格安SIMのための、iPhoneのSIMロック解除のまとめ、ドコモ/au/ソフトバンク等のiPhoneを使い続ける方法

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / 関連:iPhone更新順(20)

今のiPhoneのままで格安SIMでも使えますが、そのままだと使える格安SIMが限られています。

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、UQモバイルのiPhoneは、SIMロックを解除すれば使える格安SIMの制限がなくなり、全ての格安SIMで使えるようになります。

格安SIMのためのiPhoneのSIMロック解除

他社へ乗り換える前なら、iPhoneのSIMロックの解除はネットで5分くらいで簡単にできます。無料です。

SIMロックを解除しないまま、他社へ乗り換えると格安SIMが使えないパターンがあったり、SIMロックの解除が有料になったり面倒な手続きが必要になったりします。

乗り換える前にSIMロックの解除さえしてしまえば、面倒なことが発生しないので、今のうちにiPhoneのSIMロックを解除するんです!

ここではiPhoneのSIMロックを解除して、アクティベーションを行い、プロファイルをインストールして格安SIMで使うための方法を説明します。

SIMロック中のiPhoneに他社SIMを入れると→「SIMが無効です」

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、UQモバイルでiPhoneを購入すると、そのiPhoneにはSIMロックがかかっています。

SIMロック中のiPhoneに格安SIMなど他社のSIMカードを入れると、「SIMが無効です」という表示が出て、iPhoneが使えなくなります。(他社SIMを取り除くとiPhoneは使えるようになります)

※ SIMロック中のiPhoneでも、特定パターンで他社のSIMカードが使える場合がありますが、大半の場合で「SIMが無効です」と表示されて使えなくなります。

試しにSIMロック中のUQモバイルのiPhoneに、BIGLOBEモバイルのタイプDの格安SIMを入れてみました。

iPhoneに他社SIMを入れると、すぐに「アクティベーションが必要です」という画面が出てきます。とりあえず了解をタップする。

「アップデートが完了しました」という謎のメッセージが出てきますが、とりあえず「続ける」をタップする。

数秒でクルクルが止まります。

「SIMが無効です」

現在このiPhoneに取り付けられているSIMカードは、現在アクティベーションサーバーによって割り当てられているアクティベーションポリシーでは対応していない通信事業者のSIMカードです。これはiPhoneのハードウェアの問題ではありません。サポートされている通信事業者のSIカードを挿入するか、通信事業者にこのiPhoneのロック解除するように依頼してください。詳しくはAppleにお問い合わせください」

つまり、iPhoneのSIMロックを解除しないと使わせないと言っています。

ステップ1:今やろう!iPhoneのSIMロックを解除する

SIMロック解除手続きの共通事項

iPhone6s以降のモデルならSIMロックを解除できます。

他社へ乗り換える前ならiPhoneのSIMロックは5分くらいで解除できます。乗り換えた後だと手間が10倍以上です。他社へ乗り換える前にSIMロックを解除することを強くおすすめします。

一括購入なら即日、分割払いでもスマホ料金をクレジットカードで払っていれば即日で解除手続きができます。分割払いで口座振替の場合にだけ、解除手続きするにはiPhoneを購入してから100日待つ必要があります。

auだと9:00~21:30、ソフトバンクは9:00~21:00はネット経由でのSIMロック解除の手続きの受付時間です。

ドコモはおそらく24時間、ワイモバイルとUQモバイルには記述が見つかりませんでしたが、9:00~21:00ごろがSIMロック解除の受付時間の可能性が高いです。

iPhoneを楽天モバイルUNLIMITで使う場合は要注意

ドコモのiPhoneのSIMロックを解除する

ドコモのiPhoneはSIMロックのままでもドコモの回線の格安SIMで使えますが、SIMロックを解除するとau回線とソフトバンク回線の格安SIM、それと楽天モバイルUN-LIMITでも使えるようになります。

My docomoから無料でSIMロックの解除の手続きができます。ドコモショップや電話で手続きをすると3000円の手数料がかかります。

ドコモの中古端末をヤフオクやメルカリ、中古店から購入した場合、dアカウントを登録すればネット経由で無料でSIMロックを解除できます。

中古iPhoneをドコモショップでSIMロック解除すると3000円の手数料が発生します。

ドコモのSIMロック解除の詳細は「My docomoでSIMロック解除の手続きを行う」をご確認ください。

auのiPhoneのSIMロックを解除する

auのiPhoneの場合、SIMロックのままでもauの回線の格安SIMで使えるiPhoneもありますが、使えないiPhoneもあります。

auのiPhone8以降のモデルでSIMロック中の場合でも
→ au回線の格安SIMで使える

auのiPhoneでSIMロックを解除すると・・
→ au回線、ドコモ回線、ソフトバンク回線の全ての格安SIMで使える。楽天モバイルUN-LIMITも使える。

auユーザはMy auから無料でSIMロックの解除の手続きができます。auショップや電話で手続きをとると3000円の手数料がかかります。

auの中古iPhoneを買った場合は、ネットで無料でSIMロック解除はできず、auショップで3000円の手数料を払えばSIMロック解除できます。

auのSIMロック解除の詳細は「My auでSIMロック解除の手続きを行う」をご確認ください。

ソフトバンクのiPhoneのSIMロックを解除する

ソフトバンクのiPhoneはSIMロックのままでもソフトバンクの回線の格安SIMで使えます(ワイモバイルはSIMロック解除が必須)

SIMロックを解除すれば、ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線の全ての格安SIMで使えるようになります。

ソフトバンクユーザはMy Softbankから無料でSIMロックの解除の手続きができます。ソフトバンクショップや電話で手続きをとると3000円の手数料がかかります。

ソフトバンクの中古iPhoneを買った場合は、ネットで無料でSIMロック解除はできず、ソフトバンクショップで3000円の手数料を払えばSIMロック解除できます。

ソフトバンクのSIMロック解除の詳細は「My SoftbankでSIMロック解除の手続きを行う」をご確認ください。

ワイモバイルのiPhoneのSIMロックを解除する

ワイモバイルのiPhoneはSIMロックのままではワイモバイル以外では使えません。SIMロックを解除するとドコモ、au、ソフトバンク回線の全ての格安SIMで使えるようになります。

ワイモバイルユーザはMy Y!mobileから無料でSIMロックの解除の手続きができます。ワイモバイルショップで手続きをとると3000円の手数料がかかります。

ワイモバイルの中古iPhoneを買った場合は、ワイモバイルショップで3000円の手数料を払えばSIMロック解除ができます。

ワイモバイル:SIMロック解除の手続方法について教えてください(外部リンク)

UQモバイルのiPhoneのSIMロックを解除する

UQモバイルのiPhoneはSIMロックのままではUQモバイル以外では使えません。SIMロックを解除するとドコモ、au、ソフトバンク回線の全ての格安SIMで使えるようになります。

UQモバイルユーザは(My UQ mobile)から無料でSIMロックの解除ができます。電話で手続きをすると3000円の手数料がかかります。

UQモバイルの中古iPhoneを買った場合は、UQに電話をかけて3000円を払えばはSIMロックの解除ができます。

格安SIMの管理人はUQモバイルでiPhone7を購入しているので、iPhone7のSIMロックを実際に解除してみました。

My UQ mobileへ行ってログインします。

「ご契約内容」→「契約回線情報一覧」を選択

「詳細へ」を選択

「SIMロック解除」を選択

「ロックを解除する」を選択

「実行する」を選択

これでUQモバイルでのSIMロック解除の手続きは完了です。

ステップ2:格安SIMが届いたら、iPhoneのアクティベーションをする

SIMロックの解除手続きした後に、iPhone側でアクティベーションを行うとSIMロックの解除が完了します。

アクティベーションを行うには他社のSIMカードが必要です。アクティベーションはいつしてもいいので、格安SIMが届いてから行えば基本的に問題ありません。

※ SIMロックの解除無しに使えるパターン:例えばドコモのiPhoneとドコモ回線の格安SIMを入れる場合は、アクティベーション無しに使えます。

WiFiが使える状態でアクティベーションを行う

iPhoneの電源を入れたままで、格安SIMを入れると「アクティベーションが必要です」という画面が出てくるので、了解をタップします。

「続ける」をタップします。

数分かかることがあると記載されていますが、実際は数秒くらいです。

Apple IDとパスワードを入力します。

iPhoneのアクティベーションは完了です。これでiPhoneのSIMロック解除は全て完了です。

ステップ3:格安SIMが届いたら、プロファイルをインストール

iPhoneで格安SIMを使う場合、ほとんどの場合でプロファイルをiPhoneにインストールする必要があります。

プロファイルをインストールせずにネットにつなげようとすると・・・

「データ通信機能を起動できませんでした。PDP認証に失敗しました」

インターネットに繋がらない場合や、上記のメッセージが出てきたらiPhoneに格安SIMのプロファイルをインストールする必要があります。

プロファイルなしでも使える格安SIMとiPhoneのパターン

UQモバイル
iPhone 6s / 6s plus / 7 / 7 plus / 8 / 8 plus / SE 第1世代と第2世代

BIGLOBEモバイルのタイプA
iPhone 6s / 6s plus / 7 / 7 plus / 8 / 8 plus / SE 第1世代と第2世代 / X / XR / XS / XS Max

楽天モバイルUNLIMIT
eSIM対応のiPhone (iPhone XR以降のモデル)

上記の格安SIMとiPhoneの組み合わせならプロファイル無しで使えます。

プロファイルのインストールの仕方

WiFiが使える状態で、iPhoneのSafariからプロファイルをダウロードしてインストールします。

格安SIMごとにプロファイルが違うので、「格安SIMの名前 プロファイル」で検索して該当するプロファイルを探してみてください。

今回は、BIGLOBEモバイルのタイプDの格安SIMを使うので、BIGLOBEモバイルのプロファイルをインストールします。BIGLOBE APN 設定プロファイルをiPhone(Safari)からタップします。

許可します。

iPhoneの設定→一般→プロファイルをタップします。

該当するプロファイルをタップして、インストールしていきます。たいして重要ではないので一部省略して・・、最後に

完了をタップ

プロファイルのインストールが完了すると、左上のところに数秒だけ「検索中」と表示されます。

これでドコモ回線につながりました。WiFiの接続を切っても、格安SIMで普通にネットが使えます。

格安SIMとiPhoneの関連情報

格安SIMのキャンペーンのおすすめランキング

おすすめの格安SIM

  • UQ mobile
    • au回線の格安SIMです。速度が超速く、いつでも快適に使えます。余ったギガの繰越可、ギガを消費しない節約モード(プランSは300kbps、プランMは1Mbps)が使い放題です。10分かけ放題などの通話オプションを付けたり外したりできます。
  • ワイモバイル
    • ソフトバンク回線の格安SIMです。UQ同様に速度が超速く快適に使えます。余ったデータの繰越不可、節約モード不可、10分かけ放題は強制ですが、ヤフーショッピングと組み合わせるとネットの買い物が最安値になり、コスパが最高になります。
  • 楽天モバイルUNLIMIT
    • 先着300万人まで1年無料でギガ使い放題です(2年目以降は月2980円)。楽天リンクを使えば国内通話も無料で時間無制限でかけ放題です。速度は速いですが、場所によって電波が弱くなる場合があります。パートナーエリアだと月5GB&低速1Mbpsが適用されます。
  • OCNモバイルONE
    • ドコモ回線の格安SIMです。新しい格安スマホが超安く買えます。通信速度はドコモ回線の中で一番速いです。月1180円の1GBプランもあります。
最終更新日 2020年8月15日 / 作成日 2019年4月25日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

※ コメントは手動承認が必要になる場合があります。コメントしても反映されない場合、1日程度で反映されます。

購読する
通知する
guest
0 の口コミとコメント
「格安SIMのための、iPhoneのSIMロック解除のまとめ、ドコモ/au/ソフトバンク等のiPhoneを使い続ける方法」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
コメント