格安SIMから他の格安SIMへ乗り換える方法、簡単に1万円〜2万円お得にMNP/機種変/SIMサイズ変更

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

ここでは格安SIMから他の格安SIMへMNP(乗り換え)する方法を説明します。

契約にもよりますが格安SIMは1年くらい使えば、違約金なしに他の格安SIMへ乗り換えることができます。乗り換えるメリットは、キャンペーンで格安スマホが安く手に入ったり、キャッシュバックや月額割引などの特典がもらえることです。

MNP転出手数料で3000円かかりますが、キャンペーンで1万円〜2万円程度の特典をもらうことができます。実際にやってみましたが、すごくあっさりMNPできます。

MNPをすることで、新しい格安スマホに割安に機種変できたり、キャンペーンで月額割引やキャッシュバックがもらえたりします。

格安SIMのサイズの変更は変更手数料が3000円程度かか理、新しいSIMが届くまでスマホが使えない期間が発生したりします。他の格安SIMヘMNPすれば、キャンペーンで収支がプラスになり、指定のSIMサイズにすることができ、そしてスマホが使えなくなる期間なしに手続きができます。

SIMカードのサイズを変更したい場合も、どうせなのでMNPした方がお得で簡単です。

※ データSIMやSMS付きのデータSIMはMNPはできません。単に解約して、別の格安SIMを新規契約するだけです。通話SIMの場合にMNPができます。

ざっくりとした流れ

次に使う格安SIMを選ぶ

今使っている格安SIMの会員ページでMNP予約番号の発行手続きする(5分程度)

1日〜4日くらいでMNP予約番号がEメールで届く(待つだけ、だいたい2日程度)

その番号を使って新しい格安SIMを契約する。必要な場合は新しい格安スマホをセットで申し込む(10分程度)

2日〜3日くらいで新しい格安SIMが届く。この間も今使っているスマホで電話やネットができる。届いた格安SIMをスマホに入れてAPNの設定を行う。SIMを入れ替えた時にスマホでネットや電話ができなくなる。(10分程度)

開通手続きをする(5分程度)。開通手続き後、数秒でSIMカードを入れたスマホでネットと電話が使えるようになる。

他の格安SIMへのMNPの目次

ステップ1:次に使う格安SIMを選ぶ

お得なキャンペーンを探す

まず最初に他の格安SIMへMNPする場合にお得なキャンペーンを行なっているMVNOを探します。

格安SIMを初めて使う場合、知っている会社だとか、友人や家族が使っているからと言った理由で選ぶケースが多いですが、格安SIMを使っている人の場合は、格安SIMがどんなものか大体わかっているので、キャンペーン重視で乗り換えが行われます。

格安SIMの場合、大手キャリアと異なり、他社からMNPする場合と新規契約との差はありません。どちらも同じキャンペーンが適用されます(極一部のMVNOでMNPの場合によりお得になる場合がありますが、極一部すぎるので無視です)。

ただし、格安SIMのみ申し込む場合にお得なキャンペーンを行なっているMVNOと、格安SIMと格安スマホをセットに申し込む場合にお得なキャンペーンを行なっているMVNOなどがあります。

下記のページでそれぞれの場合に分けて、よりキャンペーンのお得度の高いMVNOをランク付けしているので参考にしていてください。

格安スマホとセットで申し込んだ方が割引額やキャッシュバック額が多かったりするので、今使っているスマホを1年以内に買い替えが必要そうな場合は、格安スマホとセットに申し込むことをオススメします。

SIM替えにオススメ、BIGLOBEモバイル

SIMのみ申し込む場合でオススメなのがBIGLOBEモバイルです。BIGLOBEモバイルを選ぶのは、単純にキャンペーンのお得度が高いからです。

一番お得なBIGLOBEモバイルのキャンペーン情報を徹底解説、最大2万400円分の特典+初月無料+紹介コードで追加で1ヶ月無料

BIGLOBEモバイルは、月3GB以上のプランだと月額割引とキャッシュバックがもらえて、初月無料、そして紹介コードを使うと追加で1ヶ月無料になるキャンペーンを行なっています。2019年9月1日までのキャンペーンです。

通話SIMのみは1万1200円分の特典、通話SIMと端末セットは最大2万400円分の特典、データSIMと端末セットだと最大7200円分の特典がもらえます。通話SIMならYouTube等を3ヶ月データ消費なしに見れるキャンペーンも実施中です。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの申し込みはこちら → BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの料金プランと評価を実際に使って徹底解説&YouTube見放題

他の格安SIMへのMNPの目次

通信速度の速い格安SIMを探す

キャンペーンのお得度は大きな決め手ですが、それだけで決めるとあとあと通信速度が遅くて後悔する場合があります。

このサイトでは格安SIMの通信速度をリアルタイムで計測した結果を元に通信速度のランキングを行なっているので、検討している格安SIMの通信速度の参考にしてみてください。

格安SIMの速度ランキングの記録

2019年7月版の格安SIM/ドコモ/WiMAXの速度ランキング

超速い 1位 UQ mobileドコモ本家
2位 WiMAX2+ワイモバイル
3位 どんなときもWiFi
4位 BIGLOBEモバイルのタイプA
比較的速い 5位 BIGLOBEモバイルのタイプD、LinksMateIIJmioのタイプD、DMMモバイル、イオンモバイルのタイプ2のドコモ回線
6位 mineoのauプラン、mineoのドコモプラン、エキサイトモバイル
普通 7位 LINEモバイルのソフトバンク回線、楽天モバイルのau回線、楽天モバイルのAPN(JP)、楽天モバイルのAPN(CO)、mineoのソフトバンクプラン、イオンモバイルのタイプ1のドコモ回線、QTモバイルのDタイプ
少し遅い 8位 OCNモバイルONE、IIJmioのタイプA
遅い 9位 楽天モバイルのスーパーホーダイの低速ON、LIBMO、LINEモバイルのドコモ回線、LINEモバイルのau回線、イオンモバイルのタイプ1のau回線
超遅い 10位 DMMモバイルのSNSフリー、TONEモバイル、ロケットモバイルの神プラン、0SIM

最新の速度ランキングの詳細を読む

今使っている格安SIMと同じ順位、もしくはそれ以上の順位の格安SIMなら基本的に問題ありません。

少し遅いと評価している格安SIMは基本的には避けた方がいいですが、中には通信速度以外の強みがある場合もあるので、ケースバイケースで検討してみてください。

今回はIIJmioのタイプDからBIGLOBEモバイルのタイプDヘMNPすることにしました。

BIGLOBEモバイルを選んだ理由は、キャンペーンのお得度が高いためです。BIGLOBEモバイルの通信速度は格安SIMの中で普通、可もなく不可もなくと言ったところです。

他の格安SIMへのMNPの目次

使っているスマホ/iPhoneを使い続ける場合

今使っているスマホやiPhoneを他の格安SIMでも使い続ける場合の注意点

① SIMフリーのスマートフォンの場合(家電量販店やMVNOで購入した格安スマホ)
ドコモ系とソフトバンク系の格安SIMで使えます。スマホがauのVoLTEに対応している場合は、au系の格安SIM(マルチSIM/VoLTE用SIM)でも使えます。

② アップルストアで購入したiPhoneとSIMロックを解除したiPhone
ドコモ系、au系、ソフトバンク系の格安SIMで使えます。iPhone 8 / 8 Plus / X以降だとau系の格安SIMはマルチSIM/VoLTE用SIMを使う必要があります。

※ SIMロックを解除したiPhone = SIMロック解除したドコモ/au/ソフトバンク/UQ mobile/ワイモバイルのiPhone

③ ドコモ/au/ソフトバンクのSIMロックを解除したAndroidスマホ
ドコモのスマホならドコモ系とソフトバンク系の格安SIM(ソフトバンク系は電波がやや不利)で使えます。auのスマホはau系の格安SIM(マルチSIM)で使えます。ソフトバンクのスマホはドコモ系とソフトバンク系の格安SIM(ドコモ系の電波がやや不利)で使えます。

④ ドコモ/au/ソフトバンクのSIMロックを解除していないiPhoneとAndroidスマホ
ドコモのiPhoneとAndroidスマホならドコモ系の格安SIMで使えます。それ以外は、説明するのも超面倒な組み合わせになっているので自力で調べてみてください・・。

今使っているスマホのSIMのサイズがマイクロSIMの場合は、ドコモ系とソフトバンク系の格安SIMならナノSIMを選んで下記の変換アダプターを使うことをオススメします。(変換アダプターのご利用は自己責任でお願いします)

Amazon: Ciscle Nano SIM MicroSIM 変換アダプター
Ciscle Nano SIM MicroSIM 変換アダプター 4枚セット iPhone5S/5C/5/4S/4/3GS/3 xperia スマホ 拡張 便利 micro 全部入り 交換 代替 (ゴールド)

他の格安SIMへのMNPの目次

ステップ2:今使っている格安SIMでMNP予約番号を発行する

MNP予約番号をオンラインで発行する

今使っている格安SIMでMNP予約番号を発行してもらいます。

MNP予約番号を発行する上での注意点は3つです。

  • 発行するのに最大4日かかる場合ある
  • 発行するだけで手数料がかかるMVNOがある
  • 発行されたら2日以内にMNPの手続きをする必要がある

とりあえずMNP予約番号を発行しておこうというのはやめた方がいいです。必要な時にMNP予約番号を発行して、発行されたらすぐMNPの手続きをする必要があります。

ということを頭に入れて、MNP予約番号をオンラインで発行します。

IIJmioは会員専用ページにログインすると「MNP予約番号の発行・確認」というリンクがあります。

「MNP予約番号の発行・確認」をクリックすると、IIJmioで契約している通話SIMのリストが出てきます。

IIJmioの通話SIMはmicroSIM(マイクロSIM)で契約して、SIMカッターでnanoSIMにして使っていました。接触が微妙に悪く、SIMを交換したいと思っていたのですが、どうせなのでMNPすることにしました。

※ SIMカードの交換・サイズ変更の場合は、手数料がかかる上にスマホが使えなくなる期間が発生します。(MNPの場合はスマホが使えなくなる期間なしで手続きができます)

MNPしたい通話SIMを選択して次へ進みます。確認画面が出てきます。

3年以上契約しているので、違約金もなしです。

IIJmioは2年以上契約するとIIJmioプレミアム特典[長得]として毎年3GBのプレゼントがもらえるのですが、それよりキャンペーンを行なっている他の格安SIMへMNPした方がお得です。

IIJmioだけでなく、ほとんど全てのMVNOが違約金がなくなったら他の格安SIMヘMNPしたほうがお得に使えます。

MVNOの中には、格安SIMを返却しないと罰金をとるMVNOがあります。その場合は郵便局のミニレター(62円)に入れて郵送しておきます。IIJmioは建前上お願いしているだけで、返却の必要はないのでMNPの手続きが終わったらゴミ箱へ捨てるだけです。

チェックボックスに全てチェックを入れて「申し込む」をクリックします。

これで発行手続きは完了です。

MVNOによっては発行手続きをするだけで手数料を取るMVNOが極一部でありますが、IIJmioの場合は発行手続きだけでは手数料は発生しません。実際にMNPした時に、MNP転出手数料として3000円がかかります。

MNP転出手数料の相場は2000円〜3000円です(極一部のMVNOで5000円徴収したりします)

他の格安SIMへのMNPの目次

MNP予約番号が発行されるまでの実際の日数

どのMVNOでもMNP予約番号の発行完了まで4日程度かかると記載されていますが、IIJmioの場合は1日ちょとで番号が発行されました。

MNP予約番号はEメールで届きます。有効期限は15日です。23時に番号が発行されたので実質14日みたいなものです。

ちなみにIIJmioはデータSIM2枚と通話SIM1枚を契約しています。

このうち3年5ヶ月契約していた通話SIMをBIGLOBEモバイルへMNPです。

他の格安SIMへのMNPの目次

ステップ3:MNP予約番号を使って他の格安SIMヘMNPする

MNP予約番号をもらったら、2日以内にMNP予約番号を使って他の格安SIMヘMNP手続きをする必要があります。

MNP予約番号には有効期限がありますが、ほとんどの格安SIMはMNP予約番号の有効期間が10日〜13日以上残っている状態で手続きをするようにとの記載があります。

この記載を無視して、有効期限が短くなったMNP予約番号で申し込んだ場合、どうなるのかわかりませんが、わざわざ不要なリスクを取る必要はないです。

MNP予約番号をもらったらさっさとMNPの手続きをすることをオススメします。

格安SIMの管理人はIIJmioからBIGLOBEモバイルへMNPしましたが、他の格安SIMでも基本的には同じような流れになります。必要なのは、MNP予約番号、本人名義のクレジットカード、そして本人確認書類(免許証や保険証等)です。

必要な本人確認書類は格安SIMごとに微妙に異なったりするので、免許証を持っていない場合は必要な本人確認書類を確認しておいてください。どの格安SIMでも免許証だけは本人確認書類として認められています。

失敗しないBIGLOBEモバイルの申し込みのまとめ:ネットと店舗、使えるスマホ、家族会員の設定、本人確認書類、MNP、実際に申し込みながら徹底解説

MNPで乗り換える場合も、今使っている格安SIMは手続き中はそのまま使うことができます。新しい格安SIMが届いて、開通手続きをすると、今使っている格安SIMが使えなくなり、新しい格安SIMが使えるようになります。

他の格安SIMへのMNPの目次

ステップ4:届いたSIMカードを入れて開通手続きをする

MNP予約番号を使って格安SIMを申し込むと、2日程度で格安SIMが自宅に届きます。

そのまま何もせずに数日経つと自動的に開通手続きが完了して、今使っている格安SIMは使えなくなり、届いた格安SIMが使えるようになります。

自分で開通手続きをすると数分から1時間程度で、今使っている格安SIMが使えなくなり、届いた格安SIMが使えるようになります。

放置だと、いつ切り替えになるのかはっきりしないので、格安SIMが届いたら自分で開通手続きをすることをオススメします。電話やネットで簡単に開通手続きをすることができます。(開通手続きのやり方は、格安SIMと一緒に届く書類に記載されています)

開通手続きが終わったら、あとは必須なのはAPNの設定をするくらいです。APNの設定も一緒に届いた用紙に記載されていると思います。

BIGLOBEモバイルを使うための設定の全て:切り替え手続き、SIMカードの挿入からAPN設定、プラン変更、紹介プログラムの適用、データ残高確認、BIGLOBEでんわのアプリの設定

契約していた格安SIMは自動的に解約完了

開通手続きが完了すると、今まで使っていた格安SIMは自動的に解約になります。

他の格安SIMへのMNPの目次

実際にかかった時間と費用とメリット

実際にかかった時間

6月20日16時にIIJmioでMNP予約番号の発行手続き(自分で行う手続き5分)

6月21日23時にMNP予約番号の発行完了

6月22日19時にMNP予約番号を使ってBIGLOBEモバイルへMNPの手続き完了(自分で行う手続き10分)

6月23日11時に本人確認手続きが完了、18時に発送、6月24日11時に到着

6月25日19時に開通手続きを行い、数秒で開通完了して、BIGLOBEモバイルへ乗り換え完了(自分で行う手続き15分)

日数は5日かかりましたが、実際に使った時間は30分程度になりました。

他の格安SIMへのMNPの目次

実際にかかった費用

MNP転出手数料 3000円 (IIJmioへの支払い)
初期費用 3394円 (BIGLOBEモバイルへの支払い)

合計で6394円かかりました。

他の格安SIMへのMNPの目次

実際のメリット

BIGLOBEモバイルのキャンペーンは時期によって微妙に変わりますが、だいたいは同じようなお得度になります。今回の手続きでは下記の特典をもらいました。

・キャッシュバック:4000円
・月額割引:6ヶ月間x1200円割引(合計7200円)
・500Gポイント(1Gポインと1円として月額料金の支払いに使えます)
・初月無料+紹介プログラムで1ヶ月無料 ← 月額割引と相殺する関係で400円で換算

4000円+7200円+500円+400円 = 1万2100円相当のメリット

他の格安SIMへのMNPの目次

まとめ

実働時間30分で6000円くらいの黒字になりました。

SIMのみの変更でも6000円のプラス、格安スマホとセットで申し込むとキャンペーンのお得度が上がるので1万円程度はプラスになる感じです。

単純にSIMサイズを変更すると3000円の手数料がかかって、スマホが使えなくなる期間が2日ほど発生しますが、MNPして新しいSIMのサイズにすればスマホが使えなくなる期間なし&プラス収支で手続きができます。

通話SIMのSIMサイズを変更したい場合は、MNPすることを強くオススメします。

※ 全ての通話SIMがサイズ変更時に不通になる期間が発生するかどうかはわかりませんが、サイズ変更するとほとんどの通話SIMは2日〜3日ほど不通になります。

他の格安SIMへのMNPの目次

おすすめの格安SIM

  • BIGLOBEモバイル
    • BIGLOBEモバイルはYoutubeやAbemaTVをたくさん見たい場合に、最もオススメの格安SIMです。BIGLOBEの3GB以上のプランだと、通話SIMなら月額480円のオプション料金でYoutubeやAbemaTVをデータ消費なしに無制限で見ることができます。割安に使えるキャンペーンも積極的です。
  • UQ mobile
    • UQ mobileはau系の格安SIMを提供しています。通信速度が格安SIMの中でダントツに一番速く、そして安定しています。auのスマホユーザや通信速度を重視する人におすすめの格安SIMです。
  • LINEモバイル
    • LINEモバイルはLINE、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータの消費なしに使えます。LINEの年齢認証も行うことができるのでID検索もできます。SNS系サービスを良く使う場合にオススメの格安SIMです。
  • IIJmio
    • 高い信頼性、それがIIJmioの格安SIMです。シェア上位のMVNOと比べて通信速度が比較的速いです。通信障害に強く長期にわたって安定した比較的速い通信速度を維持しているので、信頼性を重視する人におすすめの格安SIMです。
最終更新日 2019年7月16日 / 作成日 2018年7月7日 / 作成者 格安SIMの管理人
「格安SIMから他の格安SIMへ乗り換える方法、簡単に1万円〜2万円お得にMNP/機種変/SIMサイズ変更」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

PR
ワイモバイルのPR
ワイモバイルのキャンペーンの詳細記事
格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ