UQモバイルの店舗のメリットとデメリットの詳細、UQスポット/携帯ショップ/量販店/オンラインショップの違い

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

ここではUQモバイルの店舗のメリットとデメリットを詳しく説明していきます。

長くなるので結論を先に言うと、UQモバイルの店舗のメリットは即日で契約できること、デメリットは店舗で契約するとオンラインショップで契約するともらえる最大1万3000円のキャッシュバックがなくなることに集約されます。

UQ mobileは店舗とオンラインショップで申し込むことができます。そして、UQ mobileの実店舗は大きく分けて3つあります。UQスポット、携帯ショップ、家電量販店の3つです。

UQ mobileを運営しているUQコミュニケーションズの直営店はなく、全て代理店です。だいたい10時から20時まで営業しています。(オンラインショップは直営の2つと代理店の1つがあります)

平日と日曜にうろうろして、UQスポット2店舗、携帯ショプ1店舗、家電量販店2店舗を回ってしつこく聞いた結果を元に紹介していきます。その後に、店舗のメリットとデメリットを説明していきます。

なんでこんなに店舗をさまよったかというと、それぞれで相手の言うことが違かったためです。UQスポットでも違うUQスポットに行くと言うことが違くなったりします。そのため参考程度にしてもらえればと思います。

UQモバイルの店舗の紹介、実際に行って聞いてみた!

UQスポット(UQモバイルの専門店)の特徴

UQスポットは、UQ mobileだけを取り扱っているUQモバイル専門店です。全国で190店舗ほどあります。1都1道2府41県と幅広く展開しています。UQスポットがないのは奈良県と香川県だけです(2018年11月時点)

こんな感じなのがUQスポット(UQのホームページから拝借)

※ UQ mobileの隣にauのマークが付いていますが、私が行ったUQスポットではauのマークが付いているだけで、au関連の手続きはできないそうです。

新規契約、MNP(乗り換え)、機種変更、修理受付、契約の変更などができます。

新規契約とMNPは即日対応です。1時間程度で手続きができるそうです。土日や月末近くになると混んで、少し待つ場合があるそうですが、それでも2,3時間かかることはないそうです。

UQスポットのキャンペーン

UQスポットだとオンラインショップでもらえる最大1万3000円のキャッシュバックがそっくりなくなっています。

UQスポットではキャッシュバックなどのキャンペーンはほとんど行っていないそうです。

ただし、別のUQスポットで聞くと、ドコモやソフトバンクからUQモバイルへMNPする場合でおしゃべり/ぴったりプランを申し込むと、3万円以下の少し型落ち気味のAndroidスマホが一括ゼロ円になるキャンペーンを行っている場合があるそうです。

実際に行った時はそのキャンペーンを行っていましたが、店先では案内していませんでした。(総務省対策かも?)

UQスポットのアフターサポート

UQスポットはスマホの簡単な操作程度なら教えてくれるそうです。50代や60代の人がたまに来て聞いてくるそうです。

ただし、別のUQスポットに行って聞いたところ、スマホの簡単な操作程度でも教えないそうです。有料のサービスに加入して、電話で問い合わせる必要があるそうです。

プラン変更の場合にだけ、今使っているスマホを一緒に操作して、プラン変更の手伝いをしてくれるそうです。UQスポットのパソコンからでは変更はできないそうです。

UQスポットの全体的な印象

店舗自体は広くありませんが、綺麗な感じです。店員さんの対応も丁寧です。

UQスポットの店舗によっては、特典やアフターサポートが変わってくる場合があるようです。店員さんによっても対応が異なる可能性があります。

UQ mobileの全てのプランは案内しない場合があるようです。

これも店舗や店員さんによって違うと思いますが、スマホ(auのiPhone 6s)もあまり使わず電話も全然しないと言っても、おしゃべりプランSを勧められました。

この場合の最適な選択肢はUQ mobileのデータ高速+音声通話プランですが、裏メニューのような扱いになっていました。(指摘すれば案内される感じ)

携帯ショップの特徴

携帯ショップは、街中によくある携帯ショップです。ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、UQ mobileを扱っています。

UQ mobileを扱っている携帯ショップは全国に2000店舗くらいあります。

まれに楽天モバイルも扱っている携帯ショップがあるかもですが、基本的にはIIJmioやmineoなどの格安SIMは扱っていません。(もしかして別の携帯ショップなら扱っているかもですが・・)

携帯ショップでは、新規契約、MNP(乗り換え)、機種変更を受け付けています。修理受付や契約の変更はできません。携帯ショップによっては、UQ mobileのiPhoneを取り扱っていない場合があります。

UQスポットと同じように新規契約とMNPは即日対応です。1時間程度で手続きができるそうです。土日や月末近くになると混んで、少し待つ場合があるそうですが、それでも2,3時間かかることはないそうです。

携帯ショップのキャンペーン

携帯ショップでもオンラインショップでもらえる最大1万3000円のキャッシュバックがそっくりなくなっています。

携帯ショップ独自で行っているキャンペーンも少ないそうです。2ヶ月に1度くらいの頻度で、土日にゲリラ的に3万円以下の少し型落ち気味のAndroidスマホが一括ゼロ円になるキャンペーンを行っている場合があるそうです。

キャンペーンをいつ行うのか電話をかけても教えてくれないそうです。実際に店舗に行って、店員さんに聞かないと教えないそうです。一括ゼロ円施策に反対している総務省対策なのかもしれません。

他の携帯ショップでも同じような対応になっているそうです。

携帯ショップでは一部プランを提供していない

携帯ショップでは、UQ mobileのデータ高速+音声通話プランの申し込みを受け付けていないそうです。その存在さえ認識していませんでした。申し込めるのは、おしゃべりプランとぴったりプラン、そしてデータ高速プランだそうです。

※ 携帯ショップは1店舗しか行っていないので、もしかしたら他の店舗だとデータ高速+音声通話プランも申し込めるかもしれません。

携帯ショップの全体的な印象

携帯ショップはUQスポットよりも少し大きい場合が多いです。少し汚れている感じはしますが、店員さんは親しみやすい感じで話してくれました。

ドコモのスマホを使っていてあまりスマホを使わず、電話も全くしないと言ったら、UQやワイモバイとかじゃなくて、ドコモ系の格安SIMの方が良さそうですねと答えてくれました。

その携帯ショップではドコモ系の格安SIMを扱っていなかったのですが、携帯ショップの店員さんは良い人でした。

家電量販店の特徴

ヨドバシやビックカメラ、ヤマダ電機などの家電量販店でもUQ mobileを扱っています。

家電量販店が行っているというよりも、携帯ショップが家電量販店内にブースを構えている感じです。

家電量販店はドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、UQ mobileの申し込みを受け付けています。大型の家電量販店になると、IIJmioやmineo、LINEモバイルなどの格安SIMの申し込みも受け付けていたりします。

家電量販店では、新規契約、MNP(乗り換え)、機種変更を受け付けています。修理受付や契約の変更はできません。家電量販店によっては、UQ mobileのiPhoneを取り扱っていない場合があります。

UQスポットや携帯ショップと同じように新規契約とMNPは即日対応です。1時間程度で手続きができるそうです。土日や月末近くになると混んで、少し待つ場合があるそうですが、それでも2,3時間かかることはないそうです。

大型の家電量販店のキャンペーン(魔窟)

家電量販店でもオンラインショップでもらえる最大1万3000円のキャッシュバックがそっくりなくなっています。

大型店舗だと出てくる店員さんによって対応が変わります。

最初の店員さんは家電量販店ではUQ mobileのキャンペーンは特に行っていないと答えていました。他の格安SIMも特にキャンペーンを行っていないそうです。

ただし、キャンペーンを行っていないのに、UQモバイルの端末100円均一コーナーに、頭金が1万円で分割代金が月額割引で完全に相殺されているiPhone SE 32GBが並んでいました。

※ iPhone SEが実質100円ならオンラインショップのキャッシュバックキャンペーン適用後の実質負担額とほぼ同じ程度のお得度になります。

別の店員さんに、どういう意味なのか聞いたところ、頭金1万円の表示は嘘で実際は頭金が100円になって、実質100円のキャンペーンを行っているそうです。なんでそれを記載しないのか聞いたところ、今教えたから良いじゃんみたいな感じでした。

その隣に少し型落ちのAndroidスマホが、頭金100円だけど分割払いが発生して合計で実質8000円になる端末が置いてありました。こっちはどういう意味なのか聞いたら、頭金が100円だから端末100円なんだそうです。端末100円じゃなくて8000円じゃんと言っても、頭のおかしな人を見るような目で見られるだけでした。

ワイモバイルなら一括ゼロ円(nova lite 2)をしていると言っていたので、ワイモバイルを眺めていたら、一括ゼロ円だけど月額割引がありませんでした。

別の店員さんには、auを使っていてスマホをほとんど使わない、電話もほぼしない、家のWiFiで十分だから格安SIMを検討していると言ったら、ドコモとソフトバンク、auの見積もりを出しましょうと提案されました。

その人曰く、ワイモバイルは店舗が1000店舗しかないのでサポートが限定的なんだそうです。大手キャリアは5000店舗くらいあるので、そっちの方がいいですよと。家に帰って調べてみたら、大手キャリアでも2000店舗ちょっとでした。ワイモバイルと店舗数はそこまで変わらない気がしますが、都市部では違うのでしょうかね?

最初の店員さんは格安SIMのキャンペーンをしていないと言っていましたが、OCNモバイルONEやmineo、BIGLOBEモバイルなどは端末とセットに申し込むと1万円前後の割引を受けられるようです。

インターネットで申し込んだ方がお得度は高くなっていますが、mineoの場合は端末セットだと割とお得度が高いキャンペーンになっていました。

mineoだけタイムセールと記載されていて、タイムセールはいつまでやっているのか聞いたところ、特に期限はないそうです。そのうちやめるかもとか言っていました。

中型の家電量販店のキャンペーン

別の中型店の家電量販店に行ったところ、ヤマダニューモバイル、ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、UQ mobile(隅っこにちっこく)ありました。

ここでも頭金1万円のiPhonoe SEが置いてありましたが、店員さんに聞いたところワイモバイルを勧められました。とりあえずUQを検討していると行ったら、UQの担当がやってきて、ここも本当は100円なんだそうです。ただ、在庫が各色1台しかなく、在庫がなくなり次第終売なんだそうです。

他にキャンペーンを行っていないのかと聞いたら、SIMのみを申し込むと3000円の初期費用が無料になるそうです。それ以外は特にないそうです。

UQ mobileのオンラインショップだと最大1万3000円のキャッシュバックがもらえるのと比較すると、かなりお得度が少なくなっていました。

家電量販店の全体的な印象

中型の家電量販店だと携帯ショップと似たり寄ったりでしたが、大型の家電量販店は魔窟でした。

MVNOでは格安スマホのキャンペーン格安SIMのキャンペーンを行っていますが、家電量販店ではMVNOのキャンペーン情報は一部だけ紹介して、統一性なく店舗内に散らばっている感じでした。

大型店の店員さんに聞くと、おそらく適用できると思いますという感じであまり詳しくない様子でした。申し込む場合に、専門の担当が出てきてMVNOの通常キャンペーンの説明があるのかも・・?

家電量販店だとゴチャゴチャすぎて、正直何を選んだらいいのかわからない感じです。家電量販店だと検討するのではなく、最初からすでに何を申し込むかを決めている人が来るのかなと思います。

※ 家電量販店だとUQ mobileのデータ高速+音声通話プランも申し込むことができます。

UQモバイルのオンラインショップの特徴

UQモバイルには3つのオンラインショップがあります。

①公式サイト → UQ mobile

②UQ mobileの最大1万3000円のキャッシュバックキャンペーン

③代理店のキャンペーン → 代理店のキャッシュバックキャンペーン

それぞれのオンラインショップで大きな違いから細かい違いまでいくつかあるのですが、手っ取り早くどのオンラインショップが一番良いかと言うと②です。

各オンラインショップの違いはUQ mobileのキャンペーンとキャッシュバックの詳細に記載しているので、そちらを参考にしてみてください。

ここでは②の「UQ mobileの最大1万3000円のキャッシュバックキャンペーン」を基準にその特徴を簡単に説明します。

UQ mobileの最大1万3000円のキャッシュバックキャンペーンの特徴

UQ mobileのオンラインショップで申し込むと最大1万3000円のキャッシュバックがもらえます。UQモバイルの店舗ではもらえません。オンラインショップ限定です。

UQモバイルの店舗によってはゲリラ的に少し型落ちのAndroidスマホや、在庫がなくなりかけているiPhone SE 32GBを安く売っている場合がありますが、店舗で申し込むほとんどの人は、単に最大1万3000円のキャッシュバックがない状態で申し込むだけになります。

店舗ではなんで最大1万3000円のキャッシュバックがもらえないの?

店舗には人件費と家賃がかなりかかります。オンラインショップも運営コストがかかりますが、店舗を運営するよりも割安に抑えられます。

そのためオンラインショップで申し込むなら経費が安くなる分、最大1万3000円という高額なキャッシュバックがもらえる結果になりました。

店舗で申し込む人は、店舗の人件費と家賃を間接的に負担する必要があるので、オンラインで申し込むのと比べるとキャンペーンがしょぼくなる結果に。

店舗に行く場合でもオンラインで申し込む場合も、基本的に用意するものは同じです。

申し込むのに必要なこと、自分で理解すること

店舗なら色々教えてくれるかも・・・、いいえ、店舗はすでに何を選ぶか決まっている人が行くところです。わからない状態で店舗に行くと、言われるがままの状態になって、自分にとって一番良いプランを選べない可能性が高いです。

何を知れば良いのかというと、UQ mobileではざっくりいうと下記の5ページです。

それぞれが超長いグエ・・みたいな感じですが、上記の情報を7割くらい把握しておけば、怖いもの無しです。

ある程度把握してしまえば、キャッシュバックがない店舗に行く必要はほとんどなくなるので、お得に申し込めるオンラインショップがお勧めします。

昔はパソコンから申し込む人が多かったですが、今では半分くらいの人がスマホからオンラインで申し込んでいます。(タブレットから申し込む人は1割くらいです)

オンラインショップで申し込むと3日程度で格安SIMが届きます。端末セットで申し込むと格安スマホやiPhoneも同じように届きます。同封されている用紙に従って、開通手続きをすれば、それで完了です。

キャッシュバックは契約した月から数えて4ヶ月目にキャッシュバックの案内メールが届きます。

UQ mobileの最大1万3000円のキャッシュバックキャンペーン

ただし、オンラインショップでは申し込めないケース(未成年名義の契約や、新規契約で口座振替を選択する場合)もあります。

下記にUQ mobileの店舗のメリットも記載しているので参考にしてみてください。

UQモバイルの店舗のメリットの詳細

店舗のメリット1:対面で契約できるので安心感がある

店舗のメリットは、店員さんと対面で契約できるので安心感があることです。

店舗で申し込む人の多くは、初めて格安SIMを使う人たちだと思います。初めてだと、オンラインで自分で判断して申し込むのはどうしても不安に思うと思います。

そういう場合に、何か自分が変なことをしないように、店員さんと一緒になって申し込みができる店舗で行うのは安心できます。

実際にはオンラインで申し込むのも、店頭で申し込むのも似たような難易度です。どちらも簡単です。

このページを読んでいる人にとっては、オンラインで申し込んでも特に問題ありません。実際に申し込むと、あっけなく乗り換えられると思います。

ただ、全く何もわからない状態の人だと話が変わります。全くわからない人がオンラインで適当に申し込むと、普通は選ばないものを選んできて、乗り換えた後にスマホが使えなくなったという最悪な結果になる恐れがあります。

店舗で申し込む場合は、全くわからない人でも、乗り換えた後にスマホが使えなくなるという最悪な結果にならないというメリットがあります。

店舗のメリット2:即日で新規契約やMNPができる

店舗の場合:店舗なら即日で新規契約やMNPをすることができます。手続きにかかる時間の目安は1時間程度です。

オンラインの場合:オンラインショップだと申し込みは5分〜10分でできますが、格安SIMが届くのに3日くらいかかります。届いたら、ネットや電話で開通手続きをして30分ほど待ちます。

店舗とオンラインの申し込みの違いは基本的に上記です。

オンラインだと格安SIMが届くのにどうしても3日ほど時間がかかります。もし月末近くに乗り換えたい場合、オンラインだと翌月に手続きが完了してしまう可能性があります。

月末近くに申し込む場合で、今使っているスマホの更新月が今月末までの場合は、オンラインでは申し込まない方が無難です。

店舗なら月末でも即日でMNPできるので大丈夫ですが、月末の店舗は混みます。

普段なら1時間程度で手続きができるところが、混み合って2時間になる可能性もあるので、店舗で申し込む場合も基本的には月末は避けたほうがいいです。(何らかの理由で他に選択肢がない場合に店舗に行く感じです・・)

店舗のメリット3:未成年名義でも契約できる(UQスポット)

UQスポットなら未成年名義でも契約することができます。中学生以上なら親権者が同伴することで契約できます。

オンラインショップ、携帯ショップ、家電量販店などではできません。UQスポットだけが未成年名義で契約できます。

ただ、未成年名義にこだわる必要があまりなければ、親名義でオンラインで契約することをオススメします。(オンラインなら最大1万3000円のキャッシュバックがもらえるので)

店舗のメリット4:新規契約でも口座振替で契約できる(UQスポット)

UQ mobileは口座振替での申し込みと支払いに応じています。

ただし、オンラインショップからでもMNPの場合は口座振替で申し込むことができますが、新規契約の場合は口座振替で申し込むことができません。

新規契約で口座振替を選ぶ場合は、店舗で契約する必要があります。

店舗のメリット5:格安SIMの設定がわからなくてもサポートしてくれる?

店舗でサポートしてくれるかどうか、正直わかりません。

おそらくこれは店舗や店員さん、そして店舗の混み具合によって対応が変わってくると思います。

店舗で手続きが終わって格安SIMを受け取ったら、自分でスマホに入れて設定を行います。1,2分で使えるように設定できると思います。

簡単な説明書ももらえるので、それにそって設定すればいいだけです。設定とかは基本的に心配しなくて大丈夫です。同封されている説明書さえ読んでくれれば・・ですが。

そもそも簡単なので、店舗によっては店員さんがチョチョっと設定してくれる場合があると思います。ただ、店員さんが設定してくれない場合もあったり、有料だったりする場合もあります。正直この辺ははっきり決まっていない感じです。

UQスポットでも、簡単なスマホの操作くらいなら教えてますというところもあったり、別のUQスポットでは簡単な操作でも教えてなくて、有料サービスに加入して電話で問い合わせてくれという対応だったりと、まちまちです。

自分である程度ネットで調べることができたり、もらった説明書(紙っぺら)を読むことができれば、特には問題はないのですが、全て他人に任せたい場合は万全なサポートをしてくれる大手キャリアの方がいいのかなと思います・・。

UQモバイルの店舗のデメリットの詳細

店舗のデメリット1:最大1万3000円のキャッシュバックがもらえない

店舗のデメリットは、オンラインで申し込むともらえる最大1万3000円のキャッシュバックがもらえないことです。

UQ mobileの最大1万3000円のキャッシュバックキャンペーン

店舗によってはキャッシュバックの代わりに、数千円(最高でも5000円?)の商品券のプレゼントや、結構厳しい条件で一括ゼロ円の少し型落ちのAndroidスマホをセットにしていたりする場合がありますが、色々店舗を回って見つける必要があります。

苦労して見つけても、オンラインで申し込むともらえるキャッシュバックのお得度には勝てんません・・。

1年間1000円引きになるとか、端末セットだとマンスリー割という月額割引がもらえると、そういうのはオンラインで申し込む場合も標準で付いてきます。

店舗だと安心感と引き換えに最大1万3000円のキャッシュバックがなくなります。

店舗のデメリット2:最適なプランを選んでくれない場合がある

店舗なら自分にとって一番良いプランを教えてくれると思ったら、間違いです。

店舗によっては、UQ mobileの一部のプランの受付をしていなかったり、受付している場合でも、ピンポイントに指摘するまで案内しないプランがあります。

その案内してくれないプランというのが、UQ mobileの「データ高速+音声通話プラン」です。このプランは格安SIMで最強プランです。月1680円で月3GB使える通話SIMです。通信速度が超速いです。

これより料金が少し安い格安SIMはたくさんありますが、どれも通信速度が遅くなります。UQ mobileなら超速い速度で快適に使うことができます。

このプランはユーザにとってコスパが良すぎです。単なる予想ですが、店舗でこのプランを紹介してもあまりお金にならないから、紹介するとよりお金になる「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」を案内しているのではと思っています。

電話をそこそこする場合や、データをたくさん使う場合、新しいスマホが必要な場合はUQ mobileの「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」もユーザーにとってもコスパが良くなります。

電話をあまりしない場合やスマホをあまり使わない場合は「データ高速+音声通話プラン」を優先的に検討することをオススメします。

店舗のデメリット3:他の格安SIMをまともに検討できない

UQスポットだと、UQモバイルのみに限られて、なおかつ勧めてくるプランも必ずしもUQのプランに限定する場合でも最適ではない場合があります。

携帯ショップだと、そもそもUQ mobileの一部のプランの申し込みを受け付けていない場合もあります。

大型の家電量販店なら、UQ mobileを含めた多数の格安SIMを扱っているので、そこに行けば色々検討できるかと思うかもしれませんが、それも間違いです。

実際に行ってみましたが、大型の家電量販店は色々な格安SIMを取り扱っていますが、統一性がなく、何が強みで何が弱みなのかさっぱりわからない感じになっていました。

店頭で詳しく記載しているわけでもなく、格安SIMの公式サイトのごく一部の情報を記載しているくらいです。どれが自分に合っているのか到底わからないと思います。

店員さんに聞けばわかるかというと、それも難しいです。というのも、店員によって答えが変わってくるからです。店員ごとに異なる案内をしたり、表示されている価格ではなかったり、ワイモバイルの刺客だったり、大手キャリアの刺客だったりが店員の中に混じってきます。

店舗は格安SIMを選ぶ段階の人が行くところではありません。店舗はすでに契約する格安SIMとプランが決まっている人が行くところです。

店舗独自の特典などを行なっている場合がありますが、ほとんどの場合でオンラインで申し込んだ方がお得なキャンペーンになっているので、申し込む場合はオンラインで申し込むのをオススメします。

店舗のデメリット4:混んでて時間がかかる?

店舗あんま混んでないです。

キャリアショップだと1時間待たされるの普通だったりしますが、UQ mobileの店舗だと待ったとしても10分とか20分とか。。

オンラインショップで申し込むのは時間がかからず楽ですが、店舗で申し込むのも結構簡単です。UQ mobileの店舗があまり混まない理由は、キャリアショップのように万全のサポートをしていないからです。

店舗でしていることは新規契約とMNP。基本これだけなのであまり混みません。大手キャリアみたいにプランがぐちゃぐちゃじゃないので、一人当たりの手続きの時間もそんなにかかりません。

機種変更や、店舗によっては修理受付、契約変更などもできますが、あんま来ないそうです。(だいたいネットでできますし・・。格安SIMユーザは、修理より壊れたら新しい機種を購入するのが一般的です)

ただ、土日だと少し混んで、月末だと結構混む場合があるそうです。月の最後の土日だけ避ければ、店舗で申し込む場合でも混んでて酷い目にあうということはなさそうです。

UQモバイルの店舗のメリットとデメリットのまとめ

UQモバイルの店舗のメリットは店員さんと対面で契約できるので安心感があること、それと即日に契約できることです。

デメリットは店舗で契約するとオンラインショップで契約するともらえる最大1万3000円のキャッシュバックがそっくりそのままなくなることです。

店舗だと最適なプランを選んでくれない場合があったり、他の格安SIMをまともに検討できなかったりすることですが、これらは事前に自分である程度把握してくれば特に問題ないです。

ある程度把握していないと、対面の安心感があろうと相手にいいようにやられるだけです。何事も自分で把握することが大切です。

ただ、自分で把握してしまえば、対面の安心感はほとんど価値がないので、メリットとして数えるのは少し微妙に・・。

最終的に残っている店舗のメリットは、即日に契約できることです。即日に契約する必要がある場合は店舗、それ以外は高額のキャッシュバックがもらえるオンラインショップで申し込むことをオススメします。

※ 親名義ではなく未成年の子供名義で契約したい場合、もしくは新規契約で口座振替で契約したい場合は、そもそもオンラインショップでは契約できないので、UQスポットでの契約になります。

UQモバイルの関連情報

UQ mobileの公式サイト

UQ mobileの最大1万3000円のキャッシュバックキャンペーン

UQ mobileの口コミと質問はこちら
格安SIMとスマホの口コミ:UQ mobileの口コミ

UQ mobileのリアルタイムの実際に出る通信速度はこちら
UQ mobileの通信速度(リアルタイム)

最終更新日 2018年11月6日 / 作成日 2018年11月6日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る