月2GB以下の格安SIM17社のおすすめランキング(スマホ用の小容量プラン)

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (11) / 関連:各種おすすめランキング(13)

20GBプランや無制限プランを契約する人が増えていますが、実はスマホユーザの半数は実際に使っているデータ量は月2GB以下です。

半数の人は自宅のWiFiで主にネットをして、外ではスマホを少し確認する程度です。

月2GB以下の格安SIMのおすすめランキング

すごくたくさん使う場合は、快適に使えるドコモ/au/ソフトバンクはおすすめですが、ギガをそんなに使わない場合、正直大手キャリアを契約するのは無駄です。

2GB以下しか使っていない半数の人は、月1000円以下の格安SIMで十分にスマホが使えます。

ここでは月2GB以下のスマホプランを選ぶポイントと、おすすめの格安SIMをランキングで紹介します。

この記事の対象ユーザ:0GB、0.5GB(500MB)、1GB、2GB

データ量別の格安SIMのおすすめ
月2GB以下 / 月3GB〜8GB / 月9GB〜30GB / 無制限orカウントフリー

月2GB以下の格安SIMを選ぶポイント

半数は月2GBで十分なのに、多くの人が大容量プランで高い料金を払う

スマホの契約プランと実際のデータ使用量

総務省によると、実際に使ってるデータ量が月2GB以下の人が49.5%いるのに、2GB以下のプランを契約している人は17.1%しかいません。

多くの人が実際に使っているデータ量よりも、かなり大容量のプランを契約して割高な料金を払ってしまっています。

自分に合うデータ量を選べれば、スマホの料金を大幅に節約できます。半数の人は2GBで十分なんです。そして2GBの月額料金の相場は月1000円前後です。

データ消費量の目安は、格安SIMに必要なデータ量の目安にも記載してあるので参考にしてみてください。

スマホ用のプランではない、データ通信専用プランに少し注意

スマホの格安プランを選ぶ上での最初の注意点は、格安プランにはスマホ用のプランとデータ通信専用のプランがあることです。

データ通信専用プラン料金が安いですが電話ができません。データ通信専用プランは主にLTE対応のタブレット、モバイルルータ等で使うプランです。

スマホの場合は、スマホ用の料金プランを選ぶ必要があります。下記で紹介するのはスマホ用の格安プランです。

低速速度と低速切り替え機能を少し気にする

高速データ通信のデータ容量を使い切ると、速度がかなり遅い低速通信になります。

※ 最初から高速データ容量なしの低速専用プランもあります。

低速でも速いところは300kbps出ますが、遅いところだと60kbpsくらいです。低速なら無制限に使える格安SIMと、3日間で366MBまでしか使えない格安SIMもあります。

高速通信のデータ量を使い切る前に、低速に切り替えてデータ消費なしにネットが使える格安SIMもあります。

結構色々違ってくるので、詳細は低速と高速を切り替えられる格安SIMを確認してみてください。

※ 今はギガを使い切りそうなら、データ量が大きなプランに変更するのが主流なので、低速はそんなに重要でもないです

高速データ通信の速度は少し重要

格安プランによって実際の高速データ通信の速度が大幅に異なります。通信速度が速い格安プランと遅い格安プランとでは、速度差が10倍〜100倍くらいあったりします。

そのため格安SIMの管理人は格安プランを30以上契約して、毎日リアルタイムで速度計測を行っています。

2022年8月版の格安SIMの速度ランキング

速い
普通
遅い
  • 6位 mineo(ドコモ/au/ソフトバンクプラン)、日本通信SIM、LINEモバイルのドコモ回線(新/旧)、BIGLOBEモバイルのau回線
  • 7位 LinksMateLIBMO、OCNモバイルONEの旧コース
  • 圏外 TONEモバイル、ロケットモバイルの神プラン

最新の速度ランキングの詳細を読む

速度が速いプランがわかるように速度ランキングを3〜4ヶ月に1度、更新しています。

データをたくさん使うほど速度は重要ですが、月2GB程度のデータ量だとそこまで気にしなくても良いです。とりあえず少し気に留めるくらいです。

下記から、低速速度、低速切り替え機能、高速データ通信の速度、それと料金プランとキャンペーンのお得度を加味して、おすすめ順にランキングしているので参考にしてみてください。

月2GB以下の格安SIMおすすめランキング

  • 1位:povo2.0
  • 2位:日本通信SIM
  • 2位:IIJmio
  • 2位:OCNモバイルONE
  • 3位:povo2.0+IIJmio
  • 3位:mineo
  • 3位:LinksMate
  • 4位:LIBMO

※ 繰越:余ったデータを翌月に繰り越せる機能
※ 速度:高速データ通信の速度
※ 1Mbps = 1000kbps (通信速度)
※ 1GB = 1000MB (ギガやデータ容量、正確には1024MB)

1位:povo2.0

povo2.0料金有効期限速度
基本料金0円
1GB390円7日間
3GB990円30日間

基本料金0円のままだと速度は128kbps。高速と低速の切替不可。データをチャージ、対象店舗での買い物等でもらえるギガ活、または使い放題を追加すると高速データ通信で快適に使える。

その他の特徴:180日間以上、有料トッピングをしないと利用停止になる(最低月37円で維持できる)。au回線

事務手数料(初期費用):0円

povoのデメリットとメリット&料金プランの総まとめ

2位:日本通信SIM

日本通信SIMデータ量繰越速度
月290円1GB
月510円2GB

低速0kbps (上限のデータを使い切ると通信不可)

その他の特徴:使ったデータ量に応じて料金が変わる段階制プラン。上限を設定できる。ドコモ回線

事務手数料(初期費用):3300円

日本通信SIMのデメリットとメリット&料金プランの総まとめ

2位:IIJmio

IIJmioデータ量繰越速度
月850円2GB

低速の実測300kbps。アプリで高速と低速の切替可能。3日間で366MBまで低速通信可能

その他の特徴:他社からの乗り換えならスマホがすごく安く手に入る(IIJmioのおすすめ機種)。データシェアとデータプレゼントあり。ドコモ回線とau回線

事務手数料(初期費用):3733円+au回線は13円

IIJmioのデメリットとメリット&料金プランの総まとめ

IIJmioの公式サイト

お得に契約!IIJmioのキャンペーン詳細 [2022年] 初期費用無料は要注意

IIJmioではキャンペーンで初期費用3300円が半額、月額料金が6ヶ月間440円割引、通話定額オプションが7ヶ月間410円割引です。

乗り換えなら格安スマホやiPhoneが大幅割引セールを行っています。2022年10月31日までのキャンペーンです。(端末割引は10月3日まで)

2位:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEデータ量繰越速度
月550円0.5GB◎〜◯
月770円1GB

低速の実測240kbps。アプリで高速と低速の切り替え可能。0.5GBプランは月250MB,1GBプランは月500MBまで低速通信可能

その他の特徴:OCN光契約者なら月220円引き。0.5GBプランは毎月10分の無料通話付き。1GB以上のプランなら格安スマホが大幅割引。ドコモ回線

事務手数料(初期費用):3733円

OCNモバイルONEのデメリットとメリット&料金プランの総まとめ

OCNモバイルONE公式サイト

OCNモバイルONEのキャンペーンとおすすめ機種【2022年最新】人気端末セール

OCNモバイルONEのキャンペーンとおすすめ機種を徹底解説します。OCNモバイルONEでは人気スマホが大幅割引で買えるキャンペーンを不定期に行っています。

キャンペーン機種
・OPPO Reno7 A:24,200円
・Xiaomi 11T Pro:37,500円
・moto g31:乗換2,002円
・iPhone SE 第3世代 128GB:39,215円
・その他多数

Xiaomi Pad 5とMi 11 Lite 5Gのセットが52,553円の激安価格で販売しています(実売価格103,500円)

2022年10月12日までのキャンペーンです。※初期費用3733円が別途かかります

3位:povo2.0+IIJmio、2GB440円+維持費37円

povo2.0+IIJmioデータ量繰越速度
月440円+維持費37円2GB

その他の特徴:povo2.0とIIJmioをデュアルSIMで組み合わせれば、コスパ最高のスマホプランになります。ドコモ回線

事務手数料:3520円 (IIJmioのeSIM)

povo2.0とIIJmioの併用で2GB月440円の作り方

3位:mineo

mineoデータ量繰越速度
月1298円1GB

低速の実測200kbps。アプリで高速と低速の切替可能。無制限で低速通信可能。+月385円で1.5Mbpsの低速が使い放題

その他の特徴:条件クリアで夜間ギガ使い放題、複数契約で1回線ごとに月55円引き

パケットギフトとパケットシェアなど複数人で使うのに便利な機能あり。ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線

事務手数料(初期費用):3740円

mineoのデメリットとメリット&料金プランの総まとめ

3位:LinksMate

LinksMateデータ量繰越速度
月517円100MB
月627円200MB
月660円300MB
月682円400MB
月715円500MB
月737円1GB
月770円2GB

低速でもデータを消費するので低速通信は無意味

その他の特徴:月550円でAbemaTV、ニコニコ動画、Twitter、インスタグラム、Facebook、多数のゲームアプリがデータ消費ほとんど無しで使い放題。ドコモ回線

事務手数料(初期費用):0円 ※ただし送料が1,100円かかり、解約時にプラン解約手数料3300円がかかる

LinksMateのデメリットとメリット&料金プランの総まとめ

4位:LIBMO

LIBMOデータ量繰越速度
月1100円0.5GB+5分かけ放題
月1320円0.5GB+10分かけ放題
月1980円0.5GB+2時間かけ放題

低速128kbps。Web経由で高速と低速の切替可能。無制限で低速通信可能

その他の特徴:5分/10分/2時間のかけ放題がセットのプラン。ドコモ回線

事務手数料(初期費用):3,733円

LIBMOのデメリットとメリット&料金プランの総まとめ

月2GB以下でおすすめではない格安SIM

  • BIGLOBEモバイル
  • イオンモバイル
  • エキサイトモバイル
  • QTモバイル
  • JCOMモバイル
  • b-mobile S
  • ロケットモバイル
  • DTI SIM
  • ヤマダニューモバイル

おすすめではない:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルデータ量繰越速度
1回線目2回線目以降
月1078円月858円1GB
月1320円月1100円3GB

低速の実測不明(おそらく200kbps)。低速と高速の切り替え不可

その他の特徴:月308円のオプションでYouTubeが普通画質で見放題。ドコモ回線とau回線

おすすめではない理由:月額料金が割高

BIGLOBEモバイルのデメリットとメリット

おすすめではない:イオンモバイル

イオンモバイルデータ量繰越速度
月803円0.5GB◯〜△
月858円1GB
月968円2GB

低速の実測200kbps。アプリで高速と低速の切替可能。3日間で366MBまで低速通信可能

その他の特徴:イオンの大型店舗で契約できる。ネットだと送料がかかる。ドコモ回線とau回線

おすすめではない理由:同じ設備を使っているIIJmioより割高だから

イオンモバイルのデメリットとメリット

おすすめではない:エキサイトモバイル

エキサイトデータ量繰越速度
月495円200kbps×
月880円3GB以下◯〜△

低速200kbps。Webサイト経由で高速と低速の切替可能。3日間で366MBまで低速通信可能

その他の特徴:実際に使ったデータ量で料金が変わる段階制。ドコモ回線とau回線

おすすめではない理由:低速のみなら基本料無料のpovo2.0が良い。3GBなら速度が超速いpovo2.0やLINEMOが990円なので、エキサイトの880円を選ぶメリットが少ない

エキサイトモバイルのデメリットとメリット

おすすめではない:QTモバイル

QTモバイルデータ量繰越速度
月1100円2GB

低速の実測は200kbps。低速と高速の切り替え不可

その他の特徴:8000円キャッシュバック。ドコモ回線とau回線(ソフトバンク回線もあるけど割高なので無視)

おすすめではない理由:割高

QTモバイルのデメリットとメリット

おすすめではない:JCOMモバイル

JCOMモバイルデータ量繰越速度
月1078円1GB◯〜△

低速専用の200kbpsは無制限。1GBプランの低速128kbps

その他の特徴:事務手数料無料。au回線

おすすめではない理由:割高

JCOMモバイルのデメリットとメリット

ほとんど誰も選ばない月2GB以下の格安SIM

上記以外にも月2GB以下の格安プランがいくつもありますが、ほとんど誰も選んでいないです・・。料金プランを抜粋してもあまり意味がないので列挙だけしておきます。

  • b-mobile S
  • ロケットモバイル
  • DTI SIM
  • ヤマダニューモバイル

データ量別の格安SIMのおすすめランキング

格安SIMの管理人の画像
書いた人

2015年3月から格安SIMの比較サイトを運営しています。

1人で地道にこつこつ運営していたら、累計訪問者数は約2600万人で約9000万ページビューになりました(2021年8月時点)

これからも格安SIMと格安スマホの情報をできるだけ詳しくお届けします!

最終更新日 2022年6月21日 / 作成日 2015年3月18日
4 1
この記事は参考になった/良かった
※注:口コミやコメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミ

購読する
通知する
guest

11 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
通りすがりですが…
通りすがりですが…
2022年4月28日 11:21 AM

https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2204/28/news077.html

正直なところ、日本通信の290円プランが出た後に、HISモバイルが「基本1GB550円だが100MB未満は290円プラン」を出した意味がよく分からなかったのですが、何やらHISモバイルの方は1GBを使い切っても低速でも使い続けたい層が一定以上いるので、低速(最大200Kbps)で通信できることで差別化を図っているんだとか(あと通話料が2円安い)。なるほど、と思ったのも束の間、「でも、HISモバイルで550円で使うくらいなら、日本通信で290円+追加1GB220円=510円の方が快適じゃね?」と気づいたのですが…。povo2.0の128kbpsとHISモバイルの200kbpsに体感でどの程度の差があるのか知りませんが、似たり寄ったりなのでは?

コタロウ
コタロウ
2021年12月7日 2:35 PM

楽天モバ+IIJmio最高コスパ理解しました。ただそこそこやるIIJmioの実力を見たいのでこんなのはどうですか?キャンペーン利用でOPPO A73一括+eSIM2ギガ契約。MNP利用。しばらく様子見。不満が無ければそのまま利用。そののち楽天モバ1ギガ以下後日契約。この段階でダブルシム。ご推奨の最高コスパ状態。こんなことは可能ですか?ダブルシム対応機種を持ち合わせないので考えてみました。可能なら安く本体が入手出来て、より速度を求めれば楽天で速度アップ追加。コメントいただければ幸いです。

名無し
名無し
  コタロウ
2021年12月8日 2:40 AM

MNP利用 = 音声通話sim
IIJmioの)eSIM = データ通信専用sim
MNP ≠ eSIM

ABCD
ABCD
2019年7月25日 4:24 PM

Dmmモバイル1GB(docomo回線です)、iPad mini 4。高速道路上でGOOGLEMAPをカーナビとして使っていると、時々地図がチラつく。一旦チラつき始めると、なかなか治らない。これが最近になって起こり始めた。データ通信速度低下のためと思われる。もう少し通信速度の速いSIMに乗り換えなければならないと思って調べていて、この記事に出会いました。

HMH
HMH
2019年7月23日 11:15 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

ここにビッグローブの1Gプランが記載されてないのが気になりました。

HMH
HMH
  格安SIMの管理人
2019年7月25日 9:56 PM

ありがとうございます。
BIGLOBEは1GデータSIM扱ってないんですね……見落としてました;;

BIGLOBEは1Gプランだとキャンペーン適用外だったり、エンタメフリー
利用不可だったりしますが、回線速度・品質は優秀なようですし
DMMモバイルで1Gプラン利用していた方々の移住()先になるのかなーと
思ったりもしたのですが

「月2GB以下の格安SIM17社のおすすめランキング(スマホ用の小容量プラン)」をシェアしてくださいm(_ _)m
コメント