10GB/15GB/20GB/30GBの格安SIMおすすめランキング(大容量プラン)

月に10GB以上の格安SIMは、自宅にWiFiがなかったり、スマホを外で良く使う場合におすすめのデータ量です。

スマホユーザの20%は実際に使っているデータ量が月10GB以上です。

10GB/15GB/20GB以上の大容量の格安SIMおすすめランキング

大容量の格安SIMを選ぶポイントは、自分が実際に使っている毎月のデータ量を把握すること、それと格安SIMの速度を重視することです。

ここではデータ量が月10GB、15GB、20GB、25GB、30GBの大容量プランを選ぶポイントと、おすすめの格安SIMをランキングで紹介します。

月30GB以上の超大容量を検討している場合は、データ無制限を参考にしてみてください。

データ量別の格安SIMのおすすめ
月2GB以下 / 月3GB〜9GB / 月10GB〜30GB / 無制限

月10GB〜30GBの格安SIMを選ぶポイント

スマホ用のプランではない、データ通信専用プランに少し注意

格安SIMにはスマホ用のプランと、データ通信専用のプランの2つがあります。

データ通信専用プラン料金が安いですが電話ができません。データ通信専用プランはLTE対応のタブレット、モバイルルータ等で使うプランです。

スマホの場合は、スマホ用の料金プランを選ぶ必要があります。下記で紹介するのはスマホ用の格安プランです。

月に使うデータ量を把握する

スマホのデータ消費量の割合

総務省の携帯電話ポータルサイトによると、実際のスマホのデータ消費量は月2GB以下の人が実に49.5%もいます。月9GB以上のデータ量が必要な人は全体の25.3%です。

月9GB以上は基本的に動画視聴がデータ消費の多くを占めます。何も気にせずに動画を見ると高画質での再生になり、データをかなり消費します。

動画の再生設定を高画質(1時間600MB)から普通画質(1時間300MB)に変更するだけでデータを大幅に節約できます。

その他にも自分に合うデータ量を選べばスマホの料金を大幅に節約できたりするので、まずは自分がスマホで何ギガ使っているのか把握するのが重要です。

Androidスマホのデータ消費量の確認の仕方

スマホ → 設定 → モバイルデータ → データ使用量 → モバイルデータ使用量

Androidスマホによって名前が少し変わりますが、大体こんな感じの場所で毎月のデータ消費量を確認できます。

iPhoneのデータ消費量の確認の仕方

  • ドコモユーザ → My docomo → データ通信量 → 過去の利用データ通信量
  • auユーザ → My au → データ利用量 → 月間のデータ利用量合計の詳細
  • ソフトバンクユーザ → My SoftBank → 使用量の管理またはデータ量 → 過去の通信量

iPhoneは上記の操作で毎月のデータ消費量を確認できます。

格安SIMの必要なデータ容量は何ギガ?半数は月3GB以下

実際の通信速度を最重視

格安SIMによって実際に出る速度が大幅に異なります。通信速度が速い格安SIMと遅い格安SIMとでは、速度差が10倍〜100倍くらいあったりします。

そのため格安SIMの管理人は格安SIMを30以上契約して、毎日リアルタイムで速度計測を行っています。

2023年10月版の格安SIMの速度ランキング

速い
普通
遅い
  • 6位 NUROモバイルのバリュープラスのドコモ回線、LinksMate、BIGLOBEモバイルのau回線、LIBMO
  • 圏外 TONEモバイル

最新の速度ランキングの詳細を読む

速度が速い格安SIMがわかるように速度ランキングを不定期に更新しています。

最安プランは通信速度に要注意

データをあまり使わない人なら速度はそこまで重要ではないですが、大容量プランを選ぶ場合は、スマホをいつでも快適に使うために速度を最重視することをおすすめします。

最安プランは他の格安SIMと比べて速度が遅くなる場合がが多いので注意です。

平日昼にあまり使わない場合は少し遅い格安SIMでもOK

速度評価
◎ いつでも快適にスマホが使える
◯ ほとんどの場合で快適に使える
△ 平日昼12時台にかなり遅くなる
× 速度に欠陥がある

速度評価が△の場合は平日昼12時台さえ避けてしまえば、スマホは結構普通に使えます。

平日昼12時台にスマホをあまり使わない場合、速度評価が△の格安SIMも検討してみるのもいいです。(ただsh、無難な選択肢は◎と◯です)

下記から、実際に出る速度、料金プラン、キャンペーンのお得度を加味して、おすすめ順にランキングしているので参考にしてみてください。

月10GB〜30GBの格安SIMおすすめランキング

格安SIMの大容量プラン(月10GB〜30GB)でおすすめは、楽天モバイル、povo、ahamo、LINEMOです。

ソフトバンク光契約者ならワイモバイル、auひかり契約者ならUQモバイルもありです。(光セット割で安くなるため)

  • 1位:楽天モバイル
  • 1位:povo2.0
  • 2位:ahamo
  • 2位:LINEMO
  • 3位:日本通信SIM
  • 3位:NUROモバイル
  • 3位:ワイモバイル
  • 3位:UQモバイル
  • 4位:IIJmio
  • 4位:y.u mobile
  • 5位:LIBMO
  • 5位:mineo
  • 5位:LinksMate
  • 5位:イオンモバイル

※ 繰越:余ったデータを翌月に繰り越せる機能
※ 1Mbps = 1000kbps (通信速度)

1位:楽天モバイル

楽天モバイルデータ量繰越速度
3GB〜20GB+時間無制限かけ放題月2178円◎〜◯
データ無制限+時間無制限かけ放題月3278円

その他の特徴:使ったデータ量に応じて料金が変わる段階制。楽天リンクで国内通話が無料で24時間かけ放題

楽天市場でもらえるポイントが最大4倍アップ。楽天回線

事務手数料:0円

楽天モバイルの評判とデメリット&楽天最強プラン総まとめ【実際に契約して評価】

楽天モバイルのキャンペーンまとめ [2024年7月] 新規と乗り換え特典

ここでは楽天モバイルの2024年7月最新のキャンペーン情報を全てまとめて紹介します。

楽天モバイルを新規または他社から乗り換えると、SIMとeSIMのみは最大13,000円相当の特典がもらえて、端末セットは最大33,000円相当おトクに買えます。事務手数料も無料です。

1位:povo2.0

povo2.0料金有効期限月平均速度
20GB2700円30日間月20GBが月2700円
60GB6490円90日間月20GBが月2163円
150GB12980円180日間月25GBが月2163円
データ使い放題330円24時間

その他の特徴:データをチャージ、または使い放題を追加すると高速データ通信で快適に使える。330円で1日だけデータ消費なしでデータ使い放題。au回線

povoは期間限定のデータトッピングで通常よりも大容量データを安くチャージできたりします。

事務手数料:0円

povo2.0の評判とデメリット&料金プラン総まとめ【契約して使い勝手を評価】

povoのキャンペーンと期間限定トッピングまとめ【2024年最新】乗り換えがお得

povoのキャンペーンと期間限定トッピングを現在と過去実施分を含めてまとめて紹介します。

povo契約時にキャンペーンコードを入力すると、開通から3日間は321GBまで無料で使えます。(6月30日まで)

さらに期間限定で1〜600GBなどのデータトッピングもできます。タイミングが合えば、よりお得にpovoが使えます。

2位:ahamo

ahamo料金繰越速度
20GB+5分かけ放題月2970円
100GB+5分かけ放題月4950円

その他の特徴:データを使い切ったら低速1Mbps。Netflixなど最大20%ポイント還元。外でも追加料金無しで20GBまで使える。ドコモ回線

事務手数料:0円

ahamo(アハモ)の評判はデメリットだらけ?契約して料金プランと使い勝手を解説

2位:LINEMO

LINEMO料金繰越速度
月2728円20GB

その他の特徴:データを使い切ったら低速1Mbps。LINEアプリがデータ消費なし。1000万種類以上のLINEスタンプが無料で使い放題。ソフトバンク回線

事務手数料:0円

LINEMO(ラインモ)の実際の評判とデメリット&料金プラン総まとめ【契約して評価】

3位:日本通信SIM

日本通信SIM料金繰越速度
10GB+毎月70分の無料通話月1390円
30GB+毎月70分の無料通話月2178円

その他の特徴:毎月70分の無料通話付き。平日昼12時台は速度がかなり遅くなるけど、それ以外の時間帯は普通に使える。ドコモ回線

事務手数料:3300円

【契約中】日本通信SIMのデメリットと評判&料金プラン総まとめとHISモバイル比較

3位:NUROモバイル

NUROモバイル料金繰越速度
月1485円実質10+2GB (VLプラン)
月1790円実質15+3GB (VLLプラン)
月2699円実質20+5GB (NEOプラン)◎〜◯
月3980円実質40+5GB (NEOプランW)

その他の特徴:3ヶ月に1度、VLは6GBもらえるので実質月12GB、VLLは9GBもらえるので実質月18GB、NEOは15GBもらえるので実質月25GB、NEOのWは15GBもらえるので実質月45GB。ドコモ/au/ソフトバンク回線

NEOプランとNEOプランWはLINE、Twitter、インスタグラムがデータ消費なし。データを使い切ると最大1Mbps。低速と高速の切り替え可

事務手数料:VLとVLLプラン3740円、NEO/Wプラン0円

NUROモバイルの評判は?キャンペーンと料金プラン解説【契約して使い勝手を評価】

3位:ワイモバイル

ワイモバ通常料金家族割料金おうち割料金速度
20GB月3828円月2728円月2178円
30GB月4928円月3828円月3278円

※ PayPayカードがない場合は月187円高くなります (PayPayカードは年会費無料)

その他の特徴:SoftBank光/Air契約者とその家族はおうち割料金で安く使えます。おうち割対象外は、2回線目以降なら家族割料金を適用できます。余ったデータは翌月に繰り越せます。ソフトバンク回線

ワイモバイルはデータを使い切ると最大1Mbpsの低速に制限されますが、20GBプランは低速で10GB、30GBプランは低速で15GBを消費した場合は、当月中は最大128kbpsの超低速に制限されます。(低速でデータをたくさん使っても料金は高くなりません)

事務手数料:0円 (店舗だと3850円)

ワイモバイルの評判とデメリット&料金プラン総まとめ【契約して評価】

【2024年6月】ワイモバイルのキャンペーンまとめ!新規と乗り換え特典

ワイモバイルの2024年6月最新のキャンペーン情報をまとめて紹介します。

ワイモバはオンラインストアで申し込むと、端末セットは新規でも乗り換えでも最大21,600円割引、SIMまたはeSIMのみはPayPay最大26,000円がもらえます。

3位:UQモバイル

UQ通常料金家族割料金セット割料金速度
15GB月3,278円月2,728円月2,178円
20GB月3,278円+10分かけ放題付き

※ au Payカードがない場合は15GBプランの料金が月187円高くなります (au Payカードは年会費無料)

その他の特徴:auひかり契約者なら15GBプランが自宅セット割で安く使える。余ったデータは翌月に繰り越せます。低速1Mbps。au回線

事務手数料:3850円

【契約中】UQモバイルのデメリットと実際の評判&料金プラン総まとめ

4位:IIJmio

IIJmio料金繰越速度
10GB月1500円
15GB月1800円
20GB月2000円

その他の特徴:低速300kbps(低速は3日間366MBまで)。他社からの乗り換えならスマホがすごく安く手に入る

同じ名義で複数回線を契約すると、回線間でデータシェアとデータプレゼントができる。ドコモ回線とau回線

事務手数料:3733円+au回線は13円

IIJmioの評判とデメリット、ギガプラン総まとめ【契約して評価】

IIJmioのキャンペーンまとめ [2024年最新] 新規契約と乗り換え特典

IIJmioではキャンペーンで音声SIMまたは音声eSIMなら月額料金が3ヶ月440円割引に加えて、通話定額オプションが3ヶ月410円割引です。

大容量プランの30/40/50GBプランなら月額料金が1100円割引です(3ヶ月)

乗り換えなら格安スマホが大幅割引セールも行っています。2024年9月2日までのサマーキャンペーンです。

4位:y.u mobile

y.u mobile料金繰越速度
10GB+チャージ10GB月2970円◯〜△
20GB+チャージ10GB月4170円

その他の特徴:月2,189円のU-NEXTが無料で使える。毎月1200円相当のポイントがもらえて10GBチャージできる。10分かけ放題が月550円。余ったデータ量はずーと繰り越せる(上限100GB)。ドコモ回線

事務手数料:3740円

【契約中】y.u mobileの評判とキャンペーン詳細!ワイユーモバイル徹底評価

5位:LIBMO

LIBMO料金繰越速度
20GB月1991円
30GB月2728円

その他の特徴:20GBと30GBプランが最安水準。平日昼12時台にスマホをあまり使わない場合におすすめ。ドコモ回線

事務手数料:3733円

LIBMO(リブモ)のデメリットとメリット&料金プランの総まとめ

5位:mineo

mineo料金繰越速度
1GB月1298円+385円○〜△
10GB月1958円
20GB月2178円

その他の特徴:低速1.5Mbpsが使い放題。アプリで高速と低速の切替可能。低速は3日間で10GBまで。1GBプランを契約して低速1.5Mbpsを使い続けるのもアリ

条件クリアで夜間ギガ使い放題、複数契約で1回線ごとに月55円引き。パケットギフトとパケットシェアなど複数人で使うのに便利な機能あり。ドコモ/au/ソフトバンク回線

事務手数料(初期費用):3740円 ← キャンペーンで440円

mineo(マイネオ)のデメリットと評判&新プランの総まとめ

5位:LinksMate

LinksMate料金繰越速度
9GB月1705円
10GB月1870円
12GB月2090円
14GB月2310円
16GB月2530円
18GB月2750円
20GB月2970円

その他の特徴:月550円でAbemaTV、ニコニコ動画、Twitter、インスタグラム、Facebook、多数のゲームアプリがデータ消費ほとんど無しで使い放題。10GB以上なら毎月スマホゲームの特典あり。ドコモ回線

事務手数料(初期費用):キャンペーンで実質無料

リンクスメイトの評判とデメリット&料金プラン総まとめ【契約中】

5位:イオンモバイル

イオンモバイル料金繰越速度
9GB月1738円◯〜△
10GB月1848円
20GB月1958円
30GB月3058円
40GB月4158円
50GB月5258円

その他の特徴:イオンの大型店舗で契約できる。ネットだと送料がかかる。ドコモ回線とau回線

事務手数料:3300円

イオンモバイルのデメリットと評判&料金プラン総まとめ

月10GB〜30GBでおすすめではない格安SIM

  • JCOMモバイル
  • エキサイトモバイル
  • QTモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • ヤマダニューモバイル
  • トーンモバイル

おすすめではない:JCOMモバイル

JCOMモバイル料金繰越速度
10GB月2178円◯〜△
20GB月2728円

おすすめではない理由:povo2.0の劣化版だから。au回線

JCOMモバイルのデメリットとメリット

おすすめではない:エキサイトモバイル

エキサイト料金繰越速度
12GB月1650円◯〜△
20GB月2068円
25GB月2970円
30GB月4400円

おすすめではない理由:余ったデータを繰り越せないのに、あまり安くないから。IIJmioがベター。ドコモ回線とau回線

エキサイトモバイルのデメリットとメリット

おすすめではない:QTモバイル

QTモバイル料金繰越速度
10GB月1980円
20GB月2200円
30GB月3300円

おすすめではない理由:他社より割高だから。ドコモ/au/ソフトバンク回線

QTモバイルのデメリットとメリット

おすすめではない:BIGLOBEモバイル

BIGLOBE1回線目2回線目以降繰越速度
12GB月3740円月3520円
20GB月5720円月5500円

おすすめではない理由:他社よりもすごく割高だから。ドコモ回線とau回線

BIGLOBEモバイルのデメリットとメリット

ほとんど誰も選ばない月10GB〜30GBの格安SIM

他にも月10GB〜30GBの格安SIMがいくつもありますが、ほとんど誰も選んでいないです・・。料金プランを抜粋してもあまり意味がないので列挙だけしておきます。

  • ヤマダニューモバイル
  • トーンモバイル

データ量別の格安SIMのおすすめ

この記事の最終更新日 2024年1月13日 / 作成日 2015年3月20日
0 0
この記事は参考になった/良かった

ユーザ登録をしてコメントするとAmazonギフト券プレゼント! (コメントは手動承認が必要になる場合があります)

コメントと実体験を書き込む(口コミ8件)

購読する
通知する
guest

8 の口コミとコメントと実体験
新しい順
古い順 良い順
名無し
名無し
2024年1月13日 5:25 PM

重箱の隅で申し訳ないのですが
povoの常設150GBの有効期限が150日になってます
無制限のページも同様なのでお手すきの際に修正をして頂ければと

y.h
2023年1月21日 11:21 AM

10GB以上でデーター通信のみの場合はこちらも安く利用できますがどうでしょうか?
https://remospace.com/remomobile/

名無し
名無し
  y.h
2023年1月21日 3:48 PM

10GB990円が特に安くて、5GB880円や20GB1480円も安い
(10万回線限定キャンペーンで安くなってる 5GBは10GBに食われてる)
契約料等も無料でハードルは低い(最低支払回数は一か月)

ただし、データ専用SIMであり、データ繰り越しは不可能、
通信品質はMVNO品質である
毎月10GB or 20GBを上手く使えるならなくはない・・・かな?

このランキングって、母体が大きいとかそこそこ老舗とかでないと入らないイメージ
会社設立が2021年4月、MVNO事業開始が同年9月
かなり新しい会社なのでこの辺が不安材料ではある

y.h
  名無し
2023年1月21日 6:40 PM

最近新SIMがユーザーに送られているらしいです、旧SIMは速度が遅すぎて使えないレベルだった報告もありましたので、安定して使えないかもです。

ぴよ
ぴよ
  格安SIMの管理人
2023年1月21日 3:52 PM

donedoneて(笑)

y.h
  ぴよ
2023年1月21日 6:37 PM

donedoneのエントリーの0円SIMも1回線だけですが持ってます。
最初は事務手数料も0円でしたのですぐに申し込みました、radikoを聞くのに便利でのでずっと無料で使ってます。

「10GB/15GB/20GB/30GBの格安SIMおすすめランキング(大容量プラン)」をシェアしてくださいm(_ _)m
コメント