ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

2020年4月版:WiMAX 2+とポケットWiFiのおすすめ比較ランキングとキャンペーンの最新情報

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

WiMAX 2+やポケットWiFiを契約すると3〜4日で工事不要ですぐにネットが使えるようになります。光回線のように工事が必要だったり工事まで1ヶ月待つ必要もありません。月平均3000円ちょっとで使えます。

モバイルルーターを選べば、外でスマホで動画をたくさん見たりノートパソコンで快適にネットができます。最近は手軽に導入できるということで、コンセントに挿して使うホームルーターを選ぶ人も増えてきています。

ただし、WiMAX 2+とポケットWiFiの契約には注意が必要です。

デメリットを把握していなかったり、プロバイダごとに結構料金が異なったり、高額なキャッシュバックを目当てに契約したのにキャッシュバックがもらえなかったり、自分に合わない割高なプランを選んでしまったり・・。

最初の数ヶ月の安い料金を強調して、実際どれが一番安いのか分かりづらいです。ここでは高額な違約金がある場合は、全ての料金の合計を最低契約月数で割った「平均月額料金」にして本当に安いプランを紹介します。

その後にWiMAX端末、速度と対応エリア、違約金、問い合わせ対応、申し込みに必要なもの、WiMAX2+、ポケットWiFi、Softbank Airの違いやメリットとデメリットを紹介します。最後に格安SIMを使った節約ケースも紹介します。

WiMAX2+とポケットWiFiの比較の目次

※ WiMAXとWiMAX2+は基本的に同じものと思ってください。

WiMAXとポケットWiFiのおすすめ比較ランキング

契約月数:違約金なしで解約できるまでの月数
平均月額料金:(契約期間の合計の月額料金 - キャッシュバック) / 契約月数
(縛りなし、もしくは違約金1000円の場合は平均月額料金は省略します)

平均月額料金は2020年4月時点のキャンペーンを反映して計算しています。

おすすめ1位:FUJI WiFi コスパ最強(現在、新型コロナの影響で受付を一時停止中)

FUJI WiFiのSIMプラン
ギガ数20GB50GB100GB200GB
契約月数縛りなし
事務手数料キャンペーンで無料
端末代SIMのみ契約
月額料金月1,480円月1,980円月2,480円月2,980円
FUJI WiFiのルータープラン
ギガ数25GB50GB100GB無制限
契約月数縛りなし
事務手数料キャンペーンで無料
端末代0円 (レンタル)
月額料金月1,980円月2,480円月2,780円月3,480円

回線種類 ソフトバンクのLTE回線 / 使えるデータ量◎ 制限なしで契約データ量まで使えます。無制限はクラウドプラン / 通信速度と対応エリア◎ / 問い合わせ対応○ / 違約金◎◎

SIMプランは自分で用意したSIMフリーのスマホやモバイルルータを使います。ルータープランの取り扱い端末△ FS030W、無制限のクラウドプランの場合はGlocalMe G3

キャッシュバックなし◎:キャッシュバックはもらえませんが、縛りなしで月額料金が圧倒的に安いです。

総合評価:ポケットWiFiでFUJI WiFiが最強のコスパです。月額料金がとても安くて、使えるデータ量に3日制限などはありません。通信速度も十分に速く、ソフトバンクのスマホが使えるような場所ならFUJI WiFiも普通に使えます。超オススメです。

ルータープランのレンタル端末はFS030Wという少し古い端末ですが、普通に使う分には電池持ち良く十分な速度で使えます。(無制限のクラウドプランだけ端末はGlocalMeG3です)

料金は申し込み時にクーポンコード「NEWLIFE2020」を入力した場合の料金です。2020年4月30日までのキャンペーンです。

最高のFUJI WiFiのクーポンとおまとめプランの詳細、2020年のFUJIWiFiのキャンペーンのクーポンコードで初期費用無料+ずーと月500円引き

FUJI WiFi(FUJIWiFi)では、クーポンを利用して契約すると、初回事務手数料3000円が無料、月額料金もおまとめプラン無しでずーと月500円引きで使えるキャンペーンを行っています。

例えば、SIMプランの20GBプランなら月1480円でずーと使えます(通信速度も速いです)。

2020年4月30日までのキャンペーンです。フジワイファイはあまりキャンペーンをしないので、この機会に是非検討してみてください。

申込みを再開! 新型コロナの影響で3月27日から申し込みを一時停止、4月7日に再開して20分で在庫切れ、4月8日昼12時に受付を再開してSIMプランは20分くらいで在庫切れ、ルータプランは1時間ほどで在庫切れです。

4月7日以降、毎日昼12時に申し込みを再開&少しして在庫切れになる感じです。
キャンペーンの詳細を見る

FUJI WiFiの公式サイト

FUJI WiFiは最強の格安SIM&ポケットWiFi、50GBが月1980円で速度も速い、SIMプランの契約も可能、最高の使い方を徹底解説

おすすめ2位:GMOとくとくBB

GMOとくとくBB月額割引版キャッシュバック版
契約月数初月込みで38ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円
初月(日割り)月2,170円月3,609円
1〜2ヶ月目月2,170円月3,609円
3〜36ヶ月目月3,480円月4,263円
37ヶ月目〜月4,263円
合計料金132,093円163,032円
キャッシュバック2,000円37,800円+5,000円
平均月額料金月平均3,424円月平均3,246円

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応△ / 違約金◎ / 取り扱い端末◎ W06、WX06、HOME L02、02

月額割引版のキャッシュバック◎:キャッシュバックがもらえませんが、月額料金が安くなっています。

キャッシュバック版のキャッシュバック△:キャッシュバックは11ヶ月後に独自メールアドレスにメールが届き30日以内に手続きを完了させる必要があり、受け取り損ねる人がいます。

総合評価:WiMAXプロバイダの中で一番無難に使えるのがGMOとくとくBBの月額割引版です。月額割引を多くして、キャッシュバックを少なくしているので安心です。

GMOとくとくBB WiMAX2+(月額割引)の公式サイト

GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックより月額割引キャンペーンがおすすめの詳細評価

おすすめ3位:BIGLOBE WiMAX2+

BIGLOBE WiMAX2+
契約月数初月込みで14ヶ月(途中解約1000円&自動更新なし)
事務手数料3,000円
端末代SIMのみの契約なら0円(端末セットは19,200円)
初月月0円
翌月以降月3,980円(BIGLOBE会員なら月3,780円)
キャッシュバック0円(端末を購入する場合はキャッシュバック15,000円)

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応○ / 違約金◎◎ / 取り扱い端末◎ W06、WX06、HOME L02、02

キャッシュバック◎:サービス開始翌月に普段使っている自分のメルアドに手続きメールが届き45日以内に手続きをするとキャッシュバックがもらえます。

総合評価:キャッシュバックは簡単にすぐに受け取れます。月額料金は他のWiMAXプロバイダーよりも高いですが、1年契約で自動更新なしで契約できます。13ヶ月以内にやめても違約金は1000円だけです。自由に使えます。

BIGLOBE WiMAX 2+の公式サイト

BIGLOBE WiMAX 2+の徹底解説とキャッシュバックキャンペーンの詳細&SIMのみの申込みもできて、1年契約で違約金も1000円だけ

おすすめ4位:Broad WiMAX

Broad WiMAXの料金
契約月数初月込みで37ヶ月
事務手数料3,550円 (強制オプション550円込み)
端末代0円
初月(日割り)月2,726円
1〜2ヶ月目月2,726円
3〜24ヶ月目月3,411円
25ヶ月目〜月4,011円
合計料金134,902円
平均月額料金月平均3,646円

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応○ / 違約金○ / 取り扱い端末◎ W06、WX06、HOME L02、02

キャッシュバックなし◎:代わりに月額料金を安くしています。

総合評価:Broad WiMAXは他の通信サービスから乗り換える際に違約金が発生した場合は、最大1万9000円分の違約金をキャッシュバックしてくれます。通信サービスを乗り換える場合で、違約金が発生する場合にBroad WiMAXを検討してみてください。

Broad WiMAXの公式サイト

Broad WiMAXは他社で違約金がかかる場合に最適、WiMAX端末の紛失・故障もカバー、契約解除料負担、それ以外はダメな理由

おすすめ5位:UQ WiMAX

UQ WiMAXの料金
契約月数初月込みで25ヶ月(途中解約1000円&自動更新あり)
事務手数料3,000円
端末代SIMのみの契約なら0円(端末セットは15,000円)
初月(日割り)月3,880円
1ヶ月目〜月3,880円 (解約月は日割り)
キャッシュバック0円(端末を購入する場合はキャッシュバック3,000円)

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応△ / 違約金◎◎ / 取り扱い端末◎ WX06、W06、HOME L02、02

キャッシュバック◎:契約月の翌月に普段使っている自分のメルアドに手続きメールが届き30日以内に手続きをするとキャッシュバックがもらえます。

総合評価:最低利用期間未満で解約しても違約金が1000円です。WiMAX端末を持っていて、SIMのみを申し込んで短期間使う場合におすすめです。

UQ WiMAXはSIMのみの申込みがお得、それ以外は罰ゲーム!UQ WiMAXのキャンペーンと料金プランの詳細

ゴミすぎる:どんなときもWiFi、ギガ使い放題だけど大規模通信障害の常連

どんなときもWiFiの料金
契約月数初月込みで26ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円 (レンタル)
初月(日割り)月3,480円
1〜24ヶ月目月3,480円
25ヶ月目〜月3,980円
合計料金93,980円
平均月額料金月平均3,615円

回線種類 ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線 / 使えるデータ量X ギガ使い放題だけど大規模通信障害の常連 / 通信速度と対応エリア◎ / 問い合わせ対応○ / 違約金○ / 取り扱い端末△ D1

キャッシュバックなし◎:代わりにギガ使い放題で、月額料金を比較的安くしています。

総合評価:どんなときもWiFiなら無制限でデータを使えますが、大規模障害を続発して、通信の信頼性は皆無です。ゴミです。

おすすめではない:カシモWiMAX

カシモWiMAXの料金
契約月数初月込みで38ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円
初月(満額)月1,380円
1〜2ヶ月目月1,380円
3〜24ヶ月目月3,580円
25ヶ月目〜月4,079円
合計料金138,927円
平均月額料金月平均3,655円

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応△ / 違約金○ / 取り扱い端末◎ W06、WX06、WX05、HOME L02、02、01

キャッシュバックなし◎:代わりに最初の数ヶ月の月額料金を安くしています。

総合評価:最初だけ安くしているだけで、特に強みもないのでオススメではないです。

おすすめではない:So-net WiMAX 2+

So-net WiMAX 2+の料金
契約月数初月込みで38ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円
初月月0円
1〜12ヶ月目月3,380円
13ヶ月目〜月4,379円
合計料金153,35円
平均月額料金月平均4,027円 (Sonet会員の場合:月平均3,833円)

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応△ / 違約金◎ / 取り扱い端末◎ W06、WX06、HOME L02、02

キャッシュバックなし◎:代わりに1年間だけ月額料金を安くしています。

総合評価:キャッシュバックの代わりに月額料金を最初の1年だけ安くしています。最低利用期間は3年なのでトータルで見ると、かなり割高です。オススメではないです。

おすすめ圏外:Softbank Air / かんたんWiFi

Softbank Airの料金
契約月数初月込みで24ヶ月
事務手数料3,000円
端末代実質19,500円
初月月0円
1〜23ヶ月目月3,800円
24ヶ月目〜月4,880円
合計料金93,700円
キャッシュバック20,000円
平均月額料金月平均3,904円

回線種類 ソフトバンクのAXGP / 使えるデータ量◎ 無制限 / 通信速度と対応エリア△ / 問い合わせ対応○ / 違約金△ / 取り扱い端末○〜△ Airターミナル2か3(固定型のホームタイプのみ提供)

キャッシュバック○:特に手続きの必要なく、4カ月後の下旬に普通為替でキャッシュバックが届きます。ただし、レンタルの場合はキャッシュバックなし。

総合評価:公式サイトの案内が相当ひどいです。データを無制限に使うことができますが、通信速度が他のプロバイダよりもだいぶ遅く、対応エリアも少し狭いです。公式サイトには対応エリアの記載もなく、違約金の記載もありません。契約期間の記載もありません。

レンタルも受け付けていますが、レンタルの場合はキャッシュバックがもらえません。レンタルでも2年間の契約が必要なので、レンタルの意味はほとんどありません。

加えて、Softbank Airだけ自宅以外で使うと強制解約になる場合があります。公式サイトにはぼんやりとした情報しか記載していないので、避けた方が無難です。

Softbank Air/かんたんWiFiの公式サイト

おすすめ圏外:ワイモバイルとソフトバンクのポケットWiFi

総合評価:ワイモバイルとソフトバンクもポケットWiFiのプランを提供していますが、月額料金が高かったり、使えるギガ数が少なかったりする場合があります。

コスパ最高のFUJI WiFi、速度重視ならWiMAXを選んだほうが良いです。ワイモバイルとソフトバンクもポケットWiFiは無視します。

WiMAX端末の比較、WX06、W06、HOME 02、HOME L02

どんなときもWiFi、Yahoo WiFi、Softbank Airは、1機種しかないので選択肢はありません。

WiMAX2+だけ選べる端末が複数あるので、どのWiMAX端末を選べばいいのかざっくり説明します。

※ WiMAX端末の価格は、UQ WiMAXが1万5000円、BIGLOBEモバイルが1万9200円、その他のWiMAXプロバイダーだと無料か1円です。下記ではハイスピードプラスエリアモード = プラスエリアモードとして記載しています。

WX06:持ち歩けるモバイルタイプ、安定性重視

WX06

Speed Wi-Fi NEXT WX06
最大通信速度ハイスピードモード 下り最大440Mbps / 上り最大30Mbps
プラスエリアモード 下り最大440Mbps / 上り最大75Mbps
サイズ111 x 62 x 13.3mm / 127グラム
連続通信時間ハイスピードモード:速度優先500分 / バランス約690分 / 電池優先840分
ハイスピードプラスエリアモード:速度優先490分 / バランス約630分 / 電池優先800分
連続待受時間700時間(静止時)
価格GMOとくとくBB WiMAX2+なら無料
発売日2020年1月30日

※ 連続通信時間の計測の仕方がWX06とW06で少し違いますが、速度優先=ハイパフォーマンス、バランス=スマート、電池優先=バッテリーセーブと同じものと仮定して掲載しています。

WX06ならモバイルWiFiルータ初の2.4GHzと5GHzのWiFiを両方同時に使うことができます。

電池持ちもW06よりも2割くらい良いです。

WX06はクレードルを使うと電波が弱いところでも速度が56%アップします。自宅でも使う場合はクレードルをセットに購入することをオススメします。(クレードルを機能させるにはコンセントが必要です)

基本的にはモバイルルータはWX06がおすすめです。自宅ではほとんど使わず主に外で使う場合は、通信速度が速く評判も良いW06を検討してみてください。

WX06とHOME 02の詳細レビュー、モバイルルータ初の2.4GHz/5GHz両対応、ホームルータはコンパクト化でエリアは25%アップ

比較ランキングの目次

W06:持ち歩けるモバイルタイプ、実績と速度重視

W06

Speed Wi-Fi NEXT W06
最大通信速度ハイスピードモード 下り最大558Mbps / 上り最大30Mbps
プラスエリアモード 下り最大1,237Mbps / 上り最大75Mbps
サイズ128 x 64 x 11.9mm 125グラム
連続通信時間ハイスピードモード:ハイパフォーマンス430分 / スマート540分 / バッテリーセーブ700分
プラスエリアモード:ハイパフォーマンス300分 / スマート400分 / バッテリーセーブ600分
連続待受時間800時間(静止時)
発売日2019年1月25日

主に外でよく使う場合にW06がおすすめです。最大通信速度が一番速く、受信感度も結構良いです。

W06の性能評価と評判

比較ランキングの目次

HOME 02:自宅に設置するホームタイプ、コンパクトなNEC製

HOME 02

Speed Wi-Fi HOME 02
最大通信速度ハイスピードモード 下り最大440Mbps / 上り最大30Mbps
ハイスピードエリアモード 下り最大440Mbps / 上り最大75Mbps
最大同時接続数WiFi 20台(2.4GHz:10台、5GHz:20台) / LANポート 2台(1000BASE-T、100BASE-TX)
サイズ50 × 118 × 100mm / 218グラム
電池持ちコンセントに挿して使います
価格GMOとくとくBB WiMAX2+なら無料
発売日2020年1月30日

HOME 02は自宅で使うタイプのホームルータです。

自宅の固定回線用に使いたい場合は、ホームルータのHOME 02が一番オススメです。モバイルタイプ(W06、WX06)だと長時間コンセントに繋げたままだと電池が劣化してしまいますが、HOME 02ならコンセントに繋げて使うタイプのルーターなので劣化の心配はありません。

HOME 02は旧モデルのHOME 01よりも本体サイズが40%ダウンして、内部アンテナの性能が強化したので電波のエリアが25%アップしました。

電波の届きやすさはHOME L02と同じ程度だと思いますが、HOME L02よりもHOME 02はサイズが半分で重さも半分、かなりコンパクトな作りになっています。

HOME L02はファーウェイ製、HOME 02はNEC製です。技術力では、最近はファーウェイのほうがだいぶ上ですが、ファーウェイは米国政府の制裁で今後が少し不安です。

とりあえずコンパクトで特に悪いところがないNEC製のHOME 02を選ぶことをおすすめします。

WX06とHOME 02の詳細レビュー、モバイルルータ初の2.4GHz/5GHz両対応、ホームルータはコンパクト化でエリアは25%アップ

比較ランキングの目次

HOME L02:自宅に設置するホームタイプ、実績と速度重視

HOME L02

Speed Wi-Fi HOME L02
最大通信速度ハイスピードモード 下り最大558Mbps / 上り最大30Mbps
プラスエリアモード 下り最大1Gbps / 上り最大75Mbps
最大同時接続数WiFi 40台(2.4GHz:20台、5GHz:20台) / LANポート 2台(1000BASE-T、100BASE-TX、10BASE-T)
サイズ93 × 178 × 93mm / 436グラム
電池持ちコンセントに挿して使います
発売日2019年1月25日

HOME L02もホームタイプのWiMAXルータです。

HOME L02は4本の高感度アンテナで360度全方位カバーできるので、モバイルルーターと比べてWiMAX2+の受信感度が良くなります。

さらにビームフォーミングに対応していて、HOME L02を置いている部屋とは別の部屋や別のでもWiFiが繋がりやすくなっています。W06とWX06でもビームフォーミングに対応していますが、モバイルルータよりもホームルータの方がビームフォーミングの電波が強くなります。

電波の受信感度はモバイルタイプよりも良くなり、モバイルタイプよりも自宅内を広い範囲でカバーします。

外ではWiMAXをあまり使いそうもなく、主に自宅で使う場合は、ホームタイプのWiMAXルータがおすすめです。工事も不要で、電波の良さそうな窓際に置いて、コンセントに挿すだけです。

HOME L02の性能評価と評判

比較ランキングの目次

通信速度と対応エリアの良さの比較

WiMAX2+のサービスエリア

ソフトバンク系のサービスエリア

青い部分がSoftbank Airのサービスエリアです。WiMAX2+と比べると結構範囲が狭くなっています。赤い部分と青い部分の両方が、FUJI WiFi、どんなときもWiFiのサービスエリアです。

通信速度と対応エリア◎

◎ならスマホが使える場所なら同じように使うことができます。

FUJI WiFi
ソフトバンクのスマホが使える場所なら同じように使うことができます。

どんなときもWiFi
ドコモ、au、ソフトバンクの電波を使えますが、ほとんどの場合でソフトバンクの電波を掴みます。(ドコモの電波はまず掴みませんが、掴んでしまうと超遅くなります)

WiMAX2+で◎になるモード
3年契約ならハイスピードプラスエリアモードで月7GBまでauのスマホが使える場所なら同じように使えます。7GBを超えると全ての通信速度が128kbpsに制限されます。

通信速度と対応エリア○

回線種類がWiMAX2+。結構広い範囲をカバーしています。通信速度も混雑時でもほとんど変わらない速い速度を維持します。

通信速度と対応エリア△

回線種類がソフトバンクのAXGP。Softbank Airが該当。対応エリアが狭いです。Softbank Airの場合は平日の夜になると通信速度をかなり低下します。

WiMAXなら事前に無料で試せる

WiMAXならTry WiMAXで無料で15日間試すことができます。

Try WiMAXを申し込めば、1〜2日程度でWiMAX端末が届いて申し込みから15日間試すことができます。送料も無料で、返却時の送料ももちろん無料です。普段使う場所で電波が入るか、通信速度はどうなっているかを実際に簡単に試すことができます。

WiMAXのエリア確認にはTry WiMAXがベスト、圏外で繋がらない?速度が遅い? 実際に無料で試してみる(簡単!)

どんなときもWiFiとSoftbank Airは事前に試すことはできません。

WiMAXのリアルタイムの通信速度を計測中

このサイトではWiMAXの通信速度をリアルタイムで計測しています。(計測場所は東京の普通の住宅街です)

WiMAXの速度 (リアルタイム)

Softbank Airのように夜になると速度がかなり遅くなることもなく、WiMAXはネットが快適に使える速度を維持しています。

格安SIM/ドコモ/WiMAX/どんなときもWiFiの速度をリアルタイムで計測しているので参考してみてください。

比較ランキングの目次

違約金の少なさの比較

UQ WiMAXだけ解約月の月額料金が日割りになります。それ以外は満額です。

違約金の少なさ◎◎

FUJI WiFi
いつでも違約金なしで解約できます。

UQ WiMAXの違約金
0〜24ヶ月目1,000円 / 25ヶ月目0円 / 26ヶ月目以降1,000円
※ただし端末代が15,000円かかります(SIMのみなら端末代は0円)。

BIGLOBE WiMAX2+の違約金
0〜12ヶ月目1,000円 / 13ヶ月目以降0円
※ただし端末代が19,200円かかります(SIMのみなら端末代は0円)。

違約金の少なさ◎

GMOとくとくBB、カシモ、So-netの違約金
0〜12ヶ月目19,000円 / 13〜24ヶ月目14,000円 / 25〜36ヶ月目9,500円 / 37ヶ月目0円 / 38ヶ月以降9,500円

違約金の少なさ○

Broad WiMAXの違約金
0〜11ヶ月目28,500円 / 12〜23ヶ月目23,500円 / 24〜35ヶ月目9,500円 / 36ヶ月目0円 / 37ヶ月以降9,500円

どんなときもWiFiの違約金
0〜12ヶ月目19,000円 / 13〜24ヶ月目14,000円 / 25ヶ月目0円 / 26ヶ月以降9,500円
端末はレンタルのみ。紛失や故障した場合は18,000円の損害金

違約金の少なさ△

Softbank Airの違約金
0〜22ヶ月9,500円 / 23ヶ月目0円 / 24ヶ月目以降9,500円
36カ月目までに解約した場合は端末の分割代金の残り54,000円-1500円x契約月数

WiMAXの乗り換えでBroad WiMAXなら違約金を負担してくれる

Broad WiMAXなら、他社のWiMAXから乗り換えで違約金が発生する場合、最高1万9000円までBroad WiMAXが違約金を負担してくれます。

WiMAXを使っていてWiMAX端末を無くしてしまったり、使っているWiMAXの月額料金が3700円以上の場合、違約金を負担してくれてWiMAX端末も無料でもらえるBroad WiMAXを検討してみてください。

Broad WiMAXの詳細評価と評判、他社WiMAXの違約金を負担

比較ランキングの目次

問い合わせ対応の充実度の比較

ここでは単純にオンラインチャットと電話対応を行なっているかどうかで評価しています。電話での対応を少し多めに重視しています。

問い合わせ対応の充実度○

FUJI WiFi
チャットなし、問い合わせ電話の表示あり、問い合わせフォームで24時間程度で返信あり

どんなときもWiFi、BIGLOBE WiMAXの問い合わせ対応
チャットあり、フリーダイアルあり

Broad WiMAXの問い合わせ対応
チャットあり、電話対応は問い合わせフォームで要求して1時間以内に折り返し電話

Softbank Airの問い合わせ対応
チャットなし、フリーダイアルあり

問い合わせ対応の充実度△

So-net WiMAX2+の問い合わせ対応
チャットあり?、電話番号の表示なし(Googleで検索するとフリーダイアルが見つかる)

GMOとくとくBB WiMAXとUQ WiMAXの問い合わせ対応
チャットなし、電話番号の表示なし(Googleで検索するとフリーダイアルが見つかる)

カシモWiMAXの問い合わせ対応
チャットあり、電話番号の表示なし

比較ランキングの目次

口座振替は月額料金が高くなるのでやめた方がいい

WiMAXやポケットWiFiの中にはクレジットカードではなく、口座振替で料金を払えるところがありますが、口座振替での支払いは基本的にやめた方がいいです。

理由は単純に口座振替だと月額料金が高くなったり、キャッシュバックが少なくなったり、特典が減ったりするからです。

実際に口座振替を選んでいる人はほとんどいません。

ちなみに口座振替が使えるのは、どんなときもWiFiUQ WiMAXBIGLOBE WiMAX 2+などです。

FUJI WiFiならコンビニ払いができる!

FUJI WiFiならコンビニ払いで支払うことができます。特に手数料はないので、クレジットカードを持っていない場合はFUJI WiFiを検討することを強くお勧めします。

FUJI WiFiは最強の格安SIM&格安スマホ&ポケットWiFi、50GBが月1980円など高品質激安、SIMのみの契約も可能、最高の使い方を徹底解説

比較ランキングの目次

申し込むのに必要なもの、本人名義のクレジットカード(口座振替の場合は不要だけど・・)

WiMAXやポケットWiFiを申し込むのには本人名義のクレジットカードが必要です。

口座振替を選べるプロバイダーならクレジットカードは必要ないですが、月額料金が500円くらい高くなってしまいます。3年契約だと500円x36ヶ月で18,000円も料金が高くなってしまいます。

本人名義のクレジットカードを持っていない場合は、クレジットカードを作ることを強くオススメします。何かしらの理由でクレジットカードが作れない場合に口座振替で申し込めるプロバイダーを検討してみてください。

比較ランキングの目次

WiMAX2+、ポケットWiFi、Softbank Airの違い

用途は同じです。契約するとネットが使えようになります。(契約せずにAmazonなどで端末だけ買ってもネットはできません)

Softbank Airは家に設置するタイプのホームルータです。WiMAX2+はホームルーターと家でも外でも持ち歩けるタイプのモバイルルーターを提供しています。

ポケットWiFi(FUJI WiFi、どんなときもWiFi)は持ち歩けるタイプのモバイルルーターを提供しています。

ポケットWiFiのFUJI WiFiならSIMのみの契約ができて、FUJI WiFiのSIMカードをスマホに入れて使うことができます。

※ モバイルルーターを家で使っても大丈夫です。

KDDIグループの通信サービス
・WiMAX2+

ソフトバンクの電波を使った通信サービス
・ポケットWiFi(FUJI WiFi、どんなときもWiFi等)、Softbank Air

こんな感じの分け方になっていますが、ポケットWiFiとWiMAX2+を混同して扱っている場合があります。あんま気にしなくていいです。

料金などにも違いがありますが、通信速度と対応エリアに結構大きな違いがあるので確認することをオススメします。

比較ランキングの目次

WiMAX2+、ポケットWiFi、Softbank Airのメリットとデメリット:工事不要で簡単にすぐ使える! 郊外や高層階、超たくさんのデータは苦手

WiMAX2+、ポケットWiFi、Softbank Airのメリット

最大の強みは工事不要で簡単にすぐに使えることです。申し込んだら3日〜4日程度で届いて、自分で簡単にすぐ使うことができます。

光回線の場合は、申し込んでも1ヶ月くらいかかって工事も必要です。解約する場合も、更新月以外だと違約金はかかるのはもちろのこと、3万円程度の撤去費用がかかる場合があります。

WiMAX2+、ポケットWiFi、Softbank Airの場合は違約金こそあれ、撤去費用なんてありません。ポケットWiFiのFUJI WiFiなら違約金さえありません。

光回線は自宅でしか使えませんが、WiMAX2+とポケットWiFiなら自宅でも外でも使うことができます。月額料金も光回線よりWiMAX2+の方が安くなります。

WiMAX2+、ポケットWiFi、Softbank Airのデメリット

最大の弱みは使えるエリアに注意する必要があることです。

WiMAX2+は比較的広いエリアをカバーしていますが、15階以上の高層階や郊外だと電波が届きづらい場合があるので注意が必要です。Pocket WiFi 603HWとSoftbank Airの場合は、WiMAX2+よりも使えるエリアが狭くなっているので、さらに注意が必要です。

契約する前に自分が主に使おうとしている場所がサービスエリアになっているかどうか確認してから契約を行うことを強くお勧めします。

WiMAX2+のサービスエリア

FUJI WiFi、どんなときもWiFi、Softbank Airのサービスエリア

青い部分がSoftbank Airのサービスエリアです。

赤い部分と青い部分の両方が、FUJI WiFi、どんなときもWiFiのサービスエリアです。

契約した後に電波が悪くて使いものにならないのに気づいたら、契約から8日以内なら初期契約解除で違約金ゼロ円で解約することもできます。

WiMAX2+の場合はTry WiMAXで無料で15日間試すことができます。電波が悪そうな場所で使いそうな場合は、Try WiMAXで試してから契約することをオススメします。

データを超たくさんは使えない

光回線なら月1000GBでも2000GBでも使えますが、WiMAX2+は3日間で10GBです。Softbank Airは無制限に使えますが平日の夜になると通信速度がかなり低下して使い勝手が悪くなります。

どんな場合に光回線で使えるデータ量が必要になるかというと、テレビやパソコンでネット動画を長時間見る場合です。設定にもよりますが、1時間で1GB〜3GBくらい消費します。

スマホやタブレット、ノートパソコンくらいなら動画を長時間見る場合でもそこまでデータを消費しませんが、画面が大きいテレビやデスクトップパソコンだと厳しいです。

※ ポケットWiFiでも、FUJI WiFiなら月200GBくらい使えますが、月200GBを超えると光回線一択です。

FPSなどのパソコンゲームだと反応速度が厳しくなる

光回線と比べると、WiMAX2+、ポケットWiFi、Softbank Airはネットの反応速度が数十ミリ秒ほど遅れます。

普通の使い方なら数十ミリ秒遅れたところで全く問題ないのですが、FPSなどのパソコンゲームの場合は反応速度の遅れでゲームが不利になる可能性があります。

比較ランキングの目次

格安SIMとモバイルルータ(ホームルータ)という選択肢、月10GB以下なら検討

格安SIMはドコモ、au、ソフトバンクから回線を借りて通信サービスを行っています。主要な格安SIM事業者だけでも20社くらいあります。

格安SIMのデータSIMを契約して、SIMカードをモバイルルータに挿入すれば、ネットが使えるようになります。ホームルータも使えます。モバイルルータやホームルータは1万円くらいで買って、月々の通信料金は月500円(1GB)〜2300円(10GB)くらいです。

モバイルルーターって何? 光回線よりモバイルルータの格安SIM、ポケットWiFi、民泊WiFi、WiMAXを選ぶ理由と選んではいけない理由

月10GBってどのくらい?

データを大量に使うのは動画の視聴です。Webサイトを見たりLINEをしたり、メールを送受信したり等は、たかが知れています。

スマホで動画を見ると1時間で400MB(約0.4GB)のデータを消費します。

毎日30分スマホで動画を見ると1カ月で6GBのデータを消費します。毎日1時間なら月12GBもデータを消費します。

動画を1日30分も見ない場合は格安SIM、1日1時間以上見る場合はWiMAX2+やポケットWiFi、1日30分〜1時間の間はどっちもどっちな感じです。

ただし、スマホでYouTubeやAbemaTVをたくさん見る場合、格安SIMのBIGLOBEモバイルのエンタメフリーなら無制限に見ることができます。スマホでYouTubeやAbemaTVをたくさん見る場合は、BIGLOBEモバイルがオススメです。

注:パソコンやネットに対応したテレビで動画を見る場合

パソコンやネットに対応したテレビで動画を見る場合、消費するデータ量はスマホの2倍以上になります。

パソコンで普通に動画を見ると、1時間で平均1GBのデータを消費します。パソコンでHuluやNetflix、YouTubeやニコニコ動画などの動画を毎日1時間見ると1ヶ月で24GBのデータを消費します。

ネット対応テレビだと、ケースバイケースですが1時間で1GB〜3GB(平均1.5GB)くらいデータを消費したりします。

この場合は3日10GBまで使えるWiMAXだと厳しい場合があるので、月200GBまで使えるFUJI WiFiがオススメです。

ネット対応テレビで高画質の動画を超たくさん見たい場合は、光回線を契約することをオススメします。

格安SIM(データSIM)のざっくり評価

格安SIMはWiMAX2+やポケットWiFiと比べて速度が遅くなりますが、データ量の少ないプランだととても安く使えます。契約期間もないので、いつやめても違約金は発生しません。

データをそんなにたくさん使わない場合は、格安SIMがオススメです。

格安SIMで使えるデータ量
・月1GB〜30GB。ただし、月10GBを超えると割高になっていくので、基本的には月10GB以下の場合に候補です。データをたくさん使う場合はFUJI WiFiやWiMAX2+がオススメです。

格安SIMの月額料金
・月500円(1GB)〜2300円(10GB)程度。月3GB以下は通信速度が超速いUQ mobileの3GBの高速データプランを月980円がお勧めです。BIGLOBEモバイルのタイプAも通信速度が結構速いのでおススメです。

格安SIMの契約期間
・なし。ほとんどのデータSIMで違約金もありません。(ごく一部のデータSIMでも違約金があります)

モバイルルータやホームルータの端末価格
・1万円程度。自分で購入

格安SIMのキャンペーン
・最大でも3000円のキャッシュバック程度、月額割引や使えるデータ量が増量になるキャンペーンを行なっている場合もあります。

格安SIMを入れたモバイルルータやホームルータが使える場所
・普通のスマホが使えるところならどこでも使える。

格安SIMの通信速度
・目安は平日の朝8時前後1.5Mbps、昼0.4Mbps、夕方6時から夜中10時まで1.5Mbps、その他の平日の時間帯は15Mbpsくらいです。土日祝日は1.5Mbpsくらいです。

格安SIMによって実際に出る速度が違うので、速度の詳細は格安SIM/WiMAX/ドコモの速度ランキングの記録を参考にしてみてください。

通信速度の速い格安SIMを選べばほとんどの場合で普通に使えます。

高画質な動画を快適にみたい場合、格安SIMだと速度不足になる可能性がありますが、高画質な動画だとデータをたくさん消費するので、格安SIMではなくFUJI WiFiやWiMAX2+がオススメです。

モバイルルーターって何? 光回線よりモバイルルータの格安SIM、ポケットWiFi、民泊WiFi、WiMAXを選ぶ理由と選んではいけない理由

比較ランキングの目次

WiMAX2+を契約すると、安く快適に使える格安スマホのUQモバイルが月500円引き

WiMAX2+とUQモバイルのスマホプランを契約していると、月額料金がずーと500円引きになるギガMAX月割が適用されます。

WiMAXは工事不要で月平均3300円くらい。ホームルータのHOME 02等をコンセントに挿せばWiFiが簡単に使えます。UQモバイルは大手キャリアの利用料金の半額くらいでスマホが使えて、通信速度が大手キャリア並みに速いので、格安SIMの中で圧倒的な満足度になっています。

もともとUQモバイルとWiMAXのコスパは良いですが、ギガMAX月割の500円引きで更に割安に使えます。

ざっくり評価すると、WiMAXのサービスエリア内の場合で、自宅のテレビでネット動画(特にNetflix)をダラダラ見ない場合、そして光回線のひかり電話を使っていない場合に、WiMAX2+とUQモバイルの組み合わせを検討することをオススメします。

家族で使う場合、UQモバイルの2回線目からはギガMAX月割は適用されませんが、2回線目からUQモバイルのスマホプランが家族割で月500円引きになります。

格安SIMの管理人もUQモバイルのスマホGMOとくとくBB WiMAX2+を契約しています。

詳細は下記にまとめているので参考にしてみてください。

ギガMAX月割特集!UQモバイルとWiMAXでスマホも自宅のネットも安く快適に。自宅のネットはコンセントに挿すだけのウルトラギガMAX

最終更新日 2020年4月1日 / 作成日 2016年5月31日 / 作成者 格安SIMの管理人

32
この記事に気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
12 Comment threads
20 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
19 Comment authors
格安SIMの管理人Bのトラfu虎党虎党 Recent comment authors
  Subscribe  
更新通知を受け取る »
Bのトラ
ゲスト
Bのトラ

W06はシムフリーといった話も聞くのですが、例えばW06を調達して、FujiのSIMやU-mobileのSIMを入れて使うといったことが可能なのでしょうか?
ます。パフォーマンスが悪くなるといったことは考えられますでしょうか?

fu
ゲスト
fu
この記事は参考になった/良かった :
     

ここをきっかけにfuji sim200GBを契約しました。友人のソフトバンクと速度テストしたところほとんど同じ速度で、ほんとに生回線なんだなぁと感動しましたね。
ただocnのほうがダウンロードは倍以上早かったので、ドコモ回線でfuji simがでるといいなぁとも思いましたね

虎党
ゲスト
虎党
この記事は参考になった/良かった :
     

broad WiMAXの他社違約金キャッシュバックの対象が、 WiMAXサービス以外にも広がっているようです。

どんなときもWi-Fiからの受け口になり得ると思います。
チェックして更新お願いします!

虎党
ゲスト
虎党

broad WiMAXに問い合わせてみましたが、やはりどんなときもWi-Fiの違約金にも対応するそうです。
(身内がどんなときもWi-Fi契約しているので、これを使って抜け出そうかと)

fu
ゲスト
fu
この記事は参考になった/良かった :
     

fuji wifiがいずれダメになったとき、次点でモナsimの300GBプランを考えているのですが、管理人様はどう思いますか?ぜひモナsimの速度検証などレポをしていただけると嬉しいです。

つるくし
ゲスト
つるくし

いつも参考にさせてもらっています。格安SIMとは少し外れますが、光電話+光インターネットを固定電話をSoftbankの「おうちのでんわ」に、ネットをFuji SIMに切り替えるという選択肢をどう思われますか?

Netflixer
ゲスト
Netflixer
この記事は参考になった/良かった :
     

おはようございます~

管理人様、連日の熱のこもった記事upお疲れ様です~
先日、どんなときもwifiの裏契約についてチラッと書きましたNetflixerです。
NEXTモバイルのおすすめありがとうございました。
管理人様同様、縛りはこりごりなのと、このグループ会社への不信感もあり、移る際はFujiを検討してみますね。

その不信感ですが以下に書きますね。

どんなときもwifi
https://good-luck-corporation.co.jp/service.php

ここからの契約だと通常よりお得になるようです。
詳細は以下

キャッシュバック(5000円)+月額料金(3280円)
+解約金が安い+端末返却なし+30日間のお試しサービス

昨年5月に契約した私はこの内容をみてクラクラしました。
キャッシュバックや月額料金の割引きは理解出来ますが、特筆すべきは端末プレゼントですよ!
端末返却かつ、壊したり故障で18000円もの弁済を強いられるため、外にも持ち出さず恐る恐る使用している自分があまりに滑稽です
(笑)

どんなときもwifiは6月以降解約しようかと。14000円に税金もかかりますが、この会社に不安と不信感でいっぱいです。

それはさておき、
本日のPocketwifiランキングをご覧になった方々が、表ではなく裏契約で契約を検討されますように、管理人様の記事から飛べるよう是非とも変更を宜しくお願いいたします。

裏契約のが絶対にお得ですからね。私と同じ轍を踏んでほしくありません。
しかし、お得過ぎて同じプランとは思えないですよね。最早べつもの(笑)
では此れにて。

sakura
ゲスト
sakura

教えてください。
Fujiを検討していますが、なぜ
WiMAX2プランはお勧めではないのでしょうか?
無制限で早くていいと思うのですが、、

fu
ゲスト
fu

wimaxは2-3年の縛りがあること、エリアが4Gより劣ること、3日で10GBの制限があることがFUJIより下位の理由ではないでしょうか

hk
ゲスト
hk
この記事は参考になった/良かった :
     

フジWi-Fiのルーターは無制限プランの端末はグローカルミーg3と書いてあるのですが、今回の500円引きを使うと富士ソフトの端末になるということでしょうか?

起居注
ゲスト
起居注
この記事は参考になった/良かった :
     

star wifiとどんなときもwifiの比較をして欲しい

ほげっぷ
ゲスト
ほげっぷ
この記事は参考になった/良かった :
     

WX05+クレードルで使用する際、本体のバッテリーを外した状態でもクレードルにセットすると電源は入りますでしょうか?
ご存知でしたら教えていただけると嬉しいです。

sidus
ゲスト
sidus

Broad wimaxの他社からの違約金を最大1万9000円分のキャッシュバックは、条件としてクレジットカード払いを選択する必要があるため、口座振替支払いを希望する場合は違約金キャッシュバックはないのではないのでしょうか。

>適用条件

>当サイトから、キャンペーン期間内にBroad WiMAXにお乗換えいただいた場合に適用となります。
>①月額最安プラン(ギガorライト)お申込み ②クレジットカード払い

https://wimax-broad.jp/feature/norikae.php

ひでてる
ゲスト
ひでてる

BiglobeのWimax2+の2年契約が、あと3か月後で完了します。
現在 NEC製のWX03をつかって、
主に、WindowsやAndroidのアップデートや、
マクドナルドで動画を見るのに使ってます。

最近、電池パックがちょっと膨らんできたので、
どうしようか下の2案で考えています。

・電池パックが取り換えられる、WX05に機種変更
 (プロバイダは未定)

・UQモバイルで契約し直して、WX03はそのまま利用。Simと電池を代える
 (UQモバイルは、Simの販売だけをしていると聞いたので)

のどちらかで悩んでます。

そこで質問ですが、
電波の掴むことが第一に考えていて、
WX03 と WX05 では、電波の掴みに違いがあるのでしょうか?
(WX03だと、マクドナルドの奥では電波を掴まない)

お手数ですが、回答よろしくお願いします。

「2020年4月版:WiMAX 2+とポケットWiFiのおすすめ比較ランキングとキャンペーンの最新情報」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
(税込1人当たり)
1人目
       

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
サイト内検索
口コミ