povo2.0のデメリットとメリット&料金プランの総まとめ[2022年最新版]

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (162) / 関連:au更新順(7) | povo2.0更新順(10) | SIM総合評価(33)

povo2.0(ポヴォ)のデメリットとメリットを徹底解説します。

povo 1.0は2021年3月開始のauのプランです。月2728円で20GB使えて、20GBを使い切っても1Mbpsで使い放題、速度はauと同じで快適に扱えます。

povo 1.0は2021年9月に新規受付を終了して、新しく始まったのがpovo 2.0です。

povo2.0(ポヴォ)のデメリットとメリット

povo2.0は基本料金0円です。

そのままだと速度が128kbps(実測90〜100kbps)ですが、自宅にWiFiある人で外ではスマホをほぼ使わない人、または長期間海外に行く人は安くスマホを維持できます。

3GB990円(有効期限30日間)、150GB12,980円(有効期限180日間)などのチャージをすれば、高速データ通信で快適にネットが使えます。

150GB12,980円は月当たりにすると25GBが月2,163円で使える計算です。ahamoやLINEMOの20GBプランと比べても割安です。

povo 2.0のデメリットは、一般的な料金プランとは異なるので、わかりにくいことです。

理解できればpovo 2.0は安いことに気づくと思いますが、なんだかよくわからないからやめておこう・・みたいな人が結構たくさんいるのでは・・。

povo 2.0の公式サイト

ここではpovo 2.0のデメリットとメリットをスゴく詳しく解説します。povo 2.0の契約を検討してる人は参考にしてみてください。

※ 下記の内容は全てpovo2.0です。povoとしか書いていない場合も、povo2.0を指します。

目次

※ 料金は全て税込価格

povo2.0の料金プラン

povo2.0料金有効期限月平均
基本料金0円
1GB390円7日間
3GB990円30日間月3GBが月990円
20GB2,700円30日間月20GBが月2,700円
60GB6,490円90日間月20GBが月2,163円
150GB12,980円180日間月25GBが月2,163円
データ使い放題330円24時間
DAZN使い放題760円7日間
smash.使い放題220円24時間

テザリング対応

契約事務手数料:無料 (2回線目以降は3,300円、ただし当面の間は2回線目以降も無料)
違約金:2年縛りや解約金なし

SIMカードの再発行と変更手数料:2,000円 (※ 当面の間は無料)
eSIMの再発行と変更手数料:400円 (※ 当面の間は無料)

  • 通話料金(国内通話)
  • 30秒22円
  • 5分間かけ放題:月550円、超過時は30秒22円
  • 無制限の通話かけ放題:月1650円

デメリットのまとめ

  • デメリット① わかりにくい
  • デメリット② 基本料金0円だと超低速
  • デメリット③ 一定間隔でトッピングが必要で面倒かも
  • デメリット④ 180日以上有料トッピングしないと利用停止
  • デメリット⑤ 利用停止するとサポートに連絡が必須
  • デメリット⑥ キャンペーン特典が少し弱い
  • デメリット⑦ LINEのID検索ができない
  • デメリット⑧ 店舗契約や電話サポートはない
  • デメリット⑨ スマホは販売していない
  • デメリット⑩ 海外では使えない
  • デメリット⑪ auの家族割が使えない
  • デメリット⑫ 留守番電話や転送電話が使えない
  • デメリット⑬ 公式サイトの読み込みが遅い

デメリット① わかりにくい

povo 2.0の最大のデメリットは、一般的な料金プランとは異なるのでわかりにくいことです。

普通の格安SIMは契約時にデータ量を決めるだけです。あとは毎月1日に所定のデータ量が追加されます。

povo 2.0は、データを自分でチャージ(トッピング)する必要があります。チャージしたデータ量は、使い切るか所定の有効期限を過ぎたら無くなります。

デメリット② 基本料金0円だと実測90〜100kbpsの超低速

povo 2.0は基本料金が0円ですが、基本料金のままだと速度が128kbpsの超低速です(実測90〜100kbps)。トッピングでデータをチャージして使い切ったり、有効期限切れになると128kbpsに制限されます。

128kbpsはLINEのトークや無料通話くらいならできますが、Webサイトなどの読み込みはスゴく遅いです。YouTubeなどの動画の視聴は無理です。

自宅にWiFiがある場合は、自宅なら128kbpsに制限されてもWiFiが使えるので問題ないですが、WiFiなしに128kbpsで使うのは無謀です。

デメリット③ 一定間隔でトッピング(データチャージ)が必要で面倒かも

povo 2.0はトッピングでデータをチャージしても、有効期限が切れると再び自分でチャージする必要があります。毎回自分でチャージするのは若干面倒です。

※ チャージはアプリでタップするだけなので、そこまで面倒でもないです。

かけ放題は自動更新できる

5分かけ放題や24時間かけ放題もトッピングですが、通話トッピングは自動更新になるので、有効期限が切れて電話代が突然高くなることはありません。

デメリット④ 180日間以上有料トッピングを購入しないと、利用停止のち契約解除

povo 2.0は基本料金が0円ですが、povo2.0のSIMを有効化した日から180日間、または最後の有料トッピングの有効期限の翌日から180日間、有料トッピングの購入がない場合は順次利用停止になり、利用停止後30日経過すると契約解除になります。

povoの公式サイト:povo2.0ご利用にあたっての確認事項 ← ここに記載があります

一番安い方法だと、220円のsmash使い放題を180日に1回トッピングしてあげれば回線を維持できます。

※ 有料トッピングなしでも、期間内に通話料やSMSの利用料が660円を超えている場合は利用停止の対象外

デメリット⑤ 利用停止するとサポートに連絡が必須

180日以上有料トッピングを購入しないと、利用停止の10日前くらいにpovo2.0で登録してメールとSMS宛に「長期間トッピング未購入による利用停止予告」が届きます。

警告通知が来ても期日までに有料トッピングをしなかった場合は、povo2.0は利用停止します。

利用停止になると128kbpsの低速や電話も使えなくなり、トッピングもできなくなります。再開するにはpovoサポートに問い合わせる必要があります。

povoサポートに問い合わせず、利用停止から30日経過すると契約は解除になります。(電話番号も失効します)

デメリット⑥ 契約時のキャンペーン特典が少し弱い

povo 2.0はお得なキャンペーンをほとんどしていないというデメリットもあります。

povo 2.0のキャンペーン

「povo2.0」開通後、30日以内に初めてデータトッピングを購入すると、最大20回分の24時間データ使い放題のプロモコードがもらえます。

3GB:3回分 (990円相当)
20GB:10回分 (3300円相当)
60GB:15回分 (4950円相当)
150GB:20回分 (6600円相当)

※ プロモコードの有効期限は6ヶ月

他の格安SIMだと平均1万円くらいの特典がもらえるので、povo2.0の契約特典は少なめです。。

格安SIMのキャンペーン比較とおすすめランキング

デメリット⑦ LINEのID検索ができない(年齢認証非対応)

povo 2.0はLINEの年齢認証に対応していないので、LINEのID検索が使えません。

デメリット⑧ 店舗契約や電話サポートはない

povoはオンライン契約専用プランです。手続きやサポートは全てオンラインです。auショップでのサポートは受けられません。電話での問い合わせ窓口もありません。

povo2.0の問い合わせの電話番号は?

無いです。

povo2.0の問い合わせ番号とか噂がある電話番号
0120-977-033
0120-924-253

この電話番号にもかけてみましたが、両方ともpovo2.0の質問は回答してくれませんでした。チャットで問い合わせるようにの一点張りです。

デメリット⑨ スマホは販売していない

povoはSIMのみの提供で、povoの公式サイトでは新しいスマホが買えないというデメリットがあります。

ただし、auのスマホを使っている人のほとんどは、そのスマホでpovoが使えます。

新しいスマホに機種変したくなった場合は、iPhoneならアップルストア、Androidスマホなら格安スマホの機種ランキングを参考にAmazon等で端末のみを買えば大丈夫です。

ほとんど全ての格安スマホはauのVoLTEに対応しているので、povoでも使えます。

デメリット⑩ 海外では使えない

povoは海外では使えません。海外で使いたい場合は、ドコモのahamoがおすすめです。

デメリット⑪ auの家族割が使えない

auユーザがpovoにすると、auの家族割は適用されなくなるというデメリットがあります。

auの通常プランならauの家族同士の通話料金が無料ですが、povoにすると家族同士でも30秒22円の通話料金がかかります。

さらにpovoはauの家族数にカウントされません。例えば家族3人でauを契約していて、そのうち1人がpovoにすると、auの月額料金が550円x2人で月1100円アップします。

全員乗り換えれば良い

家族でauを使っている場合は、家族全員でpovoまたはUQモバイルに乗り換えれば良いです。そのほうが遥かに安くなります。

家族同士で長電話をする人がいる場合は、長電話をかけてくる人だけ時間無制限のかけ放題を付けたほうが、結果的に安く使えます。

デメリッ⑫ 留守番電話や転送電話が使えない

povoは留守番電話と転送電話が使えないというデメリットがあります。留守番電話が必要な場合は、簡易留守録(伝言メモ)のAndroidスマホが必要です。

ただ、今の時代で個人用途で“スマホ”で留守番電話や転送電話を使っている人は相当少ないです。

iPhoneで留守番電話が必ず必要!みたいな人はpovoはやめた方が良いです。

デメリット⑬ 公式サイトの読み込みが遅い

povo2.0の公式サイトが無駄にアニメーションを使っていて、読み込みが遅いです。

読み込みが遅いpovo2.0の公式サイト

おしゃれ?なアニメーションを使わずに、さくさく表示してもらいたいです。

メリットのまとめ

  • メリット① 速度が速い
  • メリット② 料金がスゴく安い
  • メリット③ 大容量トッピングは余ったデータの繰越と似た効果
  • メリット④ 月平均37円で維持
  • メリット⑤ 330円で1日使い放題(最大2日使い放題)
  • メリット⑥ DAZNとsmash.が使い放題
  • メリット⑦ 事務手数料が無料
  • メリット⑧ auのAndroidスマホが万全に使える
  • メリット⑨ povoおともだち紹介プログラムがある
  • メリット⑩ チャットサポートがスムーズ
  • メリット⑪ 13歳以上なら契約できる
  • メリット⑫ 5Gが使える
  • メリット⑬ eSIMを選べる
  • メリット⑭ ギガ活でデータがもらえる
  • メリット⑮ たまに既存ユーザにもギガをくれる
  • メリット⑯ 一部のデビットカードでも契約できる

メリット① 速度が速いので快適に使える

povo 1.0はauと同じ速度、povo 2.0はMVNOとしてKDDIが運営しています。

povo2.0はauとは速度が異なる可能性はありますが、いつでも速い速度で快適に使えます。平日の昼などの混雑時でも速度が低下しません。

povo2.0の速度 (リアルタイム)

povoは人口カバー率99%

povoは複数周波数で安定動作

povo2.0は人口カバー率99.9%で周波数を同時利用できるので、安定して使えます。(ほとんどの格安SIMも人口カバー率99.9%で周波数を同時利用可能です)

相当変な場所でなければ、povo2.0で電波が悪いなんてことにはなりません。povo2.0で電波が悪い場所は、auを契約していても電波は同じように悪くなります。

メリット② 3GB990円、月平均25GBが2163円はスゴイ安い

povo 2.0の料金はすごく安いです。3GBのトッピングが990円で30日間使えます。

他社の格安SIMはpovo 2.0よりも安い場合がありますが、他社だと平日昼に速度が遅くなることがあります。povoならいつでも快適に使えます。

LINEMOが3GBが月990円で使えて、速度も快適に使えます。ただ、LINEMOは20GBが月2728円です。

povo 2.0なら150GBのトッピングは12,980円ですが、有効期限が180日間なので、実質25GBが月2163円で使えるようになります。

メリット③ 大容量トッピングは余ったデータ量の繰越と似た効果がある

povo 2.0はトッピングの有効期限が切れたら、余っていたデータは無くなってしまいますが、データトッピングの有効期限は最大180日間(150GB)です。

最大180日間は、余ったデータ量がなくなることなく使えます。

LINEMOの月20GBプランだと、毎月1日に20GBがもらえますが、当月中に使い切れなかったデータ量は翌月に繰り越せずに無くなります。

メリット④ 月平均37円で維持できる

スマホを外でほとんど使わない場合(自宅にWiFiあり)、または長期で海外に行く場合、povoなら月平均37円で維持できます。

povo 2.0は180日間以上有料トッピングを購入しないと、利用停止のち契約解除になります。

220円のsmash使い放題を180日に1回トッピングしてあげれば回線を維持できます。維持に必要な料金は1ヶ月あたり37円です。

メリット⑤ 330円で1日使い放題(最大2日使い放題)

povo 2.0なら330円払えば1日だけデータ使い放題になります。

普段は3GB990円(30日間)をトッピングして、データをたくさん使う日だけ330円の1日使い放題のトッピングを利用するのが便利で安いです。

実際には最大2日間使い放題

330円で24時間データ使い放題ですが、実際には最大2日間データ使い放題です。

例)夜中の1時にデータ使い放題を購入 → 翌日の23時59分までデータ使い放題 (実質47時間使い放題)

ネット対応テレビで動画を見たい場合にも使える

自宅にWiFiがなくても、週末などに大画面のテレビでNetflixやAmazonプライムビデオなどを見たい場合、330円払ってpovoのテザリングを使えば大画面で動画を楽しめます。

ネット対応テレビだと1時間で1.5GBくらいデータを消費するので、330円で1日(最大2日)使い放題はかなり有用です。

ゲームのダウンロードが特に有効だけど、どこまで耐えるのか不明

プレステなどのゲームのダウンロードは数GB〜100GBくらいデータを消費します。povoなら330円払えば、データ消費無しでダウンロードできます。

ただし、これどこまで耐えられるかわかりません。

公式サイトの注意書き:ネットワークの混雑時や動画・クラウドゲームなどの利用時に通信速度を制限する場合があります

今のところは100GB以上使っても大丈夫みたいですが、将来的にはある程度の制限がでてくるかもです。

メリット⑥ トッピングでDAZNとsmash.が使い放題

povo 2.0のトッピングで、DAZNとsmash.をデータ消費なし月額料なしで使えます。

DAZN使い放題:760円で7日間データ消費なしに使い放題
smash.使い放題:220円で24時間データ消費なしに使い放題

期間内ならDAZNとsmash.の会員費も無料です。

DAZNは普通に申し込むと月3000円も月額料金がかかってデータも消費します。

povo2.0のDAZN使い放題なら、760円で7日間データ消費無しで使い放題、月額料金もかかりません。かなりお得です。

メリット⑦ 事務手数料が無料(2回線目以降は3,300円)

一般的な格安SIMは契約時に事務手数料3300円がかかりますが、povo 2.0なら事務手数料無料です。

2回線目以降は3,300円の事務手数料がかかりますが、当面の間は2回線目以降の事務手数料も無料です。

メリット⑧ auのAndroidスマホが万全に使える

povoならauのAndroidスマホが万全に使えます。

iPhoneならSIMロックを解除すれば、全ての格安SIMで万全に使えますが、auのAndroidスマホの多くはauの周波数に最適化されています。

povoはauの電波を使っているので、auのAndroidスマホを使う場合でも、電波が悪くなること無く使えます。

メリット⑨ povoおともだち紹介プログラム (紹介コードあり)

povoおともだち紹介プログラムのプレゼント内容

povoおともだち紹介プログラムの紹介コードを使ってpovo2.0を申し込むと、データ使い放題ボーナス(24時間)を最大6回分もらえます。

キャンペーンコード/紹介コード

  • KZ21U8ZM
  • KZ97XMYJ
  • KZV3J411
  • L3CNU2Q3
  • L21BBD9P

どれか一つを選んでください。

※ もし紹介コード入力時にエラーが出たら、該当する紹介コードをコメントで報告していただけると助かります

家族や友達がすでにpovo2.0を利用してる場合は、彼らの紹介コードを聞くのがおすすめです。紹介者には3GBがもらえます。

誰もpovo2.0を使っていない場合は、上記の紹介コードを使ってくれると嬉しいです。

紹介プログラムの詳細と紹介コードを使った加入手順の詳細

メリット⑩ チャットサポートがスムーズ(以前は地獄)

povo2.0のチャットサポート

チャットの受付時間:9〜22時 (年中無休)

povo2.0の問い合わせはチャットのみです。

以前は繋がるまでスゴく時間がかかったり、途中で接続が切れたりひどい状態でしたが、今ではスムーズにチャットで問い合わせできます。

難しい質問は誤回答する可能性が・・

povoおともだち紹介プログラムの質問と回答

紹介プログラムで11人以上紹介すると、11人目は紹介された人は特典がもらえるのか聞いたところ、紹介された人は特典対象外、なおかつエラーになるとpovoサポートが回答したのですが・・

povoおともだち紹介プログラムは紹介された人は大丈夫

povoのアプリを起動したら、「紹介した方が10名超えた場合も紹介された方は必ずボーナスを受け取れます」とのバナーに記載が・・。

povoサポートもあんま当てになりそうもありません。。

メリット⑪ 13歳以上なら契約できる

povo 2.0は13歳以上の個人なら契約できます。

※ 法人の契約不可

メリット⑫ 5Gが使える

povo 2.0なら、auの5Gエリアで5G通信が使えます。

※ 場所によって差があるかもですが、auの5Gを掴んでも4Gと同じ速度です。。(東京都内の普通の住宅街)

メリット⑬ eSIMを選べる

povo 2.0なら契約時にeSIMを選ぶことができます。

メリット⑭ ギガ活でデータがもらえる

povo 2.0なら「ギガ活」でデータをもうらうことができます。

ギガ活
・もらう:対象店舗でau PAYで支払うと最大1GBがもらえる
・さがす:街中やバーチャル空間でギガを探して、チャージできる
・あたる:店舗等で抽選でギガがあたる

povo2.0:日常のお買い物やサービス利用でデータが貯まる「#ギガ活」

メリット⑮ たまに既存ユーザにもギガをくれる

povo2.0なら、たまに既存ユーザにもギガをくれます。

最近ではゴールデンウィークに24時間使い放題のクーポンをくれました。

メリット⑯ 一部のデビットカードでも契約できる

povo2.0なら一部のデビットカードでも契約できて、デビットカードでトッピングの料金の支払いもできます。

povo2.0で使えるデビットカード
みんなの銀行のデビットカード
・楽天銀行デビットカード

総合評価:スマホの使い方に意識できる人におすすめの格安SIM

自分の使い方に合わせて、トッピングを選んでいけば、格安SIMの中でもかなり安く使えます。

定番のトッピングは3GB990円(有効期限30日間)になると思いますが、30日間に1回トッピングする必要は必ずしも無いです。例えば、有効期限が切れても3日間トッピングしなければ実質99円節約です。

スマホは自宅のWiFiだけ使っていて、データをほとんど使っていない人が割とたくさんいます。

povo 2.0は基本料金が0円です。回線維持のために180日に1回220円のトッピングをすれば、月37円でスマホを維持できて、自宅のWiFiで普通にネットができます。

スマホをたくさん使う場合は、150GBをチャージすれば、ahamoやLINEMOよりも安くたくさん使えます。

ちょっとした手間をかければ、他の格安SIMよりも節約できるのがpovo 2.0です。

格安SIMの管理人の画像
書いた人

2015年3月から格安SIMの比較サイトを運営しています。

1人で地道にこつこつ運営していたら、累計訪問者数は約2600万人で約9000万ページビューになりました(2021年8月時点)

これからも格安SIMと格安スマホの情報をできるだけ詳しくお届けします!

最終更新日 2022年5月15日 / 作成日 2021年1月16日
4.8 9
この記事は参考になった/良かった
※注:口コミやコメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミ

購読する
通知する
guest
162 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
魔滅の剣
魔滅の剣
2022年5月20日 12:27 PM

現在iphoneSE3で、メインの回線をUQモバイルのeSIM、サブ
回線を楽天モバイルの物理SIMで運用しています。

自分はデータは大体月に15~20GB使う反面、電話に関しては
決まった数人の相手に月に平均で15回前後、ほぼ30秒以内で
終わる簡単な確認をする位しか使いません。
楽天リンクで無料で通話していますが、普通に通話しても
月に300円ちょいにしかならず、楽天でんわを使っても
100数十円の節約です。

サブ回線の楽天モバイルはいずれpovo 2.0に替える
予定ですが、メインがeSIMなのはちょっと使いにくいと
考えているので、いずれメインもpovo 2.0の物理SIMに
替えて、180日150GBのトッピングでやってみようかと
考えています。

ウクレレ
ウクレレ
2022年5月20日 9:54 AM

紹介コードL18MWJLRを使わせて頂きました。
初めてeSIMにしてみましたが直ぐに使えるようになって便利ですね。

熊
2022年5月19日 5:37 PM

povoのことを初めて知りました。ありがとうございます。
ところで、180日間何もせずに解約された場合に、そのあと必要になったときに再契約することについては、なにか制約はあるのでしょうか。
ご教示よろしくお願いいたします。

匿名
匿名
2022年5月18日 9:03 PM

メインを楽天からpovo2.0に変更してそろそろ半年経過しますが非常に満足度は高いです。
重要なお知らせと聞いて、ついに利用停止の警告かと思いきや詫びギカでした(笑)
povo2.0も0円廃止になったとしても利用は継続すると思います。アプリの使い勝手もいいですし。
いくら無料通話があってもプラチナバンド無しで繋がらないのでは意味がないので…

けん
けん
2022年5月17日 10:24 PM

いつも参考にさせて頂いています。
いままで、楽天+iijmio(イーシム2ギガ)で3ギガ+楽天リンクで通話無料で
使用していました。楽天の値上げに伴い、
楽天の代わりにpovoのゼロ円プラン(トッピングが必要)で楽天リンクの代わりに
楽天でんわ(30秒10円)を使用する。iijmio(イーシム2ギガ)はそのまま利用する
としたら、月440円+α(トッピンング)で2ギガ利用できると思うのですが、
月2ギガでこれよりも安いプランはありますでしょうか?

ロム
ロム
  けん
2022年5月18日 10:06 PM

私の場合ですが
povo2.0の一つの回線はデータ専用利用中。
500円のギガ活を週2回→300MBを3日(実質4日)✕2回になり
月2400MB程度を実質ゼロ円運用中ですが
先日、有料トッピングしないと停止のメールを受けてるので
データ1日分(実質2日)の330円購入予定で月55円かな。
もう一つの回線はガラホで5分通話トッピングで利用中です。

povoへの問い合わせ先
povoへの問い合わせ先
2022年5月16日 1:00 PM

お問い合わせはチャットだけでなく、以下のメールフォームからでも出来ますよ。
時間を気にせずいつでも送れるし、チャット時の早く文字打たなきゃみたいに焦ることもありません。
私も何度も利用していますし、その都度丁寧な返信が返ってきています。

https://kdlsupport.zendesk.com/hc/ja/requests/new

kaze
kaze
2022年5月16日 11:01 AM

初めまして、kazeと申します。
楽天モバイル契約していますが、ほとんど家のWi-Fiで使用しているのでいつも0.5ギガ程度しか使っていません。今後どうしようかと考え色々調べてこちらのサイトに辿り着きました。
povo、日本通信などが良いのかなと感じていますが、povoの超低速っていうのがわからないのですが、外では全然使えませんか?
トッピングでギガを購入しなくてもとりあえずは外でも使えるのでしょうか?
楽天モバイルは、建物の中に入ると最近全然繋がらなかったので、それよりは良いですかね・・?
外出先では、LINEや株価チェック、検索する程度で、電話は、月に3〜5回程度する様な感じです。
こちらでは、スマホは自分で用意すれば良いと書いてありますよね。
私もいつもAppleでiphoneを購入していたのですが、昨日、povoのチャットで確認したのですが、契約中にスマホを変えるときは、auのウェブショップで購入してくださいと言われました。
契約時には、今現在使っているiphoneを使用しても構いませんということでした。

どうぞよろしくお願いします。

sk
sk
  kaze
2022年5月17日 4:43 PM

私は、iphoneSE(第2世代)に楽天モバイルとpovo2.0(esim)を入れています。povoでもテキスト中心のメールやLINEトークができます。LINE通話も試しましたが、問題なくできました。もちろん、電話は普通にできます。(IP電話ではないので。)無料なので、試してみるといいですよ。

sk
sk
  sk
2022年5月17日 4:44 PM

通話料金はかかりますが。

kaze
kaze
  sk
2022年5月17日 10:23 PM

楽天モバイルとpovoをデュアルシムで入れてらっしゃるのですね。
どのような使い方をされてらっしゃるのですか?
今後も、楽天モバイルは継続して使用されるのでしょうか?
家以外であまり使用せず、必要な時は、電話も気にせずに使えた楽天モバイルは使い勝手が良かったのですが、0〜3Gまでが同じ料金になってしまうのは残念です。
0〜1ギガまでの料金設定があれば変更せずに継続して使おうと思っています。
無料期間に様子見した方が良いですかね。

sk
sk
  kaze
2022年5月17日 10:39 PM

私の環境では、楽天の電波が普通に入りますし、Linkもちゃんと使えます。それで、povoは、どこかへ行って圏外になった時の緊急用です。そのため、普段はpovoをオフにして、楽天の電波に干渉しないようにしています。デュアルSIMの場合、Linkが不安定になることがありますので、そのようにしています。私は、電話を長時間かけることがよくありますので、楽天モバイルをこれからも使うつもりです。

ジャック
ジャック
2022年5月16日 12:01 AM

メリット① 速度が速いので快適に使えるは間違いです。私もKDDIでauだからと安心してましたが、帰宅時間の混雑した地下鉄や私鉄駅ではアンテナは立っていても、繋がりません。

ロム
ロム
  ジャック
2022年5月16日 8:00 AM

BAND18(俗に言うプラチナバンド)しか拾わないところでは厳しいのでは?
私の行動範囲ですが、BAND41・3・1をつかむ場所がほとんどで
BAND18をつかむのは稀なので遅さを感じたことはほぼありません。

takeshi
takeshi
2022年5月14日 6:25 AM

povo2.0の対応端末にAQUOS sense4 lite が入っていないんですけど、この機種はやっぱり使えないのでしょうか???

nyajifu-1
nyajifu-1
  takeshi
2022年5月14日 5:22 PM

povo公式の対応ですね?
単に検証していないだけかと思います。

こちらの管理人様が、1度確認してるようにVolte対応、au必須バンド18は載せてるので、au電波の届きにくい場所以外は問題ないと思います。

https://kakuyasu-sim.jp/povo-aquos-sense4-lite

takeshi
takeshi
  nyajifu-1
2022年5月15日 5:50 AM

返信ありがとうございました。

楽天モバイルが今年の7月から通信量1GB未満でも有料化されるということでpovo2.0に乗り換えるのを検討していました。

私はほとんど家のwifiでスマホ使う程度なので通信量がほとんど使わなくて、安い料金プランを探しています。

今はpovo2.0とOCNモバイルのどちらを選ぶかで検討中です。

takeshi
takeshi
  格安SIMの管理人
2022年5月17日 6:03 AM

返信ありがとうございます。

的確なアドバイス大変助かりました。

来月、povo2.0に切り替える予定です。

ロム
ロム
2022年5月1日 5:03 PM

povo2.0が始まって早7ヶ月を超えましたが・・・
今のところ利用停止の件は話題になりませんね
私はプロモコード利用だけの回線がありますが
停止のお知らせもなく使えています

Pナッツ
Pナッツ
  ロム
2022年5月1日 6:02 PM

他所に上がっている情報では、povo2.0のサービスイン直後に利用開始した一部の人に、停止のお知らせがメールとSMSで届いているようです。
あくまでも想像ですが、何らかの都合で一部の人のみに通知して処理中断、もしくは解約率等の調査をしているのかもしれません。
私もプロモコード利用だけの回線がありますが、停止前にお知らせが届くのは確かそうなので、それまで様子見しようと思います。

ロム
ロム
  Pナッツ
2022年5月12日 6:26 PM

今日、SMSと登録メールに、利用停止予告メッセージが届きました。
5/22までにトッピング購入しないと、5/23から順次利用停止する内容。
データ24Hを購入して継続利用の予定です。

Pナッツ
Pナッツ
  ロム
2022年5月13日 12:25 AM

私にも利用停止予告が届きました。180日ルールの本格的な運用が始まったのかもしれませんね。
なお「デメリット⑤ 利用停止後の復帰方法が不明」ですが、公式FAQでは利用停止期間中アプリからのトッピング購入は不可能なので、サポートに問い合わせた上で購入が必要となっています。
https://kdlsupport.zendesk.com/hc/ja/articles/5709962380569

ロム
ロム
  格安SIMの管理人
2022年5月16日 1:47 PM

管理人さま

追加の情報です。

povo2.0の着信の呼出し時間ですが
デフォルトで24秒となっています。
時間が過ぎると発信元へは「お出になりませんでした」の
メッセージが流れて切られてしまいます。

「1418X」をダイヤルすることで呼び出し時間の変更ができます。
「X」には秒数「5」~「55」が設定できます。
秒数が一桁の場合、頭のゼロは不要です。

デイ
デイ
2022年4月24日 1:46 PM

じっくり読ませてもらいました。詳しいご説明ありがとうございます。

お礼?ではないですが、もし管理人さんの「お友達紹介コード」があれば新規契約する時に使わせてもらいます。

名無し
名無し
2022年3月30日 3:43 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

はじめまして。質問ですが、

auまたはUQで新規の割引キャンペーンを利用して携帯端末とSIMを契約し、すぐにpovoへ契約変更することは可能でしょうか。
違約金が発生して得にはならないのでしょうか。

パパンパ
パパンパ
  名無し
2022年3月30日 6:53 PM

それやったらブラックリスト入りして、UQに戻せなくなったわ
au、UQ、povo間は自由に変更OKっていいながら、詐欺じゃね?って思いますけどね

Pナッツ
Pナッツ
2022年3月18日 5:04 PM

DAZNトッピングキャッシュバックキャンペーンが発表されました。
https://povo.jp/news/newsrelease/20220318_01/
povo2.0を契約してから有料トッピングを利用していないので、4月上旬に180日の期限が来る予定でしたが、このキャンペーンで実質0円で維持できる期間を延ばせそうです。

とおりすがり
とおりすがり
  Pナッツ
2022年3月18日 7:19 PM

残念ながら、有料トッピングにはあたらないそうです。
https://povo.jp/news/newsrelease/20220318_01/
※本キャンペーン期間中にご購入いただいたDAZN使い放題パック(7日間)は、有料トッピング購入にあたりません。

Pナッツ
Pナッツ
  とおりすがり
2022年3月18日 9:32 PM

ご指摘ありがとうございます、その一文を見落としたようです…

hisa
hisa
2022年3月3日 2:55 PM

はじめましてhisaと申します。
Iphone SEで楽天モバイル(esim)+povo2.0(物理sim)で使用しだしたのですが「my楽天モバイルアプリ」で「エリア情報が取得できません」と表示されモバイル通信のON、OFF、楽天モバイルのesim再発行し入れなおしなど私の調べてわかる範囲で対応いたしましたが表示が変わらなく困っております。
電波自体は使えているようなのですが…
あと考えられる要因としてはpovo2.0の開通時に楽天モバイルをモバイル通信として使用して開通したために起きている症状の可能性が高いなと思っております。この場合だとpovo2.0をsim再発行する方法しか改善策はないでしょうか?もし他の改善策等お分かりになればご教授いただければ幸いです。

Pナッツ
Pナッツ
  hisa
2022年3月3日 5:36 PM

私も時々「エリア情報が取得できません」になります。楽天の電波が使えているのであれば気にしなくてよいです。「エリア情報が取得できません」右側の!マークをタップすると、デュアルSIMを利用しているなど取得できないケースが書かれています。時間を置くと表示が変わる時もあります。

hisa
hisa
  hisa
2022年3月3日 9:23 PM

失礼いたしました。
Iphone 設定のモバイル通信を楽天モバイルに切替えてmy楽天モバイルを開くと「エリア情報が取得できません」の表示が「楽天回線」か「パートナー回線」へ表示に切り替わりました。大変お騒がせいたしました。
モバイル通信を楽天モバイルへ切替えないとmy楽天モバイルには反映されないんですね。大変失礼しました。

sk
sk
2022年2月12日 4:25 PM

povoフェス2022springすごいですね。「povo2.0」の新規ご契約で、「データ使い放題(24時間)」のプロモコードを10回分プレゼントです。(有効期限3ヶ月) データ使い放題(24時間)は、実際には2日近く使えるので、20日間使い放題になるかもしれませんね。

「povo2.0のデメリットとメリット&料金プランの総まとめ[2022年最新版]」をシェアしてくださいm(_ _)m
コメント