UQ WiMAXの詳細評価とキャンペーン情報&UQ WiMAXを選ぶメリットとデメリット

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

WiMAX 2+のプロバイダーはたくさんありますが、大元はUQ WiMAXです。他のプロバイダーはUQ WiMAXの回線を借りてサービスを提供しています

UQ WiMAXの特徴は、月380円の端末補償サービスに入っておけば、小さなモバイルWiFiルータを紛失したり盗難にあった場合でも、5300円で元通り使えるようにしてくれることです。ものをなくすことが多い場合、UQ WiMAXがオススメです。

キャッシュバックは4ヶ月目にメールが普段使っているメルアドに届くので、比較的受け取りやすいです。その反面、キャッシュバック額が他のWiMAXプロバイダーと比べて少ないので割高になってしまいます。

UQ WiMAXは物を無くしやすい人や、口座振替が必須な場合に検討してみてください。それ以外だと、UQ WiMAXより高額なキャッシュバックや月額割引を行なっているWiMAXプロバイダーを検討することをオススメします。

UQ WiMAXの公式サイト

UQ WiMAXのおすすめポイントと契約するメリット

  • WiMAX 2+のサービスを提供している大元の会社
  • 月380円の保証に入れば、端末の紛失・盗難時でも5300円で元通り!
  • キャッシュバックの手続きが普段使うメルアドに届くので受け取りやすい
  • 契約後4ヶ月でキャッシュバックがもらえる
  • 解約月の月額料金が日割り
  • 口座振替に対応している

UQ WiMAXの注意点とデメリット

  • もらえるキャッシュバックが少ないのでトータルで2万円くらい割高
  • 初月無料ではない
  • 端末代が無料ではない(3800円)

UQ WiMAXの目次へ戻る

UQ WiMAXの料金の詳細とキャッシュバックキャンペーンの最新情報と割高になる理由

※申し込みから最短で当日発送になるので、だいたい3日程度で端末が届きます。
※端末を受け取って使い始めた日が初月(使わなかった場合はUQが発送した10日後が初月)
※初月の月額料金は日割り
※解約月の月額料金も日割り

契約月数未満や更新月以外で解約すると違約金がかかります。

UQ WiMAXの料金とキャッシュバックの詳細

料金プランには、ツープラスギガ放題(以下、ギガ放題)とツープラスプランがあります。

ギガ放題はデータを無制限に使えるプランです。3日間で10GB超のデータを使うと翌日の18時から翌2時(合計8時間)まで通信速度が1Mbpsに制限されます。相当使わないと速度制限にはならないので気にしなくても大丈夫です。(参考:WiMAX 2+の通信速度の速度制限の詳細)

契約月数:違約金なしで解約できるまでの月数
平均月額料金:(契約期間の合計の月額料金 – キャッシュバック – 特典) / 契約月数

UQ WiMAXは支払い方法(クレジットカード/口座振替)、そして選ぶ端末によって、キャッシュバック額が変わります。

ギガ放題(クレジットカード払い)
契約月数初月込みで37ヶ月
事務手数料3,000円
端末代3,800円
初月(日割り)月3,696円
1〜2ヶ月目月3,696円
3ヶ月目〜月4,380円 (解約月は日割り)
合計料金153,808円
キャッシュバック13,000円
(W05 / HOME 01)
8,000円
(WX05)
3,000円
(W06 / L02)
平均月額料金平均3,806円平均4,076円平均4,346円

口座振替にするとキャッシュバックが3000円少なくなります。

ツープラスは月7GBまで使えるプランです。7GBを使い切ってしまった場合、通信速度は128kbpsに制限されます。この制限された速度は超遅いので、7GBを使い切った場合、実質上使えなくなります。

ツープラス月額料金
毎月3696円

ツープラスは使えるデータが少ないので最初に契約する意味がありません。9割以上の人がギガ放題を選んでいます。月7GBで十分な場合は、格安SIMとモバイルルーターがベストです。格安SIMは1万円くらいで自分でモバイルWiFiルーターを買う必要がありますが、月7GBなら月額1900円で使うことができます。

ツープラスはギガ放題を契約していてデータをあまり使わなくなった場合に、ツープラスに変更して月額料金を少し節約するためのプランです。

料金の詳細と申し込みはこちら → UQ WiMAX

UQ WiMAXの目次へ戻る

UQ WiMAXのキャッシュバックの受け取り方

契約月(初月)を1ヶ月目として4ヶ月目に申込み時に登録したメールアドレスにキャッシュバックの案内メールが届きます。

メールに記載されたURLのページから指定の口座情報を入力すると、原則翌営業日までに指定の口座にキャッシュバック金額が振り込まれます。

キャッシュバックの案内メールが届いた日から30日以内にキャッシュバックの手続きをしない場合は、キャッシュバックの権利が無効になるので注意してください。

[使い始めた月 → キャッシュバックの案内メールが届く月]
[1月→4月]、[2月→5月]、[3月→6月]、[4月→7月]、[5月→8月]、[6月→9月]、[7月→10月]、[8月→11月]、[9月→12月]、[10月→1月]、[11月→2月]、[12月→3月]

UQ WiMAXなら契約から4ヶ月程度で普段使うメルアドに案内が届くので、比較的簡単にキャッシュバックを受け取れます。

キャッシュバックの詳細はこちら → UQ WiMAX

他のWiMAXプロバイダーだとキャッシュバックの案内メールが届くがの1年後だったり、GMOとくとくBB WiMAX 2+だと普段使うメルアドに届かなかったりして、相当数の人がキャッシュバックを受け取り損ねてしまっていますが、UQ WiMAXなら少し注意すれば大丈夫な感じです。

UQ WiMAXの目次へ戻る

UQ WiMAXのキャッシュバックはお得? → お得じゃないです・・

WiMAXを契約する上で一番重要なのはキャッシュバック額、もしくは月額料金の安さです。

他のWiMAXプロバイダーだと、WiMAX端末が無料でキャッシュバックも3万円前後もらえたりします。キャッシュバックの代わりに月額料金を安くしているプロバイダーもありますが、その場合でもキャッシュバックに換算すると合計で3万円程度の割引になったりします。

それと比べるとUQ WiMAXのキャッシュバックが少なく、月額料金も安くなっていないので、UQ WiMAXを選ぶメリットはほとんどありません。

口座振替を選べるWiMAXプロバイダーは少ないので、口座振替が必須な人の場合にUQ WiMAXを検討するくらいです。

UQ WiMAXの平均月額料金が割高な理由

UQがWiMAXの基地局等の設備を整備して運営していますが、UQだけで顧客獲得をするのは効率的ではないので、他の会社にWiMAXの回線を貸してWiMAXプロバイダーになってもらって顧客獲得を行なってもらっています。

UQが高額なキャッシュバックを行なってしまうと、他のWiMAXプロバイダーが利用者を獲得できず、顧客獲得を手伝ってくれなくなります。

そこで、UQ WiMAXのキャッシュバック額を少なめにして、他のWiMAXプロバイダーに顧客獲得を頑張ってもらって、UQは基地局等を整備に専念している感じです。

UQ WiMAXだからと言って、優遇されて通信速度が速くなるとか、エリアが広くなるとか、そういうのはありません。全てのWiMAXプロバイダーが同じ速度、同じエリアを共有します。

そのためキャッシュバックを意図的に出し渋っているUQ WiMAXをわざわざ選ぶメリットは利用者側にはほとんどありません。

下記のページでキャッシュバック等を考慮した平均月額料金を安い順に並べているので、基本的に安いところを優先して検討することを強くオススメします。

WiMAX 2+とポケットWiFiの平均月額料金ランキング

UQ WiMAXの目次へ戻る

主に使おうと思っている場所で使えるかエリアチェック!

WiMAX2+のサービスエリア

UQ WiMAXは結構広いエリアをカバーしていますが、ピンポイントエリア判定で使えるかどうかの判定をしてから契約することを強くオススメします。

ほとんどの場合で問題なく使える判定

○でも確実に保証できるものではありません。9割がた大丈夫だと思いますが、端末が届いたら問題なく使えるかすぐ試してみることをオススメします。8日以内に連絡すれば初期契約解除に応じるので、箱も捨てずに保管しておきます。

使えないリスクがある判定

この場合はTry WiMAXで15日間無料で試すことができるので、それで実際に確認してから契約することをオススメします。

おそらく無理な判定

基本的には使わないほうがいいですが、ワンチャンス狙って、Try WiMAXで15日間無料で試してみてください。

使えない判定

サービスエリア外です。

タワーマンションの高層階(15階以上)に住んでいるとか、窓を開けてもビルの壁しかないとか、使う場所が窓から20メートルくらい離れているとか、周りに窓がないとかだと電波が悪くなるので、そういう場所でBIGLOBE WiMAXを使うのは難しいです。

UQ WiMAXでもauのスマホが使える場所ならネットができるハイスピードエリアモードが使えますが、ハイスピードエリアモードで使えるデータ量は月7GBまでです。

3日間10GB使えるデータ通信は、高層階や見通しの良い窓から離れすぎると電波の受信が悪くなるので注意してください。

UQ WiMAXの目次へ戻る

UQ WiMAXの実際に出る通信速度の詳細

WiMAXプロバイダは複数ありますが、WiMAX2+の通信速度は同じです。UQ WiMAXでも、GMOとくとくBBでも、BIGLOBE WiMAX 2+でも、プロバイダごとに通信速度の違いは出ません。

計測場所によって通信速度が大きく異なります。(使用しているモバイルWiFiルーターでも多少変わります)

WiMAX端末のスペックには、下り最大440Mbpsとか、下り最大758Mbpsとか記載されていますが、実際にはそんな超超速い速度は出ません。実際の速度は15Mbps程度です。

とりあえずどんな感じに使えかは、平均的な格安SIMの通信速度を先にみてください。

格安SIM計測アプリ画像(Web)アプリ/ファイル動画
8時322
12時0.50.40.4
14時15
19時21.51.51

表の中の単位は全てMbpsです。平均的な格安SIMは平日の昼(12時)に通信速度がかなり低下します。誰も使っていない14時などは15Mbpsくらい速度がでます。そこそこ人が使っている時間帯だと1Mbpsから2Mbpsくらいが平均的な速度になります。

平日の昼は流石に厳しいですが、スマホで2Mbps前後出ていれば結構快適に使うことができます。ただ、パソコンで快適に使いたい場合は2Mbpsだと少し厳しくて、5Mbpsくらいほしくなります。

UQ WiMAXの通信速度はどうなっているかというと・・(東京の普通の住宅街)

WiMAX2+計測アプリ画像(Web)アプリ/ファイル動画
8時15151515
12時15151515
14時15151515
19時15151515

WiMAX 2+の通信速度は全て15Mbps程度になります。もっと都市部に向かえば通信速度が50Mbpsくらい出ますが、逆に郊外へ向かうと5Mbpsくらいに低下する可能性があります。

格安SIMは場所による速度差はそこまでないですが、利用用途や時間帯により速度がかなり変わります。WiMAX2+は場所による速度差は大きいですが、いつでもどんな利用用途でも同じ通信速度が出ます。

WiMAX2+でも下り最大440Mbpsとか、下り最大758Mbpsとかいう速度なんて出ませんが、サービスエリア内ならWiMAX2+で十分以上に快適に使うことができます。

このサイトではWiMAX2+の通信速度をリアルタイムで計測して、結果をWebサイト上で公開しているのでは参考にしてみてください。

WiMAX2+の通信速度 (リアルタイム)

※ タワーマンションの高層階(15階以上)に住んでいるとか、窓を開けてもビルの壁しかないとか、使う場所が窓から20メートルくらい離れているとか、周りに窓がないとかだと、WiMAXの電波が悪くなり使い物にならない可能性があります。

UQ WiMAXの目次へ戻る

UQ WiMAXのWiMAX端末の選び方

UQ WiMAXはWiMAX端末の端末代として4800円がかかります。他のWiMAXプロバイダーだとほとんどのところが無料ですが、UQ WiMAXだと端末代がかかります。

UQ WiMAXで選べる端末は、W06、W05、WX05、HOME L02、L01s、01の6機種です。

※ 旧モデルのW05とL01sならキャッシュバックが増えますが、性能的に選ぶメリットが少ないのでW05とL01sの紹介は省略します。

W06:持ち歩けるモバイルタイプ、実績と速度重視

W06

Speed Wi-Fi NEXT W06
通信速度下り最大558Mbps / 上り最大30Mbps
サイズ128 x 64 x 11.9mm 125グラム
電池持ちハイパフォーマンス430分 / スマート540分 / バッテリーセーブ700分 / 休止800時間
発売日2019年1月25日

主に外でよく使う場合にW06がおすすめです。最大通信速度が一番速く、受信感度も結構いいので、モバイルタイプでWiMAX端末の中で一番オススメです。

(新しい機種)W06 ← W05 ← W04(古い機種)

W06の性能評価と評判、WX05と旧モデルのW05とホームルータのL02と01の詳細比較

UQ WiMAXの目次へ戻る

WX05:持ち歩けるモバイルタイプ、安定性重視

WX05

Speed Wi-Fi NEXT WX05
通信速度下り最大440Mbps / 上り最大30Mbps
サイズ111 × 62 × 13.3mm 128グラム
電池持ちハイパフォーマンス490分 / スマート690分 / バッテリーセーブ840分 / 休止700時間
発売日2018年11月8日

※ 電池持ちの計測の仕方がWX05とW06で少し違いますが、ハイ=ハイパフォーマンス、ノーマル=スマート、エコ=バッテリーセーブと同じものと仮定して掲載しています。

自宅や外でも使う場合にWX05がおすすめです。電池持ちが良く、室内でも受信感度が良くなる機能が付いています。

WX05はWiMAXハイパワー対応に対応しているので、電波が届きにくいエリアにおいて通信速度が最大20%改善します。

WX05専用のクレードルはWウイングアンテナが付いていて、アンテナ1,2本の場所だとアンテナが増える場合があり、20%程度スループット(通信速度)が向上します。クレードルを機能させるにはコンセントが必要です。

自宅でも外でも使いたい場合に、WX05とクレードルのセットがオススメです。主に外で使う場合は、通信速度が速く、WXシリーズより評判の良いWシリーズのW06がオススメです。

(新しい機種)WX05 ← WX04 ← WX03(古い機種)

WXシリーズはWX04とWX03の評判が散々な悪さでしたが、WX05でようやくまともな良い評判になっています。

UQ WiMAXの目次へ戻る

HOME L02:自宅に設置するホームタイプ、実績と速度重視

HOME L02

Speed Wi-Fi HOME L02
通信速度下り最大558Mbps / 上り最大30Mbps
同時接続数WiFi 40台(2.4GHz:20台、5GHz:20台) / LANポート 2台(1000BASE-T、100BASE-TX、10BASE-T)
サイズ93 × 178 × 93mm / 436グラム
電池持ちコンセントに挿して使います
発売日2019年1月25日

自宅の固定回線用に使いたい場合は、ホームルータのHOME L02が一番オススメです。モバイルタイプ(W06、WX05)だと長時間コンセントに繋げたままだと電池が劣化してしまいますが、HOME L02ならコンセントに繋げて使うタイプのルーターなので劣化の心配はありません。

HOME L02は4本の高感度アンテナで360度全方位カバーできるので、モバイルルーターと比べてWiMAX2+の受信感度が良くなります。

さらにビームフォーミングに対応していて、HOME L02を置いている部屋とは別の部屋や別のでもWiFiが繋がりやすくなっています。W06とWX05でもビームフォーミングに対応していますが、モバイルルータよりもホームルータの方がビームフォーミングの電波が強くなります。

電波の受信感度はモバイルタイプよりも良くなり、モバイルタイプよりも自宅内を広い範囲でカバーしてくれます。

外ではWiMAXをあまり使いそうもなく、主に自宅で使う場合は、HOME L02を選ぶことを強くオススメします。工事も不要で、電波の良さそうな窓際に置いて、コンセントに挿すだけです。

HOME L02の性能評価と評判、WiMAXホームルータのHOME L01sとHOME 01の詳細比較

UQ WiMAXの目次へ戻る

HOME 01:自宅に設置するホームタイプ、NEC製

HOME 01

Speed Wi-Fi HOME 01
通信速度下り最大440Mbps / 上り最大30Mbps
同時接続数WiFi 20台(2.4GHz:10台、5GHz:20台) / LANポート 2台(1000BASE-T、100BASE-TX)
サイズ70 × 155 × 100mm / 338グラム
電池持ちコンセントに挿して使います
発売日2018年12月7日

HOME 01も自宅で使うタイプのホームルータです。

HOME 01はWiMAXハイパワーに対応して、ワイドレンジアンテナを搭載することで自宅内の電波が届きにくい場所での通信速度が約70%向上します。(ただ何に対して約70%アップなのかは不明です・・。基本的にはHOME 01の実性能はL02とかなり近いレベルだと思われます)

HOME L02とHOME 01との違いですが、正直実性能の違いは僅差です。

HOME L02はファーウェイ製、HOME 01はNEC製です。技術力では、最近はファーウェイのほうがだいぶ上になってしまっているのでは・・と。WiMAX端末もNEC製よりもファーウェイ製のほうが電波の受信が安定する傾向があります。

ただ、NEC製のHOME 01は2018年12月に発売されて、特に悪い評判があるというわけでもないのでホームルータにHOME 01を選んでも特には問題はない感じがします。

実績と速度を重視する場合はHOME L02、NEC製を重視する場合はHOME 01といった感じになります。

WiMAX端末の詳細はこちら → UQ WiMAXの公式サイト

UQ WiMAXの目次へ戻る

W06とWX05の場合は充電器が必要

W06とWX05には充電器と充電ケーブルは付いていないので、持っていない場合は自分で用意する必要があります。充電器とケーブルのオススメは下記になります。

Amazon:Anker 24W 2ポート USB急速充電器

Amazon:Rampow USB Type C ケーブル

そのへんに売ってる安いUSB充電器とUSB Type C ケーブルでも大体は問題ないです(安い充電器やケーブルだと充電時間が長くなる可能性があります)。

UQ WiMAXの目次へ戻る

申し込むのに必要なもの、本人名義のクレジットカード(口座振替の場合は不要だけど・・)

UQ WiMAXを申し込むのには本人名義のクレジットカードが必要です。

UQ WiMAXの場合は口座振替を選べるので、口座振替を選ぶ場合はクレジットカードは不要です。ただ、口座振替だと選べるWiMAXプロバイダーがかなり少なくなり、平均月額料金も高くなってしまいます。

本人名義のクレジットカードを持っていない場合は、クレジットカードを作ることを強くオススメします。何かしらの理由でクレジットカードが作れない場合に、口座振替を選んでみてください。UQ WiMAXの他にも口座振替で申し込めるWiMAXプロバイダーの比較を検討してみてください。

自分のクレジットカードを持っている場合は、そのクレジットカードを使えばいいです。持っていない場合はヤフーカードを検討してみてください。

クレジットカードはヤフーカード、年間費無料でポイント還元率1%

クレジットカードのヤフーカードは年間費が無料で、ポイント還元率が1%あるクレジットカードです。100円の支払いで、1円相当のTポイントがもらえます。

UQ WiMAXの申し込みに → ヤフーカードの公式サイト

Tポイントには実質有効期限がなく(最後にポイント加算または使用してから1年間)、Yahooショッピング等いろんなところで使うところができます。

UQ WiMAXの目次へ戻る

UQ WiMAXの問い合わせ対応、あまり積極的ではなさそう

UQ WiMAXはオンラインチャットでの問い合わせは非対応です。フリーダイアルでの問い合わせには応じていますが、電話番号はGoogleなどの検索エンジンから調べないと出てこない感じになっています。

契約を検討している人

UQお客さまセンター
0120-959-001
受付時間:9時~21時(年中無休)※ 一部IP電話からは電話できません

UQ WiMAXを契約中の人

UQお客さまセンター
0120-929-818
受付時間:9時~21時(年中無休)※ 一部IP電話からは電話できません

解約時の電話番号(0120-929-818)もフリーダイアルです。

何回か問い合わせたことがありますが、受け答え自体は丁寧でした。他のWiMAXプロバイダーで契約してもらいたいのか、問い合わせ対応は目立たない感じで行なっている感じです。

UQ WiMAXの目次へ戻る

UQ WiMAXの違約金の詳細

UQ WiMAXの違約金
1カ月目(初月)~13カ月目1万9000円
14カ月目~25カ月目1万4000円
26カ月目〜37ヶ月目9500円
38カ月目0円 (更新月)
39カ月目〜9500円

ここでは契約をした月(端末が届いた月)を初月として1ヶ月目でカウントしています。

契約期間や更新月が、よくわからなくなってしまった場合は、my UQ WiMAXで確認できます。もしくはUQに電話(0120-929-818)をすれば回答してくれます。

端末を受け取ってから8日以内なら1万9000円の違約金なしに初期契約解除をすることができます。

UQ WiMAXの目次へ戻る

UQ WiMAXの解約の仕方の詳細

UQ WiMAXは3年契約です。更新月に解約しないと、それ以降は違約金が9500円発生してしまいます。更新月を超えて使うメリットはないです。

更新月に解約して、他のWiMAX2+のプロバイダーへ行けば、キャッシュバックがまたもらえます。より性能の良い新しいモバイルWiFiルーターも無料でもらえます。

ほとんどのWiMAXプロバイダーは解約月は満額請求ですが、UQ WiMAXの場合は解約月の料金は日割りです。

違約金なしに解約するには、更新月の月末までに電話で解約手続きを行う必要があります。書面でも解約手続きができますが、書面だと送料と時間がかかるので、普通は書面で解約手続きはしません。(Webサイトでは解約できません)

解約手続きの電話先
UQお客さまセンター:0120-929-818
受付時間:9時~21時(年中無休)※ 一部IP電話からは電話できません

月末に電話をかけると、解約電話が混雑していたとか、何か不測の自体が発生する可能性が少しだけあるので、更新月が来たら日割りなのでさっさと解約することをお勧めします。

返却するものは特にありません。WiMAX端末とUIMカード(SIMカード)の返却も不要です。

UQ WiMAXの目次へ戻る

電波が悪い場合は初期契約解除、8日以内なら違約金なしに解約

WiMAX 2+、問答無用で端末を受け取ってから8日以内なら違約金なしに解約することができます。

事務手数料の3000円とWiMAX端末の返却時の送料は支払う必要がありますが、8日以内なら1万9000円の違約金を支払わずに解約できます。

理由もいらないです。期限までに初期契約解除を申し込めばキャンセルできます。UQ WiMAXへ機器が届いてから8日以内に電話して、初期契約解除をしたい旨を言って、初期契約解除の書面を送付(消印有効)するだけです。

さすがに、最初から8日以内にキャンセルする目的で申し込むのは人としてどうかと思いますが、家で使ってみたら電波が届かなくて使い物にならないとか、外で使おうと思っていた場所でほとんど電波が入らなかったとか、そういった場合は、初期契約解除です。

初期契約解除できるのは、端末を受け取ってから8日以内です(または不在者届けが届いてから8日以内)が、何かあるとまずいので、2,3日以内で一通り試して、まずいと思ったらさっさとUQ WiMAXに電話をして初期契約解除の手続きをとることをお勧めします。

UQ WiMAXの目次へ戻る

大手キャリアの半額で快適に使える格安スマホ、UQモバイルが月300円引きで使える!

UQ WiMAXを運営しているUQコミュニケーションズは、格安スマホのUQモバイルも運営しています。

そしてWiMAX2+とUQモバイルの「おしゃべり/ぴったりプラン」を契約していると、月額料金がずーと300円引きになるギガMAX月割が適用されます。

UQモバイルは大手キャリアの利用料金の半額くらいでスマホが使えて、通信速度が大手キャリア並みに速いので、格安SIMの中でも圧倒的な満足度になっています。

もともとUQモバイルとWiMAXのコスパは良いですが、ギガMAX月割の300円引きで更に割安に使えます。

※ UQモバイルのギガMAX月割は、UQ WiMAXの他にも、GMOとくとくBB WiMAX2+、BIGLOBE WiMAXなどのWiMAXプロバイダーを契約する場合でも適用されます。

ざっくり評価すると、WiMAXのサービスエリア内の場合で、自宅のテレビでネット動画(特にNetflix)をダラダラ見ない場合、そして光回線のひかり電話を使っていない場合に、WiMAX2+とUQモバイルの組み合わせを検討することをオススメします。

家族で使う場合、UQモバイルの2回線目からはギガMAX月割は適用されませんが、2回線目からUQモバイルの「おしゃべり/ぴったりプラン」が家族割で月500円引きになります。

このサイトでもUQモバイルのおしゃべりプランGMOとくとくBB WiMAX2+を契約しています。

詳細は下記にまとめているので参考にしてみてください。

ギガMAX月割特集!UQモバイルとWiMAXでスマホも自宅のネットも安く快適に。自宅のネットはコンセントに挿すだけのウルトラギガMAX

UQ WiMAXの目次へ戻る

モバイルWiMAXルーターをなくしても大丈夫?

外で使う時はモバイルWiMAXルーターをバックやポケットの中に入れておけば良いのですが、ポケットやバックなどから取り出して机に置いた方が速度が出て安定します。そのため置き忘れる可能性が少しあります。

小さいので盗まれる可能性も高くなります。ファミレスや喫茶店で少しトイレに行っている隙に盗まれるとか・・。ノートパソコンは少し大きいので目立ちますが、モバイルWiFiルーターなんて手のひらサイズです。。

紛失・盗難にあっても月380円の保証に入っていれば、5300円で元通りにしてくれる

モバイルルーターをなくしたり、盗難にあった場合どうなるか・・、多くのプロバイダでは通常の違約金ありの強制解約を案内してしまいます。

UQ WiMAXだけ月380円の保証に入っていれば、再発行手数料2000円と端末自己負担3300円、合計5300円で再び使えるようにしてくれます。

端末が故障した時の保証があるプロバイダは他にもあるのですが、端末を紛失・盗難にあった場合の保証があるのは、UQ WiMAXくらいです。

UQ WiMAXの目次へ戻る

保証に入っていない場合で盗難や紛失、故障しても基本的には元に戻せる

月380円の保証に加入していればUQが手とり足とり元に戻してくれますが、月380円の保証は少し高いので、保証に入るのは一般的ではありません。

保証に入らずに盗難や紛失、故障したらゲームオーバーかというと、実際はそうでもなく、全て自分で手配して元に戻すことができます。

※ この方法は全て自己責任で行ってください。ほぼ可能と思いますが、不測の事態で100%保証できるというものではありません。

故障の場合

もらったWiMAX端末が壊れたり、なんか動作がおかしい場合は、auショップで修理を受け付けてくれます。1年間のメーカー保証もあるので、水の中にぶっこんだとかじゃなければ、無料で直してくれる可能性はかなり高いです。

auショップにWiMAX端末の在庫があれば、代替機として無料で貸し出してくれます。(在庫がないことはあまり考えられないですが、事前にauショップへ問い合わせることをオススメします)

契約から1年以上経っていた場合は、高額な修理代を要求されてしまうので、ヤフオクやメルカリで中古のWiMAX端末を手に入れます。もしくは契約から19ヶ月経っていると、UQ WiMAXなら最新機種に6000円で機種変更できます。

盗難・紛失の場合

モバイルルーターを紛失・盗難にあったら、まずはauショップでUIMカードの再発行の手続きをしてもらいます。再発行手続きをすれば、前のモバイルルーターは使えなくなります。UIMカード再発行手数料は2000円です。

WiMAXを契約した時にもらえる11桁の電話番号が再発行のときに必要です。この番号がわからない場合はUQ WiMAXに電話をかけて自分のWiMAXの11桁の電話番号を聞き出してください。

WiMAXの11桁の電話番号をメモって、WiMAXを契約した本人が免許証や保険証などの本人確認書類とハンコを持参すれば、基本的にauショップでUIMカードの再発行に応じてくれます。ただし、auショップの店員の知識不足で変な要求をする可能性があるので、事前にauショップへ問い合わせて確認することをオススメします。

※ ここでのポイントはauショップへ行くことです。auではありません。auショップです。auに聞くと再発行できないと言われます。auショップに聞くとできる言います。無知なauショップの店員が間違えて答えるかもですが、その場合は違うauショップへ電話をかけてください。

端末を紛失したというと何かうるさいことを言ってくる可能性もあるので、あくまで無くしたUIMカードだけを再発行させる方向で手続きを取るのがオススメです。

※ WX03、WX02、WX01、W04、W03、W02、W01などの古い端末で契約している場合で、UQ WiMAXの機種変更を利用すると、機種変更時に端末と一緒に新しいUIMカードが届くので、auショップで再発行する必要はありません。

中古のWiMAX端末の手に入れ方

メーカー保証の効かない故障や紛失や盗難の場合は、中古のWiMAX端末を手に入れるか、契約から19ヶ月経っている場合はUQ WiMAXの機種変更で6000円で新しい端末を手に入れることができます。

UIMカードには相性があるので、基本的には無くした端末と同じ端末をヤフオクやメルカリなどで手に入れるのが無難です。(UQ WiMAXで機種変更する場合は、相性は気にしなくて大丈夫です)

使いまわしができる端末の組み合わせ①
WX05、WX04、W06、W05、HOME L02、L01s、01

使いまわしができる端末の組み合わせ②
WX03、WX02、WX01、W04、W03、W02、W01、HOME L01

例えば、WX05を使っていて無くして、WX03を手に入れて使おうとするとひどい目に遭う可能性が非常に高いです。WX05、W06、W05なら大丈夫です。

最新のWiMAX端末は6000円〜9000円程度、型落ちだと3000円〜5000円程度でヤフオクやメルカリで手に入れることができます。手に入れたモバイルルーターにUIMカードを挿入すれば元どおり使えるようになります。

UQ WiMAXの目次へ戻る

無くした場合や壊れた場合でも、Broad WiMAXなら違約金を負担してくれて、新しい端末が無料でもらえる

端末を無くした場合でも自分で復旧する手段はありますが、何かしら変な制限で確実に復旧できるかまでは自信がありません。(95%できると思いますが・・)

復旧できないリスク(USIMカードを再発行しても手に入れた端末では使えなかった等)を避けたい場合は、プロバイダーを乗り換えるというのも一つの手になります。

Broad WiMAXなら他社のWiMAXから乗り換えで違約金が発生する場合、最高で1万9000円までBroad WiMAXが負担してくれます。

端末を無くしたり壊れた場合、UQ WIMAXの違約金を負担してくれるBroad WiMAXに乗り換えるというのもアリです。

Broad WiMAXの詳細評価と評判、他社WiMAXの違約金を負担してくれる!

UQ WiMAXの目次へ戻る

UQ WiMAXの機種変更、故障時や紛失時に安く端末が手に入る

UQ WiMAXは契約から19ヶ月経つと最新端末に6000円で機種変更できて、34ヶ月経つと無料(もしくは2000円)で新しいWiMAX端末に機種変更できます。

UQ WiMAXの機種変更の公式サイト

契約から19ヶ月以降に端末を紛失したり壊れた場合に、新しいWiMAX端末が安く手に入ります。この点においてはUQ WiMAXの機種変は意味があります。

無意味なのは機種変を利用して無料でWiMAX端末を購入することです。というのも、無料購入から6ヶ月以内にWiMAXを解約すると端末を返却する必要があるためです。返却しない場合や無料購入した端末が壊れていた場合は、2万円の罰金が発生します。

UQ WiMAXは34ヶ月経って無料で機種変しても、4ヶ月で38ヶ月目の更新月が来ます。無料で機種変しても更新月に解約すると返却する羽目になります。

解約せずに使い続ける場合、UQ WiMAXの月額料金は4,380円です。他社なら平均月額料金が3000円ちょっとで使えるので、UQ WiMAXで無料で機種変するメリットはほとんどありません。

故障時や紛失時にだけ機種変を利用することをおすすめします。

UQ WiMAXの目次へ戻る

UQ WiMAXのまとめ

WiMAX 2+の通信速度はプロバイダーごとに差がないので、契約でもらえる特典(キャッシュバックや月額割引)と、カスタマーサポート、解約のしやすさになります。

UQ WiMAXはキャッシュバックがもらえるのが早くて、手続きメールも普段使っている自分のメルアドに届くので、キャッシュバックを受け取り損ねる可能性はだいぶ低いです。

他のWiMAX2+のプロバイダーだと、キャッシュバックがもらえるのが1年後だったり、キャッシュバックの案内メールが普段使っていないメルアドに届いたりして、少なくない人がキャッシュバックを受け取り損なっています。

キャッシュバックを簡単に受け取れるのは、UQ WiMAX、BIGLOBE WiMAXnifty WiMAXくらいです。

UQ WiMAXはWiMAX 2+のプロバイダーの中でも一番大きな会社です。そのため、カスタマーサポートにも多くの人員を割いているので、問い合わせ電話もつながりやすいです。フリーダイアルで月末までに解約できて、解約時の日割りにも対応しています。

ただ、一番重要なキャッシュバック額が少なく、月額割引もありません。平均月額料金は他のWiMAXプロバイダーと比べるて割高になっています。

料金的なメリットがないので、基本的には他のWiMAXプロバイダーを契約することをお勧めします。

UQ WiMAXの詳細はこちら → UQ WiMAXの公式サイト

UQ WiMAXの目次へ戻る

UQ WiMAXの評判

UQ WiMAXはWiMAX 2+を提供している会社の中での評判は普通ですが、キャッシュバックが少なく月額割引も少ないため、UQ WiMAXを勧める人は少ないです。

UQ WiMAXの評判は悪くはないんですが、多くの人がもらえるキャッシュバックが少ないことに不満を持っています。

他のプロバイダーだと高額キャッシュバックや月額料金の割引などもあったりしますが、UQ WiMAXだとキャッシュバックがだいぶ少なくなっています。加えて、他のプロバイダーの多くは初月の月額料金が無料になるのに対して、UQ WiMAXは初月も日割りで月額料金がかかります。

もらえるキャッシュバックが多ければ、UQ WiMAXは信頼性が高いことからおすすめできるのですが、現状では勧めるのが難しいです。

ただし、UQ WiMAXだけ月額380円の端末保証があり、もしもモバイルルータをなくしてしまった場合でも、5300円で元通りにしてくれます。UQ WiMAXなら端末保証に入っていれば安心して使えるというメリットがあります。

モノをなくすことが多い場合はUQ WiMAXを検討してみてください。

UQ WiMAXの詳細と申し込み → UQ WiMAXの公式サイト

WiMAX 2+の口コミと質問は下記から

このサイトではユーザ参加型の口コミサイトも運営しています。WiMAX 2+も下記で口コミや質問を受け付けているので、何かあれば書き込んでいただければと思います。

格安SIMとスマホの口コミ:WiMAX 2+とポケットWiFiの口コミ

UQ WiMAXの目次へ戻る

WiMAX 2+とポケットWiFiの平均月額料金ランキングと総合評価

契約月数:違約金なしで解約できるまでの月数
平均月額料金:(契約期間の合計の月額料金 - キャッシュバック - 特典) / 契約月数

平均月額料金は2019年11月時点のキャンペーンを全て反映した計算しています。

解約月はUQ WiMAXだけ日割りで、それ以外は全て満額請求です。WiMAX2+は全てギガ放題の料金プランです。WiMAX2+を選ぶ人の9割以上はギガ放題を選んでいます。

下記は全てクレジットカードの支払いを基準にしています。口座振替で支払いたい場合は口座振替対応の比較ランキングを参考にしてみてください(口座振替だと割高になります)。

※ 3日間で10GB使えるプランで10GBを超えると、回線の種類がWiMAX2+だと翌日の18時から2時(合計8時間)まで通信速度が1Mbpsに制限、回線の種類がソフトバンクのAXGPだと当日の18時から1時(合計7時間)まで通信速度が1Mbpsに制限されます。

平均月額料金の安さ1位:GMOとくとくBB

GMOとくとくBB月額割引版キャッシュバック版
契約月数初月込みで38ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円
初月(日割り)月2,170円月3,609円
1〜2ヶ月目月2,170円月3,609円
3〜36ヶ月目月3,480円月4,263円
37ヶ月目〜月4,263円
合計料金132,093円163,032円
キャッシュバック0円34,800円
平均月額料金月平均3,476円月平均3,375円

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応△ / 違約金◎ / 取り扱い端末◎ W06、WX05、HOME L02、01

月額割引版のキャッシュバック◎:キャッシュバックがもらえませんが、月額料金が安くなっています。

キャッシュバック版のキャッシュバック△:キャッシュバックは高額ですが、キャッシュバックは11ヶ月後に独自メールアドレスにメールが届き30日以内に手続きを完了させる必要があり、受け取り損ねる人が相当(半数?)います。

総合評価:WiMAXプロバイダの中で一番無難に使えるのがGMOとくとくBBの月額割引版です。月額割引を多くして、キャッシュバックをなくしているので、安心です。キャッシュバック版はリスクが高いので避けたほうがいいです。

GMOとくとくBB WiMAX2+(月額割引)の公式サイト

GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックより月額割引キャンペーンがおすすめの詳細評価

平均月額料金の安さ2位:どんなときもWiFi、ほんとにデータ無制限

どんなときもWiFiの料金
契約月数初月込みで26ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円 (レンタル)
初月(日割り)月3,480円
1〜24ヶ月目月3,480円
25ヶ月目〜月3,980円
合計料金93,980円
キャッシュバック0円
平均月額料金月平均3,615円

回線種類 ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線 / 使えるデータ量◎ 月200GB以上 / 通信速度と対応エリア◎ / 問い合わせ対応◎ / 違約金○ / 取り扱い端末△ D1

キャッシュバックなし◎:代わりにデータを超たくさん使えて、月額料金も比較的安くしています。

総合評価:どんなときもWiFiならほんとに無制限でデータを使えます。月200GBでも300GBでも使えます。ドコモ、au、ソフトバンクの電波が使えるので、普通のスマホが使えるところならどこでも使うことができます。データをどこでも大量に使いたい場合に一番おすすめです。

どんなときもWiFiの公式サイト

どんなときもWiFiの評判とデメリットを実際に契約して、速度は遅いのか制限があるのか徹底検証

平均月額料金の安さ3位:Broad WiMAX

Broad WiMAXの料金
契約月数初月込みで37ヶ月
事務手数料3,550円 (強制オプション550円込み)
端末代0円
初月(日割り)月2,726円
1〜2ヶ月目月2,726円
3〜24ヶ月目月3,411円
25ヶ月目〜月4,011円
合計料金134,902円
キャッシュバック0円
平均月額料金月平均3,646円

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応○ / 違約金○ / 取り扱い端末◎ W06、WX05、HOME L02、01

キャッシュバックなし◎:代わりに月額料金を安くしています。

総合評価:Broad WiMAXは他社のWiMAXプロバイダーから乗り換える際に違約金が発生した場合は、最大1万9000円分の違約金をキャッシュバックしてくれます。プロバイダーを乗り換える場合で、違約金が発生する場合にBroad WiMAXを検討してみてください。

注:Broad WiMAXだけ事務手数料の他に18,857円の初期費用を設けています。月550円の安心サポートプラスと月907円のMyBroadサポートの2つのオプションに加入すると初期費用が無料になります。両方とも端末が届いたらすぐ解約できますが、安心サポートプラスの550円だけ無料期間がないので料金が発生します。

Broad WiMAXの公式サイト

Broad WiMAXの詳細評価と評判、他社WiMAXの違約金を負担してくれる!

WiMAX 2+とポケットWiFiのおすすめ比較ランキング1位〜7位+オススメ圏外

その他のWiMAX 2+関連の情報

最終更新日 2019年7月2日 / 作成日 2016年7月20日 / 作成者 格安SIMの管理人
「UQ WiMAXの詳細評価とキャンペーン情報&UQ WiMAXを選ぶメリットとデメリット」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ