ドコモ/au/ソフトバンク/UQモバイル等のiPhoneのSIMロック解除、アクティベーション、プロファイルのインストールの仕方

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、UQモバイルのiPhoneのSIMロックを解除すると、全ての格安SIMでそのiPhoneが使えるようになります。

他社へ乗り換える前なら、iPhoneのSIMロックの解除はネットで簡単に無料でできます。5分くらいでできます。

iPhoneのSIMロックを解除しないまま、他社へ乗り換えると格安SIMが使えないパターンがあったり、SIMロックが解除できなくなったりする場合もあります。SIMロックの解除さえしてしまえば、面倒なことが発生しないので、今使っているうちにiPhoneのSIMロックを解除してください。お願いです・・。

一括払いなら即日、分割払いなら100日後にiPhone 6s以上のモデルで、SIMロックの解除手続きができます。

ここではiPhoneのSIMロック解除を解除して、アクティベーションを行い、プロファイルをインストールして格安SIMで使うための方法を詳しく説明していきます。

必須なのは「iPhoneのSIMロック解除」の説明箇所です。「アクティベーション」と「プロファイルのインストール」はそのうちやればいいです。

SIMロック解除の件数
総務省 – 平成29年度 電気通信事業分野における市場検証(PDF)

SIMロックを解除している人は年々増えています。2018年は250万台くらいがSIMロックを解除しています。2019年は300万台を超えてきそうです。

SIMロック解除の活用意向

実際にSIMロックを解除した人の数はまだ少ないですが、半数以上が今後SIMロックの解除を活用したいそうです。2018年は15%、2019年は20%の人がSIMロックの解除をしたことがある感じになりそうです。

SIMロック中のiPhoneに他社のSIMカードを入れる→「SIMが無効です」

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、UQモバイルでiPhoneを購入すると、そのiPhoneはSIMロックがかかった状態になっています。

SIMロック中のiPhoneに格安SIMなど他社のSIMカードを入れると、「SIMが無効です」という表示が出てきてiPhoneが使えなくなります。(他社のSIMカードを取り除くとiPhoneは使えるようになります)

※ SIMロック中のiPhoneでも、特定パターンで他社のSIMカードが使える場合がありますが、大半の場合で「SIMが無効です」と表示されて使えなくなります。

とりあえずSIMロック中のUQモバイルのiPhoneに、BIGLOBEモバイルのタイプDの格安SIMを入れて試してみました。

WiFiが使える状態で試します。

iPhoneに入れるとすぐに「アクティベーションが必要です」という画面が出てきます。とりあえず了解をタップします。

「アップデートが完了しました」という謎のメッセージが出てきあmすが、とりあえず続けるをタップします。

数秒でクルクルが止まります。

「SIMが無効です」

「現在このiPhoneに取り付けられているSIMカードは、現在アクティベーションサーバーによって割り当てられているアクティベーションポリシーでは対応していない通信事業者のSIMカードです。これはiPhoneのハードウェアの問題ではありません。サポートされている通信事業者のSIカードを挿入するか、通信事業者にこのiPhoneのロック解除するように依頼してください。詳しくはAppleにお問い合わせください」

つまり、iPhoneのSIMロックを解除しないと使わせないと言っています。

iPhoneのSIMロック解除の目次へ戻る

ステップ1:今やろう!iPhoneのSIMロックを解除する

SIMロック解除手続きの共通事項

他社へ乗り換える前ならiPhoneのSIMロックは5分くらいで解除できます。

他社へ乗り換えた後だと手間が10倍以上、もしくは放置するとSIMロックが解除できなくなる場合もあります。他社へ乗り換える前にSIMロックを解除することを強くおすすめします。

2015年5月以降に発売されたiPhone(iPhone6s以降のモデル)ならSIMロックを解除できます。

一括購入なら即日、分割払いだと100日後にSIMロックの解除手続きができます。ドコモ以外は他社へ乗り換えてから100日を経過するとSIMロックの解除ができなくなります。

auだと9:00~21:30、ソフトバンクは9:00~21:00はネット経由でのSIMロック解除の手続きの受付時間です。

ドコモはおそらく24時間、ワイモバイルとUQモバイルには記述が見つかりませんでしたが、9:00~21:00ごろがSIMロック解除の受付時間の可能性が高いです。

iPhoneのSIMロック解除の目次へ戻る

ドコモのiPhoneのSIMロックを解除する

ドコモのiPhoneはSIMロックのままでもドコモの系の格安SIMで使えますが、SIMロックを解除するとau系の格安SIMとソフトバンク系の格安SIMでも使えるようになります。

ドコモユーザの場合は、ネット(My docomo)から無料でSIMロックの解除の手続きができます。ドコモショップや電話で手続きをすると3000円の手数料がかかります。

ドコモの中古端末をヤフオクやメルカリ、中古店から購入した場合、dアカウントを登録すればネット経由で無料でSIMロックを解除できます。中古iPhoneをドコモショップでSIMロック解除すると3000円の手数料が発生します。

詳細はMy docomoでSIMロック解除の手続きを行うをご確認ください。

iPhoneのSIMロック解除の目次へ戻る

auのiPhoneのSIMロックを解除する

auのiPhoneはSIMロックのままでもauの系の格安SIMで使える場合もありますが、SIMロックを解除しないとau系の格安SIMでも使えない場合が大半です。

SIMロックを解除するとドコモ、au、ソフトバンク系の全ての格安SIMで使えるようになります。

auユーザの場合は、ネット(My au)から無料でSIMロックの解除の手続きができます。auショップや電話で手続きをとると3000円の手数料がかかります。auの中古iPhoneをヤフオクやメルカリ、中古店から購入した場合はSIMロックの解除はできません。

詳細はMy auでSIMロック解除の手続きを行うをご確認ください。

iPhoneのSIMロック解除の目次へ戻る

ソフトバンクのiPhoneのSIMロックを解除する

ソフトバンクのiPhoneはSIMロックのままでもソフトバンクの系の格安SIMで使えます。SIMロックを解除するとドコモ、au、ソフトバンク系の全ての格安SIMで使えるようになります。

ソフトバンクユーザの場合は、ネット(My Softbank)から無料でSIMロックの解除の手続きができます。ソフトバンクショップや電話で手続きをとると3000円の手数料がかかります。ソフトバンクの中古iPhoneをヤフオクやメルカリ、中古店から購入した場合はSIMロックの解除はできません。

詳細はMy SoftbankでSIMロック解除の手続きを行うをご確認ください。

iPhoneのSIMロック解除の目次へ戻る

ワイモバイルのiPhoneのSIMロックを解除する

ワイモバイルのiPhoneはSIMロックのままではワイモバイル以外では使えません。SIMロックを解除するとドコモ、au、ソフトバンク系の全ての格安SIMで使えるようになります。

ワイモバイルユーザの場合は、ネット(My Y!mobile)から無料でSIMロックの解除の手続きができます。ワイモバイルショップで手続きをとると3000円の手数料がかかります。ワイモバイルの中古iPhoneはSIMロックの解除はできません。

ワイモバイル:SIMロック解除の手続方法について教えてください(外部リンク)

iPhoneのSIMロック解除の目次へ戻る

UQモバイルのiPhoneのSIMロックを解除する

UQモバイルのiPhoneはSIMロックのままではUQモバイル以外では使えません。SIMロックを解除するとドコモ、au、ソフトバンク系の全ての格安SIMで使えるようになります。

UQモバイルユーザの場合は、ネット(My UQ mobile)から無料でSIMロックの解除の手続きができます。電話で手続きをすると3000円の手数料がかかります。UQモバイルの中古iPhoneはSIMロックの解除はできません。

格安SIMの管理人はUQモバイルでiPhone7を購入しているので、iPhone7のSIMロックを実際に解除してみました。

My UQ mobileへ行ってログインします。

「ご契約内容」→「契約回線情報一覧」を選択

「詳細へ」を選択

「SIMロック解除」を選択

「ロックを解除する」を選択

「実行する」を選択

これでUQモバイルでのSIMロック解除の手続きは完了です。

iPhoneのSIMロック解除の目次へ戻る

ステップ2:格安SIMが届いたら、iPhoneのアクティベーション

ネットや電話、キャリアショップでSIMロックの解除手続きした後に、iPhone側でアクティベーションを行うとSIMロックの解除が完了します。

アクティベーションを行うには他社のSIMカードが必要です。アクティベーションはいつしてもいいので、格安SIMが届いてから行えば基本的に問題ありません。

SIMロックの解除無しに使えるパターン(例:ドコモのiPhoneとドコモ系の格安SIM)は、他社のSIMカードを入れてもアクティベーション無しに使えます。

SIMロックの解除無しに使えないパターンだと、他社のSIMカードを入れるとアクティベーションが必要になります。

下記は、UQモバイルのiPhone7をネットでSIMロック解除手続きをして、BIGLOBEモバイルのタイプDの格安SIMを入れた時のアクティベションの仕方になります。

WiFiが使える状態でアクティベーションを行います。

iPhoneの電源を入れたままで、格安SIMを入れると「アクティベーションが必要です」という画面が出てくるので、了解をタップします。

「続ける」をタップします。

数分かかることがあると記載されていますが、実際は数秒くらいです。

Apple IDとパスワードを入力します。

iPhoneのアクティベーションは完了です。これでiPhoneのSIMロック解除は全て完了です。

iPhoneのSIMロック解除の目次へ戻る

ステップ3:格安SIMが届いたら、プロファイルをインストール

iPhoneで格安SIMを使う場合、ほとんどの場合でプロファイルというのをiPhoneにインストールする必要があります。

「データ通信機能を起動できませんでした。PDP認証に失敗しました」

インターネットに繋がらない場合や、上記のメッセージが出てきたらiPhoneに格安SIMのプロファイルをインストールする必要があります。

WiFiが使える状態でプロファイルをインストールします。

格安SIMごとにプロファイルが違うので、「格安SIMの名前 プロファイル」で検索して該当するプロファイルを探してみてください。

今回はBIGLOBEモバイルの格安SIMを使うので、BIGLOBEモバイルのプロファイルをインストールします。

「BIGLOBEモバイル」iPhoneの接続設定方法(APN設定)にある、BIGLOBE APN 設定プロファイルをiPhone(Safari)からタップします。

許可します。

iPhoneの設定→一般→プロファイルをタップします。

該当するプロファイルをタップします。

インストールをタップします。

パスコードを入力

次へをタップ

インストールをタップ

インストールをタップ

完了をタップ

プロファイルのインストールが完了すると、左上のところに数秒だけ「検索中」と表示されます。

これでドコモ回線につながりました。WiFiの接続を切って、格安SIM経由でネットに繋いでみます。

これで普通にネットが使えるようになりました。

iPhoneのSIMロック解除の目次へ戻る

SIMロックを解除したiPhoneのおすすめの格安SIM

  • UQ mobile
    • 全ての格安SIMの中で圧倒的に通信速度が速くて安定しているのがUQ mobileです。速度を重視する場合はUQ mobileがダントツで一番おすすめの格安SIMです。使っているユーザの満足度も圧倒的に良いです。
  • BIGLOBEモバイル
    • BIGLOBEモバイルの3GB以上のプランだと、通話SIMなら月額480円のオプション料金でYoutubeやAbemaTVをデータ消費なしに無制限で見ることができます。割安に使えるキャンペーンも積極的です。通信速度も結構速いです。
  • LINEモバイルのソフトバンク回線
    • LINE、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしで使うことができます。LINEの年齢認証も突破できるのでID検索ができます。SNSをよく使う場合にオススメの格安SIMです。ソフトバンク回線なら速度もそれなりの速度が出ます。

その他のiPhone関連のお役立ち情報

最終更新日 2019年4月25日 / 作成日 2019年4月25日 / 作成者 格安SIMの管理人
「ドコモ/au/ソフトバンク/UQモバイル等のiPhoneのSIMロック解除、アクティベーション、プロファイルのインストールの仕方」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

PR
ワイモバイルのPR
ワイモバイルのキャンペーンの詳細記事
格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ