UQモバイルの格安スマホのおすすめランキング、新規・乗り換え・機種変で最大1万9590円引き

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (2) / 関連:UQモバイル更新順(18) | 格安スマホ更新順(57)

UQモバイルの格安SIMとセットで申し込むと、最大で1万9590円引きで格安スマホ(iPhone7含む)が買えます。

でも、どの格安スマホを買えば良いのかわからない・・

UQモバイルの格安スマホのおすすめランキング

そんな場合に格安スマホを50台以上買っている格安SIMの管理人が、UQモバイルの格安スマホのおすすめランキングをお教えします!

UQ mobileの格安スマホの選び方で悩んだら参考にしてもらえればと思います。

UQ mobileを実際に使って徹底解説、料金プランと総合評価

UQ mobileの公式サイト(最大1万9590円の端末割引)

UQ mobileの格安スマホのおすすめランキング

UQモバイルを申し込む場合は下記の手数料がかかります。

新規契約・他社からの乗り換えの場合
SIMパッケージ料金(事務手数料):3000円(税込3300円)

機種変更の場合(既にUQモバイルを契約している人向け)
・機種変更手数料:3000円(税込3300円)

UQモバイルで端末を買う場合は一括払い、24回払い、36回払いを選べます。

実質価格は手数料と消費税込の総額です。送料は無料です。

おすすめ1位:iPhone 7、スマホを快適に長く使いたい場合にオススメ

UQモバイルのiPhone7

iPhone7の32GB版
・定価:3万6000円
・新規契約/乗り換え:1万8000円(1万8000円の値引き)
・機種変更:2万5200円(1万800円の値引き)

iPhone7の32GB版の実質価格
・新規/乗り換え:1万8000円+3000円+消費税 = 実質2万3100円(税込)
・機種変更:2万5200円+3000円+消費税 = 実質3万1020円(税込)


iPhone7の128GB版
・定価:4万6800円
・新規契約/乗り換え:2万8800円(1万8000円の値引き)
・機種変更:3万6000円(1万800円の値引き)

iPhone7の128GB版の実質価格
・新規/乗り換え:2万8800円+3000円+消費税 = 実質3万4980円(税込)
・機種変更:3万6000円+3000円+消費税 = 実質4万2900円(税込)


iPhone 7の性能:4.7インチ、CPU A10チップ、RAM2GB、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ138グラム、防水対応、Felica対応(SUICA、iD、QUIC Pay)

UQ mobileではiPhone 7を2018年12月20日から取り扱いを開始しました。最初は6万円弱で販売していましたが、今では新規契約/乗り換えなら1万8000円です。

iPhone6sからiPhone7になって、性能が3割アップして、電池持ちが良くなり、カメラ性能も良くなり、防水とFelicaにも対応しました。性能的に、あと3年くらい使えるのがiPhone7です。

UQモバイルのiPhone7の32GB版は、できるだけ安くiPhoneを使いたいライトユーザと一般ユーザにおすすめです。ROM128GBが必要な場合は、iPhone SE 第2世代を検討することをおすすめします。

iPhone7の詳細と申し込みはこちら → UQ mobileの公式サイト

おすすめ1位:OPPO Reno3 A、おサイフケータイ・防水スマホの大本命

OPPO Reno3 A

OPPO Reno3 A
・定価:3万2400円
・新規契約/乗り換え/機種変:2万1600円(1万800円の値引き)

OPPO Reno3 Aの実質価格
2万1600円+3000円+消費税 – 3000円(au Payのキャッシュバック) = 実質2万3760円(税込)


OPPO Reno3 Aの性能:6.44インチ(有機EL)、CPU SDM665、RAM6GB、ROM128GB、カメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+ポートレート200万画素+モノクロ200万画素、重さ175グラム、電池容量4025mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応)、WiFiのac対応、Type C対応、防水、おサイフケータイ対応、Android 10

OPPO Reno3 Aは2020年6月25日に発売された防水・おサイフケータイ対応スマホで一番売れる格安スマホです。

旧モデルのOPPO Reno Aと比べてゲーム性能は低下しましたが、ROMが64GBから128GBへ倍増、カメラ性能も4800万画素に大幅アップして超広角カメラも搭載、電池持ちは1割ちょっとアップしました。

家電量販店だと税込3万9800円です。UQモバイルなら実質2万3760円で買えるのでコスパが超良いです。

最近はキャッシュレス決済も流行り始めているので、キャッシュレスのおサイフケータイを使いたい場合は、OPPO Reno3 Aが一番おすすめです。単に防水だけ欲しい場合でもOPPO Reno3 Aのコスパはかなり良いです。

OPPO Reno3 Aの詳細と申込み → UQ mobileの公式サイト

8月30日までに申し込むとau Pay残高へ3000円キャッシュバック

2020年8月30日までに、UQモバイルでOPPO Reno3 Aを購入した後に、キャンペーンサイトで応募するとau Pay残高に3000円のキャッシュバックがもらえます。

※ 3000円キャッシュバックは、申込画面のかなり目立たないところに書いてあります。

OPPO Reno3 Aの詳細スペックと性能レビュー、防水・おサイフケータイ対応スマホの大本命

おすすめ2位:iPhone SE 第2世代、アップルストアでiPhoneを買ってUQモバイルでSIMのみ申し込むだけ。ずーと使える超高性能iPhone

UQモバイルでiPhone SE 第2世代が使える

iPhone SE 第2世代の価格
・64GB版:4万9280円(税込)
・128GB:5万4780円(税込)
・256GB:6万6880円(税込)

UQモバイルでiPhone SEは販売していませんが、アップルストアでiPhone SEを買って、UQモバイルではSIMのみを申し込めば良いだけです。

iPhoneSEはiPhone7と比べて性能が約2倍アップします。iPhone7でも普通に使う場合は3年くらい使えますが、iPhoneSEなら途中で電池交換すれば6年使えるくらい超高性能です。

できるだけ長く使いたい場合は、iPhone SE 第2世代がおすすめです。eSIMにも対応しているので、ギガをたくさん使う場合は楽天モバイルのeSIMを便利に安く使えます。

UQモバイルならSIMのみ申し込む場合でも新規契約なら3000円、他社からの乗り換えなら1万円のキャッシュバックがもらえます。

SIMのみ申し込む → UQ mobile(最大1万円のキャッシュバック)

UQモバイルでiPhone SE 第2世代が使えて一番おすすめの理由とは?

おすすめ3位:AQUOS sense3、電池持ちが超良くコンパクト

AQUOS sense3 / sense3 lite

AQUOS sense3
・定価:3万2400円
・新規契約/乗り換え/機種変:2万1600円(1万800円の値引き)

AQUOS sense3の実質価格
2万1600円+3000円+消費税 = 実質2万7060円(税込)


AQUOS sense3の性能:5.5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)+超広角カメラ1200万画素(F値2.4)、重さ167グラム、電池容量4000mAh、防水、おサイフケータイ対応、Android 9、耐衝撃対応

AQUOS sense3は2019年11月8日に発売された電池持ちが超良い防水・おサイフケータイ対応の比較的コンパクトな格安スマホです。

CPUは普通性能のSDM630です。

AQUOS sense3は特別なスマホではありませんが、とりあえず普通に使えて、5.5インチなので扱いやすく、落としても壊れにくく、電池持ちが超良いので電池の劣化の心配なく長い間使えます。

AQUOS sense3の詳細と申込み → UQ mobileの公式サイト

AQUOS sense3の詳細スペックと性能レビュー、実用性重視の普通の格安スマホ

おすすめ3位:OPPO A5 2020、低画質だけど電池持ち化物スマホ、他社からの乗り換えなら実質4290円(税込)

OPPO A5 2020

OPPO A5 2020
・定価:2万490円
・新規契約/乗り換え/機種変:1万800円(9690円の値引き)
・乗り換え:900円(1万9590円の値引き)

OPPO A5 2020の実質価格
・新規契約/機種変:1万800円+3000円+消費税 = 実質1万5180円(税込)
・乗り換え:900円+3000円+消費税 = 実質4290円(税込)


性能:6.5インチ(720×1600、HD画質)、CPU SDM665、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.25)+ポートレート深度測定用200万画素(F値2.4)+モノクロ深度測定用200万画素(F値2.4)、重さ195グラム、電池容量5000mAh、Android 9

OPPO A5 2020は2019年11月1日に発売された安価ですが、比較的高性能な格安スマホです。

省エネ性能がアップしたCPUに加えて、電池容量が5000mAh、そして画面は低画質のHDです。電池持ちが超良いです。

欠点はディスプレイが低解像度のHD画質な点です。小さい文字などは低画質でも普通に見えますが、低解像度ディスプレイは画像が少し荒くなります。

OPPO A5 2020の詳細と申込み → UQ mobileの公式サイト

OPPO A5 2020の詳細スペックと性能レビュー、低解像度だけど電池持ち化け物

おすすめ4位:Galaxy A20、安さ最重視の格安スマホ、他社からの乗り換えなら実質3850円(税込)

Galaxy A20

Galaxy A20
・定価:1万8720円
・新規契約/機種変:1万800円(7920円の値引き)
・乗り換え:500円(1万8220円の値引き)

Galaxy A20の実質価格
・新規契約/機種変:1万800円+3000円+消費税 = 実質1万5180円(税込)
・乗り換え:500円+3000円+消費税 = 実質3850円(税込)


Galaxy A20の性能:5.8インチ(低解像度)、CPU Exynos7884B、RAM3GB、ROM32GB、カメラ800万画素(F値1.9)、重さ151グラム、電池容量3000mAh、ナノSIM、防水、おサイフケータイ対応、指紋認証非対応、Android 9

Galaxy A20は2019年11月15日に発売された安さ最重視の格安スマホです。

CPUは普通性能のExynos7884Bです。

安さ重視の格安スマホなので、最近の格安スマホと比べて性能は劣りますが、それなりに普通に使えます。スマホをあまり使わない場合で、安さを最重視する場合におすすめです。

比較的コンパクトで電池持ちもかなり良いので、スマホをあまり使わない人にとっても、面倒にならない使い勝手になっています。

他社からの乗り換えなら実質3850円(税込)で買えるのでおすすめです。

UQ mobile公式サイト(Galaxy A20が1万800円、乗り換えなら500円)

Galaxy A20の詳細スペックと性能レビュー、スマホをあまり使わない人向けの最安機

おすすめ5位:Galaxy A41、防水・おサイフケータイ&スリム&定評のカメラ性能

Galaxy A41

Galaxy A41
・定価:3万7000円
・新規契約/乗り換え/機種変:2万5200円(1万1800円の値引き)

Galaxy A41の実質価格
2万5200円+3000円+消費税 = 実質3万1020円(税込)


Galaxy A41の性能:6.1インチ(有機EL)、CPU Helio P65、RAM4GB、ROM64GB、カメラ4800万画素(F値2.0)+超広角800万画素(F値2.2)、重さ160グラム、電池容量3500mAh、ナノSIM、防水、おサイフケータイ対応、Android 10

Galaxy A41は2020年7月8日に発売された比較的高性能なCPUを搭載した、6.1インチの縦長ディスプレイで比較的コンパクトなスマホです。

基本的にはGalaxy A41よりもOPPO Reno3 Aのほうがおすすめですが、コンパクトさを重視する場合や、定評のGalaxyカメラを重視する場合にGalaxy A41を検討してみてください。

Galaxy A41はUQモバイル以外の格安SIMで使う場合は、スマホのデータを消さないといけないという変な仕様があるので注意してください。

Galaxy A41の詳細と申込み → UQ mobileの公式サイト

Galaxy A41の詳細スペックと性能レビュー、SIMフリーだけど実質SIMロック(他社の格安SIMの利用制限)

おすすめ5位:Xperia 8、防水・おサイフケータイ対応&縦長コンパクトスマホ

Xperia 8

Xperia 8
・定価:3万6000円
・新規契約/乗り換え/機種変:1万8000円(1万8000円の値引き)

Xperia 8の実質価格
1万8000円+3000円+消費税 = 実質2万3100円(税込)


Xperia 8の性能:6インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ170グラム、電池容量2760mAh、ナノSIM、防水、おサイフケータイ対応、Android 9

Xperia 8は2019年10月25日に発売された普通性能なCPUのSnapdragon 630(SDM630)を搭載した、6インチの縦長ディスプレイを搭載した比較的コンパクトなスマホです。

Xperiaを使いたい場合におすすめです。(Xperiaにこだわりがなければ、Galaxy A41やOPPO Reno3 Aが良いです)

Xperia 8の詳細と申込み → UQ mobileの公式サイト

Xperia 8の詳細スペックと性能レビュー、コンパクトな縦長スマホ

高齢者用の格安スマホ:BASIO 4、高齢者用の格安スマホ

BASIO 4

BASIO4
・定価:2万8800円
・新規契約/乗り換え/機種変:1万800円(1万8000円の値引き)

BASIO4の実質価格
1万800円+3000円+消費税 = 実質1万5180円(税込)


BASIO 4の性能:5.6インチ、CPU Mediatek Helio A22 MT6761、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ151グラム、電池容量3300mAh、ナノSIM、耐衝撃、防水対応、指紋認証非対応、Android 10、防水対応

BASIO 4は高齢者用の格安スマホです。防水と耐衝撃にも対応しています。

契約者が60歳以上の場合でBASIO 4を申し込むと、通話オプションのかけ放題(24時間いつでも)を最初の6ヶ月は無料、7ヶ月目以降も月700円で利用できます。

※ 60歳未満だと24時間かけ放題は最初から月1700円かかります。

60歳以上で電話をよく書ける場合は、BASIO4を選ぶことをおすすめします。

UQ mobileの公式サイト(BASIO 4が2万1600円)

おすすめではない:AQUOS sense3 basic、あまり使わない人向け・・

AQUOS sense3 basic

AQUOS sense3 basic
・定価:2万5200円
・新規契約/乗り換え/機種変:1万4400円(1万800円の値引き)

AQUOS sense3 basicの実質価格
1万4400円+3000円+消費税 = 実質1万9140円(税込)


性能:5.5インチ、CPU SDM630、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ167グラム、電池容量4000mAh、防水、Android 9、耐衝撃対応、指紋認証非対応

AQUOS sense3 basicは2020年6月19日に発売された電池持ちが超良い防水スマホです。

CPUは普通性能のSDM630です。RAMが3GBでROMも32GBしかないので、スマホをあまり使わない人向けの格安スマホです。

顔認証には対応していますが、指紋認証にも非対応、おサイフケータイも非対応です。OPPO Reno3 AやAQUOS sense3を買うことをおすすめします・・。

AQUOS sense3 basicの詳細スペックと性能レビュー

端末補償(月額380円)に加入すべき? ← ほとんど不要

UQ mobileでスマホを購入すると月380円の端末補償に入ることができます。スマホの修理代金が5000円を超えた場合に、超えた金額分を補償でカバーしてくれます。

ただし、水濡れの故障を恐れる場合は、防水に対応したスマホ(iPhone7、OPPO Reno3 A、AQUOS sense3、BASIO4等)を選べば良いだけです。

スマホを衝撃に強そうな保護ケースや手帳型のケースに入れれば、落としてディスプレイが割れる可能性は相当低くります。これで故障原因の8割以上は防げます。

端末補償は基本的に不要です。

iPhone 7はiPhone用の端末補償サービスになる

iPhone7の端末補償は月617円です。補償内容は下記です。

UQ mobile:AppleCare+ for iPhoneの詳細

補償に入ってもiPhoneは修理代金が結構高いです。補償には入らず、落としても壊れにくそうな保護ケースと強化ガラスフィルムで対策することを強くお勧めします。

申し込むのに必要なもの

UQ mobileを申し込みのに必要なもの

  • 本人確認書類
  • 本人名義のクレジットカード(乗り換えの場合は口座振替も可)
  • スマホやガラケーを使っていて電話番号をそのまま使いたい場合はMNP予約番号

UQモバイルを申し込んだ後に、本人確認書類の手続きメールが届く

必要なのは下記の本人確認書類のいずれか1点
・運転免許証
・日本国パスポート
・マイナンバーカード/個人番号カード(顔写真面←表面、通知カードは不可)
・住民基本台帳カード(写真付のみ)
・身体障がい者手帳/療育手帳/精神障がい者保健福祉手帳
・特別永住者証明書
・在留カード

上記の書類を持っていない場合
・健康保険証+補助書類(発効日より3ヶ月以内の公共料金領収証や住民票などの1点)

オンラインで申し込むと、申込後に本人確認書類の写真をアップするためのURLがメールで届きます。

申込後にメールで届くURLにアクセスすると、どの部分の写真が必要か等の説明ページが出てきます。

それを確認してスマホやタブレット、ガラケー、デジカメ等で本人確認書類の写真を撮って、画像をアップロードします。これで申し込みは完了です。

他社からMNPで乗り換える場合は、申込前にMNP予約番号を用意する

のりかえの場合は、今使っているスマホ会社に電話をかけてMNP予約番号をもらいます。ネットでもMNP予約番号を発行できます。

※ 新規電話番号での契約の場合は、MNP予約番号は不要です。

MNP予約番号のもらい方

電話でもらうネットでもらう
ドコモケータイから151
固定電話から0120-800-000
受付時間9:00~20:00
My docomo
受付時間24時間
→ログイン→「ドコモオンライン手続き」→「携帯電話ポータビリティ予約」→「解約の手続き」→「手続きを完了する」

ガラケーの場合:i-menu→お客さまサポート→お申し込み・お手続き→各種お申し込み・お手続き

auケータイ・固定電話から0077-75470
受付時間9:00~20:00
my au
受付時間9:00~20:00
My au TOP → 画面上部「スマートフォン・携帯電話」 → ご契約内容/手続き → お問い合わせ/お手続き → MNPご予約
ソフトバンクケータイから*5533
固定電話から0800-100-5533
受付時間9:00~20:00
My SoftBank
受付時間9:00〜21:30
暗証番号を入力→各種注意事項を読む→予約番号発行

ガラケーの場合:Yahoo!ケータイ→My Softbank→各種変更手続き→MNP予約関連手続き

ワイモバイルケータイから116
固定電話から0120-921-156
受付時間9:00~20:00
My Y!mobile
楽天モバイル、その他の格安SIMマイページから発行可能(最大4日かかりますが、通常は1日程度で発行できます)

MNP予約番号の取得日から2日以内に申し込む必要があります。

格安SIMの管理人もUQ mobileのオンラインショップで申し込んでいます。オンラインで申し込むのは何となく不安な場合は、UQモバイルの申し込みの注意点のまとめを参考にしてみてください。

最終更新日 2020年7月23日 / 作成日 2020年7月18日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較
5 1
この記事は参考になった/良かった
購読する
通知する
guest
2 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
豪腕幹事長
豪腕幹事長
2020年7月24日 3:13 午前
この記事は参考になった/良かった :
     

iPhone7の128GB版の実質価格(機種変更)、価格がおかしいと思いますが。コピペ注意。他の部分は見てませんので悪しからず。更新いつもお疲れ様です。

「UQモバイルの格安スマホのおすすめランキング、新規・乗り換え・機種変で最大1万9590円引き」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMとスマホ比較のカテゴリ
サイト内検索
コメント