【契約中】IIJmioのデメリットと評判、ギガプランの総まとめ

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (143) / 関連:IIJmio更新順(11) | SIM総合評価(30)

IIJmioのデメリットと評判、そして新料金プランのギガプランを徹底解説します。

IIJmioのメリットは、とにかくスマホの料金が安くなることです。ドコモだと4GB使うと月5478円ですが、IIJmioなら990円です。圧倒的に安いです。

IIJmioなら余ったデータ量を翌月に繰越せて、データを家族でシェアしたりプレゼントできます。

IIJmioのデメリットとメリット

IIJmioのデメリットは、平日昼12時に速度が遅くなり、スマホの使い勝手が少し悪くなることですが、ギガプランになって速度低下は大幅に改善しています。

ここではIIJmioの料金プランの詳細と、デメリットと評判を実際に契約して徹底解説します。ざっくり評価すると、月に使うデータ量が8GB以下の場合にIIJmioがおすすめです。

注意:在庫切れの格安スマホは時刻未定で再入荷されます。

他社からIIJmioに乗り換える場合、格安スマホが大幅割引で買えますが、人気のためすぐに在庫切れになる場合があります。

IIJmioの格安スマホの在庫チェックと申し込み → IIJmioの公式サイト

入荷時刻は不明ですが、朝10時から昼12時の間に入荷されることが多いです。販売再開から数時間で売り切れる場合があります。

IIJmioはなんて読むかというと、アイアイジェイミオです。2012年から格安SIMサービスを提供しています。実直に地道にサービスを提供しています。MVNOでシェア1位です。

通信の信頼性を重視する人におすすめの格安SIMです。格安SIMの管理人は2014年10月からIIJmioを契約して、実際の速度結果や使い勝手をもとにIIJmioを評価します。

※ 料金は全て税込価格

音声通話/SMS/データ通信/eSIMの違い

IIJmioのSIMカードとeSIMの選択肢

IIJmioはSIMカードとeSIMを選べます。どちらを選ぶかで、回線の種類や音声通話の有無などの選択肢が変わります。

通常のSIMカードの場合

IIJmioのSIMカードの選択肢

  • 「音声通話+SMS+データ通信」= 音声通話SIM = 一般的なスマホ用のSIMカードです。大半の人はこれを選びます。
  • 「SMS+データ通信」= SMS機能付きデータSIM = 主に2台目のスマホやAndroidタブレット用のSIMカードです。070などの携帯電話番号で電話はできませんが、SMSの送受信とデータ通信(ネット)が使えます。
  • 「データ通信」 = データSIM = データ通信専用のプランです。携帯電話番号での電話とSMSが不要な場合に選べます。

通常のSIMカードならドコモ回線とau回線のどちらでも選べます。

eSIMの場合

IIJmioのeSIMの選択肢

  • 「音声通話+SMS+データ通信」= 音声eSIM = 一般的なスマホ用のeSIMです。au回線のみ。ドコモ回線は選べません。
  • 「データ通信」 = データeSIM = データ通信専用のeSIMです。ドコモ回線のみ。au回線は選べません。

IIJmioの音声eSIMはau回線、データeSIMはドコモ回線になります。

通常の音声通話SIMなら本人確認書類に健康保険証が使えますが、音声eSIMだと健康保険証は使えません(運転免許証かマイナンバーカードが必要)。

ギガプランって何?

IIJmioのギガプランとは、2021年4月1日開始の新料金プランです。これからIIJmioを契約する人のほとんどはギガプランです。

ギガプランではないプラン:従量制プランeSIMのデータプランゼロ旧プラン

スマホ用の料金プラン(ギガプラン)の詳細

ギガプランのスマホ用プラン(音声プラン)

スマホの月額料金データ量低速繰越速度
月850円2GB300kbps
月990円4GB
月1500円8GB
月1800円15GB
月2000円20GB

※ 繰越:余ったデータを翌月に繰り越せる機能
※ 低速:データを使い切った後の速度

初月にもらえるデータ量は日割り、初月の月額料金も日割りです。

  • 通話料金(国内通話)
  • 30秒11円
  • 同一契約のファミリー通話割引適用時:30秒8.8円
  • 5分かけ放題(通話定額5分+):月500円、超過時は30秒11円
  • 10分かけ放題(通話定額10分+):月700円、超過時は30秒11円
  • 時間無制限かけ放題(かけ放題+):月1400円
  • 留守番電話:月330円

その他にかかる費用や違約金

  • 初期費用:3300円 ← 2022年10月31日まで1650円
  • SIM発行手数料:ドコモ回線433円(タイプD)、au回線446円(タイプA)
  • 追加データ量:1GB220円(繰越不可)
  • 違約金:いつ解約しても違約金なし。最低利用期間は翌月末まで
  • MNP転出手数料:無料

※ MNPで他社に乗り換える場合、最低利用期間なし。利用開始翌日からMNP予約番号の発行手続きができる。1日〜4日程度で発行されたら他社に乗り換え可能。初月にIIJmioから転出した場合、IIJmioの転入日から月末までの日割り料金が発生

料金の詳細はこちら → IIJmioの公式サイト

その他の利用条件

IIJmioのタイプDはドコモ回線の格安SIM、タイプAはau回線の格安SIMです。テザリングもできます。

通常のSIMカードならタイプDとタイプAのどちらかを選べますが、音声eSIMは選択肢はタイプAのみになります。

データを使い切ると300kbpsに制限されます。低速⇔高速の切り替えがアプリでできます。

低速に切り替えるとデータ消費なしでネットが使えます。低速でも1秒ほど高速データ通信になるバースト転送も使えます。低速で使えるは3日間で366MBまでです。それを超えると超低速(推定30kbps〜60kbps)になります。

データ通信専用の料金プランの詳細

「ギガプラン」のデータ通信専用の料金プランは下記です。

eSIMSIMカードSMS付きSIMデータ量
月440円月740円月820円2GB
月660円月900円月970円4GB
月1100円月1400円月1470円8GB
月1430円月1730円月1780円15GB
月1650円月1950円月1980円20GB

※ 低速300kbps / 繰越 ◯ / 速度 ◯
※ データ通信専用のeSIMはSMSの送受信不可
※ データ通信専用のeSIMはau回線、SIMカードはドコモ回線、SMS付きSIMはドコモ回線とau回線を選べます

データ通信専用プランは、主にモバイルルータ、セルラー版のiPad、2台目のスマホ、DSDV対応のAndroidスマホのデータ通信用として使います。

IIJmioのデータeSIMはpovo2.0と組み合わせるとコスパ最高のプランになります。

初月にもらえるデータ量は日割り、初月の月額料金も日割りです。

その他にかかるデータ通信専用プランの費用や違約金

  • 初期費用:3300円 ← 2022年10月31日まで550円
  • SIM発行手数料:ドコモ回線433円(タイプD)、au回線446円(タイプA)
  • eSIM発行手数料:ドコモ回線220円
  • 追加データ量:1GB220円(繰越不可)
  • 違約金:いつ解約しても違約金なし、最低利用期間は翌月末まで

IIJmioのデメリットの詳細

IIJmioを契約して7年以上経つ格安SIMの管理人が、普通の人がIIJmioを使う場合で考えうるデメリットを徹底解説します。

IIJmioのデメリットのまとめ

デメリット① 平日昼12時台の速度低下

IIJmioの最大のデメリットは、平日昼12時台に速度が遅くなり、スマホの使い勝手が悪くなることです。

ただし、新プランのギガプランでは、平日昼12時台の速度低下がかなり改善しました。

IIJmioの2021年と2022年の速度比較

IIJmioのドコモ回線:2021年2月と2022年4月の平日の平均速度の比較

IIJmioの旧プランだと平日昼12時台は0.35Mbpsでしたが、新プランのギガプランでは平均2〜6Mbpsの速度が出るようになりました。

ギガプランでも調子が悪いと平日昼12時台に1Mbps程度になることもありますが、旧プランと比べて大幅に通信品質が改善しています。

スマホは1Mbpsもあれば結構普通に使えます。

ちょっと読み込みが遅くなるくらいはありますが、ほとんどの人は平日昼でも許容範囲で使えるのがIIJmioの通信品質です。

もし不満に思うことがあれば、いつ解約しても違約金はかかりません。すごく安く使えるIIJmioを試してみるのはかなりおすすめです。

デメリット② 低速300kbpsは3日間366MBだけ

IIJmioの2番目のデメリットは低速で使えるデータ量に制限があることです。

ギガプランは低速300kbpsで使えますが、低速で使えるでデータ量は3日間で366MBまでです。それ以上使うと、低速が30kbps〜60kbps程度になり使い物にならなくなります。

低速をたくさん使う人は少ない

IIJmioの低速で使えるデータ量で文句を言う人は結構いますが、実際に低速をたくさん使う人は全体の1割もいないです。

IIJmioの月額料金は安いので、データが不足しがちの場合は単純にデータ量を増やすことをおすすめします。

低速をたくさん使いたい場合は、料金が高くなりますがUQモバイルmineoがおすすめです。

デメリット③ かけ放題は専用アプリが必要

IIJmioの通話料金は30秒11円です。

かけ放題に加入すると、5分/10分/無制限でかけ放題になりますが、かけ放題は「みおふぉんダイアル」というアプリを使う必要があります。

かけ放題に加入しても、みおふぉんダイアルで電話をしない場合は、5分/10分/無制限のかけ放題が適用されず、30秒11円の通話料金がかかるので注意してください。

※ ドコモ回線のタイプDのかけ放題は、みおふぉんダイアルなしでかけ放題を適用できます。au回線のタイプAのかけ放題は、みおふぉんダイアルが必須です。

デメリット④ 対面サポートの店舗がない

IIJmioにはキャリアショップがないのもデメリットです。何か困ったことがある場合でもサポートしてくれる店舗はありません。

契約だけなら家電量販店等でもできますが、その後にプラン変更やオプションの変更などが自分でできない人になっていたりします(店舗は契約のみ受け付け)

自分でネットで申し込めば、プラン変更やオプション変更なども自分でできるようになっているので、基本的にはネットで申し込むことをおすすめします。

IIJmioの機種変について

IIJmioで端末のみの購入ができます。普通にAmazonなどで買うよりも安い場合にIIJmioで機種変することをおすすめします。(Amazon等で格安スマホを買ってもIIJmioでも普通に使えます)

もしくは、OCNモバイルONEなどの他社に乗り換えてキャンペーンで安くなっているスマホを手に入れるのもアリです。

新しいスマホに買い替えたくなったら格安SIMでお得に機種変更する方法を参考にしてみてください。

デメリット⑤ 家族契約だと格安スマホが割高

IIJmioは他社からの乗換なら、格安スマホが大幅割引で買えます。

ただし、mio IDを同じにする家族契約だと、割引してもらえるスマホは1台のみというデメリットがあります。

家族契約なら家族間でデータシェアやデータプレゼントが使えますが、格安スマホが1台しか割引価格で買えません・・。

新しいスマホが必要な場合は、データシェアやデータプレゼントはあきらめて、家族ごとにmio IDを作って、家族それぞれで割引価格で格安スマホを購入することをおすすめします。

デメリット⑥ 従量制プランは割高

IIJmioには従量制プランというのがありますが、従量制プランはデメリットだけです。

従量制プランは実際に使ったデータ量に応じて料金が変わりますが、ギガプランと比べてかなり割高です。

スマホの月額料金(音声プラン)データ量
ギガプラン従量制プラン
1298円1GB
850円1540円2GB
1760円3GB
990円1980円4GB
2200円(以降20GBまで1GB220円加算)5GB
1518円2860円8GB
1800円4400円15GB
2000円5060円20GB

料金が全く違います。従量制プランは割高なので選ばない方が良いです。

IIJmioの従量制プランの選択肢

IIJmioの申込画面で「1ギガ〜」となっているのが従量制プランです。「1ギガ〜」を選択してはダメです。

ただし、もし間違えて選んでしまった場合でも、2022年6月から音声プランの従量制プランからギガプランにプラン変更できます。(エコプランもギガプランに変更可)

デメリット⑦ eSIMのデータプランゼロは割高

IIJmioのデータeSIMには、ギガプランのeSIMとデータプランゼロのeSIMの2つがあります。

データeSIMの月額料金データ量
ギガプランのeSIMデータプランゼロのeSIM
165円0GB
495円1GB
440円990円2GB
1485円3GB
660円1980円(以降10GBまで1GB495円加算)4GB
1100円3960円8GB
1430円15GB
1750円20GB

データプランゼロからギガプランへの変更もできません。IIJmioのデータプランゼロを選ぶのはデメリットしかありません。

IIJmioのデータプランゼロの選択肢

IIJmioの申込画面で「0ギガ eSIM」となっているのがデータプランゼロです。「0ギガ eSIM」は選ばないほうが良いです。

デメリット⑧ SIMカード⇄eSIMの変更はできない

IIJmioでは、SIMカードからeSIM、またはeSIMからSIMカードへの変更はできません。

IIJmioの評判は悪い?実際の評判を171人に聞いた結果

格安SIMの管理人のTwitterアカウントで、格安SIMの満足度投票を毎年行っています。

IIJmioの2022年の評判結果

※「投票の結果だけ見る」を除く

IIJmioの評判の記録

  • 2018年:64.4% 満足 / 8.5% 不満 / 27.1% やめた
  • 2019年:59.8% 満足 / 10.0% 不満 / 30.2% やめた
  • 2020年:52.4% 満足 / 11.8% 不満 / 35.8% やめた
  • 2021年:47.1% 満足 / 14.4% 不満 / 38.8% やめた
  • 2022年:59.6% 満足 / 12.3% 不満 / 28.1% やめた

2022年のIIJmioの評判調査結果は、59.6%が満足、12.3%が不満、28.1%がやめたになりました(有効回答数171人)

格安SIM全体の満足度は93.3%、個別の格安SIMの満足度は平均50%台、大手キャリアの満足度は15%〜30%です。(格安SIM評判調査のまとめ)

IIJmioの評判は、2021年までは右肩下がりで悪くなっていきました。原因は料金プランが据え置きで、平日昼に速度がかなり遅いままだったためです。

2021年4月開始のギガプランでは、料金が大幅に安くなり、平日昼の速度も改善したため、満足度が大幅アップしました。今のIIJmioは他の格安SIMと比べても好評です。

IIJmioのメリットの詳細

IIJmioのメリットのまとめ

月額料金が最安値クラス&データ量の選択肢も適切

IIJmioの最大のメリットは月額料金が業界最安値水準なことです。スマホがスゴく安く使えます。

スマホの月額料金データ
IIJmioドコモ楽天モバイルUQモバイルワイモバイル
3278円1GB
850円2GB
4378円1078円1628円(自宅セット割で月990円)2178円(2回線目以降は月990円)3GB
990円4GB
5478円5GB
6578円7GB
1500円8GB
1800円2728円(自宅セット割で月2090円)3278円(2回線目以降は月2090円)15GB
2000円2178円20GB

※ ahamoは月2970円で20GBで5分かけ放題付き
※ ドコモはドコモ光契約なら1GB超は月550円引き、3GB超は月1100円引き。ドコモを家族で契約してる場合、2人でそれぞれ月550円引き、3人以上でそれぞれ月1100円引き

UQモバイルはauひかりやauでんきを契約していないと割高で、ワイモバイルは1回線目が高いです。

IIJmioのギガプランはシンプルに安いです。

乗り換えなら格安スマホが超安く手に入る

IIJmioは他社からMNPで乗り換える場合は、格安スマホが大幅割引で手に入ります。

IIJmioのおすすめ機種ランキング

IIJmioのおすすめ機種ランキング

IIJmioでは乗り換えで格安スマホが大幅割引で買えるキャンペーンに加えて、下記のキャンペーンを行っています。

IIJmioの最新キャンペーンまとめ [2022年] 乗り換えがお得で新規は微妙

IIJmioではキャンペーンで初期費用3300円が2200円、通話定額オプションが3ヶ月間410円割引です。

乗り換えなら格安スマホやiPhoneが大幅割引セールを行っています。2023年1月31日までのキャンペーンです。

端末大幅割引&キャンペーンの詳細と申し込み → IIJmioの公式サイト

人口カバー率99.9%

IIJmioはドコモとauの電波を使っています。サービスエリアはドコモとauと同じで人口カバー率は99.9%です。

普通のスマホが使える場所なら、IIJmioでも同じように繋がります(通信速度は変わります)。

メリット④ 平日昼12時台を除けば快適

IIJmioは平日昼12時台を除けば、快適にスマホが使えます。平日昼12時台でも結構普通に使えますが、それ以外の時間帯はドコモ/au/ソフトバンクと遜色ないです。

異常に混雑している場所や電波が悪い場所だと速度低下

コミケ等の異常に混雑している場所や、電波が悪い場所だと速度がかなり低下する場合があります。こういった場所はドコモなどを使っている場合でも、速度がかなり低下します。

余ったデータ量を翌月に繰り越せる

IIJmioなら余ったデータ量を翌月に繰り越せます。

繰り越せるデータ量の最大値は契約データ量までです。2GBプランを契約している場合は、翌月に繰り越せるのは最大2GBまでです。

※ 1GB220円の追加データ(チャージ)は余ったデータの繰越はできません。

5G通信が使える

IIJmioのギガプランは5G通信が使えます。

5G通信が使えても平日昼12時台の速度が改善するとかはありませんが、混雑している場所で5G通信が使える場合は、4Gよりも速くなったりします。

※ 渋谷のスクランブル交差点などだと、4G通信だと遅くなり、5G通信が速度が速くなる

povo2.0と併用すると安く使える

IIJmioのeSIMと基本料0円のpovo2.0の物理SIMを組み合わせると、コスパ最高のスマホプランになります。

スマホが2GB月440円、4GB月660円、8GB月1100円などで使えます。これがコスパ最高のスマホプランです。楽天モバイルからの乗り換えにも最適です。

詳細は下記で説明しているので、毎月のスマホ料金を安く便利にしたい場合に参考にしてみてください。

povo 2.0とIIJmioの併用

povo 2.0とIIJmioの併用で2GB月440円の作り方

家族間の通話料金20%割引でデータシェア/プレゼント

IIJmioを契約している家族同士なら、家族間の通話料金が20%割引、データを家族でシェアしたりプレゼントすることができます。(同じmioIDで契約が必須)

通常の通話料金は30秒11円ですが、家族間なら30秒8.8円です。

家族間ならデータシェアで先月余ったデータ量と今月分のデータ量をシェアできます。SIMごとにシェアのON/OFFができます。データをプレゼントすることもできます。

注意:同一契約内の場合に家族間の特典が利用できる

IIJmioを契約するとmioIDがもらえます。そのmioIDで複数契約すると同一契約になって、通話割引やデータシェア/プレゼントができます。

他社からの乗り換えの場合、同じmioIDで契約する場合は、スマホの名義を最初の契約者の名義に変更する必要があります。

ただし、同じmioIDで契約する場合は、格安スマホの割引適用は1台だけです。

複数台を割引したい場合は、家族それぞれのmioIDを作って契約が必要がありますが、mioIDをそれぞれで作ると家族間の通話割引やデータシェアやプレゼントは使えません。

オンラインサポートが充実

IIJmioのオンラインサポート

IIJ光契約者なら月660円引き

IIJ光契約を契約すると、IIJmioの料金が1回線のみ月660円引きになります。eSIMも適用できます。

光回線の変更はそこそこ面倒なので、そのうち時間に余裕ができたらIIJ光を検討してみることをおすすめします。

ドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)、どっちが良い?

IIJmioにはドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)があります。申込時にどちらかを選びます。

※ 音声eSIMはau回線、データeSIMはドコモ回線のみ

IIJmioのドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)の選択肢

ドコモユーザはdocomo回線(タイプD)、auユーザはau回線(タイプA)を選ぶのが無難です。

ソフトバンクユーザはdocomo回線でもau回線でもあまり差はありませんが、ドコモ回線のほうが少し良いかもしれません。

ドコモ回線⇔au回線で変更できる

IIJmioは契約後もドコモ回線⇔au回線で変更できます。

変更手数料
・SIMカード交換手数料:2200円
・SIMカード発行手数料:タイプD 433円、タイプA 446円

※ eSIMやデータSIMは変更できません。通常のSIMカードの音声SIMのみドコモ回線⇔au回線の変更ができます。

IIJmioの総合評価

IIJmioのギガプランはとにかく安いです。月850円で2GB、月990円で4GB、月1500円で8GBで使えるのは格安です。

通信品質も一般的な格安SIMと比べて良いです。

IIJmioならドコモとauの電波を使っているので、大手キャリアと同じサービスエリアでスマホが使えます。

料金の安さのメリット vs 平日昼12時の速度低下のデメリット

IIJmioのデメリットは平日昼12時に速度が低下することですが、ギガプランになって速度はかなり改善しています。

ほとんどの人は満足して使えます。

ただ、データをたくさん使う場合、例えば8GBを超える場合は、IIJmioの速度だとストレスになる可能性が高くなってくるので、いつでも速いUQモバイルワイモバイルが良いかもです。

月8GB以下の場合に、スゴく安く使えるIIJmioを検討することをおすすめします。

IIJmioの申し込みはこちら

旧プランの月額料金と注意点

旧プラン月額料金データ量
音声SIMデータSIM
ケータイプラン1012円0GB
ミニマムスタート1760円990円3GB
ライトスタート2442円1672円6GB
ファミリーシェア3586円2816円12GB

ケータイプラン、ミニマムスタート、ライトスタート、ファミリーシェアプランは2021年6月に新規受付を終了しました。

eSIMプラン月額料金データ量
ベータ版1672円6GB

eSIMプラン ベータ版は2021年3月25日に新規受付を終了しました。

既存ユーザはギガプランへのプラン変更可

ケータイプラン、ミニマムスタート、ライトスタート、ファミリーシェア、eSIMプラン ベータ版の契約者は、ギガプランへのプラン変更ができます。ギガプランに変更するとIIJmioプレミアム特典[長得]はなくなります。

IIJmioはどんなところ?会社案内

IIJmioはIIJという東証一部上場企業が運営しているMVNOサービスです。ドコモとauの電波を使って格安SIMを提供しています。

IIJは技術系の従業員が7割を占める技術志向の会社なのでユーザからの信頼性は高いです。

IIJはインターネット・イニシアティブ・ジャパンの略称です。IIJmioのmio(ミオ)は「私の」「私のもの」という意味のイタリア語です。IIJmioを「みおふぉん」と呼んだりもします。

IIJmioは2001年に開始して、消費者向けのサービスは2012年2月に開始しました。格安SIMの多くは2015年前後にサービスを開始したので、IIJmioは格安SIMの中でも老舗です。

おすすめの格安SIM

  • UQ mobile
    • au回線の格安SIM。速度が超速く、いつでも快適に使えます。余ったデータの繰越可、最大1Mbpsの節約モードでデータ消費なしでネットが使い放題。auひかり/JCOM/BIGLOBEひかり/auでんき契約者なら3GB990円
  • ワイモバイル
    • ソフトバンク回線の格安SIM。UQ同様に速度が超速く快適に使えます。2回線目以降は3GB990円。余ったデータの繰越可、ヤフーショッピングと組み合わせるとネットの買い物が最安値でコスパが最高
  • 楽天モバイル
    • 月1078円〜3278円の段階制。データを無制限に使っても月3278円。電話が24時間無料でかけ放題。速度は速いですが、場所によって電波が弱くなることも。パートナーエリアだと月5GBを超えると1Mbpsに制限
  • IIJmio
    • ドコモ回線の格安SIM。他社からの乗り換えなら格安スマホが大幅割引。速度も比較的速く、余ったデータの繰越可、2GB850円、4GB990円など格安料金
格安SIMの管理人の画像
書いた人

2015年3月から格安SIMの比較サイトを運営しています。

1人で地道にこつこつ運営していたら、累計訪問者数は約2800万人で約9700万ページビューになりました(2022年10月時点)

これからも格安SIMと格安スマホの情報をできるだけ詳しくお届けします!

最終更新日 2022年11月28日 / 作成日 2015年4月3日
4.8 13
この記事は参考になった/良かった
※注:口コミやコメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミ

購読する
通知する
guest

143 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
ひろなか
ひろなか
2022年11月9日 12:06 AM

通勤 帰宅時の渋谷駅で4G回線だと全く繋がらないことがあるが5G回線を有効にしているとTwitterやネットサーフィンくらいなら問題なくできる。
神宮での野球観戦 ディズニーランドの入場口混雑レベルでも体感できるレベル。

公式では5G回線にしても速度面で体感することはないと堂前さん(iij 広報 エンジニア)がおっしゃっていたが、このレベルの人混みが生活の中にある身としてはとても助かる、人混みでも5Gなら余裕があり速度もでると訴求してもいいレベルだと思う。

白玉あんみつ
白玉あんみつ
2022年10月28日 11:25 AM

IIJが「マルチプロファイルSIM」というのを出してきましたね。

https://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2022/1025.html
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1450213.html
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2210/25/news114.html

当面は法人向けのようです。
もし一般個人用にも提供されたらどんな変化が起きるんでしょうね。単に冗長化しやすくなるだけなんですかね。。

優
  白玉あんみつ
2022年10月28日 11:07 PM

ですね、冗長化しやすくなるだけかと。
DSDVやDSDSの前にあったDSSSをSIM1枚で出来ますって話なので。

多分、同時待ち受けも無理でプロファイル切り替えで電話番号も変わっちゃうので個人だと使いにくいと思います。
※同一番号だと最初の電話番号を割り当てた事業者の障害に足を引っ張られるのでやらないはず。

この間のau大規模障害みたいな時にアメダスのデータが欠測とかATMが長時間止まるみたいな事が起きないように、バックアップのdocomo回線等に切り替える運用がハードやSIMの管理の変更を最小限に抑えて実現できるのがメリット。
後は通信対応ドラレコや自動車のヘルプコールで片方が圏外なときに切り替えてエリアカバー率を上げるとか位?

個人でIoTをするような人(ハウス栽培の温度、湿度、CO2濃度監視とか)が、通信面での耐障害性を目的にみたいな感じじゃないとメリットないと思う。
山とか圏外が多い場所に行く人ならワンチャンあるけど、DSDVの方が使い勝手良いだろうし。

優
  格安SIMの管理人
2022年10月28日 11:48 PM

物理SIMと同価格で、物理SIM差し替えに相当する再発行が有償なので、物理SIMより維持コスト掛かるのが端末ヲタには辛いところですね。
IIJmioサプライサービスで端末買ったらeSIM再発行手数料1回無料クーポン発行とかしてくれたら良いのに。

k
2022年10月20日 5:10 AM

今日まさに喰らいましたが
緊急メンテナンス時に低速モードになっていると高速切り替えができないのがかなり痛いですね。
体感通信障害レベルです。

SAZA
SAZA
2022年10月4日 7:25 PM

スマホの売却について質問です。AQUOS sense6を検討していますが現在AQUOS sense4を利用しているので下取りの感覚で売却たいのですが、その場合新規でAQUOS sense6を購入してからAQUOS sense4を売却となるのでしょうか?さらに余っているOPPO A55s 5Gも売却したいのですが新規1台に対して2台の売却は出来るのでしょうか?
Redmi Note 11も気に入っているのでもし使ってみて調子が良かった場合にAQUOS sense4とOPPO A55s 5Gも売却できるのが最高なのですが。

名無し
名無し
  SAZA
2022年10月4日 8:14 PM

オンライン取引なので通常の下取りの流れが通用しない
ご自身が一番理解していると思います
なので下取り感覚とか特に考えずに、普通にsense6を購入して設定後に
不必要な端末をまとめて処分すればよいのではないでしょうか

iijの買取方法について調べましたが、買取依頼する端末からアクセスする必要があり
iijのIDも必要になるので複数台売却するのであれば、普通の買取サイトを使う方が
手間もかからないし金額も高くなると思いますよ

SAZA
SAZA
  名無し
2022年10月4日 10:18 PM

返信ありがとうございます。
sense6がMNP9980円で売却が最大1万円だったので1年以内の売却で綺麗に使っていたと自負しているので実質無料で新しくなるならと考えた次第でして。
どうせ手間を書けるなら現在不要で比較的新しい機種なら値段が付くかなと思いまして、買取の目安になる値段の調べようがなかったし、書き方的に新規契約の場合1台だけ引き取るといったキャンペーンの可能性があるかわからなかったのでの質問でした。
公式にも質問をしていますので回答を待って今月いっぱい考えてみようと思います。
ありがとうございました。

SAZA
SAZA
  SAZA
2022年10月5日 3:30 PM

公式からの返事があったので一応報告します。

>>はじめに、IIJmio ではスマートフォンの買取を行っておりませんが、IIJmio会員のお客様向けには「にこスマ買取」をご紹介しております。

>>恐れ入りますが、いただいた情報のみでは、お客様が IIJmio会員であるかは分かりかねましたが、現在、IIJmio の会員登録はお済みでしょうか。

これのみで会員向けのページに誘導して終わりでした。
にこスマ買い取りと最初に述べて後は買取と表現したのに言葉尻をとらえて、新規での加入と伝えているのにこの対応です。
たまたま外れの担当だったか会社の体質かは判断できませんが加入して困った時のサポートが期待できない会社はメインでは使えないと思った印象です。

IIJmioの関係者じゃねいけども
IIJmioの関係者じゃねいけども
  SAZA
2022年10月5日 4:10 PM

IIJmioが下取りをしていないのであれば、そういう回答になるのが当たり前のような気がしますが・・・?
下取りキャンペーンも謳っているのなら不親切ですが、IIJmioのHPにもちゃんと「にこスマ」で「会員限定の増額」してますって書いてあり、これは「にこスマの宣伝」です

dmu
dmu
2022年9月16日 2:36 PM

https://www.iijmio.jp/info/iij/1662616517.html
10月25日から、au回線でもeSIMが解禁! しかも音声通話OK、さらにeKYCも
MVNOとしてはmineoに続いて2例目のau回線eSIMです。
月額料金は物理SIM版と同額です。

ただし、既に契約中の物理SIMからeSIMに移行することはできません。
また、既存のドコモ回線eSIMはデータ専用なところも含めて変化はありません。

名無し
名無し
  格安SIMの管理人
2022年9月19日 10:58 AM

1情報サイトの管理人さんが全ての正しい知識を持つのは難しいのではと・・・
検証もありがたいですが、コメントに情報が集まるだけでも助かってます

eSIMなんて最近表に出てきた技術、情報の総数が足りてないので判明した結果だけでも有益な情報です

優
  格安SIMの管理人
2022年10月28日 11:35 PM

検証するにもiPhone13以降等のデュアルeSIM対応機が必要で、デュアルeSIM対応機として、入手性の良いiPhoneはAPNプロファイル回りが癖強なのが。
# 仕様が安定しないとか、バギーとか言い切りたい。

>IIJmioのドコモ回線のeSIM(データ通信のみ)は特殊なパターンになる?
IIJ自身含めて他のMVNOと違う、フルMVNOなのでMCC/MNCが違い(440/03)、MNO相当の特殊パターンですね。

iPhoneはプロファイルインストール時に選択しているSIMにプロファイルが適用される「ハズ」なので、切り替えてインストールすれば同一キャリアのMVNOでも共存可能な「ハズ」なのですが、その辺もハマリポイントですよね。

乗り換え名人
乗り換え名人
2022年6月29日 5:55 PM

数日前にAQUOS sense4 plusも同時購入し、IIJmioに乗り換えました。
音声4GB、ドコモ回線、10分かけ放題付きです。
このサイトのおかげで初期費用が半額の1650円になりました、ありがとうございます。

このサイトを6年前に見つけて多くのことが学べました。

平均すると月額料金は1500~2000円程度になってると思います。(データ容量3GB)

他県に住んでる友人には「ケータイ代が高い!」と言いながら月額で1万円近くも払ってる人がおり、MVNOに乗り換えた方が良いよとアドバイスしてるのですが、一向に行動に移しません。

なのでこのサイトを教えてやってますが、面倒くさいらしくて実行してません。

1回でもMNP乗り換えすれば「なーんだ、こんなに簡単だったのか、しかも端末も安く入手できたし」と思えるのに残念でなりません。

あ
2022年6月8日 7:15 PM

ドコモ回線のばあい、プレフィックスつけなくても、通話定額対象になるそうですが
公式サイトには記載ないようなきがしますが、たしかな情報なのでしょうか?

真矢ミキてぃー
真矢ミキてぃー
 
2022年6月9日 7:51 AM

管理人さんが記事を更新して公式Tweetへのリンク貼ってくれたのに
見てくれていないのね~
過去にも同じ質問コメントが複数あるのも
見てくれていないのね~

管理人様、このリンクも追加ですかね?
https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2204/18/news095_2.html

ブラック
ブラック
2022年6月6日 1:45 PM

IIJのばあい、翌月までが解約縛りみたいですが
そのとおりに解約してしまった場合でも、短期解約でブラック扱いになってしまうのでしょうか?
やはり半年くらいはやったほうがいいのでしょうか?

元
2022年5月25日 12:21 PM

お世話になっています。
先日OCNからIIJmioタイプDにMNPし10分かけ放題を付けました。

※ au回線のタイプAのかけ放題は、みおふぉんダイアルが必須。ドコモ回線のタイプDのかけ放題は、みおふぉんダイアルなしでかけ放題を適用できます。

IIJのサイトを見ても掛けほうだいは「みおふぉんダイアルからの国内への発信が対象となります。」と書かれていてタイプDのかけ放題は、みおふぉんダイアルなしで
かけ放題を適用できます。の記述は発見できませんでした。本当にタイプDはみおふぉんダイヤル不要で端末標準電話アプリで掛けほうだいになるんでしょうか?

元
 
2022年5月25日 12:29 PM

すみません 過去問に有ったんですね 自分はツイッターしてないので知りませんでした。
IIJはタイプD利用者の為にもその旨書くべきだと思います。タイプD利用者の不利益はスルーとは。

名無し
名無し
 
2022年5月26日 12:54 AM

タイプD利用者は金銭的な不利益が発生しない
タイプA利用者は金銭的な不利益が発生する
リスクマネジメントですなぁ

あ
2022年5月24日 4:30 PM

翌月末までが最低利用期間だそうですが、それすぎてすぐ解約でもブラックにはならないのですか? (次回から契約できなくなるとか)

panpororin
panpororin
2022年5月21日 5:49 PM

ドコモ回線のタイプDのかけ放題は、みおふぉんダイアルなしでかけ放題を適用できるとのことですが、標準電話アプリで使えるということですか?サイトに記載がないようなのですが…。

真矢ミキてぃー
真矢ミキてぃー
  panpororin
2022年5月21日 9:21 PM

下の方のコメントを見ていただけると宜しいかと(汗)

蚊
2022年5月3日 9:34 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

管理人さんのの測定場所は23区内なのでしょうか?それとも郊外なのでしょうか?

かずにゃん
かずにゃん
2022年4月25日 9:53 PM

MNP予約番号の発行について、これまで最短翌日23時発行で事実上1日ムダになると批判されてましたが、改善されたのか、私の場合は翌日9時に発行されました。

ポッポ
ポッポ
  かずにゃん
2022年5月10日 1:54 AM

私の場合はBIC SIMから転出でしたが、例の1円争奪戦の時は9時に申し込んで当日15時に発行されました。MNP番号申し込み後に余りに遅いのでHPを見直してその文言にびっくりしましたが、大変早くて助かりました。

hataji
hataji
2022年4月25日 8:43 PM

すいません、初期費用1100円キャンペーンはMNP.新規に関係なく音声通話simの場合はすべてだめでした。よく読まないといけませんね。よくみると赤字でしっかりとかかれていました

「【契約中】IIJmioのデメリットと評判、ギガプランの総まとめ」をシェアしてくださいm(_ _)m
コメント