格安SIMの選び方と必要な手続きの仕方

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

ここでは格安SIMの選び方と必要な手続きの仕方を説明します。

大雑把な流れ

格安SIMについてざっくり把握する。

自分にあった格安SIMを選ぶ。

格安SIMを申し込む。新しいスマホが必要な場合は購入する。

格安SIMが届いたら、格安SIMをスマホに入れる。届いた書類を見ながら、設定をちょっとする。

スマホで電話やインターネット、アプリのダウンロード等ができるようになる。

これで毎月のスマホ代が2000円! 格安SIMでとっても安くスマホを使うことができます。

ステップ1:格安SIMについてざっくり把握する

格安SIMとは、大手キャリア(ドコモやau、ソフトバンク)の3分の1くらいの月額料金でスマホを使うことができる料金プランです。

格安SIMを契約して、届いたSIMカードをスマホに入れるだけで、とても安い月額料金でスマホを使い続けることができます。

超ざっくり格安SIMを説明してしまうとこんな感じです。格安SIMにはこの他にもメリットがありますが、デメリットもあります。より詳しくは下記のページをご確認ください。

ちなみに格安スマホは、主に「格安」SIMで使うためのSIMフリーの「スマホ」を言います。略して格安スマホです。

最近は5万円以上するSIMフリーのスマホも普通に発売されているので、本体価格が高いのに格安スマホなのという疑問になりますが、あまり気にせず・・。

格安SIMで使う格安スマホの定番の価格帯は2万円〜3万円です。5万円以上の格安スマホは、ヘビーユーザ、ゲームユーザ、もしくはカメラ性能を重視する人が選ぶ感じになります。

格安スマホなのに本体価格が高い!と指摘される場合がありますが、格安スマホの「格安」は格安SIMを指しているので、スマホの本体価格が安かろうが高かろうが関係ないです。(価格の高いスマホは性能が超良いので、割高というわけでもありません)

ステップ2:格安SIMを選ぶ

格安SIMには通話SIMとデータSIMがあります。

通話SIMは070、080、090の携帯電話番号を使って電話をすることができる格安SIMです。携帯番号で電話をする以外にも、インターネットができるので、Webサイトの閲覧、アプリのダウンロード、アプリの利用、メール、LINEの無料通話、050のIP電話も使うことができます。

データSIMは携帯番号で電話をすることはできませんが、通話SIMと同じようにインターネットが使えます。

一般的には通話SIMを選択します。ガラケーを使っていて、ガラケーでは電話をして、スマホではネットやアプリを使いたい場合にデータSIMを選ぶ感じになります。

通話SIMとデータSIMの違いと緊急通報(110と119)の有無

通話SIMの選び方

新しく携帯電話の電話番号がほしい場合や、スマホやガラケーを使っている場合で、今使っている電話番号を格安SIMでも使い続けたい場合は、通話SIMを選びます。

通話SIMは、MVNO(格安SIMサービスを提供している会社)によって呼び方が若干異なります。音声SIM、音声通話機能付きSIM、音声対応SIM、デュアルタイプなどと呼ばれることがあります。

スマホを使う場合は、格安SIMは通話SIMを選ぶのが一般的です。おそらく格安SIMを選んでいる人の7割くらいは通話SIMを選んでいます。

スマホやガラケーを使っている場合で、同じ電話番号を使い続けたい場合はMNP

すでにスマホやガラケーを使っている場合で、格安SIM(通話SIM)でも同じ電話番号を使いたい場合は、MNPの手続きをします。

格安SIMには、それぞれ携帯電話番号(自分では選べません)が付与されていますが、MNPの手続きをすることで、今まで使っていたスマホやガラケーの電話番号を格安SIMに付与することができます。

MNPの手続きの仕方は、MNP(乗り換え)の手続きに記載しているのでご確認ください。各キャリアごとのMNPの仕方は下記になります。

初めてスマホを使う場合や、ガラケーやスマホを使っている場合でも新しい電話番号でも良い場合は、新規契約/新規番号を選ぶ

初めてスマホを使う場合や、既にガラケーやスマホを使っている場合でも新しい電話番号でも良い場合は、新規契約で通話SIMを申し込みます。(MNPをすると2000円〜3000円余分にお金がかかるので、たいして重要でない電話番号なら新規契約で良いと思います)

通話SIMを申し込む時に、MNPあり(番号移行)とMNPなし(新規番号)を選べるので、MNPなしの新規契約を選択します。申し込み完了時に070、080、090の電話番号が割り当てられます。なお、電話番号は自分で選ぶことはできません。

通話SIMの選び方の詳細

通話SIMの選び方は、MNPの有無以外にも、どのくらい電話を使うか、月額料金と使えるデータ量、実際に出る通信速度、通話オプションの有無、キャンペーンの有無なども選ぶポイントになってきます。これらポイントは下記のページに記載しているので、そちらを参考にしてみてください。

音声通話プランのある格安SIM(通話SIM)の選び方
月額1000円台の通話SIMを選ぶポイントとおすすめランキング
月額2000円以上の通話SIMを選ぶポイントとおすすめランキング
使うデータ量ごとの格安SIM(通話SIM/データSIM)の選び方
家族向けのプランがある格安SIMの比較と評価

データSIMの選び方

格安SIMには通話SIMの他に、データSIMというのがあります。データSIMは070、080、090の携帯電話番号で電話をしたり受けたりできませんが、インターネットをすることができます。

インターネットができるので、データSIMを入れたスマホで、Webサイトを見たり、アプリをダウンロードしたり、アプリを利用したり、LINEの無料通話や050のIP電話を使って電話をしたり受けたりすることができます。

通話SIMとデータSIMの違いは、070、080、090の携帯電話番号で電話ができるかできないかの違いだけです。あとは同じです。(※ 同じプラン内容でも通話SIMの方が月額料金が700円くらい高くなります)

データSIMの使い道

データSIMは、ガラケーを使っている人が、スマホでアプリやネットだけを使うためにデータSIMを契約するのが主な使い方になります。あとは、データSIMをWiFiルータに入れて、自宅のネット用に使う場合もそこそこあります。

固定電話を持っている人が、スマホにデータSIMを入れてIP電話アプリを設定して使う場合も少しあります。ただし、データSIMを入れたスマホでもIP電話アプリで電話をすることはできますが、110や119などの緊急電話ができないので気を付けてください。

固定電話がある場合は、万が一の場合は固定電話から緊急電話をかければいいですが、固定電話やガラケーも契約していない場合で、データSIMでスマホを運用するのは、緊急電話が使えないためやめた方が良いです。固定電話やガラケーを契約していない場合は、素直に通話SIMを使うことを強くお勧めします。

デーSIMの選び方は、使うデータ量を中心に、月額料金と実際に出る通信速度、キャンペーンの有無などが選ぶポイントになります。下記に使えるデータ量を中心に格安SIM(データSIM/通話SIM)を選ぶポイントを説明しているので参考にしてみてください。

使うデータ量ごとの格安SIM(通話SIM/データSIM)の選び方
高速データがない格安SIMを選ぶポイントとおすすめランキング
月1GB使える格安SIMを選ぶポイントとおすすめランキング
月2GB使える格安SIMを選ぶポイントとおすすめランキング
月3GB使える格安SIMを選ぶポイントとおすすめランキング
月4GB以上使える格安SIMを選ぶポイントとおすすめランキング
無制限に使える格安SIMを選ぶポイントとおすすめランキング

データSIMにはSMS機能について

データSIMにはSMS機能が付いたものと付いていないものがあります。

データSIMにSMS機能を付けると月120円〜150円ほど高くなりますが、SMS機能が付いてないとスマホの電池の持ちが悪くなる可能性が少しあります。使えなくなるアプリもほんの少しだけ出てくる可能性があります。

ただ、データSIMにSMS機能をつけないことで発生する電池の消費問題ですが、ここ最近はあまり聞きません。ただ、それでもたまに電池持ちが悪くなるスマホが出てきます。

正直判断が微妙なところになります。

SMS機能を付けるとデータSIMの月額料金が120円〜150円くらい高くなりますが、無視できない割合で電池持ちが少し悪くなる機種が出たりします。

電池持ちが少し悪くなる場合でも、致命的に悪くなるわけではなく、少しだけうざい電池消費になります。

基本的にはデータSIMにはSMS機能を付けなくても大丈夫だと思いますが、SMS機能は後から追加できないので、電池持ちを重視する場合は、SMSをつけておいたほうが良いです。

なお通話SIMにはデフォルトでSMS機能が付いています。

参考;データSIMのSMS機能は付けるべき? 違いとセルスタンバイによる電池消費問題

ステップ3:スマートフォンを選ぶ

スマホを持っていない場合は、新しいスマホを購入する

スマホを持っていない場合はスマホを購入してください。格安SIMと一緒に購入したり、もしくは別々に購入することもできます。

格安SIMと一緒にスマホを購入すると、スマホが割引価格で買えたり、月額料金が割引されたり、キャッシュバックがもらえたりする場合があります。加えて、格安SIMとセットでスマホを買えば、SIMのサイズを間違えたり、使えないスマホを選んでしまうなどの間違いが発生しないので安心です。

格安SIMとスマホを別々に購入する場合は、そのMVNO(格安SIMの会社)で取り扱っていないスマホを選ぶことができます。

契約しようと思っているMVNOでキャンペーンを行なっていない場合は、スマホはネットショップで買った方が少し安くなる場合があります。ただ、この場合、その格安SIMには対応していないスマホを選んでしまう可能性や、SIMのサイズを間違える可能性があります。スマホの初心者は別々に買うのは避けた方が無難です。

格安SIMとスマホをセットで申し込む場合、NifMoのキャンペーンBIGLOBEモバイルのキャンペーン楽天モバイルのキャンペーン等で格安スマホをセットで購入するとかなり安く購入できます。

電話をそこそこする場合は、5分かけ放題がついたUQ mobileのおしゃべりプランとぴったりプランも格安スマホをかなり安く手に入れることができます。その他にも、格安スマホとiPhoneのキャンペーンのお得度ランキングで、お得に契約できるところを探してみてください。

MVNOで格安スマホを購入する場合は、基本的に一括で購入することをお勧めします。分割で購入すると、本体価格の15%くらいの分割手数料がかかる場合があります。

どんなスマートフォンがオススメかは下記のページに書いてあるので参考にしてみてください。

老眼で小さい文字が読みにくい場合は、スマホの代わりに画面が大きい格安タブレットがオススメです。音声通話機能に対応したタブレットなら、スマホと同じように携帯電話番号で電話をすることができます。(多少不恰好ですが・・)

大手キャリアのスマートフォンやiPhoneを持っている場合

ドコモ、au、ソフトバンクのスマートフォンやiPhoneを持っている場合は、そのスマホやiPhoneのままで格安SIMでも使える場合があります。

※ スマートフォンやiPhone → スマホと省略します

ドコモのスマホを持っているならドコモ系の格安SIMが使えます。ドコモ系の格安SIMなら、ドコモのスマホをそのまま使い続けることができます。写真や音楽、アプリのデータなどそのままで使い続けることができます。新しくスマートフォンを購入する必要はありません。

auのスマホはSIMロックを解除すれば、au系の格安SIMでそのまま使い続けられます。

ソフトバンクもSIMロックを解除すれば、ソフトバンク系の格安SIMでそのまま使い続けられます。

SIMロックを解除しなくても使い続けられるケースがあるので、詳細は下記を参考にしてみてください。

ドコモのスマホを格安SIMで使うための詳細
auのスマホを格安SIMで使うための詳細
ソフトバンクのスマホを格安SIMで使うための詳細

ステップ4:格安SIMを申し込む、必要な場合は格安スマホも一緒に申し込む

格安SIMとプランを選んだら、次に申し込みを行います。新しいスマホが必要な場合は、一緒に申し込みます。

※ スマホの中級者以上なら、Amazonや大手家電量販店、ネットショップなどでスマホを別に購入しても大丈夫です。初心者は基本的には、格安SIMとセットで申し込めるスマホを選んだ方が無難です。

申し込みには、本人名義のクレジットカードが必要になります。クレジットカードを持っていない場合や、銀行の口座振替で料金を支払いたい場合は下記を参考にしてみてください。

格安SIMや格安スマホの支払いにオススメのクレジットカードと口座振替できるMVNO

銀行の口座振替に対応している格安SIMはごく一部なので、クレジットカードを持っていない場合は、クレジットカードを作ることをオススメします。

通話SIMとデータSIMとでは申し込みの仕方が異なるので別々に説明します。

データSIMの申し込みの仕方

データSIMの場合は、申し込みに必要なのは基本的にクレジットカードだけです。オプションにSMS機能をつけるかどうか決めておけば、あとは簡単に申し込むことができると思います。

データSIMでも、UQ mobile、LINEモバイル、LinksMateは本人確認書類(免許証やパスポート、保険証など)が必要になります。

通話SIMの申し込みの仕方、新規番号の場合

ガラケーやスマホを使っていない場合、またはガラケーやスマホを使っている場合でも、携帯電話番号を維持する必要がない場合は、新規番号での契約になります。

通話SIMを新規番号で契約する場合、必要なのは本人名義のクレジットカードと本人確認書類です。運転免許証、健康保険、パスポート等の本人確認書類をスマホやデジカメで撮って、格安SIMを申し込むときにアップロードします。

今まで使っていた携帯電話がある場合は忘れずに解約をしましょう。解約したらキャリアメールは使えなくなるので、キャリアメールを使っている人は解約する前にGmail等でメールアドレスを新しく作って、メルアドの変更を家族や友人に知らせてから解約手続きを行いましょう。

通話SIMの申し込みの仕方、同じ電話番号を使い続けたい場合

ガラケーやスマホを使っていて、その携帯番号を格安SIMでも使いたい場合は、MNP(乗り換え)での契約になります。

通話SIMをMNP(乗り換え)で契約する場合、必要なのは本人名義のクレジットカードと本人確認書類、それとMNP予約番号です。

運転免許証、健康保険、パスポート等の本人確認書類をスマホやデジカメで撮って、申し込み時にアップロードします。MNP予約番号は現在契約している携帯キャリア(ドコモやau、ソフトバンク等)に電話をかければ番号もらうことができます。

MNPする場合でキャリアメールを使っている場合は、事前にGmail等でメールアドレスを新しく作って、メルアドの変更を家族や友人に知らせてから手続きを行いましょう。キャリアメールは、格安SIMを申し込んだ後に自動的に使えなくなります。使っていた携帯キャリアも、格安SIMをMNPで申し込んだ後に自動的に解約になります。

以前は購入手続きをすると格安SIMが届くまで電話が使えなくなりましたが、今ではほとんどの通話SIMは使えなくなる期間なしにMNPできるようになっています。

MNPの手続きで自宅で回線切り替え手続きができるMVNOの詳細と注意点

ステップ5:格安SIMを設定する

申し込み手続きをして、3〜4日すると自宅に格安SIMが届きます。

格安SIMをスマホに挿入して、届いた書類に記載されているやり方に従って設定を行えば問題ありません。説明書を読むのに3分、SIMカードをスマホに挿入するのに3分、APNの設定に1分、こんな感じです。

以上で格安SIMを入れたスマホで電話やインターネット、アプリのダウンロード等が使えるようになります。

通話SIMをMNPで申し込んでいる場合は、回線切り替え手続きを行う必要があります(やり方は届いた書類に記載されています)。回線切り替え手続きをして、1時間〜2時間くらいするとスマホが使えるようになります。

その他の格安SIM関連のお役立ち情報

最終更新日 2018年8月17日 / 作成日 2015年3月19日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る