2019年5月版:WiMAX 2+とポケットWiFiのおすすめ比較ランキングとキャンペーンの最新情報

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

WiMAX 2+やポケットWiFiを契約すると3〜4日で工事不要ですぐにネットが使えるようになります。光回線のように工事が必要だったり工事まで1ヶ月待つ必要もありません。月平均3000円ちょっとで使うことができます。

モバイルタイプのルーターを選べば、外でスマホで動画をたくさん見たりノートパソコンで快適にネットをすることができます。最近は手軽に導入できるということで、コンセントに挿して使うホームタイプのルーターを選ぶ人も増えてきています。

ただし、WiMAX 2+とポケットWiFiの契約には注意が必要です。

デメリットを把握していなかったり、プロバイダごとに結構料金が異なったり、高額な違約金を知らなかったり、高額なキャッシュバックを目当てに契約したのにキャッシュバックがもらえなかったり、自分に合わない割高なプランを選んでしまったり・・。

WiMAX2+やポケットWiFiは割引や最初の数ヶ月の安い料金ばかり強調して、実際どれが一番安いのかすぐにはわかりません。ここでは、まず最初に実際にかかる料金の合計を最低契約月数で割り「平均月額料金」にして、どれが安いかをわかりやすく掲載しています。

その後にWiMAX2+用の端末、通信速度と対応エリア、違約金、問い合わせ対応、口座振替、申し込むのに必要なもの、WiMAX2+、ポケットWiFi、Softbank Airの違いやメリットとデメリットを紹介していきます。最後に格安SIMを使った節約ケースも紹介します。

WiMAX2+とポケットWiFiの比較の目次

※ WiMAXとWiMAX2+は基本的に同じものと思ってください。

WiMAX 2+とポケットWiFiの平均月額料金ランキングと総合評価

契約月数:違約金なしで解約できるまでの月数
平均月額料金:(契約期間の合計の月額料金 - キャッシュバック - 特典) / 契約月数

平均月額料金は2019年5月時点のキャンペーンを全て反映した計算しています。

解約月はUQ WiMAXだけ日割りで、それ以外は全て満額請求です。WiMAX2+は全てギガ放題の料金プランです。WiMAX2+を選ぶ人の9割以上はギガ放題を選んでいます。

下記は全てクレジットカードの支払いを基準にしています。口座振替で支払いたい場合は口座振替対応の比較ランキングを参考にしてみてください(口座振替だと割高になります)。

※ 3日間で10GB使えるプランで10GBを超えると、回線の種類がWiMAX2+だと翌日の18時から2時(合計8時間)まで通信速度が1Mbpsに制限、回線の種類がソフトバンクのAXGPだと当日の18時から1時(合計7時間)まで通信速度が1Mbpsに制限されます。

平均月額料金の安さ1位:Nextmobileの月20GBプラン

Nextmobile月20GB月30GB
契約月数初月込みで25ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円
初月(日割り)月2,760円月3,490円
1〜24ヶ月目月2,760円月3,490円
25ヶ月目〜月3,695円
合計料金72,000円90,250円
キャッシュバック0円
平均月額料金月平均2,880円月平均3,610円

回線種類 ソフトバンク4G / 使えるデータ量△〜○ 月20GBまたは月30GB / 通信速度と対応エリア◎ / 問い合わせ対応○ / 違約金◎ / 取り扱い端末○〜△ FS030W、HT100LN

キャッシュバックなし◎:代わりに月額料金を安くしています。

総合評価:月20GBでそこまでたくさんは使えませんが、他のプロバイダと比べて料金が安いです。ソフトバンク4Gが使えるのでソフトバンクのスマホが使える場所ならどこもでも使えます。Nextモバイルは他にも月30GB以上のプランがありますが、プラン変更はできないので注意してください。

NEXTmobileの公式サイト

平均月額料金の安さ2位:GMOとくとくBB 月額割引版

GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額割引版の料金
契約月数初月込みで38ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円
初月(日割り)月2,170円
1〜2ヶ月目月2,170円
3〜36ヶ月目月3,480円
37ヶ月目〜月4,263円
合計料金132,093円
キャッシュバック5,000円
平均月額料金月平均3,345円

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応△ / 違約金◎ / 取り扱い端末◎ W06、WX05、HOME L02、01

キャッシュバック○:月額割引を増やしてキャッシュバックを少なくしているのでリスクが低めです。キャッシュバックは11ヶ月後に独自メールアドレスに手続きメールが届き30日以内に手続きを完了させる必要があり、受け取り損ねる人が相当(半数?)います。

総合評価:WiMAXプロバイダの中で一番安く使えるのがGMOとくとくBBの月額割引版です。月額割引を多くして、キャッシュバックを少なくしているので、もしキャッシュバックを受け取り損ねた場合でも月平均3,476円です。

GMOとくとくBB WiMAX2+(月額割引)の公式サイト

GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックより月額割引キャンペーンがおすすめの詳細評価

平均月額料金の安さ3位:クラウドモバイル

クラウドモバイルの料金
契約月数初月込みで36ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円
初月(日割り)月2,800円
1〜2ヶ月目月2,800円
3〜24ヶ月目月3,500円
25ヶ月目〜月4,100円
合計料金133,500円
キャッシュバック10,000円(Amazonギフト券)
平均月額料金月平均3,431円

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応× / 違約金× / 取り扱い端末△ W05、W04、WX04、HOME L01s

キャッシュバック○:端末を受け取ってすぐにAmazonギフト券の申請ができます。申請後1,2日程度でギフト券がもらえるので、少しだけ手間をかければ特に問題ないです。

総合評価:Amazonギフト券が簡単にもらえるので、もらい損ねるリスクは低いです。ただ、問い合わせ対応、取り扱い端末の評価が△、途中解約の違約金が他と比べてかなり高額なので注意してください。

クラウドモバイルの公式サイト

平均月額料金の安さ4位:GMOとくとく キャッシュバック版

GMOとくとくBB WiMAX2+ キャッシュバック版の料金
契約月数初月込みで38ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円
初月(日割り)月3,609円
1〜2ヶ月目月3,609円
3ヶ月目〜月4,263円
合計料金163,032円
キャッシュバックW06とWX05は32,000円 / HOME L02と01は31,400円
平均月額料金W06とWX05は月平均3,448円 / HOME L02は月平均3,461円 / HOME 01は月平均3,464円

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応△ / 違約金◎ / 取り扱い端末◎ W06、WX05、HOME L02、01

キャッシュバック△:11ヶ月後に独自メールアドレスに手続きメールが届き30日以内に手続きを完了させる必要があり、受け取り損ねる人が相当(半数?)います。

総合評価:GMOとくとくBB WiMAX2+は高額キャッシュバックで平均月額料金が安くなりますが、キャッシュバックを受け取れない人がかなり出ています。GMOはキャッシュバックの代わりに月額割引のキャンペーンも行っているので、そちらをオススメします。

旧機種のW05ならキャッシュバックが37,150円もらえますが、新機種のW06やWX05のほうが良いのでW05は無視します。

GMOとくとくBB WiMAX2+(キャッシュバック)の公式サイト

GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックより月額割引キャンペーンがおすすめの詳細評価

平均月額料金の安さ5位:nifty WiMAX

nifty WiMAX2+の料金
契約月数初月込みで38ヶ月
事務手数料3,000円
端末代1円
初月月0円
1〜2ヶ月目月3,670円
3ヶ月目〜月4,350円
合計料金162,591円
キャッシュバック30,000円
平均月額料金月平均3,489円 (nifty会員の場合:月平均3,246円)

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応○ / 違約金◎ / 取り扱い端末◎ W06、WX05、HOME L02、01

キャッシュバック○:契約後すぐにnifty受取口座情報に自分の銀行口座を登録できて、12ヶ月後にキャッシュバックがもらえます。口座情報は契約後すぐ登録できるので、それを忘れなければ特に問題なしです。

総合評価:キャッシュバックが簡単に結構早く受け取れます。nifty会員なら月250円引きになるので、すでにnifty会員の場合に特におすすめのプロバイダーです。

nifty WiMAXの公式サイト

nifty WiMAXの詳細評価と評判&niftyなら高額キャッシュバックが簡単に確実にもらえる

平均月額料金の安さ6位:BIGLOBE WiMAX2+ キャッシュバック版

BIGLOBE WiMAX2+ キャッシュバック版の料金
契約月数初月込みで37ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円
初月月0円
1〜2ヶ月目月3,695円
3ヶ月目〜月4,380円
合計料金159,310円
キャッシュバック30,000円
平均月額料金月平均3,495円 (BIGLOBE会員の場合:月平均3,300円)

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応○ / 違約金○ / 取り扱い端末◎ W06、WX05、HOME L02

キャッシュバック○:13ヶ月後に普段使っている自分のメルアドに手続きメールが届き45日以内に手続きをするとキャッシュバックがもらえます。

総合評価:キャッシュバックは比較的簡単に受け取れます。BIGLOBE会員なら月200円引きになるので、すでにBIGLOBE会員の場合に特におすすめのプロバイダーです。

BIGLOBE WiMAX 2+の公式サイト

BIGLOBE WiMAX2+の詳細評価&キャッシュバックと月額割引キャンペーンはどちらがお得か徹底比較

平均月額料金の安さ7位:BIGLOBE WiMAX2+ 月額割引版

BIGLOBE WiMAX2+ 月額割引版の料金
契約月数初月込みで37ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円
初月月0円
1〜36ヶ月目月3,620円
37ヶ月目〜月4,380円
合計料金133,320円
キャッシュバック0円
平均月額料金月平均3,603円 (BIGLOBE会員の場合:月平均3,409円)

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応○ / 違約金○ / 取り扱い端末◎ W06、WX05、HOME L02

キャッシュバックなし◎:代わりに月額料金を安くしています。

総合評価:キャッシュバックなしなので気軽です。BIGLOBE会員なら月200円引きになるので、すでにBIGLOBE会員の場合に特におすすめのプロバイダーです。

BIGLOBE WiMAX 2+の公式サイト

BIGLOBE WiMAX2+の詳細評価&キャッシュバックと月額割引キャンペーンはどちらがお得か徹底比較

平均月額料金の安さ8位:どんなときもWiFi、ほんとにデータ無制限

どんなときもWiFiの料金
契約月数初月込みで26ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円 (レンタル)
初月(日割り)月3,480円
1〜24ヶ月目月3,480円
25ヶ月目〜月3,980円
合計料金93,980円
キャッシュバック0円
平均月額料金月平均3,615円

回線種類 ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線 / 使えるデータ量◎ 月200GB以上 / 通信速度と対応エリア◎ / 問い合わせ対応◎ / 違約金○ / 取り扱い端末△ U2s

キャッシュバックなし◎:代わりにデータを超たくさん使えて、月額料金も比較的安くしています。

総合評価:どんなときもWiFiならほんとに無制限でデータを使えます。月200GBでも300GBでも使えます。ドコモ、au、ソフトバンクの電波が使えるので、普通のスマホが使えるところならどこでも使うことができます。データをどこでも大量に使いたい場合に一番おすすめです。

どんなときもWiFiの公式サイト

どんなときもWiFiを徹底解説、大手キャリアのLTE回線が無制限で使える!

平均月額料金の安さ9位:So-net WiMAX 2+

So-net WiMAX 2+の料金
契約月数初月込みで38ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円
初月月0円
1〜2ヶ月目月3,620円
3〜36ヶ月目月3,620円
37ヶ月目〜月4,379円
合計料金137,699円
キャッシュバック0円
平均月額料金月平均3,624円 (Sonet会員の場合:月平均3,429円)

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応△ / 違約金◎ / 取り扱い端末◎ W06、WX05、HOME L02、01

キャッシュバックなし◎:代わりに月額料金を安くしています。

総合評価:キャッシュバックの代わりに月額料金を安くしています。So-net会員(So-net モバイルコース会員)なら月200円引きになるので、すでにSo-net会員の場合に特におすすめです。

So-net WiMAX 2+の公式サイト

平均月額料金の安さ10位:カシモWiMAX

カシモWiMAXの料金
契約月数初月込みで38ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円
初月(満額)月1,380円
1〜2ヶ月目月1,380円
3〜24ヶ月目月3,580円
25ヶ月目〜月4,079円
合計料金138,927円
キャッシュバック0円
平均月額料金月平均3,655円

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応△ / 違約金○ / 取り扱い端末◎ W06、WX05、HOME L02、01、Triprouter

キャッシュバックなし◎:代わりに月額料金を安くしています。

総合評価:キャッシュバックなしなので気軽です。ただ、電話での問い合わせができないのが少し難点です。

カシモWiMAXの公式サイト

平均月額料金の安さ11位:Broad WiMAX

Broad WiMAXの料金
契約月数初月込みで37ヶ月
事務手数料3,550円 (強制オプション550円込み)
端末代0円
初月(日割り)月2,726円
1〜2ヶ月目月2,726円
3〜24ヶ月目月3,411円
25ヶ月目〜月4,041円
合計料金135,262円
キャッシュバック0円
平均月額料金月平均3,656円

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応○ / 違約金○ / 取り扱い端末◎ W06、WX05、HOME L02、01

キャッシュバックなし◎:代わりに月額料金を安くしています。

総合評価:Broad WiMAXは他社のWiMAXプロバイダーから乗り換える際に違約金が発生した場合は、最大1万9000円分の違約金をキャッシュバックしてくれます。プロバイダーを乗り換える場合で、違約金が発生する場合にBroad WiMAXを検討してみてください。

注:Broad WiMAXだけ事務手数料の他に18,857円の初期費用を設けています。月550円の安心サポートプラスと月907円のMyBroadサポートの2つのオプションに加入すると初期費用が無料になります。両方とも端末が届いたらすぐ解約できますが、安心サポートプラスの550円だけ無料期間がないので料金が発生します。

Broad WiMAXの公式サイト

Broad WiMAXの詳細評価と評判、他社WiMAXの違約金を負担してくれる!

平均月額料金の安さ12位:UQ WiMAX

UQ WiMAXの料金
契約月数初月込みで37ヶ月
事務手数料3,000円
端末代3,800円
初月(日割り)月3,696円
1〜2ヶ月目月3,696円
3ヶ月目〜月4,380円 (解約月は日割り)
合計料金153,808円
キャッシュバックW05とL01sは13,000円、WX05とHOME 01は8,000円、W06とL02は3,000円
平均月額料金W05とL01sは月平均3,806円、WX05とHOME 01は月平均4,076円、W06とL02は月平均4,346円

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応△ / 違約金◎ / 取り扱い端末◎ W06、W05、WX05、HOME 02、L02、L01s

キャッシュバック○:4ヶ月後に普段使っている自分のメルアドに手続きメールが届き30日以内に手続きをするとキャッシュバックがもらえます。

総合評価:WiMAX2+はUQ WiMAXが元締めであとは販売代理店です。代理店で売ってもらう方針なので、UQ WiMAX自体はそんなに販売には積極的ではありません。悪くないですが、あえて選ぶメリットは特にありません。

UQ WiMAXの公式サイト

UQ WiMAXの詳細評価とキャンペーンの詳細&UQ WiMAXを選ぶメリットとデメリット

おすすめ圏外:Yahoo WiFi 5GBプラン

Yahoo WiFiの5GBプラン(601ZT)の料金
契約月数初月込みで38ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円
初月(日割り)月2,480円
1ヶ月目〜月2,480円+6ヶ月目以降はプレミアム会員費462円加算
合計料金112,024円
キャッシュバック0円
平均月額料金月平均2,948円 (すでにプレミアム会員の場合は2,559円)

回線種類 ソフトバンク4G / 使えるデータ量× 月5GB / 通信速度と対応エリア◎ / 問い合わせ対応△ / 違約金△ / 取り扱い端末○〜△ 601ZTのみ(モバイルタイプ) / キャッシュバックなし◎

総合評価:月5GBしか使えないYahoo WiFiよりも、Nextmobileの月20GBを選んだ方がいいです。同じソフトバンク4Gを使っているので同じように使えます。Yahoo WiFiは月額最安値級という売り文句を記載していますが、使えるデータを少なくして最安値級にしています。

Yahoo WiFi 5GBプラン(601ZT)の公式サイト

おすすめ圏外:Yahoo WiFi放題

Yahoo WiFi放題(603HW)の料金
契約月数初月込みで38ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円
初月(日割り)月3,696円
1ヶ月目〜2ヶ月目月3,696円
3ヶ月目〜月4,380円
合計料金167,388円
キャッシュバック0円
平均月額料金月平均4,405円

回線種類 ソフトバンクのAXGP / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア△ / 問い合わせ対応△ / 違約金△ / 取り扱い端末○〜△ 603HWのみ(モバイルタイプ) / キャッシュバックなし◎

総合評価:平均月額料金が一番高く、使えるエリアもWiMAX2+より狭いので、Yahoo WiFi放題を選ぶメリットはありません。

Yahoo! Wi-Fi放題の公式サイト

おすすめ圏外:かんたんWiFi(Softbank Air)、公式サイトがひどすぎる

Softbank Airの料金
契約月数初月込みで24ヶ月
事務手数料3,000円
端末代実質19,500円
初月月0円
1〜23ヶ月目月3,800円
24ヶ月目〜月4,880円
合計料金93,700円
キャッシュバック20,000円
平均月額料金月平均3,656円

回線種類 ソフトバンクのAXGP / 使えるデータ量◎ 無制限 / 通信速度と対応エリア△ / 問い合わせ対応○ / 違約金△ / 取り扱い端末○〜△ Airターミナル2か3(固定型のホームタイプのみ提供)

キャッシュバック○:特に手続きの必要なく、4カ月後の下旬に普通為替でキャッシュバックが届きます。ただし、レンタルの場合はキャッシュバックなし。

総合評価:公式サイトの案内が相当ひどいです。データを無制限に使うことができますが、通信速度が他のプロバイダよりもだいぶ遅く、対応エリアも少し狭いです。公式サイトには対応エリアの記載もなく、違約金の記載もありません。契約期間の記載もありません。

レンタルも受け付けていますが、レンタルの場合はキャッシュバックがもらえません。レンタルでも2年間の契約が必要なので、レンタルの意味はほとんどありません。

加えて、Softbank Airだけ自宅以外で使うと強制解約になる場合があります。公式サイトにはぼんやりとした情報しか記載していないので、避けた方が無難です。

かんたんWiFi(Softbank Air)の公式サイト

WiMAX端末の比較、W06、WX05、HOME L02、HOME 01

Nextmobileは持ち歩くならFS030W、主に自宅で使う場合はHT100LNを選びます。Yahoo WiFiとSoftbank Airは、1機種しかないので選択肢はありません。

WiMAX2+だけ選べる端末が複数あるので、どのWiMAX端末を選べばいいのかざっくり説明します。

※ WiMAX端末の価格は、UQ WiMAXで3800円、その他のWiMAXプロバイダーだと無料か1円です。柿ではハイスピードプラスエリアモード = プラスエリアモードとして記載しています。

W06:持ち歩けるモバイルタイプ、実績と速度重視

W06

Speed Wi-Fi NEXT W06
最大通信速度ハイスピードモード 下り最大558Mbps / 上り最大30Mbps
プラスエリアモード 下り最大1,237Mbps / 上り最大75Mbps
サイズ128 x 64 x 11.9mm 125グラム
連続通信時間ハイスピードモード:ハイパフォーマンス430分 / スマート540分 / バッテリーセーブ700分
プラスエリアモード:ハイパフォーマンス300分 / スマート400分 / バッテリーセーブ600分
連続待受時間800時間(静止時)
発売日2019年1月25日

主に外でよく使う場合にW06がおすすめです。最大通信速度が一番速く、受信感度も結構いいので、モバイルタイプでWiMAX端末の中で一番オススメです。

(新しい機種)W06 ← W05 ← W04(古い機種)

W06の性能評価と評判、WX05と旧モデルのW05とホームルータのL02と01の詳細比較

比較ランキングの目次へ戻る

WX05:持ち歩けるモバイルタイプ、安定性重視

WX05

Speed Wi-Fi NEXT W06
最大通信速度ハイスピードモード 下り最大440Mbps / 上り最大30Mbps
プラスエリアモード 下り最大440Mbps / 上り最大75Mbps
サイズ111 × 62 × 13.3mm 128グラム
連続通信時間ハイスピードモード:ハイパフォーマンス490分 / スマート690分 / バッテリーセーブ840分
ハイスピードプラスエリアモード:ハイパフォーマンス480分 / スマート630分 / バッテリーセーブ800分
連続待受時間700時間(静止時)
発売日2018年11月8日

※ 連続通信時間の計測の仕方がWX05とW06で少し違いますが、ハイ=ハイパフォーマンス、ノーマル=スマート、エコ=バッテリーセーブと同じものと仮定して掲載しています。

自宅や外でも使う場合にWX05がおすすめです。電池持ちが良く、室内でも受信感度が良くなる機能が付いています。

WX05はWiMAXハイパワー対応に対応しているので、電波が届きにくいエリアにおいて通信速度が最大20%改善します。

WX05専用のクレードルはWウイングアンテナが付いていて、アンテナ1,2本の場所だとアンテナが増える場合があり、20%程度スループット(通信速度)が向上します。クレードルを機能させるにはコンセントが必要です。自宅でも使う場合はクレードルをセットに購入することをオススメします。

自宅よりも主に外で使う場合は、通信速度が速く、Wシリーズの評判が良いW06がオススメです。

(新しい機種)WX05 ← WX04 ← WX03(古い機種)

WXシリーズはWX04とWX03の評判が散々な悪さでしたが、WX05でようやくまともな良い評判になっています。

比較ランキングの目次へ戻る

HOME L02:自宅に設置するホームタイプ、実績と速度重視

HOME L02

Speed Wi-Fi HOME L02
最大通信速度ハイスピードモード 下り最大558Mbps / 上り最大30Mbps
プラスエリアモード 下り最大1Gbps / 上り最大75Mbps
最大同時接続数WiFi 40台(2.4GHz:20台、5GHz:20台) / LANポート 2台(1000BASE-T、100BASE-TX、10BASE-T)
サイズ93 × 178 × 93mm / 436グラム
電池持ちコンセントに挿して使います
発売日2019年1月25日

自宅の固定回線用に使いたい場合は、ホームルータのHOME L02が一番オススメです。モバイルタイプ(W06、WX05)だと長時間コンセントに繋げたままだと電池が劣化してしまいますが、HOME L02ならコンセントに繋げて使うタイプのルーターなので劣化の心配はありません。

HOME L02は4本の高感度アンテナで360度全方位カバーできるので、モバイルルーターと比べてWiMAX2+の受信感度が良くなります。

さらにビームフォーミングに対応していて、HOME L02を置いている部屋とは別の部屋や別のでもWiFiが繋がりやすくなっています。W06とWX05でもビームフォーミングに対応していますが、モバイルルータよりもホームルータの方がビームフォーミングの電波が強くなります。

電波の受信感度はモバイルタイプよりも良くなり、モバイルタイプよりも自宅内を広い範囲でカバーしてくれます。

外ではWiMAXをあまり使いそうもなく、主に自宅で使う場合は、HOME L02を選ぶことを強くオススメします。工事も不要で、電波の良さそうな窓際に置いて、コンセントに挿すだけです。

HOME L01sは旧モデルです。HOME L02が発売された今となってはL01sを選ぶメリットはないので、自宅で主に使う場合はHOME L02を選んでください。

HOME L02の性能評価と評判、WiMAXホームルータのHOME L01sとHOME 01の詳細比較

比較ランキングの目次へ戻る

HOME 01:自宅に設置するホームタイプ、NEC製

HOME 01

Speed Wi-Fi HOME 01
最大通信速度ハイスピードモード 下り最大440Mbps / 上り最大30Mbps
ハイスピードエリアモード 下り最大440Mbps / 上り最大75Mbps
最大同時接続数WiFi 20台(2.4GHz:10台、5GHz:20台) / LANポート 2台(1000BASE-T、100BASE-TX)
サイズ70 × 155 × 100mm / 338グラム
電池持ちコンセントに挿して使います
発売日2018年12月7日

HOME 01も自宅で使うタイプのホームルータです。

HOME 01はWiMAXハイパワーに対応して、ワイドレンジアンテナを搭載することで自宅内の電波が届きにくい場所での通信速度が約70%向上します。(ただ何に対して約70%アップなのかは不明です・・。基本的にはHOME 01の実性能はL02とかなり近いレベルだと思われます)

HOME L02とHOME 01との違いですが、正直実性能の違いは僅差です。

HOME L02はファーウェイ製、HOME 01はNEC製です。技術力では、最近はファーウェイのほうがだいぶ上になってしまっているのでは・・と。WiMAX端末もNEC製よりもファーウェイ製のほうが電波の受信が安定する傾向があります。

ただ、NEC製のHOME 01は2018年12月に発売されて、特に悪い評判があるというわけでもないのでホームルータにHOME 01を選んでも特には問題はない感じがします。

実績と速度を重視する場合はHOME L02、NEC製を重視する場合はHOME 01といった感じになります。

比較ランキングの目次へ戻る

通信速度と対応エリアの良さの比較

WiMAX2+のサービスエリア

Nextmobile、Yahoo WiFi、Softbank Airのサービスエリア

青い部分がYahoo WiFi放題とSoftbank Airのサービスエリアです。WiMAX2+と比べると結構範囲が狭くなっています。赤い部分と青い部分の両方がNextmobileのサービスエリアです。

通信速度と対応エリア◎

◎ならスマホが使える場所なら同じように使うことができます。

どんなときもWiFi
ドコモ、au、ソフトバンクの電波を使うことができるので、どこでも使うことができます。

NextmobileとYahoo WiFiの5GBプラン(601ZT)
ソフトバンクのスマホが使える場所なら同じように使うことができます。

WiMAX2+で◎になるモード
3年契約ならハイスピードプラスエリアモードに切り替えると月7GBまでauのスマホが使える場所なら同じように使うことができます。7GBを超えると全ての通信速度が128kbpsに制限されてしまうので、7GBを超える前に通常モードに切り替える必要があります。(BIGLOBE WiMAXのWX03はハイスピードエリアモードは使えません)

Yahoo WiFi放題で◎になるモード
アドバンスモードをオフにすると月7GBまでソフトバンクのスマホが使える場所なら同じように使うことができます。7GBを超えると全ての通信速度が128kbpsに制限されてしまうので、7GBを超える前にアドバンスモードをオンにする必要があります。

通信速度と対応エリア○

回線種類がWiMAX2+。結構広い範囲をカバーしています。通信速度も混雑時でもほとんど変わらない速い速度を維持します。

通信速度と対応エリア△

回線種類がソフトバンクのAXGP。Softbank AirとYahoo WiFi放題が該当。対応エリアが狭いです。対応エリア内ならYahoo WiFi放題なら通信速度が速いですが、Softbank Airの場合は平日の夜になると通信速度をかなり低下します。

WiMAXなら事前に無料で試せる!

WiMAX(WiMAX2+)ならTry WiMAXで無料で15日間試すことができます。

Try WiMAXを申し込めば、1〜2日程度でWiMAX端末が届いて申し込みから15日間試すことができます。送料も無料で、返却時の送料ももちろん無料です。普段使う場所で電波が入るか、通信速度はどうなっているかを実際に簡単に試すことができます。

WiMAXのエリア確認にはTry WiMAXがベスト、圏外で繋がらない?速度が遅い? 実際に無料で試してみる(簡単!)

Softbank Air、Yahoo WiFi、Nextmobileの場合は事前に試すことはできません。

WiMAXのリアルタイムの通信速度を計測中!

このサイトではWiMAXの通信速度をリアルタイムで計測しています。(計測場所は東京の普通の住宅街です)

WiMAXの通信速度 (リアルタイム)

Softbank Airのように夜になると速度がかなり遅くなることもなく、WiMAXはネットが快適に使える速度を維持しています。

WiMAX以外にも格安SIMやドコモの通信速度もリアルタイムで計測しているので参考してみてください。

比較ランキングの目次へ戻る

違約金の少なさの比較

UQ WiMAXだけ解約月の月額料金が日割りになります。それ以外は満額です。

違約金の少なさ◎

Nextmobileの違約金
0〜12ヶ月目19,000円 / 13〜24ヶ月目14,000円 / 25ヶ月目0円 / 26ヶ月以降9,500円

GMOとくとくBB、カシモ、So-net、nifty、UQの違約金
0〜12ヶ月目19,000円 / 13〜24ヶ月目14,000円 / 25〜36ヶ月目9,500円 / 37ヶ月目0円 / 38ヶ月以降9,500円

違約金の少なさ○

BIGLOBE WiMAX2+の違約金
0〜12ヶ月目19,000円 / 13〜24ヶ月目14,000円 / 25〜35ヶ月目9,500円 / 36ヶ月目0円 / 37ヶ月以降9,500円
23カ月目までに解約した場合は端末の分割代金の残り = 1万9200円 – 800円×契約月数

Broad WiMAXの違約金
0〜11ヶ月目28,500円 / 12〜23ヶ月目23,500円 / 24〜35ヶ月目9,500円 / 36ヶ月目0円 / 37ヶ月以降9,500円

どんなときもWiFiの違約金
0〜12ヶ月目19,000円 / 13〜24ヶ月目14,000円 / 25ヶ月目0円 / 26ヶ月以降9,500円
端末はレンタルのみ。紛失や故障した場合は18,000円の損害金

違約金の少なさ△

Yahoo WiFiの違約金
0〜37ヶ月目3万8800円–800円×契約月数 / 38ヶ月目0円 / 39ヶ月目以降9,500円

Softbank Airの違約金
0〜22ヶ月9,500円 / 23ヶ月目0円 / 24ヶ月目以降9,500円
36カ月目までに解約した場合は端末の分割代金の残り54,000円-1500円x契約月数

違約金の少なさ×

クラウドモバイルの違約金
0〜11ヶ月目30,000円 / 12〜34ヶ月目25,000円 / 35ヶ月目0円 / 36ヶ月目以降9,500円
24か月以内に解約した場合、上記違約金に加えて契約残月数×1600円の端末違約金

WiMAXの乗り換えでBroad WiMAXなら違約金を負担してくれる

Broad WiMAXなら、他社のWiMAXから乗り換えで違約金が発生する場合、最高1万9000円までBroad WiMAXが違約金を負担してくれます。

WiMAXを使っていてWiMAX端末を無くしてしまったり、使っているWiMAXの月額料金が3700円以上の場合、違約金を負担してくれてWiMAX端末も無料でもらえるBroad WiMAXを検討してみてください。

Broad WiMAXの詳細評価と評判、他社WiMAXの違約金を負担してくれる!

比較ランキングの目次へ戻る

問い合わせ対応の充実度の比較

ここでは単純にオンラインチャットと電話対応を行なっているかどうかで評価しています。電話での対応を少し多めに重視しています。

問い合わせ対応の充実度○

どんなときもWiFiの問い合わせ対応
チャットあり、フリーダイアルあり

NextmobileとBroad WiMAXの問い合わせ対応
チャットあり、電話対応は問い合わせフォームで要求して1時間以内に折り返し電話

nifty WiMAXとBIGLOBE WiMAX2+の問い合わせ対応
チャットなし、フリーダイアルあり

Softbank Airの問い合わせ対応
チャットなし、フリーダイアルあり

問い合わせ対応の充実度△

So-net WiMAX2+の問い合わせ対応
チャットあり?、電話番号の表示なし(Googleで検索するとフリーダイアルが見つかる)

GMOとくとくBB WiMAXとUQ WiMAXの問い合わせ対応
チャットなし、電話番号の表示なし(Googleで検索するとフリーダイアルが見つかる)

カシモWiMAXの問い合わせ対応
チャットあり、電話番号の表示なし

Yahoo WiFiの問い合わせ対応
チャットなし、電話番号の表示なし(Googleで検索するとフリーダイアルが見つかる)

問い合わせ対応の充実度×

クラウドモバイルの問い合わせ対応
チャットなし、電話番号の表示なし、問い合わせフォームのみ

比較ランキングの目次へ戻る

口座振替対応の比較ランキング

口座振替で安さ1位:Nextmobileの月30GBプラン

Nextmobileの月30GBプランの料金(口座振替)
契約月数初月込みで25ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円
初月(日割り)月3,690円
1〜24ヶ月目月3,690円
25ヶ月目〜月3,895円
合計料金95,250円
キャッシュバック0円
平均月額料金月平均3,810円

回線種類 ソフトバンク4G / 使えるデータ量○ 月30GB / 通信速度と対応エリア◎ / 問い合わせ対応○ / 違約金◎ / 取り扱い端末○〜△ FS030W、HT100LN / キャッシュバックなし◎

総合評価:Nextmobileは月30GBのプランだけ口座振替に対応しています。ソフトバンク4Gが使えるのでソフトバンクのスマホが使える場所ならどこでも使えます。契約期間も短めです。都市部から離れてた場所でよく使う場合に特にオススメです。

NEXTmobileの公式サイト

比較ランキングの目次へ戻る

口座振替で安さ2位:BIGLOBE WiMAX2+ キャッシュバック版

BIGLOBE WiMAX2+ キャッシュバック版の料金(口座振替)
契約月数初月込みで37ヶ月
事務手数料3,000円
端末代4,800円
初月月0円
1〜2ヶ月目月3,495円
3ヶ月目〜月4,180円
合計料金159,310円
キャッシュバック15,000円
平均月額料金月平均3,900円 (BIGLOBE会員の場合:月平均3,706円)

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応○ / 違約金○ / 取り扱い端末◎ W06、WX05、HOME L02

総合評価:口座振替を選ぶとキャッシュバック額が少なくなってしまいますが、口座振替に対応しているWiMAXプロバイダーの中では一番安く使うことができます。

BIGLOBE会員なら月200円引きになるので、すでにBIGLOBE会員の場合に特におすすめのプロバイダーです。

BIGLOBE WiMAXの口座振替の公式サイト

BIGLOBE WiMAX 2+の詳細評価&キャッシュバックと月額割引キャンペーンはどちらがお得か徹底比較

比較ランキングの目次へ戻る

口座振替で安さ3位:UQ WiMAX

UQ WiMAXの料金(口座振替)
契約月数初月込みで37ヶ月
事務手数料3,000円
端末代3,800円
初月(日割り)月3,696円
1〜2ヶ月目月3,696円
3ヶ月目〜月4,380円 (解約月は日割り)
合計料金154,808円
キャッシュバックW05とL01sは10,000円、WX05とHOME 01は5,000円、W06とL02は0円
平均月額料金W05とL01sは月平均3,968円、WX05とHOME 01は月平均4,238円、W06とL02は月平均4,508円

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応△ / 違約金◎ / 取り扱い端末◎ W06、W05、WX05、HOME 02、L02、L01s / キャッシュバック○

総合評価:WiMAX2+はUQ WiMAXが元締めであとは販売代理店です。代理店で売ってもらう方針なので、UQ WiMAX自体はそんなに販売には積極的ではありませんが、口座振替には対応しています。

UQ WiMAXの公式サイト

UQ WiMAXの詳細評価とキャンペーンの詳細&UQ WiMAXを選ぶメリットとデメリット

比較ランキングの目次へ戻る

口座振替で安さ4位:BIGLOBE WiMAX2+ 月額割引版

BIGLOBE WiMAX2+ 月額割引版の料金(口座振替)
契約月数初月込みで37ヶ月
事務手数料3,000円
端末代4,800円
初月月0円
1〜2ヶ月目月3,145円
3〜24ヶ月目月3,830円
25ヶ月目〜月4,380円
合計料金150,910円
キャッシュバック0円
平均月額料金月平均4,079円 (BIGLOBE会員の場合:月平均3,884円)

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応○ / 違約金○ / 取り扱い端末◎ W06、WX05、HOME L02 / キャッシュバックなし◎

総合評価:キャッシュバックなしなので気軽です。BIGLOBE会員なら月200円引きになるので、すでにBIGLOBE会員の場合に特におすすめのプロバイダーです。

BIGLOBE WiMAXの口座振替の公式サイト

BIGLOBE WiMAX 2+の詳細評価&キャッシュバックと月額割引キャンペーンはどちらがお得か徹底比較

比較ランキングの目次へ戻る

口座振替で安さ5位:Broad WiMAX

Broad WiMAXの料金(口座振替)
契約月数初月込みで37ヶ月
事務手数料21,857円 (初期費用込み)
端末代0円
初月(日割り)月2,726円
1〜2ヶ月目月2,726円
3〜24ヶ月目月3,411円
25ヶ月目〜月4,041円
合計料金153,569円
キャッシュバック0円
平均月額料金月平均4,151円

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応○ / 違約金○ / 取り扱い端末◎ W06、WX05、HOME L02、01 / キャッシュバックなし◎

総合評価:Broad WiMAXも口座振替に対応していますが、口座振替を選ぶと事務手数料3000円に加えて、初期費用の18,857円が初回に発生します。

他社のWiMAXプロバイダーから乗り換える際に違約金が発生した場合は、最大1万9000円分の違約金をキャッシュバックしてくれます。プロバイダーを乗り換える場合で、違約金が発生する場合に検討してみてください。

Broad WiMAXの公式サイト

比較ランキングの目次へ戻る

口座振替で安さ6位:どんなときもWiFi

どんなときもWiFiの料金
契約月数初月込みで26ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円 (レンタル)
初月(日割り)月4,180円
1〜24ヶ月目月4,180円
25ヶ月目〜月4,610円
合計料金112,110円
キャッシュバック0円
平均月額料金月平均4,312円

回線種類 ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線 / 使えるデータ量◎ 月200GB以上 / 通信速度と対応エリア◎ / 問い合わせ対応◎ / 違約金○ / 取り扱い端末△ U2s / キャッシュバックなし◎

総合評価:どんなときもWiFiならデータを月200GBでも300GBでも使えます。ドコモ、au、ソフトバンクの電波が使えるので、普通のスマホが使えるところならどこでも使うことができます。データをどこでも大量に使いたい場合に一番おすすめです。

どんなときもWiFiの公式サイト

どんなときもWiFiを徹底解説、大手キャリアのLTE回線が無制限で使える!

比較ランキングの目次へ戻る

申し込むのに必要なもの、本人名義のクレジットカード(口座振替の場合は不要だけど・・)

WiMAXやポケットWiFiを申し込むのには本人名義のクレジットカードが必要です。

口座振替を選べるプロバイダーならクレジットカードは必要ないですが、月額料金が500円くらい高くなってしまいます。3年契約だと500円x36ヶ月で18,000円も料金が高くなってしまいます。

本人名義のクレジットカードを持っていない場合は、クレジットカードを作ることを強くオススメします。何かしらの理由でクレジットカードが作れない場合に口座振替で申し込めるプロバイダーを検討してみてください。

自分のクレジットカードを持っている場合は、そのクレジットカードを使えばいいです。持っていない場合はヤフーカードを検討してみてください。

クレジットカードはヤフーカード、年間費無料でポイント還元率1%

クレジットカードのヤフーカードは年間費が無料で、ポイント還元率が1%あるクレジットカードです。100円の支払いで、1円相当のTポイントがもらえます。

WiMAX2+やポケットWiFiの申し込みに → ヤフーカードの公式サイト

Tポイントには実質有効期限がなく(最後にポイント加算または使用してから1年間)、Yahooショッピング等いろんなところで使うところができます。

比較ランキングの目次へ戻る

WiMAX2+、ポケットWiFi(Yahoo WiFi等)、Softbank Airの違い

用途は同じです。契約するとネットが使えようになります。(契約せずにAmazonなどで端末だけ買ってもネットはできません)

Softbank Airは家に設置するタイプのホームルータです。ポケットWiFiのYahoo WiFiは家でも外でも持ち歩けるタイプのモバイルルーターを提供しています。

WiMAX2+とポケットWiFiはホームルーターとモバイルルーターの両方を提供しているので、契約時にどちらかを選ぶことができます。

KDDIグループのネットサービス
・WiMAX2+

Softbankグループのネットサービス
・ポケットWiFi(Yahoo WiFi、Nextmobile)、Softbank Air

厳密にはこんな感じの分け方になっていますが、ポケットWiFiとWiMAX2+を混同して扱っている場合があります。あんま気にしなくていいです。

料金などにも違いがありますが、通信速度と対応エリアに結構大きな違いがあるので確認することをオススメします。

比較ランキングの目次へ戻る

WiMAX2+、ポケットWiFi、Softbank Airの強みと弱み:工事不要で簡単にすぐ使える! 郊外や高層階、超たくさんのデータは苦手

WiMAX2+、ポケットWiFi、Softbank Airの強み(メリット)

最大の強みは工事不要で簡単にすぐに使えることです。申し込んだら3日〜4日程度で届いて、自分で簡単にすぐ使うことができます。

光回線の場合は、申し込んでも1ヶ月くらいかかって工事も必要です。解約する場合も、更新月以外だと違約金はかかるのはもちろのこと、3万円程度の撤去費用がかかる場合があります。

WiMAX2+、ポケットWiFi、Softbank Airの場合は違約金こそあれ、撤去費用なんてありません。

光回線は自宅でしか使えませんが、WiMAX2+とポケットWiFiなら自宅でも外でも使うことができます。月額料金も光回線よりWiMAX2+の方が安くなります。

WiMAX2+、ポケットWiFi、Softbank Airの弱み(デメリット)

最大の弱みは使えるエリアに注意する必要があることです。

WiMAX2+は比較的広いエリアをカバーしていますが、15階以上の高層階や郊外だと電波が届きづらい場合があるので注意が必要です。ポケットWiFiのYahoo WiFi放題とSoftbank Airの場合は、WiMAX2+よりも使えるエリアが狭くなっているので、さらに注意が必要です。

契約する前に自分が主に使おうとしている場所がサービスエリアになっているかどうか確認してから契約を行うことを強くお勧めします。

WiMAX2+のサービスエリア

Nextmobile、Yahoo WiFi、Softbank Airのサービスエリア (青い部分がYahoo WiFi放題とSoftbank Airのサービスエリアです。赤い部分と青い部分の両方がNextmobileのサービスエリアです)

契約した後に電波が悪くて使いものにならないのに気づいたら、契約から8日以内なら初期契約解除で違約金ゼロ円で解約することもできます。

WiMAX2+の場合はTry WiMAXで無料で15日間試すことができます。電波が悪そうな場所で使いそうな場合は、Try WiMAXで試してから契約することをオススメします。

データを超たくさんは使えない

光回線なら1日10GBでも20GBでも使えますが、WiMAX2+やYahoo WiFi放題の場合は3日間で10GBです。Softbank Airは無制限に使えますが平日の夜になると通信速度がかなり低下して使い勝手が悪くなります。

どんな場合に光回線で使えるデータ量が必要になるかというと、テレビやパソコンでネット動画を長時間見る場合です。設定にもよりますが、1時間で1GBくらい消費します。

スマホやタブレット、ノートパソコンくらいなら動画を長時間見る場合でもそこまでデータを消費しませんが、画面が大きいテレビやデスクトップパソコンだと厳しいです。

FPSなどのパソコンゲームだと反応速度が厳しくなる

光回線と比べると、WiMAX2+、ポケットWiFi、Softbank Airはネットの反応速度が数十ミリ秒ほど遅れます。

普通の使い方なら数十ミリ秒遅れたところで全く問題ないのですが、FPSなどのパソコンゲームの場合は反応速度の遅れでゲームが不利になる可能性があります。

比較ランキングの目次へ戻る

格安SIMとモバイルルータ(ホームルータ)という選択肢、月10GB以下ならおすすめ!

格安SIMはドコモ、au、ソフトバンクから回線を借りて通信サービスを行っています。主要な格安SIM事業者だけでも20社くらいあります。

格安SIM(データSIM)を契約して、SIMカードをモバイルルータに挿入すれば、ネットが使えるようになります。ホームルータも使えます。モバイルルータやホームルータは1万円くらいで買えて、料金は月480円(1GB)〜2190円(10GB)で使うことができます。

月10GBってどのくらい?

データを大量に使うのは動画の視聴です。動画の視聴で使うデータと比べれば、Webサイトを見たりLINEをしたり、メールを送受信したり等は、たかが知れています。

動画をどのくらい見るかで、どのくらいデータが必要か推定できます。

スマホで動画を見ると1時間で400MB(約0.4GB)のデータを消費します。(少し画質が悪くなりますが、設定を変更して1時間で200MBに節約できる場合もあります)

毎日30分スマホで動画を見ると1カ月で6GBのデータ消費になります。動画以外にも色々使うとして3GBを動画以外に消費すると仮定すると、これで月9GBです。毎日1時間なら合計月15GBのデータを消費します。

動画を1日30分も見ない場合は格安SIM、1日1時間以上見る場合はWiMAX2+、1日30分〜1時間の間はどっちもどっちな感じです。

ただし、スマホでYoutubeやAbemaTVをたくさん見る場合、格安SIMのBIGLOBEモバイルのエンタメフリーなら無制限に見ることができます。スマホでYoutubeやAbemaTVをたくさん見る場合は、BIGLOBEモバイルがオススメです。

パソコンやネットに対応したテレビで動画を見る場合

パソコンやネットに対応したテレビで動画を見る場合、消費するデータ量はスマホの倍以上になります。

パソコンで普通に動画を見ると、1時間で800MB(約0.8GB)のデータを消費します。パソコンでHuluやNetflix、Youtubeやニコニコ動画などの動画を毎日1時間見ると1ヶ月で24GBのデータを消費します。

ネットに対応したテレビだと、ケースバイケースですが1時間で1GBデータを消費したりします。

この場合はWiMAX2+がオススメです。ただし、WiMAX2+でもネット対応テレビで高画質の動画をたくさん見ると、WiMAX2+でも無理です。ネット対応テレビで高画質の動画をたくさん見たい場合は、光回線を契約することをオススメします。

格安SIM(データSIM)のざっくり評価

格安SIMはWiMAX2+やポケットWiFiと比べると通信速度が遅くなりますが、データ量の少ないプランだととても安く使えます。契約期間もないので、いつやめても違約金は発生しません。

データをそんなにたくさん使わない場合は、格安SIMがオススメです。

格安SIMで使えるデータ量
月1GB〜30GB。ただし、月10GBを超えると割高になっていくので、基本的には月10GB以下の場合に候補になります。

格安SIMの月額料金
月480円(1GB)〜2190円(10GB)。通信速度を重視する場合は、通信速度が超速いUQ mobileの3GBの高速データプランを月980円がお勧めです。BIGLOBEモバイルのタイプAとLINEモバイルのソフトバンク回線も結構通信速度が速いのでおススメです。

月12GBを超えると格安SIMの月額料金が飛躍的に高くなっていくので、データをたくさん使う場合はWiMAX2+を契約することをオススメします。

格安SIMの契約期間
なし。ほとんどのデータSIMで違約金もありません。(ごく一部のデータSIMでも違約金があります)

モバイルルータやホームルータの端末価格
1万円程度。自分で選んで購入する必要があります。(参考:格安SIMとモバイルルーターのベストな組み合わせ)

格安SIMのキャンペーン
最大でも3000円のキャッシュバック、月額割引や使えるデータ量が増量になるキャンペーンを行なっている場合もあります。(参考:モバイルルーター用のデータSIMのキャンペーン)

格安SIMを入れたモバイルルータやホームルータが使える場所
普通のスマホが使えるところならどこでも使えます。

格安SIMの通信速度
目安は平日の朝8時前後1.5Mbps、昼0.4Mbps、夕方6時から夜中10時まで1.5Mbps、その他の平日の時間帯は15Mbpsくらいです。土日祝日は1.5Mbpsくらいです。

格安SIM事業者によって実際に出る通信速度は割と異なります。格安SIMとWiMAX 2+の通信速度の記録で通信速度を確認して、実際に出る通信速度が遅い格安SIMは避ける必要があります。

通信速度の速い格安SIMを選べばほとんどの場合で普通に使うことできます。

高画質な動画を快適にみたい場合、格安SIMだと速度不足になる可能性がありますが、高画質な動画だとデータをたくさん消費するので、格安SIMではなくWiMAX2+を選ぶことをオススメします。

比較ランキングの目次へ戻る

WiMAX2+を契約すると、快適に安く使える格安スマホのUQモバイルが月300円引き!

WiMAX2+とUQモバイルの「おしゃべり/ぴったりプラン」を契約していると、月額料金がずーと300円引きになるギガMAX月割が適用されます。

WiMAXは工事不要で月平均3300円くらい。ホームルータのL02等をコンセントに挿せばWiFiが簡単に使えます。UQモバイルは大手キャリアの利用料金の半額くらいでスマホが使えて、通信速度が大手キャリア並みに速いので、格安SIMの中で圧倒的な満足度になっています。

もともとUQモバイルとWiMAXのコスパは良いですが、ギガMAX月割の300円引きで更に割安に使えます。

ざっくり評価すると、WiMAXのサービスエリア内の場合で、自宅のテレビでネット動画(特にNetflix)をダラダラ見ない場合、そして光回線のひかり電話を使っていない場合に、WiMAX2+とUQモバイルの組み合わせを検討することをオススメします。

家族で使う場合、UQモバイルの2回線目からはギガMAX月割は適用されませんが、2回線目からUQモバイルの「おしゃべり/ぴったりプラン」が家族割で月500円引きになります。

このサイトでもUQモバイルのおしゃべりプランGMOとくとくBB WiMAX2+を契約しています。

詳細は下記にまとめているので参考にしてみてください。

ギガMAX月割特集!UQモバイルとWiMAXでスマホも自宅のネットも安く快適に。自宅のネットはコンセントに挿すだけのウルトラギガMAX

比較ランキングの目次へ戻る

WiMAX2+とポケットWiFiの口コミと質問は下記から

このサイトではユーザ参加型の口コミサイトも運営しています。WiMAX2+やポケットWiFi、格安SIMも下記で口コミや質問を受け付けているので、何かあれば書き込んでいただければと思います。

格安SIMとスマホの口コミ:WiMAX2+とポケットWiFiの口コミ
格安SIMとスマホの口コミ:格安SIMの口コミ (人気)

最終更新日 2019年5月4日 / 作成日 2016年5月31日 / 作成者 格安SIMの管理人
「2019年5月版:WiMAX 2+とポケットWiFiのおすすめ比較ランキングとキャンペーンの最新情報」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

PR
ワイモバイルのPR
ワイモバイルのキャンペーンの詳細記事
格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ