメール、auメール、ソフトバンクメールなどのキャリアメールを使い続けることができますが、月330円かかります。

Gmailなどの無料のフリーメールに変更するのががおすすめです。(キャリアメール代込みでもIIJmioのほうが大幅に安くなるので、乗り換えてから時間ができた時にメルアド変更でもOK)

IIJmioの申し込みに必要なものと事前準備は、基本的に以上です。結構簡単に乗り換えられます。

スマホの性能の見方、どれがより高性能?

スマホの性能で一番重要なのはCPUです。CPUが高性能なほどスマホがサクサク動きます。

どのCPUが高性能か知らない人が多いと思うので、下記にざっくりとした性能表を載せておくので参考にしてみてください。

2024年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoC性能)
超高性能
Snapdragon:888、7+ Gen2、8 Gen1、8+ Gen1、8 Gen2
Google:Tensor、Tensor G2、G3(スナドラ888くらい)
MediaTek:9200+(スナドラ8 Gen2くらい)
iPhone:12シリーズ、SE3、13シリーズ、14シリーズ、15、15Plus、15Pro、15Pro Max
高性能
Snapdragon:6 Gen1、778G、780G、7 Gen1、855、860、865、870
MediaTek:Dimensity 8020と1200-Ultra(スナドラ865くらい)
Galaxy:Exynos1280と1380(スナドラ778Gくらい)
iPhone:XR、XS、XS Max、SE2、11シリーズ
比較的高性能
Snapdragon:732G、750G、695、765G、845
MediaTek:Dimensity 800U、Helio G99(スナドラ695くらい)
iPhone:8、X
普通性能
Snapdragon:480、480+、730、730G、690、720G、835
MediaTek:Dimensity 700
iPhone:7
低性能
Snapdragon:662、665、660、820、670、675、680、710
MediaTek:Helio G85
iPhone:6s、SE1

右に行くほど高性能です。一般的な使い方なら普通性能または比較的高性能で十分です。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。ただし、ゲーム性能を最重視する場合はROG系などのゲーミングスマホが無難です。

IIJmioのおすすめしない機種の詳細

IIJmioはスマホをたくさん販売していますが、おすすめではない機種も結構あります。同じような性能で他の機種の方が安かったり、コスパが悪い機種があります。

ここではIIJmioのおすすめしない機種を紹介します。moto g53j / g52j 5G、OPPO A77、Redmi 12C、AQUOS wish / sense6 / sense7などはおすすめではないです。

IIJmioのおすすめしない機種

  • OPPO Reno7 A
  • OPPO A79 5G
  • Pixel 6a
  • moto g53j 5G
  • Redmi 12C
  • moto g50
  • moto g32
  • moto g24
  • moto g13
  • HTC Desire 22 pro
  • OPPO A77
  • AQUOS wish3

OPPO Reno7 Aはおすすめではない

OPPO Reno7 A

通常価格:20,500円

乗り換え価格
・7,980円 6月3日まで
1,980円 1月17日まで
20,980円 2023年11月30日まで
9,980円 2023年10月31日まで

性能:2022年6月発売、6.4インチ(有機EL、90Hz)、Sapdragon 695 5G、RAM6GB、ROM128GB、カメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素、前面カメラ1600万画素、重さ175グラム、電池容量4500mAh、Android 13へアップデート可

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

OPPO Reno7 A評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.5
カメラ性能 3.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 5.0
軽さ 4.0
コスパ(乗り換え) 4.5

OPPO Reno9 Aの旧モデルです。OPPO Reno9 Aの方が性能が少し良いだけです。

性能はほぼ変わらないですが、価格差が1800円だけなので、新型のOPPO Reno9 Aを買った方が良いです。

OPPO Reno7 Aの実機レビュー/詳細スペック/キャンペーンのまとめ

OPPO A79 5Gはおすすめではない

OPPO A79 5G

通常価格:24,800円

乗り換え価格
・4,980円 6月3日まで
24,800円 3月31日まで
14,800円 2月29日まで

性能:性能:2024年2月発売、6.7インチ(90Hz)、Dimensity 6020、RAM4GB、ROM128GB、メインカメラ5000万画素+深度200万画素、前面カメラ800万画素、重さ193グラム、電池容量5000mAh(33W充電)、デュアルスピーカー

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯

OPPO A79 5G評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.0
カメラ性能(推定) 3.0
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.5
軽さ 3.0
コスパ 4.5

OPPO A79 5Gは普通性能の大画面スマホです。悪くない機種ですが、RAM8GBでROM256GBのRedmi 12 5Gがおすすめです。

Pixel 6aはおすすめではない

Pixel6a

通常価格:49,800円

乗り換え価格
・39,800円 終了日未定

性能:2022年7月発売、6.1インチ(有機EL)、Google Tensor、RAM6GB、ROM128GB、カメラ1220万画素+超広角1200万画素、前面カメラ800万画素、重さ178グラム、電池容量4410mAh、Android 13

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (ディスプレイ内蔵) | 顔認証 ☓ | 5G ◯

Pixel 6a評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 4.5
カメラ性能 4.0
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.0
軽さ 4.0
コスパ(乗り換え) 4.0

2022年7月28日発売のGoogle Tensor搭載の超高性能コスパ機種です。

悪くない機種ですが、他のネットショップで本体のみが4万円前後で買えるので、IIJmioでセットで買うメリットがありません。

価格差が5,000円だけなので、より高性能なPixel 7aを買った方がいいです。

Google Pixel 6aを安く買う方法と実機レビュー!キャンペーンで31,270円から

moto g53j 5Gはおすすめではない

通常価格:31,000円

乗り換え価格
・4,980円 6月3日まで
14,800円 1月17日まで

性能:2023年6月発売、6.5インチ(低解像度、120Hz)、Sapdragon 480+ 5G、RAM8GB、ROM128GB、カメラ5000万画素(F値1.8)+マクロ200万画素、前面カメラ800万画素(F値2.0)、重さ183グラム、電池容量5000mAh、Android 13

防水 ○ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯ | デュアルSIM ◯

moto g53j 5G評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.0
カメラ性能(推定) 2.5
画面の大きさ 4.5
電池持ち 5.0
軽さ 4.0
コスパ(乗り換え) 4.5

moto g53jはg52jの後継機ですが、スペックダウンしました。

価格的に悪くはない機種ですが、少し高くなりますがより高性能なg52j 5G Specialがおすすめです。

Redmi 12Cはおすすめではない

通常価格:17,820円

乗り換え価格
・2,480円 終了日未定
980円 2023年10月31日まで

性能:2023年3月発売、6.71インチ(低解像度)、MediaTek Helio G85、RAM3GB、ROM64GB、カメラ5000万画素、前面カメラ500万画素、重さ192グラム、電池容量5000mAh、Android 12

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証 ◯ (背面のカメラ横) | 顔認証 ◯ | 5G ☓ | eSIM ☓

Redmi 12C評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 2.5
カメラ性能 2.5
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.5
軽さ 2.5
コスパ(乗り換え) 4.5

性能が低すぎます。安さ最重視ならRedmi Note 10Tがおすすめです。

moto g50 5Gはおすすめではない

通常価格:22,800円

乗り換え価格
・4,980円 6月3日まで
12,800円 2月29日まで

性能:2021年10月発売、6.5インチ(低解像度)、Dimensity 700、RAM4GB、ROM128GB、カメラ4800万画素+マクロ200万画素+深度200万画素、前面カメラ1300万画素、重さ206グラム、電池容量5000mAh、Android 12へアップデート可

防水 △(防滴) | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証(側面) ◯ | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓

moto g50 5G評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 2.5
カメラ性能 2.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 5.0
軽さ 2.5
コスパ(乗り換え) 3.0

moto g50よりも少し高くなりますが、より高性能なRedmi 12 5Gがおすすめです。

moto g24はおすすめではない

通常価格:19,800円

乗り換え価格
・110円 6月3日まで

性能:2024年4月発売、6.6インチ(90Hz、低解像度)、MediaTek Helio G85、RAM8GB、ROM128GB、カメラ5000万画素+マクロ200万画素、前面カメラ800万画素、重さ181グラム、電池容量5000mAh、Android 14

防水 △(防滴) | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証(側面) ◯ | 顔認証 ◯ | 5G ☓ | eSIM ☓

moto g24評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 2.5
カメラ性能 2.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.5
軽さ 3.5
コスパ(乗り換え) 4.5

悪くない機種ですが、より高性能なRedmi Note 10TやRedmi 12がおすすめです。

moto g13はおすすめではない

通常価格:19,800円

乗り換え価格
・4,980円 6月3日まで
110円 3月31日まで
2,480円 2月29日まで
1,980円 2023年10月31日まで

性能:2023年4月発売、6.5インチ(90Hz、低解像度)、MediaTek Helio G85、RAM4GB、ROM128GB、カメラ5000万画素+マクロ200万画素+深度200万画素、前面カメラ800万画素、重さ184グラム、電池容量5000mAh、Android 13

防水 △(防滴) | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証(側面) ◯ | 顔認証 ◯ | 5G ☓ | eSIM ☓

moto g13評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 2.5
カメラ性能 2.5
画面の大きさ 4.0
電池持ち 4.5
軽さ 3.5
コスパ(乗り換え) 4.0

悪くない機種ですが、より高性能なRedmi Note 10TやRedmi 12がおすすめです。

HTC Desire 22 proはおすすめではない

通常価格:24,800円

乗り換え価格
・19,800円 6月3日まで
40,980円 1月17日まで
39,800円 2023年10月31日まで

性能:2022年4月発売、6.6インチ(120Hz)、Snapdragon 695 5G、RAM8GB、ROM128GB、カメラ6400万画素(F値1.79)+超広角1300万画素+深度500万画素、重さ205.5グラム、電池容量4520mAh、Android 12

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ☓

HTC Desire 22 pro評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.5
カメラ性能(推定) 4.0
画面の大きさ 4.5
電池持ち 4.0
軽さ 2.5
コスパ(乗り換え) 3.0

コスパ的に悪くない機種ですが、今からならOPPO Reno9 Aを選んだ方が良いです。

OPPO A77はおすすめではない

通常価格:19,800円

乗り換え価格
・980円 6月3日まで
4,980円 1月17日まで
7,980円 2023年10月31日まで

性能:2022年10月発売、6.5インチ(低解像度)、MediaTek Helio G35、RAM4GB、ROM128GB、カメラ5000万画素+深度200万画素、重さ187グラム、電池容量5000mAh、Android 12

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ☓ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ☓ | eSIM ☓

かなり低性能です。買うと後悔します。安さ最重視はRedmi 12 5Gがおすすめです。

おすすめではない:AQUOS wish3

通常価格:33,800円

乗り換え価格
・17,800円 6月3日まで
19,800円 1月17日まで

性能:2023年8月発売、5.7インチ(低解像度)、Dimensity 700、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1300万画素(F値2.0)、重さ161グラム、電池容量3730mAh、Android 13、耐衝撃

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ☓ | 顔認証 ◯ (マスク対応) | 5G ◯ | eSIM ◯

悪くない機種ですが、新古品で15,000円前後で売られているので、IIJmioで買うメリットはありません。

この記事の最終更新日 2024年4月1日 / 作成日 2020年7月2日
5 8
この記事は参考になった/良かった

ユーザ登録をしてコメントするとAmazonギフト券プレゼント! (コメントは手動承認が必要になる場合があります)

楽天モバイルの紹介特典
当サイトでイチオシの楽天モバイル!データ無制限・電話かけ放題で月3278円

楽天モバイルユーザになると最大13,000ポイントもらえるのに加えて、楽天モバイルを家族・知人・他人に紹介すると1人につき7000ポイントもらえます。(楽モバ紹介の詳細と紹介URLはこちら / 2回線目や再契約のキャンペーンはこちら)

楽天モバイルを紹介していたら三木谷さんに直接表彰されました!

コメントと実体験を書き込む(口コミ81件)

購読する
通知する
guest

81 の口コミとコメントと実体験
新しい順
古い順 良い順
fr
fr
2024年4月3日 11:24 AM

OPPO Reno9 A
OPPO Reno7 A 
Redmi 12 5G
moto g52j 5G II
moto g53j 5G
moto g52j 5G SPECIAL

6インチ以下の機器で5万以下だとGalaxy a23ぐらいしかありません。
Aquos sense4(4万円、ヨドバシ)を使ったことがあるので、他のメーカーとおもいますが、大型サイズが多いですね。大きいサイズはつかったことがないので試してみようと検討をしています。モトローラ、オッポも使ったことがないので。

moto g52j 5G II とmoto g52j 5G SPECIAL又はRedmi 12 5G 、
あるいはOPPO Reno9 A 又はOPPO Reno7 Aであればどれがおすすめでしょうか?

fr
fr
  格安SIMの管理人
2024年4月3日 10:20 PM

そうですね。OPPO Reno9 Aが入荷すれば良いです。

moto g52j 5G SPECIAL(オクタコア 256GB 8GB )又はRedmi 12 5G( 128GB 4GB )では、どちらがよいのでしょうか?

モトローラですとアンドロイドで人によっては多少安心感があるのかもしれません。

白菜
白菜
2024年3月5日 1:48 PM

こちらの投稿を読んでReno9が気になっているのですが
今年1月に新規契約したpovoからMNPしても大丈夫でしょうか?
さすがに早すぎてNGですか?

povo回線はデュアルsim運用でiPhoneに入れております
androidのサブ端末が欲しく安くて使い勝手のいいものがないか探しています

白菜
白菜
  格安SIMの管理人
2024年3月5日 7:55 PM

管理人様、ありがとうございます
メイン回線以外の契約はpovoが初めてで、短期の乗り換えはしていないです
何か月くらい経てばMNPしても大丈夫そうでしょうか?
すぐに端末がないと困るわけではないので他端末を待つことも考えています

saza
2024年3月3日 6:08 PM

やってしまった!
2月の下旬にReno7 に乗り換えたばかりなのにReno9が1800円高いだけで買えたなんて。
月が変わると前の会社とIIJの2社に月額料金を払うってケチって裏目に出たw
スペックは対して変わらないとはいえやはり1年後に発売の機種ってだけでも魅了ですし、リセールすることがったら数千円は変わりそうですしね。

やまやま
やまやま
2024年1月14日 3:55 PM

現在、ocnモバイルなんですが、mnpで移ってiPhone SE3の購入考えてます。
現在XR使用していて、サブで未使用品あってもいいと思いました。
39800円が微妙なんですが、春頃まで待っていたら、もっと安くならないかで迷ってます。
今の状態で何の不満もないですが、ocnは終わっているし、iijが料金的には、あんまり変わらないから、いつ移るかの所です。

やまやま
やまやま
  格安SIMの管理人
2024年1月28日 2:58 AM

本日、mnpでiPhone12の128gb申し込み完了しました。
バッテリー残は報告しますね。

やまやま
やまやま
  格安SIMの管理人
2024年2月1日 7:55 PM

本日、iPhone12届きました。
中古美品で購入いたしましたが、外見上は擦り傷ひとつない、美品でした。肝心のバッテリーは、90%でした。
安心して使えそうです。

susan2a
2023年12月26日 4:50 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

いつも皆さんの記事を参考にさせていただいております。
これはボヤキですが、
新しいスマホを安く購入したくて、ちょうどLINEMOミニプランの半年実質無料が終わるので、IIJmio 5ギガへMNPしOPPO A55s 5Gを110円で購入しました。(本当はお財布ケータイ付きが良かったのですが。)
最近になってOPPO Reno 7Aが1980円となっており、もう少し待っていればと、ちょっと悔しい思いをしています。

yu ichi
yu ichi
2023年12月9日 11:17 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

いつもこちらのサイトで
格安SIM、SIMフリー携帯情報を参考にさせて頂いてます。
他の同様サイトより詳しく良い点 悪い点 正直に書き込みされており、1番の信頼を出来るサイトと断言出来ます!

本題ですが
機種変更を目的に IIJへMNPを検討しています。
その為、最低利用期間についてアドバイスがあれば ご教授頂きたいと思います。
こちらのサイトでもMNPであれば 最低利用期間は無いと書かれていますが、今後の契約等に関しての影響を含めて最低利用期間は無しと考えても良いのでしょうか。
以前はOCNにて機種変更を行い、こちらのサイトを参考に半年以上の契約を行いましたが無くなってしまったので、、、

名無し
名無し
  yu ichi
2023年12月10日 1:34 AM

OCNは新規契約不可なのでMNPの障害にならないのでは?

ブラックリストは公言されていないので断言は出来ませんが
IIJ側にはMNP特価の条件に下記のようなものがあります
 MNP特価で購入した日付から「一年以上」経過した場合

となるとIIJ側が最低どの程度利用して欲しいかは見当がつくと思います
営利企業なので利益の出ない相手は客でないと判断される可能性は否定できません

yu ichi
yu ichi
  名無し
2023年12月10日 10:03 AM

ありがとうございます
OCNの件は 以前行った事があると言う事で、半年以上使用して解約をする形で何件か手続きさせて貰いました。

IIJは暫く様子を見ようと思います。

kysdsk
  yu ichi
2023年12月26日 6:03 PM

IIJをMNPで2回契約し、2回とも特価スマホを購入しました。
ブラックとかもならず、半年と1年くらいで解約しました。

MNP特価で1年以上の記載は、転売ヤー対策が強いと思います。

2年くらいでスマホを買いかえるので、それに合わせて無理をせずにキャリアを変えてNMPしていればブラックにならないようです。
数か月の短期を繰り返さないで、1年から2年くらい契約した方が確実かと思います。
最初の解約が半年なのは、自宅でIIJの電波が弱く使えないので他にMNPしたなどの理由があれば無理に契約を続ける必要も無いかと。。。

イヌハナ
イヌハナ
2023年12月6日 5:02 PM

IIJmioのAQUOS sense8が12月8日に販売再開になってますね。

goko
  イヌハナ
2023年12月7日 8:57 AM

明日の午前10時に販売再開のようですね。
今回は何日在庫がもつのでしょうか…?

前回はすぐに売り切れたので、今回はちゃんと在庫が豊富に用意されているといいのですが。
 
SHARP AQUOS sense8 | 格安SIM/格安スマホのIIJmio
https://www.iijmio.jp/device/sharp/sense8.html
 
comment image

goko
  goko
2023年12月8日 4:37 PM

人気すぎるのか、単に在庫の数が少ないのかは不明ですが、今回もまた当日中に売り切れたようです。
 
https://www.iijmio.jp/device/sharp/sense8.html

12/11 10時販売再開予定

 

まさかまた当日中に売り切れるとは思っていなかったのでチェックしていませんでしたが、半日ももたないとは…。(数時間…?)
次回は3日後なので、次こそゆっくりやれて平日の昼間に注文操作をしなくてもいいようになるといいですが。

y.h
  格安SIMの管理人
2023年12月8日 6:55 PM

AQUOS sense8予想通りかなりの人気ですね。
管理人さんの評価ではカメラ性能がいまひとつなのと
スピーカーがモノラル以外は有機EL、重さ159g、Snapdragon® 6 Gen 1でバージョンアップも3回
バッテリーも5000mAh、インテリジェントチャージで数年バッテリー持ちを気にしなくてもよさそうですので人気が出るのも頷けます。

イヌハナ
イヌハナ
  y.h
2023年12月8日 8:50 PM

8日は12時頃に見たら、ライトカッパー以外は在庫切れになってました。
2〜3時間が勝負かもですね。

goko
  イヌハナ
2023年12月18日 7:32 PM

前回は1日以上もったようですが、12日の夜には売り切れていたようですね。
次は12/20 10時に販売再開のようです。
 
https://www.iijmio.jp/device/sharp/sense8.html

12/20 10時販売再開予定

 

人気なので次も数日で売り切れるかもしれません。

J541
2023年10月13日 10:00 AM
この記事は参考になった/良かった :
     

いつも参考にさせていただいてます。ありがとうございます。
質問なのですが、AQUOSやXperiaやGalaxyなどのエントリーモデルがIIJmioへのMNPで110円くらいになる可能性は低いでしょうか?

はむ
はむ
  J541
2023年10月13日 8:20 PM

wishとか含め、iijではないと思います。そのあたりで0円近くなるのはワイモバとか、iijより基本料が高いところです。iijで0円近くなるのは中国企業のみかと。(MotorolaのLenovo含む)

J541
  はむ
2023年10月14日 10:21 AM

なるほど、ありがとうございます。

ロム
ロム
2023年9月8日 8:05 PM

WiFiルーターNEC Aterm MP02LN SAが
回線契約なし&予備バッテリーセットで1,670円
https://www.iijmio.jp/device/nec/mp02ln_sa.html

goko
  格安SIMの管理人
2023年9月6日 6:48 PM

ハイエンド機種を分けて解説されていた方がわかりやすいですね。

そもそもハイエンドと、ローエンドや格安機種とはメインの用途が全然違いますので。

スマホだと全部1台に収まっていて、見た目も変わらないのでわかりにくいですが、
例えばPCだと、高性能なゲームをするPCと、ゲームをせずにネットや動画再生だけのPCだと、
CPUやメモリもかなり違うし、何万円もするビデオカードの有り無しという全然違う話になってきます。
 

> Twitterだと10万円台のスマホを絶賛している人たちが多いですが、世界軸が違うなーと思ったりです。
 
SNSだと高い機種の方が自慢したり話題になりやすい傾向がかなりあると思います。

ローエンドは発売日が新しくても、機能面でも1,2世代前のハイエンドの機能が降りてきたものであったり、デザインや性能でも特に目新しいものはないのが普通です。

SNSは話題性が重視されがちなので、最新の高い機種の方が話題になりやすいし、絶賛しやすいということだと思います。(話題性がある方が拡散しやすいので、絶賛したり自慢しやすい機種が取り上げられがち)

あとは、日本はiPhone率が高いので、基本そのiPhoneレベルの高性能なスマホが基準になって語られる傾向があるような気がします。
例えばスマホゲームだと色んな面でiPhoneがデファクトスタンダードだったりするので、それを基準にすると、必然的に比較対象や話題がその価格帯になってくるのではないかと思います。(ゲームをする前提なら、安い機種は話題になりにくい)
 
価格の高い性能のよい機種の方ができることや便利な最新機能、高付加価値な部分が多く、絶賛しやすい傾向があるので、そういう人たちが多くなるのは必然な気がします。
メーカーもその方が嬉しいので、キャンペーン等で話題を煽ったり、中にはステマも含まれているでしょうし。

個人的にはSNSは加工や盛り,虚言はし放題で、「日常」とは異なるフィクションの世界だと認識しています…。

白玉あんみつ
白玉あんみつ
2023年1月17日 11:22 PM

OPPO Reno5 A がOppo公式の楽天での販売が終わったようですね。
Oppoラボさんで記事が出てました。
https://www.oppo-lab.xyz/entry/reno5akannbai-sainyuukanashi
 
ヨドバシさんで先日の週末、話を聞いたら
「今後の入荷の見通しはわかりません」と売り場の方も話されてました。
 
まだまだAmazonや楽天などで3万円前半ぐらいで本体が売ってますが、
安く手に入れるのは、このIIJさんやOCNさんで出ているのが本当に
最後かもしれませんね。
 
 
ということで、下の投稿で伺っていたモトローラを結局見送って、
昨日、IIJさんから Reno5 A が手元に届きました。
黒はずっと売り切れ状態なので、青を注文しました。

白玉あんみつ
白玉あんみつ
  白玉あんみつ
2023年1月17日 11:24 PM

IIJさんの販売サイトには、管理人さんのリンクから入りました。
いつも記事をありがとうございます。

白玉あんみつ
白玉あんみつ
2022年12月8日 11:58 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

管理人さん、いつも記事の更新をありがとうございます。
 
年明けぐらいにIIJに移ろうかと思っているのですが、その際におすすめ3位の
moto g52j を検討してます。
 
ただ昨日から調べだしてみたら、指紋認証の不具合について言及がAmazonや価格comで出てきました。
管理人さんがお持ちでしたら、そういう不具合は無いようでしょうか。もしくは周りの方に症状が出ている方はいらっしゃらないでしょうか?
 
モトローラの公式オンラインストアでも無償修理の案内が出てますが、正規代理店以外での購入は断られているようです。
 
もしよけれればお聞かせください。

山猫男
山猫男
  格安SIMの管理人
2022年12月12日 2:22 AM

私も発売当初気になっていたので色々調べていましたが
早い人で8月ぐらいからちらほら認証不具合出ていた記憶があります。
ツイッター上ですがカスタマー回答をあげている人もいて
カスタマーがセンサー不良と認めていました。
それだけでは無い気も個人的には勘ぐってますけど。
不良ロット指定がありますので今現在の機種は不明ではあります。
11月に湧き出たのは正式にプレスリリースだしたからと思います。

正規代理店か否かで保証が効かないような事もあるようです。
Xiaomiも似たような事があるようですしどのメーカーも初期不良は
どんどん増えてる気もしますので購入場所も考慮するようですね。

白玉あんみつ
白玉あんみつ
  格安SIMの管理人
2022年12月12日 11:26 AM

管理人さん、ご返信ありがとうございます。
 
IIJさんのサポートに聞きまして、IIJで販売されている端末は(少なくともモトローラのは、になりますが [IIJで販売しているこの製品について、と聞いたので] )正規代理店の扱いとの回答を得ました。
 
合わせて、IIJでもこの端末での指紋認証の不具合が一部で発生していることを認識しているとのことです。
 
まあただ、
 無償かどうかの判断はモトローラにあります、
 また、不具合発生時の問い合わせは直接モトローラにしてください、
と留意はされましたが。
 
 
Amazonで購入の場合、マーケットプレイスの販売者からだと、多くの販売者が正規代理店ではないでしょうから、そこが難しい・話のややこしい点になってしまうのだと思います。

とおりもん
とおりもん
2022年11月19日 2:55 AM

情報に感謝感謝です。
iPhone SE3 未使用品届きましたが、箱入りでフィルム装着のまま。
バッテリーコンディション100%。限りなく新品です。
開封して一度アクティベーションしただけで約半額の33000円。
安すぎです。

どる
どる
2022年11月4日 6:27 PM

先日pixel6aがヨドバシカメラにて26800円(au版、回線契約なし一括購入、同割引が今後1年半使用不可)で購入でき、その後auショップにて22000円での販売も確認できました。
実店舗で購入受付を待機する必要があり不定期ですぐ終了するなど難点はありますが、3万以下ならかなりおすすめなので気になる方は定期的に確認をおすすめします。

どる
どる
  どる
2022年11月4日 6:28 PM

すみませんiijのコメント欄でしたね、失礼しました

Humm1ngbird
Humm1ngbird
2022年10月18日 5:10 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

2020年3月のビグロ乗り換えから早1年半…3、4のキャンペーンと楽天モバイル併用でいよいよGポイントも残り5000Pを切りました。

この1年半SE2020の端末割賦を除いて1円も通信量を払ってないので、せめて乗り換えるなら新しい端末を手に入れようと、IIJのiPhone 13 mini再入荷を待っています。一体いつになるやら…。

あと2ヶ月…。早くしてくれえ!!

Humm1ngbird
Humm1ngbird
  格安SIMの管理人
2022年11月4日 1:27 PM

そこで諦めてNothing Phone(1)のRAM12GBモデルを検討してたらこれまた次回入荷未定…。

もしかしてIIJに嫌われてる?正直キャンペーンも薄い、速度も遅い今のビグロ回線に1円も払いたくないです。

ま、このままIIJで端末買えなそうだったら今使ってるXs MaxでNuroのNEOプランでも試すことにします。

管理人さんも更新お疲れ様です。もはや俺はこのサイトを読むのが趣味です。

「IIJmioのスマホおすすめ機種ランキング [2024年4月] 人気端末が大特価セール」をシェアしてくださいm(_ _)m
コメント