UQモバイルとpovoの違いを徹底比較、どっちが良いか実際に契約して検証

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (7) / 関連:povo更新順(9) | UQモバイル更新順(28)

UQモバイルとpovoはauの電波を使っています。両方ともKDDIが直接運営していて、au、UQモバイル、povoという形でスマホサービスを提供しています。

高速データ通信の通信速度は、UQモバイルでもpovoでも似たりよったりです。どっちを使っても快適にスマホが使えます。

UQモバイルとpovoの違いは、データ量、月額料金、余ったデータの繰越、低速1Mbpsの実測、キャンペーン、独自サービス(UQモバイルの節約モードとpovoの220円ギガ使い放題)です。

UQモバイルとpovoの違いを徹底比較

UQモバイルなら3/15/25GBの選択肢がありますが、povoには20GBしか選択肢がありません。

UQモバイルなら余ったデータを翌月に繰り越せるので、データを比較的無駄なく使えます。そして実はUQモバイルの低速1Mbpsのほうがpovoの低速1Mbpsよりも速度が速いです。

ここではUQモバイルとpovoの違いを徹底比較します。UQモバイルとpovoのどっちが良いか迷っている場合に参考にしてみてください。

UQ mobileの公式サイト(最大1万円キャッシュバックor端末割引)

povoの公式サイト

UQモバイルとpovoの違いのまとめ表

UQモバイルpovo
月額料金3GB1628円20GB2728円
15GB2728円
25GB3828円
事務手数料3300円(SIMパッケージ料金)無料
違約金なしなし
学割最大で合計20,856円引き(親の契約も割引)なし
通話料金月60分まで無料通話:月550円
10分かけ放題:月770円
時間無制限かけ放題:月1870円(60歳以上は月770円)
5分かけ放題:月550円
時間無制限かけ放題:月1650円
速度(高速)povoと同等かそれ以上auと同じ速度
速度(低速)実測1Mbps ← 3GBプランは300kbps。強力なバースト転送あり実測0.8Mbps、バースト転送なし
データ繰越ありなし
無制限なし1回220円で1日だけギガ使い放題
5G2021年夏対応予定対応
eSIMそのうち対応予定対応
対応機種基本的に何でも使える基本的に何でも使える
スマホ販売ありなし
キャリアメール対応(月220円 ※今のキャリアメールは使えない)なし
留守番電話対応(月418円)なし
サポート店舗/オンラインチャット/メール/電話オンラインチャット
キャンペーン最大1万円キャッシュバック/端末割引なし
契約店舗/オンラインオンライン
支払いクレジットカード/口座振替クレジットカード

※ auまたはpovoからUQモバイルに乗り換える場合は、UQモバイルの事務手数料無料

月額料金の比較

UQモバイルとpovoの最大の違いは、月額料金と使えるデータ量の選択肢です。

UQモバイルpovo
月額料金3GB1628円20GB2728円
15GB2728円
25GB3828円

UQモバイルは3/15/25GBから選べるのに対して、povoは20GBのみです。

使うデータ量がよくわからなければ、UQモバイルがおすすめの理由

総務省の携帯電話ポータルサイト
スマホのデータ消費量の割合

実際のスマホのデータ消費量は、月3GB以下の人が約6割もいます。自分が使っているデータ量がわからなければ、UQモバイルで3GBを契約するのが無難です。

もし足りなかったらUQモバイルなら15GBプランに簡単に変更できます。

15GB超〜20GB以下の場合はpovoが良いかもですが、85%の人は実際に使っているデータ量は月15GB以下です。

余ったデータ量の繰越の違い

UQモバイルなら余ったデータ量を翌月に繰り越すことができますが、povoはできません。

繰り越せるデータ量は契約データ量が上限です。例えば15GBプランを契約して、月末に20GB余った場合、翌月に繰り越せるのは15GBです(翌月は30GBからスタートします)。

UQモバイルなら普段データを少し余らせておけば、たまにいつもよりも使いすぎても大丈夫です。

UQモバイルならデータを消費しない節約モードがあるので、少し意識すれば簡単にデータを余らせることができます。

povoの独自サービス:220円で1日だけギガ使い放題

povoの最大の強みは、220円で1日だけギガ使い放題になるオプションがあることです。

220円ギガ使い放題をうまく利用できる場合、povoがおすすめです。

プレステやSwitchなどでゲームをダウンロードする場合、数GB〜60GBくらいデータを消費します。光回線を持っていない場合でも、povoの220円ギガ使い放題なら何とかなります。

映画を1日中見続ける場合、10GBくらいギガが必要になりますが、povoなら220円でカバーできます。

220円ギガ使い放題をうまく利用できる場合にpovoがおすすめです。220円ギガ使い放題を利用する予定がない場合はpovoはやめたほうが良いです。

学割の比較

povoには学割はありませんが、UQモバイルなら最大20,856円引きになる学割があります。

UQ学割

UQモバイルのUQ学割をわかりやすく解説(親も割引)

5歳〜18歳以下の子供がいる場合は、UQモバイルがおすすめです。子供がいれば親の契約も学割を適用できます。

通話料金の比較

UQモバイルとpovoは通話料金が少し異なります。

UQモバイルの通話料金
・通話オプションなし:30秒22円
・月60分の無料通話:月550円、毎月60分間まで無料、60分を超えると30秒22円
・10分かけ放題:月770円、1回10分を超えると30秒22円
・無制限かけ放題:月1870円

※ UQモバイルは60歳以上なら無制限かけ放題が月770円

povoの通話料金
・通話オプションなし:30秒22円
・5分かけ放題:月550円、1回5分を超えると30秒22円
・無制限かけ放題:月1650円

速度の比較(高速通信)

UQモバイルとpovoはau回線を使っています。povoはauと同一ネットワーク同一品質ですが、UQモバイルは同一品質ではありません。

ということで、UQモバイルとpovoの速度を計測してみました。

2021年4月30日(金曜)

P30 lite
UQモバイルの速度結果

AQUOS sense 4 lite (eSIM)
povoの速度結果

UQモバイルのほうがpovoよりもダウンロード速度が速いです。

※ アップロード速度は両方とも8Mbps前後ですが、アップロードはそんな重要でもないので無視

通信速度の計測に使っている端末が異なるので、同じ端末にすると速度結果が少し変わってくるかもですが、UQモバイルはpovoと同等かそれ以上の速さと評価できます。

UQモバイルでもpovoでも両方とも十分に速度が速いので快適に使えます。

UQモバイルの速度は下記でリアルタイムの計測結果を公開しているので参考にしてみてください。povoは5月から速度計測に加える予定です。

UQ mobileの速度 (リアルタイム)

1Mbpsの比較 ← 実測だと結構違う!

UQモバイルの15GBプラン以上はデータを使い切るか、節約モードをオンにすると通信速度が最大1Mbpsに制限されます。

povoはデータを使い切ると最大1Mbpsに制限されます。

ただし、最大1Mbpsを実測すると結果は大きく異なりました。

UQモバイルの1Mbpsのほうがpovoの1Mbpsよりも速い!

※ 低速の場合は端末の性能差はほとんど関係ありません

UQモバイルの低速結果

povoの低速結果

UQモバイルは低速でもダウンロード速度が1.4Mbps程度出ていましたが、povoは低速だと0.9Mbps程度です。

低速でのこの差はかなり大きいです。高速通信で20Mbpsと30Mbpsの体感差はほとんどありませんが、低速で0.9Mbpsと1.4Mbpsの体感差は出ます。

アップロード速度はそんな重要ではないのですが、UQモバイルは低速でもアップロード速度が結構速いです。

UQモバイルの低速の速さの秘密は強力なバースト転送

UQモバイルの低速のバースト転送

ちょっとこれではわかりにくいので、UQモバイルの低速通信の詳細は下記です。

UQモバイルの低速のバースト転送の詳細

UQモバイルの1Mbpsは、最初の2秒くらいバースト転送をしています。バースト転送は低速通信でも最初の数秒だけ高速通信が使える機能です。

UQモバイルのバースト転送なら4MBくらいデータを高速通信でダウンロードできます。一般的なWebサイトならUQモバイルのバースト転送でサクッと見れちゃいます。

他の格安SIMも低速でバースト転送をしているところがありますが、転送量は150KBくらいです。UQモバイルの30分の1くらいです。

UQモバイルの低速のバースト転送後の速度

バースト転送後は実測1Mbpsになります。

低速1Mbpsのスマホプランは結構ありますが、UQモバイルの低速が最高クラスの使い勝手です。

※ UQモバイルの低速300kbpsのバースト転送の転送量は約500KB
※ ワイモバイルとLINEMOにはバースト転送はありません

povoの低速1Mbpsの詳細

povoの低速のバースト転送

povoの低速は出だしも遅いです。。

povoの低速のバースト転送の詳細

povoの低速のバースト転送後の速度

povoにはバースト転送はありません。そしてpovoは低速で1Mbpsも出ていませんでした。実測0.8Mbpsです。

UQモバイルの独自サービス:節約モードでデータ消費なし

UQモバイルなら節約モードに切り替えれば、データ消費すること無くネットが使えます。

節約モードの速度
・3GBプラン:300kbps (500KB程度のバースト転送あり)
・15GB/25GBプラン:1Mbps (4MB程度のバースト転送あり)

節約モードを使えば、音楽やラジオ、動画をデータ消費なしに見れます。

YouTubeの消費データ量と必要な速度

  • 240p(低画質):平均270kbps
  • 360p(普通画質):平均530kbps
  • 480p(高画質):平均800kbps

プランSの節約モードは300kbps出るので、240pの低画質でYouTubeが見れます。低画質ですがそれなりに楽しめます。YouTubeの音楽なら240pでも良い感じに聞き流せます。

プランM/Lの節約モードは1Mbps出るので、480pの高画質でYouTubeが見放題です。UQモバイルならギガ消費を気にせず、ずーと動画を流し続けられます。

UQモバイルのデータを消費しない節約モード(300kbpsと1Mbps)の使い道

UQモバイルのデータを消費しない節約モードを徹底解説、ギガ消費無しで動画見放題

動画を見るときだけ節約モードに切り替えれば、結構簡単にギガを節約できます。

povoには節約モードに該当する機能はありません。

対応機種の比較

UQモバイルとpovoで使える機種は同じです。

5年以上前のスマホを引っ張り出してこなければ、UQモバイルやpovoでも使えます。

※ 2015年3月以前に発売されたスマホは捨ててください
※ ドコモとauのAndroidスマホを使うのは避けたほうが無難。個人輸入したスマホは知りません。

スマホ購入の比較

povoではスマホを販売していませんが、UQモバイルなら割安にスマホを購入できます。

UQモバイルの格安スマホのおすすめランキング

UQモバイルの格安スマホのおすすめランキング

キャリアメール/留守番電話の対応の違い

UQモバイル
・キャリアメール:対応 (月220円)
・留守番電話:対応 (月418円)

povo
・キャリアメール:非対応
・留守番電話:非対応

UQモバイルにはキャリアメールと留守番電話機能がありますが、使っている人はほとんどいないです。おそらく2%くらいな気がします。

メールはGmailを使ってください。

キャンペーンの比較

UQモバイルを契約すると最大1万円のキャッシュバック、または端末セットだと端末が割引価格で買えます。

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックの詳細、最大1万円のキャッシュバック、または端末割引

UQモバイルを申し込むと、SIMのみの場合は最大1万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。iPhoneや格安スマホとセットで申し込むとキャシュバックの代わりに割引価格で端末が買えます。

UQモバイルは速度が超速いので、いつでも快適にスマホが使えます。
UQモバイルのキャンペーンの詳細 / UQモバイルの格安スマホのおすすめランキング

UQ mobileの公式サイト(最大1万円のキャッシュバック/端末大幅割引)

povoはキャンペーンを何もしてないです。

サポートの比較

UQモバイルのサポート
・オンラインチャット
・電話
・メール
・店舗(ワイモバイルショップ)

povoのサポート
・オンラインチャット

UQモバイルなら電話やメールや店舗でもサポートを受けることができます。

povoは基本的にオンラインチャットのみです。何かネットではできない手続きの場合に、オンラインチャットで電話案内を受けることができます。

UQモバイルなら店舗で申し込めるけど・・

povoはオンラインでしか申し込めませんが、UQモバイルならオンラインに加えて、UQスポット等の店舗でも申し込めます。

ただ、UQモバイルは店舗で申し込むと、最大1万円のキャッシュバックがもらえなかったり、端末代金も高くなります。

基本的にはUQモバイルを申し込む場合でも、オンラインで申し込むのがおすすめです。

結論

povoがおすすめの人

基本的にpovoがおすすめの人は、220円ギガ使い放題を利用する人だけです。それ以外の人はUQモバイルがおすすめです。

UQモバイルがおすすめの理由

UQモバイルなら3/15/25GBのプランを選べて、余ったデータを繰り越せて、速度もauと遜色ありません。

UQモバイルの低速1Mbpsは、実際には最初の数秒は高速データ通信で使えるので、他社の1Mbpsよりも使い勝手がかなり良いです。そして実測もちゃんと1Mbpsです。

キャンペーンもしているのでお得に始められます。

長々書きましたが、結論はpovoよりもUQモバイルがおすすめということでした。。

最終更新日 2021年4月30日 / 作成日 2021年4月30日 / 作成者 格安SIMの管理人
4.5 2
この記事は参考になった/良かった
※注:コメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミやコメントをする

購読する
通知する
guest
7 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
おか
おか
2021年5月1日 6:38 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

UQ mobileの無料通話は50分では無く60分では無いでしょうか。
UQ mobileサポートはメールでも受け付けているので、急ぎじゃない問い合わせに便利ですね。チャットサポートは誤変換しがちで苦手です。
低速モードの比較、大変参考になりました。

豪腕幹事長
豪腕幹事長
2021年5月1日 4:19 AM

そもそも比較の対象ですらないですね。UQの圧勝、問答無用です。

豪腕幹事長
豪腕幹事長
  格安SIMの管理人
2021年5月3日 8:07 PM

結局、UQを越える格安SIMが存在しないので、乗換検討も止めてしまった次第。

まっく
まっく
2021年4月30日 11:46 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

管理人様

いつも大変参考になる内容ばかりで、感銘しています。

povoはau回線と同じなので、てっきりUQモバイルよりは高品質と思っていたのでまさかの結果ですが、実測に基づく結果なので、説得力は最強です。
UQユーザの私としては大変嬉しいし、UQの低速1Mbpsがこんなに速いとは驚きです。

あとは、KDDI本体がいけずをして、UQの強みを潰しにこないか心配です。

「UQモバイルとpovoの違いを徹底比較、どっちが良いか実際に契約して検証」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
コメント