ドコモのhome 5Gの料金と実機レビュー、速度制限なしで1日100GB使える?

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (34) / 関連:ドコモ更新順(9) | ポケットWiFi更新順(28)

ドコモのデータ無制限で使えるホームルーターのhome 5Gを実際に契約して実機レビューしています。

ドコモのhome5Gは2021年8月27日発売のデータ量無制限のホームルーターです。工事不要でコンセントに挿すだけで簡単に使えます。

月額料金は4950円、本体価格は39,600円ですが月々サポートで3年間は月1,100円引きになるので実質無料です。いつやめても違約金はかかりません。

ドコモのhome 5G レビュー

ドコモオンラインショップで申し込めば、事務手数料3300円が無料になって、キャンペーンで15,000ポイントのdポイントがもらえます。

最初にhome 5G HR01のスペックの詳細と、home5Gのデメリットとメリット、料金プランを説明します。

ドコモのhome 5Gのレビューの後に、home5Gを実際に使って毎日100GB超えても速度制限にならないかや、実際の速度結果を徹底検証します。

home 5Gの詳細と申込み → ドコモオンラインショップ

結論から言うと、現時点ではドコモのhome5Gは3日間連続で毎日100GB超えて使っても、速度制限なしでした。home 5Gの速度も100Mbps〜250Mbpsくらい出ました。

ドコモのhome 5Gは最強のホームルーターです。

目次

自宅のWiFiとして使った感想

自宅のWiFiは光回線のauひかりを使っています。auひかりの速度は400Mbpsくらい出ます。

ドコモのhome 5Gとどのくらい体感差があるのか、home 5Gを契約して、自宅のWiFiをドコモのhome 5Gに変更してみました。

その結果、auひかりとドコモのhome 5Gの体感差は無いです

普段2画面のパソコンで、アニメやら音楽やら流しながらパソコン作業をしていて、1日5GB〜10GBくらいデータを使っていますが、ドコモのhome 5Gは光回線と同等に快適にネットが使えます。

以前、楽天モバイルを試験的に1ヶ月ほど自宅のWiFiとして使った時は、動画の再生時に数秒待つことがたまにありましたが、ドコモのhome 5Gだと光回線と違いが全くわからないくらいサクサクネットが使えます。

※ 大家族だと厳しいですが、家族3人〜4人くらいまでならドコモのhome 5Gでカバーできる通信品質です。

詳細スペック(性能)

速度(5G)下り最大4.2Gbps / 上がり最大218Mbps
速度(4G)下り最大1.7Gbps / 上がり最大131.3Mbps
速度(WiFi)最大1.2Gbps
速度(有線LAN)最大1Gbps (1ポート)
サイズ95 × 95 × 170mm
重さ720グラム
消費電力最大22W
同時接続台数65台 (WiFi:64台 / 有線LAN:1台)
Wi-Fi規格IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
対応バンド(5G)n78、n79
対応バンド(4G)1、3、19、21、28、42
本体カラーダークグレイ
その他その他の詳細スペック / シャープ製
発売日2021年8月27日

その他の性能
・SIMサイズ:nanoSIM

付属品:ACアダプタ、LANケーブル

docomoのhome 5Gの中身

実際に申し込んで届いたdocomoのhome 5Gの一式

home 5Gの詳細と申込み → ドコモオンラインショップ

home 5G HR01は他の格安SIMでも使える

ドコモのhome 5G HR01は、「home 5G プラン」のSIMカード以外でも使うことができます。

例えば楽天モバイル(楽天アンリミット)のSIMカードをhome 5G HR01に入れて、APNの設定をすると、普通にネットが使えました。

home5Gはバンド18非対応なので、楽天回線のみ掴みます。ドコモ回線の格安SIMでも使えると思います。

解約してもドコモのhome 5G HR01には価値がある

SoftBank AirはSoftBank Air専用のSIMしか使えなくなっているので、解約するとSoftBank Airのホームルーターはゴミの価値しかありません。メルカリで売ってもせいぜい1000円くらいです。

ドコモのhome 5Gなら解約した場合でも、home 5G HR01は他社SIMでも使えます。他社SIMで使ってもいいし、不要ならメルカリ等で2万円くらいで売れると思われます。

※ IT系の大手メディアが使えないと記載していますが、実際に使ってみると他社SIMが使えました。

home 5GプランのSIMカードは他の端末では使えない

home 5Gを契約すると一緒にSIMカードが届きますが、そのSIMカードはhome 5G HR01専用のSIMカードです。

他の端末(スマホ等)にhome 5G HR01専用のSIMカードを入れても使えません。

デメリット

  • 登録住所以外では使えない
  • 月4950円は少し高いかも?
  • データを超たくさん使うと速度制限になるかも
  • 本体価格が39,600円もする
  • 5Gが使えるエリアは限定的
  • 解約すると月々サポートが消滅
  • おそらくプライベートIPなので一部機能が使えない

メリット

  • 安心のドコモ品質の高速通信
  • ドコモ基準のデータ無制限
  • ホームルーターが高性能
  • home 5G HR01は他社のSIMカードでも使える
  • 人口カバー率99.9%超(4Gエリア)
  • 違約金なし
  • 月々サポートで月1,100円引き(3年間)
  • ドコモのスマホ料金が最大月1,100円引き
  • 15,000ポイントのdポイントがもらえる

料金と各種割引

ドコモのhome 5Gで実際に掛かるお金は、home 5G HR01の本体価格、事務手数料、「home 5G プラン」の月額料金の3つです。

違約金(解約金)なし

ドコモのhome 5Gはいつやめても違約金はかかりません。

※ 端末を分割払いしている場合は、解約すると残金を支払う必要があります

本体価格:39,600円(3年使うと実質無料)

home 5G HR01の本体価格(機種代金)
・一括払い:39,600円
・12回払い:月3,300円x12回
・24回払い:月1,650円x24回
・36回払い:月1,100円x36回

※ home 5Gは3年間は端末購入の月々サポートで1,100円引きを適用できるので、3年使う場合は本体価格は実質無料です。

事務手数料:3,300円 ← オンラインショプなら無料

ドコモショップなどの店舗で申し込むと事務手数料3,300円がかかります。ドコモオンラインショップで申し込めば事務手数料は無料です。

事務手数料無料のドコモオンラインショップはこちら

home 5Gはオンラインショップで申し込むのがおすすめです。

月額料金:月4,950円

home 5Gプランの月額料金は月4,950円です。

月々サポート:月1,100円割引(3年間)

home 5G HR01を購入してhome 5G プランに加入すると、購入月の翌月から36ヶ月間、月額料金が1100円引きの月々サポートが適用されます。

home 5Gを36回払いで購入した時の月額料金

月4,950円+分割代で月1,100円ー月々サポート1,100円 = 月4,950円

ドコモのスマホが最大月1,100円割引

ドコモのhome 5Gを契約すると、「home 5G セット割」でドコモのスマホが最大で月1,100円引きで使えます。

home 5G セット割

※ 離れて暮らす家族にも割引を適用できます
※ ドコモ光セット割との併用はできません

8日以内なら初期契約解除で解約できる

home 5Gをドコモオンラインショップで申し込むと、home 5Gを受け取ってから数日後に契約申込書が書面で届きます。

※ 私の場合はhome 5Gが届いてから2日後に書面が届きましたが、人によって変わると思います。

その書面の中に8日以内キャンセルの書面が同封されています。

ドコモのhome 5Gの初期契約解除の書面
(初期契約解除の書面:クリックで拡大)

書面の交付日から8日以内だったら、初期契約解除でキャンセルができます。料金は4,950円の日割りを支払うだけで大丈夫です。

詳細の条件は初期契約解除(8日以内キャンセル)の書面に記載されているので、上記の画像をクリックして確認してみてください。

ドコモの公式サイト:8日以内キャンセル

キャンペーン:15,000ポイントの受け取り方

ドコモオンラインショップでhome 5GプランとHR01を購入すると15,000ポイントのdポイントがもらえます。

home 5Gの購入で15000ポイントプレゼント

home 5G購入のdポイントプレゼント特典の詳細

※ ドコモショップ(店舗)で申し込むと15,000ポイントではなく10,000ポイントに減額になります。

15,000ポイントの受け取り方

① 購入月を含む3か月以内に「home 5G プラン」のdアカウントを発行すると、発行した月の翌々月にdポイントがもらえます。有効期限は進呈月含む6か月です。

② ポイント進呈時点で「home 5G プラン」のご契約者がdポイントクラブ会員でない場合はポイントは進呈されません。

この2つを満たす必要がありますが、home 5Gを契約すると、自動的にdアカウントが発行されて、dポイントクラブ会員も自動的に加入してあります。

基本的には何もしなくてもポイントは付与されると思いますが、念の為、キャンペーン適用にdアカウントとdポイントクラブを設定することをおすすめします。

レビュー

コンセントに挿すだけで使える、工事不要

home 5Gはコンセントに挿すだけで使えます。工事不要です。

※ 実際には、コンセントに挿す前に開通手続きが必要です。

home 5Gは建物内に入りやすいドコモのプラチナバンドも使えるので、窓側に置く必要もないです。家の中心当たりに置いておけば、家全体をカバーしてくれます。

QRコードで簡単設定

home 5Gのどこかに付いているQRコードを読み込めば、簡単にWiFiに接続できます。

Androidスマホ → 設定 → ネットワークとインターネット → Wi-Fi → ネットワークの横にあるQRマークをタップ → QRコードを読み込む → 接続

iPhone → カメラアプリを起動 → QRコードを読み込む → ディスプレイ丈夫に表示されるポップアップをタップ → 接続

高性能なホームルーター、ビームフォーミング対応

home 5G HR01は高性能です。

同時に65台まで接続できて、遠くまでWiFiを飛ばせるビームフォーミング対応、Wi-Fi 6で高速通信が可能です。

家族で使うのにも十分なデータ容量

home 5Gは家族で使う場合でも十分なデータ容量で快適に使えます。

home 5Gは有線LANに対応しているので、有線LANでパソコンやFire TV Stick等に繋げると、より安定してネットが使えます。

home 5Gパックはいらない

home 5Gは端末保証とセキュリティサービスを合わせた、home 5Gパックに加入できますが、月770円もするので普通にいらんです。

あくまで自己責任の判断になりますが、よっぽど運が超悪くないとホームルーターなんて壊れません。

総合評価:自宅で手軽に安定して使いたい場合に最適

他社のホームルータだと3年縛りで最大2万円程度の違約金があったり、使えるデータ量が1日10GBまでだったり3日間15GBまでだったりします。

home 5Gなら違約金なし、使えるデータ量は他社よりも5倍〜10倍くらいは多く使えます。使えるエリアもhome 5Gが圧倒します。

home 5Gは自宅で手軽に安定して使いたい場合に最適な選択肢です。

実際に使えるデータ量と速度制限

データ量無制限だけど、直近3日間で特に多いと速度制限の記載あり

ドコモのhome 5Gはデータ量無制限で使えますが、下記の場合に速度制限をすることがあると記載があります。

公式サイトの記載
「当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります」

  • 直近3日間でデータをたくさん使う → 速度制限
  • 一定時間内で大量のデータ通信をする → 通信の中断

他社のデータ無制限プランだと3日間で15GBで速度制限になると記載がありますが、docomoのhome 5Gには明確なデータ量の記載がありません。

実際に何GB使えば速度制限になる?100GBx3日間で検証

docomoのhome 5Gには使いすぎによる速度制限の明確な数値の記載がないので、実際に何GB使えば速度制限になるのか試してみました。

ドコモのhome5Gの3日間のデータ消費量

9月5日 107.05GB (home 5Gが届いた日)
9月6日 112.72GB
9月7日 110.76GB

毎日100GBを超えて使ってみましたが、通信が中断されることも通信が遅くなることもなく、速度制限になりませんでした。

他の人の評判だと3日間で1TB(1000GB)使ってみても、速度制限にならなかったそうです。

そのうち速度制限が厳しくなる可能性が高い

ドコモのhome 5Gはサービスが始まったばかりです。この手のサービスは時間がたつにつれて、速度制限が厳しくなる傾向があります。

今は制限がほとんどなくても、将来的には個人的な予想ですが1日50GB〜100GBくらい使うと、速度制限になりそうな気がします。

おすすめではない使い方:プレステ5のダウンロード版のゲーム購入

ドコモのhome 5Gは仮に速度制限が厳しくなったとしても、相当たくさん使えるデータ量を維持すると思われるので、ほとんどの人は満足するデータ量が使えると思います。

ただし、プレステ5のダウンロード版のゲームをよく購入する人の場合は、ダウンロードに下手すると100GBくらい使うゲームもあるようです。

今のところは100GBでもダウンロードできますが、将来的にはドコモのhome 5Gで100GBのゲームは気軽にダウンロードできなくなる可能性があります。

実際に出る速度

規格上の最大速度

home 5Gの速度(5G)下り最大4.2Gbps / 上がり最大218Mbps
home 5Gの速度(4G)下り最大1.7Gbps / 上がり最大131.3Mbps
home 5Gの速度(WiFi)最大1.2Gbps
home 5Gの速度(有線LAN)最大1Gbps (1ポート)

home 5Gの速度は5G、4G、WiFi、有線LANの4つの速度がありますが、5Gと4Gの速度はあまり重要ではないです。

ドコモの5Gまたは4Gの電波

home 5G HR01(本体)

WiFiまたは有線LAN

自分のスマホ/パソコン/テレビ/タブレット

仮に5Gで最大速度の4.2Gbpsが出ても、WiFiの最大速度は1.2Gbpsなので、最大速度は1.2Gbpsになります。有線LANでつなげている場合は最大1Gbpsです。

あくまで規格上の最大速度なので、実際の速度はこれよりも下回ります。

実際のダウンロード速度(下り):100Mbps〜250Mbps

通信速度には下りのダウンロード速度と上がりのアップロード速度がありますが、重要なのはダウンロード速度です。4Gエリアでの速度計測になります。

ドコモのhome5Gの速度(Fast.com)

ダウンロード速度:110Mbps (fast.com)

ドコモのhome5Gの速度(ドコモスピードテスト)

ダウンロード速度:223.3Mbps (ドコモスピードテスト)

ドコモのhome5Gの速度(Ookla)

ダウンロード速度:222Mbps (Ookla)

計測サイトや計測エリアで速度が変わりますが、場所が悪くなければ100Mbps〜250Mbpsくらいのダウンロード速度になると思います。

ネットワークの状況で速度が変わる可能性

公式サイトの記載
「ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります」

ドコモは他社と比べて設備にかなり余力があるので、ネットワークの混雑で速度低下する可能性は低いと思いますが、公式サイトにはその可能性が記載されています。

今の所は全時間帯で速い速度を維持しています。将来的には混雑で多少は速度が低下するかもですが、不便をきたすような速度にはならないと思います。

実際のアップロード速度:10Mbps〜20Mbps

ドコモのhome 5Gの実際のアップロード速度は10Mbps〜20Mbpsくらいです。

アップロード速度はクラウドにデータを保存したりする時に使う速度です。

ダウンロード速度と比べてだいぶ遅くなりますが、10Mbps〜20Mbpsでも特に問題ありません。YouTuberや特殊な職業でGB単位のファイルを送信する人は注意が必要なくらいです。

Pingが遅い?実際に使うと光回線との差がわからない

他のサイトだとPingが遅いので注意みたいなことを説明しているサイトもあります。

Pingはネットの応答時間です。Pingが遅いと速度が速くても体感的に遅さを感じるようになりますが、実際にドコモのhome 5Gを自宅のWiFiとして使っていますが、遅さを感じることがありません。

Pingとは若干違いますが、極小ファイルを連続ダウンロードした時の応答速度は下記になります。

反応速度と安定性 (リアルタイム)

応答時間(反応速度)
・光回線(WiFi接続):0.055秒
・ドコモのスマホ:0.090秒
・ドコモのhome 5G:0.125秒
・WiMAX:0.110秒
・その他の格安SIM:0.10秒〜0.15秒

ドコモのhome 5GはWiMAXと比べて、0.015秒くらい応答速度が遅れますが、違いが全く体感できない差です。

光回線と比べると0.07秒ほど応答速度が遅れますが、普段のネットとして使うくらいだと体感差は感じられません。

ただ、FPS(銃ゲーム)などのオンラインゲームをする場合に体感差が出てくる恐れがあります。FPSを極めたい場合は、低遅延の光回線がおすすめです。

リアルタイム速度

格安SIMの管理人は、home 5G、ドコモ(ahamo)、au(povo)、ソフトバンク(ワイモバイル)などを契約して、リアルタイムで速度計測を行い、速度結果を下記で公開しています。

※ ドコモのスマホのプランとahamoは同じ速度
※ auとpovoは同じ速度
※ ソフトバンクとワイモバイルは同じ速度

エリア

人口カバー率99.9%超、ほとんどどこでも使える

ドコモのhome 5Gはドコモの4Gエリアと5Gエリアで使えます。

ドコモの4Gエリアは人口カバー率99.9%超なので、僻地か超絶運が悪くなければ、どこでも使えます。

5Gエリアは限定的、2022年3月末に人口カバー率55%(予定)

home 5Gはドコモの5Gが使えますが、ドコモの5Gエリアはまだ狭いです。

ドコモの5Gエリア
ドコモの5Gエリア(赤いエリア)

ドコモの5Gエリアの詳細マップはこちら

ドコモの5Gエリアの人口カバー率は2022年3月末までに55%、2023年3月末までに約70%になる予定です。

加えて、5Gは建物内だと電波が悪くなるので、建物内で安定して5Gが使えるようになるのは当分先の話になります。

登録住所で利用する、引っ越しした場合は住所変更

home 5Gは登録住所でしか使えません。

出張や旅行、知人宅では使うことはできません(登録住所以外で使うとドコモから警告が来るか通信が止まります)。

引っ越した場合は、登録住所の変更をすれば引越し先でも使えますが、変更回数に制限があるのでコロコロ変更するとかはできません。

楽天モバイルと比較(実質ゼロ円のモバイルWiFi)

home 5Gはかなりおすすめのホームルータですが、その前に試してみると良いのが実質ゼロ円で試せる楽天モバイルです。

楽天モバイルのモバイルWiFiなら、本体価格が1円、楽天ポイント5000ポイントプレゼント、月額料金が最大4ヶ月無料です。

無料期間経過後は月0円〜3273円の段階制プランです。いつやめても違約金はありません。

楽天モバイルの段階制プラン

段階制:実際に使ったデータ量で料金が変わるプラン

Rakuten WiFi Pocket 2Bのスペックとレビュー

Rakuten WiFi Pocket 2Bの実質0円キャンペーンの詳細と申込み

Rakuten WiFi Pocket 2Bのスペックとレビュー&実質0円お試しキャンペーンの注意点

Rakuten WiFi Pocket 2Bはホームルーターではなく、ポケットWiFiですが、ホームルーターとしても使えます。

home 5Gのほうが使えるデータ量が多く、エリアも広く、速度も速いですが、楽天モバイルなら本体価格が1円で月額料金も結構安くなります。

楽天モバイルなら最大4ヶ月のお試し期間なら1円で使えるので、とりあえず楽天モバイルを試すのがおすすめです。

うまく使えれば安い楽天モバイルを使い続ける、満足できない場合はhome 5Gを契約してみることをおすすめします。

その他のWiFiサービスとの比較

ドコモのhome 5Gなら月4950円でいつやめても違約金なし、ホームルータは39,600円しますが3年使うと実質無料です。解約しても、ドコモのhome 5Gのホームルーターなら他社で使うこともできます。

ドコモのhome 5Gの速度はいつでも速くて、建物内に届きやすいプラチナバンド対応です。

SoftBank Airとの比較

SoftBank Airは契約期間なしのプランを選ぶと、レンタル料込みで月7,117円もします。

2年契約で端末を24回払いにした場合、12ヶ月目まで月5,005円、13ヶ月目〜25ヶ月目まで月6,193円です。

2年ごとの更新月で解約できない場合、違約金が10,450円かかります。また2年未満で解約した場合、最大59,400円の端末代金の残高を支払う必要があります。解約するとSoftBank Airのホームルーターは他社では使えないゴミと化します。

SoftBank Airは平日夜に速度が結構低下します。建物内に少し届きにくい電波を使っているので、電波が悪い場合もあります。

今からSoftBank Airを契約するのは罰ゲームです。

auのホームルータとの比較

auのホームルーターの料金プランはドコモのhome 5Gと似たりやったりですが、auのホームルーターは3日間で15GB以上使うと速度が1Mbpsに制限されます。

そしてauのホームルーターのサービスエリアはWiMAXエリアです。4Gと比べて電波が届きにくいWiMAXの電波を使っています。

au ホームルーター 5Gは産廃です。

WiMAXとの比較

WiMAXもホームルーターを提供していますが、

3日間10GB
端末代金が実質5000円くらい、月額料金は月4300円くらい

3日間15GB
端末代金が実質1万5000円くらい、月額料金は月4300円(3年目以降は月4800円くらい)

料金は似たりよったりですが、ドコモのhome 5Gならデータをもったたくさん使えて、速度も速く、建物内でも電波良く使えるプラチナバンド対応です。

WiMAXのホームルーターを使うメリットは皆無です。

光回線との比較

まともな光回線を使っている場合、ドコモのhome 5Gに変更するメリットは少ないので、そのまま光回線を使い続けるのが良いです。

速度が数Mbpsになるクソ雑魚光回線の場合、引っ越しを良くする場合、これから光回線の契約を検討している場合は、楽天モバイルのモバイルWiFiを試した後に、ドコモのhome 5Gを試すのがおすすめです。

実際の使い方

設定① コンセントを挿す前に開通手続きが必要(電話が必要かも)

ドコモのhome 5Gはコンセントに挿すだけで使えると説明していますが、実際にはコンセントに挿す前に開通手続きが必要です。

開通手続きはこちら

開通手続きをして、数秒するとhome 5Gが使えるようになります。

ただし、原因は不明ですが、ステータスが予約状態のままでネットで開通手続きができない場合があります。

この場合は、ドコモインフォメーションセンターに電話をかけて、開通してもらう必要があります。

ドコモインフォメーションセンター
電話番号:0120-131-067 (または0120-800-000)
受付時間:午前9時~午後8時 (年中無休)

0120-131-067はスマホからではつながらず、固定電話の場合につながる番号でした。0120-131-067にかけられる人は、ガイダンスに従って1→1→1と進むと、開通を担当する窓口に繋がります。

設定② キャンペーン適用にdアカウントとdポイントクラブを設定する

ドコモオンラインショップでhome 5GプランとHR01を購入すると15,000ポイントのdポイントがもらえますが、2つの条件をクリアしておく必要があります。

① 購入月を含む3か月以内に「home 5G プラン」のdアカウントを発行すると、発行した月の翌々月にdポイントがもらえます。有効期限は進呈月含む6か月です。

② ポイント進呈時点で「home 5G プラン」のご契約者がdポイントクラブ会員でない場合はポイントは進呈されません。

home 5G購入のdポイントプレゼント特典の詳細

「home 5G プラン」のdアカウントを発行とdポイントクラブ会員の加入が必須です。

ただし、home 5Gを契約すると自動的にdアカウントが発行されて、dポイントクラブ会員も自動的に加入してあります。

ドコモオンラインショップのチャットに問い合わせましたが、特に何もせずにdポイントがもらえるみたいですが、回答が怪しいので念の為、下記の設定を行うことをおすすめします。

キャンペーン適用条件1:dアカウントの利用開始手続きをする

home 5Gを契約すると、home 5Gが届いて数日後にドコモから書類が届きます。その書類の中に「dアカウント通知書」が同封されていて、そこに記載されているIDとパスワードでdアカウントの利用開始設定をすることができます。

普通にdアカウントのホームページに行って、そのIDとパスワードでdカウントにログインしようとすると、下記のメッセージが出てきます。

「セキュリティコードの送信先がないため2段階認証が行なえません。連絡先メールアドレスを登録してからやり直してください。(E-35)」

初回は下記のサイトにアクセスしてログインして、メールアドレスの登録が必要になります。

https://id.smt.docomo.ne.jp/cgi7/auth/idactvt

メールアドレスを登録すると、利用開始設定は完了です。これでhome 5Gのdアカウントが使える状態になります。

キャンペーン適用条件2:dポイントクラブ会員でログインする

dアカウントの利用開始手続きをしたら、次にdポイントクラブ会員でログインしてみます。

dポイントクラブ会員の公式サイト

ログインできたら、dポイントクラブ会員の条件もクリアです。

これで翌々月にdポイントがもらえて、有効期限は進呈月含む6か月です。

ドコモやahamoユーザの場合は、すでにdアカントを持っていてdポイントを持っていると思いますが、home 5Gでもらえるdポイントはhome 5Gのdアカウントに追加されます。

設定③ データ消費量の確認の仕方

ドコモのhome 5Gのデータ消費量の確認は、home 5Gの管理画面、またはMy docomoで確認できます。

dアカウントの利用開始手続きをして、My docomoにログインして確認するのがおすすめです。

設定④ home 5G HR01の管理画面のログイン方法

home 5G HR01に2.4GHz帯のWiFiにつなげたら、「http://web.setting」にアクセスします。

※ 5GHz帯のWiFiだと管理画面になぜかアクセスできません

データ通信量などの基礎的な情報ならログインせずに表示できます。

管理画面にログインすると、他のドコモプランや他社のSIMカードで使うためのAPNの設定などができるようになります。

初回ログインパスワード:home 5G HR01の底に書いてあります。

以上が、ドコモのhome 5Gの実機レビューです。

home 5Gの詳細と申込み → ドコモオンラインショップ

格安SIMの管理人の画像
書いた人

2015年3月から格安SIMの比較サイトを運営しています。

1人で地道にこつこつ運営していたら、累計訪問者数は約2600万人で約9000万ページビューになりました(2021年8月時点)

これからも格安SIMと格安スマホの情報をできるだけ詳しくお届けします!

最終更新日 2021年9月9日 / 作成日 2021年8月15日
4.8 5
この記事は参考になった/良かった
※注:コメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミやコメントをする

購読する
通知する
guest
34 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
カチガラス
カチガラス
2021年9月9日 1:06 PM

home5Gを入手して自宅で開通手続きをしようとしたができなかった。チャットに何回か問い合わせして教えられた電話0120-131-067 に連絡し(割とすぐ繋がった)開通してもらった。理由はたぶんドコモ携帯が無いdアカウントだったので不正アカウントと思われ開通時の設定ではねられた模様。
なお受け取りは自宅ではなくドコモショップにしたが受け取りの時に購入時のネットワーク暗証番号(数字4桁)を聞かれて少し慌てた。この番号は上記の電話での開通手続きの時も必要でした。
それにしても携帯ショップいつも混んでますね。受け取りをするだけで1時間掛かりました。暇そうな年寄りが多いです。俺も年寄りだけど。

moritaichi
moritaichi
2021年9月6日 11:49 PM

home 5Gのpingが100msになると拝見して目ん玉飛び出そうになりました。。クーリングオフしようかな。。ping100msはどの時間帯でもでしょうか??今fujiwifi+HT110LNで23時半現在30msです。あと工事不要家用月100-150GBくらいでping最も低い回線はどちらでしょうか??

ケータイおじさん
ケータイおじさん
2021年9月6日 12:37 PM

皆さんご存知ない様ですが、3日で15GB以上使うと制限かかります(笑)5Gなんて向こう何年も入らない様な辺境ならいいですが、5Gがバリバリ入る都市部では、制限入りまくりの使えないルーターです。

名無し
名無し
  ケータイおじさん
2021年9月6日 2:27 PM

某動画サイトで3日で1TB使っても速度が落ちなかった報告がありました
帯域が混雑すると直近使用量が多い回線から制限を始めるのでしょう
(それでなくともベストエフォートで結局遅くなります)
3日で15GBは極端に感じますが、何bpsに制限されましたか?

山猫男
山猫男
  ケータイおじさん
2021年9月8日 6:56 PM

こんにちは。
下記はdocomoに公式回答をとお願いした返信の一部抜粋。

「具体的な利用データ量に関しては、ご案内できる情報がございません。
しかしながら、動画閲覧を含め、通常ご利用いただく範囲では、
制限がかかりませんので、ご安心ください。
通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じても変化いたします」

ありきたりな回答しかしないだろうと思ってましたがそのまんまです。
なので3日で15GBは大変貴重な情報でありますし現状楽天が
1日10GBですから持ち運びできませんしhome 5Gいらないですね。
ちなみに楽天実験しましたが私の環境で11GB超えると3Mbps以上でなくなりました。
現在極端な使い方されてなけれ普通に使えてる方が多い様に感じますが
3日で15GB以上使うと制限かかりますは中の人情報でしょうか?

yoka
yoka
2021年8月30日 2:14 PM

価格コムのレビューで楽天のsimが使えたとの書き込みを見ましたよ。

パトラッシュ
パトラッシュ
2021年8月25日 11:53 AM
この記事は参考になった/良かった :
     

ドコモ5Gのルーターですが、どこのSIMを使用しているのでしょうか?
ソフトバンクairはHaweiでした。

ポッポ
ポッポ
  パトラッシュ
2021年8月31日 7:46 PM

ホームページにはシャープと書いてありますね

ADSLで満足しているライトユーザー
ADSLで満足しているライトユーザー
2021年8月17日 11:15 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

当面、4Gエリアであったとしても、上の「総合評価」は当てはまるでしょうか?

ADSLサービス終了にともない、固定回線をどうしようか悩み中です….。

名無し
名無し

ADSLは下り最大50Mbpsで実測は10Mbps~らしいです
4GエリアでもADSLより悪くなることはないでしょうが、
詳細は管理人さんの実測結果を待ちましょう。
その間に楽天アンリミットで代替できるか試すのはどうでしょう?

ADSLで満足しているライトユーザー
ADSLで満足しているライトユーザー
  名無し
2021年8月18日 6:31 PM

残念ながら、楽天モバイルのサービスエリア外なんです(泣

アダムス
アダムス
2021年8月16日 12:38 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

SoftBank airと異なる点で言えば、docomo home 5Gには初期契約解除制度が今のところ公式アナウンスにない点でしょうか

SoftBank airは通信品質に満足出来なければ、受取から8日以内であれば初期費用、通信料金、端末料金は免除され端末も返却できますが、今のところドコモの公式には初期契約解除制度を適用できる文言がありませんでした。

契約しようと考えてる方は他の方の急がずに他の方の評価を見て決めたほうが良いかもしれませんね。

暇人
暇人
2021年8月16日 8:13 AM

auのホームルーターはクソであるとあるが
UQで買うと更に料金追加されるが書いてない
何故か口座振替手数料として220円毎月徴収される
3日間15G制限だがエクストラオプションに加入すると対象から外れるが…
使用容量2G毎に2750(税込)払わなくてはならない羽目になる

名無し
名無し
2021年8月15日 10:12 PM

他のキャリアもそうだけど、メタルの代替にする狙いなのかな?
田舎で各家庭に有線で光を引かず、無線で飛ばせばかなり手間も経費も浮きそう
有線の代替なら速度制限は緩めにしてほしいところ
帯域圧迫時のみの制限なら理解できるけど閾値が気になる
だけど、細かいルールを明示すると裏をかいてくるのが増えそうで困る

ちょ
ちょ
  格安SIMの管理人
2021年8月20日 1:11 PM

これアパート暮らしの学生さんにいい。リモート授業もあり、一人で150~200GB使ってる。光回線引けてるからいいけど、引っ越しの時期とか工事混むものね(4月申し込みで工事は5月だった)。住所地固定とのことだけど、モバイルではなく引っ越しに伴う転居に持って行けるなら、来年大学生になる高校生には用意しててもいいかもしれない。

暇人
暇人
  名無し
2021年8月16日 8:05 AM

アメリカではケーブル通信の代替としている
2018年12月にサービス運用開始した

山猫男
山猫男
2021年8月15日 6:55 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

こんにちは、レビュー楽しみにしてます。
高いか安いかは3日間データー量次第ですが50GBは行ってほしいですね。
50GB以上でも遅かったら魅力半減ですけど。
ハッキリとしたアナウンスしてほしいですdocomoさん。

anonym
anonym
  山猫男
2021年8月16日 11:55 AM

一定の通信量ではなく接続している基地局の混雑度合い次第で制限をかけるなら
アナウンスのしようがないでしょう

山猫男
山猫男
  anonym
2021年8月16日 6:31 PM

ん?ごめんなさい意味がイマイチわかりません。
他社さんはある程度の規制通信量は出しています。
一定の通信量は関係ないと言う事はdocomoさんが
アナウンスしている3日間通信量は関係なく混雑している
基地局付近の契約者は速度以外に通信量が減ると言う事ですか?

「ドコモのhome 5Gの料金と実機レビュー、速度制限なしで1日100GB使える?」をシェアしてくださいm(_ _)m
コメント