格安スマホとiPhoneのSoC性能(CPU/GPU)とAntutuスコアの早見表、Apple、Snapdragon、Kirin、MediaTek等

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (1) / 関連:お役立ち情報(38)

格安スマホとiPhoneのSoC性能とAntutuスコアをとめています。

SoCはスマホの脳みそ的な存在です。SoCの中にCPUとGPU等が入っていて、スマホの性能を大きく左右します。SoCが高性能なほどスマホがサクサク動きます。

SoCにはApple、Snapdragon、ファーウェイのKirin、MediaTek、GalaxyのExynosがあります。

格安スマホとiPhoneのAntutuスコア

SoCの性能について説明した後に、スマホの総合的な性能を表すAntutuスコアを掲載しています。格安スマホ、iPhone、iPadの性能を知りたい場合に参考にしてみてください。

てっとり早くスマホの性能を把握したい人向けの早見表

2020年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:SDM845、SDM855、SDM865
Kirin:Kirin990
iPhone:XR、XS、XS Max、SE 第2世代、11、11Pro、11Pro Max、12、12mini、12Pro、12Pro Max
高性能
Snapdragon:SDM730、SDM765G、SDM730G、SDM720G、SDM835
Kirin:Kirin970、Kirin980
iPhone:8、X
比較的高性能
Snapdragon:SDM665、SDM660、SD820、SDM675、SDM670、SDM710
Kirin:Kirin950、Kirin955、Kirin960、Kirin810
iPhone:7
普通性能
Snapdragon:SD630、SDM632、SD650、SDM636
Kirin:Kirin710
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE 第1世代
低性能
Snapdragon:SDM450、SD625、SDM439
Kirin:Kirin650、Kirin655、Kirin658、Kirin659
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6
最底辺
Snapdragon:SD400、SD410、SD430、SD435

※ 右に行くほど高性能

スマホをあまり使わない場合は低性能のCPUでも十分に使えます。

スマホを普通程度に使う場合は普通性能のCPUでも普通に使えます。一般的なゲームなら普通性能でも遊べます。

スマホを人よりも少し多く使う場合は比較的高性能以上を選びます。スマホがよりサクサク動くようになります。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

SoCって何? CPUとGPUなどをまとめた脳みそ的存在

SoCはSystem-on-a-Chipの略称です。ソックと呼びます。

SoCは大きな集積回路です。その集積回路の中に、CPU、GPU、WiFi、チップセットなどが詰まっています。SoCの中のCPUとGPUの性能がスマホの性能を主に左右します。

CPUやGPUの性能が良いほどスマホがサクサク動いたり、ゲームが快適に動きます。一般的には高性能なCPUが入っているSoCには、同じように高性能なGPUが入っています。

超高性能なCPUとGPUが入っているSoC、高性能なSoC、普通程度のSoCなど、いろいろなSoCが用意されています。

高性能なSoCほど価格が高く、そのSoCを積んだスマホの価格も高くなります。

超高性能 = ハイエンド
高性能 = ミドルレンジ(ミドルロー、ミドルハイ)
普通性能 = ローエンド

同じSoCを積んでいる場合、スマホの性能も似たり寄ったりです。

代表的なベンチマークテスト:Antutuスコアについて

Antutuスコアは総合的な性能スコア

スマホの性能はベンチマークアプリで計測できます。

Antutu、3DMark、Geekbench4/5、PCMarkなどのベンチテストがありますが、Antutuがいちばん有名です。

Antutuを使うとスマホやタブレットの総合的な性能を計測できます。

Antutuスコアの内訳
・CPU:全般的な処理性能
・GPU:グラフィック性能(ゲーム性能)
・MEM:RAMとROMの読み書き性能
・UX:操作性能

Antutuはv6、v7、v8のバージョンがありますが、最新版はv8です。バージョンによってスコアが大幅に変わります。今からだとv8を基準に考えてください。

  • スマホをあまり使わない場合:Antutuスコア70,000以上
  • スマホを普通程度に使う場合:100,000以上
  • スマホを少し多く使う場合:150,000以上
  • スマホをたくさん使う場合:200,000以上
  • スマホをたくさん使って、何でもサクサク使いたい場合:300,000以上

ゲームをそこそこする場合は、GPUスコアは最低でも20,000以上ほしいですが、暇つぶし程度ならGPUスコアが10,000程度でも遊べます。

ゲーム性能をある程度重視する場合はGPUスコアは30,000以上ほしいです。50,000以上あると大抵の重いゲームも快適に遊べます。100,000以上だとほぼ無敵です。

知っておこう!Antutuスコアをあげるベンチマークブーストについて

スマホの中にはAntutuスコアを計測するときに、発熱を度外視して性能を無制限に開放して、スコアを上げる機種があります。

Antutuのようなベンチマークを計測するアプリを使うときだけ、処理能力を上げる行為をベンチマークブーストと呼びます。

Antutuストレステストで、CPUが常に100%でフル稼働している端末はかなり怪しいです。

2018年頃にOPPOとファーウェイのスマホでベンチマークブーストの疑惑が発生して、ベンチマークテストの公式ランキングから削除されていたりします。

今ではベンチマークブーストをしているスマホは少ないと思いますが、ベンチマークは絶対視がしないほうが良いです。

ベンチマークブーストをしても、スコアがせいぜい1割程度アップする程度なので、1割程度の差は誤差だと思ったほうが良いです。

GoogleのPlayストアからAntutuアプリが削除された

2020年3月にGoogleがPlayストアからAntutuアプリを削除しました。正確な情報はわかりませんが、個人情報云々で削除されたのでは?という噂があります。

AndroidスマホでAntutuを計測したい場合は、Antutuアプリを公式サイトから直接インストールする必要があります。

iPhoneとiPad用のSoC:Apple Aシリーズ

Apple Aシリーズの特徴

iPhoneやiPadの中に入っているSoCはアップルが設計しています。Apple A**という型番が付けられています。

日本でのiPhoneのシェアは50%ぐらいあるので、スマホゲームなどはiPhoneに最適化されています。iPhoneのGPUのスコアはかなり高いので、スマホゲームを快適にプレイすることができます。

古いAndroidスマホだと新しいスマホゲームが快適にプレイできませんが、iPhoneならかなり古いiPhoneでも結構快適に遊べます。iPadも同様です。

iPhoneのAntutuスコアはかなり高いです。ただし、高負荷時は発熱しやすいです。発熱しだすとパフォーマンスが低下します。

iPhoneはWeb閲覧や動画視聴など負荷が低い使い方なら電池持ちはそこそこ良い程度ですが、負荷が高いゲームでは電池持ちは悪くなります。

発熱状態で使うと電池の劣化が早まるので注意が必要です。iPhoneは瞬発力は抜群で持久力は低めな感じです。

Apple AシリーズのAntutuスコアのまとめ

SoCAntutuスコア搭載端末
総合スコアGPUスコア
A14 BioniciPad Air 第4世代
A12Z Bionic740,000360,000iPad Pro 12.9インチ 第4世代、iPad Pro 11 第2世代
A12X Bionic680,000330,000iPad Pro 12.9インチ 第3世代、iPad Pro 11 第1世代
A13 Bionic500,000210,000iPhone 11、iPhone 11 Pro Max、iPhone SE 第2世代
A12 Bionic450,000190,000iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPad Air 第3世代、iPad Mini 第5世代、iPad 第8世代
A10X Fusion360,000140,000iPad Pro 12.9インチ 第2世代、iPad Pro 10.5
A11 Bionic RAM3GB280,00090,000iPhone 8 Plus、iPhone X
A11 Bionic RAM2GB260,00050,000iPhone 8
A10 Fusion RAM3GB230,00070,000iPhone 7 Plus、iPad 第7世代
A10 Fusion RAM2GB210,00045,000iPhone 7、iPad 第6世代
A9X210,00050,000iPad Pro 12.9インチ 第1世代、iPad Pro 9.7
A9180,00036,000iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE 第1世代、iPad 第5世代
A8X150,00027,000iPad Air 第2世代

過半数のAndroidスマホのSoC:Snapdragon

Snapdragonの特徴

アメリカのQualcomm(クアルコム)がSnapdragonを作っています。Snapdragon、スナップドラゴン、スナドラ、SDMなどと呼んだりします。

Androidスマホの大半はSnapdragonを搭載していて、Snapdragonは低性能〜超高性能と幅広いラインアップを提供しています。

Snapdragonは多くのスマホに搭載されているので、スマホのアプリも比較的安定して動作します。

上位モデルのSnapdragonならGPUの性能はiPhoneの上位モデルに引けを取らないので、重い3Dゲームも快適に遊ぶことができます。

SnapdragonのAntutuスコアのまとめ

SoCAntutuスコア搭載端末
総合スコアGPU
SDM865 (Plus)600,000230,000Xperia 1 II、ROG Phone3
SDM855 (Plus)480,000180,000ZenFone 6、AQUSO Zero2、ROG Phone2、Xperia 1、Xperia 5、Galaxy S10、AQUOS R3
SDM845350,000140,000AQUOS R2 compact、AQUSO Zero、ROG Phone、Xperia XZ3、XZ2、Galaxy S9、Pixel 3、AQUOS R2
SDM765G320,00090,000
SDM720G280,00070,000Redmi Note 9S
SDM730G270,00070,000Pixel 4a、Xiaomi Mi Note 10 Lite、Mi Note 10 Pro
SDM730260,00065,000
SDM712230,00062,000
SDM835220,00066,000Xperia XZ1、XZ Premium、Galaxy S8、HTC U11、ARUOS R
SDM675210,00034,000
SDM710200,00054,000OPPO Reno A
SDM820180,00050,000Xperia XZ、X Performance、Galaxy S7 edge
SDM670180,00040,000
SDM660180,00036,000AQUOS R compact、ZenFone 4、ZenFone Max Pro M2、OPPO R17 Neo
SDM665170,00032,000OPPO Reno3 A、moto g8シリーズ、Xperia 10 II
SDM636140,00022,000ZenFone 5、ZenFone Max Pro M1、AQUOS sense3 plus
SDM650110,00020,000
SDM810110,00020,000Xperia Z4、Xperia Z5
SDM632110,00017,000ZenFone Max M2、moto g7
SDM630110,00017,000AQUOS sense3、Xperia 8、Xperia Ace、AQUOS sense plus
SDM808100,00020,000
SDM62590,00010,000ZenFone 3、nova
SDM43990,0009,000Rakuten Mini
SDM45080,0009,000AQUOS sense2、arrows M05、OPPO R15 Neo
SDM43070,0008,000AQUOS sense、ZenFone 3 Laser、ZenFone 4 Max、ZenFone Max M1、ZenFone Live L1

面倒なのでSDM=SDです。

ファーウェイ用のSoC:Kirin

Kirinの特徴

ファーウェイの子会社、HiSiliconがKirin(キリン)を作っています。ファーウェイのスマホやタブレットのほとんどにKirinが搭載されています。

2017年前半まではファーウェイスマホの日本のシェアはそこまで多くなかったため、一部のスマホゲームで性能が発揮できず快適にプレイできない場合がありました。

日本でのファーウェイスマホのシェアが増えたことにより、2017年後半からはゲームメーカーがKirinに対応することで、ほとんど全てのゲームで相応の性能を発揮できるようになりました。

Kirinは少し高性能〜超高性能までをカバーしています。

KirinはGPUの性能が少し低めなので、総合的には同じ性能でもSnapdragonやiPhoneのSoCと比べると、GPUの性能が1段落ちます。

一般的なゲームだと特に差はありませんが、FPSや音ゲーなど反応速度がシビアなゲームをよくする場合は、SnapdragonやiPhoneのSoCが無難です。結構特殊なケースなので、そんなには気にしなくても大丈夫です。

KirinのAntutuスコアのまとめ

SoCAntutuスコア搭載端末
総合スコアGPUスコア
Kirin990480,000170,000Mate 30 Pro、P40 Pro 5G
Kirin980400,000130,000Mate 20 Pro、P30 Pro、P30、nova 5T
Kirin820370,000110,000P40 lite 5G
Kirin810300,00085,000
Kirin970250,00080,000Mate 10 Pro、P20、nova 3
Kirin960200,00055,000Mate 9、P10、P10 Plus、honor 9
Kirin710 (710F)165,00025,000P40 Lite E、P30 lite、nova lite 3、Mate 20 lite
Kirin659110,00010,000P20 lite、nova lite 2、nova2
Kirin658110,00010,000P10 lite

安いAndroidスマホ用のSoC:MediaTek

MediaTekの特徴

MediaTekは台湾の半導体メーカーです。安売り用の中華スマホに搭載されるのが多いです。SoC名はMT〜となっていたり、Helloが付いていれば、MediaTekのSoCです。

日本ではFREETELが安売り用のスマホとして販売していましたが、MediaTekのスマホで不具合が多く出たので安かろう悪かろうで、FREETELが破綻すると一緒に全滅状態になりました。電池持ちが悪いのが特徴です。

2019年後半頃から安い格安スマホとしてワイモバイルやUQモバイル、大手キャリアの一部スマホでMediaTek搭載のスマホが徐々に息を吹き返している感じです。

HelioはGPUスコアよりも実際のゲーム性能は悪い気がします。ゲーム性能は良くないです。

MediaTekのAntutuスコアのまとめ

SoCAntutuスコア搭載端末
総合スコアGPUスコア
Helio P65170,00033,000Galaxy A41
Helio P2290,00010,000moto e6s
Helio A2280,0008,000BASIO 4、かんたんスマホ2

※ HelioのAntutuスコアがイマイチわからないので、かなり大雑把です。

一部のGalaxyスマホ用のSoC:Exynos

Exynosの特徴

Exynosはサムスンが作っているSoCです。一部のGalaxyスマホに搭載しています。

ExynosのAntutuスコアのまとめ

SoCAntutuスコア搭載端末
総合スコアGPUスコア
Exynos 7885140,00025,000Galaxy A7
Exynos 7885125,00020,000Galaxy A30
Exynos 7884B110,00015,000Galaxy A20

格安スマホ関連の情報

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • Redmi Note 9S
    • コスパ最高の格安スマホです。2万2545円、6.67インチ、CPU SDM720G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ4800万画素(F値1.19)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素+深度200万画素、重さ209g、電池容量5020mAh
  • OPPO Reno3 A
    • コスパの良い比較的高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラ性能も良いです。3万6181円、6.44インチ、CPU SDM665、RAM6GB、ROM128GB、カメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+ポートレート200万画素+200万画素、重さ175g、電池容量4025mAh
  • iPhone SE 第2世代
    • 4万4800円で買える超高性能なiPhoneです。コンパクトで防水・おサイフケータイに対応。4.7インチ、CPU A13 Bionic、RAM3GB、ROM64GB(128GB版は4万9800円)、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ148g
  • AQUOS sense3
    • 防水とおサイフケータイ対応で電池持ちが超良いです。5.5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ167g、電池容量4000mAh
最終更新日 2020年9月17日 / 作成日 2017年12月19日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

※ コメントは手動承認が必要になる場合があります。コメントしても反映されない場合、1日程度で反映されます。

5 1
この記事は参考になった/良かった
購読する
通知する
guest
1 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
ニック・ネーム
ニック・ネーム
2019年7月17日 5:05 AM
この記事は参考になった/良かった :
     

以前、真面目な中国人に「中国人はすぐ人を騙す。特に日本人は騙されるから気をつけろ」
…と、云われた事があったけど、企業になると国際規模だなぁ、

「格安スマホとiPhoneのSoC性能(CPU/GPU)とAntutuスコアの早見表、Apple、Snapdragon、Kirin、MediaTek等」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
コメント