WiMAX 2+とポケットWiFiの比較とキャンペーンの詳細

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

WiMAX 2+とポケットWiFiは、モバイルルーターの種類の一つです。主にスマホで動画をたくさん見たり、外でノートパソコンで快適にネットをしたい場合に使います。

基本的にデータをたくさん使いたい場合に、WiMAX 2+とポケットWiFiが候補になります。ただし、WiMAX 2+とポケットWiFiの契約には注意が必要です。

デメリットを把握していなかったり、高額な違約金を知らなかったり、高額なキャッシュバックを目当てに契約したのに、キャッシュバックがもらえなかったり、自分に合わない割高なプランを選んでしまったり・・。

後悔しないために、WiMAX 2+とポケットWiFiに加えて、格安SIMを使ったモバイルルーターの比較と、メリットとデメリット、月額料金、最新のキャンペーン等を説明していきます。

※ WiMAXとWiMAX 2+を同じものと考えて問題ありません。

モバイルルーターとは?

モバイルルーターは、名刺よりも少し大きくて、厚さは1cmくらいある製品です。モバイルWiFiルーター、モバイルWiFiなどと呼んだりもします。

モバイルルーターの1つ(W05)

プロバイダ契約をすることで、モバイルルーターを通してスマホやタブレット、パソコンなどでインターネットができるようになります。単純にAmazon等でモバイルルーターだけ買っても使えません。使えるようにするにはプロバイダ契約が必要です。

WiMAX2+やポケットWiFiでは、プロバイダ契約をするときにモバイルルーターが無料もしくは数百円で付いてくるので、Amazonやヤフオクで買う必要はありません。格安SIMだとモバイルルータは1万円〜2万円くらいします。

モバイルルーターの種類、WiMAX2+、ポケットWiFi、格安SIM

モバイルルーターは使用する通信回線によって大まかに3種類に分けられます。一つはau系(UQ系)のWiMAX2+、もう一つはソフトバンク系のポケットWiFi、最後の一つはドコモとau系の格安SIMです。

ざっくり比較すると、WiMAX2+とポケットWiFiは、データを大量に比較的安く使いたい場合に候補になります。WiMAX2+とポケットWiFiの実際に出る通信速度も速いですが、都市部を離れたり、大きな建物内だと電波が届きにくくなったりします。

格安SIM(データSIMを入れたモバイルルーター)は、データをそんなに使わない場合に候補ににあります。実際に出る通信速度は少し遅いですが、月額料金が安く、2年/3年縛りもありません。郊外や大きな建物内でも電波が届きやすいです。

下記からそれぞれのメリットとデメリット、月額料金等を評価しながら比較していきます。

WiMAX 2+の評価と月額料金

WiMAX 2+はUQコミュニケーションズが提供する通信サービスです。(UQの親会社がKDDI)

WiMAXは昔に使われていた通信形式です。今でも少しだけ使われていますが、主力は新しい形式のWiMAX 2+に移りました。今から契約する場合は全員WiMAX 2+になります。WiMAXと記載されていても、実際にはWiMAX 2+なので気にしなくて良いです。

auでもWiMAX 2+を使っていますが、UQコミュニケーションズからWiMAX 2+を借りています。WiMAX 2+のサービスを提供している会社は、UQ、BIGLOBE、nifty、GMOとくとくBBなどありますが、通信速度はほとんど同じです。違いは月額料金とキャッシュバックなどの諸条件です。

WiMAX2+のざっくり評価

比較的速い通信速度でデータを大量に安く使いたい場合におすすめなのがWiMAX2+です。キャシュバックキャンペーンなども積極的なので、トータルで計算すると結構安く使うことができます。

データを大量に使いたい場合は、WiMAX2+がおすすめです。

使えるデータ量
直近3日間で10GB。3日間で10GBを超えた場合は翌日の18時~真夜中2時(8時間)まで通信速度は1Mbpsに制限されます。

月額料金
月4380円。プロバイダによって月額料金が少し異なります。初月無料や最初の2ヶ月だけ1000円ほど割引しているのプロバイダもあります。キャッシュバックを考慮すると、月平均3000円程度が実質的な相場です。

※ 月7GBまでしか使えないプランもありますが、月3696円かかり割高なので無視します。

契約期間
2年、もしくは3年。2年契約だと最新端末を選べない場合があります。途中で解約すると違約金が1万円〜2万円程度かかります。

モバイルルータの端末価格
0円〜800円。端末価格が0円でも2年未満で解約するとモバイルルータに対して実質的に違約金がかかるプロバイダがあります。(BIGLOBE WiMAX2+)

キャッシュバック
1万円〜4万円、キャッシュバックの代わりに月額割引を行っているところもあります。

使える場所
主に都市部。郊外や都市部でも大きな建物内だと、電波が届かず使えない場合があります。3年契約なら、郊外や大きな建物内でも電波が届きやすいハイスピードプラスエリアモードを月7GBまで無料で使えます(2年契約だと月1000円加算されます)

契約した後に電波が悪くて使いものにならないのに気づいたら、契約から8日以内なら初期契約解除で違約金ゼロ円で解約することもできます。

Try WiMAXで無料で15日間試すことができるので、電波が悪そうな場所で使いそうな場合は、Try WiMAXで試してから契約することをオススメします。

通信速度
20Mbps前後、都市部に近づくほど通信速度が100Mbpsくらいまで速くなります。都市部から離れるほど、速度は低下していきます。ハイスピードプラスエリアモードなら、郊外や建物内でも比較的速い速度を維持します。

WiMAX 2+の通信速度の詳細

WiMAX 2+の通信速度は主に使っている場所によって大きく変わります。使っているモバイルWiFiルーターでも多少変わります。

都市部に近ければ近いほど、WiMAX 2+の通信速度は速くなります。郊外だと4Mbpsくらい、都市部だと50Mbpsくらい出たりします。

モバイルルーターは最新の端末なら1年前の端末より2割くらい速くなったりする場合もありますが、使う場所の電波状況と比較して、端末の種類はそこまで重要ではありません。

このサイトではBIGLOBE WiMAX 2+を契約して使っていますが、通信速度は朝でも昼でも夜でも常に15Mbps〜25Mbpsになります。使用場所は、東京のごく普通の住宅街です。

電車で30分かけて都心部に向かえば50Mbpsくらいでて、電車で1時間くらいかけて郊外へ向かえば4Mbpsくらいになるような場所にいます。

WiMAX 2+の実際の通信速度は格安SIMとWiMAX 2+の通信速度の記録にて掲載しているので参考にしてみてください。

WiMAX 2+は3日間で10GB以上のデータを使うと18時から翌2時まで通信速度が1Mbpsに制限されます。ただし、相当使わないと3日間で10GBを使うことができないので、速度制限は基本的に気にしなくて大丈夫です。速度制限の詳細は、WiMAX 2+の3日間10GBの速度制限の詳細を参考にしてみてください。

WiMAX 2+の2年プランと3年プランについて

WiMAX 2+は少し前まで2年契約のみでしたが、2017年6月から2年契約に加えて、3年契約のプランが始まりました。

3年契約だと月1000円かかるハイスピードプラスエリアモード(月7GBまで)を無料で使うことができます。ハイスピードプラスエリアモードは、WiMAX2+では電波が届きにくい郊外やビル内でもネットが使えるモードです。

ただし、このプランを選ぶと契約が3年という長期になります。今まで2年ごとにキャッシュバックと新しいモバイルルーターを無料でもらっていたのが、3年ごとになるデメリットがあります。

基本的には2年プランを契約して、2年ごとにWiMAX2+のプロバイダを乗り換えて、キャッシュバックと無料のモバイルWiFiルーターをもらった方が良いです。WiMAX2+の電波が悪そうな郊外やビル内でよく使う場合にハイスピードプラスエリアモードを無料で使える3年プランを検討する感じになります。

ポケットWiFiの評価と月額料金

WiMAX 2+はソフトバンク傘下のWireless City Planningという会社が提供する通信サービスです。Yahoo! Wi-FiやワイモバイルのポケットWiFiとしてサービスを展開しています。

ポケットWiFiを展開している事業者は少ないです。Yahooとワイモバイルくらいです。両者に大した差はないです。

ポケットWiFiのざっくり評価

ざっくり評価すると、ポケットWiFiを検討する価値はありません。ポケットWiFiはWiMAX2+の劣化版です。WiMAX2+のようにキャッシュバックを行っていないし、途中解約の違約金が2倍近くになるし、事前に試すこともできません。

WiMAX2+はハイスピードプラスエリアモードを使うことで電波の届きにくい場所でも使えますが、ポケットWiFiにはそんな機能はありません。

「ポケットWiFi」という知名度だけはありますが、それだけです。基本的に無視していいです。

使えるデータ量
直近3日間で10GB。3日間で10GBを超えた場合は翌日の18時~真夜中1時(7時間)まで通信速度は1Mbpsに制限されます。

月額料金
月4380円。最初の3ヶ月だけ月3696円。キャッシュバックもないので、実質的にも月平均4300円程度が相場です。

※ 月5GBまでしか使えないプランもありますが、月2480円かかり割高なので無視します。

契約期間
3年。途中で解約するとWiMAXの場合に比べて違約金が2倍くらいかかります。

モバイルルータの端末価格
0円

キャッシュバック
なし

使える場所
主に都市部。郊外や都市部でも大きな建物内だと、電波が届かず使えない場合があります。WiMAX2+ならハイスピードプラスエリアモードで電波の届きにくい郊外や大きな建物でも使えますが、ポケットWiFiにはそういった機能はありません。

ポケットWiFiには標準モードとアドバンスモードがありますが、アドバンスモードにすると都市部で通信速度が速くなりますが、郊外や大きな建物内などの電波が届きにくい場所では繋がりにくいままです。

Try WiMAXのように事前に試すことはできません。契約した後に電波が悪くて使いものにならないのに気づいたら、契約から8日以内なら初期契約解除で違約金ゼロ円で解約することができます。

通信速度
不明。WiMAX2+は使っているのですが、ポケットWiFiは使ったことがありません。

格安SIMの評価と月額料金

格安SIMは、ドコモ、au、ソフトバンクから回線を借りて通信サービスを行っています。主要な格安SIM事業者だけでも20社くらいあります。

格安SIMには通話SIMとデータSIMの二つがあります。モバイルルーターで使う格安SIMはデータSIMです。

格安SIM事業者ごとに、実際に出る通信速度や月額料金、キャンペーンの有無などが異なります。

格安SIM(データSIM)のざっくり評価

格安SIMはWiMAX2+やポケットWiFiと比べると通信速度が遅くなりますが、データ量の少ないプランだととても安く使うことができます。契約期間もないので、いつやめても違約金は発生しません。

データをそんなにたくさん使わない場合は、格安SIMがオススメです。

使えるデータ量
月1GB〜30GB。ただし、月10GBを超えると割高になっていくので、基本的には月10GB以下の場合に候補になります。

月額料金
月480円(1GB)〜2190円(10GB)。通信速度を重視する場合は、UQ mobileの高速データプランの月980円3GB、月1960円で6GBがオススメです。UQ mobileの6GBはデュアルSIMに対応している必要があります。

契約期間
なし。ほとんどのデータSIMで違約金もありません。(ごく一部のデータSIMでも違約金があります)

モバイルルータの端末価格
1万円〜2万円。自分で選んで購入する必要があります。(参考:格安SIMとモバイルルーターのベストな組み合わせ)

キャッシュバック
最大でも3000円、月額割引や使えるデータ量の増量のケースもあります。(参考:モバイルルーター用のデータSIMのキャンペーン)

使える場所
普通のスマホが使えるところならどこでも使えます。

通信速度
目安は平日の朝8時前後1.5Mbps、昼0.4Mbps、夕方6時から夜中10時まで1.5Mbps、その他の平日の時間帯は15Mbpsくらいです。土日祝日は1.5Mbpsくらいです。

格安SIM事業者によって実際に出る通信速度は割と異なります。格安SIMとWiMAX 2+の通信速度の記録で通信速度を確認して、実際に出る通信速度が遅い格安SIMは避ける必要があります。

月6GB以下ならUQ mobileのデータSIMを使うことを強くオススメします。UQ mobileなら通信速度がいつでも超速いです。高速データプランの3GBが月980円、デュアルSIMに対応したモバイルルーターなら、高速データプランのデータSIMを2枚入れて6GBが月1960円で快適に使えます。

格安SIM(データSIM)のメリットとデメリット

格安SIM(データSIM)のメリット

データSIMのメリットは、いつ解約しても違約金が取られないことです。

モバイルルーターを自分で買わないといけませんが、データ通信の月額料金はDMMモバイルならかなり安く使うことができます。

例えば月1GBなら480円、2GBなら770円など、月に使うデータ量がそんなに多くなければ格安で使えます。

LTEでデータ通信ができるので、スマホが使えるところなら同じように使うことができます。山奥や地下牢でもない限り、電波が届いてネットができます。

格安SIM(データSIM)のデメリット

格安SIMのデメリットはWiMAX2+やポケットWiFiと比べて通信速度が遅いことと、データをたくさん必要な場合は月額料金が高額になることです。

平日の朝8時前後1.5Mbps、昼0.4Mbps、夕方6時から夜中10時まで1.5Mbps、その他の平日の時間帯は15Mbpsくらいです。土日祝日は1.5Mbpsくらいです。

だいたい普通には使えますが、ノートパソコンで快適に使いたい場合は速度不足になります。

例外的にUQ mobileだけ、格安SIMでも通信速度がWiMAX2+並みかそれ以上に速いので、月に使うデータ量が6GB以下の場合は、UQ mobileのデータ高速プランを最優先することをオススメします。UQ mobileはauのプラチナバンドが使えるので、電波の受信感度も良いです。

自分に最適なプランの選び方、使うデータ量と使う場所が決め手

WiMAX 2+、ポケットWiFi、格安SIMなどの選択肢がありますが、主に何を基準に決めるかというと使うデータ量と使う場所です。(ポケットWiFiはWiMAX 2+の劣化版なので、ポケットWiFiは選択肢から消去します)

月に使うデータ量が10GB以下なら格安SIM、15GB以上ならWiMAX2+

ざっくり評価すると、月に使うデータ量が10GB以下なら格安SIMです。月15GB以上ならWiMAX2+です。月10GB〜15GBの間の場合は、どっちもどっちです。

月10GBってどのくらい?

データを大量に使うのは動画の視聴です。動画の視聴で使うデータと比べれば、Webサイトを見たりLINEをしたり、メールを送受信したり等は、たかが知れています。

動画をどのくらい見るかで、どのくらいデータが必要か推定できます。

スマホで動画を見ると1時間で400MB(約0.4GB)のデータを消費します。(少し画質が悪くなりますが、設定を変更して1時間で200MBに節約できる場合もあります)

毎日30分スマホで動画を見ると1カ月で6GBのデータ消費になります。動画以外にも色々使うとして3GBを動画以外に消費すると仮定すると、これで月9GBです。毎日1時間なら合計月15GBのデータを消費します。

動画を1日30分も見ない場合は格安SIM、1日1時間以上見る場合はWiMAX2+、1日30分〜1時間の間はどっちもどっちな感じになります。

ただし、スマホでYoutubeやAbemaTVをたくさん見る場合、格安SIMのBIGLOBEモバイルのエンタメフリーなら無制限に見ることができます。スマホでYoutubeやAbemaTVをたくさん見る場合は、BIGLOBEモバイルがオススメです。

パソコンやネットに対応したテレビで動画を見る場合

パソコンやネットに対応したテレビで動画を見る場合、消費するデータ量はスマホの倍以上になります。

パソコンで普通に動画を見ると、1時間で800MB(約0.8GB)のデータを消費します。パソコンでHuluやNetflix、Youtubeやニコニコ動画などの動画を毎日1時間見ると1ヶ月で24GBのデータを消費します。

ネットに対応したテレビだと、ケースバイケースですが1時間で1GBデータを消費したりします。

この場合はWiMAX2+がオススメです。ただし、WiMAX2+でもネット対応テレビで高画質の動画をたくさん見ると、WiMAX2+でも無理です。ネット対応テレビで高画質の動画をたくさん見たい場合は、光回線を契約することをオススメします。

都市部でもビルに囲まれていたり、窓からだいぶ離れたり、かなりの郊外だとWiMAX2+では電波が届かない可能性が高い

WiMAX2+は広範囲でサービスを展開していますが、電波的な特徴で奥まったところへは電波が届きにくいです。

サービスエリア内でも高いビルに囲まれているような場合、WiMAX2+の電波がビルではじかれて、届きにくくなる場合があります。大きなビル内の窓のない部屋もWiMAX 2+では厳しい場合があります。

高いところも苦手です。都市部でもマンションの10階以上だと電波が届かない可能性が高いです。

格安SIMの電波だと小回りが利いて、電波も遠くまで届くので、ビルに囲まれていても少し隙間があればそこから電波が入ってきてくれます。高い建物内での使用も基本的に大丈夫です。

もしWiMAX2+のサービスエリア内でも使えない場合は、契約事務手数料の3000円はかかりますが、機器が届いてから8日以内に初期契約解除を申し込むことで違約金なしに解除することができます。

UQ WiMAXのTry WiMAXを申し込めば、WiMAX2+を無料で15日間(実質12日程度)試すことができます。この場合、無料期間中に返却すれば料金もかかりません。

やばそうなところに住んでいる場合は、Try WiMAXを申し込んで、問題なく使えそうな場合は、BIGLOBE、GMOとくとくBB、nifty、UQなどでWiMAX2+を申し込むのが無難になります。WiMAX2+が使えない場合、基本的にポケットWiFiも無理です。選択肢は格安SIMのみになります。

口コミと質問は下記から

このサイトではユーザ参加型の口コミサイトも運営しています。WiMAX 2+やポケットWiFi、格安SIMも下記のリンクにて口コミや質問を受け付けているので、何か質問があったり口コミがあれば、書き込んでいただければと思います。

格安SIMのSNS:WiMAX 2+とポケットWiFiの口コミ
格安SIMのSNS:格安SIMの口コミ (人気)

オススメのWiMAX 2+のランキング&キャンペーン情報

月に使うデータ量が10GB以下なら格安SIMとモバイルルーターのベストな組み合わせを参考に格安SIMを検討してみてください。

月に使うデータ量が15GB以上の場合はWiMAX2+がオススメです。下記のおすすめのWiMAX 2+のランキングを参考にしてみてください。(月10GB〜15GBの間の場合は、格安SIMかWiMAX2+かのケースバイケースです)

WiMAX2+のプランは全てギガ放題プランを基準にしています。ギガ放題プランでも3日間で10GB超のデータを使うと速度制限に引っかかりますが、ほとんどの人が引っかからない制限です。

BIGLOBE、nifty WiMAX、GMOとくとくBBがおすすめトップです。とりあえずランキングにしてみましたが、この3つのうちどれを選ぶかは個々の状況やリスクの取り方で変わってきます。

おすすめ No.1:BIGLOBE WiMAX 2+、最も無難な選択肢、盗難・紛失でも安心

BIGLOBE WiMAX 2+はキャッシュバックか追加の月額割引のどちらかのキャンペーンを選ぶことができます。盗難・紛失時でも違約金なしに元に戻すことができるので、最も無難で安心して使うことができます。

BIGLOBE WiMAXはWiMAX2+の最大手のプロバイダーです。楽してそこそこ割安に安心して使いたいなら、BIGLOBE WiMAX 2+が一番おすすめです。格安スマホのBIGLOBEモバイルを月200円引きで利用できます。このサイトで実際に契約しているのもBIGLOBE WiMAX 2+になります。(2016年6月から契約)

BIGLOBE WiMAX 2+の評価とキャンペーンの詳細
BIGLOBE WiMAX 2+の申し込みから設定

キャッシュバックキャンペーンの考慮後
2年契約での平均月額料金:月平均2950円、BIGLOBE会員なら月平均2758円
3年契約での平均月額料金:月平均3414円、BIGLOBE会員なら月3219円(月1000円かかるLTEオプションは無料)

公式サイト → BIGLOBE WiMAX 2+


おすすめ No.2:nifty WiMAX、3年契約の場合は最も無難な選択肢

nifty WiMAXは3年契約しか選べませんが、キャッシュバック額もそこそこ多く、契約から5ヶ月目で簡単に受け取ることができます。もし2年未満に解約する必要が出た場合でも他のプロバイダと比較すると安く解約することができます。

nifty会員なら月額料金が250円引きになったり、格安スマホで定評のなるNifMoも月250円引きで使うことができます。問い合わせ電話もスムーズにつながり、解約時の手間や問題も少ないです。

nifty WiMAXの評価とキャンペーンの詳細

キャッシュバックキャンペーンの考慮後
3年契約での平均月額料金:月平均3293円、nifty会員なら月平均3049円(月1000円かかるLTEオプションは無料)

公式サイト →


おすすめ No.3:GMOとくとくBB WiMAX、キャッシュバックが一番高額、解約時に注意

キャッシュバックが一番高額なのがGMOとくとくBB WiMAX 2+です。GMOとくとくBBはWiMAX2+プロバイダの中で最も割安に使うことができます。

キャッシュバックの手続きメールを忘れずに受け取るには、転送メールを設定する必要があります。解約するとき他のプロバイダと比べると注意するポイントが多いので気をつける必要があります。最安値を重視する場合にGMOとくとくBB WiMAX 2+がおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+の評価とキャンペーンの詳細

キャッシュバックキャンペーンの考慮後
2年契約での平均月額料金:月平均2974円
3年契約での平均月額料金:月平均3035円(月1000円かかるLTEオプションは無料)

公式サイト → GMOとくとくBB WiMAX2+


おすすめ No.4:UQ WiMAX、月380円で盗難/紛失保証あり

UQ WiMAXは、金額こそ少なめですが、キャッシュバックがもらえるのが早くて、手続きメールも普段使っている自分のメルアドに届くので、キャッシュバックを受け取り損ねる可能性はだいぶ低いです。

月380円の端末補償サービスに入っておけば、小さなモバイルWiFiルータを紛失したり盗難にあった場合でも、5300円で元通り使えるようにしてくれます。モノをなくすことが多い場合、UQ WiMAXがオススメです。

UQ WiMAXの評価とキャンペーンの詳細

キャッシュバックキャンペーンの考慮後
3年契約での平均月額料金:月平均4211円(月1000円かかるLTEオプションは無料)

公式サイト → UQ WiMAX

最終更新日 2018年6月11日 / 作成日 2016年5月31日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る