データ量が月3GB〜8GBの格安SIM17社のおすすめランキング(スマホ用の中容量の格安プラン)

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (3) / 関連:各種おすすめランキング(12)

スマホユーザーの74.7%は実際に使っているデータ量は月8GB以下です。

自分が使っているデータ量がよくわからない場合は、とりあえず3GB〜8GBの料金プランが無難です。

月2GB〜3GBの格安SIMのおすすめランキング

スマホのデータ使用量は、自宅にWiFiがあるかで大きく変わります。

自宅にWiFiがある場合で、スマホを普通程度に使う場合は月5GB前後がおすすめです。安全策で月8GB前後です。スマホを外であまり使わない場合は、月2GB以下のプランを選ぶのもありです。

自宅にWiFiがない場合で、スマホを普通程度に使う場合は月9GB〜30GBの格安プランがおすすめです。WiFiがなくても、スマホをあまり使わない場合は月4GBくらいでも大丈夫です。

ここではデータ量が月3GB〜8GBのスマホの格安プランを選ぶポイントと、おすすめの格安プランをランキングで紹介します。

データ量別のスマホの格安プラン
月2GB以下 / 月3GB〜8GB / 月9GB〜30GB / 無制限orカウントフリー

月3GB〜8GBの格安SIMを選ぶポイント

自分に合うデータ量を選ぶのが一番重要

スマホの契約プランと実際のデータ使用量

総務省によると、実際に使ってるデータ量が月8GB以下の人が74.7%いるのに、7GB以下のプランを契約している人35.3%しかいません。

多くの人が実際に使っているデータ量よりも、かなり大容量のプランを契約して割高な料金を払ってしまっています。

自分に合うデータ量を選べれば、スマホの料金を大幅に節約できます。データ消費量の目安は、格安SIMに必要なデータ量の目安にも記載してあるので参考にしてみてください。

スマホ用のプランではない、データ通信専用プランに少し注意

スマホの格安プランを選ぶ上での最初の注意点は、格安プランにはスマホ用のプランと、データ通信専用のプランの2つがあることです。

データ通信専用プラン料金が安いですが電話ができません。データ通信専用プランは主にLTE対応のタブレット、モバイルルータ等で使うプランです。

スマホの場合は、スマホ用の料金プランを選ぶ必要があります。下記で紹介するのはスマホ用の格安プランです。

低速速度と低速切り替え機能を少し気にする

高速データ通信のデータ容量を使い切ると、速度がかなり遅い低速通信になります。

低速でも速いところは300kbps出ますが、遅いところだと60kbpsくらいです。低速なら無制限に使える格安SIMと、3日間で366MBまでしか使えない格安SIMもあります。

高速通信のデータ量を使い切る前に、低速に切り替えてデータ消費なしにネットが使える格安SIMもあります。

結構色々違ってくるので、詳細は低速と高速を切り替えられる格安SIMの詳細と使い道を確認してみてください。

※ 今はギガを使い切りそうなら、データ量が大きなプランに変更するのが主流なので、低速はそんなに重要でもないです。少しだけ気にする程度・・

高速データ通信の速度が重要

高速データ通信も、格安プランによって実際の速度が大幅に異なります。通信速度が速い格安プランと遅い格安プランとでは、速度差が10倍〜100倍くらいあったりします。

そのため格安SIMの管理人は格安プランを30以上契約して、毎日リアルタイムで速度計測を行っています。

2021年1月版の格安SIM/ドコモ/ポケットWiFiの速度ランキング

速い 1位 UQ mobileドコモ本家ワイモバイル
2位 楽天モバイルのUN-LIMITWiMAX2+FUJI WiFiのソフトバンク回線
3位 BIGLOBEモバイルのタイプA、LINEモバイルのソフトバンク回線
4位 OCNモバイルONEの新コース、IIJmioのタイプA、BIGLOBEモバイルのタイプD、FUJI WiFiのドコモ回線とau回線、日本通信SIM(暫定順位)
普通 5位 LIBMOエキサイトモバイル、IIJmioのタイプD、LinksMateイオンモバイルのタイプ1のドコモ回線、イオンモバイルのタイプ1のau回線、イオンモバイルのタイプ2のドコモ回線、QTモバイルのDタイプ
比較的遅い 6位 mineoのドコモプラン、mineoのauプラン、mineoのソフトバンクプラン、OCNモバイルONEの旧コース
遅い 7位 LINEモバイルのドコモ回線、LINEモバイルのau回線

最新の速度ランキングの詳細を読む

データが月2GBくらいなら高速データ通信の速度はあまり重要ではありませんが、月3GB以上使う場合は、スマホを快適に使うためにも速度を重視することをおすすめします。

下記から、高速データ通信の速度、料金プラン、キャンペーンのお得度を加味して、おすすめ順にランキングしているので参考にしてみてください。

月3GB〜8GBの格安SIMのおすすめランキング

※ 繰越:余ったデータを翌月に繰り越せる機能
※ 速度:高速データ通信の速度
※ 1Mbps = 1000kbps (通信速度)
※ 1GB = 1000MB (ギガやデータ容量、正確には1024MB)

No.1:UQ mobile

UQモバイルデータ量繰越速度
月1628円3GB
月2728円15GB

その他の特徴:3GBは低速300kbps、15GBは低速1Mbps。節約モードを使えばデータ消費なしで、YouTubeを見たり、音楽を聴き流せる。+月1700円で24時間かけ放題。au回線

UQモバイルのデメリットとメリットを徹底解説

UQ mobileの公式サイト

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックの詳細、最大1万円のキャッシュバック、または端末割引

UQモバイルを申し込むと、SIMのみの場合は最大1万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。iPhoneや格安スマホとセットで申し込むとキャシュバックの代わりに割引価格で端末が買えます。

UQモバイルは速度が超速いので、いつでも快適にスマホが使えます。
UQモバイルのキャンペーンの詳細 / UQモバイルの格安スマホのおすすめランキング

No.1:ワイモバイル

ワイモバイルデータ量繰越速度
1回線目2回線目以降
月2178円月990円3GB
月3278円月2090円15GB

その他の特徴:3GBは低速300kbps、15GBは低速1Mbps。Yahooショッピングでお得に買物ができる。SoftBank光契約だと1回線目が月1188円引き。SoftBank光の料金がアップしない。+月1870円で24時間かけ放題。ソフトバンク回線

ワイモバイルのデメリットとメリットを徹底解説

ワイモバイルの公式サイト

ワイモバイルのキャンペーン攻略情報

5のつく日や日曜日に申し込むとPayPayがたくさんもらえるキャンペーンをしています。事務手数料3300円が無料、アウトレットやタイムセールで格安スマホをかなり安く買えます。

ワイモバイルは速度も超速く、Yahooショッピングがお得に使えます。

No.2:IIJmio

IIJmioデータ量繰越速度
月1078円4GB△ドコモ回線
◯au回線
月1518円8GB

その他の特徴:低速300kbps(低速は3日間366MBまで)。家族で契約(同じ名義で複数契約)すると、データシェアやデータプレゼントが使えて、回線間のかけ放題の通話時間が3分→10分、10分→30分に増量。ドコモ回線とau回線

IIJmioのデメリットとメリットを徹底解説

IIJmioの公式サイト

IIJmioのキャンペーンを徹底解説、初期費用1円+乗り換えなら格安スマホが大幅割引

IIJmioなら初期費用3300円が1円、他社からMNPで乗り換えなら格安スマホとiPhoneSE2とiPhone8が大幅割引で買えるキャンペーンを行っています。

2021年5月31日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

No.2:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEデータ量繰越速度
月990円3GB
月1320円6GB

その他の特徴:格安スマホが不定期に大幅割引。低速240kbps(3GBで使える低速は1.5GB、6GBで使える低速は3GB)。OCN光契約者なら月220円引き。月1430円で24時間かけ放題。ドコモ回線

OCNモバイルONEのデメリットとメリットを徹底解説

OCNモバイルONE公式サイト

OCNモバイルONEのキャンペーンを徹底解説、iPhoneと格安スマホが割引価格

OCNモバイルONEのキャンペーンを徹底解説します。OCNモバイルONEでは格安スマホやiPhoneが割引価格で買えるキャンペーンセールを行っています。

初期費用込みで・・
・Redmi Note 10 Pro:実質20,633円(乗り換えなら15,133円)
・moto g30:実質3,734円
・Redmi 9T:実質12,753円(乗り換えなら7,253円)
・その他多数

Redmi Note 10 Proとmoto g30は2021年5月11日午前11時から開始される発売記念キャンペーン価格です。
キャンペーンの詳細を見る

No.3:楽天モバイル

楽天モバイルデータ量繰越速度
月1078円1GB超〜3GB以下◎〜◯
月2178円3GB超〜20GB以下

その他の特徴:3ヶ月無料。使ったデータ量に応じて料金が変わる段階制。低速でもデータを消費。楽天リンクで無料で24時間かけ放題

奥まった場所等で圏外になる可能性あり(満足度8割程度の使い勝手)。楽天回線

楽天モバイルのデメリットとメリットを徹底解説

楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルのキャンペーンの詳細、3ヶ月無料&最大2万5000ポイント&格安スマホのおすすめランキング

楽天モバイルでは月3278円のギガ使い放題が3ヶ月無料で使えるキャンペーンを行っています。

楽天モバイルなら通常かかる事務手数料3300円が無料、さらにSIMのみなら楽天ポイントが5000ポイント、格安スマホとセットだと追加で最大2万ポイントもらえます。

3ヶ月無料キャンペーンと楽天ポイントのキャンペーン終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

No.3:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルデータ量繰越速度
1回線目2回線目以降
月1320円月1100円3GB◯ドコモ回線
△au回線
月1870円月1650円6GB

その他の特徴:+月308円でデータ消費なしにYouTubeが見放題、Spotify等の音楽も聴き放題。キャンペーン特典多数。ドコモ回線とau回線

BIGLOBEモバイルのデメリットとメリットを徹底解説

BIGLOBEモバイル公式サイト

BIGLOBEモバイルのキャンペーンを徹底解説、初月無料+1年間3GBが月770円+端末セットで20,000ポイント

BIGLOBEモバイルはキャンペーンで、月額料金が初月無料、翌月から1年間、3GBプランは月770円、6GBは月1320円で使えるキャンペーンをしています。

SIMのみなら初期費用3733円が無料、クーポンコードで最大3000ポイントプレゼント(税込み換算で3,300円相当)

格安スマホやiPhoneSEとセットだと最大20,000ポイントがもらえます(税込換算で22,000円相当)

初期費用&税込で・・・
・Redmi Note 10 Pro:16,422円
・Redmi 9T:3,733円
・AQUOS sense4:14,205円

かなりお得に手に入ります。4月1日からのキャンペーンで終了日は未定です。SIMのみのMNP特典(3000ポイント)は5月31日までの特典です。
キャンペーンの詳細を見る

No.4:楽天モバイル+IIJmioのeSIMのコスパ最高プラン

楽天モバイル」と「IIJmioのeSIM」を組み合わせて、下記のコスパ最高のスマホプランにできます。

楽天+IIJmioデータ量繰越速度
月440円3GB最大2GB△ドコモ回線
◎楽天回線
月660円5GB最大4GB
月1100円9GB最大8GB

その他:低速300kbps(低速は3日間366MBまで)。楽天リンクで国内通話が24時間無料でかけ放題。個人的にはかなりおすすめですが、スマホ中級者向けかもなので・・。ドコモ回線(1GBは楽天回線)

最安スマホ料金の作り方

対応機種:iPhone XR以降のiPhone、OPPO A73、AQUOS sense4 lite、または使い勝手が少し悪くなりますがRakuten HandとRakuten BIG

MNPで楽天モバイルに乗り換えて、IIJmioではeSIMを契約するだけ。スマホをできる限り安く便利に使いたい場合の最適解です。

楽天モバイルとIIJmioで最安スマホ料金

最安スマホ料金の作り方:月440円で3GBで電話かけ放題、楽天モバイルとIIJmioのeSIMが最適解

No.5:nuroモバイル

nuroモバイルデータ量繰越速度
月792円3GB△〜×(?)
月990円5GB
月1485円8GB

その他の特徴:5GBと8GBプランは継続利用で3ヶ月ごとに5GBプランは3B,8GBプランは6GBプレゼント。速度が不安定。ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線

nuroモバイルのデメリットとメリットを徹底解説

No.5:LinksMate

LinksMateデータ量繰越速度
月902円3GB
月1078円4GB
月1210円5GB
月1342円6GB
月1463円7GB
月1606円8GB

その他の特徴:月550円でAbemaTV、ニコニコ動画、Twitter、インスタグラム、Facebook、多数のゲームアプリがデータ消費ほとんど無しで使い放題

送料1100円、解約時にプラン解約手数料3300円。ドコモ回線

LinksMateのデメリットとメリットを徹底解説

No.6:エキサイトモバイル

エキサイトデータ量繰越速度
月880円3GB以下×△ドコモ回線
◯au回線
月1430円3GB超〜7GB以下
月1980円7GB超〜12GB以下

その他の特徴:実際に使ったデータ量で料金が変わる段階制。ドコモ回線とau回線

エキサイトモバイルのデメリットとメリットを徹底解説

No.6:LIBMO

LIBMOデータ量繰越速度
月1518円5GB

その他の特徴:事務手数料無料。ドコモ回線

LIBMOのデメリットとメリットを徹底解説

No.6:イオンモバイル

イオンモバイルデータ量繰越速度
月1298円4GB△ドコモ回線
◯au回線
月1408円5GB
月1518円6GB
月1628円7GB
月1738円8GB

その他の特徴:イオンの大型店舗で契約できる。ネットだと送料がかかる。ドコモ回線とau回線

イオンモバイルのデメリットとメリットを徹底解説

No.7:QTモバイル

QTモバイルデータ量繰越速度
月1540円3GB
月1760円6GB

その他の特徴:8000円キャッシュバック。ドコモ回線(au回線とソフトバンク回線もあるけど割高なので無視)

QTモバイルのデメリットとメリットを徹底解説

ほとんど誰も選ばない格安プランの月3GB〜8GBプラン

上記以外にも月2〜3GBの格安プランがいくつもありますが、ほとんど誰も選んでいないです・・。料金プランを抜粋してもあまり意味がないので列挙だけしておきます。

データ量別のスマホの格安プランのおすすめランキング

最終更新日 2021年4月20日 / 作成日 2015年3月20日 / 作成者 格安SIMの管理人
0 0
この記事は参考になった/良かった
※注:コメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミやコメントをする

購読する
通知する
guest
3 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
フラウ
フラウ
2019年12月19日 2:15 PM

いつも有用な記事ありがとうございます。
今回楽天モバイル(プレMNO)をテザリングして思ったのですが、
親の携帯電話が数年後使えなくなり、iPadもあげたので
携帯電話はあくまで通話だけ、iPadのデータということで
BIGLOBEにしたとき、携帯電話(私の使っているsense lite3をあげる)の
テザリングでもiPadは動画フリーでデータ消費せず見られるのでしょうか。
それと、スマホのアプリをできる限り消したとしても、OSアップデート以外
結構データ通信するものでしょうか。おわかりの範囲でいつか宜しくお願いいたします。
しかし楽天モバイルMNOは商用として利用する気はないです。
屋内が弱いので、MVNOのどこかでいいなと感じています。管理人さんはいかがですか?

フラウ
フラウ
  格安SIMの管理人
2020年1月24日 2:05 PM

お忙しい中、お答えくださってありがとうございます。
楽天が二次募集してましたね。ポイント的に二次の方がおとくみたいな感じに
なってますが。電波は少しずつよくなっているのでしょうが楽天ペイを
使うスーパーで時々切れるので戦々恐々としています。
しかし前回5,000人で今回2万人てこの差なんでしょう…

テザリングの件、ありがとうございます。
両親2人とも同時に動画を見る感じではなさそうですので
問題なさそうです。その前に使い方の指導を考えているところです…。
早くネット環境完備マンションに引っ越させてあげたいのですけれどね…。

「データ量が月3GB〜8GBの格安SIM17社のおすすめランキング(スマホ用の中容量の格安プラン)」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
コメント