無制限に高速通信が使える格安SIMを選ぶポイントとおすすめランキング

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMの中には、高速データ通信を無制限に使えるプラン(以下、無制限プラン)がある格安SIMがあります。ここでは、無制限プランを選ぶポイントと、無制限プランがある格安SIMをおすすめ順に紹介します。

無制限プランは、主にスマホで動画をたくさん見るために存在します。スマホで動画をたくさん見る場合に無制限プランを選んで、それ以外は月に使えるデータ量に制限があるプラン(以下、制限プラン)を選ぶのが最も無難な選び方になります。

その他のデータ量の選ぶポイント
高速データなし / 月1GB / 月2GB / 月3GB / 月4GB以上

無制限で使える格安SIMを選ぶポイント

通信速度が遅くなることを許容できるかどうか

無制限プランはデータをたくさん使うことができますが、制限プランよりも通信速度が遅く不安定になります。

超簡略的な説明になりますが、制限プランは、コスト(データ量の原価)に少しの利益を乗せてサービスを提供しています。ユーザがデータを使えば使うほどコストが増えていきますが、売り上げも増えていきます。

無制限プランの場合、ユーザーがデータを使えば使うほどコストが増えていきますが、売り上げが変わりません。コストが増えすぎて、利益がなくなり始めると、格安SIMの会社は通信速度を下げて実質的に使えるデータ量を減らしてコストを下げにきます。(実際は違いますが、わかりやすく言うとこんな感じになります)

無制限プランは、超データを使う人、少し多めにデータを使う人、どのくらいデータを使うのがわからない人などで構成されています。

超データを使う人が、どんどんデータを使い、プランのコストを上げていってしまいます。これに対して、格安SIMの会社が速度を低下させたり、無制限プランなのに使えるデータ量を制限させたりと、あらゆる手を使ってきます。少し多めにデータを使う人や、わかっていない人は、その巻き添えを喰らいます。

このため、基本的には無制限プランは選ばない方が良いです。データをたくさん使う人で、格安SIMの会社による妨害をものともしない場合に、無制限プランを選ぶ感じになります。

無制限プランが必要なほどデータを使うかどうかを

無制限プランを選ぶ半数くらいの人が、無制限プランが必要なほどデータは使っていません。

気兼ねなく使いたいとか、データをどのくらい使うかわからないといった理由で、無制限プランを選んでしまう場合が結構あります。

無制限プランでも使えなくはないのですが、超データを使う人による重荷を喰らうことになります。制限プランのほうがもっと快適な通信速度で使えて月額料金も割安です。(無制限プランの中にも割安なものはありますが、かなりの粗悪サービスになります)

スマホを使う9割くらいの人が、月10GB以下のデータ量で足りています。データをどのくらい使うかわからない場合は、とりあえず月に4GB以上使える格安SIMを選んでおくのが最も無難です。

無制限プランが必要かどうかを判断する絶対的な判断基準は、動画をたくさん見るかどうかです。

動画をたくさん見る人が無制限プランを選ぶ

格安SIMの無制限プランは、主にスマホで動画をたくさん見るために存在するプランです。

スマホでデータをたくさん使うのは、Youtubeやニコニコ動画、HuluやNetflixなどの動画の視聴です。普通画質の動画を1時間視聴すると200MBくらいデータを使います。毎日1時間見ると、それでだけで月6GBのデータを消費します。毎日2時間なら月12GB、3時間なら月18GBです。

毎日1時間くらいなら月10GB程度のデータプランに加入しておけば良いのですが、毎日2時間以上動画を見る場合、制限プランでは格安SIMの月額料金がかなり高額なものになってしまいます。

制限プランは月10GBを超えると、無制限プランよりも高くなっていきます。10GBを超えると、なんでデータをたくさん使える無制限プランの方が安くなるのかというと、無制限プランの実際に出る通信速度が制限プランよりも遅いからです。

無制限プランの通信速度は遅いのですが、たいていの時間帯でYoutubeやニコニコ動画、HuluやNetflixの普通画質なら普通に見ることができます。

無制限プランの長所は普通画質の動画ならたくさん見れること、短所はWebサイトの閲覧は少し遅めで、アプリやファイルのダウンロード速度はかなり遅めになっていることです。

動画をたくさん見るなら、無制限プランの長所を生かせるのでかなりオススメです。動画の視聴以外に主に使おうと思っている場合は、格安SIMの無制限プランはオススメではありません。

参考:Youtube向けの格安SIMとYoutubeで消費するデータ量と必要な通信速度

音楽ストリーミングサービスやRadikoを聴く場合は低速モードで十分

音楽ストリーミングサービスのGoogle Play MusicやApple Music等、またはインターネットラジオのRadiko等を聴く場合、データを消費しない低速モードでも聴くことができます。

参考:低速モードが使える格安SIMの詳細と使い道

音楽ストリーミングサービスを1時間聴くとデータを80MBくらい使います。1日1時間聴くと月2.4GBのデータを使いますが、低速モードで聴けばデータ消費はなしです。

インターネットラジオ(Radiko等)の場合は1時間で30MBくらいデータを消費します。毎日2時間聴き流す月1.8GBのデータを使いますが、これも低速モードにすればデータ消費なしにできます。

音楽ストリーミングサービスやインターネットラジオ等は低速モードをうまく使えばいいので、無制限プランは必要ありません。無制限プランは、あくまで動画をたくさん見る場合に選ぶプランです。

無制限に高速通信が使える格安SIMを比較するポイント

無制限プランを比較するポイントは利用できるデータ量、月額料金、実際に出る通信速度、実績、そしてオプションサービスの有無です。

無制限プランと称して、ほとんどの無制限プランで使えるデータ量が設定されています。なかには3日で1.2GBしか使えない無制限プランがあったり、1日2GB使える無制限プランがあったり、本当に無制限で使えるけど速度が無制限プランの中でも劣悪なものまであったりします。

格安SIMごとに実際に出る通信速度もだいぶ変わってきます。加えて実績も重要になってきます。今、無制限プランとしては比較的通信速度が速い無制限プランでも、過去に速度低下でユーザを苦しめた場合もあります。

最後に、オプションサービスの有無です。無制限プランには関係ないのですが、月に使えるデータ量に制限がある格安SIMの中には、YoutubeやAbemaTVならオプションサービスを追加するとデータ消費なしに見れる格安SIMがあります。とはいうものの、今の所そんな格安SIMがあるのは、BIGLOBEモバイルのエンタメフリープランだけですが、YoutubeやAbemaTVをたくさん観たい場合にはかなりお得なプラン内容になっています。

以上のことを踏まえて、無制限に高速通信が使える格安SIMをオススメ順に紹介していきます。

無制限に高速通信が使える格安SIMのおすすめランキング

No.1 BIGLOBE WiMAX 2+

BIGLOBE WiMAX 2+

長いこと格安SIMの通信速度を計測してきましたが、格安SIMの無制限プランは通信速度が遅かったり、無制限で使えなかったりと、長期的にみて、ほぼ実用的ではないという結論になってしまいました。代わりに何を選べばいいかというと、WiMAX 2+です。

データを無制限に使いたい場合、まず最初にBIGLOBE WiMAX 2+を検討してみてください。BIGLOBE WiMAX 2+なら速い通信速度で月50GBでも60GBでも使うことができます。(郊外だと電波が届かない可能性があるので、そこだけ注意が必要です)

WiMAX 2+では都合が悪い場合にだけ、無制限プランの格安SIMを検討することをおすすめします。

月額料金(2年間の平均)データ量
ギガ放題2800円〜3000円程度無制限(※1)

※1: 3日間で10GB以上のデータ通信を行うと速度制限になりますが、ほとんどの人は引っかからない制限なので気にしなくていいです。速度制限に関しては、3日間で10GB以上使った場合の速度制限の内容を確認してみてください。

キャッシュバックを考慮すると、BIGLOBE WiMAX 2+の2年間の平均の月額料金は2800円〜3000円くらいになります。

BIGLOBE WiMAX 2+の詳細評価
WiMAX 2+とポケットWiFiの比較と評価

公式サイト → BIGLOBE WiMAX 2+


No.2 楽天モバイルのスーパーホーダイ

楽天モバイルのスーパーホーダイ

楽天モバイルのスーパーホーダイは、最大1Mbpsの低速モードが使い放題で、10分かけ放題がついた通話SIMのプランです。最初に選ぶ契約期間で2年間の月額料金が変わります。動画をたくさん見る場合にオススメのプランです。楽天市場でもらえるポイントがずーと+2倍になる特典ももらえます。

1MbpsならYoutubeの比較的高画質な動画(480p)も止まらずに見続けることができます。NetflixやHulu、AbemaTVも普通画質でみれて、Amazonプライムビデオだと最初の1分ほどは画質が荒いですが、それ以降は普通画質で動画を無制限に楽しむことができます。

このプランにはデータSIMはないので、データSIMを探している場合は、対象外になります。

プランS月額料金データ量
2年間3年目以降
1年契約2480円2980円2GB
2年契約1980円
3年契約1480円

※ データを使い切ると通信速度は最大1Mbpsに制限されます。データを使い切る前でも、低速モードにするとデータ消費なしで最大1Mbpsで使うことができます。

データを使い切った場合、もしくは低速モードの場合、昼12:00~13:00と18:00~19:00の時間帯は通信速度は最大300kbpsに制限されます。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細とオススメの格安スマホとiPhone、契約数No.1記念セールと2回線目以降のプラス割キャンペーン

楽天モバイルでは、2018年10月11日まで、格安スマホとiPhoneが割安に買える契約数No.1記念セールを行っています。nova lite 2が9980円で安くなっています。

このキャンペーンに加えて複数契約をすると2回線目から3394円の事務手数料が無料、月額基本料も3ヶ月0円、格安スマホがさらに最大1万円引きになるプラス割キャンペーンも行っています。
キャンペーンの詳細を見る

楽天モバイルのスーパーホーダイの詳細評価

公式サイト → 楽天モバイル


No.3 BIGLOBEモバイルとエンタメフリー

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルには無制限プランはありませんが、3GB以上のプランにエンタメフリーオプションを追加することでYoutubeとAbemaTVがデータ消費なしで見放題になります。BIGLOBEモバイルの実際に出る通信速度は格安SIMの中では普通ですが、無制限プランの中では速く、そして最も安定しています。

YoutubeとAbemaTVをたくさん見る場合は、BIGLOBEモバイルが一番おすすめです。

月額料金データ量
データSIM
+エンタメフリー付
900円+980円3GB
1450円+980円6GB
2700円+980円12GB
通話SIM
+エンタメフリー付
1600円+480円3GB
2150円+480円6GB
3400円+480円12GB

※ 上記の月額料金でYoutubeとAbemaTVがデータ消費なしに見放題になります

BIGLOBEモバイルのキャンペーンの詳細、最大2万400円相当の特典+初月無料+紹介コードで追加で1ヶ月無料

BIGLOBEモバイルでは、月3GB以上のプランを申し込むと月額割引とキャッシュバックを行なっています。2018年9月30日までのキャンペーンです。

ドコモ回線のタイプDは、通話SIMのみだと1万1700円分の特典、通話SIMと端末セットだと1万5300円分の特典、データSIMと端末セットの場合は3600円分の特典になります。

au回線のタイプAは、通話SIMのみは1万1700円分の特典、通話SIMと端末セットは最大2万400円分の特典、データSIMと端末セットは最大7200円分の特典がもらえます。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの詳細評価

公式サイト → BIGLOBEモバイル


No.4 UQ mobileの無制限プラン

UQ mobile

UQ mobileのデータ無制限プランの実際に出る通信速度は500kbpsと遅いのですが、3日間で6GB使うことができるので、1ヶ月だと最大60GB使えます。

通信速度は普通画質の動画を見る分にはギリギリセーフ(または少し止まる)な速度が出ています。スマホでネットをするくらいなら少し遅いかな?くらいで使えるので、そんなにストレスにはなりません。格安SIMの無制限プランの中ではUQ mobileの無制限プランは比較的まともです。

月額料金データ量
データ無制限プラン1980円3日間で6GB以内(500kbps)
データ無制限+音声通話プラン2680円

UQ mobileの詳細評価

公式サイト → UQ mobile


No.5 LinksMate(リンクスメイト)とカウントフリー

LinksMate(リンクスメイト)

リンクスメイトは実際に出る通信速度がかなり速いです。月額500円のカウントフリーオプションを足せば、AbemaTVが見放題、Twitter、Facebook、インスタグラムがほぼデータ消費なしで使うことができます。グラブル、Shadowverse、プリコネで使えるゲーム特典を毎月もらうことができます。

月額料金データ量
データSIM
+カウントフリー付
500円+500円1GB
1500円+500円5GB
2500円+500円10GB
4200円+500円20GB
5400円+500円30GB

※ 月600円加算することで通話SIMになります。

LinksMate(リンクスメイト)の詳細評価


No.6 DTI SIM

DTI SIM

DTI SIMの無制限プラン(ネットつかい放題)の月額料金は、無制限プランの中でも最安値レベルです。ただし、ネットつかい放題はDTI SIMの通常プランよりも通信速度が遅くなっていて、評判は微妙です。

使えるデータ量は1日1GB程度です。無制限プランの中では多少まともな通信品質になっているので、YoutubeやAbemaTV以外の動画もたくさん見たい場合におすすめです(YoutubeとAbemaTVだけならBIGLOBEモバイルが最適です)。

月額料金データ量
データプラン(データSIM)2200円1日1GB程度
(ネットつかい放題)
音声プラン(通話SIM)2900円
DTI見放題SIM(データSIM)2480円7GB ※1

※1:DTI見放題SIMはデータSIMのみの提供です。Youtube(360pの普通画質)とTwitterはデータ消費なしに使うことができます。

DTI SIMの詳細評価


No.7 nuroモバイル

nuroモバイル

nuroモバイルは特定の時間だけ高速データ通信が無制限になる時間プランがあります。

時間プランの5時間/日は、1日5時間まで高速データ通信を無制限で使えます。1日5時間を超えると最大200kbpsの低速に速度が制限されます。

時間プランの深夜割は、夜中の1時から朝6時まで高速データ通信を無制限で使えます。それ以外の時間帯は最大200kbpsの低速に速度が制限されます。

使いようによっては有用なプランに見えますが、実際に出る通信速度が不安定なのでオススメ度は低いです。

月額料金データ量
データSIM
時間プラン
1500円夜1時から6時まで無制限
2500円1日5時間まで無制限
通話SIM
時間プラン
2200円夜1時から6時まで無制限
3200円1日5時間まで無制限

nuroモバイルの詳細評価


No.8 U-mobile

U-mobile

このサイトでは以前にU-mobileのLTE使い放題を契約していたのですが、実際に使えるデータ量は時期によって大幅に変わって、実際に出る通信速度も不安定で遅かったため、1年ほど契約して解約してしまいました。

U-mobileはキャンペーンを全くしていなく、格安スマホの取り扱いも放置しています。MVNO事業にもはややる気がない状態なので、避けたほうがいいです。

月額料金データ量
データ専用 LTE使い放題2480円不明
U-mobile MAX2380円25GB

※ 月500円加算することで、通話プラス(通話SIM)になります。

U-mobileの詳細評価

データ量ごとの選ぶポイントとおすすめランキング

最終更新日 2018年8月6日 / 作成日 2015年3月20日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る